コピペ 俺の引っ越した先に、女の幽霊が出た。

2014 11 29  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

                 ,、./{ ___   / ヽ  ,. -‐ァ
               / ハ/ . : : : : : :`Y  ,   Y : : : {,ィ
             |゙{ ヽ/. : : : : : : : : : . \{  ´ ̄ フ ノ
               y' /. : : :ハ|ヽ: |、{、: { : ヽ-、   /ニゝ
.            {__/. .: :ト:| : : :V: :`\{: : :}、__ノ
            / jイ:|: :l: j: : : : : : : : :|: :} }   >、
          frァ__,レ|:ト{    、_,    |:イ/}.ィ、__}⌒′
               /レ: :≧=-  -=≦: ' : : :.,                 ┌───────────────────┐
          / /´ ) : }⌒´゚〉 〈゚ `´{: : : /´}
           /,. : :.ヽ ヽ'ーァ゚` ´゚ {_ノ `Y ./\            俺の引っ越した先に、女の幽霊が出た。
         /:〃. : : : . \__/:}    { \__/. : : .ヽ、___,
.        /' /_:_:_:_: , -‐―‐'  ‐=   ` ヽ、: : : : : : : : 、― ´     └───────────────────┘
        |ヽ /                 \´ ̄ ̄`ヽ.
       /:`^}       /, - 、}    {‐ 、 }      ム}: .
.         ,'ヽ. / ∠    `7 ̄`ァ┬‐ '  }.>'   ヽ、 ./\ : }
        l/{ ヽ{/ヽ__/⌒}_/ ハ__{-{、  {, <}/ r<! :}
        {  `ー--t‐:': : : : : }  ト、 ヽ: :}、\{    }ヽ : /
       |     /.: : : : : : :.|  |: .\ .} } `ー――‐′ V
.         |、    l : : : : : : : :|  | : : : ´ }            }
.        |:.:ヽ  |: : : : : : : : { / . : : : /        . '′
.       レ' |: \ト\: : : : : :.:`′: : : /        . '´
          |/  ヽl`ーァ:┬‐:ァ┬:/__ .  ''´
                 ` //j/ /. :/
              ′ '   //



         / ̄ ̄\         ┌───────────────────┐
       /   _ノ  \
       |   ( ●)(●)          はじめはそれなりに驚いたが、
      . |     (__人__).
        |     ` ⌒´ノ           俺は気にせずいつも通りの生活をした。
      .  |         }
      .  ヽ       ノ       └───────────────────┘
      _、,,_,,...ii'      !;<'-、`;:、                 ' '., ,' '、
     r'_  ヽ. ||`'- ..,__ ` )\ヽl ',                   ) ヽ'
.    i´ ヽ,,_ ', !!  _,,`ニ'---`-',| ',                   ':,   ':.,    ,
    ,'   '、ヽ;.!'‐''´        | .',                   ;_,,... -'----、'
.    ,'    ,iヽ!             |, ',                  _,.-‐'´       .',
   /   /-':i     .       |. ',               _,.-'´            |
   /   ,'、`ー!           |. ',       ,-'ニr'‐'               ,'
  ,'   .,' ',. ',           .|  ヽ     __,.r' .i.l´                 ,:'
.  i    /  ヽ. ',            .|   `"''―‐'l.i.l.|ヽ', ヽ            ,. '
 /   く.     i'.,           l        ヽ!_ '_ ,.-'-' .,_       _,. ‐'´
. ,'.    `:、    i,'、           !'i‐―'''"´ ̄ ´.`    `'‐---‐''"

222 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:50:11 ID:lstKQ4Gs

                ┌───────────────────────┐

                   幽霊はそれに驚いたようで、俺に話し掛けてきた。

                └───────────────────────┘

          -― ―‐- 、
    _ /.: : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ/ ̄ ヽ― 、
   / / . :/. : : :}: : : : : : {  :../. : : : : .∨ ハ
.  |  /.: : :;: :il : :|: : }: :}: : iヽ :i: : : : : : : .∨ }
.   | ,′ : :{: :|l : :|ー┼-z' ハi}  : : :. :. :. :. :.} f
  {__:! / i斗イl : :|jィ=≠V㍉{  |: : :.:. : : : : | }
  | | l: :|: :灯ハ: :|'′{ し'}' |ー┤: : : : : : : :K          ___
  | レ|: : : :} Vリ、{   ゞ-‐' |: : |: : :. : : :. : :ト. . 二二二二......_      `ヽ、
  レ'il |: :|: :{           |: : | : : l!: :}!: : ;‐- `ー-          ̄`ヽ  /
.  | |l |: :| 八  c      | i ハ: : l|: :ハ: :ハ‐-  ヽ、 : : : ‐-. .     }/
.   j,从{: :{{ ヽ\ ,、       /,' ハ∧ l|イ: :},' }: : :.`ヽ \‐- : : :.`ヽ、
     jハ: .V . :/ | | ̄ },ィ=/イ/`ヽ∧{ヘ: :′.:.: : : : : .\ \   `ヽ、 \
     }∧ ', /. :,| |_: : }/{ '   V\\: : : : : : : : : . ヽ、\    \: .ヽ    「私が怖くないんですか?」
    /;′ヽ{|f´  { ヽ/         \ \ヽ、: : .ヾ 、 : : : ::. ヽ     ヽ: :
. /  i:. : :,/|ハ    }  }          \ ヽ}\ : . \ヽ : : !  }    }: :|
'´    '|: : ,' | ∧   イ゙y'             `ー-、 \: : :.\\|  |ヽ    |: :
   / |: :,'  | {/ i  Vニ=ミx  , - 、__ノ⌒ー'{: : : .ヽ : : :. |  |: : :.  | i|
. .:/   : :{   ! { l  ヽ\ `ヽ`ー' ,x-、__ノ^ヽ_ノ: : : : : : : . V  /.: : :i  ノイ|
./   |: :l   レ| :.   :. \/`T´ } : : : : : : : : : : : : : : }∠.__/. : : :l| '´ リ
.     |li {   } | ∧  }`iーz'  {: :/! : : : : : i: : ,'}:: : :}: :ハ: : : :i: : : :l|
.     }ル'    ∨ lV'′ |  ゙y ,′: : : : ,: :/ }: : / /  } |l: :} : : ! |
               | \__ノ   {/. : : : : :/ / /. :.イ ,′ } |l: :} : : }ノ
.             ;       \: : : :/}/ // }/  〃|: :ハ: : ′
.            /           `ヽ' ′´  /  /  j/ }: :′
          /                 \ ー=''´   /  〃  }/




                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.       「俺は今まで悪いことをせずに生きて来た。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、       警察の世話になったことは一度もない。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',       だからわかる。君はいい人だ」
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

223 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:50:28 ID:lstKQ4Gs

                   __                , -‐,
                /  \ . . . . . . . . . . . . . . . ./   ‘
               ___|  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .|    Y⌒´}
           /. ./. /. . . . /. . . . . . . . } . . . . 〉   `〈⌒ヽ
           /. ./-‐. ./. . . ../. . /. . ∧. . k. . .}. .|      }. . . .\
.          /⌒7. . ./. ./. .__/iノ./ }. / `^ー}‐',. }、. .,     .′. . . . . .
.            /. . ./イ´. . .x===ミ′}/   x===ミ \′ __/. . . . . . . . .
           /. . . ´く Ⅳ{{{   }}    {{{   }} i. \{_」. . . . . . . .\{  ┌─────────────────────┐
        {./ }./. ./ ゞ==彡 /i/i/i/i ゞ===彡 |. . .| }. .∨. . . . . i
          /´./ /  /ヽ/\/\/ヽ| ∨. ../. . . . Ⅵ\.. .|       そう言うと、彼女は突然泣き出してしまった。
         . . と´ /.. . .≧=‐ァ   ‐‐   |.  ∨´ . . . . . . . . `^
.        , . . . (/. . . . . ./´´{ ゚_o_0o7``:. ',. .  \. . . . . . . . . . ,     └─────────────────────┘
.         .′. ./. . . ./. . . .`7う^⌒ヽ'’(/∨}. . . \|\). i . . .|ヽ . . .′
       |. . ./ |. . ./ {. . . ./       `¨ .,. . . . . . . ∧. .! . . .i
       |. ./  ',. -= ⌒´   / 、       ’ . . . . . ./ |. ./  . . |
       ∨  \__ _   /フて.\     `^ヽ. /. !′  j/
               `⌒ー'^7 /  ^⌒ヽ=- .    \
                    ¨´     \)`ー‐'^ゝ=- ⌒´

           ___     ___   _____
         __厶 -‐ / } f  ´     `
        ⌒ア´   /   |            \――┐
        /    r{    |             \   |
        /     |   r ´        /       `、│
.     / / :i   /|   ;  | /   /  |       `、  `、
   ⌒7´    i /∧__/   ∨ :/  /│          :.
     //|    ∠/  |{ |  i | :/ | /| | | |   ト ¦  | ::. `、
.    // :| |    `⌒ヽ〉-|  i |/ ̄厶二´∧  | | |  |.:::::「\
.    /  |ハ  :.    |f´|  i |ィf´h爪「`| |  ⌒\  ;.::::::|:::.
   :  :. | i  :.\ .人、|  八 弋_ン   |/灯㍉  /:/|/∧:.
   :.   ∨八  :::::.\ :|:\  |\: : : : .    弋ソ厶イ.:/ノ:/  ::i
    \  \/\ {\ |::::∧             ' . : :爪:|/.::::/   :|  ┌──────────────────────┐
.         /  .::\ ∨.:/.:∧ |>    ‐-   イ.:|:∧ .:/   リ
        /  .:::/    .:/.:::::ノ\  __r=≦::| |{ノ / |:/         若くして不幸にも命を落としてしまった彼女は、
         .:::/  / ̄´)  `ー―‐ト ..:::::| |{     ,/
   /    .::,   /    ⌒Y^ヽ __ ` ´ `Y⌒              寂しくて話し相手がほしかったのだと言う。
  //   /          /-‐`=¬/o゚{ハ
. /   / /   ,| :.   }/   ´r<「_)  {  〉          └──────────────────────┘
    /  /   /  ::.  /     `二つ \ ヽ \
.  /   /   /,..   ::.. /    / __)  : ヽ,  と¬
      /  /    ∨  ./´   __)⌒)ノ  (_  に二}
      /,ァ⌒ー‐‐ァ' ,  ′   __)  ´)  .ノ  └ト ..〉
  /   `V. : :__r‐‐ァ イ /{`、  __)    `Y    ; __ノ{
     / く_厂.::i: /  :|/ {:::} r'         ∨  |/

224 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:50:43 ID:lstKQ4Gs

          ┌────────────────────┐

            こうして俺と彼女の共同生活が始まった。

          └────────────────────┘
                  r‐、   , -、
        r‐- 、 ノ` ー   ┤  Y /  |
        |  ノ´. . . .     |   !ゝ. _ |
       人 /: : : : : : : : : : : : : !、_ ノ/: : :`ヽ、
.    彡 :/:/: : :_:_: : : :|、 : _:_: : : : |': : : :: : :ミー
     /:,: ' /!: :´:/∧: : :| \: :|`: : :|: : : : : : : :!
    ' /;// |: :./γ、∨/ .γミ:|: /∨ヽ、: : : : : |      ┌──────────────────┐
     '  |!/:! |!リ! `  |!リ!|:/: / ノ: ミヽ: :v′
       / !: :.! `,,,  '   `,,,.!: :/イ::.. : \          二人はすぐにお互いが好きになった。
.    / : :.::\ト..... _ ` ´  ,!:/-、::、::::. : : \
  / : : :.:::::::::::::/:/´`ミー彡/'   Yヽ:::::. : : :\     └──────────────────┘
 / : : : : :::::::::::::/:〈    /0、/     |::::!:::::!::.. : : : :.、
 ! : : : : ::::::::::::/::::::〉ー〈ヽノ〉、__ ,ノ::::::::::::!:::: : : : : :.、
 i: : : : : ::::::::::::::::::::ゝT´|  `7ーr'v‐ー.、:::::!::::. : : : : : !
  、: : : :/r..、`Y  .r'vv!ー v'v./ ,.ゞ´,.ミノ::::::: : : : : : : :|
  \ /  l:::::Y、ゞ-ミ:. |_! ノ /'´ ∧/::::!`Y: : : : : : : :ノ
    ー ゝ:::::;ミ!´ ノ, .〉〈 _,ゝ<ヽ/:::ノY リ: : : ;_: /
        `           ´  `  ̄
                                              ___
                                            /:::::::::::::::::ヽ         ____
                                          / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                                         / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
     ┌─────────────────────┐     | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                                             | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
       触れ合えなくても、しっかりと心は通じていた。      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                                         | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
    └─────────────────────┘    | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                                         i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                                           r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

225 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:50:58 ID:lstKQ4Gs

                              ..  -┐
                              /,..   -┴┐
             rヘ           _  _   //        /
         /  ヽ      ,.  ´.: : : : : :.`ン´       , ‐-= .,_
            {     、  . ´.: : : : : : : :. :. :.{\      / : : : : : : `ヽ
       _,..⊥..,_   〕 ´ : : : : : : : : : : : `ヽ’,   ,.イ `ヽ: : : :``丶、
        く     ⌒フ: : : : : : : : : : ,ハ.: : : :. :.Vハ     }   ): : : : ‘,
         \   / : : : : : : : : : , } : :レi弋冖ヽ ヾ、_,ノ / : : `ヽ: :}
            〕ト、,′.: : : :. :. :. :./ j: :/ jハ,从,ハ,j ヽ ∨   : : :.\\
        / _,.. i: : :.!: : :.i ,//jノ!/  ,x行芥ア'リ: : ',人  j,1: :i: :メ、\
.      / / : : | /i |: : :.Ⅸ /  '    '辷ソ / : : リ: : \/ |: :'}/  `
      / / ; イ: :|  l : : 从 xi行ハ        勹': :,: : : : : :\/           ┌────────────────────────┐
        ' / |i: : |!  '.: :、: :父 'ヾソ 丶  _   ,仏イ.: : : : : :. :. :.、
      i i'  |ト、 |    刈\i: :≧=‐  く  ノ  ,仆; j: : :.、: : : : \ \       彼女は俺の正義感が強いところが好きだと言ってくれた。
.      ‘'{  ‘, \  /: :, : :∧父o。.,_   _,. :仆='^i_‐-ミ, 、: : :.\ \
-‐…‐-=  ..,,_   -=≦: :/勹{     )}  ̄辷彡个 、  (   Ⅵ,_: : : :\ \   └────────────────────────┘
          _,..⊇: :.;_/  |.{    ⌒ヽ.,_   レ'{⌒ソ      ̄ ``丶、\
-‐…=ニ⇒'´         `        i  )}`   iY          -=ミY
      _∧         、   、     Y⌒ヽ、,jリ            (:::::::::::
   f :::::::::⌒}             '.   }        ∧   、        i:::::::厂
.   ゝ:::::::::,八            '  ;         ∨    :.        j::: (ハ
   人 :::::::::::` ー- 、       :i           ;    }   r‐-‐彡: : j:リ
  /.: : :しヘ, :::::::::::::リ   /  :j: ハ          ノ    /⌒´ 、:::::::r=彡'
/.: : :/: : 人 :::::::::(   ノ⌒' く廴彡         ′  ,イ:::::::::__ハ _ノ
.: : :/: :/  `う::::::::`¨´:::::::::::::::::/ }          / `⌒´



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l
.    l              冫.   く     ┌─────────────────┐
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'       俺は彼女の笑顔が大好きだった。     
   l                  ノ'
   !                     /      └─────────────────┘
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

226 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:51:13 ID:lstKQ4Gs

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::_, -―――- 、::::::::::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::::, -‐'´       ミh \:::::::::::::::::::::
::   ::::::::::::::::::::/     ィ - ― ^:::::::::' , \:::::::::::::::
::::::::: :::::::::::::::::/    , ':::::::::::::::::::::::::::::::::}  丶::::::::::   ┌──────────────────────┐
::::::::: :::::::::::::/      i:::::::::r‐‐、:::::::_::::::,'    ヽ::::::::
::::::::: :::::::::く     _{:::::::`、 ソ:ノ 川      ゞ::::::      しかし彼女との別れは唐突にやってきた。
::::::::: :::::::::::::\  《:::::::::_::::::ソ ~        /:::::::::
::::::::: :::::::::::::::::::\   ̄   ゙´       /::::::::::::::::      彼女がこれ以上この世に留まれなくなったのだ。
::::::::: :::::::::::::::::::::::::工エエェェ--ェェエエ工工:::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::   └──────────────────────┘
:::::::::             ::::::::::::::       :::::::::
:::::::::                         ::::::
::
::

                            -― 、
.              ┌―- 、     /       }
               ,′  /⌒^´ `ヽ  _   ,'==―- . ____
            {  /         i∠   /       \  }
        ____〉'′     /i   ; _) /           `<
       `ーt__/      / /   /、   ヽ   ' /   ; }  、、
.    /{    /     -‐   ´   /! }ハ  /  / 斗‐=≠ イ  ト、ヽ
.     ゙ー゙ー=ニ=-‐   -‐=彡   .イ } } ∧_/  /// / }/ リ  } } ! }
        / -‐=ニ   -―― ´// '′} iハ /イ {/  /  { /ノ j/
     〃v^y´, ‐ァ'´/ ,    ∠/__ト}_}  | -==ミ  V´  ′
     {!  ( ( // /        { {_ ハl!   |         ` ┐
.     `   `´   /         八 `{ |l  |          ′   ┌──────────────────┐
.       /  /         /  `∧{ハ  ト、      、_ ノ
       ´   /          /   // `^'ヘ ト `ニ=-           彼女は消えながら約束してくれた。
.    ´     ´          ´   //、    ヽ , ‐-  __/
   -‐                 ,, '^´>‐-ニ=:、___/              「生まれ変わって必ず思い出すから」と。
                / _r'^ア      ∨ 、
               -‐ ,ィZ__ノ } /         \\           └──────────────────┘
       -‐    く     ′   i     ヽ `ー‐ァ
-==              )     /    | \     `ー‐'-、
              /    '  /  |   `ー- 、 / ̄ア
.        --―==/     {  ′  |   . -‐<ア/-、 /

227 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:51:29 ID:lstKQ4Gs

          ,-、              ___               r‐、
     ,.、 / / _,,-''ヽ         / _j L_`ヽ          {`ヽ、\\ .r.、
    ./ .| | .| .| /´  ,.、       / ;;;;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;,,ヽ       r 、 `ヽ .| / / | |
    .\\| .ヽ| .|,,.-'´/      .,' / ̄   ,、  ̄.ヽ .l        \\__| |/ ///
     .∧   '´ /         | ヽ__,-''" .゙''-、丿 |           ヽ ヽ    ./|
      \',    .ヽ        .| ヽ |::::::::::::::::::::| /|        ./     /./
       \     ',        .| | |:::::::::::::::::::::| .| |          ./     /'´    ┌───────────────────────┐
     __|    ./        |  |::::::::::::::::::::::|  |        ',       { _
     /:::::::::::`ヽ、/        |.  |,.-――‐-、| |        `ヽ ,,-''"´:::::::∧    彼女が消えてしまったあと、俺は人生で一番泣いた。
    ./::::::::::::::::::::::\          .|            |           /:::::::::::::::::::::∧
   /::::::::::::::::::::::::::::/           ',_,,..-―――-.、/          〈:::::::::::::::::::::::::::::∧ └───────────────────────┘
  ./::::::::::::::::::::::::::::/             | :::::::::::::::::::::::::: |            ∨:::::::::::::::::::::::::::∧
 ../::::::::::::::::::::::::::::/ ._         __|  :::::::::::::::::: |__          ___ .∨:::::::::::::::::::::::::::∧
. /::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::`''-..,,_,..-/:::|       ::::::  |:::: ̄ヽ_,,..-''´::::::\∨::::::::::::::::::::::::::∧
/::::::::::::::::::::::::::::/'´|:::::::::::::::::::::::::/:::::::,|     .:::::   |、::::::::::\::::::::::::::::::::|ヽ∨::::::::::::::::::::::::::∧


.             ,..-――‐-、
             /         ヽ
         / ./         ',
         ノヽ'ィj´        l
           〉 `¨.、      |
         (__l__.イ       .|
         l└ ''"    |  l
         `l    ,,..-''"  ヽ-‐''"´l、_
         ヽ--イ__       .\::::::|:::::`''-..,,_     ┌─────────────────────────────┐
          /|::::::::::|       ヽ::|::::::::::::::::::
     _ ,,..-'':::|::::::::::l、_      /|└―┐::::::        時間がたっても彼女を忘れられず、俺は彼女を捜す決心をした。
    /:::::::::::::::::::ヽ/ノ\`''-..,,__/ ヽ:::::::::::|:::::::
    |::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::\      ヽ::::::::|:::::::     └─────────────────────────────┘
    /:::::::::::::::::::::|:::::::`"''-、ヽ      ヽ:::::|:::::::
    >:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\ヽ     \|:::::::
   /::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     \:::
  ./::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l          \
./::::::::::::::::::::::/〉::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::<__/_::::::_::::::::::::::::::::,'
ヽ::::::::::::::::::::::/ //  ヽ::::::::::::::/

228 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:51:44 ID:lstKQ4Gs

                           _,.-‐'(,. -―‐--..、   ノ``ー‐‐-、
                              l  /: : : : : : : : : : : : `{    /´
                            _〈. , ': : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵ_ ./ヽ、
                        ノ ィ / : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ〉‐、 ヽミ=-
                      / ///: : : : :、: l: : : : l: : : : ;.ヽ:\: Y ``ヽミx、
                           // l : l: : :l: ト、ト、: : :ト、 /i、: ヽ: ト、!    _>
                       // ./:,.イ: : :l:十≧、: :ヘxぅ琺゙}ヽ!: !)_,.ィ"|
                         レへl/ Yト、: 《乍抃`ヽ〉ゞ''” リ: :Ⅳ: : : 人(
                          l イ ̄Y: :ヽ、¨´  '     ,イ: /: :|v:./:∧
              __        Y/ヽ :λλへ   ‐='" ィ゙: レ:|: l:.|∨:/:.∧
            / -‐ ‐         /: : : Y/´Υ`‐r'゙l、__,.ノヽ、: : l:.|: : : :/:.∧
            l (⌒ ●      /: : : :/ l /   {{ ./-!  /  ̄`ヽ、: : : :/:.∧
            |  (__人)       /: : :/   . /    ヾ  l/     Y:./: : :/:.∧
            ヽ    ノノ^)   />'"    /       {VVV} l   V:./ : : /:.∧
            ハ    /  r''"      //         .{神まノ !     V:./: : : :', ∧
              l l    l  /{     ‐<:.:./       、  `'ー''゙.λ    V: : : : : :', ∧
             ( |    | /:∧     ヽ/-‐、    l      ./ ‘,   ヽ: : : : : l: : l


           ┌────────────────────┐

              彼女の生まれ変わりかもしれない年頃の

              幼女に手当たり次第に声をかけまくった。

           └────────────────────┘






       _  _____
      〔:i:i:iこ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}                                     r::::┐
 _ . ,=====、‐┴==ニ⊆f_                                    f=c=}
‐=7/:::::::::r‐- ヽ\\:::::::::::`:. ..                               ゝュ' , - 、
:::::://.::::::::::ゝ--、゙`ヽヽ\:::::::::::::::::::`:..、                         i:ト兮.i゚ω゚i
.7´  ̄ ̄ ̄ ̄ `¨´ | ̄`¨¨> ̄ ̄ ̄  ̄二ニ = - . . _                   j:|::,イj〉-イ(
/⊂⊃ 県 警 察   j  /__ >―<⊆⊇≧、::::.:.≧――≧..            {::!::ー!」ェェ|ト、〉
{7777777777777777/77'///;;ィfニヽ;;;;ヽ//////>―――'//厶≧、        <|‐^‐〈介〉′
|////////////////|/,'//〃;/ /j {こハ;;;;;,V///rxxxxxxr┐//「;;;|! ̄|ム        |:::|::ハ i、!
}////////////////| '// {;;;;;{ニ(.p.)ニ}};;;;;;}///,ヽxxxxx|.:.!//,'|;;;;,ー┘ノ          }:::!:{ }_!}」

                ┌──────────┐

                      俺は逮捕された。

                └──────────┘

229 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:52:12 ID:lstKQ4Gs
元ネタ
265 名無し三等兵 2008/07/27(日) 17:19:30 ID:???
俺の引っ越した先に、女の幽霊が出た。
はじめはそれなりに驚いたが、俺は気にせずいつも通りの生活をした。
幽霊はそれに驚いたようで、俺に話し掛けてきた。
「私が怖くないんですか?」
「俺は今まで悪いことをせずに生きて来た。警察の世話になったことは一度もない。だからわかる。君はいい人だ」
そう言うと、彼女は突然泣き出してしまった。
若くして不幸にも命を落としてしまった彼女は、寂しくて話し相手がほしかったのだと言う。
こうして俺と彼女の共同生活が始まった。
二人はすぐにお互いが好きになった。
触れ合えなくても、しっかりと心は通じていた。
彼女は俺の正義感が強いところが好きだと言ってくれた。
俺は彼女の笑顔が大好きだった。

しかし彼女との別れは唐突にやってきた。
彼女がこれ以上この世に留まれなくなったのだ。
彼女は消えながら約束してくれた。
「生まれ変わって必ず思い出すから」と。
彼女が消えてしまったあと、俺は人生で一番泣いた。
時間がたっても彼女を忘れられず、俺は彼女を捜す決心をした。
彼女の生まれ変わりかもしれない年頃の幼女に手当たり次第に声をかけまくった。
俺は逮捕された。


          |      -- 、
          |  ./     \
          |/__,ノ
          |  ○   〈   !
          |     ( ○ゝ
          |(___/   ヽ   /
          |、_人__ノ   ./   「俺のこと忘れない。絶対!」って
          |     /     「いつかまた、もう一度オレとも会えるから」って
          |     /      君はそう言ってただろ!
          |__ /
          |
        r─┴
          辷冖  {
          辷冖  {
         .ゝ‐┬ ′
          |

              ,へ r'''i,,.: ‐::''::‐: . ,,_,へ,_,,
              | x ヾ:':´: : : : : : : : : : :{ x |,_ト、
            ,.:::|_¨/:: :,ィ: :,ィ:i: : :λ: : 弋¨イ: `:ヽ、
           γ/: ;:∥: :/{: / {:ト; : :|゙;: i: ::∥i::ト、: : ミヽ
          γ: : :/∥: : i 廴 ゞ ,,,斗゙i,゙i, :|」::}:ヘ,.゙i,: : ヾ
           {/: ;イ::|」: リγ妖!   苡ヽゞ γY: :゙i, ゙i,:ハ::}
           l'::/;:| λ:N `´ '  ,,¨´  }:/ ノ:゙、: i, ゙i,::}:|
          λ/ .| /::゙i:|: >,_`、¨´丿,..//: : : : ゙i,::i, .リ;|   また前世の因果とかほざくサイコな電波さんが来てます。
          .__!' /: : :ハ{:r--<'=''ゝ。,,,_: : : ゙i,: : :゙i,| リ   おまわりさん 早くブタ箱か病院送りにしてあげてください。
    、---― ''_¨,,,゙7: : /: :/    ヽ、_/´. 、マ: : :゙i,: : ::゙i,
     ゞ''¨,,_,,.//: :/:/      ,:0、  ハ.゙i,: : : ゙i,: : : ゙i,
       ⊂/ ./: : /r゙    i__,/、 ζ、 ノ .゙i,: : :: :゙i,: : :ハ
        // /: /´゙i,    /    ヾ゙  .i  .゙i,: : i :゙i,: : : :
       /:/,_/ ,. <゙i,  /       i    >: i : :i; : : :
     _r:‐'‐'゙勹_.´-― ゝ,ノ        i   r'゙ ∨: i :i; : ::
    /弋=、 ,.'¨_,,´ _,,∠          ド、´::\ ∨:,: i : :
  f¨¨¨ /:/'゙ ¨.´    ,..:''¨ 、       !  `ヽ,\i^'゙ゝ=
.   !,  r゙ ,!    ,..'´     ,ヘ      ,.、-、 ゙''ドF-、  、
   .`i. ゙i:|  r‐┐       / ,ヘ     /、 \    `ヽ,ゝ-
   弋.|:|、__>' .}、        i ヘ  / ゙'.`ヽ,     <

 
-230 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 03:56:21 ID:0UiA1oqg
ない夫ェ・・・w

231 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 05:11:21 ID:GHgPiYCQ
良い話だったのに・・・wwwww

232 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 06:08:47 ID:P2tcIirw
どんな悲恋かと思ったらww
乙です


234 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 08:40:20 ID:iRMciVbY
イイハナシダッタノニナーwww

236 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 10:51:18 ID:v3OaG0IY
「最後の一行で台無し」系列だと思うが
これは最後から2行目で既に台無しだなw



238 普通の名無しさん 2013/01/14(月) 11:27:44 ID:XgjpWEag
警察のお世話にwww

元スレ
やる夫でコピペ 126スレ目


7455 『コピペ 俺の引っ越した先に、女の幽霊が出た。 』の前後エントリー2014年11月29日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


39778 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:06Edit
もう幼女狙いは諦めたほうが良いお
39779 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:17Edit
声をかけた相手が男ならば…
39782 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:34Edit
>39779
相手が男子幼児でも確実に捕まります

むか~し、こんなストーリーのクイズゲームがあったよな・・・
成仏した彼女が、幼女で会いに来るEDだったけどw
39783 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:39Edit
と○ハ1を思い出した……が、このオチはその感動が台無しやぁwww
39784 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:42Edit
俺が知ってるのは麻雀漫画の『トリツキくん』のほう。男は冷凍睡眠で肉体は若いまんまというビックリオチ。
39785 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:43Edit
虹色町だろ
39786 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 00:56Edit
しかし幽霊の時もかなりまないただからやっぱりこいつは真性のロリコ…(謎の血の跡
39787   2014年11月30日 02:14Edit
イイハナシダナー?
39788 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 02:42Edit
※39787
彼は自分の意志を貫いたんだ…
いい話に決まっている(血涙
39794 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 07:28Edit
前に読んだラノベだと、生まれたばかりの親友の娘に転生してて
「結婚できる年になったら俺は中年オジサンだぜ」みたいなこと言ってたが
まさか現実にこういう奴がいたとはなぁ
39795 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 12:01Edit
いや、ロリコンを隠すためのフェイクだろこのストーリーww
39798 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 15:56Edit
「かもしれない」で「手当たり次第に」声かけてるわけだからな……

万が一、仮に幽霊の話が事実でも、ってか、事実だったらなおさら余計にアウトじゃねーか。
39800 名前なんて無いだろ 2014年11月30日 18:50Edit
素晴らしいブログに出会えた
やらない夫は最高だな!

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!