コピペ 今の自分を表現するなら、地に落ちた小説家、だろうか。

2015 11 30  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             | (●)(●)  |
                |  (__人__)   |
         ___|__`⌒ ´   |
       , --'、         /    丿     今の自分を表現するなら、地に落ちた小説家、だろうか。要するにクズだ。
        / ⌒ ).      /    <
       ,′  ノ      /   /三三三三丑
       l  T´ ..___/   //      r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶    //      (  ̄  l
         `'ー'´   |   //_____/  _.ノ


                   _______,
            _______/           ./|_______,
           /           /         //         /.|
        /           /           .//         /./|
.        /        ./           .//           ././/|
        /          /           .//         /././,.|
     /           .'三三三三三三l/         /.//./.,|    当たったのはデビュー作だけで、それ以降が続かない。
     '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/.////
     '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l////     作家としての力はとっくに枯れ果てていた。
     '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l///
     '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l//
     '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/



                ,-、ィ: : : :,、: : , -、: :> 、
                 /: : : ヽ: /: :.∨: : :V: : : : \_
             ,イ: : : : : : /: : : : : ',: : : ∨: : : : : : :i、
              /: : : : : : : _: : : : : : : : :',: : : : \: : : : : : i_
         /: : : : : : : : /:.ヽイ:ハ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヘ
.         ///: :/:/:./: :./``v'´゙-!:.i: : : : : : : : : : :ハ: :/: :./i
        //:.i: :7:7: :{: : i       |: i: j: |: :.|: ',: : i: ',: ∨: ://j
          {:' !:i: :.!:.|: :ィテ}ヽ    j: /--j、; |: :|: : i: :|: :.|: : : :イ
       ヘ! V!: |: i、: i,,zミ、   /:/:/: />、ヾ:j: :/: :i: : i: : :./ム
         ヾレヽV〈 {゚::::l`  ムイ=Zミ、:/:`: /:i: j: :/: : /i:.ハ    もちろん筆だけで食っていけるはずもなく、今では妻にも働いてもらう始末。
            l: :j: | 乂7     {゚::::::j.i!./イ: //j:イ: /:i |: :.l
           j: : |: i        廴ン ´.′:イ': ///:,': : !: :.i     なんて情けない。僕はいつまでこんな生活続けるんだ。
            l:j: :i从   ′       /: : : : /: : :/: ': : :.|: :.|
            |:i: :',:i: ヽ  ` --       ': : : : /: : : : :/: :.i: |:.i: !
           i:|',: :|: : : \     . イ: : : :イ: : : : :/: : : Vi:.i:7
              ヾV:!: : : : : 汀::::´:::::::/: : : イ: : : : : :': :i: : : :',!i,′
              /,イ\: : /-ノ-::::::/: .イ: : : ://: : i',: :',: ',j
          /イ: : : : く  '′ 厶イ: : : : :/∠: : : :|:|:',: :',: ',
          /: : : : :/ィ=、 -‐‐/: : : :/:/: : \: j: |:.',: :i: :l
          ,′: : :./-‐ニヽ:.ヽ./: : : : :/イ: : >-‐ニヘ:i: :',: :l: |

151 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:47:19 ID:yjLtZc0w

―――――、=i|| |               | || ,――――――
========、/| .|| |___________| || |\,==========
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || ||...__.|| || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| |
三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_|..__/  /.||_|| || |, |]三三三三三
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |____/  /|(三三l/ l| || | ゙.i||l | | || |.、 |.|
|___|_||_|_|_|||  |=|| /  /|(三三l/l(三三l/l  | || |  |||_|_|_||_|___|.|_|
三三三三]| .| .|| (三三l/l(三三l/l(三三l/l  | || | ,|]三三三三三    書斎で一人打ちひしがれていると、キッチンの方から妻がやってきた。
|.| | |  |.、||| '' | .||/(三三l/l(三三l/l(三三l/l  || |  |||、,|  | | |.| |
|.|_|_|_|__|||  |=' (三三l/l(三三l/l(三三l/l  ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_
三三三三]|, |  (三三l/l(三三l/l(三三l/l   .| , |]三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!  (三三l/l(三三l/l(三三l/l    .!、 || l.|| |.||  | | |
_|_||.|_||」.||,/   (三三l/l(三三l/l(三三l/l    . ヽ||.「||_|.||_|_|_|
========'′   (三三l/.(三三l/.(三三l/     .`'.=========



:|::|:::::::::::::::|:::|                 __ ,. ヘ- 、_,.、              |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|             , :7/:.:.:.:.:.:` ´、:.、\.             |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|            /:/:.:.:.:.:.:./:.:.:ヘ/:.:ヽ:ヽ:ヽ           |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|              iヘ:Yi:.:|:.|i:.|i:.|i/゙"`i:.:.!:.!:.!:.!            |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|           {ヾ、i:l:.:|:.|i:.|i:.|i   jリ:|:.|:.|:.i          |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|               i\〕ヾトノ厶彡  X卞リ〈"           |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|           i!:.:{ヘi::':| 迄j    ヒリ ムノ.            |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|             |:!:.:ヽl::::|      、  ,'::/               |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|          l:.l:.:.:.:.!ヘ|゙ 、  ー ,. /ィ′             |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;    「あなた、棚の奥から高そうなワインが出てきたの。
:|::|:::::::::::::::|:::|            i:.:!:.:.:.:|/i`  - ィ:、//!             |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:|::|:::::::::::::::|:::|         /::,:l:.:.:.:,!:::::|- 、_, -!::::!:.:.:.ト、_.            |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;    仕事中だけど、ちょっとどうかしら」
_|::::::::::::::|:::|          /ヘ::|!::/:,'::::::l::::::::::::::!::::∨:.:リ:::ヘ.           |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!          ./ ∨:/:.,'::::::::!===!:::::::∨:.リ ヘ          ,.-|;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!         /   リ:!:.:|:::::::::::l:.:.:.:.:.:.:l::::::::::イ:.:.i  ヘ       ムj、 |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!      ,.'  ヾ |:!:|::::::::::::!:._ _ :.:!:::::::/∧:.!   ' ,   / {ヽ.|;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!      , '      i!:.:|∧:::::::l ノナj j:::::///|:ノ    ゝ,´    ヾ.|;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!    ,. '     /ハヘ\\::!:.:.:,/:/:/  ヘ   //     ノ|;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!   ,厶、‐   イ|:::::〉 \:\`!:.:.j´::/ ノ:i ヽ       ./ .|;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;
:::::::::::::::::::::!:::!,. <     ,/ !|:::〈   ヾ、:ヽ:// ′ ヾ!|   \ .   /    |;;;;;|:.:.:.::.:.:.:.;;

152 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:47:31 ID:yjLtZc0w

                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |
                  (__人___)    |
                 |      u  |
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ      「ごめん今は少し集中したいんだ。それに君にだって先にやることがあるだろう?」
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \



                / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
               /       \        [二二二二二二
               |          |       _|_|_____
               |          |       |:|      | |;| .| |
               |          |       |:|      | |;| .| |
                    |         ,'        .|:|      | |;| .| |     僕は背中を向け、止まっていた手を動かし始めた。
                  j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
              ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |     罪悪感から、まともに妻の顔を見ることが出来ない。
            / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
            / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
         / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
          / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二



 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「     「なによ、ちょっとぐらいいいじゃない。あとで欲しくなってもあげませんからね」
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八

153 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:47:46 ID:yjLtZc0w

                     _  ,..___  _
                /::::::::`7/::::::::::\::{_
                /:::::::::{::::〃:::::::::::::::::::::ヾ::\
             /:::::::::{_:Ⅳ′:::::::::::::::::::::::ミ}::::::.,
.            {_\/ ̄ ̄丶v‐…::::ニ::::_:`v::{
             {::::::{____ノノ::::::::::::::::::::::::`}::::.,
             {:// ̄ ̄ ̄「丁¨::t-:::::_::::::/::::i::}
             }:::/:::::::::::::/::八{::::::::\:::::i'f^!::::Ⅳ
           ,::/:::::::::::::/::/:::::}i::::::::::::::Ⅵ}ノ:::/ノ
.            /:/:::::::::i:::/::/ ;:::::}i::::::::::::::::V{::i:l:{′
           /:/ ::::::::::|/::/:/ :::::}i::::::::\::::ヾ:川i        去っていく妻の足音を聞いていると急に涙がこぼれそうになった。
.        __/:/:::::::::::::/::/:〃 :::::}i:::::::::Ⅵヽ::::)八,
        /7:/}:::::::::::::′::/ ::::::::::}i:::::::::::V::ハ:fく__ノ〉     僕は最低な男だ。こんな惨めな人生に、あろうことか彼女まで巻き込んで……。
.       / 〃/:::::::::::/::/′::::::::::}i::::::::::::j厂l:| ヽ\
       〃 {{/:::::::::::/:/::::::::::::::::::::::}i::::::::::::ー彡′ 、 {
.     / /:::::::::::::/:/:::::::::::::::::::::::::}i::::::::::::::f^\   ヽ}
      У:::/::::::::;〃:::::::::;::::::::::::::::八 :::::::::::|i  }  ) ノ
     /:/:::::::::::/::::::::;::/::::::::::::::/::::::} :::::::::|i-ー'¬^7}
.    /:/:::::::::::::/:::::::::::/:/ ::::::::::::/::::::/} :::::::::iト、   / {
   /:/{ ::::::::::/::::::::::::{/:::::::::::::::′::/:ノ :::::::::;ハ〉 / ハ
.  〃 {:::::::::/ :::::::::::::/::::::::::::::/::::::〈/′::::::/:〃 / / }



                               __
                         ____/.::::.`ヽ、
                 ..-‐ァ≠‐-ミ::::{:::/.:::::::::::.``ー-=ミ
                 /.::::::/.::::::::::::::::`\{:::::::::::::.\:::::::::::::::.`丶、
              /.:::::::::/.::::::::::::::::::::::::::.\ト、::::::::::.\::::::::.、::::::::.ヽ
               _/.:::::::::/.:::::::::::/.::::::::::〃ミメ/ヘ、::::::::.\:::::.\:::::ハ
           〈:::::::::::::'::::i:::::::::{:::::::::::::|::「``′  ヽ、:::::::::.ヽ、::::ル′
           {::\::::::i:::::|:::::::::{:::{:::::::_|::|    /-}‐ヽ:::::::i} }/
           ∧:::::.\i:::::|:::::::::{::::X:::_」ニゝ   , x=ミ}:i:::::リ,
           {:::.\::::::',::::l::::::::::V:X,≧ゝ      爪,i{刈:::/∧      けど彼女は決して僕を責めなかった。
.             ヽ::::::.\:.ヽ:::.\/:ィ:爪_j`       ヒ::リ ル'.::::::::.
            }\:::::::Y|:::ー-ゝj{:::し:rヘ      、`゚^ |:!:::::::::::.     それどころか、こういう生活も慣れたら楽しいものだ、と笑って見せた。
.              }::::::`ト:{ヘ::::::::::::. `ヾrジ       ,   从::::::::i }
             /|:::l::八:.ヽ._、::::::::::.、      ー  ´  イ:':ハ::::八
          /.::|:::l:::::::.\:::::.\::::::.\        〃:l:/}::::}∧:. ヽ
            / .:::|:::l:::::::::::::.\:::::.\::::::.\.  __ イ'.::::|' 川j' !::.
.        / .::::::|:::l::::::::::::::::::..\::::..`=‐-=ミ_」:_彡'.:::::ノイ::从 |:::i
      /..:::::::::::::|:::l::::::::::::::|::::::::::.ヽ::::::,二ニ=-‐‐=ミく ノ::/ } 川
      /..:::::::::::::/.::川::::::::::::::|:::::::::::::::|::::|/: :/      ヽ::..ー-=彡'ノ

154 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:47:58 ID:yjLtZc0w

                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /         もうあんな悲しい台詞言わせやしない。
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、     今度こそ一発でかいのを当てて、新しい人生を始めるんだ!
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,




         /.::::{:::::::::i::::://.:::::/.:::::/.::::/.:::::::::::::::>、
         /.::::::::::{:::::,ニ/:::/.:::::/.::/.::::/.::::::::::::::/}:::.\
.      /.::::::::::::::/.::/i/.:::::::{:::::/L/.:::://.:::::::::/.:/ニ、:: ̄`ヽ
 二ニ=≠、::::::::::::::::/.::::{/.::::::::∧/ニ=ミく/.:::::/ /∧//.:::::::}:::::::::::|
.      \::::::::/.:::::/.::::::::/x≦芋ミメ、ヽX/ // ヾ彡:::/.:::::ハ:::|
         \,'.:::::/.::::::::/  んし:::oハ》::V l/     `7.:::::/.:::::|
          ;::::::/.::::::::/   ^ヾ '゚´ ′    __  /.::/.::::::::|
           i::::;::::::::::/  ',           _,ニヽY//.::::/.::::::|      数分後、再び妻が顔を覗かせた。
           |:::i::::::::∧            ,ィて.;心く/.::::/.::/.:::|
  /      /.:::l::::::/             ヾr/」リ'.::::::イ::::/}:::::|
. /      ,/i::::::l:::::;       、 _  '  /.::::/.:::::「/ /-‐'
      /. : :|::::::l:::::i .イ{\_____ . イ.::::/.::::::::/::i
  __ ..イ| : : : :从:::l:::::| /∧::::/.::::::::::::::/{/.:::::::::::/.::::|
  7 : |:|: : : : : ∧:l::::|,/ : : ∨.:::::::::::::/.:::/.::::::::::::::/.::::::i|
  i: :.:|:l: : : : :/__ヽ::八: : :/∧:::::::/.:::::::/.::::::::::::::/.:::::::八

155 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:48:17 ID:yjLtZc0w

                          ,-‐…‐- ,
                         ,.:.:、 .:.:.:./.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:>:.:.._.
                          .:./.:.:.:.:.:.\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒:.:.}iヽ,
                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ〃'..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:,
                   r'¨.:.:.:.:.{.:.:.:゙l.:.:トミ.:.:.:.::.l .:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.: ∨i{
                  .:.:.:.:.:.:.:.:,ゝ.:.:|.:.:|=`ー".:.|.:.l.:. l.:.:.:.:l.:|.:.:.:.:.:.:∨}
      ∧         丿.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:}|.:.:|     |.:.}.:.:|.:.:.:.:|.:}.:.:.:.:.:.:.:リ
      ||∧           .:.:.:. l:.:.:.:.|.:.:.:.:}|二)    }.:伝二ニュj.:.:.:.}.:.}.:.}i:.:,
      ||/∧        .:.:.l.:. |:.:.:.:.| 〃イ⌒`    /:/^抖=ミ、.:.:/ /.:/{.:.:.:.
      ||//∧        l.:.|:.: |.:.:.:.:|.:i{.:.:{抖ミ、      ん心. Y.:./:ィ’ :l:.:.:.:,
      ||_///|       i{ハ}.:. |\ :| {〃ん心        ^)zソ |:/.:/リ.:.:|:.:.:.:.:.
      ||_///|.         \| ./ヾ.:.:.. ^)以  ,   ^゚` 〃.:./ :}i.:.:|:.:.:.:.:.:,
      ||_///|           }.:.:.:.:.:.:.:ヽ"゚     ` __,   /.:/.:./.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.
      ||_/  |            {.:.:.:.:.:.l .:人    ` __ -=彡’.:.:.:/.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:,   「めぼしい物はだいたい集めたけど、そっちはどう?」
      ||_/  |             } .:.:.:.: |:.:.:.:.:>..    . イ /.;.: ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      ||_/  |           ..:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:./ 〕` ー ’  l/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       ヾ___|          .:.:_,,-‐}.:.:.:.:.:.:{: : {八    人 .:.:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.      {:::::::::::::}/Y     //   |: :.l.:.:.:.:.:. l: : l  __    }.:.:.:.:.:.: l\_.:.:.:.:.:.:.l
        r'^¨¨¨ヽ /       //ヾ.. |: :.|.:.:.:.:.:. |: :.}<二>- /.:.:.:.:.:.:.:.|: : / 7ヽ.:.:.
.       丿/⌒`く.ヽ.   .//     |: :.|.:.:.:.:.:. |:.:}< 二 >‐/.:.:.:.:.:.:.:.: | :/ /: :∧.:.:,
      〈   /⌒` ) {    i{ { ,/  |: :.|.:.:.:.:.:. |/ : : : : : : : :.{.:.:.:|{.:.:.:.:.: |/ /: :/   .:.:.
      〈   -‐- )/:}、  il.:l ′ _l |: :.|.:.:.:.:.:. | : : : : : : : : ∧.:.八.:.l.:.:.:| /: :/   l:.:.:,
     〉 ′_丿}: {. \ i|У  .l| !: :.! .:.:.:.:. | : : : : : : : /: :j丿 ,)l.:.:.:|′/    i|.:.:.:.



                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |
                             |     「あぁ、ちょうど片付いたところだよ。今回は当たりだといいけど」
 .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、            |
:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、           .|
::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         |
,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.      |
  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_   `'ー- .|
. ..:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ
.::::::: ;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ
≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::

156 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:48:27 ID:yjLtZc0w

   ________________
   |`丶、                   ` 丶 、
   |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| |
   |   | |     /.壱//万:/|     |/ |冂|
   |   | |    |≡≡|__|≡≡|彡|__/   |凵|
   |   | |    |≡≡|__|≡≡|/.壱/      | |    カチャリ、と僕は金庫を開けた。
   |   | |    |≡≡|__|≡≡|≡./      |冂|
   |   | |________/        .|凵|
   \  | |_______/           | |
     \|_______/          .|__|
               /          /
               |     ◎   /

元ネタ

403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/01/11(火) 21:57:50.89 ID:c2xu6/vz0

今の自分を表現するなら、地に落ちた小説家、だろうか。要するにクズだ。
当たったのはデビュー作だけで、それ以降が続かない。
作家としての力はとっくに枯れ果てていた。
もちろん筆だけで食っていけるはずもなく、今では妻にも働いてもらう始末。
なんて情けない。僕はいつまでこんな生活続けるんだ。

書斎で一人打ちひしがれていると、キッチンの方から妻がやってきた。
「あなた、棚の奥から高そうなワインが出てきたの。仕事中だけど、ちょっとどうかしら」
「ごめん今は少し集中したいんだ。それに君にだって先にやることがあるだろう?」
僕は背中を向け、止まっていた手を動かし始めた。
罪悪感から、まともに妻の顔を見ることが出来ない。

「なによ、ちょっとぐらいいいじゃない。あとで欲しくなってもあげませんからね」
去っていく妻の足音を聞いていると急に涙がこぼれそうになった。
僕は最低な男だ。こんな惨めな人生に、あろうことか彼女まで巻き込んで……。
けど彼女は決して僕を責めなかった。
それどころか、こういう生活も慣れたら楽しいものだ、と笑って見せた。
もうあんな悲しい台詞言わせやしない。
今度こそ一発でかいのを当てて、新しい人生を始めるんだ!

数分後、再び妻が顔を覗かせた。
「めぼしい物はだいたい集めたけど、そっちはどう?」
「あぁ、ちょうど片付いたところだよ。今回は当たりだといいけど」
カチャリ、と僕は金庫を開けた。

 
-157 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:51:26 ID:BKB73LqY

おい他人の財産にロマンも止めちゃダメだろ!


159 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:55:38 ID:.Igyljyk
売れない小説家である以前の問題だw


160 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:56:20 ID:slrAEz0o

開き直ってんじゃねーよ妻w


161 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 17:57:58 ID:f/Jr9CRA

妻チョー楽しそうなんだがw


162 普通の名無しさん 2015/01/03(土) 18:01:45 ID:DkzWGy8M

そういや、ない夫×朝倉さんって超初期の鉄板だったなあ

元スレ
やる夫でコピペ 190スレ目


7998 『コピペ 今の自分を表現するなら、地に落ちた小説家、だろうか。』の前後エントリー2015年11月30日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


47936 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 00:28Edit
とりあえずやらない夫もげろ
47939 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 01:44Edit
最近でない夫とのヒロインって誰だろうか
47941 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 03:49Edit
むしろ妻のが手練感あるwww
47942 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 08:18Edit
朝倉さんがはまりすぎて怖いw
47943 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 08:33Edit
経験をもとに、実録犯罪モノを書けばいいんじゃないかなw
47944 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 09:43Edit
※47943
昔テレビで、自分が過去に行った数々の犯罪を実録本として出してヒットしたは良いが
次作が書けなくてネタ作りの為に銀行強盗を行ったっていう海外の作家の話は見たことがあるw
47945 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 11:26Edit
※47939
先月どっかで投稿があったない夫スレヒロインのランキングだと1位が真紅だったっけ。
見直したら朝倉さんは4位だった。根強いね
47948 名前なんて無いだろ 2015年12月01日 14:30Edit
「今の自分を表現するなら」だから、本当に作家なのかも不明。才能のなさだのなんだのは、金庫破りとしての話かもしれない。

仮にそうだったとしても、作家の資質自体は持ってそうだがw
47952 名前なんて無いだろ 2015年12月02日 00:43Edit
それにしてもこの朝倉さんノリノリである
47958 名前なんて無いだろ 2015年12月02日 11:27Edit
※47948表現っていう若干ふさわしくない言葉と
当たったのは最初だけで→今回は当たりだといいけど
ってことから元から泥棒だったと思われ、
しかし後者は作家だったとしても言葉遊び的に意図が通じるけど
48059 名前なんて無いだろ 2015年12月08日 22:41Edit
このコピペ好きだわ
内容はアレだけど……。

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!