やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第三章 遭遇 その4

2016 03 25  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:ショボン玉, |
284.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――
  バルベニーの町、ヘルモルト雑貨店。
―――――――――――――――――――


                             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                  ∩               |  ―――と言うわけで、これがレシピです。   |
                /∪\             乂___________________ ノ
               //|:::l\\
          //  .|:::l  \\
         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         |  あっりがとぉぉぉ!          |..______________
     /..゙|  トトリちゃんだーい好き!!   |ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\
    // 乂______________ ノ...ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ\
  // ∨   .|:|  ┃:三::┃  |:| .//  .\\ェェェェェ[三三三三]ェェェェェェェェェェェ[三三三三]ェ:\
 </|:|   .∨  .|:|  ┃:三::┃  |:|//   .|:l \>ェェェェ::| r――ォ |:ェェェェェェェェェェェェ| r――ォ |ェェェ::\
  \|:|   .∨ l:|  ┗:┯::┛  |:|/    |:lェェェェェェェェ:| |     | |:ェェェェェェェェェェェェ| |     | |ェェェェェェ\
    |:|ョョョョョョョョ|:lョョョョョョl:|ュョョョョョョ|:|ョョョョョョ!|:lェェェェェェェェ:| |___| |ェェェェェェェェェェェェ:| |___| |ェェェェェェェェ\
    |:|∨   ._|:l______|:|__________|:|_ .//|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄了
    |:| .∨ 〈三三三三三三三三三三〉./...|:|\|:|__|:|/  Ⅵ:|  |:|/ Ⅵ:|   |:|/ Ⅵ  |:|/    |::|
    |:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨEヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|:|ヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ|::|
    |:|   ∨ |::::|| ̄ ̄||| ̄ ̄||:::|  //   .|:| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王l.  |::|
    |:|   ∨ |::::||    |||    ||:::| .//    |:| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王| |王|   |王l.  |::|
    |:|    ∨|::::||    |||    ||:::|//     .|:| |王|   |王|__|王|_ ..|王| |王|   |王| |王|   |王l_.|::|_
    |:|      |::::||__|||__||:::|/      |:|    ̄ ̄ |ヘルモルト| ̄      ̄ ̄      ̄ ̄     .|::|
    |:|王王王|::::|回 回:|:回 回|:::|王王王ヨ|:|圭圭圭圭〈:::::::::::::::::::〉圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l::|
    |:|土土土|::::|     :|:     |:::|土土土ヨ|:|圭圭圭圭 .T  ̄ T ...圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|::|
.  <三二ニニ==-----------=ニ>  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――
  飛び上がって喜んだ来客は差し出されたメモに
  さっと目を通しただけでなるほどね、と納得した。
―――――――――――――――――――――――

194 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:00:59 ID:yiR3wz8E
285.



      /       ;辷^´ -‐=¬=ミ ㏍{k ゙
.     ! :  r=え >.;´    i  ;  `V }′
.    ,'  ノノ^^>'´.      l|  ! ;  Y
.     { { {{〃´ '  ,'  /_-;‐_八__jr}-: i
      寸_;ナ   ;  {  ;  __ ;   ;__ :l:| i
       V{   {  乂 { '⌒`    ⌒゙从 ;|
       `゙、  ,   .:!\.:::.    ; .::./}ノ^ノ
           、 个:.  r‐=ァ .イ!´       「私はもらった分、あっという間に使い切っちゃってね~、
          ;  ;. ゙:,   ..__,.イ j ,'           さすがにもう一回東部で買ってきてとは言えないし。
         ノ  ; i\ ヘ 、 {辷{i:. イ__
       /イ ノ人 };\ヾ  }}Ⅵ¦}}ト、        準備だ引き継ぎだでバタバタしてて分析する暇なかったけど
          j/ ^リ∧_)ヘxジ_ リ人/  ':        助かったわ~」
         rく≫o。 )ヾト、'. ((:i:i:)‘'くうx  ゙. rn__
.       ,゙   ー=ミ叱 ))、ー   ノソ 癶、;/// )).  ┌──────────────────┐
       ;        ⌒丈__≫sく'´,  ':./〈/ /(_、.. │ 名前:ロロライナ=フリクセル(人間)    .│
.       :        }.:}-ーrミ:iZ^!  /  ´r=ニ、...│ 生き方:雑貨店経営および協会役員    .│
.      ;       [三_}.:}  Y}Zニ;{ . ′   rャi´ . │ 契約職:なし                  .│
.       ゙          ..:/:.   }‐{;x-く   ,イ  仆.. │ 条件職1:錬金術師             .│
              [三_}.:}o。.__ ∠ミヾ、゙Yi 代ー切  │ 条件職2:戦士                 .│
     :′         ..:/:i:i:i>'⌒ヾ∧/} 》| `ー 7ハ  └──────────────────┘



                                      /__ノ>  ''“”    ”“'' ミ 〔し ヘ
                                        / Y//  廴 んヘ _}   \\/ }
                                        \}∠ イ/⌒ !  i{⌒ヽ/^7  }⌒ ̄_}
                                      { ̄〈/⌒   ! }/}__/}  トミ 人  } \__}
                                      と  / | {/}/-    \}ハ} !  、  }
                                         ^\{ | l ィ芯    ´f芯ヽ/ /! \/
                                          { | l 弋り   ,  弋り {/リ  |
          「出所については内密にお願いします。.       { {(_ハノ            }/}   !
                                          { { | 込、   r ,    ,   ハ j
        別に、私が分析したことにしたいわけじゃ      { { |  个s。 __   イ}_/   V,
        ないんですけれど」                      { { |  | 〕」   {ト〔」|  |  V,
                                          { {八- イ{ ノ     V⌒iト<   ,
                                         ,  /    |{      __ i{   Y {
                                          /  {    }{ ̄`   ´  i{    } {
                                      {  {/ ̄ 廴     _厂\_」__{



―――――――――――――――――――――――――――
  新しい練金生産物の錬成方法を分析したとなれば、
  当然錬金術師としての名声は高まる。

  しかし『協会表彰の完遂者』の称号が示すとおり
  トトリ自身、すでに天才の名を欲しいままにしているため、
  いまさら一つ、二つ実績が増えたところで関係ないのだが
  余計な面倒ごとは背負いたくない、と言うと。
―――――――――――――――――――――――――――

196 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:02:02 ID:yiR3wz8E
286.
――――――――――――――――――――――――
  現在キシダ派の主席であり、
  初代完遂者でもあるロロライナ―――ロロナ先生は
  分かっているよん、と頷いた。
――――――――――――――――――――――――



                                    ト
                                   } i
                       _,,..   ..,__     j! .イ
                    _,:≦ニ=- V⌒ミ({:i:i:.、  }!/ ,;
                      / :) }「 -‐=ミヽ `'^ ーくiト、 l Ⅳ ;
                     /ー=彡く{_.ノ  r宀'⌒¨^^Vハ:l|{  ′
                 /       ;辷^´ -‐=¬=ミ ㏍{k,:/
                   ! :  r=え >.;´    i  ;  `V }/
                  ,'  ノノ^^>'´.   .′: l|  ! ;  Y
                   { { {{〃´ '  ,'  / ‐;‐_八__jr}‐: i
                 寸_;ナ   ;  {  ;x?我ミ    虍ミ !| i
                  V{   {  乂 代_ソ   t_ソ 从 :|
                  `゙  ,   .:! \     ;   ノン^ ;
                    ;  、   个:.   , ┐  イ! ノ   「協会にばれたら
                   _.ノ;∧ ;.  ゙:,  、__...ィ´ :jノ        『莫大な報奨金を持て余しているであろう英雄殿に、
                 。≪ノ  ; i\ ヘ 、 く_]ヾ{i ィ         当協会の援助という使い道を提示してやりたまえ』
               /⌒ヽ\)八 ;\:. n } | ;|i |>、 _       って絶対言ってくるもんね~」
                  /    ` )^ヾ)リ /¨ス; い八|/ハ/fニヽ、
               /      ⌒(叱)l   ニ} ⅥG:  :| {_r‐ ヘ
                  ′      /.:フノ    /_彡く;ヘ 八 ^(/ }       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      〈三/:./イ   /; rf‐…Ⅵ:! }) 、 /.          |  あははは、そっくりです。  |
            /      へ /./ イ八/}^Y } }   lⅥ〃  h.         乂____________ ノ
          x ´       \V.:/{ :{乂_>' ,//   ノ }人ーく/
.       イ___\     [三ア"´ 乂__/ソ^ Y⌒_.彡くr'ソ乂二}〉
    / 爻※___\     .:/      .:i:il、 / //^Y /  ` T´
  r‐く::\※ 爻 ※__\  {:{    /:i:i:|:Vノ:i:i//:八 ′   /
  ^Y;\::ヾ、 爻 ※___≫{:{   /:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:/      .:i|
    \)\::::.※ 爻 ※-={:{ー:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:〈    `ー彡ハ
     \_\:\ 爻 ※//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧:i:i:i:i:i}     :. |^Y ハ
       }く^\:.\  //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:ハ:V:i:i:ih    卜j/ }

 
-198 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:03:41 ID:ocRaPN5w
莫大な報奨金・・・
ぁぁ、うん、そうね・・・莫大()・・・

197 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:03:05 ID:yiR3wz8E
287.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ヘーゼルダイン会長の声色を真似た彼女はそこで
  横道にそれていることに気づき、
  本来の用事に戻るべく腰のホールディング・バッグをぽん、と叩く。
――――――――――――――――――――――――――――――



::.:.:.:\__/.:.:.:.:.:.:.:|//         \ :}
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : ////ヽ.      .ト、   ∨
::.__.:.:.:.:.:.:.:.:..:.: : :// ,'〃∧    、   .! '_   ',
ィ∧',:: : :.:.:.:.:.://   {/,ィ゙ マ.  ハ  ナ'" マ  }
ヽ/::!::.: : : //   ィ |/リ _,.|‐ト | |__/,.x‐ミ∨ リ
_/::::| : ://::/ ,' ./|:.|./"´,. |/|,.イ   イ:沁.|| :/
/|::!∨ / : :,'  :{ ,' ゙|:.| ん.沁.ヾ     辷ノ !/i|
二./ |/  :|  | /:./ :| 弋;;;;;;ノ     、  | ヽ
∨  } /. .:|  |,' ノ',ハ.          ′ ハ    「それでね、前に言ったとおり
 \ |.ト,   ! / :|/ー、. \       ,. ' ./      私の店は知り合いにお願いしてあるから心配しないでね」
   ヽ!:{_',..:ノ/ ,ィ:ヽ-‐┬、      ̄   /リ
    ヽ 》/ / /:/ィ|  `  - : ,.. ィ゙
      リ,/| :/ /ソ|゙ヽ、   : :ト、-《
     ///゙:!彡" /《!  ゙`ー─┴ィ゙ヽ\     l^x-、
.    イ:{′ .{  / .\     /ーィヽ,__≧、   》-- 、`.、
    | |      /.    \   /ー"ト,'::::c::`,\. }─=、  \
    | {   /::     ::\/¨|| ̄! ヽ.::::. 人::\}ー-    ヽ
    ヽ!_,ノ."/:       : : : :||: : |  .`゙´n,╋.∧`ー、.    }
_√二¨.-''" ::      : :  :: :||: : | nN"≠ミ〃゙゙\ `iー  |》,



                                       /  >ニミ、~// ´{ {   く`iiii\
                                 /   } } , 亠ー--ヒ ニ_ー´乂,フヘ\
                                  /iiiii_屮 〆 アTナtュ_`ヽ,t_//_/\
                                 /└、'/ イ ハノ,へ_ソ刄 } ト、t<_,イシ,<彡>>
                                /,=='/ イヒト‐!⌒' : : : : : :`千トiハ乂ヘ_ン/
                                 \イ//ヒ匁. . . .i`!. l . ..___i_.. : :ヒヒ_リ Xfー乃_
                                 Vト_ソ: : ::_:_」 ヽ`ヾ、ヾ_;__:;ヽ: ::ヒィ メ\ーノ
                                      /l入i: : ::i :;;_l_    ,.rfニホヽ::lY, 元ソy<
                                <ハtテ: :i' ハフ心     ゞヒソ''  ト ノ: :Yヽ:`i
                                  `ヒ小l 乂 弋ソ     " ,,,  ,イ:|: :; :i: : .ヽ\
          「ニオさん?でしたっけ。                |: : :トt入 ,,   '      /: :从: ;: : l:: ゝ、:::_:ヽ
        たしかお姉さんがヒダリ派の………」     |lハ::V: : :>,    ャ_ .'   ィ: ヽ:〃:イ:: : ト、\: . `:`、
                                    |l `ヾ 彡:ゝミ. , _,  ´ |:: :彡/: :|: : .:}: ヽ::ヽ..`゙ー:ヽ
                                  `i 'y ´   `l;;t::ヒ|     'ト、::_: : /: : .:|:: : :ヾ: :i^ヽ.. :,\
                               /|lliiiiy´     i;:;l_レ' ニユ   __`ラ: .: : l: : : ヽ: . |  i. : i\ヽ
                             /  ヽk       `f   ー 、 ‐´ ノ:イ:: /`ヽiiヽ: l.ヾ  〉: .| ),'
                                        \_  ,ィ /        ` ̄´ !::イ ,  |llllハ: |ヽ::\イ:|

199 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:04:00 ID:yiR3wz8E
288.



                            ト.
                                } i   i
                 _,,..   ..,__     j!  l|
              _,:≦ニ=- V⌒ミ({:i:i:.、 } |i /;
                / :) }「 -‐=ミヽ `'^ ーくiト、Nl| / :
               /ー=彡く{_.ノ  r宀'⌒¨^^Vハ:l|/ ,′
           /       ;辷^´ -‐=¬=ミ ㏍{k ゙
             ! :  r=え >.;´    i  ;  `V }′
            ,'  ノノ^^>'´.      l|  ! ;  Y
             { { {{〃´ '  ,'  / -;‐_八__jr}-: i
           寸_;ナ   ;  {  ゙x云;   ィ示 l:| i
            V{   {  乂 代_ソ   t_ソ 从 ;|
            `゙、  ,   .:!\      ;  /}ノ^ノ
                、 个:.   、 , .イ!´       「そうそう、ヒダリ派主席のアーシャさんの妹さん。
               ;  ;. ゙:,   __..イ j ,'            ニシネリ会で仲良くなってね~。
              ノ  ; i\ ヘ 、 {辷{i:. イ__
            /イ ノ人 };\ヾ  }}Ⅵ¦}}ト、        メルルちゃんのお土産も増えたし、
               j/ ^リ∧_)ヘxジ_ リ人/  ':.       お店のことも心配いらないし、
              rく≫o。 )ヾト、'. ((:i:i:)‘'くうx  ゙. rn__   そんじゃちょっくら行ってくるよ」
               ,゙   ー=ミ叱 ))、ー   ノソ 癶、;/// ))
            ;        ⌒丈__≫sく'´,  ':./〈/ /(_、
            .:        }.:}-ーrミ:iZ^!  /  ´r=ニ、
              ;       [三_}.:}  Y}Zニ;{ . ′   rャi´
            .゙          ..:/:.   }‐{;x-く   ,イ  仆
                   [三_}.:}o。.__ ∠ミヾ、゙Yi 代ー切
             .:′         ..:/:i:i:i>'⌒ヾ∧/} 》| `ー 7ハ.
           /_         [三_.:}'"´    ノ}_;}彡i:i|\__/__}:}゙.
          .イ___≫o。     }.:}     ...::i:i下:V:i:i:i|   ∨ }:} 、
       /※爻≪__≫o。 ____}.:} ,..::::i:i:i:i:i:i:i:i:V:i:i:i:i|     V.}:} ハ__
      /爻 ※ 爻 ‐-≪___}.:} ]:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧:i:i:人     } }:}/:/Y
     /≫o。 爻 ※ 爻 ※ }.:}/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/∧}:i:i:i:i:}   } レ':/ /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ニシネリ会―――正しくは西部錬金協会定期会合、であるが。

  一口に錬金術といってもさまざまな流派があり、
  得意、不得意分野があったり秘伝とする技術が違っていたりするため、
  情報交換や連携を行うための協会が創設されている。

  西部ではキシダ派とヒダリ派の二大派閥が中心となっており
  会合を開いたり、活躍したもの、指定の実績を達成したものへの表彰のほか、
  過去の練金生産物の研究、学院や神殿、大学など他分野との連携を行っているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

200 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:04:59 ID:yiR3wz8E
289.



                    ____
                 , イ´  >-、` ー 、
               , イ⌒Y::Yし⌒))    \
             / (ヽ 人:人ンイ⌒ (^Y:)\
            /   ).} \/  .乂_ノノ⌒). \
         /rt.i_ノ/, イ下`.Tー- 、<((⌒ /. \
.         /  オフ/  ! \ i \ ヽ\Y/./∠ .〉
         {!_,.イ/  |ー'⌒⌒ー'⌒ー'^ヽ `\/=ニ/
.          \,イ/ Kェ'::.:.:.:ト、.:ヾヾ::ヾ.:.:ヾ.しハ iハ /\
.          Vトtイ::!:||::__| \!、弋弋:ヾ:ヾ`トイリ小⌒}
          /.KT::!:|リT !!     ,ィラ芥、リリ⌒y!\.ソ
.         〈 トJ:::!//f:i芯      乂じリ’ リン.八/\
            廴Y:r圦' 込リ        ̄  r-イ::小:ヾ:::::\      「はい。
            |::|::\ヽ    ヽ     ,小iリ :::|:ハ:`:ミ::ハ      メルルちゃんにもよろしく伝えてください」
           |:|i:::i::::T\   ェ‐:ァ  ,イ:::|::/ :::リ:::小:::::::::ミヽ
          |:!乂::从 :::`::...._   /|ヾ:乂::/i::::::|\::ミ__:::::\
           乂 /  ̄ V\:::|` ´  .乂彡'::::::/ : ::|:ヾ:::::\`ヽ::ハ
          ,衣二/     Vヘ{>-‐っ  `ー:/ ::::::リ::\:::::::ハ V::|\
.       /.   V      V´ィ'ニニ⊃   /::::::::∧ー 、\::::}  !小 \
.     -彡※.   \   , /  ⌒二⊃ -=彡イ ::/ ',: : }、:::\\リ::}   ',
   ∠ケ/※ ,ィ   `>く,ィ.|   'ニ⊃ヘ.     |:::!   |: :ハ :::::|\\|    !
    └┬―ァ/※ , イi i.|ノ   .ノY \.ヘ  /.川\./ ※\ハ |ハハ
      //厶二/ | | ,. イ:|{ニY Vヘ/ Y ニ/ 小 ※.ト、__>|! | |ハ
     /ー、 : :,<<※.\ \::: |::| \ニY.VヘYニ/ / |ニ\_|:| | ::i::|! | | }
....  /⌒ヽ: / : : `7/ ※ \ V:!::|ミヽ`ヽYVヘ./ / . !ニ}: :.:.:| | ::i::|! ! | リ
    {: : : : /: : : : :/ム_  | .}:|:::| ヘヘ  |oVヘ/ i |ニ}:.:.:.:.| 乂リ!リ.リ
   /: : : /: : : : : : ̄ ̄7/※ \\!  ヽミ、 ! !Vヘ i. !ニ}: :.::.| ./リ /
.  /: : : : : : : : : : : : : ∠二7 : : 乂ノ  .川 |o| |Vヘi |ニ}: : :.ハ
.. |: : : : : : : : : : : : : : : : :/ ※ / ',  ( (| | | \\!ニ): : : :ハ



――――――――――――――――――――――――――――――
  ほかの機関同様に国との互助関係にあるほか、
  たまに北部や東部の協会とも情報交換や技術提携を行っており、
  今回はついでに北部に行った孫弟子の顔を見てこようと
  旅支度を調え挨拶に来ていたのである。

  なお、アラカワ派一強となっている東部へは
  ヒダリ派主席が訪問予定となっているそうだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

201 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:05:59 ID:yiR3wz8E
290.



     /㍉_}_ .\  _,.>'":.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:ヾ ',
、____!_____¨≧゙∨:.:/:/ |.:.:.:.:.:.:.:.:.|'.:.:.:.∨
 ゞ二三二>ヽ@ィ:.:.:..!', .|.:.:./.:.:/:ノ」,.!゙.:.|
     |、 }ヽ/イ:8: |:| "´ ̄` ̄" `!:.:リ
     {{==イi}::{iヘリ:.:|:| ィ=、   ,..=、|.イ|
     \〃|::\ゝ从| xxxx   . xx.ハ:リ
       \{:.:.:.:.ー-, `   r---,.  //    「うん。
         ヽ:j:|:.:ヽ{>、,_ヽ-〃//      半年ぐらいで戻ってくるつもりだから
           》ヾ`___  i、"{:.〃        トトリちゃんも元気でね」
           /、    :/.ヘ!ィ{:ヾ{
       _, . ‐'"\:   //(0二}、 `ー、
      /:..     \//`゙''ー}ヽ:.\. \



                                    /  >ニミ、~// ´{ {   く`iiii\
                                    /   } } , 亠ー--ヒ ニ_ー´乂,フヘ\
                                     /iiiii_屮 〆 アTナtュ_`ヽ,t_//_/\
                                    /└、'/ イ ハノ,へ_ソ刄 } ト、t<_,イシ,<彡>>
                                   /,=='/ イヒト‐!⌒' : : : : : :`千トiハ乂ヘ_ン/
                                    \イ//ヒ匁. . . .i`!. l . ..___i_.. : :ヒヒ_リ Xfー乃_
                                    Vト_ソ: : ::_:_」 ヽ`ヾ、ヾ_;__:;ヽ: ::ヒィ メ\ーノ
                                   /l入i: : ::i :;;_l_    ,.rfニホヽ::lY, 元ソy<
                                   <ハtテ: :i' ハフ心     ゞヒソ''  ト ノ: :Yヽ:`i
                                     `ヒ小l 乂 弋ソ     " ,,,  ,イ:|: :; :i: : .ヽ\
        「くれぐれも気をつけてくださいね。         |: : :トt入 ,,   '      /: :从: ;: : l:: ゝ、:::_:ヽ
           ………特に迷子に」               |lハ::V: : :>,    ャ_ .'   ィ: ヽ:〃:イ:: : ト、\: . `:`、
                                       |l `ヾ 彡:ゝミ. , _,  ´ |:: :彡/: :|: : .:}: ヽ::ヽ..`゙ー:ヽ
                                     `i 'y ´   `l;;t::ヒ|     'ト、::_: : /: : .:|:: : :ヾ: :i^ヽ.. :,\
                                  /|lliiiiy´     i;:;l_レ' ニユ   __`ラ: .: : l: : : ヽ: . |  i. : i\ヽ
                                /  ヽk       `f   ー 、 ‐´ ノ:イ:: /`ヽiiヽ: l.ヾ  〉: .| ),'
                                     \_  ,ィ /        ` ̄´ !::イ ,  |llllハ: |ヽ::\イ:|

202 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:06:59 ID:yiR3wz8E
291.



.    ─────────────────── ───────────────────
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
    ||: : : :.>==========<  >==========<: : : :||: : : :>==========<  >==========<.: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ..  ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |. |  ふふ、分かってますよーだ。  |..    |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |. 乂_____________ ノ       |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |.゙__   00  ___  __゙:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/ | | r、   く,ニ ! └┘/7.          \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >= |_| \>   くノ   <ノ>==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : ::::::::王王王王王:::: 只 :王王王王王王: |◇||||◇| :王王王王王王:: 只 :::王王王王王:::::::: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< У || У >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>ー──── ≦ ≧─────<|: .:.:.||.:.:. :|>─────≦ ≧ ────ー<|: : : :||
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



――――――――――――――――――――――――――――
  北部に行って戻ってくるのも危険を伴う大旅行のはずなのに、
  ひらひらと手を振ったロロナは
  町の近所で薬草を摘んでくる程度の軽さで行ってしまった。
――――――――――――――――――――――――――――

203 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:07:59 ID:yiR3wz8E
292.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ああ見えてそれなりに戦えるし、
  最近は極度の―――隣町に向かったらなぜか暖炉から出てくるほどの―――方向音痴も
  なりを潜めているので大丈夫かな、とその背を見送ったトトリは、
  いつかは自分も協会の役員として他地域を訪問したりするかなどと考えてみる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  ≦ /⌒ ) ̄  \
               / (( ⌒ヽ、 ー /:::)((⌒\
              /} /  ノ `ヽVV人ニ )) \
              /しし"  ≦二二二二≧ ⌒く=  、
              V ー≦ // /  / |  ≧{ YJJ 、
              」V // .〈/~~~~   | \ ||   ,
           イ  ' /フ ̄/  / /|  ヽ-   ∧.| 0( |
           }  ィ /   , ,  | |   八  ∧ーソ
           ⌒|/| ' x==x/V   ! !  |  H   lニ:斗
             || '从l 辷斧     | |、从、 ー   ̄/
            ノ∧l ` ― ´    テ斧> / h   }
           /  .|         辷ソ //〉.|  ノ
          /     / 、__  '      彡 / ヽ
        /    ./_/= 、ゝ    ./ ̄ |   |    「う~ん?
       , ―― ,  ̄ ̄ヽ )) ―― '   |   |.      行くなら東部に行ってみたいかなぁ………」
.      〈  ̄ ̄ /   ̄ヽ }| |  -< |   |、  、
      | 、   ,     `/ \ -<.|    , }   |
      |\  ̄ __ ― _  V≦― ,    ,  、  、
      |ミ三彡ミ三三三三三/し   |   ,   |    、
      /\_______/、    ,  ,     |     、
.....  ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\\/ ,  , ___|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ちなみに。

  因果関係は立証されていないのだが、
  素材の調達を他人任せにして研究室に引きこもっている者よりも
  冒険者の真似事がてら自分で収集して回る者のほうが錬金術師として大成する傾向があり、
  どの流派も主席以下数名はそれなりに腕も立ったりするのはなんとも不思議な話である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

204 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:09:00 ID:yiR3wz8E
293.



          \\    \              _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐
.              \\    \        _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
                 \\    \-‐'';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
               ヽヽ     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´             _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´             _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |               _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |     _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __`゛ー==- _,,_
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_
                    | |    |.. __   00  ___  __
                    | |    |.. | | r、   く,ニ ! └┘/7   [][]「l
                    | |    |.. |_| \>   くノ   <ノ     くノ
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_
                    | |    |.        `
                    | |    |
                    | |    |
                    | |    |



――――――――――――――――――――――――z________________________



                 ,,x*=*x、
              ,x'*‐==‐ 、\
             ,: : : : : : : : : : Y }}
             / : : : : : : : : : : }}」!
               {: : : : : : : : : : : jN」
               |: : : : : : : : : : : {r┘
               |: : : : : : : : : : : {
               | : : : : : : : : : : ‘,    「あれ?忘れ物で―――」
               }: : : : : : : : : : j、:‘,
           , -/}: : : :|: |:〃: /__}トv
          /% `.! : : :j:小}/% % %∨
       r-= 7}/}_%}: |: :j: ハj%}\∧/^!
        j__   ` <辷Vハ{「/ ̄}    V
        / ̄    \__}__/  /}     .V
        /______{___}/  /ィ.}       V
        / /  / /く ./ 八     V
       .//   / /   V「≧.}      Vト、
      ./    / {    .V\.}ト、___/^ヽ% %V
.     /       /   !     .V .} % %  % ____}
    ,      /   |       .Vハr==≦彡''V
   ./      /、  .|      .〉冖「   }  V
  /     / ̄  \___!     /   |   .}j }リ
 ./     /        |     {    .!    `〈/



――――――――――――――――――――――
  わずか数秒で入り口が開かれたので、
  そそっかしい先生がまた忘れ物でもしたのかと
  工房に向かいかけた身体を振り返らせると。
――――――――――――――――――――――

205 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:09:59 ID:yiR3wz8E
294.
――――――――――――――――――――――――――――
  飛び込むように入ってきたのは汗だくで荒い息をつく女性と、
  先程まで話題の中心となっていたバンダナの青年だった。
――――――――――――――――――――――――――――



      ____
   ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、
  /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ
 //.   u  l    l ヽ::::::`、
.//.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ  ゼーッ
l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ  ゼーッ
l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ
l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ
 l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ
 ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ
  ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、
   `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ
     l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l
   、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\
    ./L/::::/ l::::::::::::__,、::l   >::::::ゝ l ̄
   ∠:::</::::/,‐レ^マ/  )(〈^7::::::/l ノ
     ̄〈:::〈lて π`Z  〈.  /::::::< ノl l
      ゝ:::::"vl><l`‐'´`´:::::::::::`‐、iノ



             ̄ ̄  、
        ´          \
     /         __....--':ヽ _
         ,,...-‐''"´\; : : : : : :,;:-ヽ_::::
     |,,..-f"´: : : : : : : : : :\ :,;-'"  丶\|
    i": : |: : : : : : : : : : :, ,ノ'"       丶
    |: : :|: : : : : : : :.r''"     ヽ       丶     「ただいま。
    ヽ._:|_:_:_:..-'''"´ i イ::::ヽ l        丶       葉、手に入ったよ」
       ヽ      ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
      丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
        ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
        ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
         ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
          \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
            \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                 ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

206 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:11:02 ID:yiR3wz8E
295.



               ,   ,ノ ,.  ´ ̄~^7⌒\\ーf^〉
           厶イ´,/ / /   / {   \\乂/〉 '.
           ∨ // |  / {  .′  \   \く/ 〉」|{
            ,ノ∨.′¦__f⌒^7^:::ー'^Y_ {  ∨^\_|{
         {_/ノ^i  {´:::::/|:::/ |:::l :|::::|::.\〉 } ∨_/ノ
            〈/:/ i┌'^::::ー‐/´ 八:|`ト::ト、:::::|__}|: ∨く
.           廴/ i^::::|xf笊卞     厶ニ \:::f´〉 |{ 〉
           └‐'⌒八 乂ツ     灯 ,リヾ:/^个ー'⌒
             |::::i:::{::::. ,, ,,        ゞ-  __,.ノ::::|
             ,:|::::i:::::::八     ′  '' '' イ:::::/|::::|:     「えええええっ!??
.           /:::::::i:::::〈::::.\  r  ,   ..::/.:::/::::::::|:.      もう見つけてきたのですか!?」
             .::/∧:::::::::.\:::::〕ト   。o≦:::::::::::::::/:::::|::}
           {八乂\::::::::::.\〉 乂_,ノ.::/.::/ .:::::/ ゙⌒Y
             \ ´   \:::::::::::Y__,.>:::::/ .:::::/|    |___
           .′     Ⅵi::::::::|⌒ー=彡┐:::::/|i|    |‐┐、
            |      Ⅵiヽ::|   / ‐‐┐/辷}:   | :| \
        / ̄|      Ⅵi_,リ /    ̄〕辷/〉,   |/
      /〈___|__    { ノ辷辷 ′   ⌒〕辷∧ _/    :ト、
       /       ~ ̄ ̄\/^∧   _,/´辷,/ |/    +|
.      /※ +         ∨ ∧ ∧ 〉\}./  /  ※ :|⌒~



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ     「幸運が重なってさ。
              .|        |
              人、       |       手間をかけるけど霊薬にしてもらえるかな、
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ.        三枚を一本でも三本でも構わないから」
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  本物だ、と店主が立ち尽くしたのも当然だろう。

  彼らが王都に向かう、と出て行ってから一週間もたっておらず、
  バルベニーの商店や冒険者、薬屋が血眼になって探している現状からすれば
  どうすればこのような短期間で入手してこれるのか想像もつかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

207 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:11:59 ID:yiR3wz8E
296.
―――――――――――――――――――――
  しかし、青年がカウンターに並べた三枚は、
  紛う事なき神霊樹の葉だったのだ。
―――――――――――――――――――――



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳    「ふ~~~………
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、    悪いけどお願いね」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |



           /    \〕__〔/     \
             〃 }廴ノ>  __ <{しク{{ハ
.           /__ノ>  ''“”    ”“'' ミ 〔し ヘ
          / Y//  廴 んヘ _}   \\/ }
          \}∠ イ/⌒ !  i{⌒ヽ/^7  }⌒ ̄_}
        { ̄〈/⌒   ! }/}__/}  トミ 人  } \__}
        と  / | {/}/-    \}ハ} !  、  }
           ^\{ | l ィ芯    ´f芯ヽ/ /! \/
            { | l 弋り   ,  弋り {/リ  |
            { {(_ハノ            }/}   !
            { { | 込、   r ,    ,   ハ j    「あ、はい!」
            { { |  个s。 __   イ}_/   V,
            { { |  | 〕」   {ト〔」|  |  V,
            { {八- イ{ ノ     V⌒iト<   ,
           ,  /    |{      __ i{   Y {
            /  {    }{ ̄`   ´  i{    } {
.           {  {/ ̄ 廴     _厂\_」__{
.           i_ /   {⌒\}   厂  _ノ ̄ ̄ ̄\
            /    廴  了}{「 / _ア\      )
          {    人厂廴__「⌒\__} }   Vハ/⌒
          {/\/}ア{ ̄|{ ̄ ̄ 冖宀=‐ミ  」ハ{



――――――――――――――――――――――――――
  呼吸を整えていたもう一人に促されて我に返ったトトリが
  調合の準備を始めようと店内を行き来し、
  フラスコ、ランプ、乳鉢、乳棒、濾紙や漏斗のほか、
  いくつかの触媒やペプコリの実などが作業台に並ぶ間。
――――――――――――――――――――――――――

208 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:13:04 ID:yiR3wz8E
297.
―――――――――――――――――――
  売り場をぶらついていた水銀燈が
  霊薬の棚の前でやらない夫を呼んだ。
―――――――――――――――――――



.: .:::.. ... :. .::.. ....: .: ... .. . .                              .   .. .:...:... .. . .  ... ....:::::
: .:::.. ... .:... .. . .                                            .... ...:.:.::::..... ...:::
.. ::::. ...::                                                 .:...:... .. .:::::.:
\\::...                                                      .... ...:.::
:.. \\::::            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ        /
..   \\::.          |  ねぇ。                                 |     /
/ ̄ヽ  . \\.       |  霊薬って普通のと効果が大きいものがあるわよね。 ..|.   /
l:.  .|    .\\__.. |  再生なら一枚とか三枚とか。                |..._,/
l:::..  |      \\.   乂_______________________ ノ ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\______________| |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 | |               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |               |  ああ、あるな。   |
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______   乂________ ノ
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄

209 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:14:01 ID:yiR3wz8E
298.



                  , - ' ´孑ヌ -` : 、
               /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
.             ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
.        _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
       Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
....   _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
...゙r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
.゙彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',     「なんで倍効果のくせに、
   , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,..     倍じゃなくて 桁違いに値上がりしてるの?」
.. /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
. /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
/ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
.. / ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
... ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
... / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
..../ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
゙/ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
  ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
....' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
゙′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
   |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



                                            / ̄ ̄ \
                                               _,ノ ヽ、,__   \
                                               (●)(● )    |
                                           (_人___)    .|
                                            '、       │
      「どんな価値を見いだすかは人それぞれだが、         、      イ
       俺は材料や希少性だけでなく                      ゙、 ___,. イ i
       技術と時間の値段こみだと思っている」               ,r... __>ーメ.┴ュ
                                           _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
                                            ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
                                        「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
                                          /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
                                       / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                    /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
                                      ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ

210 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:14:59 ID:yiR3wz8E
299.
―――――――――――――――――――――――
  『通常』と『倍効果』と書かれた
  治癒の霊薬の価格を見比べた水銀燈は、
  彼の言わんとしてることが分からず首を傾げる。
―――――――――――――――――――――――



             ___
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、
      / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!   「技術と、時間?」
.    /; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋





      「まず、霊薬にはペプコリ中毒という副作用がつきまとう。
         これは知っているな?」                         / ̄ ̄ \
                                            /_,ノ  `⌒ \
    f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ                     -、          | (● ). (● )  |
    |  ええ。  |                   ヤ  ',           | .(___人___)   |
    乂____ ノ                    i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   |
                              ',  j   / /     .|         |
                              ノ_..ヽ-、′,'       ',      ,/'|、
                               l .___ ヽノ    __ .j '.、__ , ___ ィ/::L_
                                 Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ::::::::::::::::::::::::::/:::::::...`' ー- 、 _
                             ト.  ̄ ̄ 〕y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                             ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r;;;;;:::::::: ',
                            /...::::::;;;;;;;;;;; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ;;;;;::::::::::::::〉

211 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:16:04 ID:yiR3wz8E
300.



                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                          |  たとえば再生だと神霊樹の葉を一枚溶かして霊薬にするのに   |
                          |  コップ半分のペプコリ汁を使うとしよう。                      |
                          |                                          |
                          |  ただし、薬師の腕が良ければ同じ量のペプコリ汁に         |
                          |  二枚、三枚と溶かせるようになるんだ。.                   |
                          乂____________________________ ノ

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ………効果は高まるのに中毒の進行は変わらないから  |
|  一度にたくさん飲めるようになる、ってわけね。         .|
乂_________________________ ノ



【一般の薬師】                      【一流の薬師】

        /ヽ                             /ヽ..... /ヽ..... /ヽ
       /:::/:::l                          /:::/:::l.. /:::/:::l.. /:::/:::l
       /:::/:::::l                          /:::/:::::l /:::/:::::l /:::/:::::l
       l:::/.:/                         l:::/.:/....l:::/.:/....l:::/.:/
.       l./                             l./    l./    l./
         | ̄ |                           | ̄ |
       _|   |_                             _|   |_
        \   /                           \   /
          \/                              \/
          ___                              ___
           | ̄ |                           | ̄ |
           |   |                           |   |
           |   |                           |   |
           |   |                           |   |
         ノ  ハ                          ノ  ハ
        /    \                          /    \
      /      .ヘ     効果:1                 /      .ヘ     効果:3
      l:::::::::::::::::::::::::::l   中毒度:1                 l:::::::::::::::::::::::::::l   中毒度:1
      ヘ:::::::::::::::::::::::/                         ヘ:::::::::::::::::::::::/
       `ー--一'´                            `ー--一'´

212 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:16:59 ID:yiR3wz8E
301.



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳     「時間の値段というのは?」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |



                                              / ̄ ̄ \
                                           _,ノ `⌒     、
                                         (●).(● )    |
                                         (__人___)    .|
                                              '、          |
            「腕は二本、片手に武器を持っていれば一本。...   |       |
          口は一つしかないからな。                     |         /レ、
                                              ヽ__、____, "/::::) 、__
          戦闘中、敵の一瞬の隙を突いて         ,. -ーー「二二二 :::::/:::ノ:::::::::..ヽ
          飲める量もたかが知れている」           /::_,,. -‐、 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧
                                      r'/,. -‐  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧
    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                    !/ ノ -‐    V::::::::::::::::::::::::,′:::::::::::::::: j
    |  ああ、そう言う意味。  |                 i!ノI_ノく__ヽ   `7ヽ::::::::::::::::l:::::::::::::::::::: /
    乂__________ ノ                     |:::::::::l::::::::::::へ___/::::/::::ヽ、/:::::::::::::::::: /
                                     /::::::::::l::::::::::::::::ヽー:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::: /
                                       /:::::::::::::l:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /



――――――――――――――――――――――――――――――
  腑に落ちた剣士はなるほどね、と顎に手を当てた。

  戦士は戦技の無準備化を目指して鍛錬を重ねる。
  魔術師なら魔法の無詠唱化を目指して研究や修行に明け暮れる。
――――――――――――――――――――――――――――――

213 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:18:00 ID:yiR3wz8E
302.
―――――――――――――――――――――――――――――
  時間だけは敵味方関係なく平等に流れていくのだから
  一秒を極限まで活用しようとするのならば、
  自己研鑽だけでなく道具の質にもこだわるのは当然の帰結だ。
―――――――――――――――――――――――――――――



       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ    「一行動単位の回復量、か。
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l
.  /.::/ ∧   l | ト >                  厶|     |   |      私達が戦技の準備を短縮するのに
\{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬          __           '  |     |  | /    必死なのと同じね」
: . \∨ト、  \  \ト--\        l__ヽ     /   l     | //  /
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_ f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′::::|  ホールディング・バッグがなければ           |
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィ . |  体積や重量など荷物への影響もあるしな。   .|
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        ?逢八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.: 乂____________________ ノ
.' /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.'、   '::.::.|}〉|         | \::.::.|}〉/  /.::.::.::.::.::.::.::. .\\::::
./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.\   ヽ┴‐┴- 、    |   \|}/  ∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ ヽ

214 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:19:00 ID:yiR3wz8E
303.
――――――――――――――――――――
  だが。

  彼の言うことが納得できたせいで、
  逆にもっと根幹の部分が分からなくなった。
――――――――――――――――――――



    //  /,      ,
.   //  //  // /,  ,
  //  //  // // /.:'
; //  //  // // // / ,
//  //  // // // / /'  /   ,
/;ト、:'/  // // // / /'  /   /  ,   ;
7/,/\;// // // / /'  /   /  //   川
/ン_厶ィ\;// , イ{ / /'  /   /  //  /// '
 「7::ヾ:、\/ |!ハ/'  /   /  //  / ' /  イ ,
  {う}::::\、\jl |{ /   /  //   /   /   /' /  .:
 ヽ弋こツ ゞv/\}f/,  .:′,〃  ,   /  /  /  '
   ` -  `Y{`ーク / ィ   //  /   '  /  ,′
          //ィ/ ハ/ィ/  /  /  /  /
               r-:zL」_厶イ彡 ィ   /
              ィチう≧ァx // ' /   /
                ‘代こツ /く 爪//   ,
        ` _」     `ー   ,ィ/彡    /
     `丶、             // イ  } //
、    `          イ / / | /   '
::\      ____ . . ´ハ{ 〃{  }/     |      (………でも。
≫x:ー:7_「 ̄} 川 爪{/ | l i l// ヾイ    |     剣の腕ならともかく
//フイ/ム、 j/ l !/ |i/  | l i l{   川     |     消耗品をそこまで突き詰めるものなの?)
才///「`ヾ:{′| ′L__ ;/| l i l   | !{     '
//〈/:∧  }:} _」ァ7///7ァLi」_l_   |八    |
厶///小.///////////////ハ | ヾ;:.  |
マ「{マ「{マVヽ//////////////∧i   }}   |
 |:| |:|    {'///////////////\イ    |
 {:{ ヾ:,   }'/////////////////\   |



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  血税から給料が支払われ、装備や道具が支給される騎士は
  国や国民を背負い、どれほど絶望的な戦いであろうと退くことは許されない。

  冒険者だって自分の腕に命がぶら下がっているのだから
  必死になって腕を磨くに決まっている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

215 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:20:00 ID:yiR3wz8E
304.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、自分や仲間の命と報酬とを天秤にかける冒険者が、
  はたして死闘前提で費用対効果の悪い消耗品にこだわるのだろうか。

  むしろそんな危ない橋は渡らないし、緊急時にも敵の目を引いてくれたり
  援護してくれる仲間を捜すのが先ではないだろうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
       rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
    /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|     (霊薬を飲む余裕すらないって―――
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!.      つまり呼吸を整えたり、
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j       気を練り直す余裕もない死闘ってことよね)
  . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、   -      /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三

216 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:21:00 ID:yiR3wz8E
305.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  なぜそう思ったかと言うと。

  先日、冒険者向けの依頼を見て回った感触からするに、
  依頼者側は前提条件を指定するぐらい確実性を求めつつもなるべく安く済まそうとしているし、
  冒険者側も危ない橋を渡らない、そして実入りが確保できる実力相応の
  無難な仕事を探すという暗黙の了解が感じられたからである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 _   -==ィニ==ミ、
             ,. : ´  _,.てイ::::{{{薔}}}::>x_
            /   _r=:::::::/x=チ>=彳>_'_フ¬、
             ,.'    {イ:::::/≠ /::/ノ- ′     \
          /    /:::::Z 〃/::/ノ            ヘ
            /    >:::::/〃ノ::::, '/  i  | | , i ',∨ ,∧
        / !    r:::::/〃/:::::/_ノ    .|   l | | | .|ハ , ',∧
        7 i|   r'}:::/〃/:::::/ノ i   .! |   ! | | | |  | | ||! l
          l  ||   ((|::}./ /::::/ノ  |  | |   ! | | | }  } | ||! |
.         l  ||r≦二ゞ、..x::::/ノ   l  i ', ̄}`十} !ムイ} l リ| i
       l  || ̄てzzzミxヾ<    l  ',  ,x==ミ リ  {リ.|l { }'
        l  ||   < |::L_ヾ='    l  .'〃 Vり      |.| |
         l |  |  Y{ ヽ))    '、   '、 ´´     〉.| |
.       l |  |   i:ト、  l ,        ',ヽ      从 !    (こんな消耗品前提の
.        l |  |   |ハ | ,  、     ヘ、',    '´/ | |     仕事なんか受けてたら、
.         l |  |   | }} ! l  \   .∧丶   ,:′| |     命がいくつあったって足りないわよ)
       l |  |   | i'´ l  l  {/i\   ∧ ¨¨´|l l| |
       |  |  |   | |  |  | ,ハ// \  .ヘ | |l l| |
       |  |  |   | |  |  |    ,==彳<777ト、  l| |
       |  |  |   | |  |  |   i//////////∧ | {
       |  |  |   | |  |  |    {///////////∧.| ∧
       |  |  |  )ll| |  |  |     }///////////∧ ∧
       |  |  |  }llli.   |  |    //////////////∧ ハ
       |  |  | ,.イ彡|  | !  ////////////////ハト、 ',
       |  | ./チ彡{j   }ij} .|  /////////////////り:∧ ,
 `ヾニ===┼≦チ彡///j}  jハハ.|  {\//////////////////i} ',
     _,.z≦≠≠〃'/≠  ////}   |/ヾ、///////////7///.∧ ,
  x≦三>'/////≠   ≠///|  |//////////////∧///  ヽ ,
 〃チf/,イチ彡イ/´  イ///// .|  |//////////////∨//    \

217 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:22:00 ID:yiR3wz8E
306.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  事実、未帰還組の捜索だってただではない。
  むしろ、懇意にしている宿でもよほどのことがない限り
  自腹を切ってまで仕事から帰ってこない冒険者の捜索依頼を出そうとはしない。

  そんなことをしていたらきりがないし、
  ほとんどの場合において遺留品が見つかる程度という事情もある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


┌─────────────┐
│  取材協力             .|
│  ダンセニア村宿屋主人   │
└─────────────┘

                 _,,,,-―――-、,,_
                ,,,-ッ=''"`        ` -.,.、
           ,/゙,/               `'.ヽ、
          ,i´;;;;;;:゙l                 `、\
            /: ;;;;;;;;;;:,!                  ヽ.ヽ
            |: ;;;;;;;::;;│                  ,―- !:l゙
         ゙l.: : ;;;;:丿 ,,、---、、     'i、,    ,,/ ゙、 .|.,′
           r'"''-、/   .l゙  ` '-、,,_  ,!( .,,,/   .| リ`i、
        .,!-、.ヽl゙   .|      〈`|"  l、l゙    ,i´ L ゙l
        .l゙  ,i´‐!    "      ゙'"  __`"`   ′`l゙.l゙
        ヽ '.,        、.――ッ″`ッー-、、    |      「ほどほどの依頼ばかり回すと成長しないし、
         `、、l゙      ,、'";;;;;;;;;;;;;;;`''''";;;;;;;;;;`'-、  |-..     難しすぎたり簡単すぎたりしても良くない」
        _,/゙/.|     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,|. `'-、,、
    .,,,、.‐'"゛  ,l゙ .ヽ    ./`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:v-''゙,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ 'i、   `゙'‐、、
: _,.-''″     .l゙  .゙,i、  .,i´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙''"^ ゙l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ `      `-、
."        ,l゙  .l゙ ',!、,_l゙;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:|   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:゙l         ヽ
         l゙  │ `'、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,!    .'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙l         : `i、
        .!   |.丶 `l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.|__,,,-|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|          `i、

219 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:23:00 ID:yiR3wz8E
307.



        /   ` ̄  ヽ
.       上二二二二`┤
     ⊂ニ,-r‐-、──-`二⊃
.     {ィ|| {   {jーlj⌒) |k}      「時には血気盛んな新人を窘めたり、
.     ヽl  ,. -(つ- 、  レ'.        無茶な依頼を断ったりもするさ。
    ,⊂⊃∨  , -、  ∨⊂⊃、
   / i  / レvv/ー‐レv、| ヽ  i ヽ.    儂らは盗賊ギルドみたいな組合じゃないが、
 /  |  >L.二⊥⊥二.」<  |  \.  それがこの商売の不文律だとみんなわかっとる」
(   |   \|  \/  |/ │  )
. \  |     |    ○‐  |   | /



――――――――――――――――――――――――――――――――
  新人に難しい仕事を任せて未帰還数が増えたり
  一流に初心者向けの依頼を頼んでばかりいると、
  首無し騎士の巡回先だとか、あの宿は冥界の猟犬を飼っているなど
  悪評が立って商売あがったりになるのだから
  宿がわだって相応しい集団に依頼を出すよう気を遣っているし、
  難易度と報酬が釣り合わない仕事は張り出すのを断ることだってある。
――――――――――――――――――――――――――――――――

220 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:24:02 ID:yiR3wz8E
308.
――――――――――――――――――――――――――
  そこまでの事情は分からないものの、
  なんとなく冒険者というものが感じ取れてきた水銀燈は
  遅まきながら竜が欲しいなんて
  簡単に口にして良いことではなかったと思い知っていた。
――――――――――――――――――――――――――



                                  r‐、   r ―、 /::}、
                   ___    __         ヽ::j  /:::::::: /::/::}
               r==y'―r'::⌒ヽ':─`<⌒ヽ.        /:::::/}/ |/
             rY⌒r=ノ⌒毛f::j少:__:r_:::::::ヽ:==ミr=、、   /:/
          r==='rィ::::r‐ォ…ゝノゝノゝノゝノ ヽ:::ヽノ___}}   /      r:―、
           {__j/:::/ゝノ=彡          ゝ==彡⌒ヽ== ミ  {:::} {::} /::::/
        r==ァ::: X== ヲ   ! !|         弋___ノト ___}:}      /:/
       {___/__/:i!=ヾノ::!   i! !| |  | |! i| |   . r===ハ=ミ      /
        ̄{__ 介ゝ__j!! :!i!|| i! !| |  | |! !| | ! !弋_ イ:!:|__}}  {::::}
         .′| |!  |:!i!|| i! !|  }! i! !:! :| ! ! ! | !! !:トゝ
         |i! i! | | | | |i!i!ヽ!ハ从  ハ: ! |:| !| ! ! ! l リ L!   {::::}
         |i! i! | | | | |||||||| \_ V  ゝ― :イ | ||| | :
         |i! i! | | | |ゞi!=====      =从=:==||| | ;  {::::::}
         |i! i! | | | | ||| | ぅ|     | ぅ | ||   | :
         |i! i! | | | | |||弋 ノ       弋 ノ || | | ;
        | i! | |:: ヘ||                リ: !  | .
        | i! | |  从 U             イ | !  |    (………竜を捕らえる依頼なんて
        | i! | | ∧ へ     ⌒     イ |: | !  |      いくら必要か分かったものじゃないわ)
        | ::| |:/  ヽ| >  ─  <  | :|: | !  |
            |  ::| !′ i!  | /::Y~⌒r@~~}ハ | :|: | !  | ;
         | :::| !:  {!八|:/:::::::ー:──::::::::V  !: ! !  ! :
            | ハ:  ヽ. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V八| |  |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者が主な目的とするお金も名声も、所詮は命あっての物だねだろう。

  竜を捕らえるなんて大仕事に対応できる超一流集団への報酬だって
  必要経費を踏まえた上で十分な利益を確約できる額であるに違いない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

221 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:25:00 ID:yiR3wz8E
309.
―――――――――――――――――――――――――――――
  もともと頭の回転がはやく、祖父譲りで勘も鋭い彼女は
  ここしばらくの経験で視野が広がっていたのかそう思い至ると、
  肩の力をぬいてふーーっ、と大きなため息をついた。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                       ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
                                      /ー'′       `¬ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
                                    , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
                                  /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
                                   , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
                              // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
                                /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
                                  l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
                               八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
                                  ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
   (当たり前のことだけど、              ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ
.    貴族には貴族の流儀があるように           ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨
.    冒険者には冒険者の流儀があるのねぇ)     /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
                             、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
                             ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
                                 `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
                               ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
                               _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三
                            ` ̄  _.:::   .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/  ,' 厶-―v'⌒ ̄
                        ー===ニ三ミヽ、.:::.:.:.::i    ! |::..:::ヽ、/ /∧L二´ノ::/  / /::.::.::.::.: :: :. :
                             ` ̄`〒ミゝ二| i   |/::.:::/⊥」 l L::;仆-ク  , ,.:'::.::.::.::.::.: :: :
                                 l∠ニ三! !  リ::.:::/}   l_| ゙ー┘ / , '/::.::.::.::.::.::.: ::: :: :. :



――――――――――――――――――――――――――――
  世の中の全てがその形で成り立っているとは思わないが、
  別の価値観ややり方で押し通すには足りない物が多すぎる。
――――――――――――――――――――――――――――

222 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:26:00 ID:yiR3wz8E
310.
――――――――――――――――――――――――――――
  そして、モルティナに入ってから―――というか、
  隣に立つ青年に出会ってから気づくことのなんと多いことか。
――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.            :.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.           :.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                ――‐- rぇ、
         _  /...:::::::::::::  -― ヾ<
    〈\___|匸》厶:::::::::: イ /  \ 、 ヽ
      ー―仁アr一ァY / | l l 、\ \\ \
.      ―=彡イヽニ イ l l | l |'Nム、ヽヽ ヽ ハ
   く/ ̄ /  // / l l| |、l 卞テtソx刈 | |l } } |
 --/ /  / / / | || | \l| ゞ "  ヘ从ノ川
--   /  / / ,イ  | |ヘ 、        〉 イ乂
.--    / / / |  || \ゝ   、 _  イハ |
  --   / / / |  |l |\       `  ハ }|   「………ふふ」
―   ――< イ┌.|  |l ト、         / | ノノ
/...:::::.:.:.    \i /.::|  |ヽ\::::>  __/ l| |│|
.:::::::.: .      \:::l  l::::>ー 、l | l | | |人l                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
::.:          ヽヘ  ∨イ|:lヾ\ | | | | |ヽ \                 |  そういえば―――  .|
:.:.            | \ ∨/ゞニイ | | | | | l ト \                乂_________ ノ
.:..:.. .           | / ヘ\ |:| | | | | | l |   `\
.:.:.... .           /∠   ` \|\j_ 乂\| | l |    }
:::::::::.:.:.....     く/   く丁トヘ厶 :..\\\ jノ
::::::::::::     /       ::.ヽ| 〈{迄〉 ::.l ハヽヽ
- ─┬―<::::          ::.∨ ヾテヘ ::|′| }|



――――――――――――――――――――――
  自分があまりに物を知らなさすぎて
  逆におかしくなってきた水銀燈が笑っていると、
  霊薬を作った本人から声が飛んできた。
――――――――――――――――――――――

223 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:26:59 ID:yiR3wz8E
311.



                    _
                __/イ>、
              ,.:::/ 廴__Y ム、
                /::/人ヽ) )/x‐―ヽ
            /_/ ニニア / `、  ゝ、          ハ
               に/〈_ノ/ `、 r' ̄ヽ〈           | | ハハ
              〈- > 、_∧ _r‐「:::ハ斗|:|_{       _} ̄| ̄`'`' ̄ ̄)
              く/ /  _〈:/斗-' ィアハ       \` ̄ ̄厂 ̄ ̄
               ト~~イ::/,ィ:ア  、"/ リ          /ハ  イ
               /:/:{::::::ヽ::::ト、"  _, イ‐<\_     / {/  ハ
           /:/::人:::::: ヽ|  >イ::::|  | */― イ_ ヽ /::}
             /:/::/::::::\:::::::\ ′jハ::|,へ, *>     |_*\:/
         /:/::/::::/:: Y ヽ\::ヽ  |:| / *\ ___  ヽ*/
           {,イ:/::::/::::::」 ノ:ハ::::|  /リト.ト、厂 ̄    ̄ ´
.          /イ:::/{:::/(_{ヽ--┴┴v 〃ノヽヽ    イ⌒ァ     「先日、協会に面白い報告書が出てまして。
         |:l.|:::| ∨* * * * 「У l|  ヽ} __ / ' ̄ヨ
.          _|ハ::| /イ∧/\/ ̄ヽ/ .リ  }j ,へヽヽ _,ア     同じ霊薬を飲んでもペプコリ中毒になりやすい人ほど
.        \ 乂乂 ̄ ̄| \    >―< * | | 「 /        霊薬の効果が大きく出て、
            \       }   \       < * | | |〈.         なりにくい人は逆に効果が低下するらしいです」
            _\   ノニニニ,へ ______/ * | | |_ \
.     ___{\ ヽ  Y_| j_  \ { ハ―{ ̄ ̄ ̄__>|
.     \\ \ \ } /   ~ ヽ ヽ{i/ 八:  ̄ ̄: : : : :ハ
.   <  {_ \ ヽ___/― ィ     _}ヽ、― \     ∠――┐
...... <__r< ̄    ̄/ /  _  < ノ  ̄    ̄ ̄       }
.. \   }  ―    {   ̄_/ \_) ヽ  \  丶、    /く
...゙ヽ_ \ (\  /    ̄ ̄  \   ハ         _/ \、
/ ̄  ̄ , -ィ\         '     ̄        > '´\    ゙
...    / 〃  ` <   /           > ´ ¨ ー--   \   }
.     /  //――= ニ _―‐┬―<´ \           }-=≦
.....\ .{__/          ≧=-\`Y  ̄/           /
.ノ\}_                    ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
....\   ̄\

225 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:27:59 ID:yiR3wz8E
312.



                  , - ' ´孑ヌ -` : 、
               /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
.             ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
.        _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
       Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
....   _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
...゙r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
.゙彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',        「体質の影響まであるの?
   , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
.. /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧        じゃあ解毒の霊薬や
. /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',         魔法で中毒を消しちゃえばいいんじゃない?」
/ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
.. / ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
... ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
... / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
..../ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
゙/ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
  ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
....' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
゙′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
   |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



           /    \〕__〔/     \
             〃 }廴ノ>  __ <{しク{{ハ
.           /__ノ>  ''“”    ”“'' ミ 〔し ヘ
          / Y//  廴 んヘ _}   \\/ }
          \}∠ イ/⌒ !  i{⌒ヽ/^7  }⌒ ̄_}
        { ̄〈/⌒   ! }/}__/}  トミ 人  } \__}
        と  / | {/}/-    \}ハ} !  、  }
           ^\{ | l ィ芯    ´f芯ヽ/ /! \/
            { | l 弋り   ,  弋り {/リ  |
            { {(_ハノ            }/}   !       「霊薬では中和できません。
            { { | 込、   r ,    ,   ハ j
            { { |  个s。 __   イ}_/   V,       度合いにもよりますけど魔法であれば
            { { |  | 〕」   {ト〔」|  |  V,.        一度だけ低減できるらしいのですが、
            { {八- イ{ ノ     V⌒iト<   ,        追加で服用すると先の分が何倍にもなって
           ,  /    |{      __ i{   Y {        跳ね返ってくるそうです」
            /  {    }{ ̄`   ´  i{    } {
.           {  {/ ̄ 廴     _厂\_」__{
.           i_ /   {⌒\}   厂  _ノ ̄ ̄ ̄\
            /    廴  了}{「 / _ア\      )
          {    人厂廴__「⌒\__} }   Vハ/⌒
          {/\/}ア{ ̄|{ ̄ ̄ 冖宀=‐ミ  」ハ{

227 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:29:00 ID:yiR3wz8E
313.



          / 〔厄)(厄 \
         / ミ うf´ヽ /し  、
       。  今ゝ=ソ/ 二 \人 、
      。    )//人 {}  \ソ〉〉
         // _r:::::`∧´弌 マ/7
      \// ノ:::::::_::/ ,::_::マ,〈
      彡 ̄  i::::/`  ´  `  ::::〉 ,
      彡 、r-〈:/´茫リ   茫リト::| 〈
       〉ー::|"> _'_      ,.   | l〔´
      ,::::::::,::::|::::::::\   c   , '/:::’         「とは言え、そんなに強力なものを
      |:/l::::::人:::::::::| ≧ _ x/ 〈:::::::::} .         大量に飲む人の方がまれじゃないでしょうか。
.     ネ /::/::::::ヌ::乂   乂V.  Y\_
     / |/:::':::::::::xヌ〈      ∧ / / \          普通の治癒をがぶがぶ飲んでいたら
...   | '::::::::/⌒V ヌ〈   / /X , * 、Σ        中毒より先にお腹がいっぱいになっちゃいますよ」
      , |≦二二≧xヌ〈   ' / / * r ┘二ニ
.       |/し/し/し/し/ハ〈 〈  * r┘二二二
...    从し人し人ししハ 、、 「 ̄二二二二ニ
     /人く く∨二∧二ミ}マム 7\二二二二ニ
     ⌒ⅥⅥ|二二二二ミ}マム'  l>「≧二ニン



             ___
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、
      / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!         「効果と代償はきっても切り離せないのねぇ」
.    /; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋

 
-226 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:28:58 ID:AgUgGmRE
ああ、ない夫は中毒に全くならなくなったから
霊薬も効かなくなったのかな


228 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:29:23 ID:ocRaPN5w
現実でも、保有酵素の個人差によって、薬効が極端に高まるけど副作用や中毒症状が出やすいって人いるしな

229 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:30:07 ID:yiR3wz8E
314.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  便利な道具だけど万能じゃないかと頷いている間にも流れるように作業は続き、
  やがてフラスコの液体を洗浄した空き瓶に移動させたトトリは
  しっかり蓋を閉めると封蝋を施し、できましたと額の汗を拭う。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ___
           ,≠´、_, r‐t、 ` =- _
            /{ r )メ礁 { (_) }ュ    \
        /  >ニミ、~// ´{ {   く`iiii\
        /   } } , 亠ー--ヒ ニ_ー´乂,フヘ\
         /iiiii_屮 〆 アTナtュ_`ヽ,t_//_/\
        /└、'/ イ ハノ,へ_ソ刄 } ト、t<_,イシ,<彡>>
       /,=='/ イヒト‐!⌒' : : : : : :`千トiハ乂ヘ_ン/
        \イ//ヒ匁. . . .i`!. l . ..___i_.. : :ヒヒ_リ Xfー乃_
        Vト_ソ: : ::_:_」 ヽ`ヾ、ヾ_;__:;ヽ: ::ヒィ メ\ーノ
       /l入i: : ::i :;;_l_    ,.rfニホヽ::lY, 元ソy<
       <ハtテ: :i' ハフ心     ゞヒソ''  ト ノ: :Yヽ:`i      「できました!」
         `ヒ小l 乂 弋ソ     " ,,,  ,イ:|: :; :i: : .ヽ\
        |: : :トt入 ,,   '      /: :从: ;: : l:: ゝ、:::_:ヽ
        |lハ::V: : :>,    ャ_ .'   ィ: ヽ:〃:イ:: : ト、\: . `:`、
           |l `ヾ 彡:ゝミ. , _,  ´ |:: :彡/: :|: : .:}: ヽ::ヽ..`゙ー:ヽ
         `i 'y ´   `l;;t::ヒ|     'ト、::_: : /: : .:|:: : :ヾ: :i^ヽ.. :,\
      /|lliiiiy´     i;:;l_レ' ニユ   __`ラ: .: : l: : : ヽ: . |  i. : i\ヽ
    /  ヽk       `f   ー 、 ‐´ ノ:イ:: /`ヽiiヽ: l.ヾ  〉: .| ),'
         \_  ,ィ /        ` ̄´ !::イ ,  |llllハ: |ヽ::\イ:|



                                              / ̄ ̄\
                                            ⌒´ ヽ、,_  \
                                               (●)(●.)    |
                                            (_人___)    |
                     「ありがとう、いくらになる?」     '、       │
                                                 }       {
                                             !、______ .ィ-ート、
                                               V/:::::::::::::::::ヽ
                                                   {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                              /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                      「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                      } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                      i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                      { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                      \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                        \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|

 
-231 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:31:47 ID:g9ymYrso
短時間で割とさくっと出来るのね薬

230 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:30:59 ID:yiR3wz8E
315.
―――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、金貨袋を取り出したやらない夫に瓶を押しつけた店主は
  ふるふる、と首を振った。
―――――――――――――――――――――――――――――



                     .,,_
                ,.  ´_ {fo、``  、
                / ((⌒J)\)(し') \
                 / /⌒\‐- =ァ <(゙⌒く \
             ,   (し/⌒) ,. ''“⌒ ^'<,(し)\_,
.            //⌒  l/ //  ;   ;_,  \ー'├しァ
           /人(__(し//   ; _j,__ ノZ.._」__,, ∨/⌒)
          _>x ーァ /  ,__jノ⌒ 八  } 、 乙大=‐ f′
           广⌒\_/( ;ア'⌒ __/ }; }/⌒jハ ;ん┐)_ノ
           {_ -‐ ァヘ _r'   ´j/  }   冰拆;}}/}「´
          ( /__,.jノi  _,:冰芯ヾ   乂'ツ 仏': |‐-   .,
           ^゚7⌒~(´\{乂rツ        ""爪 八 、__  \       「大した手間ではありませんし、
           /    丶 t亥""    '   /小 _ } \  \丶.       先日いろいろ買っていただきましたし。
        _,.  -‐/       j厂}丶   ‐  ’  ′; { l\丶}     i
    ,.  ´ __ ,/       ;厶_'_ ノ´〕ト ., _ イ:::}   l|:::)从   } ;       このぐらいはおまけにさせてください」
  /,.  ^⌒ア          /⌒'(V:::;リ     ー;    j V⌒゙'^ .,_ノく   __
 , /   /           /::::::\`'≪,__     /(\仏/ \// >'⌒\___
/   /            /:::::::::::::::: ̄\ \ __/  \ V / ,   V   /. . . . ._,.ニ=-‐\
    //           厶≧ニ=-‐ ‐-弌ァ7    ;、`丶し^ }__/_,. . '⌒~´ . . . . \
   /            イ          ,:X,/    / ,.\      ̄\ \. . . . . . . . . . . `、
   /         ,/ |        ., __ {{_;′  xくJ)/ ∧' ┬- .,_}   , . . . . . . . . . . . .)
//      /   /   ,:   、   厂\Y   ∧ \/ /::::\{ 、\ }   , . . . . . . . . . /
' /   / /   ;   / |   丶 / /\ ;   ,/``ヘ  \::::::::::} \ j|i   |. . . . . . . /
/     ;      ; _」    _}V /::::::::::|  ∧ `Y^\  \::{ _/∧i|i   |. . . . . ./
  /   ∧   八 / ,:|    _{{ /:::::::::::::| ;rx},__!__ハ/〉x  ∨I:i:iУ}|   |. . ,. '^
{ {    {  \{  {{_ 斗ャセ~⌒ハ::::::::::::::| 广7r-!7q八 {\ V/´ ]i    i|/



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ    「いや、悪いよ」
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

232 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:31:59 ID:yiR3wz8E
316.



              , __-,=====〔{〈回ヘ
               /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
              / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
           / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
           ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
          .|  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
.           |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
         |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
          |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
          |   || \ \      , ` /! |〃ハ_i
           |    l   |   ̄   __ _  /|/″
.        / 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく       「そうよぉ。
.     / /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\      ほかの材料だってただじゃないんでしょう?」
.      | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \
.      | l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_
     j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉
     〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /
        ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
       | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
       | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,



             ___
          ,≠´、_, r‐t、 ` =- _
           /{ r )メ礁 { (_) }ュ    \
       /  >ニミ、~// ´{ {   く`iiii\
       /   } } , 亠ー--ヒ ニ_ー´乂,フヘ\
        /iiiii_屮 〆 アTナtュ_`ヽ,t_//_/\
       /└、'/ イ ハノ,へ_ソ刄 } ト、t<_,イシ,<彡>>
      /,=='/ イヒト‐!⌒' : : : : : :`千トiハ乂ヘ_ン/
..     \イ//ヒ匁. . . .i`!. l . ..___i_.. : :ヒヒ_リ Xfー乃_
       Vト_ソ: : ::_:_」 ヽ`ヾ、ヾ_;__:;ヽ: ::ヒィ メ\ーノ
      /l入i: : ::i :;;_l_    ,.rfニホヽ::lY, 元ソy<
      <ハtテ: :i' ハフ心     ゞヒソ''  ト ノ: :Yヽ:`i        「いいんですいいんです。
        `ヒ小l 乂 弋ソ     " ,,,  ,イ:|: :; :i: : .ヽ\
       |: : :トt入 ,,   '      /: :从: ;: : l:: ゝ、:::_:ヽ.     じゃあ、その代わりと言っては何なのですが。
       |lハ::V: : :>,    ャ_ .'   ィ: ヽ:〃:イ:: : ト、\: . `:`、    この間教えていただいたセッケン、
          |l `ヾ 彡:ゝミ. , _,  ´ |:: :彡/: :|: : .:}: ヽ::ヽ..`゙ー:ヽ    うちや先生のお店で売り出しても構わないでしょうか?」
        `i 'y ´   `l;;t::ヒ|     'ト、::_: : /: : .:|:: : :ヾ: :i^ヽ.. :,\
     /|lliiiiy´     i;:;l_レ' ニユ   __`ラ: .: : l: : : ヽ: . |  i. : i\ヽ
   /  ヽk       `f   ー 、 ‐´ ノ:イ:: /`ヽiiヽ: l.ヾ  〉: .| ),'
        \_  ,ィ /        ` ̄´ !::イ ,  |llllハ: |ヽ::\イ:|

233 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:33:07 ID:yiR3wz8E
317.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  いきなりの申し出に一瞬、ローゼンの商売に影響が―――と思ったが、
  ロイ自身、復活当初は技術を売れるだろうが
  半年、一年もすれば腕の立つ錬金術師に分析されてしまうだろうと
  言っていたのを思い出してああ、と頷いた。 
――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
            .|         ノ__      「ああ、それは良いんじゃないかな」
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



                 _ -=ニニニ  、
              / { Y{;;}Y }rァ   _`ヽ
              / __rヽ  Y / { {___ノY_/  \
             //(__=ノ_ニニニ、ー--{ 〈/〉  、\
              \`Y´/ /  /-‐ァ  ィヽ // -ク > 〉
              >ァ__ノヽ==':::::::ー-' >   \ x / /
           _/-/::/:::/::/:l::::!:::::::::::::\_ハ }\厶-―,
          /-' /:::::::/:::ハハ:l:::::::l::::::ヽ:::::」/ | | \-―,
           ̄ レl:::::::l:L:」  `ヽ-'ヽ:::::l:::::ヽ__/} .r-  ノ
                |:l:::::!イi芯     ィfi芯,l/l:/:::::厶イ, ゞ ′
              /:|::/::.弋リ    弋ツ/ / 〉:::::\::\       「ありがとうございます!
               |:::!:::::ハwx '    wxw ,_}/::|:::::::::ヽ::::\
               |:ハ::/::::ヽ  V フ  ,.イ:::::::::::|::::ヽ::::::::ト、::ヽ     あ、さっそく試作品も作ったんですよ!
               |! y'::::::::l:::`::..._ 、イ   ヽ:::::::::!::::::::\::| ヽ::,    まだ熟成は足りないですが
             /:/!::::::!::::::::::::::_}    〉=―‥ 、:::::\  }:!    ぜひお持ちになってください!」
              /:/ {:::/ ̄7/ ̄  __, ./ .,′    ';ト、::ヽ |!
               |::!  7  //` ´ ̄ / ,′     |! _}::ノ
             __|:{ .,′//     / / _/`くヽ  |´_/ヽ
           /ヽ_ ̄.! r' {     _/_,、 .}/-`ヽ  / '"  ※',
             |    `フにY}   rへノハ ゝク   / +//ヽ_ .',
  r ハ        |*ィ} + / }} にY´Xノ// }ヽ〈   《 /ヽ .ハ   ̄
 ノ} ノ ヽ      レ'{ Vハ! }} にVノ // .ヽ/',  ハ: `:./
 }ヽ  }r 、     ',: : :', }}  ゞツ/ {   / /ヽノ / ヽ《
  Y  / /__>、    '; : : ', ヽ   ノ/  / /, イ / r': \\



――――――――――――――――――――――
  とても喜んだトトリはいったん工房に引っ込むと
  小箱を一つ持って来たのだが。
――――――――――――――――――――――

234 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:33:59 ID:yiR3wz8E
318.
――――――――――――――――――――――――
  蓋が開かれるなり薔薇の香りがふわりと広がって、
  やらない夫はびくりと身体を震わせる。
――――――――――――――――――――――――



         ;'"';
     , '" ゙ヽ. ゙"
     ゙、.,_ ,. '

                 _____             ,. ""゙'' 、
                ∠_____/ヽ        ,:゙      ',
    O       \       \  ゙i       ;        ;
                 >          >ソ       ゙、     ,:'
   ,:'"゙' ,..     /           / ::|       ゙''ー- '"
   ゙、.,,. '       || ̄ ̄[.u] ̄ ̄|| :: :::|       o
               ||           || ::::/
               ||______||/



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /        「――――!!」
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

235 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:35:11 ID:yiR3wz8E
319.



           _, _-‐- 、
         /V;;V⌒)  `.ヽ
        / _ ∧∥ノゝ、   <\
.       <  `)>|<、 ゝ_人  \
.      /.rt.iノ // ̄T .ー 、 ゝ.   \
     /_ 」ll. ./{ i   .i_ ヽ /ヽ \ _ 〉
      {= /i__!⌒ー⌒ ´ ~iヽ }.\.ゝ -/
      \/ k_i: : : ,/、ヾヾ: :T:ヽ_} \/ \
.      /\{: :_: : | \:ヾヾ:!: : :`、 \ヽ.}
.      ノ /T: | ! ̄l.   \!弋弋: :\ヽ\ .}
     廴/_r圦,ィ=ミ、   ,ィ=ミ、リ:ノヽ,_/ヽ
.      `γ:! _     、       ノ:リ: :`i: : ハ     「ちょうど薔薇の精油があったので
       |::| : :ゝ   .  ___   ..小::/!: : リ : i :ヽ     足してみたのです。
       ヽ|: : i:::丶. ゝ _ ノ /γ:/:リ: /: : ノ: : :\
        乂: |: :从: :ー ._  _.ノノ: : :/ゝ   、: : }.   良い匂いですよね、人気があるのも頷けます」
        _,. .´乂: ヽ:ヽ   ̄ ´i: : :./.|    ヽ: }ノ
       i     !ゝ、 : i、  __ .i: : :i.| |     V--,
       |     ! .!ゝ : ::i` ´  r.く\| 、    V" .\
     /|    i´_, ヘ ,::|    f丶  ヽ .\_ /    \
.     !l、_|.   |  ´/! !| .  込`   !/      .※|
    /  `.-.v    /Y\  /\  .丶 、 ※、, 、_ _ l
     V .※   /   /\;Y;`Y´;Y;./ ゙,-、  \`ヽ√:::::::::ヽ



. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /    「すっごぉい!
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´            えっ、これを貰ってもいいの??」
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
.l }   /      /       /  /   ヽ                   |  いや、遠慮する。  |
                                                乂_________ ノ

236 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:36:01 ID:yiR3wz8E
320.



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′   「せっかくだし頂きましょうよ?
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ       今日ぐらいはしっかり旅の汚れを
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/        落としても罰は当たらないわ」
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_



              ___
           ,≠´、_, r‐t、 ` =- _
            /{ r )メ礁 { (_) }ュ    \
        /  >ニミ、~// ´{ {   く`iiii\
        /   } } , 亠ー--ヒ ニ_ー´乂,フヘ\
         /iiiii_屮 〆 アTナtュ_`ヽ,t_//_/\
        /└、'/ イ ハノ,へ_ソ刄 } ト、t<_,イシ,<彡>>
       /,=='/ イヒト‐!⌒' : : : : : :`千トiハ乂ヘ_ン/
        \イ//ヒ匁. . . .i`!. l . ..___i_.. : :ヒヒ_リ Xfー乃_
        Vト_ソ: : ::_:_」 ヽ`ヾ、ヾ_;__:;ヽ: ::ヒィ メ\ーノ
       /l入i: : ::i :;;_l_    ,.rfニホヽ::lY, 元ソy<
       <ハtテ: :i' ハフ心     ゞヒソ''  ト ノ: :Yヽ:`i     「はい、どうか遠慮なさらず」
         `ヒ小l 乂 弋ソ     " ,,,  ,イ:|: :; :i: : .ヽ\
        |: : :トt入 ,,   '      /: :从: ;: : l:: ゝ、:::_:ヽ
        |lハ::V: : :>,    ャ_ .'   ィ: ヽ:〃:イ:: : ト、\: . `:`、
           |l `ヾ 彡:ゝミ. , _,  ´ |:: :彡/: :|: : .:}: ヽ::ヽ..`゙ー:ヽ
         `i 'y ´   `l;;t::ヒ|     'ト、::_: : /: : .:|:: : :ヾ: :i^ヽ.. :,\
      /|lliiiiy´     i;:;l_レ' ニユ   __`ラ: .: : l: : : ヽ: . |  i. : i\ヽ
    /  ヽk       `f   ー 、 ‐´ ノ:イ:: /`ヽiiヽ: l.ヾ  〉: .| ),'
         \_  ,ィ /        ` ̄´ !::イ ,  |llllハ: |ヽ::\イ:|

237 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:37:01 ID:yiR3wz8E
321.



       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \      ,
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \.    て_
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \.    そ        \__人_人从_人_人从/
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ   (        _)                (__
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '                 )  いらないんだ!!   (
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |              ̄ ̄)              ( ̄ ̄
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |                /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |.     n.____00  r‐‐┐
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |      |┌‐┘   く,勹|  [][]「l
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |     L.二コ    く_ノ.    くノ
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r~、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   /「?鴨ヘ r':::::::.ヽ



              , イ´  >-、` ー 、
            , イ⌒Y::Yし⌒))    \.     /(_
              / (ヽ 人:人ンイ⌒ (^Y:)\.         (
            /   ).} \/  .乂_ノノ⌒). \        (
          /rt.i_ノ/, イ下`.Tー- 、<((⌒ /. \      ´
        /  オフ/  ! \ i \ ヽ\Y/./∠ .〉
.        {!_,.イ/_|ー'⌒⌒ー'⌒ー'^ヽ `\/=ニ/
       /: : : : /-十: : /|: : :l:l\: ヽ: : : :: : : :ヽ
      /,: : : i: :|   !: :/ !/|/ 弋\ヾ: : ヽ: : ヽ
      ´{: : : :_| :l ,イ芯     ,,= -、ヾ: : : i: : : :}
      /|:l: :/ ゝ:!.i イ:::::i     イ::灯.ヽ リ:/: : |: : |
.     / |:|: :ゝ ヽ.とゞツ     .l::::::i | ´: : :/: :/
    / .}:}: : :`: :i          ` とつ: : /: : :|i.      /l   .,イ,イ .,イ
.   /  .i::i: : イ:/ヽ.    ´_        |: : :|: : : i.i.     //   レ レ /ム―7
   \ /: i: /::| :i: : :\   ´ .`    / : |: : :| : : i .i..   / ニニフ  //''''''7/
    /: :/: i : | :|:_,, _ , ヽ _ _, . ‐. ´:}: : : }: : :}: : : .i    //      /'  // ,イ,イ ,イ
.   /: :/: :_, -|:.|.| | .__ i     ` ゝ: : :/: : :/: : :|´.   、二二フ    //  レレ //
   /: ::/  i   |/´ ̄ヽヽ  ゝ-   //: :/: : /:ヽ                /'    /'
 /: : /_,.-.|  /     γrγ-  / ´_: :/:: : : \
. | : : r´三_ ̄ \    ヽ/   ` ,       /: : : : : :ヽ
 \::|_ ,、_, -、.ゝ、   |     _ / --、_/: : : : \: : :ヽ
.       |:::::::::::::|   /    /:: :、,.-、,、  ̄ヽ: : : :ヽ: : :ヽ



―――――――――――――――
  尖った拒絶に二人は硬直し、
―――――――――――――――

239 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:37:59 ID:yiR3wz8E
322.
―――――――――――――――――――――――――――
  はっ、と我に返った彼は半秒ほど視線をさまよわせ―――
―――――――――――――――――――――――――――



                ,   ̄
            /       ヽ
.            |     ,.ノ  ヽ、
           |    ( ー) (ー)
              .|     (___人__)
            j         / ',     「………そこまで世話になっちゃ悪いよ」
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ



――――――――――――――――――
  結局、それを受け取りはしなかった。
――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

241 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:38:59 ID:yiR3wz8E
323.
―――――――――――――――――――――――――
  恐縮するトトリに繰り返し礼を言って雑貨屋を出たあと。

  会話のないまま宿に向かっていた彼らのうち、
  横目で隣を盗み見ていた水銀燈が言った。
―――――――――――――――――――――――――



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   / 
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、   -‐ イ.: j|  /{ ノ′   「………薔薇、嫌いだった?」
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、



                / ̄ ̄\
           , __ノ ヽ、,_  \.
           /(一)(ー )    .|
         /   (__人___)     |
.        /`ヽ、  _|` ⌒´    |     「そんなことはないよ」
      /:::::::::::\r´|        |
     /::::::::::::::::::::> ヽ        イ
     /::::::::::::::::/-__「ヽー'ーー"/7一 -..、
    ./::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、::ヽ
   /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ:::::、
  ./:::::::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
  ':::::::::::::::::::::l:::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
  \::::::::::::::/::::_,,-ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::: |
    .ヽ∠-''" ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
             `:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::!
             !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::!



―――――――――――――――――――――――――――――
  じゃあ、あの反応はなんだったのか。
  自己嫌悪まみれのその顔は何なのか―――とは聞けなかった。

  そこに踏み込めるほど、自分達は仲が良いわけでも
  つきあいが長いわけでもない。
―――――――――――――――――――――――――――――

246 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:40:17 ID:16usBgZE
今はまだトラウマの香り・・・・
240 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:38:15 ID:AgUgGmRE
頑なに拒む原因って何かあったっけ…
きらきーが使ってたような描写はなかったと思うけど


243 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:39:46 ID:OxRIKvr2
前に薔薇のせっけんをきらきーに買ってあげてたよ

245 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:39:59 ID:yiR3wz8E
324.
―――――――――――――――――――――
  代わりに、左手で大きな背中をひっぱたき、
  右手を顔の前でくいっと傾ける。
―――――――――――――――――――――



                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\    「無事霊薬が手に入ったんだから
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>     そんな顔しないの。
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´    祝杯、あげるんでしょ?」
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ    「そうだったな。
              .|        |      今日ぐらいは贅沢するか」
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  気遣わせてしまった、と微笑んだやらない夫もそれで雰囲気を入れ替え、
  ライコス亭に部屋を取った二人はまず風呂で旅の汚れを落とすと
  食堂で食事と酒を頼んだ、のだが。
――――――――――――――――――――――――――――――――

247 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:40:59 ID:yiR3wz8E
325.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  まったく口の休まらない水銀燈は
  およそ一時間で果実酒を三杯、ワインを一本、エールのジョッキを
  かぱかぱと空けてしまうではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――――



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|      「ね~え~、聞いてるのぉ?
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l.        騎手騎士団ってほんっと凄いの、格好良いの!」
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \



                                             /  ̄ ̄\
                                          _ノ  ヽ、_   \
                                         (⌒)(⌒ )    |
                                         (__人___)     │
                             「そ、そうか」          '、'ーー´   'J |
                                          |        |
                                              ヽ 、     イ
                                          ィヽ-ー ≦ノ7
                                    _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
                                  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
                                 丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                 / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
                                 /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
                               / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

249 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:41:59 ID:yiR3wz8E
326.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかも、である。
  酒とつまみの前に彼女は食事もしっかりと食べた。

  あまりに食べたので覚えていた店主によれば
  カツカレー大盛り、牛タンシチューとバゲット四枚、アボカドのコブサラダ、
  ケンタ鶏の骨付き唐揚げ三本、キノコと野菜のアヒージョとバケット三枚を
  ぺろりと平らげたはずなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌───────────────┐
│  取材協力              │
│  ライコス亭店主 クロトワ氏    │
└───────────────┘



             __     , -――-
        , 、_,イ´:.:.:.:.:`TT:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
       / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      ノ  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/。ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :',
        {  .:',:.:.:.:.:: /|i´ノ ノ\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
      /_ .:::/:. : :/  ゛- ´,  ', i\:.:.:.:.:.:.:. : `i
     i´  ヽ/:. : :/=-‐ヽ  `ー==`j \:.:.:.:.:.:. |
 _, ''" \  i:.:.:.:.:i -'"ヽ }  ノ、  、   ミ ,.-、 ハ
'"    ..::::::〉y':.:. : | ,rf戈 ;  ,  `ー'゜  ミ/  ∨:. ヽ
   ..:::::::::::::{:.:.:.:.:.:{    '、_        ..;;ミムノ ノ:.:.:.:.:.,’
  .:::::::::::::::::{:.:.:.:.:.:ハ   i'ノヽ ,,,,;;'、' .:::::::〉-´:.:.:.:.:.:.ノ   「私もこの商売やって長いんですがねぇ、
 .::::::::::::::::::::ハ从:.:.:.:ハ ;;;,_ ___,. -''"ノ ::;;;/:.:.:.:.:. : :i.リ     あれほどの健啖家は見た事がありませんな。
::::::::::::::::::::::/  ヽ:.:.:.:i;;; ヽ--―'''"  ,,;;/ : :/ : :_ノ
:::::::::::::::/       \.从  イN_  ,_/:. /,:. 'ヽ       大食漢でも知られるテンジクの孫国王と
::::::::/        r' ノル从从ノル'´ノルノル'ニニニi      良い勝負になるのでは、と厨房でも話題になっていましたよ」
::/         /   /r'}八{,ヽ从ル'ニニニニニハ
:i__, -‐- 、__,. -'''".    | i’ノ:::::i |   /ニニニニニニ` 、
:/∧O          ハ マ.__ノ / /ニニニニニニニ " - ._
://∧           `ー‐ ´/ニニニニニニニニニニニニ
:///∧ O.             ≦ニニニニニニニニニニニニニニ
///// \              `=ニニニニニニニニニニニニニ
/////// \                 `ニニニニニニニニニニニニニ
///////// \ O            )ニニニニニニニニニニニ
////////////`¨¨`ヽ  O        /ニニニニニニニニニニニニ

 
-252 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:43:03 ID:g9ymYrso
食い過ぎぃ

253 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:43:36 ID:16usBgZE
カカロット居るのかよw

251 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:42:59 ID:yiR3wz8E
327.
―――――――――――――――――――
  にも関わらず、平然としている水銀燈は
  ご機嫌で喋り続けていた。
―――――――――――――――――――



                       zェュ
                    x≦三三≧
                  ´            `
               /               ヾ .ヽ
              /      .|     .i|  i!   ヤilヘ
              .'  .|  .i!  {    斗升十ト } 〈i:l .
              l   l 斗升ト   / ?鞍笊ぅ从    i
              l   ヽ lィf斧 ト ./  之辷ソ.'  '    .
              .,    N.之歹          / /イ  i|
              ヽ ヽ ヽ`´   `      ノ/ .i|   |   「女だって何人かはいるんだから。
              / \   ゝ     _,    .イ i|       そもそも副団長が女だし、団長の奥さんだし」
              /  /ヽ ヘ    `´       /.  .   i|
             ,  /  > ヽ        /.i  i|  .i|
        , ──‐‐<   ../二フ  >  ‐, <ヤ"i   .i|  .i|
      , ´ ̄> ,,   ./ 、二二フ.l>、/:.:.:.:.::.:. .i  .i|/:.:. ̄.ヽ
     ./       `"''"=、 ヽ .//只ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ノ   .i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /    ─<二´~ -‐- ゝ'/{i /:.:ll> ' "´    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   イ/   ./i  |  |   ,,./⌒y⌒,`´/        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  /〉/   / i|  i|  |>'"./  /  / ./       >'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
  ヤ__rフ ./ ゝ  , <:>''"イ薔ヘ  八    ,, <:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
ハ  /ヽ / ム ,/:.:/   弋彡    ゝ   i{:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
.フ / /⌒,  ∨:.:.,    /  ,,. <´:..:.:.)八 ヽ:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
.ゝ ,/  .ゝヤ l:.:.:.l      /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.ヘ  }:.:.:.:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.:.>:.:.:.:.:.:.、:.::/
  7_,    ゝ.l:.:.:.ヤ    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.ノ.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.〈
   7 /、i .l:.:.:.:..     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::.:..:.::.::...:.:}::.:.;:;:;:/ ヽ:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:ヘ
フ  ゝ 'ヽ.' レ l:.:.:.∧   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:..:.,..:.;:;:;:/   .ヤ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
ゝ-ヤノ⌒iヘ .レ' ヘ:.:.:.:.:ヽ  l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:..:.::.::.:.:..:.;.;:;:;: メ    マ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
-‐宀l:.:.:.:.:.l   ヤ:.:.:.:.:.\ l:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::..:.:.:./;:;:;:/     /-‐─‐:.:.:.:.:.:./
   ヤ:.:.. i|   l:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:     /-──,:.:.:.:.:.:.:.ヘ
    i:.:.:.:.i|   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:〉   イフ     /:.:.:.:.:.:..:/



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |   「そうだったのか。
           {         |.     夫婦でやってるとは珍しいな」
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

255 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:43:59 ID:yiR3wz8E
328.



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     「でっしょでしょー!?
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //        しかも新婚さんよ!?新婚さん!
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_     すみませーん、おかわり!」
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――
  ごっごっごっとジョッキをあおるとたしか五回目のおかわりをし、
  気圧されるやらない夫は二杯目のウイスキーをちびり、と口に運ぶ。
―――――――――――――――――――――――――――――――

256 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:44:59 ID:yiR3wz8E
329.



/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT´
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | |       「………私もさーぁー?
\ l                   / / l | |           こんなところでこんなことしてるけどぉ~………
  l\        '      //´ / , ! ^        やっぱりぃ、結婚とかぁ……年齢とかぁ………
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<      意識…することもあるわけよぉ…………」
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.:〉
.::/.:: }ノ》   ー イ |  |弋 l/ 《|::.::.::.::.::.:..\::.::.::.::.::.::./.::.::.:/
/.::.::.::.:|》  _∠.ノ⌒Y⌒ヽr―‐v'゙´ ̄〉.::.::.::.ヽー― '.::.::.:/
::.::.::.::く ̄`〈  ヽ   |   l|  |  /.::.::.::.::.::.:.゙, ::.::.::.::.::厶
::.::.::.::.ト    ヽ       ___     ′ 〈::.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.::./小\
::.::.::.::.|        jイ仁ミ┐    |::.::.::.::.::.::.::.ト-::.::.:{ { |ヽノ
::.::.::.::..\       <{弋ヾイノ>     〉::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.ト-ハ l



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ   「……………」
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

257 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:45:59 ID:yiR3wz8E
330.



                                       ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
                                      /ー'′       `¬ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
                                    , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
                                  /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
                                   , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
                              // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
                                /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
                                  l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
                               八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
.. 「アカギ家の一人娘は婿も取らずに         ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
.  バカやってるって言われてるのも知ってるし、   ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ
.  お父さまとお母さまも、お爺さまの手前          ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨
.  黙ってるだけってしってるけどぉ………」      /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
                             、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
                             ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
                                 `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
                               ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
                               _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三
                            ` ̄  _.:::   .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/  ,' 厶-―v'⌒ ̄
                        ー===ニ三ミヽ、.:::.:.:.::i    ! |::..:::ヽ、/ /∧L二´ノ::/  / /::.::.::.::.: :: :. :
                             ` ̄`〒ミゝ二| i   |/::.:::/⊥」 l L::;仆-ク  , ,.:'::.::.::.::.::.: :: :
                                 l∠ニ三! !  リ::.:::/}   l_| ゙ー┘ / , '/::.::.::.::.::.::.: ::: :: :. :

259 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:46:59 ID:yiR3wz8E
331.



                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       |  あ、エールのおかわりおねがいしますー  |
                       乂__________________ ノ
                                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                    |  かしこまりました。   |
                                                    乂__________ ノ

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ    (アカギ家と婿取り、か。
            .|        |      そう言えば水銀燈の家名を聞くのは初めてだな)
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|

260 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:47:59 ID:yiR3wz8E
332.



                                           __  _
                                        _r:ァ┴┴┴:'<>v‐ァ、
                                      (>''":::::::::::::::::::::::::::::::`::<L\
                                 c/:::::::::::::__::_:::::_::::::::::::\:::::ヽL_ヽ
                                      /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
                                    /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
                                    ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
                                  l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
                                    | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
......「前にね、友達が泣いたの。             || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\
.  『好きな人がいるのに親が決めた相手と....   || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
.  結婚させられる』って。                ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
                                     ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
.  別の友達はね、                           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
.  文官になりたくてたくさん勉強して本も読んだのに、. |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
.  『お前はそんなことをしなくていい、.             〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
.  婿を取って後継ぎを生むことだけ考えろ』って.   /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
.  言われたって」                       //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
                                    {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ               〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ
      |  ………貴族の?  |                  /⌒_^_^ヽn_r7::::::::::::/::::::::::/::::::::::::〉 l  |!     ヽ
      乂_________ ノ                   !  〔:::::::::::〕  〈::::::::/:::::::::::::/::::::::::::/  |  | !  |   ヽ
                                    |   丁7´l! // (〉:::::::::::::::::::::/::::::::::::〈   |  | |  |   ヽ
                                        | /  / |l | _r/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  | ||  | |  |ヽ   ヽ
                                    /:L,、n_rn_rァ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::(   | | |   ! |  | ヽ
                                       {::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!:::::::::::::}   |l | |  | |

261 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:49:00 ID:yiR3wz8E
333.
―――――――――――――――――――――――――――――
  平民じゃありえないよな、という問いにむふふーと笑った彼女は
  そんじょそこらの貴族じゃないわと胸を張る。
―――――――――――――――――――――――――――――



                        rく{它}ァニニ ー 、
                         /..::.:>三く ::.::.::.::.::.::.::.::..\
                   /..::.::  -‐    ̄ ̄  ー- 、\      「それはそれはもう、
                      /.::.::/                ヽ _     やんっやんでやんごとなきお嬢様達よぉ。
                  /.::/                   くヘ
                     厶/              ヽ  |     |:トヽ   もちろんね、家名を守り、血を絶やさず、
               /イ/                 | l |l }|     |:| |:|   良き妻となることが自分の役割だって
                 l::l//     |l |ヽ      | |川ノ|/|  | |:| |:|   それを当たり前に、誇りに思う子もいるわぁ。
                 |//|:| |  | | l |  \    厂「丁7  |  ' ∧ごヘ
               /∧|:||  | い>イ \ l /  _,,≧z | / / | |:| |:|   すみません、おかわりー」
                  ヾこ イ|  |\斗fて下  } /  〃 ̄   j//l | |:|〈ノ
                l| |ハ   、 彡弋_ツ      ..:.:.::.: /|  |ヾ l
                 |乂∧\ \  ..:.:.::   、        /|   |   l         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                  | / ∧  ̄\         ,     イ|   l    l       |  かしこまりました。  >
        \、__ \ー-、}\ヽ  ヽ`  .   `     /|ヽ |  ∧  |/{_,,. ィ 乂_________ ノ
      、__   ー-、三≧三三三\ 、\ l>  _/ / ..::|   ′/{ r≦三三三三三≦三三≧=-
    _ 二≧三三三三三/...::.::.::.::..\\ ∨.::.::.:>┬< ::.::.:/| /ー厶イ ̄`丶 三三三三<¨ ̄
   -一…¬ァ三三三三/...::.::.::.::.::.::.::.::. ヽ |ヾ/ 7^Y^Vヾ/ l /  |::.::.::.::.::.::.::.:..\ニ二三三三≧、
     _,,.ィ≦三三三三 / .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.l }ノ 〈〈_/ /Yヘ ∨  |'   |::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..\三三三三三\
  ∠三三三三三三/...::.::.::.::.::.::.::.| ::.::.::.::|r冖r フ / | '. \r冖r冖|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ. 三三三三三ヽ
 /三三三/ ̄}三 /...::.::.::.::.::.::.::.::.::.|::/「> ''´ / .公、\ ` ー<}\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::..\ ̄ヾ三三三ハ
.厶イ ̄}テ’ 厶イ .::.::.::.::.::.::.::.::.::._/  廴     / | \     rく  ヽ_ ::.::.::.::.::.::.::.::.:::..\ }ア¨ ̄ヾヨ
           〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.://  /  |    ` ー‐个ー‐'    | \ ∨\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ノ     jノ
           /∧::.::.::.::.::.::.::.:/(       _」_,ィ^ー-个ー―ヘ _勹ヽ /   |::.::.::.::.::.::.::.:/\
.          // /\ ::.::.::.:__/  ヽ   /{   |::.|   ヽ  .′   r┴┤  {_   |__::.::.::.::.:/ヽ  ヽ
         // / /ィTト∧    〉    \「::.:.ヽ   | ¦  /L[ ̄`ー _ノ\ヽ}\::ィト、  ',   ,
.        // / / |:|_|:|/ |  イ      〕┐:::..\ノ 人 /..::.::.:}_〉   |\    ノ  |:| |:トヽ l   l
       // / / ヾ√|   \ | /  /「 | :::.::.::..\/..::.::.::{了    └ヘ   「   |:レ:ノ |:| l   l
     ' ' ′,′ |/ イ    ノ `⌒Y   |丁::.::.::.:: ィ不ヽ::.::.::.::.L.     } └ヘ  弋冖 |:| |   |
      l l | |   ∧ | /〔    r┘ ―{ | ::.::.::.〈〈:|:||:|:〉〉::.::.::.| |   ノ⌒ヽ \/\  } l |:| |   |

 
-262 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:49:26 ID:AgUgGmRE
どんだけ飲むペース早いんだw

264 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:50:00 ID:yiR3wz8E
334.



                    x --x__x--zz---  、
                 ャ≦:::::::::i辷ゞィソ:::`ヽ>x ` 、
                 ノ:::::::>片尺豸x:::::::::::::::::\ミx ヘ
             〃=.イイチ'´     ``辷z::::::::::::::ヘ斗. ',
.          L=イ´            乂z、:::::∧キハ
          ,..〃/  /  / .   ! |  l .| i! ゝム::::::::iソ i
.        〃イ_/' i ' ./i | !  | |  |i |. i.|  7i- 、:::iィ  i.     「でもぉ………
.      ,イイ´.//!.i! i / .i .li |  i .! リiVi .i | i jYzィ7イiヾ .|       もう少しだけ、選択肢が欲しいじゃない。
.     〃  //i l  i !ヽi | | ! j .iV i! i .j | / ィ==、__,zz、j      生まれと性別だけで人生が決まって欲しくないじゃない。
.     '′./ ,'∧ ヘ |示zz'、iヘ∧! ',ノ 7/i了 L==テハij、_i,'
.     ,.イ/., '/,'.ハ ヘ ゞ-ィ     '〒テ7'/./, './ ji|| 7      もしかしたら、頑張ってみたら、
.....  イ 〈:i/ /,'i' , ' 〉 ハ、       ´¨¨`イ:/イ /.i〃!', i      もっと別の道があるかも知れないじゃない?」
......x::ニニz:ヾ_ i::!、 〃 i.ハ    '__     彳:/ /: j ,' |::i.!
.ニニニニニニニ≧x_,7//!>.、  `   . イ,  /i/ i/! | i   ,. --≦ニ
. ニニニニニニニニ_7 r-.///j i | l >--<:::.../ /.!.| | | .! ハ 〃イニニニ
ニニニニニ/i::,'j:::::///::i>、_,イ:::/:iハ::::ヽ/ / i | | |∧i_,.イニニニニニ
......ニニニi:',iヘi' i:::7.,'/::::iイi  ム:::::::i.|:::::::/ /ハニニ: ̄ ̄ヽ,ニニニニニニ
....フニニニイヾi.',::V:::i,.'/:::::::/   〃=' izz/ /イ ノイ i:::::::::::::::::ヽニニニニニ
....イ ̄.〈',:::::::::::::::::i j:::rV ヽ _//__ _.i:i イ/   !v::ヽ::::::::::::::::::::::| \ヽ``ヽ、
..  r==ヽ::::::::::::::::| !::/ 廴几ハ廴/'´ハ几__i、.',:::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ \
..../ .j::izzzz>:::::::::::| !' i √/ r----j i  ゝ'イ:::ヽ、::::::::::::::::::::::::::ヘ i   ',
./ イ√ 7:::::::::::::i::::::i i:i V └==、/N .i  \::::::::\::::::::::::::::::::/ .j



――――――――――――――――――――――――
  ふ、と落とされた視線。

  酔っているはずなのに表情は真剣そのものの、
  その言葉にはやりきれない心情が充ち満ちていた。
――――――――――――――――――――――――

268 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:50:59 ID:yiR3wz8E
335.



                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)    「その証明のために、
                  |        ノ     自ら騎手騎士団に入ろうとしている?」
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',



―――――――――――――――――――――――――――――――
  なので、少し騎手や竜に固執する理由が見えたやらない夫が言うと、
  頬杖を突いた水銀燈はそんなに格好良くないわ、と微笑む。
―――――――――――――――――――――――――――――――

269 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:51:59 ID:yiR3wz8E
336.



                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....ヽ  \
                                        /::::::::::_:::::::_:::::::::、::::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶
                                       /::::::::::::-          ̄ `-::::::::::::::ヽ ヽ
                                       (i::::::::/              、  \:::::::::! l
                                   (l:::::/       l     l    ヽヽ   i::::::::i  |
  「女だの前例だの慣習だの                      (l:::/   l l    .l.l  | l |   |  l ヽ.  !::::::l. .|
  家名だの婿取りだの煩いから、             / .l/.    l lヽ     l l  | l l   |  l|   、l::::::l  .l
  私が一番バカな前例になれば                l::l l     | l .lヽ.   l .l.  l_|_| _|__ l|   i ll .llヽヽl
  良いかなって思ったけど………              |::|,!.    l .l_l ィヽ l .l / .V   l  ll    / ll .ll ll∥l
  ふふふ、半分は建前だなぁ。                  l_l 丶   ̄l レ   ヽl .l/ ミ、、,,,,,ィ. ll  /  ll__ll.|||| .l
                                         丶   ゙ミミ三、       .| /l ./、、 ̄ ゙ ゙ l
  子供の頃から動物が大好きで、騎手に憧れて、.         ヽ ヽ       ::::::::  |///////. l l  l
  なりたいって思ってたのは前々からだから。            | \ ヽ :::::  `_ _   _// ∥∥ l  l l
                                      |  ヽ!ヽ   ヽ、__ノ /     ∥  l_   l
  竜を連れ帰って、女には無理だって決めつけた連中の.    | l i l   _ ヽ _ _  イ_ - _  / l/: : : : -、 l
  鼻をあかしてやりたかったのも本当の本当だし。       | l .i レ /: : : : : :イ l (   -l  l l: : : : : : : :\
                                          | l i l/: : : : : : : l-.t-` --'、,-  l: : : : : : : : : : >
  すみません、この人と同じのくださいな」     _ ,,,,,,,,,,,_.    !!|  l\ヽ: : : :/) _| iー'=`-'^―` l: : : : : : : : : : :ヽ
                               r ニ,,..,  ,,,  ニヽ.. !!|  l: ::ヽl: : /) くー、-,= l l l  ヽ: : : : : : : : : : l
                              τ.::ll l U ;;;;;;;,,,,,,,l  !!||  l: : : : :/)  __ヽ l lーl=l/l /: : : : : : : : : :/
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ          ( `.J~ i。 .゚::::::i:::::l. lノ ;;||  l: :/: ::l) くー-`--'| =- / l: : : : : : : : /::::::::::::::::)
 <  かしこまりました。  |.          (`...l .!。゚・;。 o 。゚ ! l.゙レ ,l   ': : : l)  丶l l   l// _l /ー=-ー=イ_/ ̄ ̄ l
  乂_________ ノ            _> 'l .i ! 。 ゚ .! ci. l...  ,,l ./: : : : :l__ヽ ヽ .// / }/: : : : : : : :/    ヽ.  l
                            ヽ. l {l i。  ゚i  l}.l,. _!:::::::i: : : : : : : : : :l::l {  V l/: : :{: : : : : : : :/  / lヽ l  l
                             l....l .l  。 ゚   l. l.....! : : : :l: : : : : : : : : :l::ヽ   /: : : :l: : : : : : ://  / ! l l  l
                             `-l .l  。  ゚  l. l.゙|: : : : : :ヽ: : : : : : : : : l:::` /: : : : :: : : : :/ /  / /  l l  l
                             l└  ゚-  ┘l. |: : : : :/ {: : : : : : : : : :l::::|/: : : : : : : : : :l /  / /  .l l  l

 
-270 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:52:12 ID:AgUgGmRE
早い早いよwww

271 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:53:02 ID:yiR3wz8E
337.



    ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<'''─-'"
   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::ヽ      
   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\:;|
   !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::;;イ:::::::::::;::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::ヽ        
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/ |::::::::/ !::::/ .|:::::ハ:::;;:::::::::;;::::ヽ       
    \::::::::/|::::/|;:/   |:::/  |::::::/ |::/  |::/-|/ |:::::::| ヾ::;|
    | ̄ヽ:::', V''" ,二二、‐- /:/  '".,二二、 /!:::::|
    ヽ  ヽ|;!  ( (:::::::)`  '"   / /(:::::ノ ' / .,ハ/
     ヽ :::. ヽ     ̄      |   ̄   /-'
       \_',      u.    ノ     /
           ',  u.         u.  /
.          ヽ       __     /     「八番テーブル、グレンドロナック二十一年の
            ゙!、       ̄    /       ストレートをダブルでお願いします」
.            | \       / ̄`i              
          /.|   `ヽ __, r'   / ̄ ̄\_____
      _// ̄|.|    ,、 - '"   /    /        \
   ,、-'" /  ト、 V-─'"    ,、 - '   ,、 - '            \



  /:::::::::::::: : /:::::::::::::::::::::::::::::::::: |` ー。、\ゝ
/:::::::::::::: : /::::::::::::::::::::::::::::::::::ノル'_ i、 ,}jル′
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ル'/´ー‐’,¨ノル'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / // /ヽ  {
::::::::::::::::::::::::: : _,..-,::: : ノ // / /¨`  ` -  、
:::::::::::::::::::::: /.  ノ:: <  ¨,  ´旦ノ i    ノ
::::::::::::: : /  /::::::::::::::',   ´     __ノ   iノ〈
:::::::::: /  /:: __:::::::::: : {           ,,,,,;;; ヽ
:: : /  /: : /  \:::: : }         ,,;;'''''_, -i、     (底なしだな、ありゃ)
ー| ./:::::::::::| i´(` `¨´ \         , レ´  .ノ
. ノ ´:::::::::::::::: \ ヽて  , 、 ¨´     ヽ   '''≧ヽ‐ 、,'彡
::::::::::::::::::::::::::::::::::"'ー- ' .∧             ノ=三=’
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : i ヽ _      __,..-'"三彡’
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ j从ノル',,;;;j从从ノ三三ノル'
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   ' '´从ノル'‐/ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /          |
\:::::::(\从==-iミミ´__,。 --――--亠-- 、
  `ヽ'    , -┴'''"¨           i´¨`ヽ i
          {:::::::::::              ヽヾ゚ノ i、_, - 、
  _, -‐‐ '"ヽ、__, --―――――' " ̄ ̄¨フて::0。 ヽ、
/::::::::::::::::::::                     \ \.   ゝ、
:::::::::::::::::::::::                           `ヽ ` ¨¨__ノ

274 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:54:01 ID:yiR3wz8E
338.



                                           / ̄ ̄ \
                                            _,ノ ヽ、,_  \
                                          (●)(● )    |
                                          (__人___)     |
                     「あまり飲み過ぎないようにな」.    '、`⌒ ´  u  |
                                           |        |
                                           ヽ 、     イ
                                           ィヽ-ー ≦ノ7
                                    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
                                   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
                                  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
                                  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
                                 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
                                /.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //     「だいじょぶだいじょぶ。
ノ| l    !       '、    / / イ:|         こんなの酔ってるうちに入らないわよぉ~」
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \



――――――――――――――――――――――――――――
  あなたもどんどん飲みなさぁい、とけらけら笑った酔っぱらいは
  テーブルに置かれたグラスを一気に飲み干して
  ぷはぁ、と熱い息を吐いた。
――――――――――――――――――――――――――――

 
-275 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 20:54:25 ID:AgUgGmRE
ここにきて一気飲みwwww

276 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:55:06 ID:yiR3wz8E
339.



   {ilililililillilil/ノ /   /      ヽ \
   {Ⅶilililili/ノ  il   i    ヽ   ハ ',
   {Ⅶil≦イ  il  .il  ト、   i    V
 _,彡イ 水 ̄ミヾ=.il  .il  ハ   ヘ  i .il
イイ  //ハヽ  //   il  i ト   ハ  il il
ヾ .//  Ⅶ_/ il  .升 | リハ il リ イ 丿
 .Y /    iliイ.  iト  ハト>K彡' }/ イ.//
 //    川  .il ヽK' / ィ= / i、 il
.//     ハi.l  人} ィ匕r:j    `ー,
Ⅵ     i i.l  .ハリ   ̄ ̄     /
illi}    il il  il il        _ _イ
ilil}    il Ⅵ/ ノ       - ' ノilリ     「で?
人     ヾ≧ '         / /         あなたはぁ?」
ilililゝ, - - 、 \\ r、___ /i./
ィ三三三三三ミ、ヽⅦミ=、_
三三三三三三三ミ、 \iミミ、



                                             ――- 、
                                             ′
                                                i _,ノヽ_, i
                                                i(● ) (● )|
                                  「俺?」    r‐┴―人_.) /
                                            |    |´ `  /{_
                                            i廴。_,ノ|__.ノハ ヽ
                                  >≧γヘ/|_,: ―┴<ハ/.:.V
                                 ,イ.:.:.:,イ:..:..:,イ/.i>ー-ー  `>i:.:.:.:i!iヽー:.、
                                ,イ...:...:iV.:::Y.:/..<__,イ¨    ヘ:.:.;j:...:.:..:..f>
                               ,イ≦、....:ヘ.:/.:/:--<_ソー-<    ヽ、:....::.:.:/:.:. .ヽ
                                 /ッ.:.:..:..ヘ::::/:,/.:./.:._i: : :i!:.:.:.ヽ     >、:./.:.:.,イ-=v
                             Уナ:.;;:、.:.::;,;レレイ.:./(二二):.:).:..ゝ、 _ノ. : ヽ¨ー=ミヽ
                            /,./ー<三フV.::/::.;;ノ.:.:.:.:.>i7∧.:.:.:..ヾ..: : :i:...:...:...:..V:、
                            r/.:....:.:.:.:.:..:.:.:.::ノノ´:.:.:.:>//////,∧.:.:.:..:.iヽ: : ヘ.:.:.:.:.:...ヘ.:.!>,
                          /.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.::/¨.:.:.:.:>//////////∧.:.:.:..∨ヽ,_.ノ.:.:.:.:.:.:..:.V.V´
                        ,イ.:....:.:,;,;,;,;,.ヾ.:.:.:/.:.:.>///////////////';.:.:.:.:.:.ゝ<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V/
                       .ノ..........:.:.<///シ¨////////r--r,///////ハ:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:_:.::::::::::::::;}´
                      /.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:f////////////∧ ̄7///////∧.:.:.:.:..:.:.:.:.:`ー--f¨´

278 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:56:00 ID:yiR3wz8E
340.
―――――――――――――――――――――――――
  いきなり水を向けられたので眉を動かすと、
  お姉さんは話してご覧なさいなとうんうん頷いている。
―――――――――――――――――――――――――



                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\..   「そーよぉ、私ばっかり喋ってちゃつまらないでしょ?
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´.     お人好しさんはどこから来て、どこへ行くのか。
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |      お姉さん、聞かせてほしいなぁー?」
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
.        `ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
.      ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
      :. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
.     ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
.    // // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
.   {′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

279 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:56:59 ID:yiR3wz8E
341.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そういうことについては、ごまかすことも沈黙することもない性格であるものの、
  今はゆっくりと首を振ることしかできなかった。

  なにしろ自分自身、どこを目指すのかまだはっきりしていない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            / ̄ ̄\
..  「どこへ行く………か。                          , __ノ ヽ、,_  \
                                       /(一)(ー )    .|
.   まだ、分からない。                        /   (__人___)     |
.   それを探してる最中ってことになるんだろうか」    /`ヽ、  _|` ⌒´    |
                                        /:::::::::::\r´|        |
                                       /::::::::::::::::::::> ヽ        イ
                                       /::::::::::::::::/-__「ヽー'ーー"/7一 -..、
                                   /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、::ヽ
                                     /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ:::::、
                                 /:::::::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
                                    ':::::::::::::::::::::l:::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::|
                                    \::::::::::::::/::::_,,-ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::: |
                                   ヽ∠-''" ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|
                                         `:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::!
                                         !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::!

281 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:57:59 ID:yiR3wz8E
342.



                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !      「あなたねぇ……
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |     幼年学級の男子じゃないんだから
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!     自分探しとか英雄ごっこは
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !       卒業しなさいよぉ~~」
      ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|
     r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _  /::! !
     |  ヽ  /  / j:::::::::::::::::::::::::::):::!ぅ ヽ ' | : :::|.丁   ト‐〈::: ! !



                                         ___
                                       /:::::::::::::::::ヽ         ____
                                     / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                                    / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                       | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                                        | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                     「はははは」          | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                                    | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                                     | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                                    i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                                      r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r



――――――――――――――――――――――――――――――――
  将来の夢は英雄。
  八歳ぐらいの子供なら夢見るだろう。
  自分探しの旅。
  十四歳ぐらいの男子なら憧れるだろう。

  だが二十歳過ぎが語る事じゃない、と水銀燈は呆れ声を出したのだが、
  学級に通った経験がなく、幼年期に同世代と触れ合う経験の
  ほとんど無かった本物はただただ苦笑しただけだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

282 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:59:03 ID:yiR3wz8E
343.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――
  翌朝。
  ドワーフもびっくりの酒量だったにもかかわらず
  けろりと起きてきた水銀燈であったが、
  支払いの段になって飲み過ぎたことを後悔したくなった。
――――――――――――――――――――――――――



               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
.  、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ   「な……何時間追加?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;



                                              / ̄ ̄\
                                            ⌒´ ヽ、,_  \
                                               (●)(●.)    |
                                            (_人___)    |
                            「聞きたいか?」       '、       │
                                           }       {
                                             !、______ .ィ-ート、
      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ                          V/:::::::::::::::::ヽ
      |  遠慮しておくわぁ………   |                         {::::::::::::::::::::::::::::::.、
      乂____________ ノ                        /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                      「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                      } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                      i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                      { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                      \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                        \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|

283 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 20:59:59 ID:yiR3wz8E
344.
―――――――――――――――――――――――
  持っていく弁当や飲み物の代金も合わせて
  集計待ちのやらない夫をカウンターに残すと
  そのぶん走れば良いのよ、と一足先に庭に出る。
―――――――――――――――――――――――



                         ,、 ,、、rtzxー  。
                   >≦三ニY丸ノへ_ `ヽ
                  xイハノヘ_,ィiニニ ´三≧x}_ ゚
                /.   / / `¨´乂ノ{ 、三ム}}_   ',
                 ,.'//  ./ /      /.  ̄{ト三ム}}_
                 i{ i i!  厶 i!    /  /  ̄{ト三リ   i
                 |l |lマ /. _ ヽ}  , イ  ィ     マニ}}  |
              从{{Ⅵi´.込マ/ /斗孑ヤ ´ ./   弋}廴
                / i`| 弋ツ   ーtzr‐x、从./  (}}ト、ヽ }}     「荷物を背負って走るのも
                 /,イ | .!        弋以ツ/   ,  Ⅵ  ̄}}     だいぶ慣れたかしらねぇ」
              /// Ⅵ、  _      , イ    ,イ   Ⅵヽ}}   
              / .i  .Ⅴ \ `  ,ィ彡    /     Ⅵ
.              l| |  ハ}.゙,.. ァ≦三 .≧x  /}  __.∠ --、
                i! |  | ィ \ \..゙三三...-'´ ̄       \\ヽ
             ,|  i{三三゙\ \....../\             ヽヽ、
      __, ィ≦´__Ⅵi!三三三.゙ヽ  ヽ..  \             | |〉
          ̄ ̄ ,、Ⅴ三三三三 /  /\. ヽ        ノ }」
          ___乂>、。三三. | l { /、   ヽ. }__  -‐ ' ´_ ノ ヽ
\_,         ̄x≦三ニ}ハヽ、.. | l 〕| `   {__ ┬ T_ l  /
ー_/\____/三三三;;}} ヾヾ |l/ 〉  - '  / l  「 ̄ | -―〈
´   ヽ三三三三三三三 //=彡> '゙| ! _     / _, -∟ ┘-‐ '´|
 \乂≧x三三三三三 /.八ヽ三三..∨ l   _ ,r'´_, -‐…'´     /
.ミニニ==‐彡ハ三三三三.′  \三三. |  ! _    / 7         /
  ̄ ̄ ̄ ̄              ヽ三.゙|  l     / /         /..゙\;;
                       `}ニ.l  |     ./ /        /.    N;;
                         l/\l   ,' l        _ '′..  ,ノ;;;
                    /.   \__ゝ.L  - 7´.   ' /イ;;
                      '   /三ニ≧x /    /三三ヽ }   |/
                 / .>´三三三ニ /    /三三三 | ,.    ′



――――――――――――――――――――――――
  まだ内功を修得したわけではないが
  連日の強行軍に慣れてきたのは確かであり、
  持久力の向上や体幹の強化は剣士としての自分を
  一段成長させてくれるに違いない。
――――――――――――――――――――――――

284 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:01:15 ID:yiR3wz8E
345.



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (●)(●)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/    「お待たせ、じゃあ行こうか」
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ⅴヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` 丶 イ.: j|  /{ ノ′    「いつでもどうぞ」
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、
     |   / ハ..:..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.トj /  ヽソンV...:.::.::..} ヽ
     |  ,イ  :..\::.::.::.::.::.::.:_:.::./__::.:イ}_   j l r}::.::.::.../  ヽ
     l   l |   ..:..:|`>ォr<   __::.::.::.::.:ヽ}、 /l j_{ノ::.::/:..:.. l l ヽ
      ヽ. ! !  ..:..:.|{{´/小ヽj}:r<ヽ.ヽ:.::.::.::.::ヽ} /rソ:}/K`=i:.||ト l



―――――――――――――――――――――――――――――
  もうこの町に戻る予定もないからか。
  完全装備で出てきたやらない夫と
  柔軟を終えた水銀燈は街路に出ると、二人並んで駆け出した。
―――――――――――――――――――――――――――――

285 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:02:10 ID:yiR3wz8E
346.
――――――――――――――――――――――――
  行き交う人達から奇異の視線を向けられること数分。

  あっという間に町の出口から走り出た水銀燈は
  目の前で翻るマントを眺めながらふと、思う。
――――――――――――――――――――――――



....  '、     1  ./   ./     _/              _,, ー''"゛              _,,,.. -ー''''"´
..゙、  ヽ,    !  ./  /    _/゛       _,, ー''"゛          _,,,.. -ー''''"´
... \   ヽ   ." /  /   ,/゛     _,, ー''"゛     _,,,.. -ー''''"´                      __
.゙゙''  . \ . ″   ." / : /゛  ._,, ー''...┌─────────────────────┐
                      -‐;;;;│  本当に、あなたの修行が目的なのかしら?    .|
__     _         '^___..゙└─────────────────────┘.._
.... _...   /  `
゙"´    ,,..!  __i __....  -ミ,゙''ー ..,,,゙゙゙''''―- ....,,_,
     rヘ<7///////ハ≧z、...`''ー、,、.`゙'''ー ..,,,_  `゙゙'''''―- ..,,,,_
... /.゙}'/リ!////∧/////ト、///>、... `''ー .._   . `゙'''ー-..,,,_    `゙゙'''''― ....,,_,
     \'//////∧///∧-ー===' ゙''-,,  ..,..`''ー 、、     `゙''''ー ..,,_       ´゙゙''''―- ..,,,,_
... /  /.゙}/////l{/////>=== - 、......゙''-、 `''ー..,、`゙'ー 、、       .`゙'''ー- ..,,_            `゙゙''''―
. /  /゛,i////////へ///////三≧ヽ\  `'-、.  ゙゙'ー、、 .`''ー ..、         `゙'''ー- ..,,、
  /......///////////ト、/// `ー=ミ三j.. `'-、 `'-、.  .`''-、,、 `''ー ,,_            `゙゙'''ー ..,,、
 ,i′..゙′///', 1 /≧=={.   ヽ ヽ,    `'-、  .`'-、    ゙゙'ー、、  `゙'ー ..,,
.  /..゙iγ三/ ヽ!≠//ハ'/∧...... ヽ... / ̄ ̄ ̄ /_/_/....`''-、    `''ー..,、  .`゙'ー 、、
  /.  ヾ三/   V≧=ミj///!.    ヽ/ ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/.      `''ー、、   `''ー ..、
.../     \i    V////{≦′.    /__,--,  / / ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/   `''-、,、   .`''ー ,,_
/     .l   |.... V////V !  .l,.     /___ノ. /__,--,  / ./ ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/.. 、    `''ー
.       l゙   |  .lト、///∧.l  .ヽ     ヽ  \ /___ノ. ./__,--,  / ./ ./二/ /       `''ー..,、
     !   .|    Y,V// ∧l  ヽ     .ヽ.  .\   `-、.゙/___ノ. ./__,--,  /.、            `''ー..、
..    l    .|.    j ∧///∧.   l,     .ヽ   .\   \,    \..゙/___ノ   `'-、



――――――――――――――――――――――――――――――
  修行という物はある程度の負荷をかけてこそ意味があるものだ。

  だというのに、軽く流す程度のやらない夫は汗一つかいておらず、
  効果があるとは言い難い。
――――――――――――――――――――――――――――――

286 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:03:00 ID:yiR3wz8E
347.



       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\       ′/  ノ
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ      (もしかして―――)
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r~、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   /「?鴨ヘ r':::::::.ヽ



―――――――――――――――――――――――――――
  もしかして、この行為は自分のためなのではないだろうか。
  一時間ごとに減っていく借金も、
  実家の援助が期待できないと察してのことではないか。
―――――――――――――――――――――――――――

287 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:03:59 ID:yiR3wz8E
348.
―――――――――――――――――――――――――――
  本当にそうだとしたら有り難い反面、おもしろくないと思う。
―――――――――――――――――――――――――――



              八:  i! i! |::|: i!  ヽ.   !   i! |i ヾ ヾ! !: ¦:::: ¦/ L:】 Ⅴ
           /  ::::: i! i! ::|::i i! !  \:|   i! |i! i! i! | |  _j!_   /!   ¦
          ノi  !i!: :i! i!:: |::i i! ! :   \   |i! i! i! | イ: |: /|:| |  i|
             レ′ !i!: :i! i! |::i!:¦ | i!:  |  ヽ  |_ ィ: i!∨ハ |!: / 八 :   i|
              | : i! i! |::i!: ハ∧ i!:  |::::.  i!¦ 斧テrてヾⅥ:/:/  |   i|    (だとしたら、おもしろくないわね)
              | : i! i! 丁i!T升十=‐' i ヽ: ハノ リ 弋: ク ¦ ′ /!   i|
              | i i! i! |  |ィ浅杤てゞ  )′     `¨´   i/i!  /¦  i|
                i!i! i! |  |  弋::ク            /i/i / 1|:  | .′/
               i!:! i!   从   `¨´       .        /! !/ /从  ¦/:彡ィ////三三≧=-
.   \    ヾ 、  ! 从 i!    ヽ            _     .ィ:i!/ //―) _ノ彡'::彡彡彡彡<⌒
     ヾヽ  __ \ヾi!:/  ヽ |   i  ヘ         ´     //::/ //:::!:::::::::::::::::く三三三≦彡彡三 ミ_ゞ
  -=≡≧ミ⌒ヾ≧ミミミ八 ヽ   | {:::::::>          .イ:::::《/ イ   ノ:::::::::::::::::::::\三三三≦彡'⌒
     _―…≧三三三三ミミミヾ |:从::::/ 《 う::: ̄:::::::示::::::::::::: /:| :イ::::::::::::::::::::::::::::::\三三三≦ゞ
-―=≡≧三三三三三三三三ヽ. /ゝ:::X  《 う:::::::::::: 卞:)::::::/ 》   ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::\三三三≦ゞ



――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、今は拒否する術も力もない。

  世間知らずで無力で無一文の身が、彼の厚意をはね除けるなんて
  無知無謀もいいところだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

288 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:05:00 ID:yiR3wz8E
349.
―――――――――――――――――
  だから今は、この立場に甘んじる。
―――――――――――――――――



....  '、     1  ./   ./     _/              _,, ー''"゛              _,,,.. -ー''''"´
..゙、  ヽ,    !  ./  /    _/゛       _,, ー''"゛          _,,,.. -ー''''"´
... \   ヽ   ." /  /   ,/゛     _,, ー''"゛     _,,,.. -ー''''"´                      __
.゙゙''  . \ . ″   ." / : /゛  ._,, ー''"゛  ._,,,.. -‐''''"゙´        ___,,,,,,.......... --―ー¬''''''^゙゙゙ ̄´゛
                      -‐;;;;,゙,゙_............--―ー¬''''''^゙゙ ̄ ̄
__                '^_____________________________
.... _             rf薔Y                  
゙"´    ,,.     > “  ̄ ” -=戈≦,,,゙゙゙''''―- ....,,_,
..   ,/  、 ´           --z___ノ.`゙゙'''''―- ..,,,,_
... / 、  /゙,'                   --z____ノ..゙`゙゙'''''― ....,,_,
     √` ヽi         \           --z________ノ       ´゙゙''''―- ..,,,,_
`ヽ    ⌒>|           \         ーz_______ノ.. `゙'''ー- ..,,_            `゙゙''''―
≧=ニ三三ニ=| /            \            -z___ノ           `゙'''ー- ..,,、
三三三三三Ⅳ              _`     -z __       ``ヽ..`''ー ,,_            `゙゙'''ー ..,,、
三三三三三 }              -z ____   ̄``ヽ  ハ..、、  `゙'ー ..,,
三三三三三/    i     _          _ ``ヽ _ 斗rfセ//ヘ..''ー..,、  .`゙'ー 、、
寸三三三ニ/    |          -= ニ  ̄___ ̄ ィ//////////厂〉. `''ー、、   `''ー ..、
/イ^ ̄`ヽ/    从        {≧=-       -=≦/////////////〈 弋     `''-、,、   .`''ー ,,_
/.    /      \   {   Ⅵ,////       `ヽ〈///////////〉  }ーミ       `''ー..、    `''ー
  rf壬,'   | ,  |  \ ゝ _ Ⅵ//〈      /\ ⌒`^=≦///  〈   ヽ〉           `''ー..,、
  j,//{   | {   l     |ゝ   ` <へ.__/,////\____ ̄ゝ__入_ツ....`'-、            `''ー..、
  ㏍,∧  i| k  i! `ヽ |/////≧=-`ヽ//////////////////≧=-z___/..... `'-、
  √//∧ .l|/∧ {  ハ |//////////////////////////////////////////     `'-、
 从{///∧ |//∧ | /Ⅵj//////////////////////////////////////////        `'-、
.  `ヽ//∧ レ//∧Ⅳ//////////////////////////////////./  ̄ ̄ ̄ / .__ -、       `'-、
    ゝ≦ヘ|レ’ /////////////////////////////////// /_/ ̄/  /// 7 `'-、       `'-
....  l     !///////////////////////////////////////\.匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
...  l.     ///////////////////////////////////////////// ./..   \l /l / / ./
..  l...... /////////////////////////////////////////////゙/ ./        /./.  \
                                             ̄          ̄



―――――――――――――――――
  けれど、いつか必ず見返してやる。

  固く決意した水銀燈は加速すると
  先行するやらない夫を追い抜き、
―――――――――――――――――

289 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:05:59 ID:yiR3wz8E
350.
――――――――――――――――――――――――
  前を―――否、上を向いて不敵に笑ったのだった。
――――――――――――――――――――――――



,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
. ''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                          :: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                    : ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:
                ――‐- rぇ、        (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .:
         _  /...:::::::::::::  -― ヾ<.          ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
    〈\___|匸》厶:::::::::: イ /  \ 、 ヽ              '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''
      ー―仁アr一ァY / | l l 、\ \\ \
.      ―=彡イヽニ イ l l | l |'Nム、ヽヽ ヽ ハ
   く/ ̄ /  // / l l| |、l 卞テtソx刈 | |l } } |
 --/ /  / / / | || | \l| ゞ "  ヘ从ノ川
--   /  / / ,イ  | |ヘ 、        〉 イ乂
.--    / / / |  || \ゝ   、 _  イハ |
  --   / / / |  |l |\       `  ハ }|    (今に見てなさい!)
―   ――< イ┌.|  |l ト、         / | ノノ
/...:::::.:.:.    \i /.::|  |ヽ\::::>  __/ l| |│|
.:::::::.: .      \:::l  l::::>ー 、l | l | | |人l
::.:          ヽヘ  ∨イ|:lヾ\ | | | | |ヽ \
:.:.            | \ ∨/ゞニイ | | | | | l ト \
.:..:.. .           | / ヘ\ |:| | | | | | l |   `\
.:.:.... .           /∠   ` \|\j_ 乂\| | l |    }
:::::::::.:.:.....     く/   く丁トヘ厶 :..\\\ jノ
::::::::::::     /       ::.ヽ| 〈{迄〉 ::.l ハヽヽ
- ─┬―<::::          ::.∨ ヾテヘ ::|′| }|



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
-290 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2016/03/13(日) 21:06:39 ID:yiR3wz8E
本日の投下は以上になります。
閲覧合いの手ありがとうございました。


次回は三章ラスト、
その次は復興記になりそうです(´・ω・`)

291 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 21:07:12 ID:AgUgGmRE
乙でしたー
銀ちゃんの成長も楽しみだなあ


294 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 21:08:27 ID:OxRIKvr2
乙でした
銀ちゃんも少しずつ成長してる感じがイイね


301 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 21:13:15 ID:ocRaPN5w

銀ちゃんのヒロイン力が下がり、漢度が上がったか


302 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 21:14:31 ID:V8.7AvVM
乙でした!
溜めの時期なんだろうけどおもしろいんだよなあ


303 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 21:18:25 ID:lqjuAzhk

設定からして乙女というより漢女だしな


307 名前なんて無いだろ 2016/03/13(日) 22:32:47 ID:dsLSi/e2
乙でした。銀ちゃん成長して行くなぁ

元スレ
やらない夫は約束を守るようです52

アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


8139 『やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第三章 遭遇 その4』の前後エントリー2016年03月25日 06:00

纏め作品一覧やらない夫は約束を守るようですの目次


50116 名前なんて無いだろ 2016年03月25日 11:22Edit
始祖たるオウセ派とか核熱ブッぱなす戦闘特化のヒムカイ派とか色々いるんですね分かります
50769 ゆとりある名無し 2016年04月30日 04:51Edit
ああ、此度も面白かった。
51974 名前なんて無いだろ 2016年06月26日 16:18Edit
続きが楽しみで仕方が無いよ
52738 名前なんて無いだろ 2016年07月30日 20:29Edit
本当に面白い。
53619 名前なんて無いだろ 2016年09月12日 21:52Edit
ここで言っていいものかは分からんが続き来てますよ~
54910 名前なんて無いだろ 2016年11月22日 07:32Edit
この記事はもう更新しないのかな。

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!