やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第二章 二つの財布 その1

2014 11 21  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:ショボン玉, |
1.
―――――――――――――――――――――――――
  やらない夫達がバルベニーに到着した翌々日のこと。
  繁華街の中心でローブ姿の男性が呟いた。
―――――――――――――――――――――――――



                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                           |   ………えーっと次はライコス亭か。  .|
=‐-:、,.┬┴┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴ .乂_________________ノ
|    \. ┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|       ヽ.┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|
|二二二二|┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|
|____|┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|       _____
| ̄ ̄ ̄ ̄|┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|      |≡≡ii≡≡|
|□二二二|┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|      |≡≡ii≡≡|
|____|┴┬┴┬ [二二二二二二] ┴┬┴┬┤/|      |≡≡ii≡≡|
| ̄ ̄ ̄ ̄|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤/|      |≡≡ii≡≡|
|二二二二|l | ̄|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬.┏┓       |≡≡ii≡≡|
|____|l |  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ [二二二]   [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
≡≡≡≡≡|  |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴ | | | | | |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三三|  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ | | | | | |
二二二二二|_|┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴ 



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  歩きながら今日の配達予定表と、荷物から取り出した書簡とを見比べた彼は
  やがて見えてきた大理石の荘厳な入り口やわきに立っている門番に目をやって
  良いとこに泊まってるなぁ、と眉をひそめる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

948 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:01:11 ID:qEE5341k
2.



              ,. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ノ:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:,:.:.:.:j:.:.:.:.>ー-= __:.:.:.:.:.:.:.:_ =-.ーェヽ
       /:.:.:.:.:;':.:.:.:|/:i: : :/ーリ- r、レ''''i¨7'ノ__}:./}: : : :j:.ノ
       ゝ、:.:./:.:.:.:〈:.:.:.:|: :,(.    ィ:jヽ  |/ , イi レ`|: :/z'
           ソ:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.ト: { \ _¨_ ` '  ' fj'  ノィj:(:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽlヾ、       、 ー ' |':.:.ヽ:}
            ヽ:.:.:.:.:.:.レ'l、 、        __      八:.:.:.ソ
            ヽ:.:.:.:.ゝニ:.ヽゝ、    んソ   /:>'´
             ヽ:.:.:.:.:.:.:ヘ、_>j  、  ` ´  イ:.(´l    「お疲れ様です。
           く:.ヘ、:.:.:.:ヽ (   `>-イ, ':.:.:.:.ヽ}    転位文書の配達に参りました」
          ノ´:.:.:.:.:ヘ、:.:.:.ヘ、   { ノ:_>ーく´
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:、:.>ソ:.:.'´:.:.:.:.:.:.:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
           レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|



                        -
                          /   ` 、
                     '        ヽ
                      _/         ,__
                f ,...-゙  ,,  !!  ,,     ―i .!
                 l', .!::::l 〈l li ||. 〃/〉   i:::::! .l
                   (l | |::::l.  k li ll.〃〃  _l::::l__l)     「どうぞ、お通りください」
.                _f,-、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,-,ヽニ‐-_
                ,.イニニl'ー'  ト、  ◯   ,.イ   ー /ニニニ\
           /ニニニヽ   ヽ.` ー一'" /    /ニニニニニヽ
.           ,イニニニニニ\   ー--一   _ イ二二二二ニニ,
.         /ニニニニニニニ> ___,. <二二ニニニニニニニ,
        /ニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニ,
.        'ニニニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニi
.       'ニニニ二二二/ニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
        'ニニニニニ二/ニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
      'ニニ二二二二/ニニニニ!二二二二ニニニニニニニニニニl
     'ニニニニニニニニニ二二lニニニニニニニニニニニニニニl
.      'ニニニニニニ,ニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニl
.    'ニニニニ二二/ニニ二二二lニニニニニニニニニニニニニニl



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  こんな宿の門番を担うからにはとうぜん腕は立ち、金回りも良いのだろう。

  いくつか魔法の武具を持っているらしい傭兵のわきを通り抜けて見上げた四階建ては、
  超一流の冒険者や上級貴族、大商人など財布から金が湧き出てくる人種向けのものであり
  金持ちの訪問が多いこの町でも三指に数えられるほどなのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

949 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:02:11 ID:qEE5341k
3.
―――――――――――――――――――――――――――
  彫刻まで施されている米松のドアを押し開けて
  受付に訪問相手の名を告げると、
  宿帳を開いた主人はしばし指を走らせてから眉を動かした。
―――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|  おはようございます、転位文書の配達です。                  |
|  今日分は水銀燈=G=アカギ様宛の書簡、一通のみとなります。  ..|
乂_____________________________ノ

                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                |  えーっと。                        |
                                |  たしかに水銀燈と仰る方がご宿泊中ですが、  .|
                                |  宿帳にはお名前だけですね。              .|
                                乂_____________________ノ
     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\  Yaranaio=D=Vip   \                 \
      \\  Suigintou       \                \
        \\               \               \
         \\                \                   \
           \\               \                  \
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かこの名を書いたのは、
  さぞかし名のある冒険者か騎士と思しき青年に同行していた女性だったはず。

  べつにこの宿は王侯や有名人の利用も普通にあるし
  身分を隠した誰かであっても驚く事ではないが、
  転位文書は完全に名が一致しない相手においそれと渡せるものでもない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-953 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:04:58 ID:rw/8n6q2
苗字アカギ…

950 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:03:12 ID:qEE5341k
4.
――――――――――――――――――――――――――――――
  それは見習いも織り込み済みだったようで
  誤配やなりすましを防ぐための合い言葉を受け取っていたらしく、
  ならば、と頷いた主人は食堂左手の階段を指さした。
――――――――――――――――――――――――――――――



              ,. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ノ:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:,:.:.:.:j:.:.:.:.>ー-= __:.:.:.:.:.:.:.:_ =-.ーェヽ
       /:.:.:.:.:;':.:.:.:|/:i: : :/ーリ- r、レ''''i¨7'ノ__}:./}: : : :j:.ノ
       ゝ、:.:./:.:.:.:〈:.:.:.:|: :,(.    ィ:jヽ  |/ , イi レ`|: :/z'
           ソ:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.ト: { \ _¨_ ` '  ' fj'  ノィj:(:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽlヾ、       、 ー ' |':.:.ヽ:}
            ヽ:.:.:.:.:.:.レ'l、 、        __      八:.:.:.ソ
            ヽ:.:.:.:.ゝニ:.ヽゝ、    んソ   /:>'´
             ヽ:.:.:.:.:.:.:ヘ、_>j  、  ` ´  イ:.(´l    「合い言葉は受け取っています」
           く:.ヘ、:.:.:.:ヽ (   `>-イ, ':.:.:.:.ヽ}
          ノ´:.:.:.:.:ヘ、:.:.:.ヘ、   { ノ:_>ーく´
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:、:.>ソ:.:.'´:.:.:.:.:.:.:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
           レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
          ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|



                ___ ____
              /:::::::::::::::l^l::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::::::::::::: : :|
           l::::::::::/:::::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: :/
           ヽ:::::l:::::::///ヽノ\ヽ,::::::ヽ、::ヽ;;; :/
            ヽ;;l::::ト二ニニl ヽニ/ニ‐-'''';゙ヽ/''''{
             )x} _,/{ノ))}/  ヽ{ノ)) l;::::,-,:ヽ
           /::l^l `ニ‐'゙ |'   ゙゙'‐-   | ヽi :: :ヽ
          /:::::::::l l,    {, ,-,      ,l |ノ }l:::::::: :ヽ
          {:::::::::::ヽ_   ,,,;'   ,,、、、 、 / トノ:::::::::};: :}
          l/|:l:::::::::::l 'ー――‐‐'''''゙   /|::::::::::::::l: ::}
              l:l::::::::::ヽ         ,イ |:::::::::::::/:::ノ     「ではどうぞ、四〇三号室です」
            ヽl;;::::::|ヾヽ,_,/;ヽ,_,_,-‐'゙;/ |:::::::::://
              ゙゙ヽ''ヾ;;::::::::::::::::;;-'゙゙   |/;/''' ゙
             ┌┴--゙゙ヾ;;/''゙゙‐┬---┴┐
              | .       /'| ∥ |゙ヽ  │
       ,、-----‐'''''゙゙ヽ、.   ヽ、,| ∥ |,ノ.   |
,,、-‐‐'''''゙゙ ̄         ゙'''‐--、,_,_,_,,,||,__、-‐‐┴--、,,,,
                     l r‐‐┐l         ゙゙゙‐、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  会釈した魔法使いが階段を上がっていったあと。

  もう一度宿帳に目をやった主人はあごひげをしごきながらふむ、と首を傾げた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-951 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:03:38 ID:6CdY.g7k
うっわー、うさんくせえw

952 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:04:11 ID:qEE5341k
5.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の見立てでは、背の高い青年の方こそが
  身分を隠したり偽名を名乗っても不思議ではないほどの風格と装備を身につけていたはずだ。

  二人とも冒険者とするならば女性の風体がかなり見劣りしたが、
  食堂での作法を見るかぎり礼儀作法をたたき込まれた貴族にも見受けられる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



  /:::::::::::::: : /:::::::::::::::::::::::::::::::::: |` ー。、\ゝ
/:::::::::::::: : /::::::::::::::::::::::::::::::::::ノル'_ i、 ,}jル′
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ル'/´ー‐’,¨ノル'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / // /ヽ  {
::::::::::::::::::::::::: : _,..-,::: : ノ // / /¨`  ` -  、
:::::::::::::::::::::: /.  ノ:: <  ¨,  ´旦ノ i    ノ
::::::::::::: : /  /::::::::::::::',   ´     __ノ   iノ〈
:::::::::: /  /:: __:::::::::: : {           ,,,,,;;; ヽ
:: : /  /: : /  \:::: : }         ,,;;'''''_, -i、
ー| ./:::::::::::| i´(` `¨´ \         , レ´  .ノ
. ノ ´:::::::::::::::: \ ヽて  , 、 ¨´     ヽ   '''≧ヽ‐ 、,'彡    「お忍び、かねぇ………?」
::::::::::::::::::::::::::::::::::"'ー- ' .∧             ノ=三=’
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : i ヽ _      __,..-'"三彡’
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ j从ノル',,;;;j从从ノ三三ノル'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   ' '´从ノル'‐/ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /          |
\:::::::(\从==-iミミ´__,。 --――--亠-- 、
  `ヽ'    , -┴'''"¨           i´¨`ヽ i
          {:::::::::::              ヽヾ゚ノ i、_, - 、
  _, -‐‐ '"ヽ、__, --―――――' " ̄ ̄¨フて::0。 ヽ、
/::::::::::::::::::::                     \ \.   ゝ、
:::::::::::::::::::::::                           `ヽ ` ¨¨__ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  お転婆姫や大商人のわがまま娘が、この町で行われる競売会に参加するため
  お忍びでやってきたとき似ているかな、と独りごちたものの、
  もめ事を起こさず払う物をしっかり払ってくれればどうでもいいか、とそこまでにしておいた。

  一流を自負する宿の主人ともなれば、客の素性についてあれこれ詮索しないものなのだから。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

954 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:05:15 ID:qEE5341k
6.



                   /            \
                 /                \
                   /                  ヽ
                   /    /              }
                {ヘ、__ト- 、__         _ - ´
                ヽ三三三/::::::::::: ̄フー─-- く
                    \三 ´::::::::::::::::/      /
                ∠_::::::::__ / ヽ    ア
                 ←'´ ̄  ` ー- L -'       「失礼します。
               ┌'⌒ヽ  _      ` - _        水銀燈様はいらっしゃいますか?」
                  」ー- _   `  ─  _┘
             /        ̄         \
            /                    |
           /                      .|
        /                        ハ
       /                        ./ |
      /        /                /  |
.   /        /                 / |  |
.  /        /                 ./ l   |



     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.:f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     |.:.:.:.:.:.:.:.|゙┌──────┐.|.: :.<  ………はい。  |
     |.:.:.:.:.:.:.:.|゙│  403    .│.|.: :.:.:乂________ノ
     |.:.:.:.:.:.:.:.|゙└──────┘.|.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

955 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:06:12 ID:qEE5341k
7.



              ,. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ノ:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:,:.:.:.:j:.:.:.:.>ー-= __:.:.:.:.:.:.:.:_ =-.ーェヽ
       /:.:.:.:.:;':.:.:.:|/:i: : :/ーリ- r、レ''''i¨7'ノ__}:./}: : : :j:.ノ
       ゝ、:.:./:.:.:.:〈:.:.:.:|: :,(.    ィ:jヽ  |/ , イi レ`|: :/z'
           ソ:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.ト: { \ _¨_ ` '  ' fj'  ノィj:(:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽlヾ、       、 ー ' |':.:.ヽ:}
            ヽ:.:.:.:.:.:.レ'l、 、        __      八:.:.:.ソ
            ヽ:.:.:.:.ゝニ:.ヽゝ、    んソ   /:>'´
             ヽ:.:.:.:.:.:.:ヘ、_>j  、  ` ´  イ:.(´l     「私はバルベニー学院所属の見習いです。
           く:.ヘ、:.:.:.:ヽ (   `>-イ, ':.:.:.:.ヽ.       転位文書のお届けにあがりました」
          ノ´:.:.:.:.:ヘ、:.:.:.ヘ、   { ノ:_>ーく´
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:、:.>ソ:.:.'´:.:.:.:.:.:.:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
           レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|                  ガタッ!!バタバタバタッ>
          ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|



――――――――――――――――――――――
  言うなりのことだった。

  猛烈な勢いで足音が近づいてきたかと思ったら、
――――――――――――――――――――――

956 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:07:12 ID:qEE5341k
8.
――――――――――――――――――――――――――――
  よほど待ち焦がれていたのだろうとうかがわせる満面の笑みが
  乱暴に開け放たれた扉から飛び出して言った。
――――――――――――――――――――――――――――



.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |        、__人_人_人_人_人_人_人_ 人'''--
    ||  ||  | |         | | |        ) はいはいはいはい!!  (
    ||  ロ(()==|       .| | |        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒YY`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //             グロリアス
ノ| l    !       '、    / / イ:|    「私が水銀燈=G=アカギよぉっ!!!」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

957 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:08:20 ID:qEE5341k
9.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あまりの勢いに二歩ほど後ずさり、早くよこしなさいと伸ばされた手と
  女性とを見比べた見習いが、いちおう手続きですからとメモを取り出すと
  バルベニーに到着したその日に救援願いを出した本人は実家からだと頷く。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ノ:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /:.:.:,:.:.:.:j:.:.:.:.>ー-= __:.:.:.:.:.:.:.:_ =-.ーェヽ
       /:.:.:.:.:;':.:.:.:|/:i: : :/ーリ- r、レ''''i¨7'ノ__}:./}: : : :j:.ノ
       ゝ、:.:./:.:.:.:〈:.:.:.:|: :,(.    ィ:jヽ  |/ , イi レ`|: :/z'
           ソ:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.ト: { \ _¨_ ` '  ' fj'  ノィj:(:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽlヾ、       、 ー ' |':.:.ヽ:}
            ヽ:.:.:.:.:.:.レ'l、 、        __      八:.:.:.ソ
            ヽ:.:.:.:.ゝニ:.ヽゝ、 u.   んソ   /:>'´
             ヽ:.:.:.:.:.:.:ヘ、_>j  、  ` ´  イ:.(´l     「そ、送信元と送信者に心当たりはございますか?」
           く:.ヘ、:.:.:.:ヽ (   `>-イ, ':.:.:.:.ヽ}
          ノ´:.:.:.:.:ヘ、:.:.:.ヘ、   { ノ:_>ーく´
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:.:、:.>ソ:.:.'´:.:.:.:.:.:.:ハ
            {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
           レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|



                                          ,.(イソ).. :... :::::. :. ::`:.、ヽ
                                          /⌒ ¨¨ ` ヽ 、 ヾ 、:::',∧
                                         ,'      ', i i  i ト、r:ヽ
                                         ,'   ` 、  i ハムノノi::{〉〈}::ト、
                                         i  '、 ト、ヽ i/ 代ンチjル介イ \
                                         {ヘ ヽrftメ` ′ ´¨ ノ  i::i::i \  \
                                         `ヘヽ >ゞ'′、   <_ィ i::i::」 \\  \
                                          ヽ `ソ '=-  、フ  .イリ ムi>ー- 、\  \
                「グレイランドの王都からでしょう?」.      // ィ i > . _ ィ / //..::::::::::::..\ \/
                 だったら祖父よ。                 {/ / | /ム_/ハヽi/..:::::::::::::::::::::::. Y≡≡
                   ヴィクトリー                   i´  i/:::::,´ィ::/i::i /.:::::::::::::::::::::::::::::::: i≡≡
                 シゲル=V=アカギ」                   /::::::/r:/ i::i { :::::::::::::::::::::::::::::::: ,'≡≡≡
                                          /:::::::::::ノ'''´  !:」 ヽ::::√::::::ヽ:::::::::: ,'≡≡≡
                                          r:::::::::r'´(ィソ)⌒´⌒}::y/:::::::::〉::::::ノ≡≡≡
                                          ゞ::::〈、 i  i  / j::7::::::::::::::ムィ≡≡≡
                                          〉::::⌒⌒⌒⌒⌒/::r''´::::::::/7≡≡≡/\
                                          /:::::::ゝ    ,' /:::/´::::::::://\ ̄ ̄\  `

958 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:09:11 ID:qEE5341k
10.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  念のため合い言葉もお願いします。 |
乂________________ ノ

                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  |  『死ねば助かるのに』 |
                                  乂__________ ノ

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  合い言葉を確認しました。    ..|
|                        |
|  こちらの書簡になりますので   .|
|  受取書に署名をお願いします。 |
乂______________ ノ

                  ____
              〃´   .ヽ,
              / _rィ天ヽ  }
                /´゙〈7<ラ<)  /
            /...  ' '‐ '' ヽ/
               /       ./
           /       . /
             /       ./
         /       . /
           /       . /
.          /       . /
        / ._ .__   ./
      〃ィ7三ミヾ  ./
      {l「({{句j刈}}./
      ヾ弋沁少ィjリ
       ヾ=一"'

 
-959 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:09:45 ID:6CdY.g7k
どういう合言葉だw

960 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:09:51 ID:WmhsF5I2
ヒドイ合い言葉だw

962 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:10:22 ID:Iw6zu6As
縁起悪い合言葉だw

961 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:10:21 ID:qEE5341k
11.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  再び閉ざされた扉から見習いの気配が消えて数秒、
  書簡を振った水銀燈はコロコロという音を確かめてにんまりと笑っていた。
  中を移動する重さと音からして大粒の宝石が入っているに違いない。

  学院の転位は重量や大きさ、届け先への距離により利用価格が桁違いに跳ね上がるため
  手形の類が一番安く済むはずだったが、一番手軽に換金できるものを選んでくれたのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



'゙;/  /  ,/;;/    /    `'-、,      |.        .l     |  !  .l
,i′ /  / ,iリ    /       .`''-,、   !           l゙      |  l  .!
.,i .,!  /;;./ .,!   'lニ;;;;;;ii__,      . \  .!       /     ./   l  |
" .l゙ ./;;./  .!   .|    `~ヘii,,、    .` l         /      ./   /   !
 l ./.,/   .!'、   !       `.l      |     ./     /   ./    ,!
./  .゛  、 . l ヽ  .l                 ,!    , _.   /  ./     |
/    /  ./ .! .ヽ .l              !  . /   .><、  /      !
゛ .、  .! ./  l .ヽ ヽ            ,!,/゛.__  .'''゛   ゙./    /   /
 /   ! .|`、  `  .`-ミi、             `    .`゙\  '''''"   ./    .|′
 !   !  |  ゛                   、       ゙!l、、   /    ./
│  .| │   、           r,,r、    ./         .,/__..‐   .,./
.l!   .,! l    .\          / lハ;;i、            / /     ./
.l、  ./ .ト ..,,、  ヽ .i'、    .|,../'゙リ、      .,,,,,,,,ィニ‐'´    ,/
.|}  ′ l;;;;;;;;;;゙''ー-..,.゙f ヽ, ‐'゙´.,/.l____   ..ir/.l=....,,、i,,, ./
l゙ !    .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,゙ニr‐┴‐く |  l_,, - / ゙/゛/ .|ー'`-''レ‐".          「ありがとうございますお爺さま。
-'゙l    !;;;;;;;;;;;;;;;;;./ ゛  ,,, -ー二〃 .!  .l―'.! .| .l゙  |             心から感謝いたします」
''、,.|   !;;;;;;;;;;;;;/゛  .i.'´.,.!  .| /  //  リ゙/゙ ./ .|  │
、 ゙.l   .l;;;;;;;./    " ,,,/ |  .レ゙  ,l′ ./-′ ./ . !   |
.!  l   l /        /     .゛  ノ  ,/  !    l
;.!  .l ,r'"          /         , -′  /    .ヽ



―――――――――――――――――――――――――
  やっと無一文という不安な日々から抜け出せる。
  やっと、あの男に利子つきで借金を返すことが出来る。
―――――――――――――――――――――――――

964 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:11:11 ID:qEE5341k
12.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  もう一度故郷の祖父に感謝を述べた彼女は
  封蝋を剥がすのももどかしく、テーブルの上で書簡をひっくり返した。
―――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
|  翠玉かしら?              |
|  紅玉かしら?              |
|  それとも魔法宝石だったり――― ...|
乂________________ノ


                , - ――― -
               /--_、,, ___ ,'}ト、
                    :}\/ .:/ ̄\|:..`゙ヾ|
                }./ ∨ ̄ ̄\__{|
                    \/:..、__/.::::::::|
              ー、、...   \:::::\:::/:::::::/
                 \        ̄ ̄ ̄
                  ヽ /.  て__.     __
                     √ ̄.         └‐┐ |   [][]「l
                   ⌒ヾ          ┌‐┘ |    くノ
                                 ̄ ̄



―――――――――
  ところが―――
―――――――――

965 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:12:21 ID:qEE5341k
13.
―――――――――――――――――――――――
  中から転がり出てきてテーブルに跳ねたのは、
  どう見ても道ばたに転がってそうな石ころが一つ。
―――――――――――――――――――――――



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
.  、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ.
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._   「………え?」
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

966 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:13:14 ID:qEE5341k
14.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いや。

  幼いころからお転婆な自分に理解を示してくれて、
  騎手になるなど絶対反対の両親を納得させるためにと
  今回の騎獣捜索の条件を出してくれた祖父が救援願いを無視するはずがない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               _ _  __
                 〆´    ,シ`{@}、
              /    {l.: : : : : ,シ\
               /   ___{l: : :,シ  ,  ∧
           /    /i:lS|~ 孑」   ト、
            /    "  l:l l |、-ト、  l !|
         /    i   "| ネ ! ゞハ、,ノ
    \ 、  /    |   |\|/  〉"
   、__ \i.∨     !    l:ヽヽ_- '        「こ、これだけのはずがないわ!
   \;:≧^          |;;lヽヽ,,,/ /.       きっと手形か何かが…!」
    ≧ツ      i     !=;::´:;:;:;:;≧-―  ,,,,,
  -≦ハ   i    |     |;:;:;:;:;:;:;:;≦'‐-、.. \\
   ∠   ハ   |    l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ム-<   ,一へ
   !    ハ     |    |;:;:;:;:;:;:;:;:;ムツ     (   ヽ
  /          l     Ν\;:;:ツ气    /  ,/
  l i  ト ハ l|    i  ト    |:::\''\ヽヽ _ェ-´、~< ´
  i ハ  l | ハ∨ ,/w| i  l  |:: :: :ヽ :: :: l-L_\ { ゝ
  ヽ ヽ l l    ∨ ツ !i     !: :: ::.: ヾ: ::ツ气 { ( ヽ
   ! `′      "ト |   l:: :: :: :: :ト: ::.liヾ 」 {/
           , -‐‐!/!  / :: :: :: :: _ヽ:: :: ::厂""´
       ,-―` :: :: :: :| / / _ _,-―:: ヽ ヽ:: :: ::ヽ
    ""´/:: :: :: :: :: ,V/´ :: :: :: :: :: ヽ!:: :: :: ::ヽ

 
-967 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:13:57 ID:6CdY.g7k
これは相当お怒りか?
それとも実はかなりの値打ちもの?

968 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:14:12 ID:qEE5341k
15.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  孫馬鹿半分、茶目っ気半分のあの人のことだ。
  石ころは冗談で別のものが入っているはずと気を取りなおして筒をのぞき込めば、
  やはり内側にぴったり張りつくよう丸められた羊皮紙が見つかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l          「ほらぁ!
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|.        やっぱりこっちが本命じゃないの!」
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \

969 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:15:13 ID:qEE5341k
16.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まったくお爺さまったら人が悪い、と勢いよく抜き取った羊皮紙にはしかし―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        |  ……お……おじい、さま………?   |
        乂________________ ノ

                         r"⌒'i
                      |   |‐‐---‐‐''''"´`゙゙'i
                         |   |          |
                      |   |          |
                        |   |  断る      |
                        |   |          |
                     |   |          |
                     |r"⌒'          |
                     ゙'ゝ-‐‐---==-.゙γ´)゙┘
                          ′ 1    |,ノ /
                        ;|  ! // ` / ;
                       ; |  ヾ      ′;
                        ;|   )   ノ;



――――――――――――――――――――――――――――――――
  三行半ですらない、端的な拒否のみが直筆で書かれていたのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――

971 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:16:11 ID:qEE5341k
17.



    (⌒ヽ、                                                    l     _ _
   ( ⌒ ≦__             ____                                |    (_(_ `=―
     ̄ ̄ ̄ ̄               _≧   ⌒) )                            /||ヽ
        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人_从人ノ                          _][]||[][_
       <                            >....   __ _                 ||ロロロ||
      <  おじいさまぁぁぁぁぁぁっっ!!!!???  > ―=  ) )                ||[[l||l]]||
       <                            >.     ̄  ̄                 ||[[l||l]]||
         Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY                           ||[[l||l]]||
                                                        ||[[l||l]]||
==lュ、   rl========lュ、                                              ハ||[[l||l]]||、    }、
  rl=========ュ    ヽrl==========lュ                       、___ノl_ノW;:;;||[[l||l]]||:;WLノV;:;ヽ
  /          ∧    /         ヽ rl========lュ  rl=======lュ   rl=========lュ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rl======
. /         /  ',rl===============lュ /        ヽ/       ヽ  /           ヽ rl=========lュ、/
/_____/__/             ∧__rl====================lュ    rl========================lュ___
三三 三三三|三/               /  ', 三/                   ∧   /                    ',=====
三三 三三三|::/__________/__, /                 /  ', /_____________  ',__
三三 三三三|'|三三三三三三三三三|::::::::::::/___________/__,|三三三三三三三三三三三三三三|三三

 
-970 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:15:54 ID:hTrs1adw
流石アカギさん!そこに痺れる憧れるぅ!

972 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:16:54 ID:WN2vjmoU
まあアカギさんならそうするよねwww

973 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:17:11 ID:qEE5341k
18.



                                    ┏┓                                ┏┓
                         i!                  ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
                     i''i               ┏╋──────────────────────╋┓
.         ,            /:::i                 ┃|  ~ やらない夫は約束を守るようです ~.       |┃
.         'i,              /':: i              ┃|                     Episode IV.竜の力  |┃
.          'i'i,         /'::  'i,                 ┃|                  第二章 二つの財布  |┃
.          }::ヽ、      〈〈 _,.、-‐ゝ               ┗╋──────────────────────╋┛
.          ノ,.、-‐ヽ   |v、 ヽ 、,  {            ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
.          ヽ、 ハ!. N>'ヽ、}}::.\,i,.              ┗┛                                ┗┛
.            'i/ ヾ、<个  'i!||:::::..ノ
            ヽ、 ヾvヽr┬';/::/
                 ``ヽ'i,`゙'`i'r'、/           r,
                `r、_ノ }:i::\        //             __
                 {介> ri/.゙'功〉...、     //.          /    \
     ,______.       i`ーπY,', `ー-‐‐'´/         /       ヽ
 l二ニニ/二>::::::::/`ー-、    `ーi (_`-'、    ,/          |_ノ        |
:: `ー=二―/ヽ:∠    `<´:..゙/i.( __.. ̄ ̄ :... .... ..::::::::::::::::....:::::゙|(●)  ./::ヽ、.!:::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .:
:::::..   `>::::::::, -'´⌒ヽ、  `...`^^´::::::::::::`ヽ-、.  ::::.. . . .:: :._(_丿 _丿::::::::::\.        ::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :
. ::::......∠/ ̄      _〉'ヽ、 \:::::::::::::::┌'{´,::`ー'ヽ-'ヽ-、_/:::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::ゝ、__              ::   . .. . .. :
.        ::.     |:::::::::::::::::\_]:::::::::::::ll´:/:::∧:::::::\::::::\:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
. ::::.            ヽ、_―――――--、:::/:::::::\::::::::::::::::::\::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::\..゙::
                         ::                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::|
            ____                         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::!
          /::::/¨^ヽ、                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::!
.        :  i'ト::r/iムハVムノ)                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|
         {{x}}チノメtチ ,tッi{}                      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::|
         ノi」」ノハゝ'''┌, ハゝ                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::!
.      />:::.ヽ'ヽゞュ-<-V\                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::|
     / r´..::::::::::::', } {.{x}}`、::.ヽ}               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::l!
    ,.' /ゝ_::::::::::::::ノリ {.{ }} ∨:::}             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::!|
    Vi ノ..:::::>ミ彡λ、___{.{ }}.ノ:ノ             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|:!
.    ,r::::::/ハ/ ハ:::::::::::::::::::Y:::(__             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::|:!.          (0)
 ̄../..:::∧{ノ从从ク::::::::::::∧〈:フ 、`>ニァ┐      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|:|.        _,,..|ミ|''''"゙゙"´゙''``'
 く::::::/ ハ   /ヽ____ノ::::Vト`、`(、 ミシ.______.. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::!:|゙''"´``'‐''"´   |ミ|
  ノ7 ノ   ゝ/....::::::::::::::::,ノ V::'., ヽ_7¨ : :: :;.    〉>―-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::|::|.           |ミ|
  `^Y^~^j/.::::::::::::::::::::::::i`- '〈::::'v´......`゙''ー-、_,,.-゙|ミ`ヽ、_ ̄`ー-、::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::!::!..゙::; : ;:; :; :  ::゙|ミ|
   >-´...:::::::::::::::::::::::::::i   ヽ,:::'.,.      ゙゙゙゙'''''' |:::::::::::\:::`ー-、<_::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::_/::::| ;:';'; ,. '':';;:::;:;;:.゙ノミ 、...;';':;:';'::;:';';
  /....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`-´¨`-' ,::::'.,         |:::::::::::::::V:::::::::/、`ヽ、_ ̄,ニ二二二! ̄Τ::::::/l:::ヽ..゙1lー..[`二´.《Y》.`二´]゙r‐┬
 ,'..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i      ヽ::'.,       |:::::::::::::::::ヽ::::::| ,、\::::`´:::::::::::::::::|ノ  |:::::::| |::::/:|l|、_,|斤il]il゙|ゝ-イ| . ilil}r‐┬r
 i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`-´¨`-´¨`-V:ハ      ゙ |:::::::::::::::::::::::::::|| `ヽ::::::::::ー=:::::三{   〉:<'::::::〉 ::... |巫|il]il.゙| |:」| |......li ,.、t''T
. i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         Vハ.      |:::::::::::::::::::::::::::!|   ';:ヽ:::::::::::::::::::ヘ  ):::::::::::::/...  `゙''ー-、 | |:<| |゙i:illl":;;;: : ;
  i::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/`-´¨`-´¨`-´¨  'Vハ.    |::::::::::::::::::::::::::||   ';::::ヽ:::::::::::::::::', /l,-,-、:::|.          | |:/| |
  i:::::::/i:::::::::::::::::::/            V:',    |::::::::::::::::::::::::::!!   ヘ::::::ヽ::::::::::::::ヘ`7! | | |/!         | |:〔| |
                    ` ̄ ̄ ̄`ー―-ミー-、__:::\::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::\
                             ` ̄`ー、三-、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::\
.        :  :                     `ヽ、:`┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::ヽ
. ::  ::                                 ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::/

 
-976 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:18:51 ID:WN2vjmoU
なんか二つの財布の間に酷い格差がありそうな……w

978 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:20:08 ID:hTrs1adw
サブタイが色々酷いw

975 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:18:11 ID:qEE5341k
19.
―――――――――――――――――――――――――――――
  モルティナ王国―――

  シアード大陸西部のど真ん中に位置するこの国は
  総歴一九九四年現在、商工と蒸留酒の国として知られている。
―――――――――――――――――――――――――――――



...l}l;;;;;!       └―ーェ                        /      〈
_E;;;;;lllll.._        │                      ./         │
.゙llllll圭llli         !                      〈        !、
. ll;;;;;llllllllI;       丿      _............r一‐‐'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' ̄"ミ、         ,,nァ‐
゙;;;;;;;;ll;;;;;llllt、         l    _n/'''"                  ○ダルモア...  ヾl..、     J''
.. l;;;;;lll{ll/'''''ー――ー―‐''''''"´                               ゙''''ヘx_  ∠
_;;;;;llリ{lllllll、                                             ヾ..J
゙;;;;;;;;;l;;;;;lIl|     ○オーバン                                       !′
;;;;;;;;;;llElllll!                          ◎グレンフィディック       !
. l;;;;;lll]El’                                             !
.lll;;;;;;;;;;llll.          ┌────────┐                        亅
_ll;;;;;[lll]|ll        │ モルティナ王国  │                       〈
_ll][;;;;;lllll′       └────────┘                       〈.゙┌──────┐
..|[llllllllllln、                                                   │ 聖刻の地   │
_lllll;;;;;lll||ll]                                            │.└──────┘
..゙l;;;;;il{l;;;;;l、                              ○カリラ                    〈
_l|;;;;;;;;;;lllll{                                             !
;;;;;;;;;lll|ll|l○ロングモーン                           バルベニー○.     │
゙;;;;;;;;llllllllll; _                                            !
_l;;;;;lllll;;;;;llllllllllt.._                                          !
゙;;;;;;;;|l;;;;;llllli|F<lll-..,,            フェッターケアン○   _..x<l[ll;;;;;l聿{エ聿聿;;;;;llIrキ
_;;;;ll;;;;;;;;;;lll´   `¬;;;;;IlコllllfllllコllllllllllllllコllffllllllllllllllllllllllllllllllllllllllIll)‐''"   ヴィーテ河  ヽ、!、
゙圭ll;;;;;llllll'        ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ホワイトマッカイ○´                  せli
_;;;;;;;;;;l[l{]l                                            │ll!
.;;;;;圭lllllll|l'                                            ;;;;;l、
...lllll;;;;;}|lllヤ . ┌──────────┐                          _JヘEl‐..、
...|l[El;;;;;l|I!.. │ ブレンディーオ王国    │                            /  `ーヒlllr.._
゙"゙^'''''''''′. └──────────┘                         ノ     `'''''''

977 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:19:13 ID:qEE5341k
20.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  総歴一七〇〇年代後半まではバルブレア平原の麦を中心とする農業国だったのだが、
  当時の国王が街道の整備や職人の誘致に注力したことから
  少しずつ現在の形に近づいていったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                  (⌒,-、
                               (^ヽ ,ゝ´ ''`ー、
                               ゝ ヘ  ヽ ,,ハ,-、
                              ("⌒,, ⌒) ,ノ  ,,ノ`⌒`,,)
         (⌒,,ヽ                   ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (,⌒´,,,,) `⌒`,,)
         ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
                               /ヽ、,、
_人/ヽ'´ゝ、_,、__ _    _ _ _ __,、,、/`yヽノ\,ヘヘ'ゝ/ゝУヾуヽへ'´Vゝ'^ヽ、,_,、__ _ _
ーー─'────────'ーー────'ー──'ー──'ー──'ーー个~^ィ~⌒ィ~~^~~ヾ^~
       _ _, _ __,,              ,,,, ,,     ,,,, _,, ,,,  ゙"个彳个^~ィ~ ^^~
_,,                   ,  ,,_         _ _,,     、_,, _, ゙"~イア~ ^^~ ~
  _,,           _,,   __,,               _, _ _,,,                 个チ ~~ ゙
   _,, _,,           _,,_,,   _,,             _ _ _,,  、,_,,    `゙"~彳`"
_ __,,   _,,   ,, _,,                       __   _, _ _,,,    、,, _ __,,, ゙~^
    _ _,,      _ __,,              ,,,, ,,       _,,   __
 、,,   , ,,           、_,,  _ _,,           _,,_,,    ,,_             , @
                 ,   ,,   、,       ,,,,                 _ _ ,,    ,,ψ_,
 、,,          __ _ ,,   _ _v   、,,     、_,,       _v v,,   、!;,_    __ ,,_
  、,,_,, ,,               ,,_、 ,,_ ,,    ,,、,,      ,, ,,_   ,,_, 、.,.

979 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:20:14 ID:qEE5341k
21.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  人が行き交い、物が増え、やがてバルトライヒ山脈に住むドワーフとの交流も活発になり、
  技術交換とともに町に住み着いた彼らが蒸留窯を広めたことで
  山脈から採れる泥炭とヴィーテ河の水、麦を使っての酒造りが本格化した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



::::::::::::::::::::::::::::,.(⌒ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. ⌒   ⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.――――  ○ ――――:::.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(⌒      r':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r ⌒ヽ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.// | \ .:.:::::::::::::::::
: : : : : ,.(⌒'    : : : : : : : : : : : ,.(⌒   ⌒): : 、   / / |    \:::::::::::::::
: : (         : : : : :(⌒ : : : r'⌒ヽ::::::::::::::::::::::;|:::::::::::::::::::::::::::::::
  / ̄ ̄\  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.~~~~.~~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::
⊂⊃   /\ ⊂ ⊃ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::.
/⊂⊃      \/ \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.
   / /ゝ   /ゝ  ゙ヽ \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::.
ーi、,,,,__           ゝ::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::
 ̄  / / ̄/ニlーiニトーi---i-=、,,,,____:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      """  "   ̄    ̄ ∠/ ̄|ニi―-i==、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::
"""  """ ""   """  """ """""      ヽニヽー-、,,_:.:.:.:.:.:.:::::::.
                                     ∠ニiー-
    ヘヘ ヘヘ。ヘヘ /~ヾ ヘヘ     " "" " ""   """  """
   _ (,, )(,, )ミ ミ (  ,,)\( ,,) ゜・        " "" " ""   """  """
   | ├────────┤ ヾ ___(ヽノ)     " "" " """""  """
   | ---- ヾ ̄ ヽ ------ ]=========◎ 。ヽ    " "" " "" """  """
  └──|  ◎  |=───┘  |  _||_;;  ω " "" " """""  """
    ((  ゝ__.;''    ((  (( ∪∪  ∪∪  " "" " """"""""""""
 """ ""   """  """ ""   """  """ ""   """  """ "" """
  """ ""   " ""   "" """"" "" " ""   """  """ ""   """



―――――――――――――――――――――――――――――――
  また、南部辺境の森と山脈、聖刻の地に囲まれた中南部が
  陸路で近辺とやり取りをするには必ずここを通る必要があったことも
  交易中心地として発達した理由の一つであり、
  いくつもの大商会が本店を構えるようになっていったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

980 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:21:11 ID:qEE5341k
22.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一九〇〇年代に入ると金の臭いを嗅ぎつけた悪党が増えて治安が急速に悪化。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            /|
         /! |    チ                  へ
          ! ! |     ャ   ト、ト-~'''‐-‐-─-、    ヘ
    -──|┼|─‐-  ッ ト、」 ! !  !  l  i! !`‐'7 :
  /  -─┼|┼‐-、 \ ト、   !  i  l i  i //!      ,-‐-- 、
./ .// ̄ ! ! |`ヽ ヽ ヽト、\!レルレノノノノ/イハト、 /イ     //`彡ヽ\
  / .      ! ! |      ト、\ヽ!          |// 7    / / /´`´\\ヽ
    r‐-、 |┴|      `ト、i i ,─-、__ 、__,-─ |ノノ7   / / /__  ___\l| |
    ト-イ /^Y´\    `ミ、|Y -‐┰┐┌┰‐ァ |^! イ   | ///___,`i'____ ト、!、
    |-‐!/o/´\o\    .`┤|   ̄7! f  ̄    | | ノ    | |、/  ゚ `i´゚  |/`!
    入 /o/   \o\    | |    L | | 」    |ノ/    i||lト、  ヽ、|, - ///
   _( /\/\    入o\  ∨  、ィ㎜㎜㎜_,   レく-──ァW|\ -==',イ/ヽ、_
  (  \__)/`ァ─‐' /\/__/|\  ` ̄ ̄ ̄  /| \__/ /!  `'ー─' |人_ノ!   ̄ヽ、
  (`ー-r'ヽ /   r‐' ̄ ̄/ |   \ ____/   ト、 \ ̄`ヽ^Y^Y^!__|_____   \
  `r‐‐'     _/   /   ト、           / ∧  \   \ |├┴┬──‐'´ニ」/ノ ヽ
  /\    /        ト、\         // !       `ヽつ |(`´Y!   プト、) !



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  さらに、ときの王が問題人物だったために衛兵や騎士による対応は捗らなかったものの、
  少し遅れて仕事を求めた傭兵や冒険者が集まってきたため
  町の中が無法地帯になる事は避けられたとある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

981 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:22:11 ID:qEE5341k
23.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  近年になって多少なりとも対応が見直され―――深夜の裏通りや町の外は危険なままだ―――
  仕事にあぶれた冒険者達の活動場所が町の外に移っていったことから
  多くの遺跡が発見されており、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ___,,,, x<三>-''''''':::::::|..    |
      ,,, -´                      ,,,,x< |;;;;;;;;;;;;  γ   ;;;;ヽ::: |..    |
ー'''´"'''ー"                     ,,,,x<三>|   |;;;;;;;;|:::::::::i,,, -‐- ;;;;l:::::. !     |
                       ,,,,,,x<三>ィ:::::::::::::::!... |;;;;;;;;|:::.. i_㍉  }ヽ;;;;|..    |
                     <三;; ''''' |;;;:::::| ?H.>|   |;;;;;;;;|::: イ = =ヽ. i三,;;|..    |
                  ,,,,,,<  ;;;|::::㌘¨.|;>!<´   |   |;;;;;;;;|::: ノ { 幸 ::::/三::};|     |
           ,,,,,,<     : ;;;|::::> ´   ,,, -‐ '''.. |   |;;;;;;;;|:::::ヽ} } T :::/ニ= ´ |     |
       ,,,;;;;;; -‐‐   |   ::> `  <´..  ,,,,,┐ |   |;;;;;;;;|>''{. t_厂 L::ノ;;;;; |     |
..  ,,;;;i... |;;;''''''..i      |  |\ <ヽ_ _=ニ三三|.. |   |;;;;;;;{ `¨       ;;;; |     |
,,,,<三!.  !;;   ㍉´::::`ヽ;;;;|  |;;;;| |三三三三三三l|......|   |;;;;;;;i.゙┌───┐;;;;;; |     |
;;;;;;;;;; ; |.  |;;  {-串‐-:::/{;;;|  |;;;;| |三三三三三三||.. |   |;;;;;;;i;゙│ X IV .|. ;;;....|     |r
     |.  |;; . ノ{ '= {::ノ::::ゝ!   |;;;;| |三三三三三三.i!.....|   |;;;;;;;}..└───┘.゙;;; . |    イ
     |.  |;;.....}∥:::{:::┌::::i!... |;;;;| |三三三三三三.i.  |   |;;;;L;;;;∨r‐゚ ゚¨―--.   |.    {
     |.  |「 . }ノ:::::::レ'::::::::i!... |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |´ . r":::::i!  {::::-‐┐;;;;|.     ハ
     |.  |ト{.     :::::::::::{.|   |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |= . }::::::r|   i:::;;;;;;;..|;;;;;;|.   ト、
     |.  |i::`ー ' 'ー:::::::::i.|   |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |ニ iE∪|三 l:::;;;;;;;..|;;;;;;|   { ┼
     |>'/:::) 。。。── |   |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |= . } ∽.|=.  {:::;;;;;;;..|;;;;;;|  ,,,,,x≦´
   r¨゚゙{:::::../= ::::::::r‐┌ |  |;;;;| |ニニ三三三三三|.. |   |   i 中」≡=:}:::;;;;;;;..|;;;;;;|≦´:::::::::::::
   |ニ }::::::{三 ::::::/. | |  |;;;;| |ニニ三三三三三|.. nmニ二_  nm... ニ;;;;;;;;;;;;;| |
   |  i∪}.  :::::{.  | |  |;;;;| |ニニ三三三┌'''''―;;;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''''''''''| |
   |  /)⊂}  ::::l  | |  |;;;;| '''''´|=ニ三三i! {;;;''''''''' ㌔ . |㍊㍗㍉|i㍍. {;;;;;;;;;;|....|
  mn /:::{=}nm:::::} _| |  |;;;;|.    !=ニ三三i. }㌫i㍑ | ㌃ |㌶㌧㌘|i㌘ };;;;;;;;;;.|...|
---―     ̄  ̄         |.    !=ニ三三i. {.- i  {.    ㌍. ㍗  ㍑ };;;;;;;;;;| |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  共通して入り口に数字が彫り込まれていたことから『番号遺跡群』と名付けられたそれらの探索や、
  持ち帰られた魔法の品や遺物の売買も活発になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

982 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:23:11 ID:qEE5341k
24.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  王都やほとんどの町には大商会が取り仕切る競売会場なんてものまで建てられており、
  小さな商会や個人の商人が売買できないような超高額の品がやり取りされていて
  またそれが、いくつもの盗賊団や賞金首を呼び寄せてしまっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        |            |         |         |
      A    /\   A          A         A
     エニユ_//i\\エニユ_____エニユ_____エニユ_
       |固|. ===舎=== |固|========== |固|========== |固|===
.      }ニニ{ ニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニニニニニニ}ニニ{ニニ
     |  |      |  │       |  |          |  |
.      iニニニi===エエ===iニニニi.===エエ===iニニニi ===エエ===iニニニi==
     | 「l| /l⌒lヽ  | 「l| 冂 冂  | 「l|  冂 冂 │「l|
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |_|_|_|  | |.|| 冂 冂  | |.||  冂 冂  | |.||
     | |.| |  | |  | |  | |.|| 凵 凵  | |.||  凵 凵  | |.||
     | |.| |  |┼:┼|  | |.| l.  冂 冂  | |.| |   冂 冂 ||.| |
     {ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}. ̄ ̄ ̄ ̄{ニニニ}~ ̄ ̄ ̄ ̄ {ニニニ} ̄
     |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄|エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄ |エエ「 ̄| ̄ ̄| ̄~|エエ「 ̄
     |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l    |  |,,エ,|   l   |  |,,エ,|
     |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l    |  |,エ,,|   l   |  |,エ,,|
  /   ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄ ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────────────────────────────────────────┐
│ヤッフゥ競売会場                                                   │
│                                                            ....│
│・公開入札                                                      ..│
│ 定期的に開催されており、出品者は落札額の二割(※1)を利用料金として支払う必要がある    .│
│ 競売参加者は一回の競売会に参加する都度、白金貨百枚を支払う必要がある           .....│
│                                                            ....│
│・封印入札                                                      ..│
│ 目録一冊(または現物一式)に対して固定の料金を払えば誰でも出品できる             .....│
│ 競売参加者は締め切り期限までに入札額を伝えておき、                         ...│
│ 一番高い入札者に交渉権が与えられる(※2)                                .│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│※1 競売品の公開や公開期間の警備、競売主催、会場利用料を含む                     .....│
│※2 目録の場合、現物確認時に相違があれば買い取り拒否や値段交渉が可能             .│
└──────────────────────────────────────────┘

 
-983 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:23:38 ID:6CdY.g7k
yahoo!

984 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:24:17 ID:qEE5341k
25.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ともあれ、幻獣の森の密猟問題や闇市、闇オークション問題も併発しているものの
  この国は経済大国の名に恥じない規模に成長し、そして、
  一攫千金、魔法の武具、成り上がりなどを夢見る冒険者や商人の憧れの地であり
  彼らを相手にする職人達がしのぎを削りあう場所なのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    | ̄ ̄| ̄ ̄|        |i      | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|   ,r=======y     |i
    | // |  //|        |i      |  //  |    |   (⌒) |:::::| (⌒)     |i
    |__|__|        |i      |___|__ii   ̄::::|:.:..|  ̄       |i
_____________|i____________|::.|_____|i_____________
二[二二]二二二二二二二二二[二二]二二二二二二二二二[ニ |:::..| 二二二二二二二二二二[二二]二二二二二
/  / : : :: : : : : : : : : : : : :/  / : : :: : : : : : : : : : : : : / :;;;;|::...| : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  / : : : : : : : : : : :
   /i================i /   /i================i /    /.|:::..|=================i/   /i============
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄|:::..| | ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |⌒,|  ̄|
 .(二二().きの好い擬古屋 |  |    |..{ジュネス商店}...| (二二() |::::.| |    | (二二()&ギコベーカリー(゚Д゚,)】_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|  |    |_______..|         |:::::| |    | ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:|::.::|
         ∩_∩     |  |    || _____,..| |      .|::...| |    | ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:.|
'~⊃。Д。)⊃ 魚__|    |  |    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ====== ̄:| ̄ ̄:| ̄:|
|____|_, ( ・∀・)∩ .  |  |    || |o o o o o | | |         |::.:.| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::::::: //:|.. ̄ ̄:| ̄ ̄:|
 <・二<  \ ||_||`ノ ∧∧ .|    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    |⌒j⌒j⌒j⌒j⌒||:[open]|/ ̄ ̄ ̄ ̄`|
<・二____ \_(. .(*  ,):|    || |o o o o o | | |         |:::..| |    | //      .||:: //..::::||手作りパン ||
 .  '|  |     |  ̄|_) ,U-、|).|    || |: ̄ ̄:Θ-'| | |         |::...| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||://:: ..:||&ケーキの店||
_____. |三| . 〒 .|  _|______|XXX|'~______|| {二二二} | | |,___________|:::..|_,,|___,,|__________________,,||_________|_~ ̄|冂| ̄`||
   |_|___|     . じ'`J    .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |:::::|  iニニニi二二二二二二二i    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____| |_____________________|:::::|__|  | i____|:::::::| i _______

985 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:25:14 ID:qEE5341k
26.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼らが向かったバルベニーの町は
  モルティナを含め、大陸中西部を南北に貫く翡翠街道から外れてはいるものの、
  人口は一万二千人を数えヤッフゥ商会の本店もあることから流通も良い。

  いくつもの番号遺跡が近くにあることから町付きの冒険者も多く、
  多少高くても再生の霊薬か奇跡の使い手が見つかるはずだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



:.. \\::::...                     ̄      ̄                           /
..   \\::...                                                   /
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\                         | |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\____________.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____._______. |  すみません、再生は売り切れです。 .|..・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l                 乂________________ ノ.....,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄

986 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:26:12 ID:qEE5341k
27.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  が、そうは問屋が卸さなかった。

  目立たないよう剣に布を巻き、鎧も脱いだやらない夫は二日のあいだ
  再生手段を求めて町の中を歩き回っていたのだが、
  霊薬屋や道具屋、はたまた商会から市場、競売会場まで
  しらみつぶしに当たってみたというのに一つも見つけられなかったのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |  売り切れです。  |
                      乂________ ノ
                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                        |  悪いね、再生は品切れだ。  |
                                        乂_____________ ノ
                      
                                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                   |  再入荷の目処はたっておりません。 |
                                   乂________________ ノ
             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  多少値上がりしていたり、さらに値段をつり上げたい商人に売り渋られたところで
  白金貨や宝石を口に詰め込んでやればいいと思っていたのだが、
  どうやら在庫自体がこの町から枯渇しているらしい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-988 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:26:59 ID:Iw6zu6As
何があったんだろう?

987 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:26:31 ID:6CdY.g7k
もしかして:でっていう

989 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:27:11 ID:qEE5341k
28.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  当神殿所属の司祭で再生を使えるのは    |
|  高司祭様だけになります。           |
乂___________________ ノ

                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
               ┼                       |  そうですか。  |
               ∧                       乂_______ ノ
               //∧                  //∧
                 ////∧                ////∧
             //////∧              //////∧
             _////////∧_           _////////∧_
              ∧, -──‐- 、 }    ,へ      { , -──‐- 、∧
           Y _ , ─ 、 __ Y   / へ\   Y __  , ─ 、_ Y
              | Ll l__ || | |  //〔H〕\\  | | || __l Ll |
              |─i └┘i─ |//─‐W─‐\\| ─i└┘ i─|
            ∧ ┬─‐┬‐ーJ/ / ̄YY ̄\ \レー‐┬─‐┬ ∧
           |─┼l⌒l┼ ー| ∨ <>ロ<> ∨ |ー ┼l⌒l┼─|
           | 「l||―||lエl| | ∧ ∧  ∧ ∧ | |lエl||―||「l |
           | l_l||_||lエl| | ∨ ∨  ∨ ∨ | |lエl||_||l_l |
           | l_l|, 、 |lエl| | ∧ ∧  ∧ ∧ | |lエl| , 、| l_l |
           | ロ/ヘ\ lエl| | ∨ ∨  ∨ ∨ | |lエl /ヘ\ロ |
           // = \\ロ| |_________| |ロ// = \\
         // ∧∧ \\     ┼     // ∧∧ \\
          /|王三||-n-||三王|──‐ /U\ ──‐|王三||-n-||三王|\
        //|    ||ニlニ||    | _//二\\_ |    ||ニlニ||    |\\
      |/  |    |ヒ土ュ|    |´  / /\ \  `|    |ヒ土ュ|    |  \|
       |   |──────‐|二二/ 廿 \二二|──────‐|   |
       |   |    ∧-∧    | _〔__〕──‐〔__〕_ |    ∧-∧    |   |
       |   |    |‐+‐|    |[二] l       l [二]|    |‐+‐|    |   |
       |   |    ∨‐∨    |[二] l       l [二]|    ∨‐∨    |   |
       |   |          |  ̄  l       l   ̄ |          |   |
       |___├──〔H〕──┼[三三三三三三三]┼──〔H〕──┤___|
       `工´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`工´



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  途中寄った盗賊ギルドでも在庫の情報は得られず、
  念のためにとバルベニー神殿にも足を運んでみたのだが
  再生の奇跡を使えるのは代表者である高司祭一人だけらしく、
  霊薬が枯渇していることもあってますます町の外に連れ出せるはずもない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

990 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:28:15 ID:qEE5341k
29.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ならば冒険者をあたってみようと適当な酒場に入ってみると、
  冷やした果汁をカウンターに置いた主人は再生の単語を聞くなり首を振る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



_____________________________|;;;;|
                             ┌──────┐.       \
_________________ │ グレイル亭 ..| _____ヽ       :
_________________ └──────┘ _____i
―ii―i|i―ii―i|―ii―i|i―ii―i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|
  ||  |||  ||  ||/||/|||  ||  ||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|          ;
  ||  |||  ||/||/||  |||  ||/||        | ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄||;;;;|      |;;;;|
  ||  |||/||/||  ||  |||/||/|| _____.  |    /|||    ||;;;;|      |;;;;| ;
  ||/|||/||  ||  ||/|||/||  || |l―――l| .|  //|||    ||;;;;|      |;;;;|
/||/|||  ||  ||/||/|||  ||  || || ::; : l|. |//  |||    ||;;;;|      |;;;;|    :    '
/||  |||  ||/||/||  |||  ||  || || :: ;: l| :|/    |||    ||; f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  ||  |||/||/||  ||  |||  ||  || ;;|l―――l|: |___|||__||; |  ああ、ムリムリ。                  |
 ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i| .::|―――'!'――-!'.|  再生の霊薬は手に入らないよ。      |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ. |                          |
        '      .             :.           |  冒険者達も売りたがらないだろうね。  .|
                                      乂_________________ ノ
             ,              '        ;                . :
______________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

991 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:29:11 ID:qEE5341k
30.



                                                        / ̄ ̄\
                                                       / ヽ、_   \
                                                   ( (● )    |
                                                   (人__)      |
                                                     r-ヽ         |
                                                     (三) |        |
                         「どうしてこんなに品薄なのです?」       > ノ       /
                                                    /  / ヽ     /
                                                   /  / へ>    <
                                                   |___ヽ  \/  )
                                                       |\   /|
                                                       |  \_/ |



              ,.. -───‐- 、
           ,.‐'´         `'‐、
          /    ,.‐ 、.          ヽ
         i    /   `'‐、.    /\ヽ
            l  ./.ァ.、._     `'‐- '     ゙!,
.           |  ./ `''‐、. `''‐ 、..__,   _,. ‐'´ィ゙
         |   ヽ、  `''‐ 、.._/   /_, ‐'´ |
         │ ,.-、`! =。=== _  ,=。===l
    ,. -‐- 、 ,|. { r‐l.l.  ` ー-‐' ''  \--‐' l
. -‐''´     ( |. l ヒ |l        r __  \ i
.         /|  `ー;ll   、______,~ /
. 、._   _,/:::::|  / ヽ   `'ー-----‐´ ./
 -‐~''"´::|::::::::::| /   .ヽ      ー一  /、    「兄さん、よそ者かい。
  :::::::::::::::| :::::::::|/     ヽ         /|:::`''‐
  :::::::::::::::!:::::::::::|ヽ.      .ヽ.._____/:::|:::::::::   だがよそ者でも
 ::::::::::::::::|::::::::::::|;;;;ヽ.         /|:::::::::|:::::::::   どっかの誰かが霊薬を買い漁っていた
  ::::::::::::::| :::::::::::|;;;;;;;;ヽ.       /;;;|:::::::: |::::::::   話ぐらいは知ってるだろう?」
  ::::::::::::::!:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ.     /;;;;;;|::::::::::|::::::::
                                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                |  はい。   >
                                                乂_____ ノ

 
-992 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:29:52 ID:WN2vjmoU
あれ?もしかして自業自得?

993 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:30:11 ID:qEE5341k
31.



             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
.        | r,=ヽ ===i  /==i
          | |ト|.| `ー-   \-‐l
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!..     「それに加えて、新しい番号遺跡が見つかったってんで
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l.       探索に向かう連中が根こそぎ買っていっちまったのさ」
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'



                                                   / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                                                    (●)(● )   |
                                                    (__人__)     |
                                                    (`⌒ ´      |
                         「では、再生の奇跡を使えるような.        {           |
                      冒険者の司祭も出払っていると?」       {       /
                                                     ヽ      く
                                              ⊂てヽ   /        ヽ
                                            {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                               \__/   |      |  |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そもそも第三位以上から啓示される―――つまり一流に近しいと言うことだ―――
  奇跡の使い手じたい多いわけではないが、
  冒険者やトレジャーハンターが集まって来やすいお国柄のため
  バルベニーの規模からすれば一組、二組は期待できるはず。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

994 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:31:13 ID:qEE5341k
32.
―――――――――――――――――――――――――――
  この分だと期待出来そうにないと考えたやらない夫に対し、
  そうだなぁ、と視線を彷徨わせた主人は
  自分も依頼することの多い集団の居場所を思い返したが。
―――――――――――――――――――――――――――



      ,. -───- 、
    ,〃ヽ.__,/´\  \
    /ヘ、   ./フ\ ヽ
   / \|l  l||/  /  :|
   |=。=、 ,,=。==|r‐、 |
.   | ー/   ー‐'u||h |.|
    |∠  -ヽ    |Lノ h'⌒ヽ.__,.ィ
     |ヽニニニニ⊃  /ヽ. |\    ノ    「そうだなぁ…
.    |  ==    /  ヽ|  \-‐'´.     町つきだとスタン君のとこの
 __,/|____,/   /|    |`ー-....   フィリアちゃんが使えた気がするが………」
   /  |\     ./  |   |
  /   |  \  /   |   :|                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  /   |    ><    .|    |                  |  彼らなら十四番に行っておるぞ。  >
                                      乂_______________ ノ

5 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:33:11 ID:haltaMJQ
33.
――――――――――――――――――――――――――――――
  突然の声でカウンターの二人が振り向くと、口を挟んできたのは
  やらない夫が来る前から隅で飲んでいた老魔導師のようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



                     ´        ` 、
                   /           \
                ,.ヘ.__    二 ー    ヽ
                   /    .:/   ̄ ー -     ‘,
               / .:/ . .:/ ∠三ニ=-     ァ=-z ヘ
              _ノ .://:/   ,斗ミ ヽ     /ァ=ミ  ,八
             ヘ . :レ‐v′  《ゞソ       )ソ》 ト、:.ヽ
              ヽ:| い     ¨´       `¨´  |爪'´
               ヘ、!        c  ァ      {ノ
                 Y   /            、
                 ,小 ヽ iヽー――――‐ァ) ノ
               /、::ヽ    ` ー――― ´ /.      「つい三日前の話じゃ。
            ,.≠´ |  ∨::::> 、     ̄ ̄ <j         しばらくは戻って来ないだろうよ」
           /     l   ∨:::::::::::>i  ̄ ̄ /∧
           /     i    \:::::::::::::〉   /:::::i i\
          /       |     ヽ:::::::::\_/::::::::| |  \
      ,/        |      ∨::::::::::ヽi:::::::::::l ヘ   \
     ハ            |         ∨::::::::::::i::::::::::|   ヽ    \
      / ヽ        |_____. ∨::::::::::|:::::::::|   \   \
.     /   \            /  ∨::::::::l:::::::::|   /     ヽ
    i     ヽ    i     /      ∨::::::l:::::::::!   \   i  i



           __
       -‐'''"~    ~"'''‐-
      /        ,,,    ヽ
     //ヽ   , -'"  \     ヽ
    /    `ー´      .\     l
    | {\       _ -‐'''"ヽヽ  |
.    | \\   ./ _ -‐'''"~ |   |
     |  \|  |/     「    |
     | ==。 |   ==。=  | l⌒l |
.     |`‐─'.|    ー─一  | |∩| |
     |   |          | |∪||
.     |  └         .||`‐'.|
      |  ⊂二 ⊃    / |  |□⌒ヽ       「誰かと思ったらマーリン爺さんか。
      |   =     /  | /\    \
       |        /   /:::::::/~"'''‐-  ゝ.     ………そう言や、おたくんとこのピップ君と
 -‐'''"~  |______/   /::::::::/:::::::::::::::::::::      一緒に出かけたんだったな」
 :::::::::::::::::::::::|::::::::|       /::::::::/::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::|::::::::|-  r─ /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::.|::::::::|     /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::

6 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:34:11 ID:haltaMJQ
34.



           ____
            /, ‐ 、_ ,-ヽ、
        / /_ u  ¨   \
          i.〈 ''-ニ''_┐ ,r_'ニフ
.        ln.|. ==ミ" .==:|
.         |{f|| `ー゚  ├゚‐' :
 、.__, -─-r|ヾ| v  r_ |_、 !
  ヽ、__,.イ「| .∧  r‐---‐,/         「ユーリル君とこも出かけているから
   _,.イ| |:l |/ ヽ ` ̄ ̄ ハ       クリフトさんも居ないし………
-‐''": | l:| |:| l   ヽ u  ̄ /|:|「`''ー-
: : : : :.| |:| |:|. i   `ー‐┬1 |:||: : : : :..   うーん、この町を拠点にしていて
: : : : : ! l:l l:l.∧     /|j:| |:|l: : : : :.    再生が使えそうな冒険者は
: : : : : :l l:l l/:::::ヽ.   /:::|リ//l: : : : :...   残っていないようだな」
: : : : : : i.ヾ/:::::::::::::\./:::::::| // : : : : :
: : : : : : :.Vヽ::::::::::::::::∧::::::::レ': : : : : : :
: : : : : : : :|:ニ\::::::::/|oト::::/|: : : : : : : :



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                                                r-ヽ        |
                     「ずいぶんと探索が活発なのですね」.    (三) |       |
                                                > ノ       く
                                               /  /、_  /  )
                                                 /  /─“  / ./|
                                              |___,,─ ̄ _./  |

7 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:35:11 ID:haltaMJQ
35.



              ,.. -───‐- 、
           ,.‐'´         `'‐、
          /    ,.‐ 、.          ヽ
         i    /   `'‐、.    /\ヽ
            l  ./.ァ.、._     `'‐- '     ゙!,
.           |  ./ `''‐、. `''‐ 、..__,   _,. ‐'´ィ゙
         |   ヽ、  `''‐ 、.._/   /_, ‐'´ |
         │ ,.-、`! =。=== _  ,=。===l
    ,. -‐- 、 ,|. { r‐l.l.  ` ー-‐' ''  \--‐' l
. -‐''´     ( |. l ヒ |l        r __  \ i
.         /|  `ー;ll   、______,~ /
. 、._   _,/:::::|  / ヽ   `'ー-----‐´ ./.         「番号遺跡群は当たり外れも凄いが
 -‐~''"´::|::::::::::| /   .ヽ      ー一  /、         何しろ未踏ばっかりでな。
  :::::::::::::::| :::::::::|/     ヽ         /|:::`''‐
  :::::::::::::::!:::::::::::|ヽ.      .ヽ.._____/:::|:::::::::       先月なんかは二百三十二番から精霊石が出てるし、
 ::::::::::::::::|::::::::::::|;;;;ヽ.         /|:::::::::|:::::::::        他の町の学院には封印指定の遺物なんかも
  ::::::::::::::| :::::::::::|;;;;;;;;ヽ.       /;;;|:::::::: |::::::::       売り込まれているそうだぞ」
  ::::::::::::::!:::::::::::::|;;;;;;;;;;;;ヽ.     /;;;;;;|::::::::::|::::::::



                                                   / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                                                  (●)(● )    |
                                                    (__人__)   .u |
                                                     (,`⌒ ´     |
                                                  {         |
                                                    {        /
                  「精霊石は競売にかけられているのを見ましたが、   ヽ     /
                 遺物まで出ているなんて凄いな」              ,, -‐)__, /⌒i
                                                 /;─ー´ミ ./ l
                                                   (_ンー‐-.ノ´ |
                                                   l      |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  当然だ、と頷く主人の言葉で納得した。

  魔法の武具のみならず、超高価な道具の他に
  使い方次第では国家間の均衡すら崩しかねない道具―――そう言う知識や道具は
  しかるべき機関が封印指定として厳重に管理することもある―――
  まで出ているとあっては、冒険者が目の色を変えて我先を争うのも当然だろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

8 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:36:11 ID:haltaMJQ
36.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  どうしたものか、と掲示板に目を走らせれば
  いくつか再生の霊薬募集があるほか、
  主材料である神霊樹の葉入手の依頼まで出ているのが見つかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



  二二二二二二二二二二二ll]  ;;'             #       | |_____| |
    §  П  Т  Λ  Η  ||   ┏━━━━━━━━┓,:ζ .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡||/ ;;┃|三|l≡l  □□□□┃   .:| |_____| |
    Ⅳ  Ν  大  ∃  ♭  ||   ┃|三|l≡l┌─┐┌┐┃   .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡||   ┃|三|l≡l│  │└┘┃   .:| |_____| |
    目  〓  Ё  ∇  廿  ||   ┃      └─┘[=]┃   .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| Κ┗━━━━━━━━┛   .:| |_____| |
  ─────―――――――|        ;;;           ト  .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::| |_____| |
  ━┳━     ━┳━    :|                    .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄...  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |  ………葉の入手依頼が出ているぐらいだ、 |
                        |  霊薬は期待できそうにないですね。      .|
___...、     ii      ii       乂___________________ ノ
       )    ||      ||    (          )    ||     .┴-----------┴
 ̄|l ̄ ̄´  __||      ||__  ` ̄ ̄|| ̄ ̄´  __||
_|l_    |l   ||      |l   ||    _||_    |l   ||

9 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:37:18 ID:haltaMJQ
37.



                    ,. -―‐- 、
                   / ,へ.  ,、ヽ
                  i /  `ー' ヽ!
                  ,h |'ニ.._┐r_ニ-ト、
.        、      l〔|j ニ・ラ 'f・ラ|/
.         ヾ''"" ̄`y个ハ   、| |,. /             「そういうこった。
.         __`.ニ=‐/l/ ヽ ー‐一/
...゙__... -‐''''"~      l  l.   ヽ_____/ | ‐- ...__.          アマゾネス商会なんかは他の地域からの
.......ヽ         | |     |  |    ~"'''r 、.     手配を急いでるって言うが、
...  `、         |  |―-、 ,.-‐|  |        | `、.  予約がかなり入ってるらしいし
.....  `、       |   |ー―――|  |      |  |.   兄さんが手に入れるのは来年以降になるだろうな」
.    }  / 〉  |    |:::::::::::::::::::::|  |     |   |
.  `ヽ,// /    `\. l::::::::::::::::::::::| /  ⊂二二\,ハ
.....\/ |     ,/  |::::::::::::::::::::::| \  ヾ;-\- ヾ   ノ
. //  ノ     |  |:::::::::::::::::::::::|  |   ヾ二.~^十''⌒
...../ / , |         |   |::::::::::::::::::::::::| |    |_|   |
../ ./ /.//       |  |:::::::::::::::::::::::::| |    | ヽ  ,ハ
. / /.//        | |::::::::::::::::::::::::::|l    |  ヽ/ |
./ ,/,〃         ヽ|:::::::::::::::::::::::::::|     |    |



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /ノ  ヽ、_ \
                                                    |(●)(● )  |
                                                     |(__人__)    |
                                                    {(`⌒ ´    |
                                 「ありがとうございました、.   {           |
                               お代はここに」          {        ノ
                                                     ヽ     ノ
                                                      /⌒''   |
                                                       /  /    |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大陸西部から北部にかけ三指に入るほどの大商会ですら在庫がないとなると、
  伝手や情報のない自分が早期に手に入れられるとも思えない。

  町の状況をもとに作戦の練り直しをしよう、と
  少し多めの代金をカウンターに置いた彼は席を立ち、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

11 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:38:25 ID:haltaMJQ
38.
――――――――――――――――――――――――――
  両開きの扉を押し開けて街路に出れば
  太陽はまだ高く、午後二時過ぎであることを示していた。
――――――――――――――――――――――――――



\ ::::!| |:::::::::::::::|;:| ∥ |  | ::::::::::::::::::::::|. )
\\ | |:::::::::::::::|;:| ∥ |\| ::::::::::::::::::::::| . ´ヽ.               ○
:::::::\| |\ ::::::::|;:| ∥ |  |:::::::/⌒ヽ :::|   :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
:::::::::::!| |:\\::!|;:| ∥ |\|::::::|.  .ヽ:::|....:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:
:::::::::::!| |::::::::\\. ∥ |  |::::::||\  |:::|゙-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:
!:::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::\\.|\|::::::||!;;;;\|:::|.    , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
α::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\ |::::::|| ;;;;;;;;;|:::|.    ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄\::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
_______., __ノ ヽ、,_  \..゙| |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \   /(一)(ー )    .|....!|i|'.'.|i|'.'.|i| 』l| 』;;;;ヽlll     (::::::::::)::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;li;;;;l;;;/
:::::::::::::::|    /   (__人___)     | . \!.,|i|,,,,|i| 』l| 』 'lr-、゙ll    ゞ,,,;;;;;;,ノゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(丿
:::::::::::::::|....../`ヽ、  _|` ⌒´    |...                                  ;;レ';''''''゙~
:::::::::::::::|;; /:::::::::::\r´|        |    「とりあえず何か食べながら整理するか」.    l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;/::::::::::::::::::::> ヽ        イ: |_                             |;i|ll|
:::::::::::::::|/::::::::::::::::/-__「ヽー'ーー"/7一 -..、.i ̄~l;;;;;;;∩;,-"      \ヽ、~:;;,,,,、ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .-゙/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、::ヽ.. |;;;;-"           \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!...... /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ:::::、               \γ'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!   /:::::::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|                  \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!......':::::::::::::::::::::l:::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|                     """""""~~~~~~~~~~~~~~
!......\::::::::::::::/::::_,,-ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::: |
!     ヽ∠-''" ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|



   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

 
-14 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:39:32 ID:OzrJN7Y6
霊薬に振り回されてるなー

13 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:39:23 ID:haltaMJQ
39.
―――――――――――――――――――――――
  なにか軽く食べられるものを、と訪れた市場にて。
―――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ライ麦パンにベーコン、レタス、トマトとチーズを追加で。   |
|  味付けは…バジルソースでお願いします。              ..|..ニ=- _
乂_________________________ ノ     ニ=- _
                       _  -=ニ¨       ____   ⊥_       \
             _  -=ニ¨    _   -=ニ二 ̄三三三三三三三三¨ニ=-     \
        _  -=ニ¨   _   -=ニ¨三三三≧=-三三 「 ̄「 ̄/\三[}三| ̄¨ニ=- _  |
         |_   -=ニ ┌-  .._ l―ュ「 ̄「∠三三 ≧=-|_」/_\ \iニニ|        |丁´
        ` ̄ ̄ ̄ ̄| …… ||_」 三´三三三......f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              | :::: |      / ̄ / 「.゙|  はいはい、全部で5ゴアと30ピア。 ..|
              └r―ュ┘    /   /   |..゙|  共通銀貨なら五枚だよ。           |
               _|__|.___/__/_  !...乂________________ ノ
             _」 -=ニ三三≧圭圭圭圭≧ュ.。。。。。。ム。。。。。。。。。。。|        |_
              rf㍉=-=_ニ三≧圭圭圭圭≧%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%|____| |
.            lニ=- _rf㍉≧圭圭圭圭≧%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%┌―┴┴┐.|
          |   | ¨ニ=- _rffffffffffffffffュュュュ.%%%%%%%%%%%%%%%%|      |l|
           |_ ...-|      ¨ニ=- _rffffffffffffュュュュ_%%%%%%%%%%/|      |l|
              ` - _          ¨T=- _rffffffffffffュュュ_  -‐  ||      |l|
                 ` - _        |    丁=- _rffff|     ||      |l|
                      ` - _   |_    |   ¨ニ=|     ||      |´
                       ` - _ ¨ - _」       |     ||     _|
                          ` - _         |     |i-‐/¨
                                 ` - _     .|     |/
                                  ` - _ |     |
                                        └-‐   ¨´



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  出店を覗き込んだやらない夫はすこし西部なまりのある声にんっ、と首を傾ると、
  いまさらながらに値札を確認してゴアやピアが西部の一部で使われている地域通貨だと思い出していた。

  しかし財布の中身は為替の中で一番力を持つ共通通貨ばかりであり、
  これまで両替の必要もなかったため地域通貨の類はほとんど持っていない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

15 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:40:11 ID:haltaMJQ
40.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、金貨や白金貨だとおつりがないと言われる可能性もあったので、
  ホールディング・バッグからあまり使わない革袋を取り出すとそこから銀貨を支払った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  えっと、じゃあ共通銀貨で。   |
乂_____________ ノ

                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |  はい毎度っ!   |
                        乂________ ノ

             //                     //   /    }  > 、
           r‐〃 /   /-               //   / (::::) /
        // / /  /-‐-、i/           _ //    ヽ   /
         | / / /  /  , -‐'′     , -‐ '´ | //      `¨¨´
       _| l { 〈   |‐…¬ハ   _/       |,//
      ノ.:└| j|  ! 〃   l l|  ̄       {_/
      i^^^^ー| j | jノ^^^^^^i ||          ` '' <
      /-‐  `¨⌒    ̄/ ,ハ              ` '' <
    /             / /  ',                       ` '' <
  ./               /  ,'   ヽ                       ` '' <
  /    _ ___   /  '    ヽ
  |         -―i  /| /   ハ
  |   ...:::::::::...      |   Y 、     |
  |  ..::; -、, ‐、::.     |    l \   |
  |  ::::    :::::                 |
  |  :::::.   ..::::     i|    |     |
  |   ::::::.  ..:::::     l|  / l|  \  |
  |  ヽ:::::::::::/       l| ,  l!       |
  |    `¨´        | /  人   \|
  l_               l/./  ` ¬=_」
    ̄   ―---  .⊥ -‐… ''"¨´

16 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:41:16 ID:haltaMJQ
41.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  広場のベンチに腰を下ろし、取り出したサンドイッチにかぶりつきながら
  さっそく今日までに仕入れた情報をかき混ぜる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



   再生の―――
   
   
   霊薬 → 在庫がない(素材募集の依頼が出ているほど)
       → 冒険者から買うのも難しそうだ
       → この分だと近所の町も期待できない
       → 他国からの入荷は先の話で予約待ち
   
   
   奇跡 → 神殿の高司祭(しかも代表者)を連れ出すのは難しい
       → 力のある冒険者は出払っていてしばらく戻って来ない

\__________ ____________________/
                 O
                   o
                      __
                    /   \
                   / ノ  \ \
                  | (ー)(ー) |
                       |  (__人__)  |
                    l  ` ⌒´  |
                    {.        |   「うーん………」
                    .{      /
                        {     /
                   _ __{-`ーrr一'´ -}、___
              〃-──ム、___}{__, -<`ー─ミヽ
              /    _/__-う__とこヽ ヽ   }>l
             ,′ l  { ( l三三三彡'}  l   /l l
              /   ヽ_〉 ヽ/ ∥  ヽ{  {_ /  } }
            j    =/ヽ___/> ∥   \/ヽ_  { {
            /  〃 ヽ___,イ  ∥   く__/ヽ\ ヽ
         r==┐      j _∥ _  {   \\}

18 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:42:11 ID:haltaMJQ
42.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ややあって出てきた結論はやはり、と言うべきか、
  常識的手段での早期入手は難しい、というものだった。

  あるいは宿も知り得ぬ流れの冒険者から使い手を捜すか、
  とんでもなく高額で買いとり募集をかけて
  気が変わった冒険者や入荷した店舗が優先的に売ってくれることを期待する手もあるが、
  水銀燈が経費の半額を出すと言いはっている以上、勝手にやるわけにもいかないだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ー)(ー)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |    (一度、水銀燈と相談だな)
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  かといって、のんびりしていたらクリムゾンが寂しがるだろうし、
  彼が戦力として期待できるからといっても密猟者が現れたときの事も心配である。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

19 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:43:11 ID:haltaMJQ
43.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  とりあえず今日の所は進展がないと判断した彼は
  握りつぶして硬くなった紙くずを数十メートルほど先のごみ箱に投げ捨てると、
  夜までの時間を消耗品の購入にあてることにしたのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       ノ /
                                      /  i..    n
                                      ,i  |i      | !   _n_  ___
                                     ,'  |i       ヽニフ !ゆ) `つ_)
                                     i|   |i                  _, -‐ ´
                                    i|   .|i.              _, -‐' ´
                                    |    .i、        , '´
                                    ゝ     i、.   _ ,/            _
                                 i|      ゝ.゙/´         ,  -‐ ´ ̄
                                  i|       / /        l
                                  i|.    /   l    , -   ,'
                                   i|  / 、_ノ   l'´ 、―‐ '
                                   i|../  ,イ ,'   ,l  l
                                       i|..゙〃 /   八  .l
                                    / ノ / く_ イ.l | /
                                    '-‐' ./ /   l /  ヽ'
                                    く_ノ



――――――――――――――――――――――――z________________________



                                       _..-'´ ._.. -''"
                                _..-'"._..-''"゛
::::: ::: :.           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: |        /..゙_..-'゙_..-'"゛
:: ::::            |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: |      ,..-'',゙ -'″
: :::   /]      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: |.   _..‐',゙ ‐″
   //i|       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::.. _/,゙ ‐´
 //  i|       |;;;;;;;;;;; ;;;;:.._/ /                     /
 /    i|       |;;;;;;;;;.゙_/ /゙|/                   /
       i|      (⌒) . /.... ̄                /
       i|   /..../´゙/                       /
       i|  / /  /| ガサッ                /
      /  | ̄丶,/  |                   /
    /    |    l    |                  /
  /      |    |  /              /
        /|__|/               /
      //                  /
    //                   /
  //                    /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
-21 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:44:12 ID:MW7Lwq3c
ナイッシュー!

24 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:45:28 ID:J0eyYOno
>数十メートルほど先のごみ箱に投げ捨てる
さらっと凄いことやっとる

20 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:44:12 ID:haltaMJQ
44.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  五つの鐘が鳴り終わるころ、一通りの消耗品などを手に入れたやらない夫は
  最後に魔石を買うべくバルベニー学院に向かっていたのだが。

  ちょうど門から出てきたドワーフと出くわして
  お互い目を丸くする羽目になっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                                       「あれ?」.     {           |
                                               {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /       「あっ!?
    ┝/ \_ノ━━6━━、.          やらない夫さん!」
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)

23 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:45:12 ID:haltaMJQ
45.



                                                      / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                                                 (__人__)     |
                                                 (`⌒ ´      |
                        「どうして学院に?                   {           |
                        王都行きの駅馬車に乗ったのでは?」      {       /
                                                  ヽ      く
                                           ⊂てヽ   /        ヽ
                                         {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                            \__/   |      |  |



     ____
.   /   /⌒ヽ⌒ヽ 、
  /   , -|/ ・|< |、\
 /   /   `ー ●ー ′ ヽ
 l  /   三.  |  三  |
 |   l  /⌒\_|_/^l l
 l  | l , ─ 、- 、     l /.       「合流が送れることを東部に連絡していたら
  ヽ l ヽ ___)__ / /       あの日の便を逃してしまいまして。
   〉━━━O━━━´⌒ヽ
  /  /      ヽ   l   l       昨日の便に乗ろうと思ったのですが………」

25 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:46:13 ID:haltaMJQ
46.



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                                   「ですが?」.     {           |
                                               {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |



      _____
    /   - 、-、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` -●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /    「えーっと………
   \ ヽ     _)   /       隊長から返事がありまして、その………」
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  おって指示するまでバルベニーに待機せよ、と言う返事が昨日。
  「彼」が本物である確証を得よ、と言う追伸が来たのが今朝のことだ。

  確かに、密猟者に捕まる前までに偽者のうわさ話を耳にしていたし、
  商隊長の連携先もなんどか誤情報を掴まされていたらしいので気持ちは分かるのだが。
  まだこの町にいるかも分からないし確証なんてどうやって、と
  返事を出した矢先に本人と出くわすと思っていなかったドラえもんは
  しどろもどろで言葉を濁すばかり。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

26 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:47:16 ID:haltaMJQ
47.
――――――――――――――――――――――――――――――
  とにかく話題を変えようと不自然なのを承知で
  剣に布を巻き、魔法の鎧を脱いでいる格好に触れると、
  顎に手をやったやらない夫はああ、これはと理由を答えてくれた。
――――――――――――――――――――――――――――――



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l u./   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /   「とと、ところでどうしてそんな格好を?」
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



                                                 / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                              (          |
                                                 {          |
                       「霊薬や消耗品を買いに.          ⊂ ヽ∩     く
                          あちこち回っていたもので」.      | '、_ \ /  )
                                               |  |_\  “ ./
              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                      ヽ、 __\_/
              |  なるほど、それで。   .|
              乂__________ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに相場が荒れている―――売り手側が圧倒的有利な状況で
  とんでもない装備をしていたらいくらふっかけられるか分かったものではない。

  商人とは往々にして常に客がいくら持っているか、なにを要求しているかを
  つぶさに観察しそして、少しでも多くの利益をあげたがるためだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

27 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:48:11 ID:haltaMJQ
48.



      ,  ────- 、
    /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
   /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
  /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
 l    /  ──   |   ─  |
 |  /   ──   |   ─  |
 |  l    ──   |   ─   l
  l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
  ヽ ヽ   (_____ノ /       「それで肝心の霊薬は買えたのですか?」
    >━━━━━ O━━─( _ )
   /   /       ヽ  /



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (―)(― )   |
                                               (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
                                                 l^l^ln       |
                      「いえ、それがですね………」.    ヽ   L       ノ
                                                ゝ  ノ    ノ
                                              /   /     ヽ
                                             /   /      |



   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

28 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:49:12 ID:haltaMJQ
49.



      ______
    /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
   /     , ┤ /・|・\ |、 \
  /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
 l    /  ──  |  ──  ヽ
 |  /    ──  |  ──  |
 l  |    ──  |  ー─  l
  l   |        |        /    「………なるほど。
  ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /      新しい遺跡の探索で………」
   >━━━━━O━━━く
  /    /      ヽ  ヽ



                               , -‐―- 、                      , - ― - 、
                              /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
                                 |:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
                              v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
                               v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
                               l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
                                v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
    「今夜は水銀燈と作戦会議ですよ」       l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
                                 ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
                                 ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
                                  i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
                                  ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
                                   |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
                                   ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
                                    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|



―――――――――――――――――――――――
  むりやり転換した話題にのってくれはしたが、
  東の英雄の確証になりそうなものは出てこない。
―――――――――――――――――――――――

29 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:50:14 ID:haltaMJQ
50.



       ____
    /       \
   /    ノ -、 -ヽ ヽ
   /   , -|/‘|< |-、 |
  ○/   ` - ●-′ |
.  | |  三   | 三 /
  |  |  /⌒\_|/^/     (確証って言ったって、
  |  |━━━(t)━━、         なにが確証になるかも分からないし………)
  |   /__ ヽ |_|
.  i   l ヽ___/ノ j_)
  ヽ  ` ── ′/
   ⊂二⊃⊂二⊃



                                              / ̄ ̄ \
                                     -`  ⌒ ヽ、_    \
                                       ´   ●)(● )     |
                                             (_人_)    |
                                            '、       |
                  「………そうだ、丁度良い」.        |         |
                                          | 、     .ィハ、_
                                          ≧ュ─ー ´:::::::::.......ヽ
                                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...>、
                                       ,.<..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                    /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                                     j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::Λ
                                    i :::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
                                      i :::Λ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
                                      | :::::Λ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i



――――――――――――――――――――――――――
  再会できたのは幸運だったけれど、これからどうしようと
  ドラえもんが迷う間に沈黙が生まれ、
――――――――――――――――――――――――――

 
-31 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:51:35 ID:OzrJN7Y6
商人だから商売は得意でも、こういうのは不得手なのかな

30 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:51:13 ID:haltaMJQ
51.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  なにやら困り顔のドワーフと学院とを見比べたやらない夫も
  考え込んでいたのだが、一つ思いついて依頼したいことがあるのですと言った。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                 / ̄ ̄\
                                               ⌒´ ヽ、,_  \
                                                  (●)(●.)    |
                                               (_人___)    |
                                                  '、       │
                                                    }       {
               「要件が済んだあと東部に戻るのですよね?      !、______ .ィ-ート、
               でしたら一つ、頼みたいことがあるのですが」        V/:::::::::::::::::ヽ
                                                      {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                                 /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                         「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                         } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                         i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                         { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                         \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                           \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /    「なんでしょう?」
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

33 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:52:11 ID:haltaMJQ
52.



                                                  / ̄ ̄\
                                              /  ヽ、_  \
                                             (●)(● )   |
                                             (__人__)     |
                                             (`⌒ ´      |
              「向こうへの届け物をお願いできたらと。       {           |
                  隊商ならあちこち通るかと思いまして」.        {       /
                                              ヽ      く
                                       ⊂てヽ   /        ヽ
                                     {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                              \__/   |      |  |



        , ─── 、
    /   /⌒ ⌒ヽ \
   /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
  / /   `ー ●ー    ヽ
  l |   三   |  三  |
  | l \     |    / l
  ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_    「ドワーフは恩義を決して忘れません、お礼など不要ですよ。
   >━━━,-、━━━ ( _ ).    そして届け物なら僕にもできそうです」
  /  /  ヽフ ヽ   /
                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |  ありがとうございます。   |
                                    乂___________ ノ

34 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:53:18 ID:haltaMJQ
53.



      ,. -――‐- ._
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /   「それで、いったい何をどこへお届けすれば?」
  VV  {   )  ̄      / /
   ヽ/ `ー'_____,//
   /    /--/⌒ヽ----┘、
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \



                                                / ̄ ̄ \
                                             ⌒´ ヽ、,_  \
                                             (●).(● )    |
                                            (__人___)     .|
                                            '、           |
           「それはこれから分かると思います」            |        |
                                        ,. -ーー|       /レ、
                                        /:::::::::::::::: ヽ__、____,. "/::::)- 、_
                                         l:::::::r/::::::::::::::「二二二 :::::::/::::::::ノ::::::\
                                     ,―――――へ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                                     〝――r――ー `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                                       |::::ノ} ―‐-   V::::::::::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::j
                                       |:::ト-ゝ―‐    V:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/
                                       |::::l:::::{ _ー     lヽ、_::::::::::::/:::::::::::::::::::::l
                                       /::::::l:::::::::::`ヽ、__/ / ::::::\/:::/::::::::::::::v
                                       /::::::::l::::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::/
                                      /:::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



―――――――――――――――――――――――――――――
  届け物ならお安い御用です、と胸を叩いたドラえもんに微笑んで
  両手剣に巻いていた布を外したやらない夫は、
  答えを言わず学院の受付を指さしたのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

35 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:54:11 ID:haltaMJQ
54.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
  二人が受付から学院長の執務室に通されて一時間が過ぎたのち。

  ようやく早足で戻ってきた大魔導師は、右手の書類に目を落としながら
  やらない夫の確認が空振りだったことを告げた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



           //   ||    //          ||: : : : : : |
―――――――――┴┴―――――――――┘|: : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : : : : |    [||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||__
───────‐- 、 : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |l\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、──────────────|     ||\\
          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
_____|  確認したところ、妖術師ライト=ヤガミに奪われたとされる物の中に   |
          |  魔法の姿見は含まれていませんでした。                       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乂______________________________ ノ
              |    |                            ` ̄ ̄
────- 、 _____|__|                            ( ̄
         |                                      |\
         |                                      l」
______,ノ
      | |
      | |

36 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:55:11 ID:haltaMJQ
55.



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |     「となると、どこかの遺跡から奴が見つけたものか」
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



      ,  ───  、
   /   /⌒ヽ⌒ヽ\
  /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
. /   /  `ー ●ー´  ヽ
 l   /   二   |  二  |
 |  l     ─   |  ─  l
  l  |        |   ) /
  ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /    「……………」
   〉━━,-、━━━━く
   / / ヽフ    \.   ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  野盗や妖術師、暗黒司祭など基本的に人権を認められない者が所持していたものは、
  何らかの契約がない限り持ち主に戻す義務はない、討伐者の物になる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

37 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:56:11 ID:haltaMJQ
56.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  安易にその前提をくつがえすのは良くないものの
  あの妖術師を相手に取り返せと言うのも酷な話なので、
  もし被害届が出ていたならば返却してもいいと思っていたやらない夫であったが、
  出ていないなら売ってしまおうとホールディング・バッグから大きな姿見を取り出した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 _  _
                ,、,j `´ !.,、
             _ __r' \.Y./`ヽ__ _
          ,、/ `´ヽヽ  .|.  ,´,´ `´ \
       ,、_ノヽゝ (`´ヽヽ ..|.. //`´) ノノゝ_,、
       〉-===--ニニヽl | lニニ--===-〈
     /_ヽ_r--、__--、_,ノl..|..l!.、_,--__,--、_/_\
   __/ /=/     `ー´  ̄ ̄ `ー´     \=!.\__
 ,-" 〉/= /               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 `)゙( ( (= i                |  この姿見は奴が持っていたものです。             |
  (  `Yミ=}_.              |                                        |
 <=--ヽ=、`、.             |  少し前に自分でも魔法鑑定してみたのですが、          .|
  〈彡´ ̄ )) )            |  おそらく『遠見の魔法』を強く増幅する物ではないかと。    |
 //ミ≡/               乂_________________________ ノ
 \\\/                         ヽ///
  (ミ、.Y                           Y.,彡)
 \__人_人/                        l ≡l
 _)      (__                      / 圭l
  )  !!  (                          ! 圭l´
 ̄ ̄)      ( ̄ ̄                    、´=三)
  /⌒Y⌒Y⌒\                    / _i彡彡l
    `lミミ l                   /  .l彡彡l´
     lミミ l                 / / .l彡彡l
    (ヽヽ }                     / /   { / / )
    /__ノ .ヽ             / /    / ゝ__ヽ
    \三≡、\          / /    /,≡三/
       ̄\彡ヽ          /    /ミ / ̄
         \彡ヽ  r--' 二二`--ヽ /ミ /
           ゝ圭⌒ヽヽ ノ...|...ヽ //⌒圭ノ
           〈彡´`ヽ_/..|..\_/´`ミ 〉
            \三三//l\\三三/
                  ̄ ̄ ̄

38 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:57:26 ID:haltaMJQ
57.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その大きさに思わず、椅子を蹴って立ち上がった学院長は
  鏡の前に立つ青年と、青年を映している姿見とを見比べてゴクリと喉を鳴らす。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            |:|: :|: :: :: :: :.|                |: : : : : : |: : :..|
            |:|: :|: :: :: :: :.|         ′     |: : : : : : |⌒Y|
            |:|: :|: : : : :..┼‐- .._     /   _.. -十: : : : : :}ir、j:|
            |:|: :|: :i : : : ≪弋ツ>ノ ー〈_ー<弋ツ≫: : : : :..|.、/`|
            |:|: :|: :|: : : : | `¨¨    T    `  ¨´|: : : : :! :| ハ: :!
            |:|: :|: :|: : : : ||i|i|ii|l     i          |: :i: : :|..:|′:│
            |:|: :|: :|: : : : |      {:.       |: :|: : :|..:|: : :│
      _ ..  -‐|:|:i |: :|: : : : |      `′        |: :|: i: ! :|: : :│
_ .. -‐       |:|:| !: : : : : :.|i。、     ,.、___     |: :|: |:i : |: : :│
              ハl: : : : : : : ||/ \   `¨ ̄ ̄`  /|: :|: |:| : |: : :│   「わ…我々も調べてよろしいですか?」
          //:|: : : : : : : ||′ i\   `⌒'  / ,:|: :|: |:| : |: : :│
         // ..:|: : : : : : : ||   |こ}`   _ イ  :/ |: :|: |:| : |: : :│
        く く     :|: : : : : : : ||   に}  Y  /  / :|: :|: |:| : |: : :│
       :\\   |: : : : : : : ||   |コ}   |     :/  |: :|: |:| : |: : :│



                                           / ̄ ̄ \
                                              _,ノ ヽ、,__   \
                                        (●)(● )    |
                                          (_人___)    .|
                                           '、       │
                                              、      イ
.         「お願いします。                             ゙、 ___,. イ i
           価格次第ではお譲りすることも考えますので」        ,r... __>ーメ.┴ュ
                                          _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
                                     ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
                                       「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
                                   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
                                      / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                   /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
                                     ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ

 
-39 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 21:57:28 ID:J0eyYOno
あかん、ワクワクしてきた

40 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:58:24 ID:haltaMJQ
58.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  緊急招集された導師達が姿見を囲んでああだこうだと言い合っているあいだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



i =======||==========||==========||==========||
il.[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||
i ==._ n_   _       _ n_   _..||==========||
il.[[.l リ r┐|   l |  n   l リ r┐|   l |  n.゙[[[[[[[[[[[[||.     |\
i =└1」 L」   L.ユ U   └1」 L」   L.ユ U.========||.     |  \
il.[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[.゙_n___,、00 _n..,n_  _n___,、00 _n..,n_..   |
i =======||========.゙└i n ト、_> └i rっ_)└i n ト、_> └i rっ_)....  |
il.[[[[[[[[[[ ||[[[[[[[[[[[[[[[ |.U U.     U     U U.     U.   |   |
i =======||==========||==========||==========||.     |「  .|
                               \     |   |
    ∧∧                ∧∧         \.  |   |
   (゚  ,,ミ              (゚Д゚,,)           \|   |
    | ∪              (|  |)            \. │
    |  |~                  |  |~            \.|
    し'ヽ)  ))   ∧_∧     し`J                   \



      _____
    /   - 、-、 \
   /   , -| /・|・\|- 、ヽ
  /   / U ` -●- ′ ヽi.
  |  /  二   |  二   |
  |  |   ─   |__ ─  !
  ヽ ヽ       __)   /
   \ ヽ     _)   /    (これ、十分確証になるよなぁ………)
    l━━6━━━━┥
    | /    \   |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無言で座っていたドラえもんは
  腕を組んで鑑定の様子を眺めているやらない夫を横目で見ながらそう思った。

  細かい説明は端折られているものの、学院長とのやり取りを見れば
  妖術師が持っていた鏡の鑑定に立ち会わされているのは間違いない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

41 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 21:59:11 ID:haltaMJQ
59.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしたら彼は、さっさと出発せずに東部とやり取りをしている自分が
  まごまごしている理由を察してくれたのではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ―― 、
                 /      \
                '   __ ノ   ゝ.__ヽ
               l   ( ー) (ー ) l
            l    (___人___) l
                l      `--´  l
             !.!          !( ((
.              ' ヽ          ( ( ヽ)
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦ヽノζ
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥



                                                ,  ───  、
                                              /          \  っ
                                             / ヽ            ヽ っ
                                             l’\|─‐ U 、         ヽ
                                             l  ノ     \         l
                                            ●´ ──      ヽ         |
                                            ノ  ──      ヽ      l
                                        (   ──        l    /
                 (こっちの都合なのに            ` ー、── 、     |     /
                      気遣われてしまったなぁ………).        ` ー,-、━━━━━━ヽ
                                               ヽフ `ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無限の財布とお近づきになりたいという商隊長と
  彼女からの返事のことなんていわなけりゃ良かった、と後悔するも、
  やらない夫が何も言わないのだからこちらからお礼を言うのも変な話になる。

  なのでいまは内心で頭を下げることしかできなかったドラえもんも
  西部でよく飲まれている珈琲―――南部原産の豆から作られる飲み物だ―――に
  口を付け、学院の対応を見守る事にした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

42 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:00:26 ID:haltaMJQ
60.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  かなりの時間が過ぎたあと。

  何度も何度も頷き合った導師達の輪から外れてソファに戻った学院長は、
  やや緊張した表情でやらない夫に同意する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



    /: : : : : : : : : : : : : : /: : : :\  /:: : ::|: : : : : |
   /: : : : : : : : /: : : : : : :/,、;、,、;、,、∨: : : : : :|: : : : : |
.  /: : : : : : : : /: : : : : : :/       "'''- :_:|: : : : : |
  ,´: : : : : : : : :,: : : : : : :/            }: : : : : |
  i : : i: : : : : : :i:: : : : : /~""_''_‐- _     ,,,,... |: : : : : |
  | : : |: : : /⌒|:: : : : / ̄ヒツ `     ≦__  |: : : : : |
  | : : |: : / ソ !: : : : :| lllTlTl      _ヒツ_ /: : : : : |
  | : : |: :彡〈 (| : : : : |         ヽ     |: : : : : :|
  | : : |: : : lトll:| : : : : |        _ ノ    .: : : : : : !
 , : : /: : : : : : | : : : : |            ノ: : : : : : |
/ : : /|: : : : : : :! : : : : |   ____    .: : : : : : : :|.     「間違いありません、遠見の魔鏡です。
: : :/: :|: : : : :i: :! : : : : |   ´   __ `  /: : : : i: : : :|
: :/: : :|: : i: : |: :! : : : : ト         /: :|: : : |: : : :|     遠見の魔鏡は鏡面の面積に比例して届く距離も増えるのですが、
:/: : : :|: : |: : |: |: : : : : |  >      / : : | : : !: : : :!.    この大きさともなれば三国隣まで見通せるでしょう」
: : : : ::|: : |: : |: |: : : : : |     ー-イ : : : |:: : :|: : : :|



                                            / ̄ ̄ \
                                            _ノ  `⌒   \
                                            (●).(● )
                                           (__人___)    |
                                         , =二ニニヽ、   |
                                         /  二 ヽ、V   ト、_____
                                       /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
          「じゅうぶんに戦略兵器たり得ますね」.   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                                        _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
                                    _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
                                   l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
                                   ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
                                   ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
                                    ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
                                 / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
                                   { :::::::::::::::::::/::/     i `ー-,::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|

43 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:01:12 ID:haltaMJQ
61.
―――――――――――――――――――――――――――
  武具など装備品にはめっぽう詳しいドラえもんであったが、
  自分が魔法を使えるわけでもないし
  ましてや遺物ともなればこれまで触れた経験もない。
―――――――――――――――――――――――――――



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /    「鏡が戦略兵器、ですか?」
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



                                                    / ̄ ̄\
                                                  ⌒´ ヽ、,_  \
                                               (●)(●.)    |
                                                  (_人___)    |
                                               '、       │
                                                 }       {
               「たとえば国家間の戦争のさいにこれを使えば、.    !、______ .ィ-ート、
              擬似的にでは有りますが                   V/:::::::::::::::::ヽ
              俯瞰視点を得られるのですよ」                   {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                                    /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                            「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                            } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                            i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                            { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                            \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                              \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  おもわず口を挟んでしまったら頷いた彼が遠見の使い方の一例に触れ、
  物事を見通す視野、と言われて気がついた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

44 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:02:11 ID:haltaMJQ
62.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  なるほど、戦争時に相手の進軍状況から布陣、兵種まで見通せてしまえば、
  こちらは常に最適な行動を取ることができる。

  情報戦を制すことは即ち、
  多少強力な武具を揃えたり、一流の戦技使いが居たところで
  とても補えない優位性を得ることになるはずだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                l  /
        _____ ′/
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /    「そうか、いくら強力でも局地的な戦力にしかならない
    ┝/ \_ノ━━6━━、     武器や防具とはわけが違うんだ!」
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)



                                                 / ̄ ̄\
                                               / _ノ  ヽ、.\
                                                 |  (●)(●) .|
                                               !  (__人__)  |
                                                 , っ  `⌒´   |
              「昔、遠見の水晶玉を使って                / ミ)      /
            どこかのお姫様の私室や入浴を覗いた輩も.      / ノゝ     /
            居るらしいですしね」                        i レ'´      ヽ
                                             | |/|     | |

 
-45 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:02:17 ID:J0eyYOno
偵察衛星みたいなもんだしなあ

47 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:03:20 ID:hy3Sl9nM
鏡と違って平和な使い道だね<水晶

52 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:05:10 ID:zmWzflSw
>>47
姫の浮気現場とか見ちゃったら一気に色々と危険になっちゃうけどなw


48 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:03:44 ID:Cs4.ouVY
スパイ衛星みたいなものが野に下るよりない夫さんが持ってた方が安全な気が…

46 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:03:17 ID:haltaMJQ
63.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  肩をすくめたやらない夫が嫌らしい使い方や狡い使い方もあるのです、と言うと、
  学院長はまた理力魔法使いが差別を受けてしまいますからやめてください、と渋い顔を浮かべる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ,...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
.      :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ‐- 、
.    ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::}./::::!.:.:
.   /::.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ':::::::::!:::::::i.:.:.:
...  ,::::.:.:.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. / ̄ ‐-‐‐ ┐:.:.:
...  l:::::.:.:.::::::::.:.:.:.: _.:.:.:.: /       /〉'ヽ:._
    !:::::::::〃ヽ:::.:.:.:.:.: ‐┌‐ -   _ | ! 「 .,へ _           「『理力魔法を戦争に用いてはならない』。
...  |::::::::::! .{ l::::.:.:.::.:.:.:十一   /__レ' }.,ィl { ,ゝヘ
...  |::::::::::ゞ、i:::::.:.:.::::::: i lili!   {丶、>-ノ 、u`   、          理想の導師の教えにはそうありますが、
...  |::::::::::::: `:::::::::.:::.:.:. l     _ 〉 ハゝ′  }   ヽ        直接的に破壊を生み出す攻撃魔法はともかくとして
...  !::::::::::::::::::!:::::::::::::.:.::    _ ,  ' ::::::: ヽ _  、   _         魔法の道具や補助的なものについて、
.  ,::::::::::::::::::: i:::::::::::::.:.:.: ` ニ ,..:::::::::::::::.:.:. !  、  ∠}.     また外敵に対する場合など解釈もそれぞれでしてね」
. ノ'; :::::::::::::ノ.l::::::::::::::.:.:.:ト、 _/::::::::::::::::: :..; l.: ム_-=ニニ≧x
... /:::::::::::::-ニニ::ニ::::!、:::::::: /ニニ≧x:::::::::::!i:.' i:! マニニニニニニ=
... !:::::::, 、ニニニ}!ニ::::{ 、::::::<ニニニ=-、::::::i l }  x=ニニニニニニム
...x≦ニ| {ニマニニニニヽム!ヽ{ ,ヘニニニニ== 、 _. - マニニニニニニニ=
..゙ニニニ ! iニニマニニニ∠ニニニ}〃 マニニニニ≧_-=ニニ マニニニニニニ=
. ニニニl .!ニニニヽァ'ニニニニニ ! ̄ }ニニニニ∠ニニニニニ 、ニニニニニニ=



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  理想の導師の教えに従う今の世の魔法使い達は
  とうぜん町中の魔法の行使には目を光らせているものの、
  武具など用途が限られていて局地的な影響しか与えないものの面倒までは見ていない。

  しかしこの魔鏡のように戦争の勝敗に関わるものや
  犯罪に使われやすい物、人には過ぎた知識や技術については
  封印指定として厳重に管理し、悪用または軍事利用を防止しているのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

49 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:04:16 ID:haltaMJQ
64.



                                               / ̄ ̄ \
                                               __ノ `⌒   \
                                            (●).(● )    |
                                              (__人___)    |
                                            , =二ニニヽ、   |
                                          /  二 ヽ、`,┘   ト、
                       「それで、どうしますか?」.      /   -、 }、j┘  イ ⌒ヽ
                                           /    /{_/_ ,/      }
                                        /     ノ∧        ィ  }
                                        |   | /  i        |  |



            |:|: :|: :: :: :: :.|                |: : : : : : |: : :..|
            |:|: :|: :: :: :: :.|         ′     |: : : : : : |⌒Y|
            |:|: :|: : : : :..┼‐- .._     /   _.. -十: : : : : :}ir、j:|
            |:|: :|: :i : : : ≪弋ツ>ノ ー〈_ー<弋ツ≫: : : : :..|.、/`|
            |:|: :|: :|: : : : | `¨¨    T    `  ¨´|: : : : :! :| ハ: :!
            |:|: :|: :|: : : : ||i|i|ii|l     i          |: :i: : :|..:|′:│
            |:|: :|: :|: : : : |      {:.     u. |: :|: : :|..:|: : :│
      _ ..  -‐|:|:i |: :|: : : : |      `′        |: :|: i: ! :|: : :│
_ .. -‐       |:|:| !: : : : : :.|i。、 u.   ,.、___     |: :|: |:i : |: : :│
              ハl: : : : : : : ||/ \   `¨ ̄ ̄`  /|: :|: |:| : |: : :│   「む、う………」
          //:|: : : : : : : ||′ i\   `⌒'  / ,:|: :|: |:| : |: : :│
         // ..:|: : : : : : : ||   |こ}`   _ イ  :/ |: :|: |:| : |: : :│
        く く     :|: : : : : : : ||   に}  Y  /  / :|: :|: |:| : |: : :│
       :\\   |: : : : : : : ||   |コ}   |     :/  |: :|: |:| : |: : :│



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  むろん研究対象としても垂涎の品であり、入手すれば学院の格も上がる。
  他の学院と知識、技術交換をするときにも役に立つであろうし、
  モルティナとしてもまんいち戦争が起こった場合の切り札として持っておきたいのは確かだ。

  しかしこれほどの遺物となると、学院の予算を全てなげうっても売ってもらえるかは分からない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

53 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:05:12 ID:haltaMJQ
65.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  これもまた値が付けられない剣と、
  どっしりと構えている青年とを見比べた学院長は
  足下を見られているのは承知の上で探るように言ってみる―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



          ,...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
.      :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ‐- 、
.    ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::}./::::!.:.:
.   /::.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ':::::::::!:::::::i.:.:.:
...  ,::::.:.:.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. / ̄ ‐-‐‐ ┐:.:.:
...  l:::::.:.:.::::::::.:.:.:.: _.:.:.:.: /       /〉'ヽ:._
    !:::::::::〃ヽ:::.:.:.:.:.: ‐┌‐ -   _ | ! 「 .,へ _
...  |::::::::::! .{ l::::.:.:.::.:.:.:十一   /__レ' }.,ィl { ,ゝヘ
...  |::::::::::ゞ、i:::::.:.:.::::::: i lili!   {丶、>-ノ 、u`   、
...  |::::::::::::: `:::::::::.:::.:.:. l     _ 〉 ハゝ′  }   ヽ
...  !::::::::::::::::::!:::::::::::::.:.::    _ ,  ' ::::::: ヽ _  、   _
.  ,::::::::::::::::::: i:::::::::::::.:.:.: ` ニ ,..:::::::::::::::.:.:. !  、  ∠}
. ノ'; :::::::::::::ノ.l::::::::::::::.:.:.:ト、 _/::::::::::::::::: :..; l.: ム_-=ニニ≧x   「………金貨二千…
... /:::::::::::::-ニニ::ニ::::!、:::::::: /ニニ≧x:::::::::::!i:.' i:! マニニニニニニ=    五百万枚でいかがでしょう」
... !:::::::, 、ニニニ}!ニ::::{ 、::::::<ニニニ=-、::::::i l }  x=ニニニニニニム
...x≦ニ| {ニマニニニニヽム!ヽ{ ,ヘニニニニ== 、 _. - マニニニニニニニ=
..゙ニニニ ! iニニマニニニ∠ニニニ}〃 マニニニニ≧_-=ニニ マニニニニニニ=
. ニニニl .!ニニニヽァ'ニニニニニ ! ̄ }ニニニニ∠ニニニニニ 、ニニニニニニ=



                                                 / ̄ ̄\
                                              / ヽ、_   .\
                                                ( (● ) .   |
                                                (人__)     |
                                                  r‐-、    .   |
                      「私も魔法騎士ですし、、            (三))   .   |
                    できれば不特定に落札権のある      > ノ       /
                    競売には出したくありません」        /  / ヽ、 .   /
                                           /  / ⌒ヾ   .〈
                                           (___ゝ、  \/. )
                                                 |\    ,.1
                                                 |  \_/...|



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  が、転売屋や悪徳商人の手に渡ったらそんな値段では買えませんよと突っぱねられた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

54 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:06:12 ID:haltaMJQ
66.



     !     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ;:.:.:.!       /ィ:.:.:.:.}:.:.:.:ハ
      !     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:. :i:.:.:i      /:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.ソ
.      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:. :.:!:.:.i:.:.、:.:.:.:./ }:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.l″
.      !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃⌒ ,!:.:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.卞、'  l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.l
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{′〃ミ|:.:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.レミメ、|:.:.:.:.:.:!:.:.:.|
      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      !:.:.:.:.:.:l:.:.!:.:.:.:トィ}ヽミメ}:.:.:.:.:.:!:.:.:.l
.     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘィ 、i、 |:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.!ili> イ:.:.:.:.:.:l:.:.:.:|
.     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ ヽー!:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:|  `゙゙ V:.:.:.:.l:.:.:.:.!
.     !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.キィ l:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.!     V:.:.:.l:.:.:.:.|
     j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イハ l:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.!    _..〉:.:.:!:.:.:.:.!
    ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ'  Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l_   (:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.l
    ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.l/    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l =-ミ、:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.l
   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l三三二-!:.l!:.:.:.:.:.:.:.:.!   イ:.:\、:.:.( :.:.:.:.:!
  ,:.:.:.:.:.:.:.,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:l三三三=!:.ll:.:.:.:.:.:.:.:l  {:.:.:.:.:.:.:\、):.:.:.:.!
.... :.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.l三三三=!:l !:.:.:.:.:.:.:!ミイ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.l   「で、では三千万枚………」
.   :.:.:.:.:.,′:.:.:.:.:.,i:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:!三三三:l:.l l:.:.:.:.:.:.l三三ミメ、:.:.:.:!:.:.:.:.l
.   :.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.;イ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.',:.:.:.:.l三三三l!:! :!:.:.:.:.:.l三三三三ヽ:.:l:.:.:.:.:l
.   :.:.:./:.:.:.:.:./lリ′:.:.ノ:.:.!:.:.ハ:.:.:.:lニニニニニリ=l:.:.:.:.:.:トミ三三三三\:.:.:l. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
.   :.:./:.:.:.:.:./:/:.:.:./j:.:.:l:.:.:.:.}:.:.:.:!三三三三!:.:.:.:.:.!三ニ>.、三三ニ\. |  王都の学院に相談した方が早いですかね。  .|
                                          乂____________________ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  冗談じゃない、と学院長は呟いた。

  ただでさえモルティナ各地の学院は番号遺跡から出た
  遺物の取り合いをしているというのに、こんな大物が本院の手に渡ったら
  今まで以上に大きな顔をされてしまうではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

55 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:07:12 ID:haltaMJQ
67.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ならば覚悟していた価格の上限を提示するしかない。

  じっとりと汗まみれの大魔導師は察してくれと絞り出すように言ったのだが、
  青年はわざとらしいため息を一つ吐いてソファを立ってしまった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



..    |:|: :|: :: :: :: :.|                |: : : : : : |: : :..|
..    |:|: :|: :: :: :: :.|   u.     ′ u.   |: : : : : : |⌒Y|
..    |:|: :|: : : : :..┼‐- .._     /   _.. -十: : : : : :}ir、j:|
..    |:|: :|: :i : : : ≪弋ツ>ノ ー〈_ー<弋ツ≫: : : : :..|.、/`|
..    |:|: :|: :|: : : : | `¨¨    T    `  ¨´|: : : : :! :| ハ: :!
..    |:|: :|: :|: : : : ||i|i|ii|l     i          |: :i: : :|..:|′:│
..    |:|: :|: :|: : : : |u.     {:. u.     |: :|: : :|..:|: : :│
....  -‐|:|:i |: :|: : : : |      `′    u.   |: :|: i: ! :|: : :│
..    |:|:| !: : : : : :.|i。、 u.   ,.、___     |: :|: |:i : |: : :│   「さ…三千五百万!」
      ハl: : : : : : : ||/ \   `¨ ̄ ̄`  /|: :|: |:| : |: : :│
..  //:|: : : : : : : ||′ i\   `⌒'  / ,:|: :|: |:| : |: : :│
 // ..:|: : : : : : : ||   |こ}`   _ イ  :/ |: :|: |:| : |: : :│
く く     :|: : : : : : : ||   に}  Y  /  / :|: :|: |:| : |: : :│
.゙:\\   |: : : : : : : ||   |コ}   |     :/  |: :|: |:| : |: : :│



                                              / ̄ ̄ \,-、_
                                           _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
                                                (●)(ー-/ ´/ /),
                                               (__人_,{  / ' ´ミ、
                                           '、`⌒ ´V __ <、
                                            |    〈´/::::::Λ
              「分かりました、他の国をあたって―――」....   |      ヤ::::::::::::::Λ
                                                 `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
        \_人_人∧从_人_∧_人_从_//                    /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
         )                  >                 _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
        <  ま、待ってください!!  >.             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
         <                 (            j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
         /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^           i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
                                       i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
                                        | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

 
-56 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:07:55 ID:hy3Sl9nM
やだ、この白長、お金に頓着しないわりに商売上手よ

59 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:09:08 ID:Cs4.ouVY
無頓着≠価値を知らないじゃないからねー

58 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:09:04 ID:OzrJN7Y6
欲しいのは再生の霊薬だろうし、何本巻き上げる気なのだろうかw

57 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:08:16 ID:haltaMJQ
68.



                         _,. -‐-=.ハ::::::::::::::::::.:.:.:.:.ム
                        ハ |:::::::::::::::::ハ::::::::::::::::.:.:.:.:. ム
                        ハ.! ニ.!:::::::::::::::::::ハ.::::::::::::::.:.:.:.:.: ム
                         }} .モ>、:::::::::::::::ハ:::::::::::::.:.:.:.:.:.: ム
                        ,.イ{  主| `>..:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
                    ,':ハl 、.'´ i./   .\ :::::::::::::::.:.:.:. /
                 /::::::.夂-'ノ         ̄`.ー― ´
                     , ' ::::::::::::. /
                /:::::::::::.::: /
                   {:::::::::::.::: /
                 〃::::::::::::: /              \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从人/
              {:::::::::::::::::::.〉.            ≧                           <
               人 ::::::::::::.Y           ≧  城に確認を取ってきます!!!  ≦
            〈∨≧=ー ´               ≧                           ≦
               V〃{主{               /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒Y\
                  |ト、.j.主i_
                V` ー‐.ヘ
                夊 ‐一.}

           / ̄ ̄ ̄ /_/_/
            / ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/
            /__,--,  / / ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/
                /___ノ. /__,--,  / ./ ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/
                    /___ノ. ./__,--,  / ./ ./二/ /
                          /___ノ. ./__,--,  /
                                /___ノ .



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  物が物だけに、自分の判断だけで入手の機会を失したと国王や宮廷魔導師長の耳に入った時、
  叱責では済まない可能性もあると気付いた学院長は
  汗のあとをソファに残して転位室に走っていってしまい、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

60 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:09:11 ID:haltaMJQ
69.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  あとには話を聞いているだけで金銭感覚が狂いそうなドラえもんと、
  鼻紙ていどのやり取りでしかないやらない夫が残される。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          _ _ _ _ _ ____              __,n__◎  _,n_        __
        //   /    |    ̄ ヽ、.      └┐r┘ └l n |  に二二l └┘/7
      / /  ・ / ・  /ヽ、      \      <フLK゙>   U U         <ノ
     // | __ ,,.-'-、  /    \     \
    /     i    i ̄        \    ヽ
    | ──_ `-,-′   _──  ヽ    ヽ
   |  _    /     ̄        ヽ     |
    |  ̄  / ̄ ̄      ̄ ̄──   |      |
    |  / ヽ__     \         |    |
   | /      |       \       |    |
    |        |             |    l
    ヽ.       |             /    /
     ヽ    i ̄             /   /
      \   ヽ             /   /
       |───────────┴─┤
.        ├──-/ ⌒ヽ───────┤
        | /   l===l   \      |



                 ―― 、
                 /      \
                '   __ ノ   ゝ.__ヽ
               l   ( ー) (ー ) l
            l    (___人___) l
                l      `--´  l
             !.!          !( ((
.              ' ヽ          ( ( ヽ)
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦ヽノζ
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

61 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:09:49 ID:J0eyYOno
無限の財布の異名はダテじゃねえなw

62 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:10:13 ID:haltaMJQ
70.
――――――――――――――――
  再度の沈黙が部屋に満ちた後。
――――――――――――――――



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /    「あの………」
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



                                                 / ̄ ̄ \
                                        -`  ⌒ ヽ、_    \
                                          ´   ●)(● )     |
                                          (_人_)    |
                                               '、       |
                                             |         |
                           「なんでしょう?」        | 、     .ィハ、_
                                             ≧ュ─ー ´:::::::::.......ヽ
                                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...>、
                                          ,.<..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                                        j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::Λ
                                       i :::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
                                         i :::Λ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
                                         | :::::Λ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  無限の財布の持ち主ならば、たかが金貨数千万枚の多寡にこだわる必要は無いはずだし
  被害届の有無を確認したぐらいなのだ、場合によっては無償の返却も考えていただろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-63 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:11:11 ID:z8S3Jl5o
だよね、べつに無償でも渡してもおかしくないのに

64 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:11:12 ID:haltaMJQ
71.
――――――――――――――――――――――――――――
  なのに売値をつり上げている理由が分からない商人が問うと、
  彼はその通りです、と半分を認めた。
――――――――――――――――――――――――――――



          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /      「やらない夫さんにとっては
    >━━━━━━,-、━━く.        いくらでも同じなのではありませんか?」
   /   /       '、フ  ヽ ヽ




                                                / ̄ ̄\
                                              /  ヽ、__ .\
                                             (⌒)(⌒ )   |
                                                  (__人___)     |
                                                  l`⌒ ´    |
            「俺が持っていましたが、                   |         |
               これは仲間達と一緒に見つけたものでして」.        | 、   _,.ーへ
                                                _. -: ::::ヽ__「     v、___
                                     __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
                                         /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
                                   /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
                                  〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
                                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|

65 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:12:14 ID:haltaMJQ
71.
――――――――――――――――――――――――――――――
  売れるのなら独り占めはできませんよ、との笑顔で気がついた。

  おそらく彼の依頼というのはこの分け前を東の―――
  彼の仲間の元に届けて欲しい、と言うことに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――



      ,. -――‐- ._
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
  VV  {   )  ̄      / /   「僕はそのお金を届ければいいのですね?」
   ヽ/ `ー'_____,//
   /    /--/⌒ヽ----┘、
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \



                                               / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                                                (`⌒ ´      |
                   「話が早い。                   {           |
                       ………お願いできますか?」        {       /
                                                 ヽ      く
                                          ⊂てヽ   /        ヽ
                                        {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                           \__/   |      |  |

68 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:13:16 ID:haltaMJQ
72.
――――――――――――――――――――――――――――――
  恩人の頼みであるし、商人は銅貨の一枚でも白金貨の千枚でも
  契約した売買は同じ態度でやり通すものだ―――が、
  流石にこの金額ともなれば自制心が揺らぐ。

  その場合は追っ手でもなんでも差し向けると言って
  悪い気持ちを抑え込んで欲しい、とドラえもんは俯いたのだが、
  やらない夫はそれでも事も無げに笑うだけだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ    「簡単に言いますが、
   ヽ   |   / ̄ ̄     /         僕が持ち逃げする可能性もあるのですよ?」
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ



                                                ___
                                              /:::::::::::::::::ヽ         ____
                                            / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                                           / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                        | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                                         | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                                          | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
    「その時は例のお店に出資したことにしますよ」        | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                                            | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                                           i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                                       r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

70 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:14:11 ID:r2g4d3X.
やだ濡れちゃう
66 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:12:47 ID:iD5mg.iQ
どれくらい甘いモノが買えるだろう

67 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:12:55 ID:OTw8VG5I
サクラ村への義援金か?

69 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:13:28 ID:J0eyYOno
エルコナがダンセニアにいるって知ってたっけ

71 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:14:11 ID:haltaMJQ
73.



     ____
.   /   /⌒ヽ⌒ヽ 、
  /   , -|/ ・|< |、\
 /   /   `ー ●ー ′ ヽ
 l  /   三.  |  三  |
 |   l  /⌒\_|_/^l l
 l  | l , ─ 、- 、     l /
  ヽ l ヽ ___)__ / /      (だめだこりゃ)
   〉━━━O━━━´⌒ヽ
  /  /      ヽ   l   l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大商人や金満貴族など億万長者という人種を何人か見た経験のある商人は直感した。
  その者達と彼とでは根本的に違う、金に対する執着がない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

72 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:15:12 ID:haltaMJQ
74.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そしてお金とは、時運や才覚の有無によるものの、
  多くの場合において貯め込む者よりも動かす者にこそ集まって行きやすいものだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ____
   /   -、- 、\
  /   , -|  ‘|‘  |- ヽ
  /  /  `-●-′  i.     (無限の財布の持ち主だからこうなったんだろうか?
  | /   二  | 二.   |
  | |    ─  | ─   !       ………あるいは、こういう考えの人だから
  ヽヽ   / ̄ ̄\ /        持ち主に選ばれたのかは分からないけれど、
   l━━━━6━━.          ホロさんと気が合いそうだなあ)
    |  \/ ___ヽ |
   ! 、  ヽ   ノノ j
  o-|   ヽ◯⌒ヽ ○ヽ
    ヽ、__|   |__ ノ

                                           バタバタバタッ>



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この資金力に商売っ気が加わったら大商会の勢力図すら塗り変わるのではないか。

  そんな事を考えていたら二十時を過ぎていると言うのに
  人の気配の無くならない廊下から慌ただしい足音が近づいてくる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

73 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:16:13 ID:haltaMJQ
75.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一呼吸ののち、うつむき加減で扉から入ってきた学院長は
  とっくに乾いていたソファに座ると、開いた手のひらをやらない夫に突き出した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.          :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ‐- 、
.        ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::}./::::!.:.:
.       /::.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ':::::::::!:::::::i.:.:.:
.      ,::::.:.:.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. / ̄ ‐-‐‐ ┐:.:.:
.      l:::::.:.:.::::::::.:.:.:.: _.:.:.:.: /       /〉'ヽ:._
        !:::::::::〃ヽ:::.:.:.:.:.: ‐┌‐ -   _ | ! 「 .,へ _
.      |::::::::::! .{ l::::.:.:.::.:.:.:十一   /__レ' }.,ィl { ,ゝヘ
.      |::::::::::ゞ、i:::::.:.:.::::::: i lili!   {丶、>-ノ 、u`   、
.      |::::::::::::: `:::::::::.:::.:.:. l     _ 〉 ハゝ′  }   ヽ
.      !::::::::::::::::::!:::::::::::::.:.::    _ ,  ' ::::::: ヽ _  、   _     「五千万枚。
.      ,::::::::::::::::::: i:::::::::::::.:.:.: ` ニ ,..:::::::::::::::.:.:. !  、  ∠}       これがモルティナの出せる上限です」
.     ノ'; :::::::::::::ノ.l::::::::::::::.:.:.:ト、 _/::::::::::::::::: :..; l.: ム_-=ニニ≧x
.     /:::::::::::::-ニニ::ニ::::!、:::::::: /ニニ≧x:::::::::::!i:.' i:! マニニニニニニ=
.     !:::::::, 、ニニニ}!ニ::::{ 、::::::<ニニニ=-、::::::i l }  x=ニニニニニニム
.    x≦ニ| {ニマニニニニヽム!ヽ{ ,ヘニニニニ== 、 _. - マニニニニニニニ=
.  x≦ニニニ ! iニニマニニニ∠ニニニ}〃 マニニニニ≧_-=ニニ マニニニニニニ=



                                                / ̄ ̄\
                                              ⌒´ ヽ、,_  \
                                                 (●)(●.)    |
                                              (_人___)    |
                                                 '、       │
                                                   }       {
                             「それで結構です」        !、______ .ィ-ート、
                                                 V/:::::::::::::::::ヽ
                                                     {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                                /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                        「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                        } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                        i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                        { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  城に確認を取った以上、この国のどの学院に持ち込んでも
  同じ価格になるだろう。

  本当は四千五百万枚から売るつもりだったが
  きりも良いしまあいいか、とやらない夫が頷いたので
  背もたれに体を預けた学院長はほぅっ、と大きく息を吐き出している。
―――――――――――――――――――――――――――――――

74 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:17:19 ID:haltaMJQ
76.



                                             / ̄ ̄ \
                                       ⌒´ ヽ、,_  \
                                         (●).(● )    |
    「それで、ここからは逆になります。                  (__人___)     .|
                                          '、` ⌒´      |
.      魔石の他に精霊球と白符を買いたいのですが、.   -ーー|        ト、______
.      どのようなものがありますか?               / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
.      また上質な白符の在庫はありますか?」       l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
                                     」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
                                    l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
                                    / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
                                / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
                                   / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
                                 / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
                                 / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
                                /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
                                 l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|



    /: : : : : : : : : : : : : : /: : : :\  /:: : ::|: : : : : |
   /: : : : : : : : /: : : : : : :/,、;、,、;、,、∨: : : : : :|: : : : : |
.  /: : : : : : : : /: : : : : : :/       "'''- :_:|: : : : : |
  ,´: : : : : : : : :,: : : : : : :/            }: : : : : |
  i : : i: : : : : : :i:: : : : : /~""_''_‐- _     ,,,,... |: : : : : |
  | : : |: : : /⌒|:: : : : / ̄ヒツ `     ≦__  |: : : : : |
  | : : |: : / ソ !: : : : :| lllTlTl      _ヒツ_ /: : : : : |
  | : : |: :彡〈 (| : : : : |         ヽ     |: : : : : :|
  | : : |: : : lトll:| : : : : |        _ ノ    .: : : : : : !
 , : : /: : : : : : | : : : : |            ノ: : : : : : |
/ : : /|: : : : : : :! : : : : |   ____    .: : : : : : : :|     「上質なものは三枚あったはずですね。
: : :/: :|: : : : :i: :! : : : : |   ´   __ `  /: : : : i: : : :          ミサイル・プロテクション ヴァルキリーズ・ジャベリン
: :/: : :|: : i: : |: :! : : : : ト         /: :|: : : |: : : :|.       精霊球は弓矢防御、   戦乙女の槍、
:/: : : :|: : |: : |: |: : : : : |  >      / : : | : : !: : : :!      ヴォーテクス
: : : : ::|: : |: : |: |: : : : : |     ー-イ : : : |:: : :|: : : :|      真空渦があります」



―――――――――――――――――――――――――――――
  そこに、ここからは別件ですとやらない夫が在庫をたずねたので
  はっと体を起こした学院長はすらすらと答えたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――

75 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:18:11 ID:haltaMJQ
77.
――――――――――――――――――――――――――――――
  本来であれば喜ばしいはずの注文も、もはや頭が痛くなるだけだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                                   / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
     「全部いただけますか。                             (`⌒ ´      |
                                                  {           |
 .    それから販売している魔符の一覧を見せていただきたいのと、     {       /
 .    白符への吹き込みもお願いします。                        ヽ      く
                                        ⊂てヽ   /        ヽ
 .    もちろんその分の料金はお支払いしますので」.     {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                               \__/   |      |  |



            ,...:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、
.        :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ‐- 、
.      ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::}./::::!.:.:
.     /::.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ':::::::::!:::::::i.:.:.:
.    ,::::.:.:.:.:.::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. / ̄ ‐-‐‐ ┐:.:.:
.    l:::::.:.:.::::::::.:.:.:.: _.:.:.:.: /       /〉'ヽ:._
      !:::::::::〃ヽ:::.:.:.:.:.: ‐┌‐ -   _ | ! 「 .,へ _
.    |::::::::::! .{ l::::.:.:.::.:.:.:十一   /__レ' }.,ィl { ,ゝヘ
.    |::::::::::ゞ、i:::::.:.:.::::::: i lili!   {丶、>-ノ 、u`   、
.    |::::::::::::: `:::::::::.:::.:.:. l     _ 〉 ハゝ′  }   ヽ
.    !::::::::::::::::::!:::::::::::::.:.::    _ ,  ' ::::::: ヽ _  、   _
.    ,::::::::::::::::::: i:::::::::::::.:.:.: ` ニ ,..:::::::::::::::.:.:. !  、  ∠}
.   ノ'; :::::::::::::ノ.l::::::::::::::.:.:.:ト、 _/::::::::::::::::: :..; l.: ム_-=ニニ≧x     「は、ぁ………」
.   /:::::::::::::-ニニ::ニ::::!、:::::::: /ニニ≧x:::::::::::!i:.' i:! マニニニニニニ=
.   !:::::::, 、ニニニ}!ニ::::{ 、::::::<ニニニ=-、::::::i l }  x=ニニニニニニム
.  x≦ニ| {ニマニニニニヽム!ヽ{ ,ヘニニニニ== 、 _. - マニニニニニニニ=
.x≦ニニニ ! iニニマニニニ∠ニニニ}〃 マニニニニ≧_-=ニニ マニニニニニニ=
゙ニニニニニl .!ニニニヽァ'ニニニニニ ! ̄ }ニニニニ∠ニニニニニ 、ニニニニニニ=

76 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:18:45 ID:J0eyYOno
学院デスマやなあ
79 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:20:16 ID:PoJ49IZU
あぁ、巻き上げちゃった現金を少しでも返しておきたかったのか。
なんという気配り


82 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:20:58 ID:J0eyYOno
単純に必要だから買い求めてるだけにも見える

85 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:21:37 ID:PoJ49IZU
せやね 不要な物ではないだろうし

77 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:19:11 ID:haltaMJQ
78.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局。

  大量の白金貨や金貨、高価な魔法の道具を受け取ったやらない夫が
  途中からは笑っているだけだったドラえもんを連れて学院を出たのは、
  夜更け前になってのことだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             / ̄ ̄\
                                           ⌒´ ヽ、,_  \
                                              (●)(●.)    |
                                           (_人___)    |
                                              '、       │
.                「続きは明日です。                       }       {
                 十七時に競売会場の前に来てください」.     !、______ .ィ-ート、
                                              V/:::::::::::::::::ヽ
                                                  {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                             /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                     「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                     } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                     i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                     { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                     \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                       \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /       「競売会場………」
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  無限の財布と競売会場。

  なんて不安な組み合わせだと明日の大荒れを予感したドラえもんに、
―――――――――――――――――――――――――――――――

80 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:20:19 ID:OzrJN7Y6
ドラえもんの胃がマッハである

81 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:20:32 ID:ZCXmXwSY
相変わらずのオペレーションブルジョワジーだなw
84 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:21:14 ID:Qht1NEBg
オークション会場の悲鳴が今から聞こえるw

87 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:21:48 ID:3Su1Ac0I
オークション側は笑いが止まらんだろうけどなw

78 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:20:11 ID:haltaMJQ
79.
――――――――――――――――――――――――
  顎に手をやった彼は確認したい事があると言った。
――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                                 / ヽ、_   \
                                             ( (● )    |
                                             (人__)      |
                                               r-ヽ         |
                「実は一つ、二つ落札したいものが           (三) |        |
              明日の出品目録に入っているのです。      > ノ       /
                                              /  / ヽ     /
              落札自体は簡単なはずなのですが、     /  / へ>    <
              その前に二つ確認させてください」.        |___ヽ  \/  )
                                                 |\   /|
                                                 |  \_/ |

      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /   「なんでしょう?」
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l

83 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:21:11 ID:haltaMJQ
80.



                                                  / ̄ ̄ \
                                            _ノ  `⌒   \
                                            (●).(● )
                                                 (__人___)    |
                                               , =二ニニヽ、   |
                                               /  二 ヽ、V   ト、_____
.    「ドラえもんが所属する商隊―――賢狼隊でしたね。       /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                                         /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
.    まず、そこの隊長さんは今後、東部を出て西部や北部に.  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
.    販路を伸ばす気持ちがありますか?」                _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
                                         l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
                                         ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
                                         ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||



          ,  ────  、
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
     /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
      /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
     l  /   ─    |   ─   ヽ  l
.     |  l   ─   |   ─    l  |
  , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
  l    l     , ─┴─ 、      l /     「つねづね、砂漠を越えて
  ヽ、__ ノヽ  /        \   l/        北部でも商売をしたいと言っているので
    ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く        それは間違いありません」
    \    /   ヽフ   \   ヽ

89 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:22:28 ID:haltaMJQ
81.
―――――――――――――――――――――
  結構、と頷いた青年は周辺の気配を探り
  誰もいないことを確認してから小声で続ける。
―――――――――――――――――――――



                                                    / ̄ ̄ \,-、_
                                                 _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
                                                (●)(●/ ´/ /),
                                               (__人_,{  / ' ´ミ、
                                                 '、`⌒ ´V __ <、
            「明日の競売会。                           |    〈´/::::::Λ
          ドラえもんは賢狼隊の商人で、                     |      ヤ::::::::::::::Λ
          俺はその代理人ということで参加できないでしょうか」     `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
                                                 /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
                                               _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
                                           j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
                                          i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
                                             i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
                                        | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /    「えっ?
    ┝/ \_ノ━━6━━、     賢狼隊の関係者を名乗るのですか?」
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)

90 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:23:15 ID:haltaMJQ
82.



                                                    / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                               (`⌒ ´      |
                  「水銀燈も別人だと思ってくれていますし、          {           |
                俺はこちらで目立ちたくありません。              {       /
                                                ヽ      く
                なので、どこかの大商会の護衛や     ⊂てヽ   /        ヽ
                代理人として参加したいのです」.     {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                          \__/   |      |  |



      ____
   /   -、- 、\
  /   , -|  ‘|‘  |- ヽ
  /  /  `-●-′  i.
  | /   二  | 二.   |
  | |    ─  | ─   !
  ヽヽ   / ̄ ̄\ /    「なるほど………」
   l━━━━6━━
    |  \/ ___ヽ |
   ! 、  ヽ   ノノ j

93 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:24:15 ID:haltaMJQ
83.



                                            / ̄ ̄\
                                                ⌒´ ヽ、,_  \
   .   「賢狼隊への利点ですが。                          (●)(●.)    |
                                                (_人___)    |
       ここで他の大商会に名を売っておくことは                 '、       │
       北部や西部に行ったとき役に立つと思います。.           }       {
                                                 !、______ .ィ-ート、
       未知や弱小商隊としてあしらわれず、                 V/:::::::::::::::::ヽ
       場合によっては対等以上に商売できるかもしれません」       {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                                  /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                    「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                          } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                          i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                          { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                          \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                      \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /.   「それには桁違いの資金力を
  >━━━━,-、━━イ /    見せつける必要があるでしょうね」
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに見知らぬ場所で商売をしようと思ったら、
  まず他の商会の縄張りに食い込むことから始めなければならない。
  仕入れの妨害や赤字価格での圧迫、
  場合によってはもっと直接的な嫌がらせだって当たり前にある。

  それを防ぎ対等に商売するための一つの手段として、
  敵に回すと損だと思わせるだけの
  資金力を見せつけることは確かに有効と思われた。
―――――――――――――――――――――――――――――――

94 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:25:14 ID:haltaMJQ
84.



                                              / ̄ ̄ \
                                            /_,ノ  `⌒ \
                                   -、          | (● ). (● )  |
       「そしてドラえもんには、          ヤ  ',           | .(___人___)   |
.         届け物とこの件についての.       i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   |
.         経費と報酬をお渡しします」        ',  j   / /     .|         |
                              ノ_..ヽ-、′,'       ',      ,/'|、
                               l .___ ヽノ    __ .j '.、__ , ___ ィ/::L_
                                 Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ::::::::::::::::::::::::::/:::::::...`' ー- 、 _
                                   ト.  ̄ ̄ 〕y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                             ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r;;;;;:::::::: ',
                            /...::::::;;;;;;;;;;; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ;;;;;::::::::::::::〉



          ,  ────  、
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
     /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
      /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
     l  /   ─    |   ─   ヽ  l
.     |  l   ─   |   ─    l  |
  , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
  l    l     , ─┴─ 、      l /
  ヽ、__ ノヽ  /        \   l/    「いえ、お礼なんて」
    ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
    \    /   ヽフ   \   ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――
  頷いたやらない夫がつぎにドラえもん個人への利点を告げると、
  遮るように手のひらを向けた彼はやはり固辞するも、
―――――――――――――――――――――――――――――

95 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:26:11 ID:haltaMJQ
――――――――――――――――――――――――――――――――
  依頼者のほうも譲るわけにはいかなかった。

  ただでさえ町の外には野盗がうろついているというのに、
  大金の輸送ともなれば危険度は数倍以上に跳ね上がるはずなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



     「最後まで大金を持っていると知られずに                / ̄ ̄ \
.       届けられる保証はありません。                       _,ノ ヽ、,__   \
                                            (●)(● )    |
.       あるいは知らずとも野盗に狙われる                 (_人___)    .|
.       可能性だってあります。                          '、       │
                                                  、      イ
.       ここで目立ってしまうと悪い奴に                         ゙、 ___,. イ i
.       目を付けられる可能性も高いですし、                    ,r... __>ーメ.┴ュ
.       無事、砂漠を越えて東部に戻り、                     _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
.       あちこち回るには護衛を雇う費用も必要でしょう」       ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
                                           「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
                                       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
                                          / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                       /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
                                         ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ



          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ
   ヽ   |   / ̄ ̄     /     「確かに………」
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そしてそれだけの危険から、
  戦闘技術を身につけていない商人一人を護り通せる一流の護衛を
  西部から東部の各地に付き合わせる経費まで自腹と言うのも懐が大いに痛むだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

96 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:27:12 ID:haltaMJQ
86.



                                                  / ̄ ̄\
                                             , __ノ ヽ、,_  \
                                             /(一)(ー )    .|
                                           /   (__人___)     |
                                             /`ヽ、  _|` ⌒´    |
.  「本当は俺が目立って、四千万を持つドラえもんは        /:::::::::::\r´|        |
   競売にも出るべきではないのかも知れませんが………」.... /::::::::::::::::::::> ヽ        イ
                                       /::::::::::::::::/-__「ヽー'ーー"/7一 -..、
                                         /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、::ヽ
                                     /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ:::::、
                                       /:::::::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
                                    ':::::::::::::::::::::l:::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
                                    \::::::::::::::/::::_,,-ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::: |
                                         ヽ∠-''" ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
                                               `:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::!
                                               !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::!



      ______
    /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
   /     , ┤ /・|・\ |、 \
  /   /   ` ー ● ー ′\ヽ
 l    /  ──  |  ──  ヽ.     「いえ。
 |  /    ──  |  ──  |     ドワーフだというだけで何をしなくても
 l  |    ──  |  ー─  l     目にとまりやすいのは分かっています。
  l   |        |        /
  ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /       もしかしたら一緒にバルベニーに来たのを誰かが見ていて、
   >━━━━━O━━━く.        やらない夫さんが目立ったついでに
  /    /      ヽ  ヽ.       僕が狙われることだってあるかも知れません」



――――――――――――――――――――――――――――
  そもそもとして、届けものも競売の話も頼まなければ
  比較的安全に戻れると言う考えもあるのだろうが、
  ただでさえドワーフと言うのは目立つし、
  町の中と言うのはどこから誰に見られているか分からない。
――――――――――――――――――――――――――――

 
-97 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:28:02 ID:J0eyYOno
一度関わった者の身の安全をきっちり考えているのは
きっと父ちゃんの薫陶も大きいんだろうなあ

98 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:28:11 ID:haltaMJQ
87.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  なので腕を組んだドラえもんはしばし頭の中で算盤をはじき、
  この計画に乗った方が面白そうだ、との結論をだした。

  もともと危険を案じて足踏みするよりは行動に出てしまうほうだったし、
  この話は賢狼隊や、賢狼隊に所属する自分にとっても大きな商機になりえるはず。

  ―――それに、本来ならドワーフが寄りつきもしない競売会で、
  大商会の大旦那役を演じるなんて想像するだけでわくわくするではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ,. -――‐- ._
    ,. '´ /⌒ヽ /⌒ヽ `ヽ
   /    !  o l_!o   !   ヽ
.. /  ,. ‐へ_,ノ-ヽ__ノ‐、  ヘ
 ,' / ``'''ー-  ゙、_,ノ  -‐''" ヽ  ',
 ! l  ̄ ̄_   |   _ ̄ ̄ l  |
 l l ‐弋´   |   `~フー ! l
. ', ',    >-、_ | _,. -'"   / /
  VV  {   )  ̄      / /     「分かりました。
   ヽ/ `ー'_____,//        そう言う事ならご協力しましょう」
   /    /--/⌒ヽ----┘、
   l     /  ヒΤフ  ヽ  \



                                           / ̄ ̄ \
                                          ⌒  `⌒  \     v-,
                                             ( ●) ( ●)   |     | r
          「ありがとうございます、                   (__人___)     |      | |
         では明日十七時に競売の前で。.              '、        |     | |,.-、
                                     ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         ああそうそう、                        / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
         いかにもな風に着飾ってきてくださいね」..... l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
                                   」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
                                   l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
                                  / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
                                 / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
                                      / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
                                     / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

99 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:29:11 ID:haltaMJQ
88.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  馬車も手配した方がいいでしょうと言う助言に頷いたドラえもんには
  遺物売買のときの困惑など残ってはいなかった。

  彼は自覚していなかったが、尊敬する商隊長と同じように
  どれだけ桁が多く突飛な話でも、
  一度飲み込んでしまえば冷静に勘定ができる柔軟さと
  機を読む力を持ち合わせていたのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                     : : : :  ̄ ̄: : : : : . _
.              ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :` :. 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           ,:': : : : : : : : : , -- 、: : : , -- 、.: : : : : : : : :ヘ
.         /: : : : : : : : : /    ヘ::/     ヽ: : : : : : : : :ヘ
         /: : : : : : : : : 7 `` x.,_   |  _,x '´ ',: : : : : : : :.ハ
.       7: : : : :,> ' ´ i.   { (:・:)}Y{(:・:) }   } ̄``ヽ,:.-.: :.',
.        i: : ー:' _    ヘ   `ー' ∧`ー '   ./  ,. -'´ ヽ: :.|
      |: :./    `ヽ、  ー- 7:r ):ハー-‐ '_,. ´      ∨:|
.        |:7--   ____     乂::::ノ    __,.  --──:.'
.       V{  γ⌒          |     _       j:7
        ハ;   ', _,. -‐ '´       |       ` z- __ //
.         ヾ ‐'´ヽ _         |  _ . -‐:':´, '    〃     「分かっています。
.         ヘ    \マ´:  ̄ ̄ ̄: : : : : : : : . イ   ∠_       ―――こういうのはハッタリが大事ですからね」
.         _,.Ⅹ    `ヽ、: : : : : : : : : >'´     ,ィ/: : :\
.      >'´: : : \ヽ、      ̄ ̄ ̄    _,. ィ::/:.| : : : :ヘ
.゙, : ´ ̄` :.、: : : : |: : :>-::::::ー::......................:::::::::::>'´ヽ : .!: : : : :ハ
        Y: : :.!: /        7´===:キ ´      Ⅵ, --- 、:.}



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
100 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2014/11/15(土) 22:29:33 ID:haltaMJQ
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました。

次回は4-2-2の予定です(´・ω・`)

101 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:30:39 ID:Cs4.ouVY
お疲れ様!
ここからが本当の地獄だ…>オークション会場


102 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:31:04 ID:issVmmEo
乙でしたー!
ドラちゃんも商才持ちだったのね・・・!


104 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:31:09 ID:ZCXmXwSY
お疲れ様でした~

ドラちゃん最後かっこいいな


105 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:32:48 ID:zmWzflSw
乙です!

ワクワクが止まらないw


110 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:34:40 ID:hy3Sl9nM

またやらない夫の財布無双が始まる
次回も楽しみです


111 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:35:22 ID:ARTYvloM
おつでしたー
ドラえもんいい表情!


112 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:35:42 ID:RXCaPs0E
乙でした。
次回のオークション参加者の( Д ) ゚ ゚
が楽しみだ。


114 名前なんて無いだろ 2014/11/15(土) 22:40:23 ID:XnZC3ZoY
乙。

やだドラちゃんワルっぽい顔してはる。


132 名前なんて無いだろ 2014/11/16(日) 05:24:53 ID:voF86/yg
乙です!
ドラえもん、やつもまた天才だったか・・・

元スレ
やらない夫は約束を守るようです50
やらない夫は約束を守るようです49

アクセスカウンター

アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


7434 『やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第二章 二つの財布 その1』の前後エントリー2014年11月21日 00:42

纏め作品一覧やらない夫は約束を守るようですの目次


39546 名無しさん@ニュース2ch 2014年11月21日 01:12Edit
年内に次の更新あるのかね?
39547 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 01:25Edit
久々だー
39551 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 03:05Edit
まとめ乙
久々の更新だけど銀ちゃんのアホの子能力がうなぎのぼり
何も入れないんじゃなくてただの石ころ入れるアカギさん流石やでー
39554 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 08:50Edit
久々だけどやっぱりワクワクするね
39555 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 09:13Edit
待ってました‼︎やはり面白いね〜( ^ω^ )
39556 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 09:43Edit
アカギさん直接登場してないのにこの存在感w
39558 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 10:46Edit
あいかわらず「要件」の誤用は流行ってるのか
39563 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 12:42Edit
あの石ころが実は、ない夫と銀ちゃんを救う勝利の鍵であったとは、まだ、誰も気づいていないのでした
39568 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 18:52Edit
ドラ、無限の財布を例えじゃなくてそういうアイテムだと勘違いしてないかw
39573 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 20:12Edit
14へ行けww
39575 ゆとりある名無し 2014年11月21日 20:52Edit
>>39556
名前だけで十分迫力あるからなw
39577 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 21:26Edit
やったー続きだぁやったぁぁぁ
うむ、相変わらず次が楽しみなお話だ。
39579 名前なんて無いだろ 2014年11月21日 21:57Edit
サブタイのセンスの良さに脱帽
39623 名前なんて無いだろ 2014年11月23日 14:22Edit
久しぶりで嬉しい
じっくり読ませて頂きました
相変わらず面白い!
39648 名前なんて無いだろ 2014年11月24日 19:42Edit
キター!!
39753 名前なんて無いだろ 2014年11月28日 22:52Edit
うわー、やっぱ面白い!

作者さん&管理人さんあざっす!
42421 名前なんて無いだろ 2015年03月26日 21:14Edit
次も楽しみに待ってるだろ…常識的に考えて
43130 名前なんて無いだろ 2015年04月29日 12:10Edit
連休中かその直後に再開するらしい
43372 名前なんて無いだろ 2015年05月10日 23:40Edit
続ききたよー
43751 名前なんて無いだろ 2015年05月26日 13:47Edit
↑ありがとー!おかげで気が付けたよ!
44115 名前なんて無いだろ 2015年06月10日 16:09Edit
↑↑はじめから一通り読んで来たので今から突撃してきます
44157 名前なんて無いだろ 2015年06月12日 00:35Edit
最新話まとめまだー?
44183 名前なんて無いだろ 2015年06月13日 10:16Edit
やらない夫は約束を守るようです、新作きたねー(^-^)b

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!