コピペ とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると一匹のカエルが呼びかけてきました

2016 12 09  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

      / ̄ ̄\
     /   ノ  ヽ \
     |  ( ●) (●)|
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |
     |       |          とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_           一匹のカエルが呼びかけてきました。
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ                 ,◎‐◎、
      |   |.   |                _,.-'-‐‐‐‐-'、_
     |    |   l                  'ー((メ((^)( ) )-'
       i'  ,}  ,ノ                      i!、゚ヮ ゚_!iり
      l   | /                    ⊂,i::::E)i´k
      |,_、|,/                        //:fォ::f):ヽ >
       (゙  ))                   ``'i_フi_フ´´




         rァ'"´  ̄ ̄ `゙ヽ、
        _,,..'-──- 、..,,_  ヒン)
     , '´  >-──--<>、|
     \_/ _ ,        \ \
      /  ,ハ、/| /| ‐- ハ  ∨ 〉
      ! /!イ|,! ∨ァテ‐!、 /| / レ'
      ∨|リ(ヒ_]   ヒン)リ,ノ|)レ'  |
        |ト、  ,___, ゙ | |/ | |
        | | |>ヽ _ン  | ト、,ハ !   「私にキスしてくれたら、とても美しいお姫様に戻ることができるのよ」
        | |/   ,イ[こ_'| |/´`∨
         `   | ハ:::::::!7´ ヽ,ハ
         __|  ',::::/   /;:ヘ.
        i´  `|  |:/   /'⌒ヽ、
        ∨  .|  /   |`  '!ハ、
         \ ! /    ./!.   |ノ .〉
            _`|7二ヽ ,ム|ァ‐-、|./|
          (_|j_/`'ー〈__〉- '

773 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:21:57 ID:NZ2iWiyI

                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|
              |    (─ ) (─ )|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、         彼は身をかがめてカエルを拾い上げると、
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:─── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   ______ \ヽ,    自分のポケットにしまいこみました。
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\     ヘ | '.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:>_)◎-‐◎{ i  i .
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄  __,"_____≡ゝ/ ./ .
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. ,i 〈ルイ''lルし
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:..:.:.:. ムiリ ゚ ヮ゚ノl〉
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌───┐
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.. : : |.:.:.:.:.:.:.::.::│



         , \, -─-- 、.,_
        ,.i (ヒ_]  ∪,___, `ヽ,. /
       ./    ∪  ヽ _ン   ヒ_ン )
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、
  '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.    カエルは再び言いました。
    `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';
   _ノ     i=ハ ==    == ハ.ノi   i     「もしあなたがキスしてくれて私を姫に戻してくれたなら、
   `.>'    iX|///∪ ,___,///ノ!レノ
  ∠._   ノ |=ヽ、   ヽ _ン ∪ノ!i レ       あなたと一週間一緒に過ごしますわ」
      ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |
          ' | !>;`ヽ、「、,ハ.| |

774 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:22:09 ID:NZ2iWiyI


        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|
     |                    .|
     | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
     |  .´"''",.     "''"´   |   エンジニアはカエルをポケットから取り出して、微笑むと
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /
      .丶     ` ⌒ ´      /
      ヽ               /
       ヽ           /
         ゝ    _   /イ\
      /                \



                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|
              |    (─ ) (─ )|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、        またポケットにしまいこみました。
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:─── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   ______ \ヽ,
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\     ヘ | '.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:>_)◎-‐◎{ i  i .
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄  __,"_____≡ゝ/ ./ .
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. ,i 〈ルイ''lルし
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:..:.:.:. ムiリ ; ヮ;ノl〉
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌───┐
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.. : : |.:.:.:.:.:.:.::.::│

775 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:22:22 ID:NZ2iWiyI

                , \, -─-- 、.,_
               ,.i (ヒ_]  ∪,___, `ヽ,. /
              ./    ∪  ヽ _ン   ヒ_ン )
            _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
         ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、      するとカエルは泣き叫ぶように、
         '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.
           `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';     「もし私を姫に戻してくれるなら、あなたと一緒にいて、
          _ノ     i=ハ ==    == ハ.ノi   i
          `.>'    iX|///∪ ,___,///ノ!レノ       もう何だってあなたの望みどおりのことをします」
 i´`Y´`Y`ヽ(⌒)._   ノ |=ヽ、   ヽ _ン ∪ノ!i レ
 ヽ_人_.人_ノ `~ヽ  ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |  (⌒)
   \___    \  / | |-^ _ , ' .ヽ  | |.ノ  Y`Y´`Yヽ
          \_ 〉  i `ヽ!、   `  `(´ ̄   .i__人_人_ノ
                         ` ̄ヽ      /


                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |      ⌒   ⌒ |
              |    ( ●) ( ●)|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /          またもやエンジニアはカエルをポケットから取り出すと、
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、      やはり微笑みかけるだけでポケットに戻しました。
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:─── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   ______ \ヽ,
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\     ヘ | '.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:>_)◎-‐◎{ i  i .
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄  __,"_____≡ゝ/ ./ .
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. ,i 〈ルイ''lルし
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:..:.:.:. ムiリ ; ヮ;ノl〉
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌───┐
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.. : : |.:.:.:.:.:.:.::.::│

776 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:22:39 ID:NZ2iWiyI

                  l'''"\li,-,,,,-‐‐‐-,,,/ i',il'/`''li
                 i , (ヒ_],i!.ノ;;::::::   i::::il ヒ_ン ),|!;
                /'''`゛=='" /::;;:::    ;;;::::`''=='",,|
              /       :::;;;::           |        カエルはようやくそこで尋ねました。
              /__ .-‐ニ=--────-=ニ、..,,_ .,_ !
            ,..-'´ァ''"´  / ;'    ;   ';    `"ヽ`ヽ、       「いったいどういうことなの?
         r'"´:::::::/  /  ;' _」ノ!  ハ,  、_L_  !   '; ';:::::::`ヽ.
         '、::::::::::;'   '、  i´ヽ_」ハ / ! ハ、!__ノ ,.イ  .!::::::::::::::';       私は美しい姫で、あなたと一週間一緒にいて、
          ヽ、:::! ,!  `!コ7´(ヒ_]::::::::::::::::::ヒ_ン`Y_」  ハ::::::::::::ノ
            `V ヽ、,ハ !    ,___,    .!7i,. イ::::;::- ''´       何でも望みどおりのことをすると言ってるのですよ?
             `ヽ// .! .!     ヽ _ン     ,! !`ヽイ
              /(_ノ ,ハ           ,ハ/|_ノ '、         どうしてキスしてくださらないの?」
             , '   .!   !>,、.     ,..イ !   |  i  ';
              レ'´!ヘ;'    ! _/_,ri`ニニ"´!、_」__|  ! ハ ノ
         i       ノ__.  ;'i´::::::ゝ、.,____ン::::::::::! ; !ァ'、レ'     !
        lii il    / `V !:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::!イレ'  `ヽ     liil !
      _,,,r-―、::;;;;ヽ'、    !〉ト∧ノ!::::::::::::::::::::::::〈i      |  ,,,_ . .-‐-、
     / 、  、 ヽヽ-,;;;゛   `ヽ!'::/o-o、:::::i::::::::::::::::::::'!/   ,,,イr/´/ ,r  ゛'ヽ、
| ̄ ̄ ̄\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,しL,/,,,r'?,,,-‐' ̄ ̄|




        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ _____   :::::::::::::_____    l
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |    するとエンジニアはこう答えました。
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │   「僕はエンジニアだよ。恋人を持つ暇なんてないんだ。」
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |

777 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:22:50 ID:NZ2iWiyI

              ,,-''´ ̄ `ヽ、
             /       \
              ./              ',
             ,'   -..,,__      _ .',
              |         ´  ` l
              |  ( ● )   ( < ) .|
             l            l
           ',  .(  人  )  .,'
             ',   `t´ー`T´  ./
      ._,,..-‐-----ヽ    ̄ ̄   /-----‐-..,,_.
    /           `''-..,,___,,..-''         \    「だけどしゃべるカエル、こいつはカッコいい」
   /                /             ゙i
   |      ,-、             ',,.-,      |
   l      |__|__               __|__|        l
  /    // ‐-)           (-‐ ゙i\     l
  / ___/_ノ  ‐-}            {-‐  !、_゙i___  l
 l/        ‐-}              |{-‐        \l
 |      / ̄                 |  ̄\      |
 ヽ _,,..-''l"                   |    ゛'''-..,,_ ノ



            ,. -‐、
            (!、;;;;ノ) ̄"'' ー- 、.,.__ ,.-‐-、
            ゝ、,,.ノ        u  / !;;;;;;;;;;|
       ,-―---'´.,,.__         ゝヽ- 'ソ
      ノ_,,. ,,___     ̄ ̄"''ー-- 、., ̄ l
     ( /;;;;;;;;;/ ,   , ̄ ̄"''ー -- 、.,   ̄"'-=ニ..,
     `''ー、V /   /!  /`'´V ,、  , 、 ̄"'ー-,-、  ヽ
        レ'i   / ̄|`/-   |/ )ノーt- )!  ,:::::ノ,,,ノ
         i | /  三ニ   ' u === i. / /-'' ´
           ,ゝV|,u           ̄  V'-<_ノ
        /ハ-.t( 'ニ 7  ,----、  r' r‐‐.V´ト、ヽ       「・・・・・・」
          / ! i  ト-' /     |  |_ ー _//   ヽヽ
       ノ_ノ/ / \  |     |    ̄// /( 川 )
       ノ/!/7/i>|_,, _|_,,. >' .人,L_ノ!/
       ´   ~   ┌┴―'", / ノ-t' `´
               ,‐く ー ,-‐'./ /  ヽ
               // >-ー'´  !   ヽ
               /´/´・`´・`ヽ   ゝ   i

778 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:23:07 ID:NZ2iWiyI

元ネタ

234 名前:名無しさん@涙目です。(北海道)[] 投稿日:2011/08/17(水) 20:30:44.61

ID:LQbiC4GQ0
とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると一匹のカエルが呼びかけてきました。
「私にキスしてくれたら、とても美しいお姫様に戻ることができるのよ」
彼は身をかがめてカエルを拾い上げると、自分のポケットにしまいこみました。

カエルは再び言いました。
「もしあなたがキスしてくれて私を姫に戻してくれたなら、あなたと一週間一緒に過ごしますわ」
エンジニアはカエルをポケットから取り出して、微笑むとまたポケットにしまいこみました。

するとカエルは泣き叫ぶように、
「もし私を姫に戻してくれるなら、あなたと一緒にいて、もう何だってあなたの望みどおりのことをします」
またもやエンジニアはカエルをポケットから取り出すと、やはり微笑みかけるだけでポケットに戻しました。

カエルはようやくそこで尋ねました。
「いったいどういうことなの?
私は美しい姫で、あなたと一週間一緒にいて、何でも望みどおりのことをすると言ってるのですよ?
どうしてキスしてくださらないの?」

するとエンジニアはこう答えました。
「僕はエンジニアだよ。恋人を持つ暇なんてないんだ。
だけどしゃべるカエル、こいつはカッコいい」

 
-779 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:24:23 ID:bx84y4x6
別に条件を吊り上げてるわけじゃなかったのかww
乙ww


780 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:24:51 ID:iR/7tBC.
何でもいいからキスしてやれwww
乙です


781 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:25:24 ID:7bSeJOYo

だが待って欲しい、元の姿が美人とは限らないんじゃないだろうか


782 普通の名無しさん 2011/10/13(木) 02:28:11 ID:kateWJV.
よかったな!カッコイイって言ってくれたぞ!

姫に戻りたい?諦めろww

元スレ
やる夫でコピペ 91スレ目


8448 『コピペ とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると一匹のカエルが呼びかけてきました』の前後エントリー2016年12月09日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


55178 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 01:15Edit
わかる
55179 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 01:45Edit
ギーク特有の感性
55181 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 03:05Edit
カエル「確かに言ったよ。でも人間の姫とは言ってないぜ。」
55182 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 03:17Edit
美しいて主観やし。そもそもデメリットについて話してくれないし。
55183 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 03:35Edit
カエルのままでも君は美しいよ
55187 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 06:02Edit
しゃべるケロちゃんゲットだぜ!
55188 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 06:52Edit
かくして泣いて笑って喧嘩する関係に
55190 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 08:16Edit
美しい姫よりしゃべるカエルのほうが珍しいし。
55191 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 09:42Edit
姫が何でも言うこと聞くって言ってるんだから結婚するか財産貰えば働かなくても暮らしてけるのに判断能力を失ってそこに気付けないエンジニアを皮肉ってる部分もあるのかね
55192 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 10:23Edit
お姫様と結婚したら働かずに暮らしていけるなんて誰が保障してくれる?
財産もあるかどうかわからんし、それならしゃべる蛙のほうがいい。
美しいといっても自己申告だから勘違いブスかもしれないしな。
55193 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 11:37Edit
「いったいどういうことなの?私は美しい姫で、あなたと一週間一緒にいて、何でも望みどおりのことをすると言ってるのですよ?どうしてキスしてくださらないの?」
ん?今何でもするって言ったよね?
55195 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 12:04Edit
カエルがしゃべるのは確かなことだ
55196 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 12:04Edit
姫「その願いはわたしの力を超えている。さあなんでも願いを言うがいい。可能な範囲で叶えてやろう!」
55197 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 13:39Edit
※55191
『しゃべるカエル(確定情報)』と『姫の発言(判断材料なし)』を比較して前者を優先してるんだから
エンジニアの判断能力は極めて正常なんだよなぁ
55198 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 19:17Edit
※55191
仕事が嫌という表現は出てないから何とも言えない
そもそも人間に戻しても持て余すかもしれない、一週間しかいない姫より手元に置いておける喋るカエルの方がよくね?
って考えてる気がする。
55199 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 19:25Edit
というか一週間なにしても良いとは言ってるけど
一言も恋人になってくれるとは言ってないのは・・・
55200 名前なんて無いだろ 2016年12月10日 21:38Edit
関係のない話だけど、カエルの尻に爆竹入れて爆発させて遊んだって話し聞いたことあるけど実際やったらどうなるの?
55201 名前なんて無いだろ 2016年12月11日 00:50Edit
何でも好きにできる女性を恋人と表現できるのは、ある程度理性的な判断ができてるということでは
その上でのカエルの方がいいというジョークというか感性
55203 名前なんて無いだろ 2016年12月11日 01:25Edit
しゃべるだけのカエルが粘膜接触してくれとか毒とか細菌とかの方が怖いだろ
55206 名前なんて無いだろ 2016年12月11日 02:23Edit
ちょっとわかる
55213 名前なんて無いだろ 2016年12月11日 13:55Edit
よしじゃあその辺を歩いている赤の他人の口に投げつけてみよう(提案
55288 名前なんて無いだろ 2016年12月15日 21:58Edit
警察だ!

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!