コピペ 隙間さん

2015 03 16  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二

┌─────────────────────────────┐
│小学生の時、その町ではある噂がまことしやかに囁かれていた。  ....│
└─────────────────────────────┘

436 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:06:04 ID:o/G2OcGw
_;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''''''‐-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ 。。 、 __、
j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
 ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l⌒l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-,,
   ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l⌒l   |  |゙:::::::::::::::::::::::::::::::゙___゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_)
     (,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ',    |  | :::::::::::::::::::::::::::゙└Fマノ:::::::::::::[][]「l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 ̄
     {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙', \  |  |   , -、 :::::::: <.入_>::::::::::::::::くノ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   _;;::::::;;;::::::::::::::::::::::::::::::::゙r- 、     \  ー'  ヽ  /  /゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、
   j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
    ,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、    _  /  〈 `ヽ   ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
    ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙r―――'   / /      l   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,,
      ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::: 丶-----く         /   /     / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \     /   ∠ _ ィ/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ̄
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ー一'  ̄ ̄  ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l`
     _ノ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__
    j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
        シ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ,~~ ̄~ ̄~ ̄~ ̄,`
┌──────────────────────────────────────────┐
│それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと               ...│
│その暗闇から細長い腕が伸びてきて引きずり込まれ、二度と帰ってこれないというものだった。    .│
└──────────────────────────────────────────┘

437 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:06:27 ID:o/G2OcGw

               /                  ',
            i                      ',
            レ      j                i
              /      ノ八 :|、           i
           /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
          ,'  / !:/彡イ  ___ゝ\\ゝ      ノ
          {  i l リ;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ     /  袖付きの服を着ていなければ即死だった・・・
          \{ {ゝi;;;;;;;;;/iヘ、;;;;;;;;;;;;;;;/´(     ./
            ゝヽ∧ー'' j__, `ー‐‐′ノノ7   {    これは破れただけだから!
                ) ヘ  __`   u. ゝ、ソ   リ
              (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
          ____つハ      //へヘ) }イ
           ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八
           ',    ヽ,ト、___//:::::「x:x:x」( て
           ',      !   //::::::::: ̄ ̄::::))ノ
      / ̄/ヘ  ',      l   //:::::::::::__,,、==<__       ..,,、、、 ,、
      i   /: ̄ ̄ヽ.    ノ   //::::::://::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄/   ヽj ヽ
.     _ノ /___ ::::::::::冫/人 彡//:::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   _____  ',
.   //  /: : :  ̄i::::ノ l   ノ//:::::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ̄//   /´    ヽ ' 、
   i l   ,: : : : : :.l:::::{ {,ノ  //:::::::::::/: : : : : : : : : : / l   /       ∨ヘ
   l l  ,': : : : : :.|:::::|レヘ//:::::::::::/: : : : : : : : : : :.:イ l   /           ∨ヘ

┌──────────────────────────┐
│振りほどこうにもあちらの力はありえないほどに強く        │
│助かったのは、偶然服をつかまれて破れた人だけらしい。    │
└──────────────────────────┘

438 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:06:49 ID:o/G2OcGw

                     /l
                  ∧ !/:::!
               ノ,ヘヽi::::::从_
                 ,.卞==zr‐一 /
           ゙ '´7::::::::::::::〉ヾ//
            ,/::::::::::::::::,1! `
              /::::::::::::::::::::::j!   ′
           /__::::::::::::i!,   '
          ./:´   `ヽ::::i
         /::.       ヾ{、
         ,::::__     `゙'ヽ
        ,≦z、─一 ===z .,_ !
        !:j  r-=z_'"ヽ、   //
         |ー'´  'ー ヾz、,ヾ 〃 ゞ
          !: ,  リ_」L,-‐`ヽシ,ノ7  _
          }:::! ,  ,ィ≦マァ、 ! l ヾ
       ! ヾ!\ jヾ㌻:ヲ!ヘ ! ,  ヽ
    `゙ j!|i! |!::::i!:::::::¨´" j ! l!  ヽ
     、1::i|,l:、,_,.    〃 j j|!  ノ
      ヾf ' !` ̄_,. ィ7 ! / } イ  ”
      ∠二)r、==z! l!{  / i!ヘ
      ∠ -'┤_:::::|!i! l! /r─‐-、
       `ー‐イ‐':::::j}!:! リ/    ヽ
       j!|i iヘヽゝソ:::::::Y_}rz=z,   !
        !N ゞヘi/::<⌒>Zz=シ   l
        |!   ヽ::::`´1 !ノ   /==z、
        i , "' ヽ:::::::! ,|==z/=z_ノ
              ヽ:::::, j  7
              ヽ::V   / ,
                 1:::::'::/
             rz,ゞ::::::7_'"
             i!}ニ!ィf⌒ゞ,
            ノz7:::::!1ヾン
              !N:::i:!|
               ヾ:レ1 ’
                \
┌─────────────────────────┐
│「隙間さん」と呼ばれていたそれは、始末が悪いことに    │
│特定の「隙間」からだけ出るものではなく           ....│
│その町中で目撃情報が挙がっていた。             │
└─────────────────────────┘

439 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:07:09 ID:o/G2OcGw

           ____
         ; /\ u./\ ;
  ガク ….  / ●   ●  \ .ガクガク.
      ;: |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ | {
        r'⌒) {  }  (´ jイ ;
        | ´   ̄  ヽ  |




                     「ヽ /⌒ヽ <
                     | / ヽ)//  ノ        ,,
                     l/   l/ <    か   隙   や   集
     }ヽ _ ノ\__人_/{    〇   〇   ヽ   ら  間   め  合
 ヽー '          ` ー /        _ ノ   よ   "    .ん
 ノ       ,,       (    x≦三三\  ォ  出   ゾ
⌒ヽ  喜   オ  中    `て/三三三三三) !   る   ォ
  ノ   ぶ  ッ  止       /三三三三三三三.l         !
<   ぜ   "  か      .{三三三ハ三三三三|__
  ヽ  ! ?   く  ぁ    /{三三ニノ /ハト辷三三三} ―- 、
  ノ     ん  ?     {. `⌒'ー{〃:::/ .}ヽ.)三三三ニ=ァ^ハ/⌒Y⌒ヽ
<               >    〈::::/  u :.  ̄    / /    ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ              (       厂 ....   ::::.     /
   }/⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒ヽ      ̄`⌒)   :::ハ /
             ∠三≧x           ヽ ノ /
           /rミ竺彡ヘ}               /  ̄}ヽ
            !二外道二l             /     | 〉           ィ
.          {u..=・:::=・ /}        /    _ L/         ´  ハ
           V´ ̄ ̄`}/ヽ      〈⌒'ト、<       Y´    /
            \__/|ハ<         人/  ヽ     L.    ´    ,
           ∧'  / '  `  、   //    ∧      ∧        }
         / /} /  l   /\/   ̄ ヽ  ∧     ∧       ノ
         />/ ./ r‐┘  { /       ハ   ∧     ∧_    <
┌────────────────────────────┐
│それ故当時俺たち小学生はびびりまくり、中学生もびびりまくり  ....│
│ヤンキーすら夜の町からいなくなるほどだった。           ....│
└────────────────────────────┘

440 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:07:33 ID:o/G2OcGw

                 _____
               /  ̄  ̄\
             /        \
             |     _,.ノ '(ゞ、_|
             .|    ( ー)ヽ ヽ  ハァ~・・・
             ノ| U   (___人_\\__
         ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
      ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \
     / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
    i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
    l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
     ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
 ((( ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |


     ____
    / ノ  ヽ_\
  / u ● 三 ● \ (まさか・・・)
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´
┌────────────────────────────────────────┐
│町がそんな噂で持ち切りだったある夏の日の夜                              │
│盆で実家に帰ってきていた従兄(当時22歳だったかな?)が神妙な顔をして家に入ってきた  ......│
│よく見ると若干顔色も悪い                                           │
│                                                           .│
│なんだか胸騒ぎのようなものがして、どうしたのか聞いた                        .│
└────────────────────────────────────────┘

441 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:07:59 ID:o/G2OcGw

                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |  いや、実はな…ちょっと行ったとこにあるビルの隙間から…
                     '、'ーー´   'J |
                   |        |
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|

┌────────────────────────────────────┐
│やっぱりそうか、と思った。                                    .│
│でもそれならおかしいんじゃないか?確かあれからは逃げられないという話だし。    .│
│そしてよくよく聞いてみると、予想していたこととは少し違っていた。            ..│
└────────────────────────────────────┘

442 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:08:27 ID:o/G2OcGw

                             /         /
                                  ./         /
                             / _        /
                   .         / ̄   ̄ヽ、   ./
            _ -‐- _          /        ',  /
        _  -‐       ー _     ト,─--.....、    ! /
         /  __,,,         x-‐'    ::::::ヘ   Y  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       /  _∠/          /        :::::::::Y j   | …隙間から伸びてきた手に手首をがしっと掴まれてな、     |
     .( ̄               /           :::::::|ヘ}    | そいつが中に引っ張り込もうとするんだよ。そんでな      |
      | ーァ、一、- 、 _     /    ,_:::.....     :::::::|;;;}    ゝ__________________________,ノ
      、_ノ \ j\_)ー-- ィ  /     ヽ、   :::::レ
          `~       /  人       ヽ   ::::::|
                 `ー'  .|         ヘ.  ::::|
                    |          ハ  ::j
                    |         ハ::....:ノ

443 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:08:49 ID:o/G2OcGw
              __
            /    ヽ-ー、-、
             i       i   ヽ ヽ
           ノ|      l 、    i`ヾ、 /ヽィ -、  フンっ!!
          /. i| (_\,=、/) ー  j   ヾ、 ソノ  ヽ
         /   {  (__人__)'./  ヽ     Y ヾ'  ハ
        /   ゝ  |i!i!i!| 〈/    〉、_  / ヽー' }
        i|//二≧=二`ヽ、   /`ー--=、_  ノ
       l !' i /     二ヽ>ー/__ __ ̄   ____ -―― 二
       | ! !  ,     `ー=≧´  ―――  ̄ ̄ ―――   ̄ ̄  ̄/
       |i ヽハ {ヽ                   __ _  _ -‐ ̄
       ハ  ヽヾ__`- = ̄-             __- ̄
     _ - = ̄-  ̄ __  _  __―― ̄
 -=二 ―  ̄  _  _- __- -― = ̄    __.00   n
      _  二 -= ―  ̄              └‐┐ |   ,⊆ ⊇、  _,n___       ∩
 _-= ― ̄ミ、                     ┌‐┘ |    ̄U ̄   `l_ヤ′ [][]「l  ∪
                                  ̄ ̄               くノ  o

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃         ,.--、_,,....,,__,. -- 、                                  ┃
┃     ,.- '"// ⌒ヽヽ  //⌒l |                                  ┃
┃   /   l | ___ ___',',nイk___,// ヽ,                                  ┃
┃  ,'   ヽ_rゝゝ-' ー',.-、- 、イ、   i                                ┃
┃  i  ,.へ_トー'"____,.ィ !  ハ、___ イヽ、イ                                ┃
┃  r'⌒ r´γ   /__i_ i / V___ハ   ゝ                                 ┃
┃ 〈_,.イ  イ  ,ィ´,.ー,` レ´  ',-,`!ヽ! ハ     ア゛ーーッ!!?                  ┃
┃   i  i .レイl ト' i    ト' } ! ハ/ヽ(            ヽ_,                 ┃
┃ 。 |  。o i゜`,,'ー' :::::::::::: 'ー',,゜io 〉。    _        ヽ(_/               ┃
┃o  .〉  ! ) l ',    ,.-─┐   从 (   o , -'ー 、      ) (              ┃
┃   i  /〈  lヽ, u  !_ ̄ン ,.イノ Y .ノ  ./ /`'' ̄`-、    ノ (`               .┃
┃  ノ  イ /ヽ、|  i>r--r,=´/  _ハ,/    i/     ヽ、__、 ´⌒\  ぷら~ん・・・ .....┃
┃ ,'  )  i,.-ハ/ ゝ、__ 7 iゝノヽi ヽ.イj    j       \`i-、                    ┃
┃ i / ./  〈 ノ i ヽ、`}>n<{_,.イヽヽ!、    ノ ,_-、 `ー 、-、`'-、,>              ┃
┃ ハ !/   }><{、   Y  Y}><{ヘ ',   <  j  ̄`'''ヽ、ヽ二;- ,_"つ              ┃
┃ ! 〈     ハゝ 〉  `ー´  ハィ ゝイ  (___ノ ノ    `--' { \                 ┃
┃/  iヽ/ヽ/ヽ/ゝイ    ノノ  V i`/i、    /       `-'ヽ、!               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌───────────────────────────────┐
│従兄は即座に相手の力をいなすと、                       .│
│こともあろうかそのまま手首を極めてへし折ってしまったのだと言う。   ....│
└───────────────────────────────┘

444 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:09:13 ID:o/G2OcGw

                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_  やりすぎちゃったよな、やっぱり・・・
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!


     ____
    / ⌒ 三⌒.\
  /  ○ 三 ○ \  うわーお
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
  \  ...|r┬-|   ./  兄ちゃんそれって・・・
       .`ー'´
┌─────────────────────────┐
│結局、従兄の顔色が悪かったのは              .....│
│化け物がどうのこうのということじゃなく、           ....│
│たとえ変質者相手でもちょっとやりすぎちゃったかな~   ...│
│ということだったみたい。                     ..│
└─────────────────────────┘

445 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:09:39 ID:o/G2OcGw

                   / ̄`ヽ
                    ,'     }
               {ノ ヽ._  }  なんだ、よかった。あれ人間じゃなかったのか
               .-(=) (=)  }ー- 、
           _...ノ´_, __(人.)  ,ノ'_ _,... ゙}>-、
            / ´゙ ハ,  `ーイ´  ヽ、 ヽ.``ヽ
        ,. イ     ,リ ,    {  `丶. __  ',  )ヽ、
       /  、  _,..ィ,r'"     |     `}._,..>ァ'   ハ
     / ,.=  〉⌒7入     .人    ノ!ヘ. ノ  ,'´ヽム
    .//´ ,n;  人  〉ーァ‐='"゙Y´`¬'"ノ/  ヽ、___,.'´ ,ハ
   〈 )ヽ、 ヽ.'"´  ヽ.∧ー〉ー‐‐〈'⌒`´メィ′     /  /'/
    ヽ.ヽ.`、.ハ      ゙}ーヾー‐-く´ ̄`,〉 |      ノ -' '/
     .\`  `ヽ、    ! `ヽー-'.>三'/ .}   /  ,. '′
      `ヽ. 、.. \_,..=‐--、  ` ´7,-¬=-' ' /
         `丶、 _  =ミ゙ヽ__ __ι'r',.-  _/
            ` rフー'<   ,`7´厂!´
              /'´ {  ハ  / ,' ;' ,ハ
┌─────────────────────────┐
│感心した俺が町の噂を教えると                .....│
│合気道4段の従兄は安堵しておられました。          │
│武道やってる人間はみんなああなのだろうか?       ...│
└─────────────────────────┘

446 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:10:04 ID:o/G2OcGw

                                     /  |
========================================./||   |   |  l l  /\
 (二二) //  □    //        //     | ||    |  ̄| ̄|  /\/   ̄   |
===================   | ||    |   |  |   ノ   __ノ
━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳ \||    |         l l  |
  Π    Π    Π    Π    Π    Π    Π   \  .|     ̄ ̄|   ト、  ̄  |
  ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎.∧_/.\|    __|   |   __ノ
  ∧_∧ ∩_∩∩ ∧_∧∧_∧ ∩_∩ (    )
)(  ∧_∧   )ノ (     ) ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ (    )∧_∧
_∧(    ) ∧_∧ ∩_∩(    ) (    )(    )∧_∧ (    )
   ) ∧_∧    ) (    )   ∧_∧  ∩_∩   (    )


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
┌───────────────────────────────┐
│そしてそれから10年以上が経ち、俺も大人になってその町から離れた  ....│
└───────────────────────────────┘

447 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:10:27 ID:o/G2OcGw

    .    ____
   _   /⌒  ⌒\
  |  |/( ●)  (●)\   昔こんなことがあったんだお
  |  |::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  |    |r┬-|     |
  |_|      `ー'´     /
   §
  ∂
 ∽
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

       ___
      /     \
    /  ⌒  ⌒ \      本当ですか兄さん!?
   /  (○)  (○) ヽ
   |         `     |]|    実は今でも・・・
   ヽ、     ⌒     /::j(^l
    /             ヽ  ̄ ノ

┌────────────────────────────┐
│つい最近その町に残っている弟に電話をしている時に       ....│
│ふとこの話を思い出して聞いてみた。                  .│
│そしたらなんと「隙間さん」はまだその町に出没してるらしい。    .│
└────────────────────────────┘

448 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:10:48 ID:o/G2OcGw

 __,n_  r‐―00. n n  
 7,仁l己 `ア/  l」 l l  
. 〈ハ⊆.广  ヽつ   .rリ  
            __,n_  r‐―00. n n  
            7,仁l己 `ア/  l」 l l  
           . 〈ハ⊆.广  ヽつ   .rリ  

     \        -―――-
       \       ´ ̄ ̄`
         \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_
           \   _,,.-'゙::: : : '"      ` 丶、
              `ヾ '"         :..,! _,,. --ュヽ
 \   、                   ‐-=-''"   〈.. ノ ゙:、
   \  ` 、      ,,                  /丶、 ゙'ヽ
     ヾ:::::...... 、   ''"           ,.- '′   ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-''゛   、    \
       /> --''"``丶、、zz==''"         ゙、      ヽ
     /ィ'´       ,'                  ゙、      i.
   /'゛/      ,'       ゙:、           ゙、     .i
  /  /        i          ゙、     :、   ゙:.       i

┌─────────────────────────────────┐
│ただし、すこし違うところがある。                             │
│10年前には「隙間に引きずり込む」という恐ろしい存在だった隙間さんだが   .│
│今では隙間から手を伸ばして、前を通る人を撫でるだけらしい。          .│
│弟の友人にも撫でられた奴がいるとか。                       ...│
└─────────────────────────────────┘

449 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:11:09 ID:o/G2OcGw

                                ,.-、
                          rニ 、.-―‐- ..//ヽヽ
                  ,... -―――,..- '' l ! `ヾ、、  ,',' `! i
             /::::::::::::::::::::::i´   .!.i     ヾ、_l.i.  l. !
          __,./::::::::::::::::::::::::::::!     ヾ.、    ,ヾノ- ...,_! l__
       _,.〃''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i       ヾーニ- '゙_  `゙ ー'  ノ  「化け物に勝つのはいつだって人間」・・・か
    ,...'´ ゞ :::;_::::::;:: -――ァ;r‐-、r'      ,、 i´ ゝ-‐'ゝ-く
    ヽ     `´     l:::!  .,.'`ヽ./i_,、....ノ !`´ ,i.  ,!、 l ヽi ヽ
    ,.-`ー           l::! ./     .!  .!.l! /ノ!ノ  ヽ!ヽノ、〈
    ヽ、  ,. -ー―--- ―‐ ヾ、!  ,   ,.i.  !!lノ ....、‐y'´`¨´  ヽ
.       `´            rヾ<}'、 ,.' ゞr'"´    ヽ`i     ノ
                  `ゞ'  ヾ、 l::!      .!´ヽ、  /
                            `ヾ、      i   ヽ/
                             ` ー- ‐'

┌───────────────────────────┐
│人外にも「懲りる」って感情があるのだなぁと思い知らされた    │
└───────────────────────────┘

450 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:11:28 ID:o/G2OcGw
元ネタ
297:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:00:26 ID:iqEWksqG0
隙間さん
小学生の時、その町ではある噂がまことしやかに囁かれていた。
それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと
その暗闇から細長い腕が伸びてきて引きずり込まれ、二度と帰ってこれないというものだった。

振りほどこうにもあちらの力はありえないほどに強く
助かったのは、偶然服をつかまれて破れた人だけらしい。
「隙間さん」と呼ばれていたそれは、始末が悪いことに
特定の「隙間」からだけ出るものではなく
その町中で目撃情報が挙がっていた。
それ故当時俺たち小学生はびびりまくり、中学生もびびりまくり
ヤンキーすら夜の町からいなくなるほどだった。


298:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:14:59 ID:iqEWksqG0
町がそんな噂で持ち切りだったある夏の日の夜
盆で実家に帰ってきていた従兄(当時22歳だったかな?)が神妙な顔をして家に入ってきた。
よく見ると若干顔色も悪い。

なんだか胸騒ぎのようなものがして、どうしたのか聞いた。
「いや、実はな…ちょっと行ったとこにあるビルの隙間から…」
と言う。やっぱりそうか、と思った。
でもそれならおかしいんじゃないか?確かあれからは逃げられないという話だし。
そしてよくよく聞いてみると、予想していたこととは少し違っていた。

「…隙間から伸びてきた手に手首をがしっと掴まれてな、
そいつが中に引っ張り込もうとするんだよ。そんでな」
従兄は即座に相手の力をいなすと、
こともあろうかそのまま手首を極めてへし折ってしまったのだと言う。
結局、従兄の顔色が悪かったのは
化け物がどうのこうのということじゃなく、
たとえ変質者相手でもちょっとやりすぎちゃったかな~
ということだったみたい。


299:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:22:40 ID:iqEWksqG0
感心した俺が町の噂を教えると
「あぁなんだ、よかった。あれ人間じゃなかったのか」と
合気道4段の従兄は安堵しておられました。
武道やってる人間はみんなああなのだろうか?

そしてそれから10年以上が経ち、俺も大人になってその町から離れた。
つい最近その町に残っている弟に電話をしている時に
ふとこの話を思い出して聞いてみた。
そしたらなんと「隙間さん」はまだその町に出没してるらしい。

ただし、すこし違うところがある。
10年前には「隙間に引きずり込む」という恐ろしい存在だった隙間さんだが
今では隙間から手を伸ばして、前を通る人を撫でるだけらしい。
弟の友人にも撫でられた奴がいるとか。
人外にも「懲りる」って感情があるのだなぁと思い知らされた


                  .   ´「:::\`   、
              /    |:::::::::\   \ /:::::}
               /     ノ::::::::::/   /:::::::::/
            〈    \j j\::: /   く.::::::::::::/、
           く´ ̄Y⌒ーくYK 厂!ィ≦.  〉:::::::::} \
            \ ノ r.f Yノ /メ ノ! !\/⌒rー─r/
            Yf「| | |/ 〉⌒Y |ノルメ\ノ「 ヌレ'
              //. | | | .l入.メっ  /⌒i Yル'/\
.            //    ' {"ヽ"    入_メっイル'⌒
   〈∨\     i |__     リ } ⌒ヽ「ト、""∧o。 :\ : \
  〈\\\ > ´ ̄      /.‐┴‐〈Ⅵ〈Yレ': :.\: : : :.\: :〉
   \ >'´   )ゝ._     __. ィ´〈.Ⅵハ ∨`Yヘ::\: : : \\
ー─<      ⌒  /´       }    ∨ Y´〉: :.} : : : : \\
      筋肉   / }   y'´r─へ.    |  }く〉::/:\: : : : :.ヽ:ヽ
             / メ{   /   > 、 {   j_ノメ/: : : :ヽ: : : : ノ:ノ
        / ::: Y⌒ト、/ _メ⌒\ノ⌒ーイ!⌒.: : \: : 「\/´::Y
     <´ {.::::::::::ヒへ 「  _jレ⌒::::::::::リ:::リ: :\: : : :.\Lメへ::ノ
  <´      入::::::::::::⌒^ー'.:::::::::::::::::::::/:::/_: : :\: : : :)ノ: :\:\
          \.::::::::::::::人 :::::::::::: :/ ::/|:::::::::>'´ ̄:> 、: ノ\:)
           >-:<:::::::: ̄ :: .:::::::::/::j_::::::::::::::::::::::::::::::::> 、イ

 
-452 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:13:29 ID:VaqEd0ns

更生(?)させた兄ちゃんに感謝だなw


453 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:13:48 ID:ZI5WhTqU

折られた経験なんてそれまで無かっただろうからな
まさに初体験の相手だったわけだ


454 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:14:36 ID:naMPWSwM
妖怪と人間どっちが怖いだろww
乙です


455 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:20:28 ID:aSzaUxHg
乙www
力こそパワー!!
腕がへし折れて治らないから撫でるしかないとかだったりしてなw


456 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:21:29 ID:XMJVtk2U

筋肉に撃退される人外多いなw


457 普通の名無しさん 2013/05/20(月) 00:37:15 ID:y67Y0E2Q
乙でした
なんという調伏(物理)www

元スレ
やる夫でコピペ 139スレ目


7616 『コピペ 隙間さん』の前後エントリー2015年03月16日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


42223 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:08Edit
まあ、スキマさんの配役は絶対に紫さんだわなw
42224 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:08Edit
タイトルだけでわかった
42225 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:09Edit
そら妖怪隙間bbaですし
42226 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:14Edit
昨日に引き続き筋肉除霊の話か。やらない夫の活躍が続くな!
42227 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:18Edit
…引きずり込まれた人は?
42228 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:24Edit
やはりスキマさんもホモで間違いないようだな…
頭を撫でてホモの手になでられる快感を子供の頃から
覚えさせようという魂胆が透けて見えるな…

その証拠に狙われたのはガチムチのやらない夫…
撫でられたのは弟の友人、おそらく少年…
42229 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 00:44Edit
この世で一番怖いのは筋肉であり、信頼すべきものもまた筋肉である。
ミスターアンチェインは正しかったんだね。
42230 ゆとりある名無し 2015年03月17日 00:50Edit
5年くらい前に別のAAで見た記憶があるな、これ
42232 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 08:44Edit
その従兄は、現代の鬼太郎だったんだろうね
42233 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 12:02Edit
合気道に段位はない
42234 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 12:27Edit
合気道に筋肉はむしろ邪魔
42235 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 12:51Edit
化け物を倒すのは格闘家だってらんま1/2で言ってた。
42236 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 13:15Edit
閃いた!

隙間にちんこ差し込んでおけば
42237 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 13:37Edit
>>42233
 他の流派?は分からんけれど、合気会ってところは段位認定しているみたい(四段までが普通にとれて、五段以上が師範代になるとかなんとか)。この話の人は合気会に入っていたのかもしれんね。

 しかし、前の記事といいこれといい、怪異らって人間が抵抗すれば、案外倒せるものなのかもね。理不尽くさくみえて、その実割と対応できるというかなんというか。
42239 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 19:02Edit
武道でもそれはなりに筋力は必要だよ。

42243 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 22:08Edit
武道には筋肉が必要だろ
インナーかアウターかの違いこそあれな
42244 名前なんて無いだろ 2015年03月17日 22:33Edit
マジレスすると合気道はちゃんと段位制度あるし鍛えて筋肉有るに超したことはないよ
ついでに流派によるけど4段は継続してかなりしっかりやってないと取れない段位
42262 名無しさん 2015年03月19日 00:23Edit
2chコピペには本当に格闘技経験者が多いんですね(笑)
42635 ゆとりある名無し 2015年04月07日 01:14Edit
そりゃ日本中から一日何百万人と書き込んでるんだから一定数なんらかの達人ぐらい居るだろ馬鹿かお前そんなの当たり前だろ

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!