やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第二章 二つの財布 その3

2015 10 19  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:ショボン玉, |
252.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――
  競売のお祭りから一夜明けて。
――――――――――――――――



              / ̄ ̄\
             /  ヽ、_  \
           (●)(● )   |
           (__人__)     |
           (`⌒ ´     |
            {         |
            {        ノ
        __    ヽ      ノ          __
        | |=====>    く=============| |
        | |   / l      ヽ        | |
        | |  / /l     丶 .l        | |
        | |  / / l      } l ̄ヽ____| |
      / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l !__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `-  {し|     /  | |
  /    ヽ        `ヽー、}   ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  床についたのは三時間ほど前だったにも関わらず、
  やらない夫はまだ薄暗い、明け方の五時きっかりに目を覚ましていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

988 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:01:02 ID:waXgDE66
253.



                       -‐ ‐- 、
                   /      \
                   i ヽ、._       |
                   ソ(● )     |
                  (人__)       /     「今日は………
                     |      .r‐. |        朝食のあと水銀燈と相談、だな」
                    |     /│ 「 7`!
                    ゝ-‐=、≦  |  \/ 〉、
                      _/    >、 」!   /\/
                , '´  `  /_〉   ∠-‐ '^ヽ
               /      /´ /  /   ≠ニ=」
             〔      /  ∨ /   /    |!
             \ ー‐ ´   /i7´    /      |
                   ` ー‐=ニ二/ []     '        |
                       |       | ヘ       |
                       |   /  ∨ト、   /,イ
                    \/    `|   /イ|j
                        〈      │   i' │
                        |__      |     l
                         厂`   ∧     |
                     /       ' /!  、 ィ′



―――――――――――――――――――――――――――
  着替えながら今日の予定を確認し、
  日課の訓練にでるべく静まりかえった廊下に出る―――と
―――――――――――――――――――――――――――

989 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:02:02 ID:waXgDE66
254.
――――――――――――――――――――――――――――
  四〇三号室の前を通りがかったところで妙な声を聞きつけた。
――――――――――――――――――――――――――――



                          |:::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::::::::::i
                           |:::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::::::::::::::l
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::|       ブツブツブツ
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
                      |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
              f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ    |:::::::::::::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::/
              |  ん?   |...   |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
              乂____ ノ....   |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      〈::::::〈二二二\:::::/〈
                      /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉
                        〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
                      `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
                         :.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′
                      :;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
                  :;:;:;.:.;:.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
               :;:.;:.;:;..:.;:;.:.;::.;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:



――――――――――――――――――――――――――――
  内容までは聞き取れないのだが、
  早口で抑揚のない声はだれかと会話をしているふうではなく
  おそらく無意識の独り言と思われる。
――――――――――――――――――――――――――――

991 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:03:02 ID:waXgDE66
255.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  昨夜、ドラえもんと夕食を取ったり、護衛の調整を終えて帰ってきたときには、
  とっくに日が変わっていたと言うのに部屋の中をぐるぐると歩き回っている気配があったので
  相当にじらされているのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |     (………追い詰められてるようだな)
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  程度はあれ、水銀燈が良いところのお嬢さんという予想におそらく外れはない。

  ならば内容はともかく、娘からの救援要請が届いたならば
  速やかに返事がきても良さそうなものだが、
  数日経ってもその気配がないとあって
  いてもたってもいられなくなってきたということか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

992 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:04:02 ID:waXgDE66
256.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  実はすでに救援を断られている可能性も考えられるが、
  どちらにせよ相談するのは彼女がどうするかを決めてからでいい。
―――――――――――――――――――――――――――――――



             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       |  相談は少し待った方がいいか。  .|
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      乂_______________ ノ
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  水銀燈の出方を待つことした彼は、一つ頷くとまだ呟きの漏れるドアの前から
  そっと立ち去ったのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
-993 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:04:03 ID:jeVzPW7g
部屋の中で歩き回ってるのが気配で察されるとか嫌だなw

8 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:05:05 ID:FgdUvD9E
257.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、祖父からの返事がきてから一睡もしていない水銀燈はというと、
  やらない夫の想像以上に追い詰められていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



             _ -―   ―-  _
           _ -‐:::::::: ̄::::::::¬― 、 ` 、
        /.:::::::}>{包}く]:::::::::::::::::::::::::.\  \
        /.:::::  -宀冖冖宀ー- :::::::::::::.\  \
       /.:::::/                \:::::::::.ヽ  ヽ
.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l      「どうしようどうしようどうしよう………」
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、
   八__ト、    ̄ヽ|l |:::::| `{ム::::::/::|∥ |::|:::fア /.::::::::::::::::::::::::::::::::.\ヽ
     廴__人}   ∥(|l:::ト、 `ヾイ::::|∥ |:::fア r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
     \   `¬ l 八:::::廴   ̄ l |l [   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イlヘ
       `ヽ、?逢 | |':::::|::::L>―<_lハl⌒l⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/l | |
      ー┘ ̄L | |::::::|::::`ー'ニ/ / ` <Y⌒く ̄ ̄`ー-、_/  | | |
        }{  ` |:::::::|::::::::}~ヘ { {  r  \ ヽ::::::::::::〈 ∥ | | |
      `ー-、」_ハ| ̄|::::::::{`(こ`ーヘ、 )    ヽノ.:::::::::::::.ヽ|   | l/

9 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:06:02 ID:FgdUvD9E
258.
――――――――――――――――――――――――――――――
  幼いころから自分の望みは何でも叶えてくれて
  剣匠の道場に通いたいと言ったときも笑って許してくれた祖父が。
――――――――――――――――――――――――――――――



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|       「お爺さま!
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l           私、ワイズメル様の道場に通いたい!」
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \



                                               _. -‐- 、 ,. -─;-
                                               >- !i! ′ !i!  ̄`>
                                           /  i!i  !ii  i!i  i!i \
                                             '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
                                          イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
                                             | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
                                             ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
                                              |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
                           「フフ………           ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
                               いいだろう」          ハ l ー───一 l ハ
                                          _,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
                                             l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
                                             l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
                                             l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
                                             l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l

10 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:07:02 ID:FgdUvD9E
259.



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |.l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ.∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳        「お爺さま。
       `.  ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| } `ヽ、
     /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /   、\      ………私、バイス様とは結婚できない。
    /      ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈   `ヾ\ヽ     私は………騎手になるから」
.  /          ∨_ || ヽ レ ヽ   くヽ.j
 r'´              ∨_::||ーrヘ 、  \ヽヽ〉
仆、              ∨_l〉::ri心. ',   ヽ}
′ \_             ∨_::::ゞ=仆ヽ _ノ
 ,   〉个、.   /.      ∨_::::l:::::}〉 }'´
 |  く:./^ト、> ∧       ∨_リ::::〈| ハ
 |  //  || / ヽ.      ∨┐r' .{ 、ヽ
 !| //  || /   }         ∨   | l |



                                           ___     ___,_
                                         - '      `ヽ、/   ー`-、
                                          >'"  |!     |!     ゝ
                                         /   |! i   |! i i |!   |!  \
                                       イ"  i |!   |! ! i   |! i   |! i  \
                                       /   |! |!  !| i  ∧   |!    |! |!  ゝ
                                       イ  |! i     ,ィ /ーヽ  ト、  |!  |!  |
                                       |  |!   /! / リ/  ̄ ̄ \`ヽ、 |!  |! |
                                       | |! i イリ ̄ ̄     ' ̄ ̄ ̄`i!,リ |! /
                                       /ハ /ノ ==tュ=-、    -=tュ==  | r,、
                                       | f | |  `ー─  | | ──'   | |f |
                                       | `ー| !  二二   | | 二二     ! |j |
                                        \_| | ,     ヽ|__レ    ヽ  |!_ノ
                    「ククク……….            ヘ |  、______,  | ,.イ
                   面白い」.           ___/:(:|\     __     /|:((:|\__
                                  _,.-'"   |: :)):| \      ̄     /  |::)):|......|......| ヽ
                                  |........|......|::((:::|   \      /    |::((::|......|......|
                                  |........|......|:::))::|    \   /      |:::)):|......|......|
                                  |........|......|::((:::|    ::::::  ̄        /:((:::|......|......|
                                  |........|......|:::)):(\     :::::::::   /: リ:::)):!......!......!



――――――――――――――――――――――――――――――
  有力貴族との縁談をぶち壊して騎手になりたいと言ったときも、
  条件付きながら支度金までくれて送り出してくれた祖父が―――
――――――――――――――――――――――――――――――

11 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:08:02 ID:FgdUvD9E
260.
―――――――――――――――――――――――――――
  無一文どころか、借金まで背負った自分の助けを断った。
―――――――――――――――――――――――――――



      ____
   ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
  /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
 //.   u  l    l ヽ::::::`、
.//.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ
l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ    「どうしようどうしようどうしよう………」
l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
 l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
 ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
  ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
   `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
     l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
   、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\
    ./L/::::/ l::::::::::::__,、::l   >::::::ゝ l ̄
   ∠:::</::::/,‐レ^マ/  )(〈^7::::::/l ノ
     ̄〈:::〈lて π`Z  〈.  /::::::< ノl l
      ゝ:::::"vl><l`‐'´`´:::::::::::`‐、iノ

12 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:09:06 ID:FgdUvD9E
261.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  羊皮紙を暖炉で炙ってみたり水につけたり、合い言葉をなんとなく唱えてみたりと
  くたくたになるまでいろいろ試したが文字がにじんだだけで、
  かじったり磨いたり踏みつけたりした石ころは真っ二つに割れた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            r─── ァ‐
         _ ノ:::::::::::::/
       /:::::::::r ‐v ´
        7 Y⌒
                            /ヽ
                            !、_ヽ
                          ::   /\ ...
                            ,|_/i 。

                rvヘ、
                   メ;;;;;  \
       ivヘ,.ィ、_,ィ1  ぐ;;;;;    \
       |;;;;;;;   |   \;;;;;;    \
       |;;;;;;;   |     \;;;;;;    \
       |;;;;;;;   |      \;;;;;;    \
       |;;;;;;;   |        \;;;;;;    \
       |;;;;;;;   |         \;;;;;;    \



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  書簡に至っては他に何か隠れていないかと真ん中からへし折ってみたが
  やはり何もない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

13 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:10:14 ID:FgdUvD9E
262.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  挙動不審に部屋中を歩き回ったり
  ベッドの上でジタバタした彼女はそこまでしてやっと、
  実家の支援が期待できないことを受け入れたのである。

  しかし、地元であれば知らぬ者はいないはずのアカギの家名を失って
  ただの一個人になったとたん、ものすごい恐怖や焦り、不安がのしかかって来た。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             , _,,,
                         ヾ 、、           __,〃ノ;;;;;;;;≦ー''
                         `ヾ`;;ヾ;;;ヽゞ__     , 」´/ノ;;;;:;;;;;;;;;;≧`ヽ、
                         >;;;;;;;;;;/´   ` <´シ-ー-、;;;;_≦`::. ::.::.\,-┐__
                          `≧、/___ _ .iフ  ` 、 ヾヽヽヽ、::. ::. ::. ::;.ヾ-、‐_,`ヨ┌フー='コ
                           ヾ{=薔==⇒K=ッ,.-ヽ、ヽヽヾ::. ト-、::. ::. ::. :.ヽ⌒レ‐::'´::. ::. :.ノ´
                           /トー-- ‐‐ '´!トヽ i::. :::.ヽヽゝL_」::. ::.ヽ::. ::. ::. ヽ´ヽ::. ;;- ' ´
                            7∧.i   i  l  L!::. ::. ::. :.》、ノ::. ::. ::. :.|ヽ::. ::. ::.ヽ┬´
                           ` iヘ  ハ 从レl〈::. ::. ::斗,ヘl::. ::. ::. ::. i ヽ::. ::. ::.ヽ!
                           レ! ヽ' ノ i レ`='|=ラ7ミ、テ,i::. ::. ::. ::. .! `ヽ、::___\
                  「あううう………」      ヽ!、::. :)   ,!ヽ`ソ::ゞ、>l::. :.ii ::.:/  , ノウ    ̄
                               /`:.∧´ =×ヾ::.人><ヾ::. >< ノ`ヽ>ノ
                            /::. :i  ゝ`ー‐'7i::. ::.ヾ`ー\_::. ヾ::. ::.\
                              く::. ::.|-!‐>  フ-|::. ::. :.ヽ、  ` ー ----┘
                               >、_」_」-'   /ーl::. ::. ::. :ノ
                              ´'u' u ゙   彡`フー--‐´
                                      ´



――――――――――――――――――――――――
  天馬の面倒を見ている場合ではない。

  このままではそもそも自分が生きていけないし、
  あの青年に見捨てられたら路頭に迷う羽目になる。
――――――――――――――――――――――――

14 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:11:01 ID:FgdUvD9E
263.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今すぐ実家に戻り、心を入れ替えて貴族の娘らしく生きると許してもらえるだろうか。

  いや、そもそもあれは支度金ではなく手切れ金であり、
  これ幸いと放逐されたのでは。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                「はううううぅん」
                          、 ,.、゚ 。
                          ∧i ヽ-‐'ヽ、。・ ゚ o
                         , 、,   r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/
                     ,,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  , 、
                 フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ
                      7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、
                /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、
                  '″:::::;,.''  // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ
                   / 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \   ヾ\
                 ,レ'  / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!   \
                        ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ
            ,. -───‐ァ'´.:::/:: :: :: :://  入:: :: \、_
           ./.:: ::. ::.::: :: :::/.: ::/:: :: /:: / \/   \:: ::.\`:.、
          \::.:: :: ::, ‐'´.:: ://:: :: ×.:: ::/ /\    \:: 、:\::\

 
-15 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:11:46 ID:YHi3G3C2
めっちゃ悶絶しとる

16 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:12:02 ID:FgdUvD9E
264.
――――――――――――――――――――――
  援助がまだだとごまかすにも限界があるだろう。

  そのあてが無くなったと知られたら
  何を言われるのか分かったものではないと、
  膨らむのは悪い想像ばかりだ。
――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |         / / ̄\ \:;;;;;;:// ̄\\
.  |        | |. ○ .|  ,|:;;;;:| |. ○ .| |
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//    「アァン?金が返せないだ??
.   |             ,/   :::|::     \         だったら体でもなんでも売ってくりゃいいだろうが」
    |            |      |     |
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
.    |             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
.    |               '.{    :l    }/ /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       \               u     / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \

 
-17 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:12:42 ID:MX1Coc3Q
ここのない夫がこんな事言い出したら噴飯モノだわwwww

18 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:13:02 ID:FgdUvD9E
265.



   ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
  /                        ヽ
  (  とりあえず耳を揃えて返すまで     )
  )  俺の言うことには絶対服従だからな。(
  (  うへっへっへっへっへ…………    )
  )                        ノ
  ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
               O
              o
       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!.      「だだだ、大丈夫よね?
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |          そう言うのに興味ないって言ってたもの!」
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  本来は優雅に、高貴に、そしてできれば賢くあり
  いい所のお坊ちゃんと縁組みすることで血筋や立場をたもつことを
  求められる彼女が取り乱したのも当然だった。

  いままで生きてきて銅貨はおろか、青銅貨の一枚だって自力で稼いだことがない。
  お金なんてものは家の財布から自然にあふれ出てくるもので、
  汗水を垂らして働くという概念とは縁のない世界の住人だったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

19 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:14:01 ID:FgdUvD9E
266.
―――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、祖父はつねづね言っていた。

  アカギ家の一員ならば、平民に貸しを作っても借りを作るなと。
  平民に施すことはあっても、決して施される側に回るなと。

  特権階級はつねに持たざる者への模範でなければならず、
  その立場を維持するための義務や役割もあるのだと。
―――――――――――――――――――――――――――――



/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT´
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | |       「もしかして………
\ l                   / / l | |..     お爺さまが怒っているのは借金のせい、かしらぁ………?」
  l\        '      //´ / , ! ^
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.:〉
.::/.:: }ノ》   ー イ |  |弋 l/ 《|::.::.::.::.::.:..\::.::.::.::.::.::./.::.::.:/
/.::.::.::.:|》  _∠.ノ⌒Y⌒ヽr―‐v'゙´ ̄〉.::.::.::.ヽー― '.::.::.:/
::.::.::.::く ̄`〈  ヽ   |   l|  |  /.::.::.::.::.::.:.゙, ::.::.::.::.::厶
::.::.::.::.ト    ヽ       ___     ′ 〈::.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.::./小\
::.::.::.::.|        jイ仁ミ┐    |::.::.::.::.::.::.::.ト-::.::.:{ { |ヽノ
::.::.::.::..\       <{弋ヾイノ>     〉::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.ト-ハ l



――――――――――――――――――――――――――
  いまの自分がその教えに反しているとおもった水銀燈は
  援助を断られた理由がそこにある―――と考えた。
――――――――――――――――――――――――――

20 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:15:02 ID:FgdUvD9E
267.



┌───────────────────────┐
│              闇天馬の治療費 それなり        │
│    移動中の食料や消耗品経費 ほどほど    . .│ カシャ
│                 宿泊費 結構高い       │ カシャ
│               再生手段の経費 超たくさん     │ カシャ
│                   合計 金貨いっぱい  ...│ カシャ
└───────────────────────┘  チーン



//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::|
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|      「いったいいくらになるのかしらぁ………って」
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \        |        / /   , \  //
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三
ア´::/ ̄ ̄>ヘ  l\:::: ヾ 二イ| ト ニノ:::: /  /::::::::::::/__\三二
::::: /  /::::::::|\ l \::::::::::::|:| |:|::::::::::::/ / | ::::::::/::::::::::::::::::ヽ三



―――――――――――――――――――――――――――――――
  されど実家ならば余裕の額も、白金貨数枚は入っていたはずの
  懐の財布―――それも逃げているときに落とした―――さえ失った
  自分にとっては絶望的な数字になる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

22 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:16:02 ID:FgdUvD9E
268.



                      , - ―― - 、
                    , ゙ xr=fx=ミxfzrx ヽ
                   / xf>'´/>==</ マz.∨
                    ,'イソ>fシ'´`´`´`´ゞx:、/マム
                  ,ム/ハ'´ 〃 .i :. `  乙ミハム
               z介ソ / , !  | ハ ハ  iハゞ介え
                ハソ{|!' { i | >,.!  ! rマ_ j iム }}
                 ノ!レ|  マ// /Y  リ ハヽヽ\ト、 Vハ
                /,イリハ  ム r r' / |从i{マ 〉 〉ハ { V.ヘ
            / ム' ,! :|\ヽ  .! .j i; ヽヾ' ' ' j |ハV.ヘ.     「ううっ………
.            / 〃| ! :ム ヾ   ノr==zハ    /, ハ:!:V ヘ.     一体どうすればいいのよぉぅ………」
          ,' .,' /.|:|:, マ}   イ、.`=´ノ:、  :|;゙ノ ||,∧. ヘ
.          / ./〃;ハ∧ .ムrx._rxリ//リ゙く// | r:り_/'//ハ_ .ヘ
         / .,': /./.,//∧〈{'´ 八 j{`Y∧ヾれジーチリ////〃 ヽ
.         /  ,' ./人////ハ }-|\:ハ/ハ! ヾム./ハり,//彡゙ム  ヘ
       ,' ../ ./.::::/ゝ.///ソ=ミ:{//ハ{/〃 {,ハ////∧ミ介z::::::::ム  ヘ
.       / ../ ./.::::/.::::::::イ介}=チ/////fzム//////,ハ/,:|ヾミ}::::::ム  .ヘ
      / ../ ./.::::/.::::::::/ム}{j///////,{,/∨∧///// }/ハ彡'.::::::::ム   ヘ
.     / ../ ./.::::/.::::::::/=i=ム///_//////,}////〃//≧ミ、::::::::::ム   .ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  財布が空、どころの話ではない。

  地元から遠く離れたこの地で財布すら持っていない水銀燈は、
  先の見えない不安と恐怖に耐えきれずとうとう泣き出してしまったのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

23 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:17:04 ID:FgdUvD9E
269.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――
  同じ頃。
  町外れの草原で訓練していたやらない夫は
  ようやくにして自分の身体を理解し始めていた。
―――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        /   \_ \
        |    ( ●)(●)
       . |     (__人__)  「はあっ!!」
         |     ` ⌒´ノ
       .  |         }             シュッ!
       .  ヽ        }────=三──── 、
        /       ノ   _≡三____ ト≦ )
       /         /´ ̄       =三 ̄`ー '
    /          /
   (   ―─ '⌒")  /
    ` 、___ ノ  /



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ 【正拳突き(体術・初級)】                               ┃
┃ 正拳突きという型を戦技まで高めた一撃で                ┃
┃ 気をためる時間を長くすることで威力をさらに高めることも可能     ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

24 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:18:14 ID:FgdUvD9E
270.



                    / ̄ ̄ \
                /      \ヽ   「崩拳!」
                  |       ( ●)
                 |      (___ノ)            ” 、 ` /  /,  ゛
                |         ノ              ヾノ( _/ ,  ,
                |        }           __ ⌒ヾて
                  ヽ    ィ'⌒`────=三─── '⌒")
                         丶      _≡三_______ ノ ;
                   /        /´ ̄       =三 ̄  ̄ _ ノ(、
               /   /      /              /Y⌒\
                (   メ /      /               ,,,,、                 ,,,,,、
                 ` 、 ノ      /___        ,! .,i´:iー匸l  ┬-、        /` ,l゙
          __/ ̄ ̄ ̄             ヽ     │.l_ ゙‐'゚″  .|,,,ノ  .,,,ο    | ,i´
.          ̄ /  ____人____    i       ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡'"`    .|丿
          _/  /             |   |     / / `"   ,―''''゙ン'"`      _レ゙
.          /  /             二    |    l゙丿     `'-‐"           ,i´丿
.         三二丿ル/) \从  ヽ从三三___)从



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ 【崩拳(体術・士技)】                     ┃
┃ 気をためる隙を無くし威力も増加させた      .┃
┃ 正拳突きの上位技                       ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 
-25 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:18:47 ID:MX1Coc3Q
ああ、たしかジュンが「空気を殴る音がした」とか言ってたやつか

26 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:19:01 ID:FgdUvD9E
271.



 ,/  / /  /   ./
'"  / /  ./   /
 /./  ./   ./
"./  ./   ./                                                       /
'"  ./   /.      ,-、     _,.. -一' " ´  ̄  ̄`ー-、                               / /
  ,/   /.     /ヽ、 ', -‐/´ )        /´_    i                             / /
/   /       ,'ヽ_ )´  ヽノ       ,'      ヽ ´  ̄` ー-、                     / ,/
   /         ,ヽ ヽ   /_ ,.. -一──|_.. -‐- 、         ヽ                /./   /
. /.          ヽ、ヽノ-‐ ´       /       ヽ   _,.-'     ヽ             / /    ./
‐゛            `¨          ,'          ',          丶        / ,/   /
                          \,  ,/     l              ',       / /   /    /
                          (●) ( ●)    i                   / ,/   /    ././
                            (__,、_)      /    ヽ、         ,/./   ./    ././
             「空―鳴――」     ヽr-ヽ    /      !.        / /    ./    ././
                            ヽ¨´   /                ,/./   ./    ././   ./
                             `ー‐ ヽ/     `ー、.     / /    ./    ././   ./
                                /         ヽ.゙/ ,/   /    ././   ./  /
                                i.           / /    ./    ././   ./  /
                                      / ,/   /    ././   ./  /
                                       / ./   /    /./   /  ,/   .//
                                      / ,/   /    ././   ./  /    //

27 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:20:02 ID:FgdUvD9E
272.



        :,         |          /            /                          ´
        :,         |            /             ./                      ´
        :,         |           ./           ./                    ´
         :,                    /            /                ´
         :,        |        '         /             ,  ´
 \.         :,.  _______        /        /             ´
.   \.       _,./       ヽ    /       /           ´
.    \..  /  ─、,,_   _ヽ、-ー 、..     /       ,  ´
 、    \...〉       `Y(,_ )  ).    /       ,  ´
  `  、   (´   ─、,,_  入_____ク / ̄ ̄ \..゙,  ´
      `.  }         \_/   /./ \,  ,/ \
          {   ─、,_   !   、i |  (●) (●) |
          ヽ      ヽ/  /( |   (__人__)  |
           ヽ ¬─-ー"  /   ノ |    |r┬-|  |   「拳!!」
―   ―――.. ゝ、_     _L  / ヽ |    `ー'´   |......―  ――‐ ────────────  ───
              `゛ー<  /    ヽ        /
        ,イ,イ..´ ,.  ,゙∨       ヘ      ゝr'.二ヽ、
     /i i:::i.l::i../  ,.. ∨             i^Y゙ r─ ゝ、
     ,...i:::::i i:::i.レ゙..  /...  ヽ            ヽ._H゙ f゙ニ、|
     i:::::゙´:レ゙.         \             \`7ー┘!
    /:::::::i'゙.              ヽ               「:ト  イ
  /:/i::::i ト、   i:ヽ. i:ヽ  ,へ..╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  i/,ィ .i::::i i::ヽ   i:::ヘ i::ヘ /:::/..┃ 【空鳴拳(体術・匠技)】                                     ┃
   /::i i::::i ヽ::ゝ  ヽ::ノヽ:ノ/:::/. ┃ 大量の気を拳に集めた一撃で、その威力と速度は大気が打ち震えるほど。......┃
   レ゙ レ゙  ¨      .//   ┃ 打突の際にパンッと乾いた音がするのが特徴。                    ┃
                      ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

29 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:21:02 ID:FgdUvD9E
273.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  拳に空気が乗る感覚がなく
  三つ目はうまくできなかった事を再確認した彼は右手に視線を落とすと、
  多少なりとも戦技を知るものなら耳を疑いそうな事を呟いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  気を練れなくても士技までは使えるが………  |
乂____________________ ノ
                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l
           l   l    |    |  |    |
            |   l   | ー-  |   l   - l
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
         \    /        /            |
          ヽ、       /  /   l              |
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /

30 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:22:02 ID:FgdUvD9E
274.



                ,   ̄
            /       ヽ
               |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)
.              |     (___人__)
            j         / ',        「ゴッドハンドスマッシュや
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ         グランダッシャーまでは遠そうだ」
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ 【ゴッドハンドスマッシュ(体術・豪技)】                  ┃
┃ 空鳴拳の上位技。                              ┃
┃ 練り上げた全身の気を一点に集中させた拳をたたき込み  . ┃
┃ 相手を内側から破壊する。                          ┃
┃ ※ファイナルヘブンと呼ぶ流派もある               ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ 【グランダッシャー(体術・豪技)】                          ┃
┃ 体当たり(初)から派生していくタイガーブレイク(匠)の上位技。    .┃
┃ 大量の気を球状にまとってからの体当たりで、                ┃
┃ 凄まじい速度で叩き付けられた気が質量爆弾の役割をはたす。   .┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まいったな、とバンダナを触ったのも当然だった。

  まったく気を練ることが出来ない―――起点となるのが丹田ではなくなってしまったか
  循環させるための気脈になにかが詰まっているかようだ―――以上、
  谷での修行で身につけた豪技はおろか、匠技を取り戻すにも時間がかかるに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

31 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:23:01 ID:FgdUvD9E
275.
―――――――――――――――――――――
  何かきっかけでもと急いている自覚はある。
―――――――――――――――――――――



       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
.      |:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/.  「以前のように訓練を繰り返すだけじゃ
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/.    駄目なのかもしれないな」
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  現時点でもそこらの相手なら問題なくあしらえるのだろうが、
  知識はあるのに技術が失われているという状況は
  いざと言う時の判断を鈍らせたり誤ってしまう危険があるし、
  昨夜遅く、食堂でドラえもんの護衛を名乗り出た―――
  いまの自分よりも若く、よほど腕が立つであろう―――少女に刺激されたことも理由の一つだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

     - - -- ── ────────────────── ── -- - -
          - - -- ── ──────────── ── -- - -
                  - - -- ─ ── ─ -- - -
                       - -  - - -

32 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:24:09 ID:FgdUvD9E
276.



                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        |  ご協力ありがとうございました。 |
                        乂______________ ノ

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  いえいえ、僕は少し口を挟んだだけですし。   |
|  貴重な経験をさせていただきました。         |
乂____________________ ノ
    、-、 |    l   l   /  /  | '  , '".|, イ:::::::::::::::::::
 \==ーヒl-===   l   /  / / |, '", イ |:::::_;..-'''"
   \ ヽ `"  l  l  / ./ ./ , '゙|, イ : ::|,へ :  ハハ ノ 、
=============================i,へ |  | ̄ ,-「|] |} |コ |
  ___________ ||YヱYYヱヱ.|| _______ .l: ̄ [「L!,.. .-‐ '''""~
  |l::::::::::::::l|゙|| i⌒i | i⌒i || {lilililili} | i'""~,-ハ ハ ノヽ. ハ  「
  |l:T:T:T;:l|゙|| l.Y.l | l.Y.l ||  lニニコ | l [「L| |[ |{ l| } | | i ノ
___ 二二二_.|| l|l | l|l ||____________|~""''' ‐- .!.!,__| l |
 l | l l l || l ̄l | l ̄l || l | '''- .._"''' ‐- ..,__  ~""
 (ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄二ニ)l  l || l |     "'''- ..______"''' ‐-
-----  ̄|~}{~| ̄_____-------(二)        |::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄/ | 十 l.__||ll|ll||  ̄ ̄ ||_l|(二 )      |::::::::::::::::::::::::
 ̄/ ̄ ノ ⌒ ||、||二|| ̄ ̄ ̄..|| l|.||__||:.    |::::::::::::::::::::::::
/------- - |l .||  || ---------|l ||:.    |:::::::::::::::::::::::
     /    |   ',        :::\   |:::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  競売のあと。

  もしもの追跡などを振り切れるよう馬車を乗り継ぎ、礼服から着替えて、
  あれこれやった二人がとある酒場で遅い遅い夕食にありついたのは
  二十三時過ぎになってからだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

34 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:25:04 ID:FgdUvD9E
277.



        , ─── 、
    /   /⌒ ⌒ヽ \
   /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
  / /   `ー ●ー    ヽ
  l |   三   |  三  |
  | l \     |    / l
  ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_    「やらない夫さんはこれからどうするのですか?」
   >━━━,-、━━━ ( _ )
  /  /  ヽフ ヽ   /



                                           / ̄ ̄\
                                           ノ ヽ、_   \
                                               ( ●)( ●)   |
     「しばらくは水銀燈に付き合いますよ。                i(_人___)     |
.       クリムゾンも向こうに待たせっぱなしですし」.     ,、,、     { `⌒´    |
                                         >ゝヽ__   {          |
                                   f \)ヽl   ヽ      ノ
                                   ゝ `Tヽ.>    ヽ    く
                                         |`¨¨´::l  /       ヽ

35 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:26:04 ID:FgdUvD9E
278.



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _     「………再生の件ですが。
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /.      確かに東部でも品薄ですが、
  >━━━━,-、━━イ /        お知り合いの国やダンセニア村に頼めば
 /    /    ヽフ  ヽ  l/.         二つ、三つぐらい手配してくれるのではありませんか?」
( _)  |  ____ | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  転位費用がかなりかかるとしても
  英雄の頼み事であれば相手はきっと気にしないはず、とドラえもんは言ったのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

36 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:27:01 ID:FgdUvD9E
279.
―――――――――――――――――――――――――――――
  片眉を動かしたやらない夫はまだその時ではない、と首を振る。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           / ̄ ̄ \
                                              _,ノ ヽ、,__   \
                                        (●)(● )    |
                                          (_人___)    .|
                                           '、       │
            「それは水銀燈が諦めたら考えますよ」      、      イ
                                           ゙、 ___,. イ i
                                          ,r... __>ーメ.┴ュ
                                          _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
                                     ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
                                       「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
                                   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
                                      / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                   /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
                                     ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ

37 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:28:02 ID:FgdUvD9E
280.
―――――――――――――――――――――――――
  手はあれど、まだ選ぶときではない。
  その答えに髭をしごいたドラえもんは暫し考え込んで。
―――――――――――――――――――――――――



          ,  ────  、
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
     /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
      /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
     l  /   ─    |   ─   ヽ  l
.     |  l   ─   |   ─    l  |
  , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
  l    l     , ─┴─ 、      l /   「………過剰な手出しはしない、と?」
  ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
    ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
    \    /   ヽフ   \   ヽ



                                           / ̄ ̄ \
                                          ⌒  `⌒  \     v-,
                                             ( ●) ( ●)   |     | r
         「経費を半分持つと言い張る以上             (__人___)     |      | |
        俺の財布任せと言うわけにもいきません。.        '、        |     | |,.-、
                                           ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
        それに、他にも手は思いつきましたから」     / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
                                         l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
                                         」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
                                         l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
                                        / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
                                       / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
                                      / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
                                     / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

38 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:29:02 ID:FgdUvD9E
281.



      ____
   /   -、- 、\
  /   , -|  ‘|‘  |- ヽ
  /  /  `-●-′  i.
  | /   二  | 二.   |
  | |    ─  | ─   !    (いまはあくまで協力者であり、冒険者―――
  ヽヽ   / ̄ ̄\ /       と、いうことか)
   l━━━━6━━
    |  \/ ___ヽ |
   ! 、  ヽ   ノノ j



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の道は自分で選ばせ、自分の足で歩ませる。
  ただその為に必要ならば身を削ってでも後押しし、傷ついてでも前に立ち護る。

  東部では類を見ない人脈、名声のほか、超一流の実力や無限の財布を持ち、
  三国を救ってなお、助けられた者達が彼に依存せず自ら歩んでいるのは
  緊急性や時勢などによる例外はあれど、
  そう言う立ち位置を心がけているからなのかもしれない、と何となく思ったところで
  やらない夫が手を止めた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

39 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:30:03 ID:FgdUvD9E
282.



                                              / ̄ ̄\
                                          /  ヽ、_  \
                                         (●)(● )   |
                                         (__人__)     |
                                         (`⌒ ´      |
            「それよりドラえもんの事ですよ。                {           |
.             東部各地までの護衛を探さないとですね」.      {       /
                                          ヽ      く
                                   ⊂てヽ   /        ヽ
                                       {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                          \__/   |      |  |



          , -────- 、
.      /       /⌒ヽ⌒ヽヽ
    /     , -| / (|)\ | \
    /    /U ヽ、  .l、__ ノ\ヽ
.   /    /       ̄ ●   ヽl
   i    /      ̄ ̄   | ── |
   |.   l      ̄ ̄   | ── !
   |.   !       ̄ ̄   |   ⌒ヽ
   |.    |           __|___ノ     「そうですねぇ。
   ヽ   |   / ̄ ̄     /        さすがにこれだけお預かりすると不安でしかたありません」
    >━━━━━━,-、━━く
   /   /       '、フ  ヽ ヽ


―――――――――――――――――――――――――――――
  どんな金額でも、自分のものならば無くしたり奪われたりしても
  自己責任の範囲であるし諦めも付く。

  しかし恩人からの頼みとなれば話は違う、
  失敗したら髭を剃って詫びるでは済まないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――

 
-41 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:31:51 ID:YHi3G3C2
ヒゲを剃って詫びるwwww

40 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:31:08 ID:FgdUvD9E
283.
――――――――――――――――――――――――――――
  とは言え、冒険者なり傭兵なりを雇うにしても、
  東部各地までの長丁場につきあえる集団は多くないだろう。

  実力の他にもいろいろ考慮しなければならない面があるが
  どう募集したものか、と腕を組んだところに
  悔しそうな声が飛び込んできたのでそちらに目を向けた。
――――――――――――――――――――――――――――



                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |  チックショオオオ!!                  |
                                    |  こんな事ならグレンフィディックまで帰って    >
                                    |  王都の競売に出せば良かったぜ!!      .|
                                    乂____________________ ノ

                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                             |  ホントだよぉ……                          |
                             |  せっかくの精霊石がまさか三百八十だなんてさ………    >
                             乂_________________________ ノ

                      l  /
                __    ′/
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′
              _ノ   `、     7
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ    「ん?」
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

43 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:32:02 ID:FgdUvD9E
284.



                                          ,. -= 、‐-...、
                                       /,..:´.:.:.:.`ヽヽ.:.:.:ヽ
                                         !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y!.:.:.:.:
                                      从:.:i、:.、:ト、.:.:.:|!.:.:.:.:.|
                                       イ必` `-_z‐ Y!.:.:.:.:.|
                                          |`´ ,  イヒメ ,i´Y.:.:.:ト、
                                           ∧ r‐、 ` ,.イ-:'|.:.:.:l )
          「ここしばらくの最低価格と同じだけど、.        /.:/\__ . ィ/.:.:.:.:人.:.:\
        まさか誰も競りかけないなんてねぇ………」..... /.:/ /:| /.:.:./.:.:.:.:) .:.:\
                                      /:,'/:/ ̄ ̄`i、.:.:.:/.:.:.\.:.\
                                        //://     | Y .:.:.:.:.:.:.:.:) .:.:\
                                   /:::/´〉〈_      / \.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.ヽ
                                     //√  厂 `  / /∠__ \.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:i\
                                   //.:!  /   / /´\__  _.〉从`ヽ.:.:.:.ノ  )
                                〈/l从∧/  /__,.イ   丶  ̄\   ̄



                                        ,イ:.__:.、 /ィ゙-.、
                                          /゙レ',:',.zュi_/´=-、 i、
                                           ,..!-'~  ̄三‐、 `ヾi l.ヽ、
                                         _/ '": : :, '´: :/ :〉、: : :゙リヽ、ヽ
                                        /: ヽ`ヽ、: : :./: /; :ハ、:.,' 、 `ヾ、
                                  i: : :、: ヾ、 .、'´: : ;/ ' ; 、:l ハ:ヾヽ、 ヽ、
                                  l: : 、:ヽ、ヽ: :V-、': : ,:' l j/:, l: ヽヽヽ、i }
                                  i:ヾヽ`ヾ、:!: :.lr、.i: /:l :l: :ヽヾ: :|: :ヽ:.リ!|
                                        `‐、~゙`ニ'、: : l、j lヽ:.l lヽ/〉:ソ: : :l://
                                          'Y゙tj ヽ: lヾハ、l:l: :V: /:./: : : :j'
           「あーもうがっかりだよぅ。              /    l/ l  l:l: : l: ,!'´:,. -イ"
          やっと支払い終わると思ったのにー」      `ヽ.-‐,ノ /L..l l、/;. '"、lヽ.',
                                            ヽ、_/゙i :l レ'´、ヽl ヽl `ヽ、
                                              l:ハヾ: :、ヽ ` l¨‐-. .、: .ヽ
                                      ,ィー'ゝ_、': =-、____,. -‐.、_: :ヽ: i
                                      ハ / /:`: : : ノ:'/   :l 、` ー'-.、___,
                                       l,:! ,,.. /: : : : '´: :.l    |: l     ヾ、
                                     / "    ̄`゙ー---'、 ,    l    / ̄:l

 
-44 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:32:38 ID:0ZfAYo3Y
ペルソナ組か

45 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:33:00 ID:MX1Coc3Q
期待した分だけ落胆もおっきいか

46 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:33:02 ID:FgdUvD9E
285.



             /////,/////////////\///メ.、
            /////,//////////////////メ、//ム、
              〈////,:'////////////////////ハ///ハ
            V//,'//////////////////////,ハ,///,'ハ
             }!fメ.、///////////////////////!////,}
             ハ</メ.、////////////////////!///
           ,ノ:/'イ`:</≧s。,,,,__/////////,,,。≦7
          -≦彡::::ノヘ!:::::::i::Vマ/ー--========≦/!、
           / i:::::::',(:V::::':,::{V'≧z,/////////////,リ`ー
             V,:::ム, V':、'ト、゙乂タヾ'<//////,メ/
              ハ!V>メ、::::ヽ     j'´ ` ""´/:/
               jハ:::j ヾヽ)      __:、.人'
               |, ∨  \     ,  、´/{           「今さら言っても仕方ありません。
               '   `:. 、  :>.、    ,/
               ,'     ` ''7! `7={                とはいえどうしますか。
            > ' 八       /:! f ゙!:! ハ' <.           返済期限まではあと半年ほどになりますが」
        > '" > '"   ヽ    f': :!  ':jノ  ` ' `≧=-ミ
    > ' メr ' "´       > 、@): : 、 ノ@'         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  /     ヽ            ̄   V o.         |  また遺跡にもぐるクマ?                     |
                                  |  それなら回復役を捜したほうがいいと思うクマ。     >
                                  乂_______________________ ノ



                                               ‐-
                                           ´         `ヽ
                                     /
                                    /
                                      /   /              ヽ
                                    ′ /             ,,     i   i
                                        i          /   il 八    |   |
                                        | {   / / / ,ノ}/  }八    l
                                        | ハ !,z‐←=彡 、_,ノ,,_,, }   }   ,
                                        i八丶代:::ハ    八::::ノ ノ j /}从 /
   「やっぱりさー、司祭か                     \}` ´     `  ´  ´_ノノ /「\
.     女性の精霊使いが必要だね。                八    ,        広ィ ∧ }   ` ー--
                                       /{   、         / /  /     /⌒ヽ
.     高騰してるし霊薬代もほんと馬鹿にならないから」..   !-‐1i \´‐`   . :  /   ∨⌒゙>ミ 、     i
                                   { 人 八 { ー=く    i  } /   / / \   〉
                                     〈V  }  \}_\  }  │ {/   / /    ヽ {
                                     ∧   {     o|   ー---‐!彡    {  {   ⅰ }  }

 
-48 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:34:06 ID:YHi3G3C2
何十万と稼いで返せない借金とかコワイ

47 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:34:05 ID:FgdUvD9E
286.



             ィ´:/⌒ヽ、
           /: ://: {/: ⌒ヽ
         ー==彡: ': /、\ : : -‐ヘ
             /: : : : : : {:_:_: :/ : ハ : ハ
         / : / : : :{てV: ムメ、}: : }
    , --==彡イ:/:ハ: ノY / '代リ` 从'
.   /, : :-‐: / : /{:{/、 { ′   {イ{
   {:′ : イ: : : :ム/__ \  マ> ノ从     「雪子先輩の応急手当と私の回復の歌じゃ限界あるよ。
  /: ;/  ノ: :/ ´// >-、ー=≦
  {i {   .′´   ///    )         でも仲間にするなら八人割りになるし
  リノ   {/   // ′    〈\_           雇うにしても報酬が必要でしょ?」
      /   // ′   / `ー=ミ、
     {   〃 i      .′     } }
     辷 彡ヘ {    廴     { {
            Ⅵ 〃    ¨¨ ー- _}
             { ″            >、 -‐  、}
              ヽ¨¨  ー-  _   {zz{、__ ヘヽン



              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ      「……………」
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨
    V/////|/V\/\    /  Y{////f// |//////
     V/////V\ Y//三/    |/|/// |///!/////
     V////f///〉´//// |    |/|///イ///|////ヽ
      V///V///”//// 中   !/|////////////\

49 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:35:02 ID:FgdUvD9E
287.



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__) ヒソヒソ
 ヽヽ ( ______ / / /
  >━━━━,-、━━イ /   (ああ、精霊石の競売委託者ですね。
 /    /    ヽフ  ヽ  l/     思わぬ安値に予定が狂ったのでしょう)
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l
                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  |  だいたいカンジががぶがぶ飲みすぎなの~っ!   >
                                  乂______________________ ノ
             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
            |   .( ●)(●)                          |  ンだとコラァ!              |
.             |    (___人__)                        |  飲んでんのは俺だけじゃねぇぞ!   >
             |        ノ                      乂________________ ノ
.              |        |
              人、       |   「ふむ………」
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  会話の内容、彼らの装備や立てかけてある武器種を見た感じでは、
  魔法騎士、武闘家、魔法使い兼治療士、戦士、武闘家、詩人、弓士の集団と思われる。

  高級な魔法の武具も多いし立ち振る舞いも熟練をうかがわせる。
  装備のくたびれ具合からして経験も多いようだが魔術師―――
  特に司祭が足りない、といったところだろうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-51 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:36:20 ID:S2AW0wRE
7人PTで被ってる職がないって実際スゴイと思う

50 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:36:03 ID:FgdUvD9E
288.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あまり報酬が高すぎるのも大金持ちだと吹聴して余計な危険を呼び込むようなものだが、
  物品輸送の護衛であれば市価の一割が相場―――人や集団の護衛であれば
  人数や戦闘技能の有無、資産により要相談―――であることからすると、
  ついていなかった冒険者達に依頼するのも一つの手かもしれないと考えた時だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         l  /
                                  / ̄ ̄\   ′/
                                /      \
                                 |      : :::::::|
                                     |     :::::::::::::|
                                    |      :::::::::::::|.        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                  {      :::::::::::::::|       |  おじさん、おじさん。  >
         (四百二十で依頼して―――).      {    ____/.         乂__________ ノ
                                 (, ./_.,r'ニニ'r
                                 ン:`三ー`_:ニニ:'r
                              <:::::::::::、ニ,´::::::::::::::::\
                              ,.-''´::;:、::-;::::::::::::::::::::::::rlッ
                                r{:::⊂-='"::::::::::::::::::::::::::::fァ
                              r!:::::r:::{ロ}::っ:::::::::::::::::::::/
                               l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l
                              /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::l

52 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:37:02 ID:FgdUvD9E
289.
――――――――――――――――――――――
  背後から声をかけられたやらない夫が
  俺の事か、と目を丸くしてそちらを振り返ると。
――――――――――――――――――――――



                                              _______
                                               /    \,-、__
                                             /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                                             | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                                             |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                                          |       u 〉--‐´ l
                「もしかして俺のことか?              |        iヽソ   l
               まだおじさんって歳じゃないんだが」       Λ      ∧`;"   '、
                                            __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
                                      _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
                                    ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
                                  / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|     「あたしにとっちゃ何歳でもおじさんさ。
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ         ま、そんな事はどうでもよくてさ。
          | lヽ::ニヨ7l            東部までの護衛を捜してるんでしょ?
          └l´:::/ヽ |`          あたしらを雇いなよ」



――――――――――――――――――――――――――――――
  そう売り込んできたのはぱっと見、自分よりも数才は若い少女で、
  まず感じたのが女の子か、と言う否定的な感情であったのだが。
――――――――――――――――――――――――――――――

53 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:38:02 ID:FgdUvD9E
290.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  真っ直ぐに見つめてくる瞳はまるで、
  鏡をのぞき込んだかのように見覚えのある黒曜石。

  眼差しには力があり、全身には覇気を纏っていて、
  それを裏付けるかのごとく装備は向こうの冒険者達より上質だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



.       /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
       /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
       |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
         j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
          |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
          |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
           :ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .:/
             ∧: ∨ ゞ-:::ノ  ' ヽ:j ゞ-:::ノリノ/:
           /: ∧:_\  ̄        ̄ ∠:イ::.|
            !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj
        ,.-―――.\    _ _    イ -‐ '’ヽ
          !_       ̄¬ー- .._ -―====゙、
          /三三≧=-__        ̄ー=三三三ミ、
        /三三三三三三三≧=-__       ̄ー=ミ、
      / ̄ー=ニ三三三三三三三三≧=-__      \
.    / ̄¬ 、   ̄ーニ三三三三三三三三三三三三≧=ヽ
    / _  __ー 、     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ゙、
   {/        ̄ ‐- _       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  特に、龍神の顎をかたどった手甲は強い存在感を放っていて
  酒場の明かりを虹色に反射しオリハルコン製である事を示している。
―――――――――――――――――――――――――――――――

 
-54 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:38:35 ID:MX1Coc3Q
もしかして同類か?

55 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:38:53 ID:S2AW0wRE
オリハルコン製ってスゴイな

56 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:39:02 ID:FgdUvD9E
291.



                                              / ̄ ̄\
                                           /  ヽ、_  \
                                          (●)(● )   |
                                          (__人__)     |
                                           (`⌒ ´     |
                                              {           |
                               「君は?              {        ノ
                            どうしてそれを?」    ヽ     ノ
                                            ノ     ヽ
                                             /      |



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´        「おじさんとドワーフさんの話し声が聞こえた。
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l          そんであたしはD子ね。
          └l´:::/ヽ |`          仲間はデコとかデコ姉って呼ぶよ」

59 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:40:02 ID:FgdUvD9E
292.



                                            / ̄ ̄ \,-、_
                                         _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
                                        (●)(ー-/ ´/ /),
                                             (__人_,{  / ' ´ミ、
                                         '、`⌒ ´V __ <、
                                          |    〈´/::::::Λ
                     (………なんだ?この感覚)        |      ヤ::::::::::::::Λ
                                         `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
                                         /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
                                       _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
                                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
                           ドクン     j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
                               ドクン     i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
                                     i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
                                      | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



―――――――――――――――――――――――――
  この不思議な感覚は、血がざわめくと言えば良いのか。

  頭二つ分は背の低い少女に目を奪われてしまう彼は、
  なぜか騒ぎ立てる心臓に戸惑っていた。
―――――――――――――――――――――――――

 
-58 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:39:46 ID:MX1Coc3Q
D?
えっ、D?


60 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:40:56 ID:wfWzAeVc
何か縁があるのか・・・

61 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:41:05 ID:FgdUvD9E
293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  予感とも既視感とも違う、いままで覚えのない感覚に反応を迷っていると
  D子と名乗った少女は腕は確かだよ、と息を吸い込み―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ.    「ああ、護衛を頼むにしても実力が気になるか。
      │「ィ::∩ ノ ⊃.     ま、少なくともあたしはおじさんより強いと思うけど―――」
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/

63 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:42:02 ID:FgdUvD9E
294.
――――――――――――――――
  凄まじい闘気を叩き付けてきた。
――――――――――――――――



          \\\               | |         //         //
                \\\               | |           //       //
                \\           |          /           /
                  \           |       /        /
             /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
                /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
                |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
                j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
               |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
               |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
                :ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .:/
                  ∧: ∨ ゞ( ・ )ノ  'ヽ:j ゞ( ・ )ノリノ/:
                /: ∧:_\  ̄        ̄ ∠:イ::.|
_ _            !:/;;/|:∧       ;        /: |ヽj     「―――ね」
_ _ _ _ _ _ _..    };l |' /;\    - -    イヽ:| 〉〉
─ ─ ─ ─       i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー- _ _    -―'’゙¬―-、             _  /し'/
              ├-___          ̄'ーニ三三三三三!.     ,r'⌒''"´  j /  /
               /三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、... /     ,く(   {
             /三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ.../  ,,   ,イ l|  /
.            /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--_....../ // / l l|  _」
          /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三...../ / / / l  lレ′
.          /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三...."′/  ヽ レ、ゝィ.__.. -‐z
          {/          ̄ ‐-._                      / ハ ヽ、 /     _ /
                                |            / /  ヽ  { l  ,r''7゙// ,'
                         /         |              l /   ヽ-' {/ / ∠ノ
                     /       |              レ′       / /,r‐r 、
              /       /           | |                    \..゙l / l / ノ
.           /         /         | |                        レ | ル/´}
        /           /             | | |                     " / /
        //           //             | | |                      / /
                                                    i /
                                                    レ′

 
-64 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:42:32 ID:3O5.tGBY
えっ?ガチで英雄より強いのか!?

65 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:42:36 ID:MX1Coc3Q
どんだけ高位の存在だ…

67 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:43:06 ID:A4WfqVv6
格上だ…これは腹を見せざるおえない

68 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:43:08 ID:FgdUvD9E
295.



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

           l、
       __| V.  | l   |          \__人_人/
       \     |/{ ̄'⌒ヽ        _)     (__
       <     ∧ ,.ィ´ ̄'⌒ヽ         )  っ!  (
        /    〈/ ,.ィ─   ┴、.      ̄ ̄)     ( ̄ ̄
.      '一 7.    { / {       }..     /⌒Y⌒Y⌒\
           V⌒ヽ  /{ ̄ ̄ ̄ ヽ
.   ,-イ .,,,、、 ,,,,、. i'´   _    )    __
.   ,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|...j___/  K_  i ̄ ̄
.../'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ ."". \ | l   | ̄` |
...ト'",l゙ l゙ l゙ │   \  「|\   |   /         /
  l゙ ,l゙ .l゙‐'"  \  \|」  \ |  /   __ -‐= ´    x<
... レ'"  _,,、,,r、,ーjl'.. r─ヽ   l|、 ̄ ̄     ̄≧==─<
     {-!ト''゙l゙,i´.  | ̄ヽ. \ l| \
          ,レ".    |     \\.  \r─n
         l"..    |   │ Y \.  \ノl|
             |   l   l \ \  | l|
.               |   |   |.  \ \j リ
                 |   |   l.   匸,ノ


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

71 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:44:02 ID:FgdUvD9E
296.



        _____
      /   /⌒ヽ⌒ヽ\
      /   , ┤  (|)  |- ヽ
    /  /   `ー ●ー′ ヽ
   i  /    二   | 二   l、
    |  |     ─   | ─ __)
    |  |  /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /
    !   ! i  /⌒ヽ⌒ヽ / /
     ヽ ヽ/⌒ヽ___/ /     「やらない夫さん!?」
    ┝/ \_ノ━━6━━、
    /    / ___ ヽ  \_
    |    | ヽ    ノ |   (__)



                                        /  ̄ ̄\
                                           _ノ  ヽ、_   \
                                          (⌒)(⌒ )    |
                                          (__人___)     │
                       「いや、大丈夫」.      '、'ーー´   'J |
                                           |        |
                                         ヽ 、     イ
                                           ィヽ-ー ≦ノ7
                                     _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
                                   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
                                  丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                  / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
                                  /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
                                / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

72 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:45:03 ID:FgdUvD9E
297.
――――――――――――――――――――――
  不特定多数や周囲にまき散らすのではなく、
  指向性をもち対象のみを狙う技術は
  確かに一流以上でなければ持ち得ないはず。
――――――――――――――――――――――



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_   σ _ ノ    「あれ、動けるんだ」
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



                                               / ̄ ̄\
                                             / _ノ  ヽ、.\
                                               |  (●)(●) .|
                                             !  (__人__)  |
                           (まるで親父だな)       , っ  `⌒´   |
                                            / ミ)      /
                                              / ノゝ     /
                                           i レ'´      ヽ
                                           | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、やらない夫が気になったのはむしろその質の方だった。

  存在感といい、圧力といい、目を閉じていたなら
  目の前に立っているのが死んだ父親だと錯覚したかも知れない。

  単純な戦力面で言えば、おそらく力を使いこなせないいまの自分より
  この少女が強い、と言うのも間違いはないだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-75 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:46:14 ID:.T8d3h6.
いくら上位クラスでもレベルアップの方法が不明なLv1みたいなもんだからしゃーない

74 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:46:01 ID:FgdUvD9E
298.



                                              / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                               (`⌒ ´      |
                    「それで、君の仲間は?」       {           |
                                           {       /
                                                ヽ      く
                                         ⊂てヽ   /        ヽ
                                       {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                          \__/   |      |  |



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|   「武闘家のあたしと魔導師、高司祭、詩人、
      ヾi∨|     ,   |´      サムライの五人。
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l          ほんとは戦士と精霊使いも居るんだけど
          └l´:::/ヽ |`         野暮用で別行動中なんだ」



――――――――――――――――――――――
  もちろん一人ではないだろうという問いかけに
  コクンと頷いた彼女は、
――――――――――――――――――――――

76 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:47:02 ID:FgdUvD9E
299.
―――――――――――――
  そのまましれっと続けた。
―――――――――――――



            /"´
            ,'/
          ,、{ { //¨へ
         / ヽV  , イ<⌒ヽ、
      , -‐"´¨匁 ニ二ミ<^ヽ  ≧=-‐
    , イ/ , イ     ヽ  ヽ  ̄ヽ、___
   / / /  /       ヽ ヽ  ヽ´
     { 〃  /i |    | |  ヽ ヽ ヽヽ
     ∨.  ,' .| |    | |   ',  ', ',ヽヽ
     /  \{ ! !    | |ヽ /}  } } ヽ!
    ,'    ヽ、才ヽ    l 7/ リ l } /
    { {  |ィ乏云 \  l 斥云ハ!从イリヽ、
    |'ゞi   {、弋zリ  ヽ! 弋zリ/ }/⌒ヾ
     ! 人 l ', 、`´   ,     /´i< ヘヽ
.      jイヽ! } ',   - -    { { ハ } ヾ.     「成功報酬は金貨四百二十万枚、
     '/ ̄ヽl'ー > ._,. イ リ '"-―'- 、.      必要経費はそっち持ちで前金はいらないよ」
     ,!=‐-__      ̄ー=ニ三三三゙、
      /三三三三三≧=-_     ̄ー=三、
    / ̄ー=三三三三三三三≧‐-___ `ヽ
.  /==ー-_  ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
 { /´ ̄ ―‐- _   ̄ ̄ー======‐ ヽ

77 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:48:05 ID:FgdUvD9E
300.
―――――――――――――――――――――――――――――
  まるで最初から事情を知っているかのような違和感と
  あいかわらず騒ぎ立てる心臓に考え込んでいたやらない夫は、
  向こうの冒険者達と少女とをもう一度見比べてから
  ドラえもんにも意見を求めることにする。
―――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        /  _ノ   ヽ\
        |  ( ●)(●)|
          |    (__人__)|
         |    ` ⌒´)}
        |           }   「向こうの冒険者に依頼するのも
        ヽ        }     手かな、と思ったのですが。
         ヽ      /
          |   ''⌒ヽ     ドラえもんはどう思います?」
          |    ヽ ヽ



        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐、_
     /  , ヘ,_/ ヽ∨ マ´
     //  // ^´  ̄ ^`ヽ丶,ゝ
   _,//  〃  ,  ,    、ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ハl ハ|`
    小|   l/'ナ弋 |,lナナ | l |
     l从  /| (●) i/(●),ルリ
    ノハ小 ji l''       丿
        /ヽ>_-,´`- '´     「後悔はさせないんだけどな」
          γ"::::ム::`ヽ
        /::::イ:/∞ヾ.ト::}
         〈::::イ゙"  ゙~'l::!
        !、_ノ     i_ノ
          //     /ヽ、

80 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:49:09 ID:FgdUvD9E
301.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  やり取りを見ていたドラえもんはそうですね、といったん間を置いてから
  自分に向き直った少女の装備に視線を走らせた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            ,  ────  、
                                        /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
                                       /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
                                        /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
                                       l  /   ─    |   ─   ヽ  l
                                          |  l   ─   |   ─    l  |
                                    , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
.         「その手甲、オリハルコン製ですね。.         l    l     , ─┴─ 、      l /
          異界産物に見受けられますが………」      ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
                                      ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
                                      \    /   ヽフ   \   ヽ



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_   σ _ ノ     「そうだよ」
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  少女はあっさりと肯定したが、誰にでも所持がかなう武具でないのは確実だ。

  どのような銘があるかは分からないが、
  それを隠していない以上、自分達の実力にも相応の自信があるのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

81 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:50:03 ID:FgdUvD9E
302.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しばし目を伏せた商人は思う。
  英雄と知り合ってから、自分の世界が変わってしまったかのようだと。

  改めて実感する。
  無事に彼の仲間への届け物を終えたときに、自分に残る繋がりの大きさを。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              ,  ───  、
                                            /          \
                                           / ヽ            ヽ
                                           l _ |─‐   、         ヽ
                                           l  ノ     \         l
        (………今後、隊での発言力も強くなるだろうし   ●´ ──      ヽ         |
         フリートやダンセニアとの繋がりも太くなる。.      ノ  ──      ヽ      l
                                            (   ──        l    /
         ローゼンやエゥーゴの王様たちも             ` ー、── 、     |     /
         詳しい話を聞きたがるかもしれない)              ` ー,-、━━━━━━ヽ
                                             ヽフ `ヽ

83 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:51:02 ID:FgdUvD9E
303.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを活かすも殺すも自分次第なのだ、と強く自覚したドラえもんは
  少なくとも分け前を配り終えるまでは流れにのった方がいい、と思えたので
  この少女に自分の命と依頼を預けることに決めた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ,  ─── 、
   /   /⌒  ⌒ヽ\
  /    , ┤  ・|・  |-、ヽ
 l  /   ー ●ー    ヽ
. |  /  三   |  三  | _
 | |  /⌒\ __|_/^ヽ l(__)
 ヽヽ ( ______ / / /    「僕が依頼者なら、こちらのお嬢さんにお願いしたいです」
  >━━━━,-、━━イ /
 /    /    ヽフ  ヽ  l/
( _)  |  ____ | |
  l  ヽ ヽ _____ ノ ノ l



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ     「分かりました。
           |        |      じゃあ、君………君たちにドラえもんの護衛を依頼しよう」
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

84 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:52:12 ID:FgdUvD9E
304.



     /´ ̄ `    _  \
     //     イ´ ⌒ヾ―- _
   / /´   /   , -‐-   _ ニ= 、
  / / ィ   /  /          `ヽ      ☆
 /イ./    /  ´     / /  / i    ヽ  /
  }/    /   /    / /   /  .|   i  `
  /        / l/ l/    ./     l  l
      l   l/l匕 ̄ l    /  :i
 l    l   l ィf==zx,l j  /l /l :j  /   l
 ,    l   l 弋ツ  l/l ::/ リ l/l
 |ハ   ∧  从      l/ ィ≠ミxリ / /  i       「話が早くて助かるなあ。
   ヽ /  ハ   ヽ     '   /イ/ /  /
    }  ハ  トミヽ < _ ァ   / / / /           じゃあドラさん今夜はここに泊まってね、
   {ハ/  ヽ  / ,>、     イ// 从ハ         変なのが来ないか見張っておくから。
    /ニ三ニ/ ´// `,l二二二二 ヘ,    lヽ
   //三三ニ\    ヽ'三三三三ニム   l i.        明日の朝七時にここに集合ね。
  l 二二二三ニ\   ヽ三三三三 ハ   l l _ _    仲間の紹介と細かい話はそのときに」
   l/::::::::::::::::\ヽ二ヽ_ ィ:::l二二二 ヘヽ.  l li .} l Yヽ
   :::::::::::::::::::::::ヽ: : : :l:::::::::i: : : : : : i:::::::::ム | ノ しJゝ'                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   マ::::::::::::::::::::::::ヽ: ::|:::::::::|: : : : : ::ハ::::::::ヽ .l  i ヽ .}                         |  分かりました。   >
                                                    乂________ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  そうまくし立てた少女は初めて年相応の笑顔を浮かべると、
  とんっ、とんっ、と三段飛ばしに酒場の階段を上がっていったのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-87 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:53:59 ID:YHi3G3C2
ペルソナ組とことん運がないなw

85 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:53:01 ID:FgdUvD9E
305.

                       - -  - - -
                  - - -- ─ ── ─ -- - -
          - - -- ── ──────────── ── -- - -
     - - -- ── ────────────────── ── -- - -

―――――――――――――――――――――――――――――――――
  かつてローゼンでジュンを鍛えた時のように
  とことんまで身体を追い詰めればきっかけが掴めるかもしれなかったが、
  今のところなにをしても疲れないのでその手も使えない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ー)(ー)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |   「早いところ取り戻さないとな。
              人、       |     何かあってから力不足を嘆いてちゃ遅いんだ」
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

 
-92 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:55:23 ID:chf.jmMo
何をしても疲れないってのも便利なのか不便なのか

88 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:54:08 ID:FgdUvD9E
306.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  そうこうしているうちに七つの鐘が鳴ってしまったので
  今朝はこのぐらいにしようと一区切りした彼は、
  木に立てかけておいた両手剣を持つとライコス亭に戻ることにした。
―――――――――――――――――――――――――――――――

                                   ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                        ゴーン…ゴーン…ゴーン…


            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ    「っと、もう七時か。
           |        |      今日はこれぐらいにして戻ろう」
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

91 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:55:02 ID:FgdUvD9E
307.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――
  転機は―――訪れるべくして訪れた。
――――――――――――――――――



                    , - ―― - 、
                  , ゙ xr=fx=ミxfzrx ヽ
                 / xf>'´/>==</ マz.∨
                  ,'イソ>fシ'´`´`´`´ゞx:、/マム
                ,ム/ハ'´ 〃 .i :. `  乙ミハム
                   z介ソ / , !  | ハ ハ  iハゞ介え
              ハソ{|!' { i | >,.!  ! rマ_ j iム }}
               ノ!レ|  マ// /Y  リ ハヽヽ\ト、 Vハ
              /,イリハ  ム r r' / |从i{マ 〉 〉ハ { V.ヘ
                / ム' ,! :|\ヽ  .! .j i; ヽヾ' ' ' j |ハV.ヘ     「グスッ………ひっく…………」
             / 〃| ! :ム ヾ   ノr==zハ    /, ハ:!:V ヘ
              ,' .,' /.|:|:, マ}   イ、.`=´ノ:、  :|;゙ノ ||,∧. ヘ
           / ./〃;ハ∧ .ムrx._rxリ//リ゙く// | r:り_/'//ハ_ .ヘ
             / .,': /./.,//∧〈{'´ 八 j{`Y∧ヾれジーチリ///..,勹00
          /  ,' ./人////ハ }-|\:ハ/ハ! ヾム./ハり,// く..く    三 <⌒ ー- '^> <⌒ ー- '^> <⌒ ー- '^>
           ,' ../ ./.::::/ゝ.///ソ=ミ:{//ハ{/〃 {,ハ////∧ミ介z \)   ⊇.) `⌒ ー'´  `⌒ ー'´  `⌒ ー'´
        / ../ ./.::::/.::::::::イ介}=チ/////fzム//////,ハ/,:|ヾミ}::::::ム  .ヘ
         / ../ ./.::::/.::::::::/ム}{j///////,{,/∨∧///.゙,勹00 n 00.    ___   ___   ___   ___
      / ../ ./.::::/.::::::::/=i=ム///_//////,}//...く..く  弍_爻  _n_  ア∠、  ア∠、  ア∠、  ア∠、
                                    \) .( ⊂′ !ゆ).└(ヌ.ノ .└(ヌ.ノ .└(ヌ.ノ .└(ヌ.ノ

93 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:56:03 ID:FgdUvD9E
308.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  お嬢様台無しの大音量が妙におかしくて、
  ふと我に返った水銀燈はいつの間にか明るくなっていた窓を見上げると
  泣きはらした目をこする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



              . -≦トヒ薔ァz、_
           , '´イ/////>=≦/ハ:、
          ,イ////>'´      `ヾ/ハ
         ,: ,イ///           `Y
         ! }//´              ハ
          | }i|{               イ
          介ミ}z、八从从彡'ソノ/ノノ从Y/
  ,イ三≧==-<三三ヽ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄{ ̄!ー<
 {////////////////,ハ      {:  | ノ _r、 `ヽ
 ヾ////////////////,ハ     ノ.  ノ八'´j j レ /     「お腹、すいたわぁ………」
  \/ー----'´///////,ト<__.ノ´ー<__/く_ヽヽノ
    >、////ハ/,{/////ハ≦介≧彡// ,イ//  ̄ ヽ
      ∨////人//////}彡'jii|}  // /////////ハ
      ∨////, '////r-、_    // ///////////i
    ≦彡ヽ//,:'//////}rヒァ、`ー,'/.〈//////////, '
    /.:::::::`Y///////,|ゝ=彡〃///ハ///////イ>z
   彡イ7::::,:人//////,∧ /,//////}/////リ::::::::::\
      ´i | | :ヘ///////ゞ/////////////,'z≧>ー'
       从リ从ヘ.///////////////////
            }//////////////////
          ノ/////////,////////

 
-95 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 20:56:20 ID:wfWzAeVc
ダメダメだなぁ、銀ちゃんww

96 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:57:02 ID:FgdUvD9E
309.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  家名―――当主である祖父の庇護を失ったら自分に何も無いのは理解した。
  毛布を被って泣いても腹が減るだけでなにも起こらなかった。
  神に祈るほど信心深いわけでもないから、あとは自分で何とかするしかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            /           __                      /
      /   /    .   '__´____  `  、       /   /
     /   /    ∠ -.rf它㍉:: :: :: :: :`丶.   \     /    /
   /    /    /:: :: ::.代フフノ:: :: :: :: :: :: ::.\   ヽ /    /
  /   /     ':: ::_,  -=≡≡==  _:: :: :: :: :ヽ  ゙.   /
/         厶ィ´  /           `ヽ:: :: :: :'. i l  /
             / / 〃〃 !   i|   } } ヽ  \:: ::.} i|
         / / li |l l  l|   / /il  |i |  〉;〈  i|
           〈 , |i |i |ト_、_ il 、..__/__l_|i |/,小.ヘ. i |
           ∨ |i |l ̄l_\ !| / /_」__ |l「 l〈〈_八_〉〉 |
          ト、ll |lマ下rj刈八_/ 仆rj了ア!〈〈八〉〉i |
          | l\ ヽ ゞ=‐′    `¬'^リ ' //'^l|i |!
          | l |i\\    {      / / | l  | |!|l
          N |i |l\\  _ _     イ // |_l / ' i |l
.       _     ヽ |l |l ト、  `      // / _ └'  i |l....   「でもぉ………
.   _ i^i | | r、   八 |l Ⅳ /> 、__.   イ , / /「i | | l^!  i |l.     このままだと借金が膨れあがるだけなのよね」
  | | | | | | | | / ハ|l / /イ  j:\__/ 〃' / | | | | | | 「'. i|レ
  | | | | | | | |/ _/ _,../ /-┬'ィ 父ヽ::.::″r 、 | | | | | | | | il
  |U U レ ! l }/::.: ' /::.::/〈〈_,小、〉〉:li | {ノ レ U U├-.l:
  l       ノ '::.::.:{l i::.::/ |::7/l T´::.:|l  、ヽ       |::.::.::
  |    '  /::.::.::.|l |::.'   |// | |L/|l ハ、 `ヽ    ハ)_::.::.:.ヽ
  ヽ   {  ∧::.::.::.|l !::ト、 〈/ L!   li 「しヘ     .イ_廴)::.::.:|i
   ∧ー‐ イ ハ::.::. |l !::l し'⌒r~'⌒Yl | / し'⌒Y´ /::.::.::.:|}



―――――――――――――――――――――――――――――――
  こうして手をこまねいているだけで宿代や食事代はかさんでいくが、
  どうせ援助が来るからと気が大きくなり
  最高級の宿に泊まりたいと言ったのは他ならぬ自分なのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

98 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:58:02 ID:FgdUvD9E
310.



           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
       rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
    /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j
.   //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |      「とにかくお金よ、お金。
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |.         先立つものがないとなにも出来ないわ」
  ″{ { ,' // |l ヽ、   -      /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三



――――――――――――――――――――――――――――
  他人―――実際には魔獣だが―――の面倒を見るにはまず、
  自分の面倒ぐらい見られなければ。

  そんなふうに長い長い困惑から立ち返った彼女は
  なにはなくともまずは金、という結論に行き着いた。
――――――――――――――――――――――――――――

99 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 20:59:06 ID:FgdUvD9E
311.
―――――――――
  ―――ものの。
―――――――――



                   _
                  >セ乞アト ニ _
               /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
             / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉   「……… お金ってどうすれば稼げるのかしら」
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |     
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
                 |  ト  __      /|    |l      |     /
      、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
     _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
      ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
   ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
   ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三三{ ̄
       ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉三三三三二
    =彡ベ彡イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/三三三≧一
         /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\ ̄`ヾミ⌒ヾー
           /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
        .   /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ  .



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  働いたり、何かを売れば良いと言うのは漠然と分かるのだが、
  剣以外のことはできないし売れるほどの資産を持っているわけでもない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

100 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:00:02 ID:FgdUvD9E
312.
―――――――――――――――――――――――――――
  一体どうしたら、と視線をさまよわせていたら、
  ふとテーブルに立てかけてあった魔剣が目に止まり―――
  ゴクリ、と喉が鳴った。
―――――――――――――――――――――――――――



             ,. ⌒ .、
           !     !
.           l      l
           l     l
.           l _.._ !
           l.{! l}.!
          l i I l
              l .}.{ .!
.            l l. .! l
          l .}.{ !
           l l.l l
            l l l l
             l ( ) !
            _ノ (`'゙) ゙、_
  , -― ,. ̄-._ノ ゙、_.- ̄、 ―- 、
.    ̄  ―- 、. ―┬― .,. -―   ̄
         ゙,  l   ,゙
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
-102 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:00:39 ID:xMavBLEo
おいおい……

106 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:02:22 ID:3O5.tGBY
魔剣売っても大丈夫なのか?

107 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:02:45 ID:INTr7LAQ
そもそも剣の相場を知っているのかこの箱入りお転婆娘は・・・

103 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:01:01 ID:FgdUvD9E
313.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――
  宿に戻った後。
  水銀燈を誘いにいったやらない夫は
  ノックの返事がないのであれ、と首を傾げていた。
―――――――――――――――――――――――



.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |.       ┌────┐.        |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |.       │ 403 ...│.        |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |.       └────┘..  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
.            ||.     | |                  |  ………いないな。  .|
.            ||.     | |                  乂_________ ノ
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||
.            ||.     | |                     |. ||.     | |.    ||,,,,、--―''''''"゙゙^
.            ||.     | |                     __,,,,_.|._||.     | |
.            ||.     | |.           __,,,,,.、--―'''''"゙゙゙゛         | |
.            ||.     | |,,,,,、--―''''''"゙゙^                     | |
.            ||                                  | |
.            ||
.            ||

105 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:02:18 ID:FgdUvD9E
314.
―――――――――――――――――――――――――――
  室内に気配もないので階段を戻って受付に尋ねると
  ああ、とすぐに答えが返ってきて、
  鍵はお預かりしておりますと言われて見れば
  確かにカウンター奧の棚に四〇三号室の鍵が置いてある。
―――――――――――――――――――――――――――



                ___ ____
              /:::::::::::::::l^l::::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::::::::::::: : :|
           l::::::::::/:::::::::::::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::: :/
           ヽ:::::l:::::::///ヽノ\ヽ,::::::ヽ、::ヽ;;; :/
            ヽ;;l::::ト二ニニl ヽニ/ニ‐-'''';゙ヽ/''''{
             )x} _,/{ノ))}/  ヽ{ノ)) l;::::,-,:ヽ
           /::l^l `ニ‐'゙ |'   ゙゙'‐-   | ヽi :: :ヽ
          /:::::::::l l,    {, ,-,      ,l |ノ }l:::::::: :ヽ
          {:::::::::::ヽ_   ,,,;'   ,,、、、 、 / トノ:::::::::};: :}
          l/|:l:::::::::::l 'ー――‐‐'''''゙   /|::::::::::::::l: ::}
              l:l::::::::::ヽ         ,イ |:::::::::::::/:::ノ   「お連れ様なら外出されましたよ。
            ヽl;;::::::|ヾヽ,_,/;ヽ,_,_,-‐'゙;/ |:::::::::://     つい先ほどです」
              ゙゙ヽ''ヾ;;::::::::::::::::;;-'゙゙   |/;/''' ゙
             ┌┴--゙゙ヾ;;/''゙゙‐┬---┴┐
              | .       /'| ∥ |゙ヽ  │
       ,、-----‐'''''゙゙ヽ、.   ヽ、,| ∥ |,ノ.   |
,,、-‐‐'''''゙゙ ̄         ゙'''‐--、,_,_,_,,,||,__、-‐‐┴--、,,,,
                     l r‐‐┐l         ゙゙゙‐、



           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ
.            |        |    「行き先などの伝言は?」
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7                           |  承っておりません。 >
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、                           乂_________ ノ
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|

108 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:03:02 ID:FgdUvD9E
315.



     r=================================ミ
     |///////////////////////////////////////////////////////////////////|
     |///|! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|////|
     |///|!.. ┌─────────┐      ┌─────────┐.    i|////|
     |///|!.. │                  |      │                  |       i|////|
     |///|!.. │          ===  |      │        ~~~= .. |       i|////|
     |///|!.. │   ===         |      │   ××●         |       i|////|
     |///|!.. │                  |      │                  |       i|////|
     |///|!.. │   =====.    |      │   ====?.    |       i|////|
     |///|!.. │  =======  |      │  =======  |       i|////|
     |///|!.. │  ====.       |      │  ===―――    |       i|////|
     |///|!.. └─────────┘      └─────────┘.    i|////|
     |///|!                                              i|////|
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                           i|////|
|  どんな様子だったか分かりますか?   |                       i|////|
乂_________________ ノ                          i|////|
     |///|!   |     ~~~~.  |                           i|////|
     |///|!   | ・・・・・・・      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     |///|}   | ・・・・・・・・・    |  朝食も召し上がらずにそこの掲示板を睨んでいたのですが、  |
     |///|!   |           |  しばらくしてふいっと。                               |
     |///|!   | ×××.       乂___________________________ ノ
     |///|!   |_________|                            i|////|

109 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:04:01 ID:FgdUvD9E
316.



                ,   ̄
            /       ヽ
               |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)
.              |     (___人__)
            j         / ',     「掲示板………
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V   もしかして最近、彼女宛に転位文書が
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ   届いていました?」
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧.           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧         |  先日、書簡が一通届いていたようです。  >
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ.          乂__________________ ノ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ

110 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:05:10 ID:FgdUvD9E
317.



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |    「分かりました、ありがとうございます」
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ     (となると仕送りは断られたか)
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



―――――――――――――――――――――――――――――
  先日から落ち着かない様子だったのは焦れていたのではなく、
  実家があてに出来ないとなって混乱していたということか。

  また、掲示板を見ていたということは
  収入を得ようと依頼を確認していたに違いない。
―――――――――――――――――――――――――――――

111 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:06:02 ID:FgdUvD9E
318.



┌───────────────┐                      ┌──────┐
│  依頼                  │      ┌────────┐  │募集        │
│  ヨイチ湖畔の古砦を拠点とする │      │急募            │  │ダマスク織物. │
│  エネル団撲滅             │      │再生の霊薬または.│  └──────┘
└───────────────┘      │神霊樹の葉      │
                                  └────────┘  ┌─────────┐
                            ┌───────────┐  │依頼              │
                            │ 賞金首(生死問わず)  │.....│ファイナルレター伝授.│
    '///>、. \\     〃         │ 幻影旅団員 全員    │  └─────────┘
.    '//////>、.\`ヽ .//        └───────────┘
.   '/////////>、\/ /                                       ┌──────────┐
.  ,'/////////∨//∧=ニ三三ミュ                                  │  捕獲依頼       .│
.  ,'/////////∨//∧////////////フ                                │  ホグスヘッド湖の主. │
.  ゞ////// .////´}////////////./                                   └──────────┘
   \/// /// /////////////
.     \{::::レ´ ./:/ }////..゙f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.         ┌──────────┐
      {:_:::::::::〃 //////..゙|  新しい依頼はなしか。   |         │  募集           .│
      V:ゞ、::::::≦</// . 乂___________ ノ           │  タリスカー公爵護衛. │
      |`ー- --〈                                 └──────────┘
       {      .}                                            ┌──────────┐
       ヽ    ノ                          ┌──────────┐  │  仲間募集       .│
                                │  依頼           .│  │  第三位以上の司祭 │
                                │  聖黙示録写本捜索 │.....└──────────┘
                                └──────────┘



――――――――――――――――――――――――――――――
  そう言う事なら、と新しい依頼がないことを確認したやらない夫は
  手帳を閉じると朝食をとって自分も出ることにした。
――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

112 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:07:03 ID:FgdUvD9E
319.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  いっぽう、やらない夫と入れ違いに宿を出た水銀燈はというと、
  巡回中の衛兵に詰め所と神殿の場所を聞いたあと
  片っ端から冒険者向けの宿屋を回っていた。
――――――――――――――――――――――――――――



      j  |:l     !:: :.,    :l:::l
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /
       j l乂l l  ∨:l l /'´
       l l乂l l   lヽl l
        l l乂l l  lく l l
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ
         l j乂/ / / ヘ _/
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女がその三カ所をあてにしたのにも理由がある。

  かわら版や雑誌などに広告を出すこともあるが、
  仕事の依頼や人材を募集するには張り紙や立て札を出すほうが手っ取り早く、
  町の中、近所の町村をあわせて最新の情報を得ることができるのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

113 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:08:02 ID:FgdUvD9E
320.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ちなみに国、町ごとの流儀やお作法はあるものの、冒険者向けの宿屋や酒場には
  怪物退治から商人、旅人の護衛、物―――怪物素材が多い―――の募集、
  書金首や野盗退治から辺境や他国への届け物など荒事や町の外のものが多く、
  内容は宿代に比例する形で難しくなっていく。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               _.      ┌──────┐
┌───────────┐                          >セ乞アト ニ. │ 募集    ...│
│ 依頼              .│  ┌────────────┐ ::.:.ヾごソ.::.::.::.::.: │ 神霊樹の葉 │
│ 幻獣の森の密猟団撲滅 │  │ 討伐依頼            .│.. ^⌒^⌒⌒^丶. └──────┘
└───────────┘  │ 北の洞窟のゴブリン集団  │...../          \::.::.:. ┌──────────┐
    ┌─────────┐  └────────────┘ . ′   〃 l    |\:: │ 賞金首(生死問わず) │
    │ 依頼          .│                   /     |  |   〃|  |  |      │ 密猟者グリムジョー.  │
    │ 南の荒れ地の  .....│                    ′  l | | /  |  |  | /  〈:..└──────────┘
    │ ヘルハウンド退治. │                   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
    └─────────┘                   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
                                       |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
  「ふむ………                              |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
   やっぱり高額報酬なのは討伐ものが多いけど     レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
   人数制限やら職制限やら面倒ねぇ。                  |  ト  __      /|    |l      |
                                  、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /
   賞金首が手っ取り早いと言っても.        _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三_
   そこらを歩いているわけでもないし」     ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三
                               ニ二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\===ァ
                               ー=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>{ ̄
                ┌─────────┐   ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::. ┌──────────┐
┌──────┐│ 配達依頼      .│  ┌──────┐  /  ノ.::|/ /}   /.::.::.゙│ 退治依頼        .│
│ 募集    ...││ ブレンディーオ王国.│.. │ 募集    ...│┌─────────┐ ヴィーテ河の      .│
│ 再生の霊薬 ││ バランタイン町へ.  │  │ 神霊樹の葉 ││ 仲間募集      .│ シルバー・サーペント │
└──────┘└─────────┘  └──────┘│ 戦士:新人可   ....│──────────┘
                                            │ 魔法使い:新人可. │
                                            │ 盗賊:新人可   ....│
                                            └─────────┘

 
-114 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:08:56 ID:MX1Coc3Q
右下の「新人可」ってのがすげー怪しいw

115 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:09:04 ID:FgdUvD9E
321.



        ┌───────┐                       ┌────────┐
        │ 日雇い      │    ┌────────┐...  │ 日雇い        │
        │ 我が家の掃除 │    │ 人足募集    ...│...  │ 市場の呼び込み..│
        └───────┘    │ コルク通り工事  │.   └────────┘.. ┌──────┐
                        └────────┘                    │ 期間工募集 │
                                      ┌────────┐      │ 酒瓶工房   │
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、               │ 急募        .│      └──────┘
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、              │ 荷下ろし労働力 │      ┌────────┐
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ              └────────┘      │ 売り手募集    .│
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ                                   │ 迷宮飯1~2巻 .│
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |                                    └────────┘
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳.         「朝から夕方まで呼び込みして
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、        銀貨数十枚ぽっちじゃねぇ………」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\                                  ┌───────┐
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ                                 │ 日雇い      │
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j                                     │ 僕の話し相手...│
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉. ┌────────┐                  │ 美少女専用   │
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}...... │ 人材募集    ...│                  └───────┘
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ    │ 給仕係、料理人 │.  ┌─────────┐
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´      │ 経験者優遇  .....│... │ うちのミーちゃんを...│
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ.      └────────┘... │ さがしてください  ..│
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ                          └─────────┘
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |



―――――――――――――――――――――――――――
  また、神殿前の立て札は日雇いや長期に関わらず
  町の中の一般的な労働力や簡易な物募集がほとんどで、
―――――――――――――――――――――――――――

 
-118 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:10:02 ID:MX1Coc3Q
僕の話し相手wwwww

117 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:10:02 ID:FgdUvD9E
322.
―――――――――――――――――――――――
  詰め所の張り紙は賞金首や野盗退治、
  貴族の護衛など公的な募集が中心なのである。
―――――――――――――――――――――――



                                                ┌──────────────┐
                                                │ 依頼                 │
             ___                              │ ヨイチ湖畔の古砦を拠点とする..│
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、                          │ エネル団撲滅            │
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\                            └──────────────┘
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、                  ┌───────────┐
      / :/;;;〆   ;          l!'                 │ 広域手配 済       .│
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!                  │ 妖術師 ライト=ヤガミ │
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l                └───────────┘
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!                                     ┌─────────┐
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!                                 │ 募集          .│
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!    「さすがに詰め所の依頼は破格だけど       │ タリスカー公爵護衛.│
.    /; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!     受注条件も厳しければ               └─────────┘
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|.      難易度も高そうなものばかりね」
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|        ┌──────────┐      ┌────────┐
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |.        │ 賞金首(生死問わず) │      │ 広域手配    ...│
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト         │ 幻影旅団員 全員   │.    │ 駅馬車を襲った │
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋         └──────────┘      │ 野盗カンダダ  ..│
                                                    └────────┘

123 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:11:07 ID:FgdUvD9E
323.



             ,..-'/ /   / ! !       !
            / / /    ! ! .!   _,..-'',) /__
          /   / /     .! V,.. ''~-==ニ二 ̄'
           .!   ! !,へ,-‐ヘ'''''-/    '''---~二`
          !  ! ̄__----/     _ \-、\
          ! /´ ̄    /    ,.-'" ヽ .!:::!~"
          !  !     /    /~    /'-':
          !  l    /    / !     !
          !  !  /    /  !     .!,
          !   V     /   .!    .! >、----____
         !   /     /ヽ   !    .!/ /~\_   ̄,, 7
         !  /     /  ヽ  !    !, / \ \  `7\
          !      ./     !     .!Y.    \ \ !\\
          !    / >、 \ .!     ! !      \-' '\ \!
          ヽ ./ /,/`!  `!     ! !       \  \!
           `~ ヽ!/   \ .!     !/\.       ヽ   ヽ、
             /  / /I .!    /,   !       ヽ   !
             !  /  / / .!   /    !        !\ !
             ( / _,,-''''   !  /, 、 !  !        ! ヽ!
            _,,..-‐'~,,    , .!,/  ヽ, !  !       !
         _,,,-'''  ,r''/   / /     ヽ!  !       /
         !  ,.-''/    /  /,.--、    \/      /
         >-'-/'-、 /  _/-'- =、     >      /
         /~''>' .ヽ、ヽ''   ./  ! 、  `    ./     /
        ヽ/   !''!   /_,,,,,_! !ヽ     /     /
         /    (  ヽ_ /~_,,,,,_!, !,,,\  ./    /
        /     \ ヽ!/'!  \_!-,\\/.   /
       /       '!  `/      ヽヽ,<   /



――――――――――――――――――――――――――――――
  なお、夜の仕事やいかがわしい仕事のあっせんを受けたかったら
  日が落ちたあと、繁華街の裏通りをふらついたり
  あやしい呼び込みに突撃したり
  盗賊ギルドに聞けばいい―――というのは余談だったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

125 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:12:01 ID:FgdUvD9E
324.
―――――――――――――――――――――――
  昼近くまで歩き回ったものの、
  これといった依頼を見つけられなかった水銀燈は
  あてもなく街路を歩いていた。
―――――――――――――――――――――――



      j  |:l     !:: :.,    :l:::l
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /            |  ………そうだ、怪物退治を受けて   |
       j l乂l l  ∨:l l /'´.             |  あいつに手伝わせるのも………    .|
       l l乂l l   lヽl l                 乂________________ ノ
        l l乂l l  lく l l
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ
         l j乂/ / / ヘ _/
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ

126 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:13:01 ID:FgdUvD9E
325.



  ____________.  |    /           |:.. _____________
  !\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ │    /__i __ヽ          |/:: :: :: :: :: :: ;:;:;:;:: :: ;;;;;;/
  | `ー'ー'ー'ー'ー'ー'┬' .|   /___;i___i_;ヽ       ィ'________;;イ、_,
  |  / /  ||      -く?鴨> -.               | i:':':':':':':':':':':':':':':':':':':i:
  |       ||.   /       ヽ.             | ト ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐l:
  |       ||.  ′   !:!  } /   ハ.    _ __i ,__!_ | l-------|::
  |       ||  | | 斗ト lト廴/イ l|..   /___;i___i_;__ヽ|-------l::.  ::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ,ィモフ ヽ{ヒニミ/} l|              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄
           |: lト。   __  リ lト
           イヽゞト、 ´ ` イlイ〃∧.     「………お爺さまに断られたなんて言えるはずないし
              l ∧ }::≧<::!/ l|/ト ゝ...   ちょっと強くたって戦士二人じゃぁねぇ………」
         イ_イ-从::::/Tヾ:::ム从トミ \
           /⌒ヽ  ∨个   /::}:⌒ヽ  ヽ
        /:::::::::::ハ~^{薔}~イ:::|::::::::∧ヾ \
         /:::::::::::::::ハヽ `¨´ 〃:::::|:::::::::::ハノ}   )
       {:::::::::::::::::::::}::::ヽ人/:::::::::}:::::::::::::}  〃
        \:::::::::::::::!::::::::∞::::::::::::〉::::::/
        ノ`¨7:::::::|::::::::介::::::::::ハ:::::::{ハゝ
        ー=彡イハ:::::∧::::::::::::::::::/:::::::::::}从 \
         ノl|ト7∧:::ゞ:::∧:::/::::/!::|/ l| }ゞ
          / イl|7ハ }}:::::::/X∨:::/ .∨ヽ从从
.       ノ从乂}~∧::::{ >< 〉/-~}:}

128 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:14:05 ID:FgdUvD9E
326.



                     -―-  _
            /r辷}厂:::::::::{弐込リ
           /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
          ' f7.::::_j厂       艾::::V{
            ′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
.           {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
          ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
.          /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介.     「東の英雄の名を出せば貴族の護衛とか受けられるかも―――
.       / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{      って、それじゃカタリと変わらないわ」
       /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}
.       / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂 . イ
.    / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{  ': :/才=ーァ
   ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八ノ. : : : : : : : : :`ー-ミ
.. 才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨. : : : : : : : : : : : : : `ヾ
..≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨. : : : : : : : : : : : :`ヾミ
..7. : : : : : :-‐. : : }.:.:.:r弌x__  _ ̄乂{{/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ: : : : : : : : : : `ヾー-弍
..⌒7. : :ィ : : :乂イ.:}:/i  fr爻ィ⌒} .く.:.:.:.:.:_彡.:.:.:.:}乂: : : : : :\: : :.乂
. /才f. ; 彳( {.:.:.:/.:{    ⌒} , ノ }.:ー-.:.:.:.:.:._彡'  \ : : : : : \(
..   }/  }//.:.:.:{:.:.乂  ____  .才゛.:.:.:.xf斗く  ! i {` \(⌒ヾハ
.      />'"´才ーァーf.:.:.:>‐-ミ.:_//{/{iメ ' i:| ハ
...    /.:.{   {{_ .ノ_厂 {f   \-く:ハ八/ :从(
     八:.∧   _jj {{ ⌒7八    、`Y7゙イ}i}./



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  つい先日までは、英雄の名をかたるなんてとんでもないと言っていた自分が
  その名声に縋ろうとするなんて情けない。

  恥を知りなさいと地面を蹴りつけた彼女は
  荷物を失っても、祖父の庇護がなくても
  矜恃までは失ってはだめと自分をきつく戒めると
  まだ見つけていない依頼があるかもしれないと別の宿を回ってみる事にした、のだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

129 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:15:02 ID:FgdUvD9E
327.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  当然、というべきか。

  一攫千金を狙える仕事は条件が折り合わず、
  せめてもと日雇いの中から比較的賃金の高い力仕事のいくつかを当たってみたところで
  女の細腕になにが出来ると失笑されただけだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                          ,、_.  -――‐- 、,、
                                         ィ^ __   . --- 、 〈
                                           }/´  `´    u }  丶
                                           l ィニュ tニュ  〈    |
                                            | __     __   〉 ,-〈
..  「ハッハッハ!                                j ⌒`,  、'⌒  `^r‐}
                                        / ' ' └、_ ┘ ' '  い_ノ寸┐
.    お嬢さん、仕事が欲しけりゃ市場や食堂に行けば        l    , __        〉´/ |\
.    いくらでも呼び込みや給仕の仕事があるだろうさ」         _\_    ` }  _//  /   }
                                      // />----‐<_,/  /  人
                                     // /{丶ニァ≠´    /   /  \
                                    / /  r_┴ ̄`ヽ-― ___/     ヽ
                               / ̄`Y゙ / /r― 、〕 |  | / /         |
                                /   \}く   l/厂} `    |  l /           |
                                /   \ノ/   / /{       /  {/            |
                                l }\_,ノー'   / |ハ.     ∧ /二二.丶   /    /
                                  '/   | -― |  | い     \    \\/    /l
                             / {二二} ――〈二二二}        \   ノ\\ / !
                              |  /-‐         |        \     }_/_  |



        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ    「だから!
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ     私は繰気技術を身につけているから
―‐ 、 、   /  !   |            イ |           あなたよりもよほど力持ちだって言ってるの!」
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l

131 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:16:02 ID:FgdUvD9E
328.



    |ミミミミミシ^゙ヾ{{{ ;';';';';';'; ^j j j jノノノ'" \;';';';';';';';';';';j
    |ミミミミシ´ 、 ゙`ヾ{{{{{||  jjノノノ/    \;';';';';';';,j
,r-、,.., ゙iミミミ〈   ::}  :::`ヾ、(||||jjノノ''":::::   /   /;';';';';',;'
'^Yノ ,)'|ミミミ;〉  /   ::::::::;;;::::::::::::::::;;:::    |  /;';';';';';';'
ノ´/ ゙、ミミ/    、,,,,,,,,,,,ゝヽ::}::::/,,,,,,,,,,,,,,    ヾ;';';';'/
    ∧ミ/  '"   ``ヾ:;;;;|-'  ゝ};;;;-''"´  ヽ、  ゙ヾシ
    j.、|;;|  `ヾ''ー-tッ--ッ`゙ヾ゙"/"ヘ、:‐tッ‐一ッ-  |/`i
    /' ,};|     ヽ` ー一´"/ |’ i ゙゙ヽ、 `ー一''´,','    |! !〉
    ゙、`'i|;;,,             | │         ,,,, |}/
     ゙}; |:::'';;,,           | │        ,,;;''::::::|' j'|
     /'L| :::::''l     ,..イ` | │ r-,、    ,l::::::::  |_/:|   「やかましい!
    /;';';'| ::::::|   /  `ヽ.|  ,.ィ'' \    |:::   |:;:;:;|    女のくせに男の仕事に手出しするんじゃねぇ!」
    /;';';';'|    /       ̄    ヽ  |    |:;:;:;:|
   /;';';';';'j、         _,:、-- _    ゙、     /|:;:;:;:;|
__,/;';';';';';'j :゙、   ,r  ,.、-'"   ̄ `=:、_       /:: |:;:;:;:;:゙、
|:::/;';';';';';';';j ::゙、. { ''""´ ̄ ̄ ̄ ̄``¬:、_ヽ.  ,:':::: |:;:;:;:;:;:;}¬
::/;:;:;:;:;:;:;:;:j  :::::`、   ``'" ̄ ̄ ̄ ̄`'''´  ´  /::::  ゙i;:;:;;:;:;:;|:::゙、



                                        _ァー─‐r'ヽvゥ、
                                           r/:;:;:;{薇}:;:;:;:丶:;:ヽ\
                                           /:/´ ̄ ̄ヾァ:;:;:\:;Vヽ
                                          /'  /   l | !i ヾォ:;丶:V i
                                     |l  l! i ! !|l i l i !ヾ、:x"ト、!
                                     !l  i! | !| ! _」ャ1/l ! (ニllニ)丶
                                          丶ヘ{ -_lリ´ ェァ〃!/, i 《\\ \
                                       ゙l| i! ソ  _ " // , ! 》、 丶.\ \
                       「くっ………!!」       ,|! l i>、´ _ //l /,-v‐、` 〉  ヽ \
                                        /〈,ノl ! ll ll://::l//::.::.::.::ヽ ` i  ヽ.  \
                                           {/リ !ト、〉,//〉/,イ::.::.::.::.::.::ヽ !   ヽ  `)
                                          〈   'ァニ='、__" /::.::./::.::.::.〈 |   ヽ
                                             l 〔薔〕 ゙〈::./::.::./::.::./ i l   l   ヽ
                                             | , 丁 / ソ::.::.::.::/::.::.フ | l  ! 、  ヽ
                                             /f‐~'´"::.::.::.::.::i!::.::.:}′ l |   l ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  かといって、給仕係などは日雇いや短期募集がほとんどない上に
  経験者―――これまで彼女は給仕される側で、したことなどない―――優遇となっており、
  市場の呼び込みにいたっては数時間声を張り上げて銀貨数十枚ていどの賃金であるし、
  そもそも営業用の笑みを浮かべて声を張り上げている自分なんて想像もつかない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

132 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:17:07 ID:FgdUvD9E
329.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  とっぷり日が暮れて、学院の見習いが魔法の明かりを灯して回る時間も過ぎたころ。

  相変わらずの風潮、身元は不確か、戦士の真似事ができると言っても一人といった、
  手詰まりの現状を思い知らされただけで銅貨一枚だって稼げなかった水銀燈は
  宿に戻る気にもなれずに空きっ腹を抱えてとぼとぼと繁華街をさまよっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               __  _                            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
            _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、                       |  いい娘がいますよ!どうですか!   >
          (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\                       乂________________ ノ
           c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',                  |  そこの旦那様!          >
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !                  |  ちょっと寄っていきませんか!  |
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !                 乂______________ ノ
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
       〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ
            /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l  |!     ヽ
            !  〔:::::::::::〕  〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  |  | !  |   ヽ
              |   丁7´l! // (〉:::::::::::::::::::::/::::::::::::〈   |  | |  |   ヽ
            | /  / |l | _r/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  | ||  | |  |ヽ   ヽ
              /:L,、n_rn_rァ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::(   | | |   ! |  | ヽ
           {::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::}   |l | |  | |

133 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:18:16 ID:FgdUvD9E
330.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  喧噪が漏れてくる酒場前での客引きや
  裏通りの入り口にいる怪しいお兄さんからのお誘いが入り交じる中、
  足を止めた彼女が視線を巡らせてみれば
  奥の方では濃いめの化粧をして肌を露わにした娘たちが
  品定めをする中年に色目を使っていたり、
  前屈みの青年が桃色の看板の前を行ったり来たりしている。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                         __ _
                                      _   ∠r―tァ'⌒>< ̄`  、
                                  〃ヾvィ.::.::.::.〉ノー、/::.::.::.::.:..、   \
                                 《   く::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..\  ヽ
                                r==≧/.::.;; = 冖冖冖¬==、::.::.:.ヽ  ',
                                |:| __/=彳 ハ | | l ヽ\ ヾ=ミ⊥rr== ┐
                                ゞ=√ | ||| | | | |  ヽ ∨/ }:||:{   |:|
                                     イ| | | ||| | | | |_ ィ ヘ 〈〈_/;;仆ヽ-'ノ
                               /ll | | | ⊥L」 ||才⊥斗 ハ T7:;小、 \ヽ
                              /" | | | | ,,≧ミ\ |  イ 亡ア | ノ':/ |:ト、\ ト >
                                //   | | | | `'´ヽ>      ̄"´/〈:/ |:| \>
                            〈::{   lヽ| | ヽ \´  ,       /| i/イ  i |
                             ヾ〉   |::|ヘ{\  〉、            |</|   i |
                                    |::|    |\ \    ̄     | i | / ̄`く
.       (借金の形に売られたら、           |::|    | i l  >  _ ヘ__/| i |::.::.::.::.::.::.`::ー┐
       私もあそこに並ぶのかしら………)       `'   | i | /..::./.::.::.く入>、| i |::.::.::.::.::.::.::.::.r
                                      | i /.::.::.:/.::.::./.::|ヾ::|ミ≧三三三ア
                                     | ∨.::.::.〈::.::rく::.::.::| `| i |::.::.::
                                   寸メ、 ヽ/.::.::.::./ ̄} \::l   | i |::
                                   `マヘ |::.::.::.:{ └‐ ¬、 | i
                                        ヾミ≧三三三三三三三
                                      |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
                                      |::.::.::.::.::.::.::.::.: r
                                      |::.::.::.::.::
                                      |::.r



――――――――――――――――――――――――――――――――
  空ろな目の水銀燈はとても良いところのお嬢さんではあったが
  旅をしてきた経験があったのでその通りがどんな場所かを知っていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

134 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:19:02 ID:FgdUvD9E
331.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普段なら決して寄りつかないし借金返済の可能性を見いだそうとはしなかっただろうが、
  寝不足と空腹と疲労と無力感でぼんやりした頭と、焦燥と不安で混乱した心のせいか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 r-j _    //>、
        ィニニミv -ァ、 斗斥}{ )ハ | |_ゝ i , - 、 _
        i ̄/爪、 トイヶ)スz=- '' ,フノ }┴.K<  ̄ }イ
   r、  /l 人{ヶソミ从=イ/  r''}ノ:::r-´ ̄` \ー オ/
   i トヽ >イ≧ Y ノ ̄r=vソ、::::r- -','   ヽ  \/./ミ、 _ ,ィ
   | | { <rjミニゞイ r-イ:::{   ̄  ,'     ',   .\\_/
   ノ:ノィヾトー川K>=イ::r⌒ /    i    ',  ',   ヾミ、 _
  `ーイi ト>イr≧_ノ ̄   / ,;'   ,'    ',  i    ト, ̄
   /ィ;∧,レ/r''ノ //   /  ,   /  ,'   i  l    l
  /// /i:::ilil之ッ ,'/   /  /  ,' / ,;'   i ; i ;,     |
  ii./ / l::l7/}  i,':   /  / i ,' :/ ,'   l ; /l ;    |
  / / / l::l Vil  ',,   /ー/- | /、ィ ,' i  /i,L/ _; i  ;  i
. /i   /  l::lハ; ',   / /= =i/ミ、ハ,' /l ;/フハ,'=イ;  ;  |
/ ヽ/ ,;; |::|ryヾ ', iY家不:::ソ≦ レ / 行:::旅川;  ; ,'
/ /  / .|::| 及}ヾ ヽ''┴''´       '┴ ノイ  イハ,'
,;;'  ,/  |::| i トミ、' ,  ヽ       ::.    /i/ イ/j
  /  / レi ', 川小>' ' `       '  /ノ /il /
,;;'/ / /彡i  ヽト-、\ > 、    ´ ̄` /.;//
.//ミ=v'`ヾヽ  i:::::::ケ:::≧::> 、   // ,' /    「……………」
:::廴_、ノilケ }ハ::i ; ヽ:::::ヾ::::::::::ミ>、/ ̄, ;/ノ /
:::/ 廴r=i レ、ヾ:| ;, }::::::i;:::::://ーヾ廴7:i.l /
::::} ̄r''´ハ r'  l ;, ハ::::::レ:://} iミー:::ハ :i
:::::ケ- ̄}入vヾ. | ;, i lミ=//シ  ヾヽフ小}
::::::::ー- 'ーァ ノ  l , 川   i i     i:::ヾイ从
:::::::::{_ _ノミ= V.;  ,'ハ  | |     l::::l\トイ\



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  どうせ売られるのなら先も後も同じこと、とつま先がそちらを向いてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

135 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:20:03 ID:FgdUvD9E
332.
――――――――――――――――――――
  しかし十数秒もあった逡巡の末、
  とうとう足が踏み出されることはなかった。

  すんでの所で思い出したのだ。
  敬愛する祖父の言葉を。
――――――――――――――――――――



          /.:.:.:.:::::::::::::::弋辷ソ::::.``ヽ
          ,.イ.:::::::, . "´   ̄ ̄  ̄``ヽ::.\
        //:.:::,r'´               `ヽ\
      ,. イハ:〈        ,       ',      ``\
     く ./l1 |::|:i   .i   l:.       l    .:.:.::::.:.ヽ
       V .:l1 |::|:|l:. .::|i .:.:l.::i     .:l   .::i.:::!:::| |:|
     /.  lレ'ノ.:|l.:. .:|| .:.:|:::|:.:.   .:.::!.:.:.:イ.:::!::::!:::l |:|
    ./.::!  !1  i |l.:.:.:::l:| .:.:l.::|::.:.:.  .:.::/.:.:/.:!.:::!.:::!:::l l::!
    /.:.:.:|  |::|  i ト、_.:_|:ト、.:ト、ト、::.:.:.::::/l::./_/:.:/:::/::/ リ
   ./ .:.:..:|  |::|  i | \仁lニ=心ハ.:.::/ィイ l/`/.::/.:/ ′
  /  .:.:.:|  |::|  i | 弋_辷'フ`   ';/ ィチ斗l/.::/イ
 ./  .:.:.:.::!  |_|  i |      ̄         ̄ !:/ .l
    .:.:.:.::!  |   l l            ,    ,:::|   i
    .:.:.:.:.!  |   l |\      _ .._′  /.l::|   i
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::.:.ヽ、   ´    ..イ.::::l::|   |   「………お爺さまは言っていた。
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::::厂  ̄|ー- <::::::l::::.:l::|   |.     責任を取る道は、身投げのような行為の中にはないって」
   li.:.:.:.:.!  |   l l::ノ.:.:::::::ノ.:Ⅹ:\|::::::l:::.:.l::|   |
  _ノ ̄l .:.:|   l l.::::::::/.::::::八:::::::|::::::!::::::!:|   |

136 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:21:02 ID:FgdUvD9E
333.



           _ _,.. ----- .、. _!!;;`'-ゞj _._
        ‐_ .., -         ((i!;;;;;;;;;;;\ii - 、
.      / ´/      ,,     ((i!;;;;;;;;;;;;;ヾソ  \
   /  / //   /   /    ((i!;;;;;;;;;;;;;;;;!))   ヽ
      /  / /   /    // / / ゞi!;;;;;;;;;;;;;;;;!)).  \
     ! 〆! / /   _ .,ノ/ /  / /`j!;;;;;;;;;;;;;;;;;;!))   ヽ.
      レ。 j/! /∠_∠-'-/-/、.,/ ,ィ   ((!;;;;;;;;;;;;;;;;;!))    `
          .! !/ソ",,-, r-∠< メ//   _ゞj;;-;;;;;ノU.     !  |
.        ,..   '   ,/;/_. "´ ´  /   r ';;r-'' /r!;fヾ 、  | │
      i       ̄ ‐    /   ヾヽ /;;/ !;;| ヾ;;、  |  |  「責任を取る道は、もっとずっと地味で
      .          /    /ハ;;'_;/.  !;;|、__ノ;;! .   |   真っ当な道だって」
       ト、    _, -‐ ´_,  イ..::/  ` !;|  !;;ゞ--'  \. |
       !        ̄     /" !   /;i!   !;;|      ヽ
       |             / /  //;!i.   !;;|        \    _ ,..-─
.       j      __  イ/ /  / j;;;||    !;;|        , >-‐ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ` < _´     // /   / ,!;;;||    !;;|     j ..-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            ` -.   / / / /!;;;;||    ゞj,,〆/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               ∧ / /    ∧ `ヽ|  //∠';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            / r-/〆  /;;;;;;ヽ, |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           /  //´  /;;;;;;;;;;>ー‐<,, ;;;;;;;;;;;;/!,,,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         / _ イ    /;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/iiiiiiii∠,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ∠ - /  ‐ ´j!;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\iiiiiii∠ ___;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ∠ -   _,,((/;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/__;;;;;;;;;;;;;;;
             f/ ((/;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/;;;;;;;;;;;;
             / ((;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/;;;;;;;;;;;;;;;;;;



――――――――――――――――――
  分かったのだ。
  自分がなにを取り違えていたのかが。
――――――――――――――――――

137 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:22:02 ID:FgdUvD9E
334.
―――――――――――――――――――――――――
  故郷をでてから、酒場で謡われる英雄譚や
  成功者達のうわさ話を幾度となく耳にして、
  自分もお手軽に一攫千金を狙えると思い込んでいた。
―――――――――――――――――――――――――



                  _,.r―〈{?鴨〉―ュ_
                     ,/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、___
                   ,':;:;:;:;/"゙~~ ⌒゙~~`゙ヽ、;:;>[~]  _____
              __j:;:;:;:;サ  l    l l ヽ '|゙ゞ=l廴 l-l~  { ̄ ̄ ̄~''‐‐ー、
             __,,||文~/| | | | |   | | | |  |:|ヾ.t ヨ .__{ { { /___ |
    __,-‐~ ̄~´    }"//|'´ |'、ト ト |  | | ト、|、| |:| 》∑l  lゝ{ {{ ゝ-‐:: :: :: /
  /~__, ヾ    } } ィl:/:::|、 ||∧|、|、  | /|/l | l]l | |`|ヽニ'´i_l/:: :: :: :: :/
 〈: :: :: : ''‐-_ヾ  ! } l::|::|〈'、 ト`゙r ュ ト、 |/ 「lゞ ij,'l /|l,','、|   /:: :: :: :: ::/
  \、:: :: :: :: `'ー 、.} l:/ |::| ゙ヘ ベiー゙  |/′  ̄ |/ /| | /:: :: :: :: ::/
   `\ : :: :: :: :: :`' 、_//゛|∧`''ゝ、   '    ィ/| / |/:: :: :: :: ::/:/
      |`ー 、::: ::: ::: :::゙ヽ、l ` |. |、lヽ_ ー - _jfリ/ /ン :: :: :: :: ::/:::/
      |:: :: :`ヽ、:: :: :: :: :: :`'''癶 ゙l∥ |l`ー‐''´| |/'|/:: :: :: :: :: :/|:: ::/
      |:: :: :: :/ `ヽ、_ : :: :: :: :: ヘ,l 丿ヽイ^ト-′:: :: :: :: :: :〆、 |/.      「私ってば、ほんと馬鹿ねぇ………」
      |:: :: ::/   / /`ヽ、:: :: :: ::{l^Y^Y^Y^Y^l}:: :: :: :: ::∧ l ゙、
      |:: ::./   //'´   `ソ.:: :: ::{l ~〈{勾}〉~l} :: :: :: ::/|  l   ゙、
      |:/  //  /   l:: :: :: ::{l   `T´   l} :: :: :::/ |  |   ゙、
         //  ,'    .|:: :: :: ::{l    人    l}:: :: ::/|  |  | | l |
         |/| l     l、 :: :: :::ヾ======":: :: :/ |  |  | | | |、
         l?逢 ,'      ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::イ /| |  | | /│|
          | | l     l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::// /| |  l j / /| |
         | ,' | /V    !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ! |/ / // ,/ /|//|/



――――――――――――――――――――――
  全てを失い、祖父の庇護も無くなったいま、
  身の丈にあった価値観と思考を持たなければ
  待っているのは破滅か身売りのはずなのに。
――――――――――――――――――――――

138 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:23:02 ID:FgdUvD9E
335.
―――――――――――――――――――――――――――
  アカギ家の一員として貴族の矜恃はなによりも大事だが、
  いまの自分が家名を名乗れぬただの個人でしかないことを
  もう一度よく噛みしめなければならない。
―――――――――――――――――――――――――――



              , __-,=====〔{〈回ヘ
               /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
              / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
           / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
           ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
.          |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
.           |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
         |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
          |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
          |   || \ \      , ` /! |〃ハ_i
           |    l   |   ̄   __ _  /|/″.      「安宿に移って、早いとこ仕事を見つけて。
.        / 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく      とにかく支出と収入を逆転させないと」
.     / /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\
.      | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \
.      | l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_
     j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉
     〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /
        ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
       | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
       | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,



――――――――――――――――――――――――――――――
  相変わらず腹の虫はないているし一文無しの身には変わりないが、
  まず最初にやるべき事ははっきりした、と頷いた彼女は
  体内のよどみを吐き出すかのようにふうっ、と息を吐き出すと
  先ほどよりもすこしだけ軽い足取りで宿に向かったのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
-139 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2015/09/13(日) 21:23:45 ID:FgdUvD9E
本日の投下は以上になります。
閲覧合いの手ありがとうございました。

次回は・・・シルバーウィークの仕事次第ですが
十月中に投下目標で(´・ω・`)

140 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:24:16 ID:MX1Coc3Q
乙でございましたー

銀ちゃんようやく現実が見えてきたか…


143 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:24:46 ID:S2AW0wRE
乙ですー
銀ちゃんの葛藤回やったね
そしてペルソナ組にコレ以上の不運が襲うというのか・・・


151 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:26:45 ID:o3j8lBZg

ペルソナ組は特に悪い事はしてないのに英雄の影響で不幸になったレアケースだな
今後どうなるか分からないけど


156 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:34:32 ID:E/ctMYfw
やらない夫の乗り越えるべき課題も見えてきたね

乙でした
次回も楽しみにお待ちしてます


158 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:42:46 ID:chf.jmMo
乙でした!
前回と今回で金銭感覚がおかしくなりました


159 名前なんて無いだろ 2015/09/13(日) 21:43:25 ID:atOILPmo
乙ですー
これは予想しなかった展開と予想してた展開


176 名前なんて無いだろ 2015/09/14(月) 16:31:08 ID:1S/AayqA

D子・・・いったい何者なんだ・・・


180 名前なんて無いだろ 2015/09/14(月) 22:09:38 ID:c2meTvbA
遅ればせながら乙
これからの物語の広がりを感じる・・・

元スレ
やらない夫は約束を守るようです51
やらない夫は約束を守るようです50

アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


7935 『やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第二章 二つの財布 その3』の前後エントリー2015年10月19日 07:14

纏め作品一覧やらない夫は約束を守るようですの目次


46990 名前なんて無いだろ 2015年10月19日 18:38Edit
続き来てたのか。前回から2か月となるとかなり早い方だな!(感覚麻痺)
46994 名前なんて無いだろ 2015年10月19日 19:29Edit
早かったな…!(感覚麻痺)これだけ丁寧に書かれている物語なら余裕余裕。
銀ちゃんの自覚と自立が見えて嬉しい。

>>51
さりげなく武闘家が被っている件 
47013 名前なんて無いだろ 2015年10月20日 04:30Edit
相変わらず面白いし続きが気になる
47031 名前なんて無いだろ 2015年10月20日 19:43Edit
もう続きは来てるよ
しかし銀ちゃんはヘタレ街道一直線やな
巻き返す機会はあるのか
47579 名無しさん 2015年11月13日 09:52Edit
完結さえしてくれたら、あとはすべて要求を飲むぞ!!
47740 名前なんて無いだろ 2015年11月21日 04:56Edit
>>47579
ん?

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!