やらない夫vs. 最終話 たった一つの冴えたやり方

2013 06 30  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆4acrAZYToM, |

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    人間、最後に物を言うのは体力だ
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      体力があれば何でも出来る
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ          そういう訳で後百周ー
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



_ ̄―===─___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――___ ̄―===─___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄
_―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―===―___   ――――
‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―‐―― ___ ̄ ̄,,iiiiii, ―  ___ =
――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――    iiiiii,,、_─ ̄ ̄  ――――    ==  ,llllllll!゙ ,,iiiiii,  ̄  ―― _
__ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    lllllliiil!!!!′ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄ ̄ ̄‐ ,illllll!゙ ,llllllll!゙ ―    ==
===━___ ̄― = liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,.゙゙゙゙゙゛  ,iiiiiii, _―____ ─__ .,illllll!´ ,illllll!゙  ̄ ̄ ̄  ――
==―___   ――― ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllll!′ iii,,,iiiiiiiilllllliiiiiiii,,      ̄ ̄__ ,illll!!´ .,illllll!´ ―    ==
___ ̄ ̄―――  ___   ,illllll!゙  .,lllll!゙゙゙゙ ̄´',llllll!゙  ,,iii  ,iii ,,iiiii,  ̄ ii!!゙゙  ,illll!!´ _ =―   ̄ ̄
       ̄ ̄ ̄‐―  __,,,,,,,,,,,,,,,,illlllll!´   ゙!!゙゛   ,,illlll!゙゛ .,illll! .,illl! ,llll!゙  ,,iiii   .ii!!゙゙ ―― __――_─
     ━━≡_ ̄―.゙!!llll!!!!!!!!!!!!!!゙゛  ―  ._,iiilll!!゙゙゛   ゙゙!!´ ゙!!´ ,illl!゙ .,illllll!  ,,iiii  ̄‐  _____ ̄ ̄
            ___   ―――― i,iiii!!!゙゙゙´ =     ,illll!´   ゙゙!!゙´ .,illllll!―‐―― _ _―― ̄
    ___   ━━三= ̄━ ==       ━━_━  ii!!゙゙ ━‐     ゙゙!!゙´       == ̄___
  \    / 三二   /'⌒三   ━━━‐―   ━━ ==  ̄  ̄ \     /'⌒ヽ   ―― ̄__
 (○ ) (○ ) \ ./   ヘ  == ━_━━ ̄― ==   ━━_━  \ ./   ヘ  ヽ    ̄ ̄ ̄
/  __´___       \   /  ヽ  ヽ_ ━━_   ━━━= ━━ ̄  ―    \   /  ヽ  ヽ_ _――_
|   |lllllllll|        |  三二 \__三=━ ̄――  __ ━━__━ ̄    :  :    \___〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヽ `⌒/ 三    三.  │       ━━━ うおおおおお!━ ̄ ̄  ――  /.  :        ̄_____
 \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \  三二= ━━≡≡━━―=  ̄ ̄ ̄ ̄‐― ―__\ :      ̄ ̄  ―― ――
 /   //ー\|    \  .|   __ _ ̄━===━_== ━━==━      \:   __   ̄  ――――
i   ^ /.   (,        三 | 三二====━__―━━    ==        :  : ,r'゛ __―_―_
ゝ、_三二=   ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |  ‐━━ ━━= ̄ ̄━━_  ̄ ━__    i..ヽ,/ :    ――_ ――_
           \.   |\  ゙i |  ━━    ==  ̄ ━━━ ―  =     .:\ :   ̄―==―==
     三二=   \ 三 \._三二=__ ̄━━ ̄‐― ━    ̄―━━―      \:   ――   ――
              \ ゙ヽ     ==━━___ ̄― ̄ ̄ ━━ ==―  ̄-- \ ゙ヽ    ==  ̄  ̄
          三二= ヽ ^三二==―___   ━━ == _━   ̄― ==   \ ^ゝ      ― ―
                 \_| ━━_ ̄ ̄━━━  _━   ̄ ̄_━==_―   ̄  \_:  ノ|   ==
                    ==  ̄━━ ̄ ̄  ――_━ ̄  ━━―  ̄ ̄      ノしノ  し'(  __
 ̄ ̄ ̄‐―   ━━━三二   ==  ̄ ̄ ̄  ━━_━━ ̄__ ━ ̄   ̄     '――――-'′____
    ━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ━━_――__―____  ―_――__―_____ _ ̄ ̄

123 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:00:08 ID:IblTdlKA0

                 ,r──.、  ,r──i  r─--‐、  ,. -ー‐-‐.ァ 、‐-‐,. ,. -ー‐-‐.ァ
                  7   ヽ   >  ヽ  ~ヘヽ   i .i'  ,'゙~ ゙̄'゙  ゙i . ! i'  ,'゙~ ゙̄'゙
                  ,ヘ/ヽ  ヽヘヘ    '.,/. 勹.';  i .!. ヽ,__,t‐ッ  i . ! .!. ヽ.,___,,,....
           .     / /  ヽ   (  ',   ',__,r' .!_,,_゙i,ヽ.,__,,.-:、_! .ノ,,..ゝヽ.,__,,,.: -‐ '゙
           .      / /    ',   ',  ',   ',
           .     ノ (.      !   〉/ __,,,,__\  T h e  G a t h e r i n g
              `'゙ ̄.      !,/ `' ゙     `'゙

                                  r‐‐- 、                    8
      _/ ̄ ̄`)  __                    ヽ   \
     / _∠ ̄ / /                      ̄\  ヽ
    .//   ̄ ̄  /              //ト、ー(´  ̄ ̄ ̄`ヽ  ',
    l/ _ _, -一'_/                / .:l/  \  ̄\ ̄`ヽ  _」
   / ̄   ̄ ̄`Y                f| .::l}:, -‐ \__>‐-  [_]
   )   _, -─彡ノ                リ 」>;:∠ニフ(´  ̄ ̄ ̄``  ̄`ヽ__
   1     ̄`Yハ                _/:.:(_人__))  二ニ=─    |ト、 /
  ∧  ´ ̄ ̄`ソi      _ _, .-‐''.::´.:.::::::::::.', 'ニー | (  _ _       ||::::.\
  |::|lヽ   _ノ _|     ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::::::::L_ .⊥___ _⊥`ー‐一||::::::::::.\
  |::||      /.:|             \.:.::::::::::::「にニ1   //.:.::::`Y     ; ̄ ̄\」|\
  N」.       |::::|    ,. -─- 、___ \.:.:::::ノ にニ| _//.:.:.:::::::::|      ;     i !:::::|
  | ̄\    /|::::|  /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::.\L___ ノ.:.:.:.:::::::::::::::ト、    ;     i !::::|
  |    \_/ |::::| ̄ \_ _ .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::`7´.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::|.:::`r-┘      `ヾ|
  ヽ        |::::L_      ̄`7ー- 、.:.:.:.::::/.:.:.:.:.::::, -‐──-i!ト、::::|            |
    \     |::::::::::\_      /   ``ー个ー' ¨´        i!1`::.\        |
     \   ヽ:::::::::::::::.`ー--|        _」_ .:.:.:.::.:.        人ノ:::::::.\      ∧
         \   `ヽ::::::::::::::::::::::Lo   _,〃ニ二ニヽ:::.エルドラージの力をほんの少し味わうだけで、
         `TTー------‐'⌒ヽ〃´ ̄`Y´ ̄``.r── <     ノ.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::|
          | |.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::1 l!    人   ノ  __王国と自我の両方が粉砕される。
          | |.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::1 i! ーく◇>ーく ¨´    ̄`フ.:.:.:.::::::::::::::::::::::::|::::::|::::::::|
              N.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::1 i!   jl|   |   _.ノ^1.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::!::!::::::|::::::::|
            `1.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::/⌒1 i!__ノ人_ノ, '"´ 1 1レ'⌒ヽ.:.:::::::::::/::/:::/!:::::::/
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/   )ノ   ノハY⌒ヽ   レ'´     \.:.:::/::/::://::::::/

124 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:00:21 ID:IblTdlKA0

                   ___
                 /     \
               /  ⌒  ⌒ \
              /   (●) (●) \    百周、っと
              |      ___'__    |
              \_    `ー '  _/      終わりましたよ、父さん
             /          ヽ(っ )
            / /|        | / /
           ( と)  |  ___/⌒)|ヽ__ノ
                ヽ/ __(_/ |
                 ヽ_/   |
       ///        /  /
                  く  /
  ヽ ノ             (_/
ヽ\   /



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|     一時間十五分か……
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |        一周四百メートルだし、本気を出せば一時間切れるだろ
     |       |
      ヽ      /            よし、もう百周な
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))

125 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:00:32 ID:IblTdlKA0

         ___
       /     \
      /   \ , , /\    無理ですよ! 僕は別に、そんなに足速く無いんです!
    /    (●):::::(●) \
     |       ___´__    |     と言うか、父さん見てるだけじゃないですか!
      \      |r┬-|  ,/、
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ        ズルい!!
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l




       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    俺はもう若くないからな
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      頑張れよ、若者
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ          それじゃ位置について、よーい、スタート
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

 
-127 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:00:46 ID:4HUpXeiM0
もう世代交代か

126 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:00:44 ID:IblTdlKA0

_―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―===―___   ――――
‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―‐―― ___ ̄ ̄,,iiiiii, ―  ___ =
――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――    iiiiii,,、_─ ̄ ̄  ――――    ==  ,llllllll!゙ ,,iiiiii,  ̄  ―― _
__ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    lllllliiil!!!!′ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄ ̄ ̄‐ ,illllll!゙ ,llllllll!゙ ―    ==
===━___ ̄― = liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,.゙゙゙゙゙゛  ,iiiiiii, _―____ ─__ .,illllll!´ ,illllll!゙  ̄ ̄ ̄  ――
==―___   ――― ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙lllllllll!′ iii,,,iiiiiiiilllllliiiiiiii,,      ̄ ̄__ ,illll!!´ .,illllll!´ ―    ==
___ ̄ ̄―――  ___   ,illllll!゙  .,lllll!゙゙゙゙ ̄´',llllll!゙  ,,iii  ,iii ,,iiiii,  ̄ ii!!゙゙  ,illll!!´ _ =―   ̄ ̄
       ̄ ̄ ̄‐―  __,,,,,,,,,,,,,,,,illlllll!´   ゙!!゙゛   ,,illlll!゙゛ .,illll! .,illl! ,llll!゙  ,,iiii   .ii!!゙゙ ―― __――_─
     ━━≡_ ̄―.゙!!llll!!!!!!!!!!!!!!゙゛  ―  ._,iiilll!!゙゙゛   ゙゙!!´ ゙!!´ ,illl!゙ .,illllll!  ,,iiii  ̄‐  _____ ̄ ̄
            ___   ―――― i,iiii!!!゙゙゙´ =     ,illll!´   ゙゙!!゙´ .,illllll!―‐―― _ _―― ̄
    ___   ━━三= ̄━ ==       ━━_━  ii!!゙゙ ━‐     ゙゙!!゙´       == ̄___
  \    / 三二   /'⌒三   ━━━‐―   ━━ ==  ̄  ̄ \     /'⌒ヽ   ―― ̄__
 (○ ) (○ ) \ ./   ヘ  == ━_━━ ̄― ==   ━━_━  \ ./   ヘ  ヽ    ̄ ̄ ̄
/  __´___       \   /  ヽ  ヽ_ ━━_   ━━━= ━━ ̄  ―    \   /  ヽ  ヽ_ _――_
|   |lllllllll|        |  三二 \__三=━ ̄――  __ ━━__━ ̄    :  :    \___〉 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヽ `⌒/ 三    三.  │       ━━━━━  ―――_━ ̄ ̄  ――  /.  :        ̄_____
 \/.  ,r'._ ,,r'⌒ \  三二= ━━ 畜生おおおおおおお!!! ―__\ :      ̄ ̄  ―― ――
 /   //ー\|    \  .|   __ _ ̄━===━_== ━━==━      \:   __   ̄  ――――
i   ^ /.   (,        三 | 三二====━__―━━    ==        :  : ,r'゛ __―_―_
ゝ、_三二=   ヽ    i.._、,r' ヽ,/ |  ‐━━ ━━= ̄ ̄━━_  ̄ ━__    i..ヽ,/ :    ――_ ――_
           \.   |\  ゙i |  ━━    ==  ̄ ━━━ ―  =     .:\ :   ̄―==―==
     三二=   \ 三 \._三二=__ ̄━━ ̄‐― ━    ̄―━━―      \:   ――   ――
              \ ゙ヽ     ==━━___ ̄― ̄ ̄ ━━ ==―  ̄-- \ ゙ヽ    ==  ̄  ̄
          三二= ヽ ^三二==―___   ━━ == _━   ̄― ==   \ ^ゝ      ― ―
                 \_| ━━_ ̄ ̄━━━  _━   ̄ ̄_━==_―   ̄  \_:  ノ|   ==
                    ==  ̄━━ ̄ ̄  ――_━ ̄  ━━―  ̄ ̄      ノしノ  し'(  __
 ̄ ̄ ̄‐―   ━━━三二   ==  ̄ ̄ ̄  ━━_━━ ̄__ ━ ̄   ̄     '――――-'′____



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

128 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:00:56 ID:IblTdlKA0

::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::: ::::: :: :::::: : ::: : : : :
::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : : : ::::::::::::::: : :::::::::: : : : :::::::::::::::::::: ::::: : : : : : : : : ::
: : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : ::::: : : : : :::: : : : ::::::: : : : : : : : : : : : : :
:::::::::: : : : : : :: : : : : :^^:::::::::::::カア:::::: : : ::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::::::::: ::::::: : : : : : : : ^^: : :::::::::::::::                       : ::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::カア:::::::::^^::::::::: ^^:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: :::::::: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::: : : :: : :::::::::::: : : ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::
::::::: ::::::::::: ::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::: :::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : :::::::: :::::::::::: :::: ,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;::;;;;;::::::::::::::::::::::::::: ::i;;:::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::      : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:: ; ;ii;;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  / ̄ ̄ヽ      :::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::
;彡ミ;ミ〃ヾ     ; ;;;ixi;;;     ;;:;;;;;;;;;;:::::::i彡::;::;: l     | :;;:::::;:::  :;___  ;  :;    ;:::::
`ミ、;彡`i、ミ`,,,,----"ix;i;;^^^^^^^^^ーー----ミ彡i;::^^^`ー-__,,-^,;ミミ;^^'''^iiiiiiiiiiiiiiii ̄`''''ーーー´`-''';:
;`i:i`ミ彡、;:;ミ 〃;:ixxi;;(,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl;;;;;;ミミミ彡ミ        ミ彡ミ iiiiiiiii;、;;、、、;;;;、、、.、、、
ミ;i:i;;;、、`、;ヽ ;:;;;〃;ixxxi ;;;,;:,ゞ;:〃:;ヽ'l;;;;;;彡i〃巛i;、      ミ彡ミ;;;;(,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl丶、、';;;丶;;丶



             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i    百!
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/      終わりましたよ!
        /           \
       /      / ̄ ̄ヽ )
   _  r  /⌒ヾ/   //
  "ヽ |  i,     i    (_ノ
    | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::
    ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|     一時間と五分……まあ、こんなものか
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |        それじゃあ日も暮れたし帰るとしよう
     |       |
      ヽ      /            俺は母さんに会って来るから、できる夫は先に帰っていろ
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))

129 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:01:08 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \      またですか? 律儀ですねぇ……
   /  (●)  (●) \
  |       、 ´      |       僕も一緒に行きますよ
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \



      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l     律儀と言うか……
    l             l
    .l           l        何と言うか、そうだな
    ヽ          l
     ヽ         l           言い訳のようなもんだよ……
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

130 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:01:20 ID:IblTdlKA0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;::::;::::::::::::::;;:::::::::::;::::::::::::;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::: :::'' ::: ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::: ::::: ::: ::::::::::::::::::::::;::::::::::;;:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::  :::::::,:;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;::::::::::::::::::::::;:::::::::::;;:::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::: ::: :: .:::        ...::::::::::::;:;;;:;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;:;;;;:;;;:;;:;::;:::;::::;:::::   ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::.... .::::...::.. ... .::::::::::::::,:::,::;'''       ,,,,::::;;;:;:::::::;;;:;;;;;;;;:;;;;;;;;
;;;:;;:;::;:::;::::;::::: :::::     ...,,;;;::::;;:;;:;::;:::;::::;:::;;::::;;:;;:;''''''    ..,,::;;::::;;;;:;:::::       ....::::::::;:::: ;::::::::::::: :::;;:;::;;;::
;::::;::::: :: :::          ::::;;;::::;;;:: :::;;:::: :::     ..,,,:::;;;;;;::::::::::;::::'           ::::: :::: ::: :::::: ::::; :;:;
::::: :::: :::                       ..;;::::::;:;;;: ::'' :::''                :::::: :::: ::::::;:;;:::
_  __       _                    ::'                       ..:: :.... ..
 :l.  | ̄ |        | ̄ |   _      , ---,  __.   _   , ‐┐       __  ._    ... ...:
 :l  ,|   |        |   | //|  ___ . | ̄| |  | | |   | ̄|| ::| ̄ | .       | | 、\ ̄|
 :| | ̄ ̄l.. ...:::.. ... | ̄ ̄l | ̄| l/ _ /| |  | |_ | |_|::.:.:..:| ,──┐ _|...:::::... ...: :.| | :| ̄|  |  _
 :l::l  ̄ ̄ l::::::::::::::::|_| ̄ |_||  l | ̄ ̄| | |_|/ |l二二l::::l二| ̄ ̄ |  |_::::::::::::::::: |_| :|  l 二l::::|\
 :|:::::: ̄ ̄ , ,, __. ̄_|  l |    | |二二l_/l:::::::::::: :   |     |_|_|    _l\|_|、:::::::: |  | ̄
 .|::  ,,...,,  /  ,/l_.ノl ̄l |    | |___l/::::::::::   _|     | ̄ l:::   |\ \ | ̄ |:::::::::|  |
/:::  _ ::::::| ̄ ̄| :| .| l::::::::|    | |__::::::::::_:::: ,,.,,,, / |     l─┘|    \\  ̄ \:::|  |
.   / _/l |    | :| .l/l::::, |__| /|/|_|_||    |_, |___|┐二l .   _,,., \l二二二ll\_|
   | ̄ |  l:: |    | :| ̄l /l二二二l//  /||    ::::|  ̄ ̄ ̄ |:::::::::  ,,,..,       ::| |:::::|  | ̄
w,, |   |  l:: |    | :l::::/| ̄ ̄ ̄ ̄l/| ||//     / ̄|_____| ̄|::           :|_|\\. _
   |   |  l:: |    | :|__l二二二二二二 |_|l/   ''"' ,| ̄|────| ̄|┐            \ \| |─
 /|__| /.|__|//l::::::::::::::::::::::::::::::::::::      / |_|____|_|│ ,,wv.,.        \.|_| ̄
_,l: ̄ ̄ ̄,l 二二二二l/ |─, ┐:::::::::::::::  ,,iiv,,  /    ____   :|                ̄
.| ̄ ̄,,/l二二二二二l// :l |::::::::::           | ̄ ̄|____| ̄ ̄|      ,,iw,,    ...:::::::::
_ ̄ ̄| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:| :l_|::::              ̄ ̄        ̄ ̄           .....::::::::::::::::
_    |_|,|_| ̄ ̄ ̄l,l_,|_|,|/    ,,ww,,v,,      ''"'          ''"     ...........:::::::::::::::::::::::::::
:::::.....   / ̄ ̄ ̄/                           ....................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ̄ ̄ ̄

131 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:01:31 ID:IblTdlKA0

          ____
        /     \
      / ―   ― \     父さん
     /   (●)  (●)   \
     |         '         |     母さんって、どんな人だったんですか?
    \       ̄     /
     ノ           \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ⌒) |    綺麗で、優しくて、格好良くて……
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      可愛くて、厳しくて、美しくて……
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ           一緒に居るのが当たり前で、一緒に居ると嬉しくて
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.                ……そんな人だったよ
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

132 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:01:44 ID:IblTdlKA0

       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \     抽象的過ぎて、具体性に欠ける言葉ばかりで相変わらず解りませんね……
    /   (ー)  (ー)  \
    |      __´ _      |      と言うか、聞く度に言ってる事変わるし
    \        ̄    /
    ノ           \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ⌒) |     ははは、実は、父さんも良く解ってないのかも知れない
     |      (__人)
     |        ⌒ノ       博霊の巫女は、代々何処からか拾われて来るからな……
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ           母さんの出自さえ、俺は知らないんだよ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.                 ただ、誰よりも長く、一緒に居ただけ
 (  y      |.
   \ \    |                   ……それだけなんだ
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

133 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:01:58 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \    誰よりも一緒に居たんなら、もっとこう、何かあるんじゃないですか?
   /  (●)  (●) \
  |        ´      |      趣味とか、得意だった事とか
  \      ー=‐'   /
   ノ           \



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ⌒) (⌒)|      趣味は……食べる事と飲む事だったかな?
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |         得意だった事は……何でも得意だった気がするな
     |       |
      ヽ      /             まあ、何にせよ……父さんが一番愛した人だよ
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))

134 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:02:11 ID:IblTdlKA0

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \     僕は、顔すら憶えてませんからねぇ……
  /:::  __´__   :::::: \
  |  l^l^lnー'´       |      さて、お腹も減ったしそろそろ帰りましょうよ、父さん
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ⌒) |    そうだな、帰るとしよう……
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      また来るよ、母さん
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

136 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:02:22 ID:IblTdlKA0

┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ ||  |
┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ ||  |
──┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ | ┌――─────┐ ||  |
__,」 | l_________,| | l_________,| | l_________,| ||  |
____|___________|___________|___________||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´    お二人とも、遅いですよ
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!              ┏━━━━━━━━━┓
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ...           ┃ 博霊の巫女  トモエ ┃
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \        ┗━━━━━━━━━┛
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′

 
-138 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:02:37 ID:ZmOnd6Qw0
おお、また巫女か

137 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:02:35 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \   文句なら父さんにお願いします
  |       、 ´      |
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ⌒) |    悪い悪い……つい、身が入ってしまってな
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      ところで婆さんは?
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´   既に食事は済まされて
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!          今は道場で指導をされています
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′

139 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:02:47 ID:IblTdlKA0

           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\     やったー!
      /    ___'___    \
       |     |r┬-|     |      口うるさいババアが居ない内に食事にしましょう
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |        そうしましょう
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |



          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川      できる夫さん!
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ      大巫女様に対し、失礼ですよ!
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′

140 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:03:00 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|    そうだぞできる夫
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |      婆さんは、お前の為を思ってお前を滝の中に放り込んだり
     |       |
      ヽ      /         火の中に放り込んだり
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ          逆さ吊りにして小一時間殴り倒したりしてるけど
   /  、      , |
  /   ノ        |  l            決してお前の事が嫌いな訳では……
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }              無いと思う、多分違うと思う、あれはきっと愛だ
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))



             ____
           /      \      お前の中の邪気を祓うとか言って
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     好き放題し過ぎなんですよあのババア
        |       __´ _     |
        \       ̄     ,/       あの血が繋がってるだけのババアを
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ        好きになれとか言われてもちょっと無理ですね
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |          無理ですよ無理無理
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

141 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:03:11 ID:IblTdlKA0

          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川    私達に対しては大変お優しい方なのですが
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ    確かにできる夫さんに対しては
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧    昔から厳しいですよね……
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

142 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:03:22 ID:IblTdlKA0

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |    さーて本日も頭の体操の時間がやって参りました
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l



      6     5     4      3      2     1
   ┬── ‐┬──‐ ┬──‐ ┬──‐ ┬── ‐┬──‐ ┐
   |      .|      .|      .|      .| ┌─┐゚|      .|   持
   |      .|      .|      .|      .| l 玉. l |      .|一
   |      .|      .|      .|      .| \./ |      .|   駒
   ┬── ‐┼──‐ ┼──‐ ┼── ‐┬── ‐┼── ‐┤
   |      .|      .| /.\ | ┌─┐゚|      .| ┌─┐゚|   な
   |      .|      .| l 竜. l | l 銀. l |      .| l 香. l |ニ
   |      .|      .| └─┘゚| \./ |      .| \./ | .  し
   ┬── ‐┼──‐ ┼──‐ ┼── ‐┼── ‐┼──‐ ┤
   |      .|      .|      .|      .| ┌─┐゚| /.\ |
   |      .|      .|      .|      .| l 歩. l | l 竜. l |三
   |      .|      .|      .|      .| \./ | └─┘゚|
   ┬── ‐┼──‐ ┼──‐ ┐──‐ ┼── ‐┼──‐ ┤
   |      .|      .|      .|      .|      .|      .|
   |      .|      .|      .|      .|      .|      .|四
   |      .|      .|      .|      .|      .|      .|
   ┬── ‐┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┤
   |      .|      .|      .|      .|      .|      .|
   |      .|      .|      .|      .|      .|      .|五
   |      .|      .|      .|      .|      .|      .|
   ┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┼──‐ ┤
五手詰め



         ____
       /      \
      / ─    ─ \      父さん、普通に勝負しましょうよ
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

143 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:03:34 ID:IblTdlKA0

       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    えー、だって最近できる夫強いんだもん
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      香落ちでならいいよ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



                   ____
.                /⌒  ⌒\
                 /( ●)  (●)\     いいですよそのぐらい
              /    ___'___    \
             |     |r┬-|     |     よーし頑張るぞー
            /´ ̄``゛'- ._‐´    /
            |   ___)    \
              |                \
               |                 ̄)
           |               | ̄ ̄



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

 
-145 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:03:54 ID:ZmOnd6Qw0
そんなに強いのか

144 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:03:46 ID:IblTdlKA0

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)      父さん大・勝・利!!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ´`ー--´ヽ
⊂cノ´|      |



             ___
        /      \
     ,---、  \    /\ ― 、
     .l   l  (●)  (●) \  |   ファック!
     .|   |   ____'___    |  |
     .|   |   |!!il|!|!l|  / /      次は平! 平で勝負です!
      ゝ     |ェェェェ|    ノ
      \          /
       /             |
      /             |



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

146 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:03:58 ID:IblTdlKA0

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   /// ___´___ ///\ / `   /     王手!
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( 一) |    うーん……
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      ……うーん
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ          うーむ……
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

147 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:04:09 ID:IblTdlKA0

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     さあ、どうします父さん!
    ./:::: ⌒ ___´__   ⌒:::\
    |    (⌒)|r┬-|     |      今回は僕が結構有利ですよ!
    ,┌、-、!.~〈 `ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    できる夫、父さんの持ち駒に
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      銀将があるだろ?
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

148 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:04:21 ID:IblTdlKA0

        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\     そうですね、銀を使って上手く逃れますか?
    /   ( ●)  (●)\
    |     、___´__    |
    ヽ、         /
    /          \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    この銀将、元はお前の駒だよな?
     |      (__人)
     |        ⌒ノ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

149 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:04:32 ID:IblTdlKA0

       ____
     /      \     ええ、そうですが
    / ⌒   ⌒  \
  / (⌒)  (⌒)   \    それがどうかしましたか?
  |     __´___      |
  \    `ー'     /
  /           \



     ., ──‐、
    /     \
    |     _ノ  ヽ          この銀将の命が惜しければ
   |     ( ●) (●)
   |       (__人__) , -―ーっ      一手待ち給え!!
    |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
   . ン         }  |. |            一手待たないと、この銀将の命は無いぞ!
  /⌒        ノ  .|,  |
 /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |
../   /    r_____ ノ
/   /      |i

 
-151 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:04:53 ID:ZmOnd6Qw0
どんな手段だw

150 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:04:43 ID:IblTdlKA0

         ____
       /     \
     /   ⌒   ^ \     それじゃあ、王将を取って僕の勝ち、っと……
    /    (⌒)  (⌒) ヽ
   |        __´___   |
   \       `ー'´  /
    ノ           \



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     まあ待てできる夫
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ       この銀将、実はトモエちゃんなんだ
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }          お前、トモエちゃんがどうなってもいいのか?
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \            あんな事やこんな事をされちゃうぞ?
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

152 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:04:54 ID:IblTdlKA0

         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \      構いません、
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( 一)(●)     日頃世話になってるのに薄情な奴だな……
     . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ       じゃあえーっと、この銀将が婆さん……だと喜んで見捨てそうだし
     .l^l^ln        }
     .ヽ   L       }          やらない子伯母さん……でも弱いか、父さん、そう父さんだとしたらどうだ?
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \            一手待たないと、父さん死んじゃうぞ?
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))

154 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:05:06 ID:IblTdlKA0

            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \      ……解りましたよ、一手待ちます
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |      それでいいんでしょう?
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \         まあ、一手ぐらいならどうせ僕が勝ちますがね
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |    よーし、じゃあできる夫の手を一手戻し
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |        此処で銀将を投入!
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |

155 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:05:17 ID:IblTdlKA0

           ___
          /⌒  ー、\
        /( ●)  (●)\    ……さっきまで人質じゃありませんでしたか、その銀
      /::::::  __´___ ::::::: \.
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\)))



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|    勝負の世界は非情なのさ……ところでできる夫
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |      これはただの将棋、駒と駒の運用遊びに過ぎないが
     |       |
      ヽ      /         もし本当に誰か、大切な人を人質に取られたらどうする?
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

 
-158 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:05:30 ID:6JFk10Nw0
重たい例え話だな……

157 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:05:29 ID:IblTdlKA0

       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \    父さんの話は、抽象的で具体性に欠けるんですよ……もうちょっと状況を詳しく
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|    それじゃあ、えーっとそうだな……
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |      悪い魔王に父さんが人質に取られて
     |       |
      ヽ      /         動いたら殺すぞ、と言われてその部下が斬り掛かって来たらどうする?
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

159 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:05:40 ID:IblTdlKA0

        ____
      /     \      そうですねぇ……僕はちょっとやそっと斬られたぐらいでは死にませんし
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \     取り敢えず斬られながら、魔王を倒す隙を伺います
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|    それで、隙なんて見つからなかったら?
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |      それどころか、自決しないと父さんを殺すとか言われたら?
     |       |
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

160 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:05:51 ID:IblTdlKA0

        ____
      /     \
    /  -     - \    うーん……正直その時になってみないと解りませんが
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |    僕が死んでも結果父さんが殺される事になると思いますし
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /       僕が生き延びつつ、父さんを救える方法を考えると思いますよ
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |          そういう訳で此処に桂を打ちますね
   \ /___ /



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |    げえっ、そんな手が!?
     |      (__人)
     |        ⌒ノ      人質ももう居ないし……駄目だなこれ、投了だ、お前の勝ちだよ
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ          それはともかく、生き延びつつ救う方法が思い付かなかったら?
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.                自分の命と父さんの命、お前はどちらを諦める?
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ

161 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:06:02 ID:IblTdlKA0

         ____
       /     \     わーい、勝ったー
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \    ……そうですね、僕はきっと、父さんの命を優先しますよ
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /       ほら、僕って、死んでも不死鳥の如く復活するんでしょう?
    ノ           \



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|    さて、どうだろうな……
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |      その可能性はあるが、確実ではない
     |       |
      ヽ      /         出来れば父さんは、それを試して欲しくは無い
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ          父さんは、世界で一番できる夫を愛しているからな
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

162 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:06:13 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \    一番は母さんじゃないんですか?
  |       、 ´      |
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ⌒) (⌒)|    母さんの事もできる夫の事も最大に愛してるんで
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |      同率トップなんだよ
     |       |
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

163 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:06:25 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \    都合のいい話ですね……さて、眠いんでそろそろ寝ましょう
   /  (●)  (●) \
  |        ´      |     今日は父さんに勝ったので、気持ち良く眠れそうです
  \      ー=‐'   /
   ノ           \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ⌒) |     そうするか……
     |      (__人)
     |        ⌒ノ       それじゃあお休み、できる夫
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

164 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:06:39 ID:IblTdlKA0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  ゝ、          ,           _,, -'    |    i'´|
         |    __`>、::::::::::::::::::::::i!::::,ィ::::::::::::::::::,,ィ二_       |    | |_;. -‐''´i
         |   /   , -\_,,_,,ィ'"ヽ'´⌒ヽ>‐,/ ,-‐ 、 `ヽ   .|  _,ノ      |
         |    i   |:::::・::::|ヽi!::::::::::::::::::::::、,/   |::::・:::::|  /    .l i´ _ .. i ´|   |
         i   ヽ、 .`ー‐'  ノ,'::::::::::::::::::::::ヽヽ `ー‐' _,/    .|  7´ | | |   |
            i      `ー‐‐ '::./         ヽ  ̄ ̄       |    | | |   |    ._ _   __
         ',         /     l      ',           i    .││ |.  _」.   |_| |_| / /
          i           !       人      !            i      | _」 ' ´        / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ i_/



.      i!               ,'
.      |}            /  ギュルルルル
.      |;!           /                 _,, ャ彡 ´
       ,{i|    i|  ,!   /                _ャ≦ ≠ ´
      i{;l;}   i{|  .i}  ,i}  /           _ ャ≦>''"´
.!  :  ,i{ l }  .,i{:}  ,i}  ,/}  /       , ャ≦>''"´
!|  : :  i{  }! . ,i| l  ,i} ,//! .,','   /  ャヤ戊"´
|.li : .! i{  }l .,il' .} ,','.,!//,' //. ィ/,.イ彡''"/
| li; l .l l{  .}|,il ;} !}///,',ィ'i/'イ ,ィ彡" ´/
  ';l : ;{   ;lil'  },.'.〃 '/〃/イ彡" ´                       _,, -=ニ二三三三
      ; /      , ィ;彡" ´               .    ´  _,, -‐≠三三二ニ= ''' ̄
     .' / .;    ,.彳彡"               .  ´  _,, -≠三ニ= '' ̄
     {!'  ,i   ,ィ彡"             .  ´  _,, ャ≦彡'''" ̄
   i , ・; ’イ'"             .  ´  _ ャ≦彡 ''"´
.    }   ,'             ,  ´  , ィ彡 ''"´
    }  .,'            , '   , イ≦=-‐ ''        アルテマソード!!!
    、;//’,         /   _∠三三二ニ=ェェェェ=
     ’ ”         ≦=‐      _,, -‐≠''  ̄
     .,    ≧    _,,.. -‐  ‐=ニ三......,,,,,,,,,,,,__
     ’ ・     ̄   ‐-   = ニ ニ 二二三三=  ̄

165 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:06:52 ID:IblTdlKA0

                 ,..-─ 、
                   /        ヽ
               /         \      ふんっ!
                 /         /  \
             /   \___,  /(●) |ー 、
             |     (●) 、 「|,r〈_ ,‐- 、_
      <三三三三三三三三三三三三|〈  `〉、_/ニ[]
                 / ̄ `ヽ. ゝ彳.|」' ヽ.メつ
                  ヤ    '゙ヽ. ,.ィ'  ./
                   ゝ、_,/   ゙イ   /       ガキィン
                    \゙:ー、_    У
                     `ヽ  `ー‐'"



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |     えー、父さんの最終奥儀でノーダメージとか
     |      (__人)
     |        ⌒ノ       無いわー、引くわー
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |

166 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:07:04 ID:IblTdlKA0

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \     別に武器が無くても、それぐらいなら
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |      体に力を込めるだけで防げますよ
    \      `ー'´    /
     ノ           \



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (一)|    お前を殺せる存在は、もうこの大陸には居ないかもな……
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |       ところでできる夫、お前将来なりたいものとかあるの?
     |       |
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

167 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:07:16 ID:IblTdlKA0

          ____
        /     \
      / ―   ― \     なりたいものですか? そうですね……
     /   (●)  (●)   \
     |         '         |      父さんは僕に、何になって欲しいんです?
    \       ̄     /
     ノ           \



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( 一) (一)|    別に……これと言った希望は無いよ
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |       お前が健やかに生きてくれればそれでいいし……
     |       |
      ヽ      /           父さん若い頃に一財産築いたんで
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ              できる夫一人ぐらい、一生養って行けるよ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

168 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:07:28 ID:IblTdlKA0

           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\    うわあ、びっくりするぐらい駄目な親の発言!
      /    ___'___    \
       |     |r┬-|     |     まあ、僕は面白おかしく暮らせればそれでいいと思ってますよ
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |       父さんのスパルタ教育のお陰で、何をやっても上手く出来ると思いますし
      /              |
   ( ̄                |         何をやってもそれなりに愉しく過ごせると思います
     ̄ ̄ ̄|               |



      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \    そういう天才肌なところは、母さん似だなあ……
     |  ( 一) (●)|
     |    (__人__) |      しかし油断するなよできる夫、世の中には想像もして無かったような事が
    |     ` ⌒´ |
     |       |         ゴロゴロ転がってたりするもんだ、世界は広い
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_            そう言う訳で、次は高速素振り一万本な
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |

169 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:07:38 ID:IblTdlKA0

      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \    未知の脅威に対して、素振りが何の役に立つんですかねぇ……
  |       、 ´      |
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \



    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ⌒) (⌒) |    何もしないよりは役に立つさ
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |       さて、それじゃあ一時間ぐらい掛かるだろうし
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /          俺は母さんに会いに行って来るよ
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
        (゙  ))

170 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:07:51 ID:IblTdlKA0

          ____
       / ⌒  ⌒\
.     /  (  ゚) ( ゚)\     おや、見張らなくていいんですか?
    l^l^ln    __´___   \
    ヽ   L    `ー'´    |      サボるかも知れませんよ?
     ゝ  ノ        /
   /   /           \
  /   /            \



    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |     お目付役なら、他に居るしな……
  |               |
  |              l        頑張れよ、できる夫
  |          /
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
  ¦  ¦ ¦ j l   |

171 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:08:04 ID:IblTdlKA0

        ,___
      /     \
     /  ⌒  ⌒ \               やれやれ……それじゃ、始めますか
   /    (●)  (●) ヽ        ,
   |       、__',_,    |   三 //        1・2・3、4・5・6、7・8・9
   \            ,/  三 // 三
   (⌒ヽ           ィ  三 // 三          1・2・3、4・5・6、7・8・9
   l\  \     ,   | 三// 三
   |  \,,  \   |  .| .// 三                1・2・3、4・5・6、7・8・9……
   |    \  \_ ヘ// 三
   |     \_r' ソイゝ
   |        r_ゝィ'〆   ススス ススス ススス



  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □

172 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:08:16 ID:IblTdlKA0

                           ,
        ,___             //
      /     \         //
     /  \   / \      //       一万二! ッシャー終わりましたよ!
   /    (●)  (●) \   //
   |       __´___    |  //
   \       |il!|!il|  /.//
.   /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,)/
   |  ,___゙___、rヾイソゝ
   |            `l ̄     ススス



          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川     精が出ますね、できる夫さん
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ     ですがそろそろ昼食の時間ですよ
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′

173 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:08:28 ID:IblTdlKA0

          ____
        /     \     呼びに来てくれたんですか? わざわざどうも
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \    しかし、父さんが母さんの墓参りに行ってるので……
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /       飯だって伝えて来るから、先戻って食べてて下さい
     ノ           \



          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川     判りました……
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ     けれど、たまには大巫女様と一緒に
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧     食事を摂ってあげて下さい
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′

174 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:08:40 ID:IblTdlKA0

          ____
       / ノ_ ヽ,, \
      / ≦゚≧ミ:≦゚≧           ノーサンキュー!
    /     ___'__    \
    |      |r┬|     |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /    /   /



          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:. :.ヽ:\:.ヽ.:.: /ハ
            / .:/. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ .:.:.:.:.:ヽ: \.:.  .::. ハ..:::V/ {
          ′/ .:./  .:.:.:.:.:.;勿ハ;ハ :.:.:.:.:.: :.: ハ ...:.:i: :| :: l   {
        : : ′.:′ :.:.:.:.:.:.:ヒ==气 :.:.:.:.:.::i.: .: |:.:.:.: |: :| :: レ'´∧            /
          ¦.: .::  .: :':.l:.:.:.:|ッ'⌒ヾ'|:.:.:.:.:.:.:|:. :l |.:.:.:: |: :| :| r':.:.:..′           /    /
          |i..::.:.i .:.:.::i:.| ::l.:| (_)  | i:.:.:.:.::|:. ;l |.:.| : |.:j川 |:.:.:.:. :.′       / ),..-//
          l:.|i . .:| .:.:.::|:.|i :|.:|_. _ _」ji:.:.:.::儿斗辷冖'「.: ::li|:.:.:.:.:.:i |:,  ,ィ77ァ/ (ノ //
          | |li .::|! : :.:|:八乂'こ¨ ̄j八y'゙,,ィf灯うiトミy} .: .:jj .:.:.:.:.:i:l:i:v′《 》(    //
          |:.乢_儿rt┘,ィfアうミ.     ′Yしfノ 勹:.:.:.:″:.:.:.:.::i:|:i:|{  》ヽ、 ∠/
         |:.:.l :jl.:.:い〈八rしさ,         ゙'冖゚^ /.:;.: 从: .:..:.:.:Vl込_,ノ \_乙<i∧
         l:.:.l 小.:.:':.'.:、 ゝ'''゚゙           ∠.:/.:/ :i|',:.:.:.:.:.:.〈   (⌒¨^゙《 》 ¦
         l:.:.i :.:ヽ\:.:.:ヽ-z_   、      ノイ.:/ . :i|ハ::..:.:.:.:.:V  ゙X辷 '《 》 /
        l:.:.i :.:.:.:.:`トミ:.:.ニ∠      _      ⌒ア .: .: :|∧.:.:.:.:.:.:〈/,ィi   ̄⌒´
.          |:.:i:.:.:.:.:.:i:l :. `¬⌒     t _)    ,.イ{ .:/: . :| ,〉::. :.:.:. 'vi川     もう……
.         | :i:.:.:.:.:.:i:| :     >.、         ///|.:/.: .:| イ人.ヽ:. _ー≦!
        /以 .:.:.:.:.i:|   /  /> 、__,. ´ // l|: ,:.  :|ジ   > -‐'´  ̄`ヽ    大巫女様は、できる夫さんのお父様と
.         「 { i.:. :.:.:i:| '   /   /:∧    // l|/::  .:|  ´         \
.       } |:i .:ヽ }.i:|   ,'′  /:/ }   、シ′ ル: ; : :|                 ∧   同じぐらい、できる夫さんを
         / |:!:.:.:.:.:.:i:|   |    {.:{  '  / ,ィシ/ :,' .:.:.:|        ′      , '、
      ,√ !i.: .::.:. ;:|   |   |.:ト、 / ,ィシ´ ′′ .:.:.:|     /         {  ヽ   気に掛けていると言うのに……
       ∧ x/:.:.:.:.:.: il   !   {.:{ / ,ィシ'´  {:./イ : .:.:.::| }   /    ,    、 `、
     ,ィ´ /..'.:.:.:.:.:.:.:.:i{     }    じ' ,ィシ´  //:/i :.:.:.:.:.:| {   ″    ′    `   {
   ,ノ v". ' :.:.:.:.:.:.:.:.:八    {  / ,,ィシ´  / /:}':.:i :.:.:.:.:.:|         ,     ヽ }
   ´ /  { .:.:.:.:.: :.:.´     レ' ,ィシ'´  /   {::{..:.:i :.:.:.:.:.:|ヽ 'ノ     ;
    {  |.:.:.:.:.:.:.:{      / /シ゛   /      ヽゝ:i :.:.:.:.:.:| ∨{       ,′

175 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:08:52 ID:IblTdlKA0

          ____
       / ノ_ ヽ,, \
      / ≦゚≧ミ:≦゚≧           僕はあのババアの事が嫌いなんですよ!
    /     ___'__    \
    |      |r┬|     |           理由は深く考えると自己嫌悪に繋がるので考えたく無い!
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /        余りごちゃごちゃ言ってると物陰に連れ込んで犯しますよ!
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /    /   /



                   ___           _
                x<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:...、      ∧ム〉
              /.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.へ     ∧ムイ
                  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.ハ  ∧ム/ !     博霊巫女トモエ、参ります──
                  「 ̄ ,'.:.:.:.,'.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:,ィ.:.:.:.:.:.:.ハ∧ム/ Φ
                / ̄ i.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.i⌒ i.:.:.i.:.:.:}  / ̄ ヽ、
.               /.:/.:.:.|.:.:.:. |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.| ♀}.:.:.!.:.:リ ̄`    ゙ 、
              /.:/.:.:.: |.:.:.:.:.!,ィ尖ミ<.: ト イ.:.:.l__ノi _         ゙ 、 _
               /.:/.:.:.:.:.:|.:.:.:. |圦ィリ   `  ヒノⅥ.:.:.:!  `> 、     ∨ ヽ、
           /.:/.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:ゝ、         ハ.:.:. |       ヽ、    ∨  ー、
             ,'.:イ.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.「 ̄     '  ム.!.:.:.:|       \   ∨    \
           i.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.| ゝ   ´ ̄   イノ |.:.:. | ,へ、_      \  ∨     \
.          |.:.:.:!.:.:.:.:.:.:./|.:.:.: |、  >  < ´ ̄ |.:.:.:「  /  `ー――込   }::i       \
.           |.:.:.:.!.:.:.:.:メ、.!.:.:.: !. \  /ヤ     .!.:.:.:|  /         ゝ心. i::|        ヽ
         l.:.:.:.>´   i.:.:.:.:|.  \{ノム     !.:.:..! ./        / ∨刑::|        〉
          |:/       |.:.:.: |    ∨ム.    |.:.:.:|            /   ∨│!      i /
         〃       |.:.:.: |\   ∨ム.   |.:.:.:|         イ    ∨i::!      |/
        ,′   ヽ  |.:.:.:.:!  \  ∨ム.   |.:.:.:i     / /       Y´        .i
        ,'       ゙., |.:.:.:.:!   \ ∨ム.  !.:.:メ、    /   /        !        |
          i          〉 !.:.:.:.|.     ヽ ∨ム !ノ  ヽ                |       |
.        |       ,'  ゝ .!         ∨ム      ㌦    __       !        |
       |        ㌘           ㏍}       ム      `ヽ     |       |
      ,イ       {              ㏍l      }         \  .|       |
.       /        ',.                ㏍!.       ルべ______メ!        |
     / i        乂            ハノ     メ             !        |

176 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:09:06 ID:IblTdlKA0

                     _____
           r⌒ヽ、   .  /     \
          / \  \. /   \  / \
         _/ / ヽ   /   ( ●) (● )     ジョーク、50%ぐらいジョークです
        〈__/  . |  |       _ __´__   |
             /  .\     i `ー'´´ /      それじゃ、アーバヨッ!
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/



                   ___           _
                x<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:...、      ∧ム〉
              /.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.へ     ∧ムイ
                  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.ハ  ∧ム/ !
                  「 ̄ ,'.:.:.:.,'.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:,ィ.:.:.:.:.:.:.ハ∧ム/ Φ     ……全く
                / ̄ i.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.i⌒ i.:.:.i.:.:.:}  / ̄ ヽ、
.               /.:/.:.:.|.:.:.:. |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.| ♀}.:.:.!.:.:リ ̄`    ゙ 、
              /.:/.:.:.: |.:.:.:.:.!,ィ尖ミ<.: ト イ.:.:.l__ノi _         ゙ 、 _
               /.:/.:.:.:.:.:|.:.:.:. |圦ィリ   `  ヒノⅥ.:.:.:!  `> 、     ∨ ヽ、
           /.:/.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:ゝ、         ハ.:.:. |       ヽ、    ∨  ー、
             ,'.:イ.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.「 ̄     '  ム.!.:.:.:|       \   ∨    \
           i.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.| ゝ   ´ ̄   イノ |.:.:. | ,へ、_      \  ∨     \
.          |.:.:.:!.:.:.:.:.:.:./|.:.:.: |、  >  < ´ ̄ |.:.:.:「  /  `ー――込   }::i       \
.           |.:.:.:.!.:.:.:.:メ、.!.:.:.: !. \  /ヤ     .!.:.:.:|  /         ゝ心. i::|        ヽ
         l.:.:.:.>´   i.:.:.:.:|.  \{ノム     !.:.:..! ./        / ∨刑::|        〉
          |:/       |.:.:.: |    ∨ム.    |.:.:.:|            /   ∨│!      i /
         〃       |.:.:.: |\   ∨ム.   |.:.:.:|         イ    ∨i::!      |/
        ,′   ヽ  |.:.:.:.:!  \  ∨ム.   |.:.:.:i     / /       Y´        .i
        ,'       ゙., |.:.:.:.:!   \ ∨ム.  !.:.:メ、    /   /        !        |
          i          〉 !.:.:.:.|.     ヽ ∨ム !ノ  ヽ                |       |
.        |       ,'  ゝ .!         ∨ム      ㌦    __       !        |
       |        ㌘           ㏍}       ム      `ヽ     |       |
      ,イ       {              ㏍l      }         \  .|       |
.       /        ',.                ㏍!.       ルべ______メ!        |
     / i        乂            ハノ     メ             !        |

177 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:09:19 ID:IblTdlKA0

  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ┌──────┐
 └──────┘
 ┌──┐
 └──┘
  □



_  __       _                    ::'                       ..:: :.... ..
 :l.  | ̄ |        | ̄ |   _      , ---,  __.   _   , ‐┐       __  ._    ... ...:
 :l  ,|   |        |   | //|  ___ . | ̄| |  | | |   | ̄|| ::| ̄ | .       | | 、\ ̄|
 :| | ̄ ̄l.. ...:::.. ... | ̄ ̄l | ̄| l/ _ /| |  | |_ | |_|::.:.:..:| ,──┐ _|...:::::... ...: :.| | :| ̄|  |  _
 :l::l  ̄ ̄ l::::::::::::::::|_| ̄ |_||  l | ̄ ̄| | |_|/ |l二二l::::l二| ̄ ̄ |  |_::::::::::::::::: |_| :|  l 二l::::|\
 :|:::::: ̄ ̄ , ,, __. ̄_|  l |    | |二二l_/l:::::::::::: :   |     |_|_|    _l\|_|、:::::::: |  | ̄
 .|::  ,,...,,  /  ,/l_.ノl ̄l |    | |___l/::::::::::   _|     | ̄ l:::   |\ \ | ̄ |:::::::::|  |
/:::  _ ::::::| ̄ ̄| :| .| l::::::::|    | |__::::::::::_:::: ,,.,,,, / |     l─┘|    \\  ̄ \:::|  |
.   / _/l |    | :| .l/l::::, |__| /|/|_|_||    |_, |___|┐二l .   _,,., \l二二二ll\_|
   | ̄ |  l:: |    | :| ̄l /l二二二l//  /||    ::::|  ̄ ̄ ̄ |:::::::::  ,,,..,       ::| |:::::|  | ̄
w,, |   |  l:: |    | :l::::/| ̄ ̄ ̄ ̄l/| ||//     / ̄|_____| ̄|::           :|_|\\. _
   |   |  l:: |    | :|__l二二二二二二 |_|l/   ''"' ,| ̄|────| ̄|┐            \ \| |─
 /|__| /.|__|//l::::::::::::::::::::::::::::::::::::      / |_|____|_|│ ,,wv.,.        \.|_| ̄
_,l: ̄ ̄ ̄,l 二二二二l/ |─, ┐:::::::::::::::  ,,iiv,,  /    ____   :|                ̄
.| ̄ ̄,,/l二二二二二l// :l |::::::::::           | ̄ ̄|____| ̄ ̄|      ,,iw,,    ...:::::::::
_ ̄ ̄| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:| :l_|::::              ̄ ̄        ̄ ̄           .....::::::::::::::::
_    |_|,|_| ̄ ̄ ̄l,l_,|_|,|/    ,,ww,,v,,      ''"'          ''"     ...........:::::::::::::::::::::::::::
:::::.....   / ̄ ̄ ̄/                           ....................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ̄ ̄ ̄



           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /    ___'___    \     父さーん!
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ       昼飯、もう出来てるみたいですよー
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

178 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:09:32 ID:IblTdlKA0

 |::::::::::\
 |::::::::::::::::\
 |::::::::::::::::::::::::)
 |:::::::::::::::::::::::)
 |:::::::::::::::::┏ノ
 |:::::::::::::::::┃}
 |:::::::::::::::::::::}
 |':::::::::::::::ノ
 |::::::::::::::::ヽ
 |::::::::::::┳:::::l
 |::::::::::::┃::::ヽ
 |:::::::::::::┃::::::::l
 |:::::::::::::::::::::::::::ヽ
 |:::::::::::::::::::::::::::::::l               _,,,,,,
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          _,,-''" _,,'-''""'"''- ,,_
 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       _,,-''" _,,-''"::::::::::::::::::::::::::::"ー- ,,_
 |i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,,-''" _,,-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"''ー-,,_
 |ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _,,-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''ー- ,,_     _.  
 |  `、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-''"""''ー - ,,_-_:::::::::::::::::::::::::::"'' /::::::ヽ 
 |  ヽ:::::::::::::::::::"''ー- ,,_:::::_____::::::::::::::::::: _,,-''"     "''ー- ,,"''ー- ,,::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  
 |    ''-,, :::::::::::::::::::::::/ :::::::::ヽ   _,,-''"            "''ー- ,,_"''ー- ,,_:::::/:::::::::::/  
 |      "''ー- ,,___:::: :::::::::::::)_,,-''"                   "''ー- ,,/::ゝ::::::::/   
゙`,:`:,`,:`'゙`,:`:,`シ'゙`,:`:,`,:`'゙`,:`:,`,:`'゙`ヾ   ,ィ'゙`,:`:,`,:`'゙`,:`;イ゙`,:`:,`,:`'゙`,:`:,`,:ヾヾ゙`,:`:,:ン`,:`:,`,:`''゙`,:'゙`
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙'' ;~'',;''゚ ;~'',;' ,,;',;;~,;''゚ ;~`゙'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙'' ;~'',;''゚ ;~'' ;''゚ ;~'',;'',;''゚  ;;~'',;';:;
r';;;:.レ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞ Yゞ;;`´''、ィヾレヾレハ;;"゙丿ゞレ`:、 ゙''、,, ヽYソレ゙レ`、;;:,ヾヽ";;';Yィイヾヽ/";:.゙`'、レ'、";;':;,'
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw;;:;,':,:;.,:;.:从wW从リj.,.,.,~ ;;乂从 wリ゙:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:从wW从リj
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'jリwj从乂 ;:゙"`、,,.,jリMWw".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.   リwjwW::;゙; .ィ;;wリ゙W゛jリwj;;:;.: ;:; ´;;;
从 wwリ゙W゛jリwjW゛jリ 从;;w,:`:、,从リj"リ゙W゛jリwj.:.:;,` `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`:、;;vjr:;.:".:;.:'"゙:.:仆从W゙,:;、,"'.:.:;,`
:;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`リW,,,、,、,、从リj"W゙リw;yノ,,wwj从リj;;,.`:、,,,,;;;wwj ,:`:、rf,,...。,..,,;;:.w仆仆w;;"''`;;:_;;从w;;.,,;;";';
" '' "゙      "゙´´ ゙"               ~"゙   `""゙´´   "´´  ´   "''""゙ ゙´``
゛' ~    ~     ~    ' ',;''           ,.,         ';';,                "
   ''"  '"                  ,,        ,;''         ~   '゚   ;  ~' ',;''

 ''"        '"   ~'           ,,              ,;''        ''"      ~   '゚

        ,,..        '゚     '゚"      ;,'"                  ~    ' ',;''

   '"        ,;'              ~      ''゚                     ;:   ,.,
 ''"                '"                ,,         ~   '゚   ;   ~' ',;

 
-180 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:09:59 ID:ZmOnd6Qw0
!?

179 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:09:45 ID:IblTdlKA0

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   :::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  --‐` ´:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  (⑪)  :::::::::::::::: ああ、そうか…… :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   __´___::::_/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/     ::::::\::::::::: 母さんに会いに、行ったんですね :::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       :::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |          ::::|::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |          ::::|::::|:::::::::::::::::::┏━━━━━━━━━━┓:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. | |          ::::|::::| :::::::::::::::: ┃破壊する者 できる夫 .┃:::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:/|          ::.:|::::|:::::::::::::::::::┗━━━━━━━━━━┛:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(_|     __   .:::|_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   :::| |  :::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

181 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:10:01 ID:IblTdlKA0




           最終話 たった一つの冴えたやり方




                             _________|\
                            | And That's All ... ?   >
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

 
-182 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:10:17 ID:ZmOnd6Qw0
終わった!?!?!?

183 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:10:18 ID:6cZLovMs0
乙でした
やらない夫の息子なのにまともだと・・・
別に普通なのに何かがおかしいと思ってしまうと思ったらやっぱりおかしかったw


188 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:11:20 ID:rC.eydu60
なんだこれええええ!!!
やはり種はやる夫だったのか.....?


184 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:10:18 ID:IblTdlKA0

親の因果が子に報い。
と、云う訳でやらない夫vs.(ジャンル:シリアス)は終了です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

    一人でも多くの人の目に触れる機会を作って下さった、大変有り難いサイト達。
ttp://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-category-290.html
http://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-5452.html
http://gokumonan.blog87.fc2.com/blog-entry-5541.html
http://yymatome.blog.fc2.com/category129-2.html
http://yaruyaru.aslia.net/category/ori/vs2/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

誰にも読まれない物語は、誰からも批判されないでしょうが、それに価値はありません。
故に、この作品に価値を作ってくれた全ての読者に感謝を。
そして、多くの人の目に触れる機会を作って下さった、まとめサイト各位に重ねて感謝を。
加えて、こう云った物語に提供の場を与えてくれた全てに更なる感謝を。
読んで頂き、有り難う御座いました。それだけで私は、とても嬉しいです。

186 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:10:58 ID:ZmOnd6Qw0
乙です なるほど こういう終わり方かw
次回作はいつなんです?


187 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:11:08 ID:6cZLovMs0
乙でした
これで終了か
次は時間おいてできる夫vsになるんだろうか?


191 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:11:50 ID:tfLfYRDg0
やらない夫が死んだのは寿命なのか、それとも
できる夫の能力のせいなのかどっちなのかな。


190 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:11:36 ID:hnL3.uT60
自分じゃ絶対殺せない存在になったからかな?
それにしてもできる夫つぇぇ


198 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:12:54 ID:6cZLovMs0
やらない夫は自殺かね?
最初から最後までわがままだったなー


200 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:13:33 ID:ZmOnd6Qw0
感想とか考察見るともっと面白く感じるすごいな

※作者様感想・レス返し
202 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:13:58 ID:IblTdlKA0

折角なので私も感想を。

やらない夫達の頭が悪いと言うお便りが多数あった気がするけれど、自分が高校生ぐらいの年齢だった時や、その周囲を思い出してみると……
思慮は、思考は、想像力は足りていなかった気がするなぁ。
私の住んでいる国では数年前に、良い歳した大人達が想像力を働かせず、
聞こえの良い言葉に踊らされて自国の不利益を望むような人達を与党にしていました。
それだけでは飽きたらず、最近の選挙では六割程度が「選ばない事を選んで」いました。まさに無自覚な悪意。
私は、やらない夫達が特別に頭が悪いとは思いません。彼等は何処にでも居る、善良な人々だったのでしょう。
残酷な仕打ちをする魔王にお灸を据えよう!
やる実ちゃんにお試しで政権を与えてみよう!
国民の生活は、魔王やる夫の埋蔵金でより良くなります!
国民の生活が第一!
権力が一箇所に集中すると腐敗すると云いますし、やっぱり政権交代は必要ですよね。それがきっと民意なのです。

何で数年前、周囲の人達は止めなかったのかなあ……。
どうしてやらない夫の周囲は、やらない夫を止めなかったのでしょう。不思議ですね。

やらない夫vs.は不思議な物語だなあ。

196 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:12:35 ID:ak4QLUS20
乙でした
一つ質問。ぶっちゃけ、やらない夫はどんなコンセプトで描かれたキャラクターだったのかな?


204 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:15:10 ID:6cZLovMs0
不思議というか消化不良というか、できる夫のための前置きというかw

207 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:15:30 ID:Vo5Hi6zY0
前回も聞いたんですけど、やっぱり雑談は作らないんですか?
これほどの作品なら一年くらいみんな平気で感想書いてそうだw


208 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:15:32 ID:l26Kk6TQ0
乙です
何歳なのかよくわからないけどでっきー強すぎるな
二つ名からすると運命的な意味での魔王の可能性もあるのかな?


221 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:26:24 ID:IblTdlKA0
>>196
コンセプトなんてあったっけかなあ?
やらない夫はやらない夫、それだけでは。
共感出来なくても、理解出来なくても、彼は彼なんでしょう。

>>204
シリアスな悲劇ってこんなもんじゃない?

>>207
雑談スレは存在してるけど、人気が無くて誰も来ません。所詮マイナースレのマイナー雑談と云う事か……。

>>208
変愚蛮怒をクリア出来る程度にプレイすると、蛇やら冥王やら破壊する者が何だか解るかも知れません。

217 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:22:04 ID:gmzZdrA60
乙でした
やる夫vsの続きってだけでいつも楽しみにしていました
次回作も期待しています

202
しかしこの作者はホンマに煽りの天才やでw


218 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:22:15 ID:6JFk10Nw0
乙でした
何かに翻弄され続けて、ただただ悲しい存在
やらない夫はあまりにも悲しい主人公だった


219 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:23:00 ID:W1izU4Vs0
乙でした
俺はかつての選挙で「選ばない」ことを選んだよ
カレー味のうんことうんこ味のカレー、
どちらかを選んで食べなければならないっていわれても、
俺はどうにか耐えて餓死したいと思ってた。
まぁ、今の与党に命を救われた身なので
今後どうするかはわからんがね


222 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:26:33 ID:4HUpXeiM0
>>202
前作終わってから「やる夫はもっと批判されていい」と言ってたのにww


239 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:33:49 ID:IblTdlKA0
>>217
個人の感想ですので。
この作品は詰まらなかったとか、読む価値は無いとか、そう云う風に思っても全然オッケーだと思います。
作者としては、読んで『頂けた』だけで光栄ですから。

まあ、新聞の4コマとかって面白くなくてもつい読んじゃうよね。
毎日投下するだけで、有り難い事に読んで『下さる』人達は結構多いみたいです。

>>218
悲劇ですよねー。一体何が悪かったのだろう。
善意と善意と善意があって、それでも悲劇しか生まれなかった気がします。

>>219
一票差で結果が変わったと云う話を聞いた事が無いんで、別に選ばない事を選んでも大した影響無いですよね。
私はそれでもまあ、諦め悪く選挙へ行きますが。この国好きですし。明らかに白の帝国より平和で愉しい国ですし。

>>222
やる夫とかカスじゃないですか!!!
私のやらない夫さんとその妻をあんなにしやがって!
許せねえ!!!!!

時々ルカ・ブライトは悪く無いよ、とか云う人が居ますが、ルカ・ブライトはとても邪悪な悪人だと思います。
けれども彼は魅力的ですよね。魅力的であっても、ルカ・ブライトは悪い奴じゃない!! と云うのは何か違うと思います。

227 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:28:09 ID:6cZLovMs0
そういや龍が魔王より強いやつがーといってたが、もうマリオやルイージより強くなったんだろうか?
やる夫のパーツは変わってなかったようだし、あの魔王には勝てそうにないんだがどうなったんだろ


228 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:28:14 ID:FQWL/4Bs0
モデルが自○党と民○党だとすると、
公○党は誰になるんでしょうね


238 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:33:42 ID:ZmOnd6Qw0
シェゾの言ってた鉄獄って変愚蛮怒ってゲームののダンジョンのことか

243 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:35:02 ID:qE6dzg5E0
乙でした
散々叩かれまくってたやらない夫だけど、こういう結末を迎えると
もう空しい気分しか起こらないという……


244 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:36:03 ID:tfLfYRDg0
>>やらない夫達パーティが馬鹿だなあと感じたのは、
>>S級冒険者となり英雄と呼ばれる程の修行や冒険をつんだにも関わらず
>>頭の中や精神性が高校生並のままという歪さがあったからです

冒険者が必ずしも知性を兼ねそろえるわけでもないんじゃないの?
ダンジョンとか用意してるのもやる夫たちだし、
S級というランク付けするのもやる夫たちシステム側の判断。

現実と違い、多種多様の考えを持ちにくいこの世界では
精神性やら知性が十分に育つ環境とは言えないもの。


265 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 00:51:28 ID:IblTdlKA0
>>227
強さの定義が良く解らないので答えられませんが、魔王より兎の方が強かったんじゃないかな。

>>228
私の住んでいる国には、白の帝国の政治体系と似ている政党はありませんなー。

>>236
煽った積もりは無いんです! 平和大好き!

>>238
鉄獄が出て来るゲームはいっぱいあるよ!

>>243
私はやらない夫大好きなのですが、何か叩かれてましたね。何故だろう。不思議だなあ。

>>244
実は、冒険者ギルドは伝説級の撃破さえ出来れば取り敢えずSランクに設定してたりして。

245 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:36:08 ID:RcGLgu960
できる夫vsはいつ読めるのだろうか

267 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:53:11 ID:ISbBEVFE0
乙でした。相変わらずまるで先が見えない話運び、お見事でした。

まあやる夫は現実にはいませんからねえ。
やらない夫みたいなのはいたかもしれないけど。だからヘイト集めちゃったかな。
身につまされて。かくも俺らは愚かだったわけで。

今はちょっとだけましになったんじゃない?
数年前にこの話をやったらやらない夫の代わりに作者がヘイト集めてたような気がする。


269 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:53:48 ID:NCfoFRCgO
やらない夫パーティーが頭悪いキャラ付けされたのはともかくやる実や鳴海も頭悪いのはな

271 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:54:43 ID:Oh9UEZKw0
>>269
鳴海さんは賢明だろう
失敗しても致命的なところまでのめり込まず退路確保して動いてるとか
良い大人やでw


272 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:55:09 ID:IBKIlJds0
>>269
鳴海は頭悪い描写なくね?
自己生存最優先での行動っぽいし


282 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:02:03 ID:NCfoFRCgO
>>271-272
負けると分かって行かせたじゃん
瞬間的にはやる夫に勝てる奴
結界役
勇者
魔眼対策アーティファクト


これ全部投げ捨てたわけで


285 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:03:43 ID:IblTdlKA0
>>282
鳴海「やったー、人間同士が潰し合って国力ダウンしたぞー」

275 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 00:56:36 ID:ATIPkDSs0
あ、作者さんまだいるのか
作者さんはフーコーの監獄の誕生や、神話に関する知識とかあるのか気になる
前に誰か質問してたり面白くないアレならスルーして下さいです


281 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:02:00 ID:IblTdlKA0
>>245
私が知りたい。

>>267
最初から参考である結界師ルート一直線だった気がするのですが、展開が読めないとか云われて不思議!

>>275
知ってるような知らないような。

290 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:08:06 ID:IblTdlKA0
>>289
云ってない、云ってないよ!
可能性の一部を提示しただけだよ!

幽々白書やワンパンマンのS級がそんな感じだったって話をしただけだよ!

295 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:11:15 ID:IblTdlKA0
昔読んだ、ラグナロクと云う小説では

「S級? コネでなる奴も居るよ」

とか云う身も蓋も無い話だったな。
所詮、他人が作ったレッテル、資格、称号なんてそんなもんでしょうね。
言葉以上の意味を測る指標になるとは限らない。

301 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:14:11 ID:IblTdlKA0
>>292
ロードス島は、ディードリットの寿命が長いので、絶対的な権力者になるだろうと云う意見があったり。
私の住んでいる国では、五十代以上の人間が国の資産の八割以上を握っているのですが、
百年二百年の寿命がある知的種族が居る世界の政治ってどんなもんなんだろうね。
年功序列の風習があったら、一度支配者に君臨すれば千年帝国とかあっさり作れるのかなー。

303 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:17:15 ID:IblTdlKA0
>>298
十二話ぐらいまで作ってあって、後は一日一話作ったような気がしないでもないような。
そんな昔の事は忘れました。

>>300
今回はプロットがありました。
しかし「4コマ漫画は面白くなくてもつい読んじゃう理論」により前回よりスレが伸びました。
2スレでひっそりと終わるはずだったんだけどなー。

310 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:20:43 ID:IblTdlKA0
>>307
前に書いた何とかvs.とか云う作品があったのですが、そっちの方が面白かった気がしますが、何か伸びなかったので、2スレで収まるんじゃないの?
とか思っていました。

まあ、面白い作品の方が売れる、広まると云うのは幻想ですけれどね。

316 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:23:47 ID:Vo5Hi6zY0
>>310
勘違いかもしれませんけど、前回はリアルタイムが終わってからまとめられてたんで、
それを見た人たちがなにこれおもしれーで今回たくさんいらっしゃったんじゃないですかね。
スレが荒れるなら毎日投下すればいいじゃん!みたいなのが結構なるほどと思いました。


319 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:26:20 ID:IblTdlKA0
>>316
私ははっきり云って管理してませんが、余りこのスレは荒れなかったように思いますね。
何でこいつら、やる夫に対しては甘いのにやらない夫に対しては厳しいんだ、と思うような環境にはありましたが。

308 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:20:03 ID:Nwjy7JbM0
そういえば、やる夫は何でケンを殺したの?
野心もないしただ適当に強い奴とだけ戦いたいバトルジャンキーな奴だし
やる夫にとって脅威なわけでもないし説得次第で優秀な部下になったような気もする


317 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:23:52 ID:IblTdlKA0
>>308
やる夫に聞いてくれよ!
私としては、一定の複雑さを持った人間の理解は難易度が高い場合があると思います。

良く知ってたら殺さなかったかも知れませんね。
先にジャギと会ってたら、アルイエットも殺さなかったかも知れませんね。

でも、殺した方が物語は面白くなるんじゃないですかね。酷い話だ。

322 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:30:49 ID:Nwjy7JbM0
>>317
考えてなかったのかw
個人的な見解だと、ケンは結構人情味ある奴だから
付き合いでマリオの弔いをしそうなんで殺したとかか?と思ってた
生きることにあんまり執着心のないタイプ=ケンかなと


327 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:32:39 ID:IblTdlKA0
>>322
考えてあったとしても、質問にあんまり答えずぼかして遊んでるんだよ!

全ての人間に愉しんで貰う作品を作る事も、全ての人間に納得して貰える作品を作る事も、
全ての人間に理解して貰える作品を作る事も人間には出来やしないので、まあ、割とどう受け取られようがどうだっていいんですよ。

323 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:31:22 ID:Oh9UEZKw0
どっちかというとやる夫はやる理由がはっきりしてる上で行動失敗しても居ないから
突っ込みどころが少ないからなぁ
やる夫に突っ込んでもやらない夫みたいに論破されるだけっしょ?


324 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:31:37 ID:mDZjp3e20
霊夢って壊れてしまったままかと思ったんですが、
死ぬ直前とかはもう随分と回復していたんでしょうか

それともやっぱりどこか壊れたままだったんでしょうか?


333 ◆4acrAZYToM 2013/06/30(日) 01:36:44 ID:IblTdlKA0
>>323
あいつ、自分に都合のいい材料しか出さず、詭弁や会話技術を駆使してなかったっけ。
正直、言葉の上ではどうとだって云えますよね、何事も。

>>324
壊れたままだとしたら、余りにも救いが無さ過ぎる気がしますね。
きっと、心はそこに在ったと。祈りに似た願いを持って眺めましょう。

>>325
インターネットのお陰で、明らかに人類は賢くなったと思いますけどね。
そういや、私の住んでる国の近くには、インターネットを法律で激しく制限してる国家があるらしいんですよ。
この世界は地獄のようですね。

340 名無しのやる夫だお 2013/06/30(日) 01:41:59 ID:mDZjp3e20
>>333
お返事多謝です。

確かにそうあって欲しいですね。
救いはあって欲しい・・・。


元スレ
やらない夫vs. その4
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


6194 『やらない夫vs. 最終話 たった一つの冴えたやり方』の前後エントリー2013年06月30日 09:45

纏め作品一覧やらない夫vs.の目次


26052 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年06月30日 10:21Edit
素晴らしい、作者こいつ凄げえよ・・・強いよ・・・というのが正直な感想
26053 名無しのフィール 2013年06月30日 10:33Edit
自分の父親を倒すための、子供を作るにいたるまでの絶望と後悔で1本作品作るとか
昔懐かしいハイファンタジー系の作品みたくていいね
騙されて、失敗して、最後には自殺という救いのなさ過ぎる一生だけど
やらない夫むちゃくちゃかっこいいわ…滅びの美学って感じがイイ
中二病を今でもわずらってる俺には大HIT、自らの絶望を破壊という形にして残すって
古今東西色々な作品で使いまわされている設定だけど、しっかりと1本分描くとくるものがあるね
26054 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 10:52Edit
最後まで読んだ上で俯瞰してみると、すごく丁寧で分かりやすい話だった。
前作がやる夫の大暴れだったから、今回もない夫が挽回するんじゃないかとハラハラしてた。
それがミスリードだったんだな。うまい。
26055 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 10:59Edit
やらない子とは、なんだかんだで仲良くやってたのか
意味ありげに出てきた割に特に何をやったわけでもなく
おいしいとこ持っていったなあ
26057 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 11:04Edit
最期のない夫は首尾一貫してたな。
詰将棋の質問で、できる夫が父親よりも自分の命優先するって回答したら、
自殺は選ばなかった気がする。
その良し悪しは置いておいて、その生死の全てまでできる夫に捧げて逝った。
やる夫への恨みや嘆き、復讐も何も感じさせずに。

ひどい話な筈なのに、なぜかすっきりとするな。
この作者にしか出せない、何とも不思議な後味の話でした。


26058 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 11:10Edit
虚無の世界はやはり虚無でした
26059 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 11:15Edit
※26057
後顧の憂いを断つための、やる夫の自殺だったのか、、、
そこまで読み取れなかった、サンクス。
26060 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 11:37Edit
心かき乱される話でした。
このモヤモヤの正体が何なのか、どう片づければいいのか分からず、つい「ひどいよ、作者さん!」と言いたくなるのですが多分八つ当たりなんでしょうね。
年を取ってから少年時代を振り返ると馬鹿だったような気もするのですが、それは「自分は年を取ったのだから少しは成長している筈だ」という幻想に寄ったもので、実際には当時も意外にしっかり考えていたような気もするんですよね。ただ、知識と経験が足りず、物事を正しく判断する材料が足りなかった。
でも、大人になってからも結局は誰かの意図の混じった色んな情報に晒されて、本当に正しく物事を判断出来ている人なんてごく僅かなのではないかと思います。それに、もし正しく判断して行動出来たところで、どうしようもない理不尽は運次第で襲ってくる。
どうすれば救われるんでしょうね。

ところで、できる夫が「ヒャッハー!」と叫んでその瞬間世界がアボーンするというのを思いついたのですが、この一コマで物語が完結してくれたら皆救われて素晴らしいなあと思いました。
ま、まあ、それは置いといて、作者様、お疲れ様でした。
26063 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 12:04Edit
アルルが何されてるのか気になるわいグヘヘ
26064 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 13:27Edit
読者の手のひら返し具合がすごいな
26065 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 13:52Edit
りんごが木から落ちる事や人が起こす事を
善悪や良い悪いや意味や感情を創造してしまうのが人
りんごと木と人も同じ世界の理の中なのにな

だってそうだろ
世界に何も無くても
何か在ると信じて動こうとしたり動いてしまうだろ
常識的に考えて
26066 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 14:24Edit
描写として最後の最後でない夫が報われてよかったとしか言えない
今までバカだの思慮が浅いだの雑魚だの見えてないだのボロクソに言われまくって
やる夫さん、やる夫の行動を理解してないだのやる夫(前作主人公)と比較されまくって
何一つ肯定されなかったがこの最後の〆でようやく役としてやる夫を越えた部分が見えてくれた
26068 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 14:55Edit
正義のエゴに取り憑かれたやらない夫が遺したのは、
力を持っただけの何も知らないできる夫か。
その原因になったのは、復讐のエゴに取り憑かれたやる夫。

できる夫は白の帝国でどう生きていくんだろうか。
26070 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 15:42Edit
でも、最後までやらない夫はやらない夫だったな……
まだできる夫のためにする事はあったろうに、自分勝手に逝っちまうなんて……
26073 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 16:27Edit
※26070
本当に、ない夫にまだできることはあったのか?
最終奥義を撃っても防がれる。これってある種の最終テストだったんじゃないか?

できる夫が自分を完全に越えて、できることがなくなったから、ああいう結末に到ったんだと思う。
26074 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 16:38Edit
ラスト2話だけで良かったな
最初の22話は余分
26075 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 17:04Edit
やる夫は息子をクローンにしてない夫は息子を自分を超えるまで育てた
勝者のやる夫は自分を託すことはしなくて息子を自分に作り替えた
敗者だったない夫は自分のできなかった自由のための力を託した
この続きが非常に気になる
26076 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 17:10Edit
やる夫を倒せと言ってないのな。

思うままに生きるために自分にはなかった大陸最強の
力を子供に与えて自由に生きろかー。
26077 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 17:23Edit
投下後の読者サービスは相変わらずだなw
来年のできる夫vs.にも期待してるぞ
26078 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 18:31Edit
※26071
戦う力の上ではもう何もできる事はなくても、他にいろんな事があるんじゃないか?

この先、何かあった時に助けになれたかも知れないし、先人として間違いを教える事もあったかもしれない。旅に出ることがあれば帰る場所を作ってやることもできたと思う

生きてるだけで何かをしてあげられた可能性があったんだよ
26079 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 18:45Edit
やらない夫だけだとちょい地味だけど
何部かに別れてると考えるのならなるほどって感じだな
できる夫はどういった行動に出るのだろうか楽しみだ

やらない夫が何かと戦った結果死んだのか自害したのか気になる所
自害ならできる夫の弱点にならないためにかな

やらない子はちょいちょい顔出してたんだなw
26082 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 19:51Edit
この先、何かあった時に助けになれたかも知れないし、先人として間違いを教える事もあったかもしれない。旅に出ることがあれば帰る場所を作ってやることもできたかも『知れない』。

それと同じぐらい、やらない夫が人質に取られてできる夫を殺してしまう可能性があったかも『知れない』。

だから彼は、霊夢に会いに行ったんだろう。
26084 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 21:56Edit
できる夫のコンセプト時点の“力こそ全て”だと結界師より鉄拳みたいな血闘になると思ったんだけどなー。
やらない夫退場しちゃったか~…。自分も嫁や母親人質に取られて、どうなるか味わっちゃったもんな。
先手を打ちたかったんだろうけど、できる夫を傷つけてしまう分、悪手に見えるなー。
26086 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 23:00Edit
>>142の詰将棋の答えを誰か教えてクレメンス
26088 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 23:55Edit
2三竜、同銀、2二歩打、1一玉、3一竜 であってるかな?
26092 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 00:20Edit
あそっか取った歩を使えばいいのかw
駒の動かし方しか知らなかったからその発想がなかったわ
thx
26095 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 01:15Edit
何一つやる夫に勝てなかったやらない夫だが最後の最後で父親としてはやる夫を超えたと考えると感慨深いものがあるな
26100 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 05:06Edit
5一竜、4二銀、同竜じゃ3手だな……
26101 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 05:07Edit
4二じゃねぇ、4一だw
26103 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 07:13Edit
つ、続きを……できる夫vsを!
色んな所が気になりすぎる!

王道も好きだけど、だからこそモヤモヤするものも楽しい
体制や仕組みに対しても多くの疑問が浮きだして来るこのスレは
見てて凄く面白かったよ、お疲れ様です

……だから続きをですね!
26104 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 08:56Edit
>誰にも読まれない物語は、誰からも批判されないでしょうが、それに価値はありません。

途中からは完全な作者のオナニー作品
こんなゴミに付き合わされるこっちの身にもなれよ
26105 名無しさん 2013年07月01日 09:49Edit
このできる夫は父親のためにあっけらかんと自殺しそうだからな
26106 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 10:09Edit
付き合って最後まで見てそのセリフ
あなた…プロ読者様ですねぇwwwwwww
26107 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 10:18Edit
ああ、詰め将棋の問答があったからやらないは逝ったのかー
妻と同じく息子のために全てを捧げ、そして死んだわけですね。
26108 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 10:19Edit
面白かったけど作者の人格は反吐が出るなあ
26109 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 10:20Edit
理不尽を強いられた人間が、最大限理不尽のない社会を作り
力の足りない人間が、大陸で一番強いであろう息子を作った

できる夫は何に憤慨して、何を作るんだろうね
26111 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 10:45Edit
>>26108
毒にも薬にもならないような人物は毒にも薬にもならないような話しか
作れないことも多いわけで・・・
元底辺作者としては耳が痛いわ。
26112 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 10:46Edit
やらない夫はできる夫に残った最後の弱点だったんだな。
それを悟ったやらない夫は、自ら命を絶つことで愛する息子を守ろうとしたんだ。
これからできる夫はどのような道を歩むのか…。
26116 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 14:42Edit
なんか、消化不良で終わったなぁ
ってか、無意味なレイプ描写多すぎい
前作と比べると、キャラが不安定かつやる夫チートのせいで中だるみが多かった
ほぼ、予想通りの展開だったし
あと、キャラのセリフも言わされてる感が半端なかった

できる夫vsもやるんだろうけど
そのプロローグにしても、もうちょっと短くまとめてよかったんじゃないかねぇ
26117 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 15:12Edit
前作も含めてこれに値がついて売ってたら俺は窓から放り投げるだろう
それぐらいに作者オナニーと荒さが前作からあまり改善されてない
ただそういうクセがあるせいか読ませる要素がある
だからコメもかなりついてるんだろうね

嫌いではないよ
26118 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 15:22Edit
でっきーはどうすんのかねぇ
多分できる夫VSもあるんだろうしそれまで気長に待ちますか。
願わくはかのルカ・ブライトのごとく望むがまま突き進んでほしいものです
26119 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 15:23Edit
前回はやる夫がどうしようもない屑で微妙ながら報いを受けて欲しい層もいたから
そのままハッピーエンド行ったのがある意味予想外で面白かったけど
今回は殆どやる夫応援やらない夫負けろって意見が圧倒的だったから
ホント予想通りの展開で終わっちゃって微妙だったね
前回の勇者PTと同じようなもんだし尚更・・・

やらない夫を応援されにくい性格にするのは構わないけど、もうちょっと補正与えて周りの頭も良くして
どっちが勝つかわからないくらいまで思わせてくれないと、ただのやる夫無双のように受け取っちゃう
やる夫敗北とかやらない夫ハッピーエンドで予想してた奴殆どいなかったろうしね
26122 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 18:44Edit
やる夫は生きてるのがかわいそうだから
楽にしてやって欲しいとは思ったな

あと、人質の可能性を潰すためにない夫が死んだって説だけど
ならもしも、銀将=トモエの時にできる夫が待ってくれてたら……
26123 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 19:55Edit
実は言うほどやる夫、楽勝じゃなかったんだぜ
回復を阻害する手段かもう一人分同レベルの攻撃の手があればやる夫一人は普通に倒せてた
あの時アルルが足止めに回ってなかったら結果は違ってたんだ


実質回復なしで二発当てればやる夫も倒せるやらない夫の奥義を軽くいなせるできる夫の恐ろしさ……
26125 名無しさん@ニュース2ch 2013年07月01日 22:11Edit
序盤レイプしたあたりで切って最終話に飛んできた
26126 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 22:30Edit
※26123

お前クロコダインさんディスってんの?
アルルが足止めに回って無かったらクロコダインさんがやる夫に加勢して一瞬でやられてただろ
26127 名前なんて無いだろ 2013年07月01日 22:44Edit
※26100
5一竜には4一歩あたりの合駒で詰まないよ
26130 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 00:09Edit
アルルがどうなるのか気になったから読んでいたのにぃぃ...
シェゾがあくまで「俺のもの」と言っているのが唯一の救いみたいになってるじゃないか...
AAキャラに思い入れがちなゆるい読者にはちときつい話だ...

26133 名無しさん@ニュース2ch 2013年07月02日 00:22Edit
今回のも先が気になる良い作品でした。完結お疲れ様です。

……まぁ、作者さんは正直好きじゃない部類だけども。こういう人だから書けんのかなやっぱ
26135 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 00:43Edit
うーん・・・これは・・・
前作に比べると完全に駄作。すごく期待していた分本当に残念
ここまでくると作者の人形遊びを見せられた気分

どうしてここまでキャラの魅力がなくなってしまうのか・・・
前作はやる夫なのは以外にも魔理沙ブーム君ムラクモ等の白の帝国は勿論
赤・緑の帝国やチョイ役のキャラにすら魅力を感じたというのに・・・

ストーリーにしてもこの展開なら前回勇者PTの生き残りor関係者ができる夫を生み出すだけで十分
24話もかけてやる必要性が全くない
読んでても結局最終話まで展開が予想通りで少しも驚くところがなかったし・・・

本当に同じ作者なのかと疑ってしまうようなオナニー作品
前作の素晴らしい世界観と設定を悪い意味で見事にぶち壊してしまったなあ・・・

これがプロとアマチュアの差なのか・・・

26138 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 02:30Edit
前作のが出来良かったのは違いないが、まあこれはこれで嫌いじゃないよ
26142 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 08:10Edit
コメ覧くっさいわw
26151 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 12:11Edit
やらない夫にとってできる夫は何より大切だから、将棋の例え話みたいな状況にならないために自害したんだな
強迫観念、トラウマが魂にまでこびりついた結果がコレか…哀れな人生だ
26152 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 12:37Edit
なぜかサガフロ2のリッチを思い出した。
まああっちも自殺っちゃ自殺だけどな
26155 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 16:12Edit
※26135
ここまで来ると、じゃなくてプロもアマチュアも前作も今作も全部創作活動はオナニーだろ。
それを見て面白いかつまんないかは個人の勝手だろうが
プロとアマチュアの差なんて元を辿ればねえよ。受信側の嗜好に合うか合わないかだけじゃん。
何が違うっつったら万単位で受ければプロで千単位で受ければアマチュアだ、位の判断しか無いし。

今回はただあんたに合わなかったんだよ、それは全くもって正しい意見だけど
世界をぶち壊したってのは違うだろー。少なくとも前作も今作共々お前のオナニーじゃねえもん。
26157 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 16:55Edit
一冊五千円のハードカバーの上下巻を読んで、気に入らなかったから
アマのレビュー欄で愚痴りまくるのならまだ分かるけど、無料で、途中で
読むことをやめるという選択肢もあるというのにプロ読者様と来たら・・・
26160 名前なんて無いだろ 2013年07月02日 19:04Edit
前作もだけど更新早くて飽きずにテンポよく読めた
26179 名前なんて無いだろ 2013年07月03日 00:19Edit
※26157
まったくだww
26184 名無しの生存者 2013年07月03日 04:40Edit
とりあえず、ただの荒らし目的じゃないなら
プロ読者様は自分でも最低限おなじぐらい反響があるモノでも作れるようになってから
文句言えばいいんじゃないかな?自分が見えてなくてカワイソウだし

ともあれ完結乙。できる夫VSも楽しみだ
26188 名前なんて無いだろ 2013年07月03日 07:42Edit
コレもしかして話数調整してんのか?
だとしたらすげぇ
26190 っt 2013年07月03日 13:12Edit
>>1のスレでここのコメントが抜粋されててワラタwww
批判を笑い飛ばせる強さがある>>1って非常に好感を持てるな
26195 名前なんて無いだろ 2013年07月03日 22:50Edit
なのはさんに改造されたい。

できる夫vs. はやく読みたい。

やる夫には幸せになってほしいな。あくまで個人的な意見だけど
26219 名前なんて無いだろ 2013年07月04日 18:33Edit
やる夫vs.から各話51レス6月7日に始まり30日に終わる。
ということはできる夫vs.は来年になるのか。
待ち遠しいがともあれ完結乙
26221 名前なんて無いだろ 2013年07月04日 19:01Edit
個人的には紫杏の立ち位置にはシオニーがしっくりくるんだが。
何で彼女を配置したのやら。
好きだからとりあえずかね。

やる夫信者は翠星のガルガンティア見てくるといい。
ものっそい彼の行動が否定されてるから。


無論、それも見たあとでもやる夫カッケーと思うのは君らの自由。
この作品見てつまんねーと言うのもこっちの自由。

後、やらない夫が間抜け臭全開のおかげで相対してやる夫が間抜けじみてるんだよね。
やる夫ageしかないのに。
前回と比べて劣化が激しく、ほんとに作者は何をしたかったのやらわけわかめな作品でした。
26223 名前なんて無いだろ 2013年07月04日 19:12Edit
この作品貶す為だけに他の商業作品まで歪めて捉えるのはちょっと……
26225 名前なんて無いだろ 2013年07月04日 19:45Edit
※26221
お前のくっさいくっさい評論()のためにガルガンティア使うのやめてくれない?
虚淵ファンとしては死ぬほどウザいんだけど


個人的にはやらない夫勢が負ける展開があっさりしすぎてたな
前作の魔王戦でも思ったことだけどもうちょっと戦闘シーンを増やしてほしい
26228 名前なんて無いだろ 2013年07月04日 20:56Edit
パワポケをロクにプレイせず、第二次Zもロクに文章を読まず、ガルガンティアもロクに考えて観てないということが良くわかる文章だなあ。
26229 名前なんて無いだろ 2013年07月04日 21:44Edit
規模が大きいからやらない夫の迂闊さが強調されちゃった気がする
やらない夫の迂闊さって若気の至り的なもので
国家相手にクーデターでなく、暴走族がヤクザに喧嘩売った位の規模ならやらない夫の迂闊さも
納得しやすかったんじゃないかと思う

実際、この世界の国って現実の組織化された国家とは違う
弱肉強食の動物的なものみたいだし
26245 名前なんて無いだろ 2013年07月05日 17:36Edit
やらない夫も霊夢も救われねえな。ナムナム
26264 名前なんて無いだろ 2013年07月06日 02:54Edit
でっきーには残せるだけのものを残した
ない夫にはそれで十分なんだろ
生きていることで足手まといになりたくないだろうし
26268 名無しさん 2013年07月06日 06:43Edit
前作に比べて面白くなかったのは確かだが
できる夫VSには期待。
26281 名前なんて無いだろ 2013年07月06日 11:59Edit
まだこの世界観で何本か書けそうな感じ。
26292 名無しさん@ニュース2ch 2013年07月06日 20:07Edit
正義にかぶれた子供は
愛するものを守れず
妄執のために妻を殺し
化け物だけを作り死んでしまいましたとさ

ってお話
26294 名前なんて無いだろ 2013年07月06日 20:28Edit
前作より良かったと思ったのは俺だけなのか・・・?
26299 名無しさん@ニュース2ch 2013年07月06日 23:55Edit
主題としてはコンパクトに纏まってるけど次回作へ続く、みたいな引きがちょっとね
26334 名前なんて無いだろ 2013年07月08日 00:31Edit
でっきーは破壊するもの……か
やらない夫を優先する辺り、甘さもありそうだし行き先が心配だw
えげつない世界だが、できる夫には幸せになって欲しい
26369 名前なんて無いだろ 2013年07月09日 13:20Edit
面白かった!
続編だろうねぇ
26380 名前なんて無いだろ 2013年07月10日 00:33Edit
前作と比べて劣化が激しいな、トリ割れてて別人が書いたってオチかこれ?
23話で前作キャラが集合してたシーンをみて思ったがキャラの魅力が全くなくなってしまってる
同じ作者とは思えないひどさだ
26386 名前なんて無いだろ 2013年07月10日 02:32Edit
なのはさんがあれだけ色々手を尽くした果ての産物であるやる夫を超えるレベルの化け物を精々10か月程度で生み出せているあたりに違和感。
いや、ひょっとしたら、超えてないのかもしれないけれどさ。
26388 名前なんて無いだろ 2013年07月10日 05:15Edit
作者の「やらない夫好き」は本音なんだろうなあ…

しかし人間的な心の揺らぎを書く適正は低いわこの人。
合理主義者同士の容赦の無い殺し合いをやってくれ。
26394 名前なんて無いだろ 2013年07月10日 18:54Edit
最後まで読んだ結果面白くないと言えばプロ読者と罵られる世界なのか
やる夫スレ界は恐ろしいなぁ

正直24話かけて結局こうなるのねって印象しか持てなかったわ
26416 名前なんて無いだろ 2013年07月11日 20:23Edit
なぜわざわざ面白くないものにコメントを書こうとするのか理解できませんわwww

まあ言いたいことは分かるんだけどねえ
こういう「続きは劇場版で!」みたいな引き伸ばしは苦手なんだよ
でもそれ以外は最高だったよ!また一年後まで待ってるぜ!
26440 名前なんて無いだろ 2013年07月12日 21:42Edit
面白かった!! できる夫vsまってるぜ!!
あとゴミ作品とか言ってるやつ、
お前はそうのたまう口で、そのゴミとやらを全て平らげているという事を忘れずにな。
26465 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年07月13日 20:21Edit
話の中身や流れには特に不満はないけど、
作品として見ると次作に向けての繋ぎって感じなのがちょっとなあ(やらない夫の人生としてはきちんと完結してるが)
ここからまた1年待つことになるのかと思うと生殺しが過ぎるだろjk
26466 名前なんて無いだろ 2013年07月13日 20:58Edit
個人的な感想としては、前回もそこそこだし、今回もそこそこかな。

そこまで好みな作風じゃないけど、完成度は結構高いと思う。

確かに一部の登場人物の操り人形みたいな行動はあるけど、そのいうのも含めて2つの作品のテーマであり、リアリティだと思う。

実際にいるでしょ、感情に支配されてるような人。

憎しみとかシステムとか…わかる人にはわかる一貫したテーマ。

オチとかじゃなくて作者が何を考えて書いてるのかを想像するのも楽しいんじゃないかな。
26494 名前なんて無いだろ 2013年07月15日 00:34Edit
26466が臭い。とても臭い。
マジでコピペにするべきレベル。臭い。
ここまでくるともう釣りなのか真性なのかわからんくらい臭い。
とりあえず臭い。素晴らしい。
くぅ疲とはまた違った臭さを感じるのがいい。
面白いやる夫を見れた後にこんな良き臭さを見れるとは思わなかった。くっせぇ。
どうか大人になってもその臭さを失わないでほしい。
お前の臭さはマジで誇れるよ。
俺は今までお前以上に臭い奴を見たことがない。
26519 名前なんて無いだろ 2013年07月16日 04:49Edit
一通り見たがうーん・・・
面白かったスレで紹介されてたから、もう二転三転あるのかと読み続けたら
最後まで淡々とした感じだったな
最近の中高生はこういうのが好きなのかね
26534 ゆとりある名無し 2013年07月16日 23:34Edit
26589 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年07月18日 18:17Edit
>26494
どうでもいいけど面白い”やる夫”なんだなw
26590 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年07月18日 18:19Edit
>26386
10か月で下地が出来て、やらない夫のスパルタという努力の結果でしょ
素質があるだけでなくできる夫も長い年月を要してる存在
そういう描写が全くないのも悲しいかな
できる夫vsで少しは取り上げられてればいいね
26595 名無しさん(笑)@nw2 2013年07月18日 19:55Edit
やる夫よりやらない夫に批判的な意見が多かったのは、妙に身に覚えのある考え方や行動をとってるからなのかもなあ
同属嫌悪に近いネガティブな共感を覚える、見てて恥ずかしい様な感覚
似たような天狗状態になったことがある人間は、結構多いんじゃないだろうか

それだけに、親になると分かってからの行動とやらない夫の最期の姿には何とも言えない感慨を感じた
面白かった、できる夫編が楽しみだわ
単純なぶつかり合いにはならないんだろうけど、どうなるんだろうな
26627 名前なんて無いだろ 2013年07月19日 06:37Edit
前作よりスッキリ終わってよかった
やらない夫は少なくとも自分の心の弱さに気づいて乗り越えようとした点で、
やる夫よりも評価高いわ
やる夫もやらない夫も自分の弱さを攻撃性や行動の原動力に変えているという点で似たもの親子

やる夫が政治を語るたびに雑などんぶり感覚に笑ってしまうが、良く考えたらこの手のRPG世界だと現実世界なみの教育機関は存在しないから政治が幼稚なのもしかたないな。
政治学の発達そのものが未熟なら、やる夫にツッコミ入れられる人間がいないのもうなずける

たまたま権力を手にして、他に代役もいないから王の役目をやってるだけで、政治センスはないと思われるので、早く後継者を育てて退位してどうぞ
君臨すれども統治せず、実権をもたない象徴的な存在になれば、脳筋の魔物たちも納得するんじゃないですかね
26695 名前なんて無いだろ 2013年07月21日 22:18Edit
面白いと言われたのでいつ面白くなるのかと最初から読んできたが
なんつーか、ここまで厨能力とご都合主義が許されるなら
ドリムノートにやる夫は無敵で国民は何故かみんな幸せで
やる事なす事全部成功して時々反逆されるけど逆らった女は肉奴隷、と書いた
でもええんちゃうかな…

まあ追うのも辛いし区切ってくれたのはありがたかった
26708 名前なんて無いだろ 2013年07月22日 05:46Edit
面白かったな。ただ、前作と比べるとってのはある。
けど、面白かった。前作のあれこれで終わりってポイントをうまく補完してた。
憎しみや善悪の基準に関する話が主題だから、あまり考えたことない人には不愉快な話だろうな。
よく考えたことある人、不平等さに涙した人なら一定の共感があるはず。
ちなみに政治システムに関してあまり突っ込んでも仕方ないと思うが。論点は倫理であり、政治ではない。作者もそちらにアイデアはさいてない印象を受ける。
個人的には主人公であるやる夫、やらない夫どちらも好きだな。
ぶれない人間もぶれる人間も、やはり人間らしい。
新作を見られたのは素直にうれしかった。
26803 名前なんて無いだろ 2013年07月25日 20:39Edit
やる夫は無敵な呂后と言うか…

報復するに至った動機には同情すべき点もあるし
統治期間に際立った失政も無いが
粛清と個人的報復をやり過ぎて巨大な悪名残すタイプだな

呂后の息子は母の残虐行為に心痛めて若死にするだけ救いはあったが
やる夫の周りはマリサも含めて程度の差はあれイエスマンと
マンセー要員ばかりで救い様がねえ

でも続編にこのカタルシス求めても期待できる作者じゃなさそうだし
この辺で読了としとくか…
26829 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年07月26日 15:22Edit
そういえば、口答えはするけど忠臣ってタイプの人間はいなかったな
だからこそやる夫が完璧存在過ぎて好きになれない人は出る
やる夫は統治理想・単純武力で優れてても例えば会計能力があるのか?と考えればそれは疑問
財政面では手厳しく忠告する文官とかいれば面白かったかも
27005 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年08月02日 07:14Edit
面白かったわ
次回作も楽しみにしています
27073 名無しの壺さん 2013年08月05日 21:35Edit
この作者最高だわ
一~二話読んでやる夫vsとは違って
ヌルい展開だと思って放置してたけど、
通しで読んだらほんと最高だった できる夫vs楽しみにしています
27109 名前なんて無いだろ 2013年08月06日 22:46Edit
奇しくも真紅は間接的にではあるがやらない夫も不幸にしたのか……
27157 名前なんて無いだろ 2013年08月08日 03:00Edit
サクサク読めて楽しかった。
できる夫vsは大戦争からかなり経ってるだろうし
戦争を知らない世代がメインに据えられるのかな

やらない夫はまぁ…行動を起こした後の事を考えられない&起こす前に省みることをしないっていう
最後まで一貫して思慮に欠けた性格だったね
情報の裏取りをせずに鵜呑みにし雰囲気に流され失敗してから初めて気付く、現代人に通ずる者があるなw
27159 名前なんて無いだろ 2013年08月08日 03:11Edit
本編読んで感慨に浸りつつ、元スレ覗いて作者の言動にがっかり、ってところまで前作と同じだった
エンターテイメントなら商業作品でもそうだけど、作者はこの人みたいに好き勝手言っていいとは思うんだけどね俺は
ただ作者さん、アンタあまりに幼すぎるからまだ喋っちゃダメw

というのはついでだが、作品包括して捉えた反応が多いところ、一部分にフォーカスしたものをひとつ
やる夫の真紅への復讐描写は最高によかった
エンターテイメントの、しかもR18指定のものにまで規制をかけるような、つまり一般大衆を舐めてるような現代社会の表現への縛り、これをぶっとばすグロテスクさ
これだけで100万点だよこの作品は


27692 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年08月26日 20:17Edit
いいんじゃないの?個人的には面白かった
あとパワポケ好きだったから言うけどしあーんの性格が良かった、ゲームでも大体あんな感じだったし違和感なかった
27778 七草粥 2013年08月30日 19:12Edit
面白かった
次回作は来年かな
27791 名無しさん@ニュース2ch 2013年08月31日 04:55Edit
エロがあるからR18なのは解るとしても
こんな異能力を生かした僕の考える理想の政治でR20は無いっしょ
自画自賛しすぎ、と言うよりおすすめコメントに騙された

ファンが高度な政治哲学作品を期待させるおすすめしないで
作者がやりたい放題やった痛快鬼畜エロ作品、とでも書いてくれてれば
変に期待せずに楽しめたと思う
28348      2013年09月22日 13:33Edit
最後まで読んでみて、結局のとこ、ない夫はどこまでも両親の子供なんだなあ、という印象だな。
夢見がちで視野が狭くて、力を過信して大事な者を失うのは母親ソックリだし、
失った後に力が無い事を後悔して、自分を捨てて力を追い求めた挙句、
力の結晶たる息子を完成させたら、足手纏いにならない為というだけで
アッサリと自死を選ぶ辺りは、父親の足跡にモロ被ってる。
最後の詰め将棋での例え話で真意を隠して試すとことか、あれほど憎んだ父と同じ事をしてると
気付いていたのかな…?
28837 名前なんて無いだろ 2013年10月11日 18:23Edit
王道好きには胸糞悪くなる作品たぶん読まないほうがいい。
シナリオは優れてるかというとそうでもない。
前作も感じたが、やる夫がチート過ぎて某格闘ファンタジーの父親の強さレベルで萎える
しかも、無理に悲劇を演じようとしてるのかやらない夫とかキャラブレすぎて違和感を感じる。
悪くはないんだが、良くもないって感じの作品
28944 名前なんて無いだろ 2013年10月15日 19:02Edit
やらない夫の子供から大人、親へと成長する様子が描かれていて
確かに今回はやらない夫が主人公だった。
できる夫が主人公になったらどういった理由でやる夫に立ち向かうことになるのか。
むしろ立ち向かわないのか。今から楽しみです。
29277 名前なんて無いだろ 2013年10月30日 07:26Edit
前作に比べると…ってのはあったが、まあこれはこれで悪くないかな?
きっとこのあと何かある!って期待して読んできた人達にとっては、何か一言不満を言いたいという気持ちも分かるので批判位自由にしたらいい。
それと管理人さん、まとめ乙です、ありがとうございました。
29393 名前なんて無いだろ 2013年11月03日 20:50Edit
あれだけの事されたらキャラだって変わるだろ
29436 名前なんて無いだろ 2013年11月04日 21:56Edit
MTGを軸とした世界観なのかな
カードゲームの敵勢力といえばファイレクシア、プレインズウォーカー、エルドラージ、ヴェルズ、リンクジョーカー…
まだまだ敵は多い
29595 名前なんて無いだろ 2013年11月11日 17:37Edit
面白かったな
最初の数話は前作とは違うノリだったんで途中で切っちゃったけど
改めて読みなおして良かった
ひとつ疑問が残るのが、真紅の村の圭一は結局、やる夫の故郷の人とは
同名の別人だったってことで良かったのか?
30176 名前なんて無いだろ 2013年12月06日 04:41Edit
まあ色々思うことはあるけども、それなりにいい暇つぶしにはなったよ
それこそ新聞の4コマ程度には
上半期好きだったスレから来たけど、自分なら前作のやる夫vs含め他人にオススメしようとは思わないな
丁度今から半年後にはできる夫vsが始まるのか…それまでこの作品を覚えてるといいな
とりあえず作者さんとまとめさん乙
31320 名前なんて無いだろ 2014年01月12日 01:26Edit

自己流の批評は誰でもしたがるし勝手にすればいいと思うけど
わざわざ小馬鹿にしたようなコメしていく奴がどこでも後を絶たないのはなんなんだかねー
自分が書いてみろとまでは言わないけど、もう一度自分の書いた文章を読み返して
いかに恥ずかしいこと書いてるか見直した方がいいと思う
31720 名前なんて無いだろ 2014年01月24日 15:25Edit
やらないおが生きてると息子の唯一の弱点になるから自分をこえたし弱点なくすために自殺か・・
心理描写はんぱないな
32367 名前なんて無いだろ 2014年02月16日 06:34Edit
少なくとも俺にはこのレベルの面白い物語は書けない。
だからこれを高く評価する。それじゃいかんか?
32851 名前なんて無いだろ 2014年03月04日 21:14Edit
やる夫VSから通して読んだけど、やる夫がすっきり死んでくれなくて残念だと思った。
この調子だとできる夫VSがきてもすっきりハッピーエンドって訳にはいかなさそうだなぁ。
すごく絵がうまいのにグロい話しか書かない漫画家を思い出した。
33278 名前なんて無いだろ 2014年03月20日 21:31Edit
素晴らしい作品を作ってくれてありがとうございました
34157 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 22:19Edit
こんだけ米欄が伸びて荒れてるのも作者さんの思い通りなんだろうなあ。
続きも期待して待ってます。
34224 名前なんて無いだろ 2014年04月19日 01:14Edit
いい具合に、発想の違い、考えの違いを照らし合わせることができる面白い作品でした。
アンチテーゼにアンチテーゼを被せると言いますか、物事に対して「ベクトル」や「流れ」をつける
作業と言いましょうか、客観的な視点で淡々としているこの物語は非常に心に残りました。

もし次回作があるのでしたら、とても楽しみです。
34388 名無しさん@ニュース2ちゃん 2014年04月26日 10:35Edit
つーか、できる夫vsはないんかね
34466 名前なんて無いだろ 2014年04月29日 01:30Edit
↑後一ヶ月ちょい待て
34474 名前なんて無いだろ 2014年04月29日 18:32Edit
ここのやらない夫、まるで粗悪なアニメやゲームの主人公みたいな不愉快な
雰囲気があって凄く良かったw
変な言い方だけど、ああいった安易な作品の主人公が補正を失ったら、
恐らくこうなるんだろうなぁって思った

34787 名前なんて無いだろ 2014年05月12日 16:37Edit
やらない夫vs.と考えればこの終わりは自然か
ただ頭が魔王物語を読んでる気になってるからもにゃる
35342 名前なんて無いだろ 2014年06月03日 23:12Edit
時期的に待ちにまった続編がそろそろ来るな
35472 名前なんて無いだろ 2014年06月08日 19:00Edit
続編がキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!
35558 名前なんて無いだろ 2014年06月11日 13:29Edit
続編の、できる夫VSが始まりましたよー!!
36238 名無しさん(笑)@nw2 2014年07月06日 04:53Edit
クレヨンしんちゃんやプリキュアみたいな作品がすきなのに最後まで読んでしまった。
やる夫もやらない夫も大嫌いじゃ。
37502 名前なんて無いだろ 2014年08月19日 08:31Edit
作品は好きだけど作者はちょっとって人が結構いるんだな
俺も余計なあとがきがなければ前作も今作も良作だと思ってるクチだわ
40362 名前なんて無いだろ 2014年12月21日 22:42Edit
将棋のところを見ればわかるけど
自分の存在そのものができる夫の弱点なわけだから自殺の理由はそれだろ
40944 名前なんて無いだろ 2015年01月16日 12:31Edit
面白かった
やらない夫がうらむべきなのは関係ないことに引き込んだやる実と紫杏で
(真紅の村があのタイミングなのはやらない夫を引き込むためのやる実と紫杏の仕込だよな)
やる実と紫杏をそうしたのはやる夫で、やる夫をああしたのが真紅で、
真紅のためにやらない夫がってのがすごい滑稽でよかったな

ちょっとでも疑問に調べる気があったら・・・っていうもやもや感もいい感じでした
41139 名前なんて無いだろ 2015年01月25日 22:22Edit
面白かったな
ハクスリーのすばらしい新世界を思い出すわ
あれも幸せだけを追求して、その結果大体みんな幸せそうな世界なのに、トップの奴はそうでもなさそうだったんだよな

やらない夫の人生はやる夫にとってどうだったんだろうな
17話で先生が「魔王様はやる事が実るように……自分と同じ過ちをやらないように……などそれぞれ考えて名前を付けていますよ」
って言ってたの、やらない夫のことだよな
スルーされてるけどこの作者はキャラの心情とかを計算なしに出すってことはなさそうだし、やる夫は自分の何かが過ちだったと思ってるし、やらない夫にはそれをしないようにして欲しいって思ってたんだよな
もし杏子がボロボロにされたとしても死んでなかったら・・・
復讐を企てるとしても、自分の何もかもを捨てるようなことをしなかったら・・・
やる夫はどういう人生を歩んだんだろう、それをやらない夫に見たかったのかな
とかいろいろ考えてしまうわ

続編はできる夫の人生も気になるがこの設定厨っぽい作者がどこまで世界設定を明かしてくるかも気になる
54802 名前なんて無いだろ 2016年11月15日 10:46Edit
次はできる夫世代か? ガンダムAGEみて~だww
やる夫もやらない夫も超好きだけど、できる夫には是非やる夫に一矢報いて欲しいw
56794 名前なんて無いだろ 2017年03月18日 17:02Edit
批判すら許されないってどこの独裁国家ですか?
単純につまらなかったわ、ストーリーのそってキャラが動かされてる感じ
56897 名前なんて無いだろ 2017年03月23日 21:26Edit
>56794
感情が先行しすぎてて打ち間違いしてんぞ
こう言う胸糞悪い話が苦手なら読まない方が無難だよ、これ
やる夫vsの時からそうだったろうに、何の罪もない親子を殺めても何も躊躇わない外道が王の世界観だしな
57334 ステルスロック襷ガブ 2017年04月26日 21:57Edit
感想を言わせて頂こう。
少々ロジカルとか、淫夢語録とか含まれてるけどそこは許してください
物陰に連れ込んで犯しますよ!(意味深)
そうか・・・母さんに会いに行ったのか・・・←んんwwwこれ父がお亡くなりになって、母と会話をゆっくりしに行ったって事ですぞwwww
父さんのアルテマソードでノーダメージとか無いわー←確かにそうですなwww出来る夫という名ので〇ろうさんが昔、誕生してたって言ってたAAがここまでなるとは流石に私も引きますぞwww
63551 名前なんて無いだろ 2018年07月12日 08:50Edit
合う人には合うし、合わない人には合わない作品
商業作品で言うと妖怪アパートの幽雅な日常みたいな作品

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!