やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第四章 英雄引力 その3

2017 09 12  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:ショボン玉, |
208
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  皮をとりに行った二人があっさりと帰ってきたその日の午後。

  食欲がないから、とお昼ご飯を食べなかった水銀燈と
  クリムゾンを連れたやらない夫が工房に行ってしまった後、
  残されたシモンはダディ達に囲まれていた。
――――――――――――――――――――――――――――



             __--v斗r斗、
           ー≦:::::::::::::::::::::::::::≧、__
          フ:::::::::::::::::斗v、、::::::::::::::::く
         ノ::::::/' ´'´    ` '`ヾ:::::\
         ィ::::{'         __ '):::::ト
          ノ:::! ァ≦三ミ、  ィ≦-ミ:{ !:ト
         ノハ ~ ,芹ミ、   芹-ミ ` !:ト
          /`,八vタ ,  ___ vタ ,ノ /r}
          { ム=`~´ .{´~` `~´= 'rタ
          ヽ '    ` ̄'    '/    「なあシモン、
             ヽ   , -、   ,.イ       あの人はどうやって皮を手に入れたんだ?」
             _j:\ =  , イ、
            /ニ≧  ̄r≦ニ!
          斗≦<ニニ! ,ニ>ニ≧s。_
    斗r七'"ニニニニニニfニニニニニニニ≧s。__
   /ニニvニニニニニニニニ!Oニニニニニニニニニ!ニ',



                  ⌒>: : : : : : : : : : :`>: .、
               >'´: : : : : : : : :>彡===‐-ミ丶、
                  ': : : : : : : : :>'  /      ヽ `<:\
                 /: : : : : : :/    {        }   ヽ: \
             /: : : : : :/___. ヽ      ノ    「ヽ: : ヽ、___,
               イ: : : : : : : : : : : : : : : > ミ辷ニ彡イ⌒ヽ ',  ' , t- イ
               /: : : : : : : : : : : : : >'´/: : : : : : : : : : : : 从  l.:',
           /: 弋7: : : : : /: :/-─/イ、: : : : : : : : : : : :弋ヽノ: :',
             /: : : ムイィヽ//   ___/: :.><}: : : : : : : : : \ |: ハ
          イィ: : : :/r  Y    / /イミ、  /: : : :从: ;イ: : : :ソ: : :}
          }: : : { {  (    l O    } / : :/ }∠/: : : : : :.:ハ:|
          |イ: : :ヽ `Y    ヽ     //彡' /⌒ソイ: : : : :/ リ
.            |: _: x< ̄ヽ    丶 ___/    /0  //: : : : /
         _,  <    >∧          弋 ノ彡イ: :/
      ィ      r<    ∧   \    _  ノ  / ハ/
        ∨ >ヘ  |        }     ヽ、    ´   /
        ∨   ',  ',      |      ㍉. ` ー   ∠     「へっへへー、
        ∨   ',  ヽ      |\         '  ヽ,    教えて欲しい?」
        ∨   〉 /     |  > 、 __ , <    /
    r< ニニ--- て. (      从 /              /
   / ノ  /ヽ ̄ ̄ ̄ `ヽ      \        /
.  / /  /   `ヽ            Y        く弋
  {  { イ                   {        イ  |

15 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:00:59 ID:IIC5YLY.
209.



                          /(      _ノ}
                      ゝ:::::: ̄::::ミ、{Y ⌒ア
             __}>- 、/::/::::::::::ヽ::::::::::::〉⌒.Yヽ
               \ ̄ ̄/:::::/!::::::::::::::ハ:::::}:人_ {:::∧
                /ゝァ/:::::{:{_{ノ:::::::/ノ}_:_|::::::Vl|\:::∧
                  /::::/{::::八{ィzx¨´ ィ符ア:::::::V\|:::::::}
              /::::《/|::从《 Vソ 、  `¨从::::}:}::::::::::::::|
                ′::::::::人:::∧    _  /}:::::::ハ|:::::::::::八    「別に口止めされてるわけじゃないんでしょ?」
               ′::::::::/{:::::::{∧   ´`  .八::/八::::/::::::∧
               ′::::::::/人:::::{ 个o。 _ .ィ }/(.  ∨:::::/::∧
              ′::::::/ ト、ト、:{_ヽ_Y__ム--く>--くて::/::∧
              ′:::/  >    `{: :_:}:_{_:_:_:ノ    て、:::::::ヽ
            /::::::/ > ´て     《:_:_/ ヽ_:_:〉    <. `〉≪}:\
         /> ´\\   て   レ{ ヽ /  ヽ  ヽ/´  /:/  ` <
       Y´       〉: ヽ /     .レ{ .′ }ヽ}    ∨`/:/        `Yミ、
        /:{   r<´   ヽ\ {    人 {.ノ{ノ    .} }/´  ≧=-   .}::::::\



                                      ,. :´: : : : : : _「 ̄\_: : : : : : : : : : :`: : .、
                                   , :´: : : : {: : : 「o  (_) _o]: : : : : ヽ、: : : : : :\
                                  /, : /: : : ∧: : : ̄\__〉: : : : : : : : : \___: : :.、=-
                                ー イ: : :|: : : ,|--V: : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : >: \_
                                     ': :.l: |: : : :|  ∨:|: : : : : :\: :\、__: : :\ ̄: : \ ̄
                                  |: /{: V: : :{ィ雫ミヽ|: : :,: : :、_:、: :\: : :  ̄ : : : : 、___,
                                  {/ V: 、: : | )ハ } ' : //}:∧r、 、: 、: :\: : : : :\⌒\
                                    ∨{\{ ヒリ /: イ/: : : : V ∧}:\: : 、: : : : : :
                                       `ノ     '  / |: : : : :| |: :': : : : ̄: 、:\⌒\
                 「おーしーえーてーよー!    、   _     |: : : : :| |: |: : ,:∧_>- 、〉
                  ねーったらーー!!        、V:.:}     |: : : : :| |:∧/ニ=   ̄ ̄ \
                                          \´     |: : : : :|//ニ=         、
                                          /≧=- <|: : : : :|/ニ=       ,.ィ⌒  }
                                           {: : : : |  /: : : :从=      /  ∨  ノ
                                           |∧: : | ': イ/ニ=     イ     ∨イ
                                          }   、:|/ //../ニ  _ /  |        \

17 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:02:00 ID:IIC5YLY.
210.



            /.: .::::::::::::::::::::::::::::.  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
         '.:  .:  .::: i:,:::::::::::::::.: :::::::::::::::::::::::::::::::::. :::::::::::::,
         '.: .: .::..........l::,:::::::::::::::::. .:::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::::,
          ,:.: .:::..:::::::::::::‘,::;::....::::::::::::.. :.::::::::::::::::::::::::.....i ::::::i'.:::i
          i:::::::::::::::::i::::::::‘,:;::::::::::::::::::::::.. ::::::::::..................l ::::::l Ⅵ
          |:::::::::―-、::::::::‘:;::::::::::::::::::::::::::.. ::::::::::::::::::::::::l:::::::l ゙:}
          |:::::::i‘.::::|、\::::::::::::::::::::: i::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::::::;  j
          |∧::| Ⅵト、、:::::::i、:::::::_|_:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::;'
         辷 ヒ_l  ≧一\ :::::|、 ̄::T::::::::ト:::::::::::::::/
          }::|~ -  ノ-i   刋:.Ti¨¨ツ:::::l>⌒i:::/
          }∧    ,  ,乂_ └- 」  ./::/   .ム'
            、       ̄  --/::/  ./
                丶、  _       ./イ イ/      「ボクも興味あるな」
    /^≧x、    }::::ヽ、 `    イィフ}:::/V



           /\___/ヽ
          / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
        /‐:::  `-=ニ=- ' /    「本当に一日で戻ってくるとは驚きですね」
      _,,,l ;! |:::______/
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼らも昨夜、闇天馬の護衛がてら
  どうやって銀水蛇の皮をとるかの再検討をしてみたのだが。

  魔法騎士が一人で、となるとまったく予想がつかず、
  魔法の道具有りでと条件を緩和したところで
  異界産物っぽいバスタード・ソードが不可思議な力を持っているのではと言う
  ある意味常識的な結論に落ち着いていたのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

18 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:02:59 ID:IIC5YLY.
211.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自らも『獣の槍』と呼ばれる、自己変化の魔法や能力解放の魔法などが付加された
  ―――ものとしては某国の王城お風呂番の仮面に近い―――武器を持つウシオなどは
  あの剣に秘密があるに違いなどと考えていたのだが、
  それはあっさり否定されてしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           ヾ:、_ヽ:、,/斗---ノ
        -=:≦~:::::::::::::::::::::::::::::::::≧x、
       -=≦-----,::::::::::ヽ、,、_ヽ::::::::≧=-
     -=≦:::/::::(:r--':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
     ,ィ::::::::::::::::::::::::::::、、:::::::::、:、:::::::::::::::::::::::::::::く
   /ノ::::::::::::::::{ j' ` ヽ `` ^` `ヾ\:::::::::::::::ヽヽ
  -=≦:::::::::ハ{`             ヾ::::::::::::::ヽ
   ノ::::::::/`         ,斗r七≧、 }::::,=ミ:::ト
   /´):::!  ____     ,.ィア'ニ二, ̄   V/r {::{
     ハ:j,イ竓竺≧、 〃 / fうムヾ,   {ゝ Y!
      !'  〃笊v      ゞ:ソ丿    rソ/
      ム {! 乂ソ _ ...,  `~~ '"    {_,ノ
       ム ー‐'  ~ }: : !        ,'::く
        :、'   __,j>'  , -、    八!,...、     「あのすっげぇ剣を使うと変身できるとか
        人    、  - '" ノ   ,.イ  }' }      ビビビーって光っただけで蛇が死ぬかなんかしたのか?」
          ヽ 、 `ー  '"   / >'"  V
            >..、 `""" />'"     j≧s。
               ≧===≦'"      /:::::::::::
             (ヽ  ヽ'. . }ハ     /::::::::::::::::
             ) \  }. .,j jム  / ̄ ̄ ̄ ̄



.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
       レ' V\. ',    、____,    / //
           Vハ\                 ノ<__/7  「ううん、あの剣はぜんぜん使わなかったよ。
          /  ヽ \         //V   / /
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /.    いろんな怪物の皮を持ってるみたいだし、
           ヘ       |         |      / /     解体も手慣れてたし、
           \     ノ         |       / /     話を聞いた感じかなり狩りなれてると思う」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、モルティナには怪物や動物を斃して
  素材を売って生計を立てる冒険者が少ないためにうわさ話程度でしか知らないが、
  知識や技術という意味ではおそらく一流どころと比べても
  遜色ないだろうというのがシモンの感想だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

19 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:03:59 ID:IIC5YLY.
212.



           ,. : : ―: : :
          /:_: :,: : : : : : : `ヽr,、_
.        :': : _|ロ}_: ': : :|: : : V{ロ()ロ]
       /:_,. [ロ(_)ロ]|: : :| : : : }: :{ロ|:\
      ,:-:,:/: :{ロ_|:∧-∧: |:/|-:|: :\:.\
    /:<:_,.ィ:l : :|,ィ斧ミV/},ィ斧: :,「:\
    ---/: : : :,|∧: |{ Vり    ヒリ}イ:|: 「 `
     /イ|: /{|: : \     '  } : |、:〉
        |イ/、|: : :| 、   ´  ィ|\〉`    「そもそもさー?
      ,--、_,. |: : :|,}_≧=- く : |-、       フェッターケアンに行って戻るだけでも
        { \.、从: :V-_--r'_}.} l : |}.} ヽ       もう二日はかかるはずじゃん。
      \ `ー \}、     |.|/:イ,./ ノ
       | `  _  \=TT/ イ イ{       実は売ってくれる商人のアテがあったとかじゃないの?」
       | r-、   | r:r- \:|{r イ「|  ',
       | 乂}}, --r、::| r ⌒r-、|l|_∧
       |- | ||r-く- V-、{「>「\ヽヽ- r〉
       |==∧  /¨´ ̄   `} }_ノ`ヽ|
        ̄´ 、     , < ´    |
           ` r-<:::l:::::| |:::: ̄:::T ´
           /::::::::::: |::: | |:::::|:::::::::



                                     /.:::/  / }:::::::::::::::::::::::::::::,、:\  \:::::::::::::::::::::::::::::
                                      ,'.:::::|`''´  ,ィr´ヘ:::::::|ヽ、:::::::| \::.Y'"'ヽヽ,:::::::::::::::::::::::
                                ,'.::::::| ,ィ''"´.:::|  \::|,.、 \::::},∠..ヽ ..、  l:::::::::::::::::::::::
                                     ,'.:::::::|/.::::::::::::::ト、___>! }ヽ',`ヾi´     ヽ、!λ::::ハ:::ト::::
                               ,'./|::::::::::::::::::l:::::|/´ ̄ヽ    | O      } '´ ∨ `' ヘ
                               {' |::::::::::::::::::|ヽ:|   O ',    `、    /    ヽ  ,'
          「ちゃんと狩ったってば!               ',:..ヽ:::::::::| {       l     `    ´        /.:
                                      ',:::..\:::ト、ヽ、     .r'    ____    J   r-イ. :
        首をフェッターケアンの詰め所に見せて..  ',::::lヽヾ ヘ      ` ,.. '´ ,イ `ヽ、    //.: : :
        報奨金をもらってるし、             ',::| ヽ:::::{       ,∠ - '''´      }  /. : : : : :
        要らない部分は埋めちゃったけど.        'l   \ヽ    i,イ       ,...ノ/. : : : : : : :
        土に戻るまえに掘り返せば残ってるよ!」       `'`ゝ、.__ゝ ー---─ '"´イ. : : : : : : : : :

20 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:05:00 ID:IIC5YLY.
213.
―――――――――――――――――――――――――
  ずるなんかしてないよ、と大きな声をだした少年は
  自分を取り囲む大人たちがだいぶ焦れているので
  いい加減に話してやることにした。
―――――――――――――――――――――――――



    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l∠-- 、、 ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヾ   l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l. {  0    l  l:/ ,-、 `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V !      /     /  ヾ. ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V       ―-- '       ,'0  l ,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```       !   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l            ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l        , -、      .ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./          ̄     /      「まず、移動なんだけどさ―――」
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



―――――――――――――――――
  もちろん情報料はただではない、
  昼飯食べ放題が交換条件である。
―――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

21 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:06:00 ID:IIC5YLY.
214.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ジーハ亭の前でやらない夫と合流したシモンは
  駅馬車の運賃や途中の宿泊費で小遣いがどうなるか、
  場合によっては野宿も覚悟しないと、と財布の中身を考えていたのだが、
  南の門を出た彼は駅馬車の発着場で立ち止まらずにどんどん先へ行ってしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
                                       /      ヽ、________.:.:.ハ
                                       /      ム {ヽ         `:.、:\
                                    |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:
                                    | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:
                                     'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:
                                          \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
                                        _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:
                                           く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:
                                        ヽ              ,  '  ̄ ̄
                                             {__           u /
                (あれ、二人乗りで馬かな?).          (`こ⌒)    /     /.:
                                        ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
                                     { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
                                       ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:

22 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:07:06 ID:IIC5YLY.
215.
――――――――――――――――――――――――――――
  たしかにこの時間だと南に行く便が残っていないので、
  馬を買って途中の村まで急ぐのかと思ったのだが。

  発着場の向こうにある博労の小屋や厩舎も通り過ぎた彼は
  翡翠街道を歩いていこうとするではないか。
――――――――――――――――――――――――――――



                     __
                _,..-'''" , '´
            _,..-'''"     ̄~""''' ‐――――
           / _,,..-‐< ̄ ̄~""'''ー- 、   ,<´
       /|  / /   ./  ,r'´ ̄`'''‐-. ヽ __ \
       .l.l|/.../     /  /       .ヽ ヽ `ヽ. ̄
       .|  ,イ___/  //`ヽ      ヽ \ヽ ヽ
      ./  /   ._,..-'''" /--、 |     .|  |、  ヽ  ヽ
     / l/   /  ../| ./ ̄ ̄.| .,'|   /~ヽ|、 .l  .ヽ  ヽ
    ./  〈  /    /...| ./ ̄ヽ .|/ | ../.r‐-、.ヽ|   .|`ヽ.|
    ./   .ヽ./   / ./ |/   .l   |/  .|   l.|  |ヽ|
   /   lヽヽ|   / .l      |      |   l.|  |
    |   ヽ.|/   |  ヽ   (ソノ /////// ヽソ.ノ |`、...|
    |     |/| .|     ̄ ̄      ゝ    ヽ ヽ|
    |    .//ヽヽ| ー                  l
    |    .|.ー/l    U                   l
    |    .人 .|`ヽ    ._                /     (えーーーー!?
    |/ヽ   .ヽニニ_,..-'''"  |   ,.-‐―‐、   ./___   まさか歩き!?)
     \|ヽ_,..'''"_,..-'''"´..|    ̄ ̄ ̄   /    /
     /ー‐''´ _,..'"      |   __     /    ./
    ヽーt  ヽ         |      ̄l ̄        / ̄`ヽ
  / ̄/ ̄´~"''‐- 、..,,,_ .  |       | ヽ    ./    .ヽ
 ./  /               |       |ヽ、|    /l      \



――――――――――――――――――――――――
  まさかの徒歩か。

  旅慣れないシモンは愕然としたが、
  せっかく一般人がめったに見られるものではない
  怪物退治に連れて行ってもらえるのだから
  足手まといになることだけは避けねばならない。
――――――――――――――――――――――――

23 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:08:00 ID:IIC5YLY.
216.
――――――――――――――――――――――
  途中で追い返されないよう、
  離されたり疲れたそぶりは見せないぞと
  拳を握り気合いを入れ直した、のだが―――
――――――――――――――――――――――



                ___
            /     ヽ
              /      ノ ヽ、_     「向こうまで走っていくからシモンは俺に負ぶわれてくれ。
              |      (●.)(●」     寒いだろうからマントにくるまっているといい」
              |       (__人_}
             /         __|__/`ヽ.__
...  __/ヽ__ノ---、__/___r'´::::}::::ヽ::::::}::::::`Y´ヽ
.../:::::::/::::/::{:::::::`::::ー::::::::_У::::::::/:::::::::i:::::|::::::::::|:::::::\
..{:::::::::/:i:::::/:::::ヽ::::::::::::::::ノ/::::::::::::/::::::::::::::::::!::::::::::!::::i:::::∧_
::i:::::::/:八::::::::::::::::::::ー:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::|::::{::::}'
::i::::::i:::{:::::i:::::\:::::::::::ー=::::::::::::/:::/::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::|::∧
::i::::::i::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::l/::::ト...._
::l:::::::::::::::::::::::\::::::`::::ー=:::::::-'::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::|:::::!::::::|:::/
_:::::::::::ヽ:::::::::::::::\::::::::::::::::::-==:::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::!::::::iハ



                                     /.:::/  / }:::::::::::::::::::::::::::::,、:\  \:::::::::::::::::::::::::::::
                                ,'.:::::|`''´  ,ィr´ヘ:::::::|ヽ、:::::::| \::.Y'"'ヽヽ,:::::::::::::::::::::::
                                ,'.::::::| ,ィ''"´.:::|  \::|,.、 \::::},∠..ヽ ..、  l:::::::::::::::::::::::
                               ,'.:::::::|/.::::::::::::::ト、___>! }ヽ',`ヾi´     ヽ、!λ::::ハ:::ト::::
                               ,'./|::::::::::::::::::l:::::|/´ ̄ヽ    | O      } '´ ∨ `' ヘ
                               {' |::::::::::::::::::|ヽ:|   O ',    `、    /    ヽ  ,'
                                 ',:..ヽ:::::::::| {       l     `    ´        /.:
                                      ',:::..\:::ト、ヽ、     .r'    ____    J   r-イ. :
                     「……は?.        ',::::lヽヾ ヘ      ` ,.. '´ ,イ `ヽ、    //.: : :
                     走って???」.    ',::| ヽ:::::{       ,∠ - '''´      }  /. : : : : :
                                    'l   \ヽ    i,イ       ,...ノ/. : : : : : : :
                                        `'`ゝ、.__ゝ ー---─ '"´イ. : : : : : : : : :

24 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:09:00 ID:IIC5YLY.
217.
――――――――――――――――――――――――――――――
  軽く屈伸した彼は背中の剣を腰に吊してマントを手渡してくると、
  戸惑うシモンに向けてさあ、と背を向けてしゃがみ込んでしまい、
  夢にも思わぬ移動手段に目をしばたたかせても
  大したことじゃないとばかりに軽く笑うだけだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
.              |        |    「早めに戻りたいしこれも訓練だよ。
              人、       |       大丈夫、日が落ちるまでにはフェッターケアンにつくさ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7      ただ、移動中は揺れるから
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、.     舌を噛まないように気をつけてくれな」
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



                                               , ィ
                                          、ー‐-_':.:.:=== ..-- .._
                                          /, -''-、    r‐`ヽ、>
                                         /ィ_../   _, 、 ` ー ' ヽ、
                                       /:.:/    _ -:.¨:.:.:.:.`ヽ、__」ヽ
                                   /:.:.:ー‐:.'' ¨/ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.ハ:.:\
                                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l:/l:.:.:.:.;.:./ V:.:.:.:.:.:ハ``
                                     lイ:.:.:.:.:.:.:/lム--'' l / l/ー-Ⅵ:.:./ヾ!
                                      l r‐、:.:/   - l:/  -   V-、ヘ
                                      l:.l ヽV ===・=   =・== !/ l
                                      V 、へ   彡  ,、'┐、ミ   l'/
                                        ー-、            N/´
                 「え~~~………」.          V \   __ 二.. __` ./'
                                         r ''¨ `ーi- .. - , イ `丶、
                                         ゝ、 rヘ   ̄  ハ   /
                                      ,, - ''  ヽ l-ヘ- 、 ,-ナl  /ー─、
                                     l¨     ヽ l ヘ   / ! /     i
                                     l  ヽ    ヽ! ヘ  /  l/   /  l



――――――――――――――――――――――――――――
  この人はなにを言っているんだろう。
  やっぱりついて来なきゃよかったかな、と後悔しかけたのは
  一般的な感覚のはずだ。
――――――――――――――――――――――――――――

25 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:09:59 ID:IIC5YLY.
218.
――――――――――――――――――――――――――――――
  カリラからフェッターケアンまでは、
  石畳の翡翠街道を使ってほぼ平地の直線とは言え
  約百十キロの道のりとされている。

  日の短い今の時期、天気や風向きに恵まれれば
  組合の重種四頭立て駅馬車で一日半、
  荷物の多い隊商や徒歩であれば片道三日の行程が平均的だし、
  街道沿いの村もその辺りに存在しているというのに。

  たとえ、危険な夜間移動が可能な冒険者といえど
  いざと言う時に支障がでるような過度な消耗は避けるはず。
――――――――――――――――――――――――――――――


          !ll圭l;;;;;lll]El’                                             !
           バ......lll;;;;;;;;;;llll.          ┌────────┐                        亅
          ル゙;;;llll;;;;;[lll]|ll        │ モルティナ王国  │                       〈
            ト. l|ll][;;;;;lllll′       └────────┘                       〈.゙┌──────┐
         ラ. |}|[llllllllllln、                                                   │ 聖刻の地   │
          イ.圭llllll;;;;;lll||ll]                                            │.└──────┘
         ビ|l圭l;;;;;il{l;;;;;l、                              ○カリラ                    〈
          山圭ll|;;;;;;;;;;lllll{                           ||                    !
           脈....;;;;;;;;;;lll|ll|l○ロングモーン                 ||         バルベニー○.     │
          上;;;;;;;;;;llllllllll; _                           ||                     !
          Elllll;;;;;lllll;;;;;llllllllllt.._                          ||                   !
          〒;;;;;;;;;;|l;;;;;llllli|F<lll-..,,            フェッターケアン○   _..x<l[ll;;;;;l聿{エ聿聿;;;;;llIrキ
          J圭;;;;;ll;;;;;;;;;;lll´   `¬;;;;;IlコllllfllllコllllllllllllllコllffllllllllllllllllllllllllllllllllllllllIll)‐''"   ヴィーテ河  ヽ、!、
          !;;;;;l圭ll;;;;;llllll'        ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ホワイトマッカイ○´                  せli
         ∃llllll;;;;;;;;;;l[l{]l                                            │ll!
         ⌒勹;;;;;圭lllllll|l'                                            ;;;;;l、
           聿lllll;;;;;}|lllヤ . ┌──────────┐                          _JヘEl‐..、
           手|l[El;;;;;l|I!.. │ ブレンディーオ王国    │                            /  `ーヒlllr.._
            "゙^'''''''''′. └──────────┘                         ノ     `'''''''

26 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:11:08 ID:IIC5YLY.
219.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  なのに。

  訝しむ少年を背負ったやらない夫はぐんぐんと加速を続け、
  追い抜かされた人、すれ違う馬車などを驚かせながら街道を駆けてゆくではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=



                          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                        /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                       l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、
                           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',
                          ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                      `ヽ.:.::::::::::::丶
                                          ∨.:::::::::::ハ
                                         ∨/.:::::::::::}
                                              V.::::::::::::::ヽ
                                          〈.:::::::::::::::::::}
     __       __       __       __                 Y.::::::::::::::入
      /ム―7 [][] /ム―7 [][] /ム―7 [][] /ム―7 [][].          ` ー=≦∨〉
.    //ニ7/    //ニ7/.   //ニ7/    //ニ7/             }主}`ヽ/
    /' ̄7/.    /' ̄7/.    /' ̄7/.    /' ̄7/                  j主j_ ,ノ|
      //       //       //       //                  /ー‐ヘ.ノ
                                           {ー‐彡'



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=

27 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:12:04 ID:IIC5YLY.
220.



                                   ___ 00            ___ 00
                                   | ∟   [][]「l     | ∟   [][]「l
                                   |_厂    くノ     |_厂    くノ
                                                ___ 00            ___ 00
                                                | ∟   [][]「l     | ∟   [][]「l
````ミ ミ ```ヾミミ㌣㌣㌣ .:  .; :;,.゙゙ヾミミ爻冬冬ミ...i|||l::::ill:::/ .>i、:::i:::::::::|::、 y゙|_厂゙-ミxxxくノ. zzzzz、 |_厂    くノ
ー- ヾ;.:.:. ノミミミ芹=ミ㌻゛..:゙ .;.゙:.  ゙.:,゙.: 、_)(´..゙'㍉ミミ....iliil:l|iilll  ハililiヘ:|;;;;;;i::::::i ミミhミh。,ミ=ーミミミミ冬冬亥
トwwフ从:;:jレyぇぇミ゙゙  .: ,:;':, ゙:, :. ゙.゙`Y^、.':. ;.. ,.^.ll:|:||:|||   ハliiillli> --|-'ミミミミミミ、`ヾミ、.,^^^''ミミミ冬冬
wwyyуノW}h、ミミ  .: .: .;,:..':. :. ゙;:, ゙' :..,丶.゙.;.  i|l||i:::ll    `ー´...从レレ从VハyyWWwwwwyyミミミミミ
:;//yyУィイィィィミミ  .: .;  .';:;,. :. ゙;:__てゝ,_ _. |!:l::|:|'^:. .,゙/   ′...レ彡イィ (州'"j{yyV从从ミミミミh、、ミ
イイィ从い:;:.:.xxミミ    .:  .:';:;,. :.  ;:.,  ̄)'⌒Y :!!||:|i ,;,..ノし/゙, :.. ⌒゙゙彡yyWv., w., x X川XX从VVw
;:;:;:;Vヾヾミ.:.ヾミ     .;.   .';:;,. :.  .:.:゙:,.  :.. ゙:;;: !lii l..゙゙':;, }  て__ ,    ^゙''ーミミ、ゝWwy,,.、``ィィ:'从i;
;:;::ヾ```:. :. :.ミ  .,゙;:,. .:.    .';:;,. :. ..:.:.:゙:,.  :  !i|| :....._ノ  √ ̄ ,;.;;,.:;.,. '.;,.    ,. ^゙㍉㍉WミXX::;:从从
从V:::j}iミミ::.:.ミ      .;.    .';:;,. :. ..:.:.:゙: :.. .:.゙l|.,:゙:;.;:;:;:,. .:. ゙.;,;;. .;..゙゙:,.;. .:. ゙ .,        ゙ ^゙''ヾミミ
                             jヽ人し/
                            ソ    て



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  方向転換や急停止を必要とする戦闘機動と異なり、
  一歩一歩で数メートルを跳ぶような走法は
  内功の熟練者なれば修得することは難しくない。

  軽装で内功に優れた高位の武闘家などは馬よりも早く数十分走る事も可能だそうだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

28 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:12:59 ID:IIC5YLY.
221.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だとしても、彼の速度はさらに速いし、
  金属の鎧の戦士が一人を背負って百十キロを走りきることなど考えられない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



          \\\               | |         //         //
                \\\               | |           //       //
.       /  _ イ   Y \\..., - '' , ィ'::::::::::::::::: |          /           /
        <´  ,ゝ、 l、__.\..゙ィ' l:::::::::::::::::::::|..:::::::i`ヽ、_ /        /
.        ヽ /:::::::ヽ!:::::::::::::::::::/_ u !:::ハ::::::::::::,' ヽ::::!   ',::::::::::::::::::::::::::i
          V::::::::::::::::::::::::::/!::/´ ` V-'ヽ:::::::,v‐_-ゝl'´`ヽ、,:::::::::::::::::::::::::l
           `>::::::::::::::::,'/V , --- 、 u \i `´  ゞ--- 、 ヽ:::::::::::::::::::::l
            、:::::::::::::::,'  /     ヾ     7´    ヽ ヽ:::::::::::::::::ヘ
         ー ゝ:::::::::::::l.u/      i     i       ヽ ,::::ィ::::::ト、:ヘ
_ _      、:::::i、:::::,ヘ::l il     ◎ l     ! ◎      .! !/ レ'` ,-ヽ
_ _ _ _ _ _ _..:i ,-ll ヾ、       /     ',       // u /
─ ─ ─ ─        !l l  ``ー--= "     u  `、、__  __ ノイ'   ゝ  ./
                 ヽ、l   u    〈      `u` ̄  u    '´ , イ   「ひえええぇぇ……!」
                ト、_  __                , 、_/ハ!
                    / /::, ニ=‐-- ‐‐ '''''ヽ、ー、 U  , イ      ヽ
                    、 V          |.  i:::l } /.         \
                    >`. /.....-- 、_,.゙|.....ノノ イ     _,, - ' ` ー\
                     / `丶-----.|゙' ´   ! ,, - ''         \\
              /       /           | |                    \\
.           /         /         | |                    \
        /           /             | | |
        //           //             | | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そもそもだ。
  シモンは知らないが、やらない夫はまだ繰気技術を再修得していない―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

29 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:13:59 ID:IIC5YLY.
222.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――のに、景色はどんどん流れてゆき、
  空が茜に染まる前に二人はフェッターケアンの入り口に立っていたのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  /|________
              .-―'''´   ____       `>
.         /|  /      , ', -‐― 、  `ヽ <
        |. |、´      , '. /     l  ,..--.\ \
        |          、´  |      l /.     \―
     、-ー.       /.   ヽ____ノ /       \
    /           /             /|. ,、.   ヽ.   |
    ̄ッ        /.            /. |/ \...... |ヽ |
    ,r'.        |.          /| |. / ̄ヽ\ | ヽ|
    |.           |.       /... | | . l    {l| |ノ
    |           l     /..   | |  ヽ____ノ ヽ__
    |.           ヽ . | ∧.  /レ.           l
    |.            /ヽ|./ |. /.          __   |
    |.            | ,-‐....|/    U..   /  >ー '
    |. |.        丿 {___〈            / ̄ ̄
    |/ヽ.         \___          〈
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.'''―-、/         ヾ、
__  | ̄ ̄ヽ   ___ . ̄ ̄ `ヽ        >     「ほ、ほんとについちゃった………!!」
   `>-..,  |... |     `'''―――ノ.    /
  ,r'´    ゛''... |.         / '   ̄ 、
          \ \        ,イ/      >
            \ \.     〈..l      /
                  Y . Y.. | . V|..   /
              |.. |.  |  ∨  /



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |    「このまま市場に行こう」
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



――――――――――――――――――――――――――――
  汗一つかかず、息も乱れていないやらない夫は
  北の門の衛兵たちに軽く会釈をすると
  ぽかんと口を開けたままのシモンを促して市場へと向かった。
――――――――――――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

30 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:15:00 ID:IIC5YLY.
223.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  店じまいを始めた屋台もちらほらでている市場にて。

  シモンがおごってもらった温かい飲み物をすすりながらついていくと、
  雑貨屋に寄った彼は肉屋の前で立ち止まっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          /:::::/{_ ,. イ  ,.イ:::::::::::::::::::::\ `ヽ、   }、:::::∧
        /::::::::/   _,.x<:::::::::::::::::::::::::::::::::::>x_    ̄ ∨::ヘ:ヽ
       ./::::::::7 /::::::::::::/ |::::::∧::::::::::::::∧::::::|',:::::::::ー:、 V::∧ヾ
      7:::::::::::| /:::::::::::::::/  i:::7 ∨:::::: / ∨::! V:::::::::::ハ i::::::::',
      i:::::::::::::'´::::::::::::::/ -─:7= ∨:::/==- V{ __V::::::::::::::ヾ|:::::::::',
        ;::::::::::::{:::::::::::::::7 , -─=、  V,′,. --- 、 V:::::::::::::::::::::::::ハ
     イ::::::::::::::V:::::,'!::7 /   9 !     7 9  ヽ∨::::::::::::::::::::::::::}
   /ー‐ |::::::::,.}::::,' |:| .{     i      {      } V ∨,、:::::::::::::::!
       |::::::{ Ⅵ, ヾ  、___. '      ` ___ノ  〃- {::::::::::::7
       |::::::| ( ハ            i        '〃  ' 丁 }::ハ::::,'
       レハ:、`ヽ ',                      , - ' ,ィ/ V
             V>--',         ___          ,'__,.イ/
             /V:::::::ヽ     ´──`     ,ィ:::::::/、     「解体前の豚一頭と血を桶一杯ぶん。
       x<: : : :Ⅵヽ::::> 、          , イ:::/Ⅳ: : :∧.     手ぬぐいに麻袋………
     /: : : : : : : : }!: : \::::|: :>     <::::|:/}:,': : : : : : :∧
     厶-----z__: : : : : : : :ヾ{: : : : :  ̄: : : : : : :.|: : : : : : : : : : :∧    兄ちゃん、釣りでもするのかい?」



               ―
            /      \
           /_____ノ::}
           |:::::::::::::::::::::::::::::≦|
          {>-----≧´ィ句|
          ∧    ー ´  ¨ i     「当たらずとも遠からずだ。
          く:::ハ       _冫_ .  針や糸は使わないけどな」
             レ' ∧   `  ´  .|::: ̄〉},.~:、
        -‐, ~//::>  _ イ:厂八/::::::::广
     /  〈::::::∧∨      / //:::::/    \
    /    ハ8{  \`ー― / , く:8::イ        ' ,
   く      Y   >v <     Y:{         〉
   く `ー 、  /              V\       八
  く__ `ー   ∨ ノイ            i!::::!> ― - イ:::::\
  /_/:::::::::∧く_メ≧           八:::\`ー --〈|:::::::::ハ
  /_/:::::::::/:::∧ー―< ̄>――  イ /〉::::::\___/::::::::::::::}
  {:::::::::::::::::::イ  ト、    Y       ノ _ノ::::::::::::::::::::::イ :::::::::::::::ノ

31 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:15:59 ID:IIC5YLY.
234.



                                      /:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::>:
                                  /:::|:::::::::::::::::::::\´ ̄ ̄¨弋::::::::::::::::::::::>::
                                     {:::八::::弋:::::::::::::::ハ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
                                       V{:::::ヽハ rミ ̄ ̄`/´ ̄ `ヽ  ∨::::::::::::::::::::::::
                                       弋::代:::.| '.          '.  )イヽ:::::::::::::::
                                     `ヾハ| .|   |       }    |::::>'⌒
                                           | 0j    O    ノ    レ'./>
                                          ノ`¨  ,;,  ー─=ニ  〃  〈⌒ヽ
                                     弋 ,,,    ミ  ''′゙'      )__ノ__
               「これでおびき寄せようってのは..     从       r─‐-  -一≦三三三ミ
              分かるけど。               ト、  丶  r‐-、 ├气ミ三三三三三三ニニ
                                       | ヽ   \`¨´   |     ̄ ̄  |三|
              問題は出てきた後だよねぇ」.      |   `ー彡\   ',           j三j
                                        j        `¨¨¨´V       {三{
                                       {                V      l三ミ辷
                                      人              人     / `ヾミ



――――――――――――――――――――――――――――
  水生怪物の退路を断ち、なるべく傷つけないようにしとめる。

  口にすれば二言だが、多くの冒険者達がその方法に
  頭を悩ませるはずなのに、
  買い物を済ませた彼は落ちつつある太陽を見て
  さあいこう、と市場を後にする。
――――――――――――――――――――――――――――

32 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:16:59 ID:IIC5YLY.
235.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  急ぎ足の駅馬車や商人とすれ違い、
  フェッターケアンとホワイトマッカイを結ぶ
  ダブルマリッジ大橋の袂に来たときにはすでに夕闇が迫っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      |  張り紙にあった目撃情報によると                 |
      |  ここから五キロほど上流が縄張りになるようだ。    |
      |                                      |
      |  橋からも離れているし都合がいいな。              |
      乂_______________________ ノ


:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;( ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やりやすい、とやらない夫が言ったのも当然だった。

  街道の通行者を巻き込む心配もだが、
  人の良い―――あるいは分け前を期待した―――冒険者たちに
  割り込まれたりして作戦通りにいかなくなるのも面倒なのである。

  実際に少年のころにやった討伐依頼では
  斃した怪物を解体しようとしたところで
  横取りしようとするがらの悪い冒険者に絡まれたり
  石を一回投げただけで援護したから分け前をよこせと言われた経験もあった。

  ―――もちろんすべてご遠慮いただいたのは語るまでもないことである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

33 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:18:02 ID:IIC5YLY.
236.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、どちらかと言えば街のすぐそば、
  交通の便も悪くない街道から微妙に離れた場所を縄張りにする怪物の討伐依頼が、
  それなりに長いあいだ残っているというのは少々妙だと思っていた。

  適正レベルの冒険者が失敗するような理由があるかも知れない、と心に留めた彼は
  枯れススキをかき分けて岸辺を進むと
  目撃情報の目印となる古い桟橋に到着し、後ろのシモンに隠れる場所の指示を出す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               / ̄ ̄\
              /   _,.ノ ヽ、__    「あの岩の後ろから動かないように。
              |    (● )(●)
                 |     (___人__)    あいつらは音には鈍感で熱感知もしないから、
              |       ` ⌒´ノ     近くに寄ったり動かなければまず狙われない」
                  |        |  ,rー、=-、
                 人、       | ,イに) |  l
           _,/( ヽ、.,ヽ., ___ ,__ノi´ `ー' | |ヘ
    _, 、 -― ''"::::::l:::::\:::::::::::::::::r'゙´~~   ', jー,i 〉
   /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ー-‐え__  ゙ン'゙ /`i
  丿;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;((、ヽ (ハノ /lヽ、
  i ;;;;;;::::::::::::::::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハゞニΤヘ_/;i l:: l
 / ;;;;;:::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::::::::::::::;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',/



           /:::::::::::∠彡弋三三彡'´::::::::::::::::::::ヾミ三三彡へミヽ::::::::::.
            /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::/ V::::::::::::::::::::::::N::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::::小
            / |::::::::::::::,:::::::::X::イ  V:、::::::::::::::::::| ヽ:::| ヽ:::|ヽ::::::::::::::::::::|
           |:::::::::::::ハ::::::/ リヘ、 レヘ::::::;ィ::::::::|   ソ __ハ|弋:::::::::::::x::::ト
           |::::::ハ::∧:::/  / ヾミ弋∨ |:::::::j 三彡'ー、  ヽト;:::::ハ'
           |::::/小 ∨ /    {}ヽ.  |:::::ノ イ {}     ヽ j ハ:/ /
           レイ:::::ヽ. ハ. {         }  レ'  {      /  / ./
                |::::ィ::ゝ-', ヽ、 ___ ノ  ww 弋___ ノxx/</
               レ′::::::::::',wX         、 ,           /:::::イ
                   ハ::::l、:ヽ i;メ,   ,ィー───t、     イ:::::/    「う、うん!」
           -─--ームイ ソリヽ、  (::: ̄ ̄ ̄ ̄::j   /レイVヽ、_
         ,ィ<          {{   >.、ヽニニニニニニノ ィ≦  }}     ̄ ̄ ¨'''<
.       /        ヽ、..{{  ィニ三三≧、..   ..<三三ミ. }} ___ノ       ヽ
     /            `{{ヾミ三三三三三三三三三三三}}彡´



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  酒場で冒険者たちの武勇伝―――多少盛られているかもしれないが―――を耳にしていただけで、
  実際の戦闘を見るのは初めてなのに怖いと感じていないのは、
  あまりにもやらない夫が平然としていることにあわせてシモン自身も肝が据わっているのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

34 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:19:01 ID:IIC5YLY.
237.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言われた岩陰にしゃがみこみ、どうするのかと見ていると
  水辺まで下りていったやらない夫はホールディング・バッグから取り出した麻袋に
  手ぬぐいを何本もつっこむと、口を縛ってから桶に沈め血をしみこませていた。

  それを豚の死体とともに半分ほど水に浸かる位置に置いており、
  血の臭いを嗅ぎつけた水生怪物は
  怪我をした動物が水を飲みに来て力尽きた、とでも勘違いするだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                       . ¨ ̄ ̄\
                      /       ‘,
                  /        ‘,
                    /         r '
                 {            (
                     ',.          __)   「こんなものかな」
               r<. ヽ      _/
             /ニ二二三{ ハ三/
             ///////////77ニニニ7
.          /////////////// :|////∧\____
.         く/////'//////////:::::|///∧/`ーく/
        〈/Ⅳ∧//////////{:::::::|//∧////∧
          j∨//∧/////////ハ、: |/∧//////∧
.          l'/////∧'/////////,\l∧/rーュi///∧                                            .<>´
          l'///////i////////////h//,|//,|j////∧                                      .<> ´
       l'///////l/////////////{/////ハ////ハ                                     .<> ´
.       l'///////l/////////////ハ////,ト、//////\                           ,イ三ミY_> ´
       l'///////l////////////// |////| ヽ'///////,\、、                      ,、<≫}))))}
.       l'///////l///////////////|////l   \//////彡ヘへー────=ァァ、.... ィ⌒つ<≫'"´ー==彡′
       l'///////l\/////////////,|////|    \///∧///////////////.... __r<二 `YY
.       l'///////l:  ∨///////////,|////ハ     ヽ ////////////////厶、 戈..| 〉//
       l//////才〉 く////////////{////〈        `ー──────一 ′ `ー‐┴'´
.     {////////〉 く////////////ノ/////
       ∨//////∧厂//77≦三三{{___}}三しヘ、
.        ∨//////∧////////////∧///\入
         ∨//////∧/////// //V//V////ハ:::ヽ.
.          ∨//////∧'///////∨///∨////!:::::::\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  相手の空腹度により期待度は異なるが、おびき寄せとしては一般的な方法であり
  討伐にしろ、皮取りにしろ、ここまでは他の冒険者たちとさほど変わらないはずだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

35 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:20:00 ID:IIC5YLY.
238.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、おびき寄せたところで豚に食いつくかどうかは未知数だろう。

  罠だと見抜かれてしまうかも知れないし
  手早くやらないとだめなはず、と固唾を呑んでいると。
―――――――――――――――――――――――――――――――


.             _  _. _ _
             / / / // // /
.            / /_/ // // /
           / _  // // /.         _、.-‐-=厶::::::::::::::::::.:.:.:.:.゙i
.          / / ./ ./  ̄  ̄         ハ |:::::::::::::::::.゙i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.゙i
         / / ./ ./              リj こj:::::::::::::::::::.゙i::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.゙i
.        / /ニ" /                }}  モィ:::::::::::::::::.゙i::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.゙i
        /-'' / ./         _      、イ{  主| `>..::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
.          / ./ __     / /        ||(,,r'´ 「'  /}ヽ\::::::::::::::::.:.:.:.:./
         / ./ / /  / /          ヾミ_ーノ  /::|::::::::::: ̄>一ー `     }
.        / ./ /_/ / /.,.. ..._______,、/:::::l:::::::::.:.:./                     ,,.. ''"
        / '"   / / . /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::.:.:.:./         ,  /    ,,.. ''"
           / /   ._゙:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::::.:.:.:.:/         /. ,,.. ''"
          < /囗囗//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:/.        ,,.. ''"     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
               //.. ≧ミ、::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:/.   ,,.. ''"         |  レビテーション。  |
.            <./......゙i,r'´{主{`-‐    ¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄..゙,,.. ''"             乂________ ノ
                    |(,, _j主j.            ,,.. ''".         i|||l::::ill:::/ .>i、:::i:::::::::|::、
                    (,.ヘ‐ー゙i /ィ/. ,,.. ''"                 iliil:l|iilll  ハililiヘ:|;;;;;;i::::::i
                   'ミ_‐ー}.゙,,.. ''"                  ll:|:||:|||   ハliiillli> --|-'
                      ,,.. ''"                       i|l||i:::ll    `ー´
                  ,,.. ''"                         |!:l::|:|
                                        :!!||:|i
                                           !lii l        ,勹00  n
                                        !i||          く..く  . /厶__  ___
                                          l|.          \) └'^ー┘ `つ_)

                                       jヽ人し/
                                      ソ    て

36 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:20:59 ID:IIC5YLY.
239.
―――――――――――――――――――――――――――――――
                          エストック
  魔符と、刃渡り七十センチほどの刺突剣を取り出したやらない夫は
  桟橋から大きく跳び上がった瞬間に浮遊の魔法を使うと
  それを足がかりにさらに上に跳ぶことを繰り返して
  あっというまに上空へ駆け上ってしまうではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――――



 ☆         o          +     o             。    + ☆
   ゚     。         o ☆          ゜             ゜       +
      +        °        。         ★    ゜        。
  ゚             +            ゜.          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      ゜   ☆                     ノ 、 、     |  レビテーション。  |
 ゜          。            o... ● ●) l.    乂________ ノ
                           (人__) |
   ゜              ゜.           ヽ    ノ  ゜
       ゜           ゜         (ξ   ヽ                   ゜
                              (  ) 《ン        ゚
          ゚                      `´ \ \
                               ヽ_,)
                                     _,ノて
                                    /^Y^\
                                 |    、

                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                |  レビテーション。  |
――――――――乂________ ノ ―.゙| ――   ―――――― ―――――  .― ―――
_   _ -  ― =ニニ=ー - - ― ==.....\、ノし ’ = ≡ ≡= = ― ==≡≡=' -   ―    _
 __ _ - == = ≡ ≡ ー==≡≡. ___)(⌒..゙--  _   ̄_ _-.,. 、.、_    _   ̄ _
      _          ̄     _゙ ̄ ̄^\.          - . ,.  ´  .`: .、  ̄    -
 ̄     _ -   ̄   _     -  _    ̄   -   _ -   ̄  _   -   _
 -  _   ̄    ―    ̄   _ ー = ≡ 三 三 ≡= ≡三 ≡ = = ミ ー= ≡= ミー 、
 ̄  = _ ー    ̄  - = - =  - 三 = ー = = ≡ = = ミ 、ー 三 ≡ 、 _ ー _ 二ニ
ー = _ -  ̄ = - ,,ー = ≡ミ 、_ , - _ _゙_ノて....三 ≡ = , - = 二 = -,,'´゙ ゚ ゙ ゚  ̄´:
,、 _ ,,、 _,,、 ,,= '´ 三 - = ≡三 ミー = 、... Y^\=≡=≡ _三>= - '’  ̄: : : : : : : :
 ゙ ゚゙ ゚゙゚        ゙ ゚  ̄ ゙ ゚  ̄ ゙ ゚` ̄  ̄ ̄ ` ー=' ´ ̄` ̄  ̄ ゙ ゚ ´  ̄: : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



――――――――――――――――――――――――z________________________



                  /|________
              .-―'''´   ____       `>
.         /|  /      , ', -‐― 、  `ヽ <
        |. |、´      , '. /     l  ,..--.\ \
        |          、´  |      l /.     \―
     、-ー.       /.   ヽ____ノ /       \
    /           /             /|. ,、.   ヽ.   |
    ̄ッ        /.            /. |/ \...... |ヽ |
    ,r'.        |.          /| |. / ̄ヽ\ | ヽ|
    |.           |.       /... | | . l    {l| |ノ
    |           l     /..   | |  ヽ____ノ ヽ__
    |.           ヽ . | ∧.  /レ.           l
    |.            /ヽ|./ |. /.          __   |
    |.            | ,-‐....|/    U..   /  >ー '
    |. |.        丿 {___〈            / ̄ ̄
    |/ヽ.         \___          〈
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.'''―-、/         ヾ、       「えーーーーーーっ!?」
__  | ̄ ̄ヽ   ___ . ̄ ̄ `ヽ        >
   `>-..,  |... |     `'''―――ノ.    /
  ,r'´    ゛''... |.         / '   ̄ 、
          \ \        ,イ/      >
            \ \.     〈..l      /
                  Y . Y.. | . V|..   /
              |.. |.  |  ∨  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶が修得していたように、戦闘時、大きな隙となりがちな空中での方向転換用に
  浮遊の魔法を無詠唱で繰り出す練習をする魔法騎士、と言うのは少なくない。

  だがそれも一回、多くて二回のことであり
  階段を数段飛ばしにあがっていくような真似はできないはずである。
  消耗もゼロではないし、浮遊の熟練を高めるのにも多くの修行を要する。
  武器の修行だって必要な魔法騎士は、一つの戦術ばかりに時間をかけてはいられないからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

38 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:22:03 ID:IIC5YLY.
240.
――――――――――――――――――――――――――――――
  とはいえ、目の前の現実を幻と片付けるわけにもいかないので、
  瞬きも忘れていたシモンは自分の知識を総動員して
  いちおう納得できそうな答えを出しておいた。
――――――――――――――――――――――――――――――



                         _
                 __,,.. .-‐ '''"/
             _,..-''" ,..-‐,―‐-、 ̄`'''―- .
           /|  ./  ,.'´  /,r'´ ̄        >
          ./ .|/  ,イ   //,イ         l   ヽ
        /    ./ ー‐''/ ./__| .∧     .|ヽ   ヽ
          l     ./    /  /, -.|/、.゙、 .∧.|,r.ヽ  .ヽ
       .人   /    / | .//  lリ.ヽ ゙、 / ヾr、 ゙、 ,、_ヽ
      ,'´     /     /....|∨ l     |  `    ̄ノ、|
     ./      .|   / ...|  ,,,ヽ -‐'´      ´  ヽ
    /      |  ./   | ´        ,r―‐‐ 、  l
    |/    ヽl  .|  l、l         /、,‐‐‐<_l  .|
     |     .ヽ_r‐ヽ....|   u      /      .| .,l
     |      ノー lヽ|    、   /'´ ̄`ヽ、 | /
     |      l r‐'ヽ>'´ヽ     ヽ、    ヽ/ /    「霊薬を飲まずに走ったとか
     |/ヽ    >'''´_,..-''" |      `ー――' /      今の魔法とか………
       .ヽ /  ./       |、          /
       ./   /        | ヽ    、___/       めちゃくちゃ基礎力とか魔力とか
 __,,.. .-‐―-、  |        |      /__,..-'''" ̄/    地力のある人なのかな?」
         ヽ |        |       /       /
           `丶、       .|       /        /
              ヽ   ...|    / ヽ       /
               \  ヽ、  ヽ、 l    /__
                    |    .ヽ|   ./   `ヽ



――――――――――――――――――――
  ―――それが常識的かどうかや、
  あり得る話なのかは知らないことにして。
――――――――――――――――――――

 
-39 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 20:23:06 ID:z9Z1JV9o
相変わらずすぎるwww

41 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 20:23:29 ID:1eXz2yGA
理想であり空論では可能だが
誰もやろうとは思わない

40 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:23:09 ID:IIC5YLY.
241.
―――――――――――――――――――――――――――――
  ヴィーテ河の上空に立ったやらない夫はそこで浮遊を維持して
  獲物が出てくるのを待つつもりらしい。
―――――――――――――――――――――――――――――



               _   --―==ァ
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/      /
          /i:i:i:i:i:i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:/      /
            /i:i:i:i:i|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i/      /
.           /:i:i:i:i:i|i|i|i|i:i:i:i:i:i:/      /
          /:i:i:i:i:i|i|i|i|i:i:i:i:i:i:/      /             _____
.         /i:i:i:i_i:i|i|i:i:i:i:i:i:i:i/      /                 `ヽ____~"'''‐-..
       _/- f´ ノi:i;.ィTi:i:i/      /            _,..-'''"    `ヽ ̄l´`ヽ `ヽ、
.   r '´   ,.ィi;.´ ノ:i:i/      /.         _,..-'''" /        \.\  \  \
.   |   r≦;.´  /┬‐′..   /             ̄ ̄/  ,、         .\ \  \ .\  ,'l
.   |   |/  , イ   !       /            /  .l/ |    ,ィ      .\ ヽ___.lヽ  .ヽ'..|
.    j ,/  /,.、 ヽ  '、.    /             /,イ __...人  ./`|       .`、   `、   .|
   /  __ノ '´ \ノ   、...... /             l/ ./    `、 /  |   l     `、   l   ノ、
..  ヽ.    ,.-ヘ `こフ ヽ..゙/                 /      .ヽ'  .|  .人l     `、  . |    .\
.    i  -'´  i ` 、-'′. /                / __        .| ../  |      l   .|      ,>
.    |    _ノく. 〈_)、..../                / '  ̄`ヽ      | ./ ....| .∧   .|  /       .|
    \.     } ` ー' `/               /           |/    |/~ヽ、   | ./        |
.       \.       /                   l                  j´-`、 .|/         .|
.        丶     /. (あの魔符は         l              __ ,、 ー- ノヽ.|ヽ, .     .|
              /.... なんの魔法だろ?).  `ヽ、     ____ /  `ヽー‐'´   /-、     .|
                /                       |`ヽ、        /~"'''‐..`ヽ、_    .|    lヽ|
            /                  ___  |/l/l/ヽ       |    `丶、  ̄`ヽ、l   .ノ
              /                ヽ     ̄ ̄ ̄~.|      .|      /  /ヽ,_ヽ__/
                             `、        |      .|       /_,..-'''"‐‐、   ヽ
                              `、      /.|     .|  ./ /       \  \
                                `、    /...|     ./  .//           .\  \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  右手に持つ魔符が皮に傷がついてしまう攻撃魔法とは考えにくかった。
  また、麻痺や睡眠などの状態異常が通ったとしても、
  動けなくなった水蛇は水中に没してしまうために次の手が必要になるはず。

  貫通力に優れたエストックにしたってよほどの戦技を繰り出さない限りは
  簡単に致命傷を与えられはしないだろう。
  蛇の生命力というのは想像以上に凄まじく、
  切り落とされた頭に噛まれるとか暴れ回る胴体にはね飛ばされるといった例もあるほどだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

42 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:24:20 ID:IIC5YLY.
242.
――――――――――――――――――――――――――
  息を潜めて待つこと三十分。

  曇天の隙間から三日月が水面を照らし出したそのとき、
  岸から五十メートルほど離れた水面が妙に波立った。
――――――――――――――――――――――――――



――――――――――――――――――――――――――――――――
      /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
     ./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
     .V.     l              l 弋心 l
     .     l              冫.ー く
     .     l               l    ノ!
     .      l               `ー‐ f r'   (来た)
          l                  ノ'
          !                     /
――――――――――――――――――――――――――――――――



      ,イ , イ     , イ ,イ         ヽ、     }  ヽ、
     ,イ ∧   , イ , イ ,、      ,、    ,  ̄ ゙̄ヽ    ヽ
    .,イ   / ゙ニニ - '"   / !     ,' .',   !',      ゙,ヽ、 ゙,
   /   ,' ,イ        / !     ,'  ',   ! ',   ,   !  ヾ
   /   !'        ,イ  !    /   ', ., t- ',   !    !
  ./           ,イ    !   , /     ,イ !  ',  !   !
 イ ,,        / / 、   .! /,'/     /, ', !、 ', , - 、  !
 ,イ i!   /    / /ー,->、/ / /  ゙ーイ!・i .', ! ゙,  〉イヽ i  !
   i!   ,' i   ,' /イ.    !・!/!     i ゙"   i! / 、/ /、 !
   ,'   ,イ ,!  ./!' !     ゙ .!          " ,' イ ,イ、ヽ!ヽ      (来た………?
   .,' ./,' ,イ.! ,',.   ゙      ,      ゙ ー '''  i, イ  ヽ、 ヽ 、      ――――けど!?)
  /イ /イ  i .,' ゙、    ー‐ ''".    i}        ! ./ ヽ、  ヽ、  > 、
  ,イ,,,!   ゙ヽ、 ー ',                 , イ ,    ゙ヽ、  ゙ヽ、    ゙',
 "       /゙ ー-'、        ,ー---_-,    , イ  ./      ヾ,ヽ、 ゙'、   !
          ,'     ゙ヽ、    "  ̄ ̄  , イ /  /         ゙ヽ,ヽ '、  !
        ,'       ヾ> 、  _ イ./ /    /           ヾ、',  !
        i        i ヽ、     i ./   "             〉' ゙ゞヽ
        i        ,!  ヽ、   , -! !  ,              ,イー, i

43 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:24:59 ID:IIC5YLY.
243.



                                    /.:::/  / }:::::::::::::::::::::::::::::,、:\  \:::::::::::::::::::::::::::::
                                     ,'.:::::|`''´  ,ィr´ヘ:::::::|ヽ、:::::::| \::.Y'"'ヽヽ,:::::::::::::::::::::::
                                     ,'.::::::| ,ィ''"´.:::|  \::|,.、 \::::},∠..ヽ ..、  l:::::::::::::::::::::::
                                    ,'.:::::::|/.::::::::::::::ト、___>! }ヽ',`ヾi´     ヽ、!λ::::ハ:::ト::::
                                    ,'./|::::::::::::::::::l:::::|/´ ̄ヽ    | O      } '´ ∨ `' ヘ
                                    {' |::::::::::::::::::|ヽ:|   O ',    `、    /    ヽ  ,'
                                      ',:..ヽ:::::::::| {       l     `    ´        /.:
                                     ',:::..\:::ト、ヽ、     .r'    ____    J   r-イ. :
                                     ',::::lヽヾ ヘ      ` ,.. '´ ,イ `ヽ、    //.: : :
                                    ',::| ヽ:::::{       ,∠ - '''´      }  /. : : : : :
                                         'l   \ヽ    i,イ       ,...ノ/. : : : : : : :
                      「ででで、でかっ!?」           `'`ゝ、.__ゝ ー---─ '"´イ. : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  暗くて影しか確認できないが、
  顔を出した何かのあまりの長大さに思わず声が漏れる。

  普通の銀水蛇なら直径四十センチ、体長二十メートルがいいところで
  大物が退治されたと騒ぎになっても、直径五十センチ、体長二十五メートルが良いところだというのに。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

44 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:25:59 ID:IIC5YLY.
244.
――――――――――――――――――――――――――――――
  水面をかき分けて悠々と近づいてくる影の全長は分からないが、
  直径は少なくとも六十センチはあるだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                         _ _
                                         `ヾ::::::::..
                                               ゙;:::::::::.,
                                           }::::::::::i!   ,,....
        ,,,,,,,,    ,,,                         ___ _ノ:::::::::::!.::: "'''"
      ,,.. ,,"''''" .,,,,::::::'"'                        r-=三≧ニ-::-:三=- ..
     ,,,,,::: "' ''' "                         ヽ :;.::::::::::::::::::::;. '_''    ''::.
   -ニ - ::,..    ,,: .             ,,. - ,,  ,,  ,:.      ,,,,,¨ ¨ ¨ ´, -      :: ''
       ,,..''''"""              ,,, .. ,,, _ "´     ....:::,... _ .'''"""
                         ,.., "          ''' "
  ..:::'" .....,:::   ,,,:::::                               ....:;:.
   -=,,, ::: :: - '"                              ':;:: :::: ...,,,,..  ,,,,,....    ,.::.
                                             ....:;:: ,, ,,..:: ''""
                            ,. -――- 、
                          ,. ' ´        \
                       ,. ' ´.              \
――――――――――――.. ''''';,,,,,,,,,,,,,,,,,/ ̄ ̄\      ',.....――――――――  .― ―――
_   _ -  ― =ニニ=ー - - ― ====≡ー......}       |.  = ― ==' -   ―    _
 __ _ - == = ≡ ≡ ー==≡≡ =-==≡. /      /   ̄_ _-.,._    _   ̄ _
      _          ̄     _..    /      /   - . ,.  ´ .、  ̄    -
 ̄     _ -   ̄   _     -..../⌒     / -   _ -   ̄  _   -
 -  _   ̄    ―    ̄   _..../    o  Y..三 ≡= ≡三 ≡ = = ミ ー= ≡= ミー
 ̄  = _ ー    ̄  - = - =  -  V二Vフ _ ノ . ≡ = = ミ 、ー 三 ≡ 、 _ ー _ 二ニ



――――――――――――――――――――――――z________________________

45 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:26:16 ID:IIC5YLY.



.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  {       //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.ヽ __ ノ.:.:.:ヽ、.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   ` ー―― '/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ \.:.:
/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//⌒ー―― イ´.:.:.:.:.;ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ヽ
│.:.:.:.:./⌒V´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./._/.:.:.:.//.:.:, イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:./ : ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
│.:.:.:/ ヘ/.:.:/.:.:.:.:.:/>/.:.:/: /.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.:./ィ≦ ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
∧.:.:.{ ー//|.:.:.:.:.// //ヾ、/ィ': : /.:.:.:.:.:.:/:/.:./イ⌒ヽ :∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
: : ヽ.:ヽ{ ' ヽ |.:.:.:/ __{_ /イ  (;j}≧._/.:.:.:.:./ z/., 仞    }: :ハ.:.:.:.:/\.:.:|_
: : : : ̄≧ー┴≠:': : /         /.:.:.:/: : :/イ     / ム∧.:./: : :ヽ;|: :
|: : : : : : : : : : : : : : : :代、      _/.:./: : : : : ヽ     彡/ : : ∨: : : : : : : :
| : : : : : : : : : : : : : : : |: : : 三三三j/: : : : : : : : : 三三三 : }: : : : : : : : : : /:    「う………ぐ……!」
ヽ: : : : : : : : : : : : : : /            >          /: : : : : : : : /: : :
: : \: : : : : : : : : : :,小、                      /: /: : : : : : /: : : : :
  : : ヽ: : : : : : : : / : : : \     ⊂ニ==ー‐-   , イ: : /: : : : : /: : : : : :
  : : :  : : : : : :/ : : : : : : :>.、             < : : : : / : : : /: : : : : : :
   : :   : : : {: : : : : : : : : : : : ≧ 、  , ィ: : : : : : ヽ: :/: : :/: : : : : : : :



――――――――――――――――――――――――――――――――
  威圧感も並ではなかった。

  遠く離れたシモンでも無意識のうちに震えがくるほどで、
  あの冷たく白い瞳に睨まれたら
  動物などは硬直して身動きが取れなくなってしまうだろう。
  巻き付かれでもしたら、象でも簡単に絞め殺されてしまうに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――

46 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:26:59 ID:IIC5YLY.
245.
―――――――
  ところが。
―――――――



      ―― [] ]      / ̄ ̄\
     | l ̄ | |      /   \  /\
     |_| 匚. |     三   ( ●) ( ●)
        | |     三     (__人__)
         |_|     ≡      ` ⌒´ノ   (良い皮がとれそうだ。
               二        }.      水銀燈が喜ぶだろう)
             r⌒ヽ       }
[] [] ,-       三       __ ノ
  //      三   /      )≡
匚/      三  ニヘヘヘ      /  ≡
          三ーヽJJJJ     / ̄、⌒)
             三      / ̄  ̄
             ニr     / ̄ ̄ ̄ヽ
            三    ニ_/    |
            三   三 三   /
     '     .三.  . 三 三 三 ̄ヽ
         三三    ニ≡ ニ _ノ
        二 三    /  三_ノ
  ヽ    ニ ニヽ_ ノ
     ノ  二
  ヽ
     ニ
    ヽ l
  ヽ\ | ノ/
 ヽ\   ノ/



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  周辺は見回せど、上空に警戒などしていない怪物の大きさに微笑んだやらない夫は
  餌に注目している様子の頭に向かって跳んだのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

47 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:27:59 ID:IIC5YLY.
246.
――――――――――――――――――――――――――――――
  あとの事は、あまりの早業すぎてシモンにはよく分からなかった。

  解体しながらの解説によると、
  放物線を描いて落下したやらない夫は
  加速度と自身の体重を乗せたエストックの一撃を
  シルバー・サーペントの頭頂部に突き刺して離脱し、
  怪物が怯むよりも早く招雷の魔符を使ったとのこと。
――――――――――――――――――――――――――――――


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  サーペント系はあそこが急所でね。                  |
|  脳に直接雷撃を撃ち込めばしばらく気絶させられるんだ。   |
乂__________________________ ノ
                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |  兄ちゃん、                   |
                    |  それで無事なほうが不思議だよ。   |
                    乂________________ ノ
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  そうでもないぞ、スライムみたいに不定形の奴や  |
|  ゴーレムとか魔法生物だとそもそも脳がない。     |
乂______________________ ノ

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

_ニニニニニニニ゙/ ̄/゙ニニニニニニニニヽiニニニニニニニニ゙\ヽ人_从人__从_人__从_从人__人_人/
.ニニニニニニニ / /. ニニニニニニニニニ`i|ニニニニニニニ ≧                    <
゙ニニ __/ /___.ニニニニニニニ| !ニニニニニニニ.゙≧  コール・ライトニング!!   ≦
_二. /___  ___  /.゙ニニニニニニj´ |ニニニニニニニ..≧                    ≦
゙ニニニ..../ /  / /. ニニニニニニニ} /ニニニニニニ.゙/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒W⌒Y\
_ニニニ./ /ニ.../ /゙ニニニニニニニノΛニニニニニニニニ...   /         ___rf^^ヘ,
゙ニニ../ /.゙ニ / /_....ニニニニ/〆ニ`ヽ、、ニニニニニ...  /         /.:ヾ:::::冫-‐′
.ニニニ.゙ ̄.゙ニニ.. ̄//./ _ニニ/ !ノニニニニニ`'、ニニニ   /        ヽ.:.:.:::ゝ,  __
_二ニニニニニニニニ  ̄//......ニ| '、ニニニニニニヽ、ニ.. /          ヽ.:.:.::..::::.、,"   ヽ
゙ニニニニニニニニ....//....ニニニ;!{| lニニニニニニニニヽニ../             丶.::::.:/.::::、--、/
_ニニニニニニニニ  ̄...{ニニニニ;l';;ゝヽニニニニニニニニ|../           __  \/.:.:.:::::::::`ヽユ_
_二ニニ、_;;;┬-;'"´;;/ニニニニ;{ニニ| {ニニニニニニニニ./   ______,、/\ ̄…'-=: ::::/: ::::::::::.丶.
゙ニ_;;;-‐ー-┘ノニ/ヽ、、ニニ|ニニゝヽ、ニニニニ. /.゙:¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ ヽ.:.:.:.:.::::::::::/: : :::::::::::::::::::::`.....―――<ー、
.ニニニニニニ/ニニ|ニニニノニニ;ト、;ニニ`l {ニニニニニ/.゙:ミヾ::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ヽ.:.:::::::::/: :::::;' ――-=._::::::::::::::ooo廴ζ
_二ニニノ7′ニニ/ニニニニ;/;;{;ヽニニニ} }ニニニ. /.゙:.:.:.:::::ヽ____ . ,イ   ,イ ,イ::/: :/             ̄ ̄ ̄
_二ニニ/ニニニ;;イニニニニ;′ニ';;Λニニ! |ニニ /::\.:.i::::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//  ト, レ レ ::::/"
゙ニニニニニニイ;;ノニニニニニニニニ;|ニニニニ| |ニ /. ̄ ¨`|::::::::::::ヽ‐―-..//  l |     ∥∥/7
.ニニニニニニニニト;ニニニニニニニニ;;|ニニニニ〉{ /.     |:::::::::::::::`、   //   l l       //
_二ニニニニニニ|ニニニニニニニニニ;ノニニニニ| /.     |::::メ,:::´:ヾ'...../´   Y      /´
_ニニニニニニニ!ニニニニニニニニニ{ニニニニ|/      '"¨フ:::;:',ニ!
_二二ニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニ./.         ノ;ノ ,ヽノ
_ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /         〈"´_ノ'
_二二ニニニニニニニニニニニニニニニニ../

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

48 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:29:02 ID:IIC5YLY.
247.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雷光が闇を貫くと、エストック伝いに雷撃をたたき込まれた水蛇は
  死にはしなかったものの気を失ってずぶずぶと沈んでいき、
  空中で方向転換したやらない夫は倒れ込もうとする頭にもう一度飛び乗ると
  水面すれすれで浮遊の魔法をかけたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

.        {            ,ィ   ヽ/ /ヽ_/ //
        V         /       /'"´ ̄ |   |´   「レビテーション!」
        ヽ、__,,,,,......../       /      |   |
           ヽ     /       /     |   .|
            ヘ     i       /        l     l
   r―- 、     ヘ    i    .Λ        |   |
   |    `ヽ、___   マ  .|     .l ',      |   |
.    〉.         `ヽ_マ |     . | .Λ     l    l
   /   _       .ヽ,|     . l  Λ.   へ.l    l
.  〈  〈´..゙、..`ヽ、     l    l  Λ..//..l...._,,...,,_
   \_〉.  \、. `ヽ、   |  ,r‐‐ヽfニ‐´/.  ,*'"... ヘ. ゚'*,  ヴンッ
          _ ゞ、_  `ーlイ..   /≠l_.l \....〈ノヽ ヘ  %
            ̄) {    `ー―//....._  $    \〉〉..$
         -=''''^ヽ \_...: : :.゙//..: : : : : ":''%,         ,:°
        ,,∠: : /⌒) ¨=ー-。.、...: : : : : : :,:..゙゚*。.,,_ _,,.。*°..._
  _      __   ___:::::::::;;;;;;;;;::::::::: : : : : : : ::, _:;;:'': : :;;:;: : '': : : : :'=z,
  辷l /7   コ L  く,ニ !   [][]「l ;;: : : : : : :;;;i   };;;;;;;;;;;;;ir-:::;;:::::::::::::i::::}
゙ェ=''.゙くノ   ̄ ̄   くノ    くノ='':"":" :''≡'=''---=z廴,,,_ :::::::;;i 从ノ...__   ー二__   ___
_::: :: : : : : : :: :::::;;;;iiiiiii!iiiiii!ii!iii;;;;y'" :-=tzzzz'=tz'=='==-"ュ」__;;,,z=="/゛..゙ ̄     ─____  ̄ ̄  ̄ ̄  __
...: : : : : : : : : ::: :::::::iiiiii!iiiiii!iiiiⅣ,,,:: ::    ___,,,,,,,,, ;; -===== =-''"......_  ー─    ____       二 _
゙;;;;;;;;;::: : : : : : : : ::::::iiiiiiiiiiiiiiiiⅣ___y==-=''"".    ー一              ~
゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :iiiii=''": : /''"                     ̄ ̄   ーー-.       __        _
゙iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii=;; ;:::''"; ;;''´ノ´....   ---=二二一                  __     ~~
二二一    ̄ ̄ ̄            ___二 ̄ ̄      ー-__    人  __
 ____────     ー    ̄ ̄ ̄ ̄──二___          ̄ ̄ ̄ ̄´__二-

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

50 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:30:00 ID:IIC5YLY.
248.



                                               / ̄ ̄\
                                              /   _ノ  \
                                             (●)(● )  │
....「さすがに全身を浮遊の魔法で             ┌ z=、._.__゙(__人__)     |───────────────
.  支えることはできないが、.               ___,-、.|rk.| |  |\‐- |        │ ______________
.  浮力が働く水中で、               ┬┬┬「.!.}.}.ノhコ }| |―|――ヽ        }    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  気絶して抵抗もできない頭だけを    ̄ ̄ ̄Tフ-ハ.ノト〈| |__⊥ ---‐ ヽ     ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.  浮かせることならできる。               }ニニニ! ゙―゙‐'   /´ ̄l| ̄l__l ̄ ̄l | ̄`ヽ
.  精霊魔法の水面歩行でも似たようなことが..... ヘ   ヘ、   _ /  ┌‐‐┬──‐┐   \
.  できるかも知れないな。                  k   // ̄ \ //  /     .l\  /ヽ
                                   ヽ//      ノl   .l      l ゝ    \
.  あとは沈まないうちにロープをかけて            `=== '''"  l   .l       l  >=====〉
.  岸に引っ張り、とどめを刺せばいいわけだ」



                  \
          、___,..-‐'''" ̄ ̄``ヽ、
      ー・、  >            .ヽ、_____丿
        `>´            ヽ /ヽ '-'
       / /     ,'          `ヽ |___
        ̄/     ,'           ヽ<‐‐‐`
        /     |    |、       "'''・ ._
        |     从 、  |>・'´ ̄ |、 ヽ。「 ̄
      ・ ̄|  ∧.土弍|ヽ ´|ー‐ヾ  .| ヽ、 |`
        //| .|、 .|、 i:j \ |.ij_,ヾ .|  》ヽ|
       .'´  `、ヽ_| .ー'' 、ヽl   uヽ| ,、|
           .|/| |、        ,.‐'´|`l       「ナルホドナー?」
            ..ヽ| `ゝ._―- _,..'.|||  .〉、
             |~``ヽ   ̄|二彡.||ヽ /./‐ヽ、     (なんかポンポンと輪切りにしてるけど、
              ヽ|.| |  , '.ー‐'''丿ヽ_/``ヽ、~ヽ、   死んだからって物理防御力が下がるわけじゃないぞ?)
             /<ソ| `-'    .).|      `ヽ .~.|


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局、軽々と岸辺に引き上げられてしまったシルバー・サーペントは
  競売で競り落とした広刃大剣で首を落とされ、
  数メートルおきの輪切りにされてからぺろり、ぺろりと皮を剥かれてしまったのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘

 
-52 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 20:31:58 ID:z9Z1JV9o
見極めとタイミングがシビア過ぎるすごい曲芸かな?

51 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:30:59 ID:IIC5YLY.
249.



.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
       レ' V\. ',    、____,    / //.     「―――というわけ。
           Vハ\                 ノ<__/7
          /  ヽ \         //V   / /      慣れた人でも数時間はかかる解体と皮剥ぎが
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /     一時間ぐらいで終わっちゃったのには驚いたね」
           ヘ       |         |      / /
           \     ノ         |       / /



―――――――――――――――――
  シモンの話がそう締めくくられると。
―――――――――――――――――

53 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:31:59 ID:IIC5YLY.
250.
――――――――――――――――――――――――――――――
  揃って頭の中で吟味していた護衛達の表情はさまざまであった。

  ウシオなどはそんなんありか、と呟いたほどである。
――――――――――――――――――――――――――――――



  ____         j)
/  γ⌒ヽ --―‐彡=‐</⌒ー=ァ
___ ノ    ):::::::::::::::::::::::::::::::::`:::.....\
:::::: ∧\/:/::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヾ〉
:::::/:::/\::ィ:::/::::::::::::::: }:::::::::::::::::::}::::::::::.
:: ′:゙ ヘ│:::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::}:::::::::::::
/{:/   /:i::|::::::::::::::: /:::::::::::::::::: }:::::::::::::i
八\/:::::::|::|::::::::::::::/ }_ノ:::::::ゝ/1::::::::::::|
  ゙::::::::|:::::::L{::::::::::::/ L::::::::::::/ L:::::::: ノ
   ::.-|:::::::: |┯‐┯━    '┯‐┯=「: |
   {  ::::::::::{└宀       └宀 /::::|
    \_{::::::::ハ         -‐ァ)  {:::::|
      乂r:::::}       〈++{   ..::::::|
      / \:!>- .. __ ヽ_} イ::::::::|    「………ハァー?」
       |: : : : : |: : :>  〔`ー′j|::::::: |
       |: : : : : |: :/、ヽ ヾ:、 j|:::: : |
       |: : : : : |:/  ヽ }ノ).:) .j|::::::::|



           _,.. -──- 、,
        ,/  //       丶
       /┌┐ .       l   \
      /   [○]  /l ∧   │    \
    /    凵  /\l/ ?逢  ∧    il
  . イ    ,  /! イ   \ l / /l   │
   / / /  〃/  ◯  V ○ il ∧  \
  ∠イ  /   │  ミミ     ミ /Vl il\l ̄
  _/ _ノ| ,i  │ U   / ̄/   │ l/>
   ̄  ∨| , \  /  /  /  l/>     「シモンを背負って走ったって
       Y|ヘlヘ≧/_/≦ l│ ∧l         スレイプニル(※)の化身かなにかデスか?」
         │>──冫 /\/



※八本の足を持ち空を駆ける馬型の神獣で、普段は天界にいると言われている
  過去に他の大陸で実在が確認されているため
  闇天馬ほどではないが、かなりの希少種にあたる

54 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:32:59 ID:IIC5YLY.
251.



           /\___/ヽ
          / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │    「あのですねぇ………
        /‐:::  `-=ニ=- ' /..     理屈は分かるんですよ、理屈は。
      _,,,l ;! |:::______/
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_      効率的で無駄もありません、が………」
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|



               、   ,__ ___,
            ___ 斗::::≦:::::::::::::::::::≦=-_
         __,斗:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=-
         -≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::≧-
        ノ::::::::::::::::::::::::!::/!// }//j/ }ヾ{v:、:::::く
        7::::::::::::::::::::::/j' '        ` vトヽ
        フ:::::::::::::::::::{'  __、,__        V!
         7:::::::::::::::::ハ  ≡===≧x、_, 、_,ィ三
         'j:::::ア⌒V    ,ア´笊v`'"´ ァ芹 7
        j/:;' // }     八 V:タ   ' {:リ}.{
         ´ム, {::く    -- ` ー' /"",ー' i
          ノヽ__,、  --    ヽ _ -}  八
           ノハ:!',       ___   ./
            __}:ゝ、    ´――' ,.イ     「急所に雷撃をたたっこむって、
           /ヾ 、 >..、   ̄ ´ ,イ.        導雷針は別に弓矢で狙ったって槍だっていいんだろ?」
          _/    ` -- ≧s。--く
       >:≦/      /´ }: : :/ /´}
  >:≦:::::::::::::::::ヽ     / | 、:.{ ! ,  {::< _
./   ヽ:::::::::::::::::::::\  ./::::ヽ }:' , ヽ  v:::::::{ヽ
'      V:::斗-----ヽ /'^~´ v { // \!---v V
       v           v{ f´      !} v

55 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:34:00 ID:IIC5YLY.
252.



..     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.      /: : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: `、
.    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : ',: : :'、: ヽ
.    ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i : : : : : ',: : : : : ', : : ヽ::'
...  { : : : : : : : : 、: : : : :i:. : : : : : :.ト、: : : : :}: : : : : :}: :}  '::.    「動きを止めるのは麻痺でも、
    l:. : : : : : : :.:| \: : :', : : : : : : | _\: -ト;‐:i: : :,': :'  ',!...   ボクらがやったような睡眠でもいい。
   ' i: : : : : : :‐l: ‐-\、\ : : : : |'´   \|_ヽ}: :/ Y    j
.    ',ト : : : !: : :|Ⅴ_ _\| \: : :| , 斥zシ 》 } f  }        ボクらができなかったのは
..   ヽ`、: :r、: : 《 乂rシヽ - \|  ¨¨~  ノ: !/ '           沈まないようにすることだけで、
.      Ⅴ、 Y:  ¨¨¨  ノ     ̄ ̄ ̄ ,: :j_ノ           それはヘスティアのウォーター・ウォーキングでも
.        ゝ',ヘ  ̄  ̄   i:.          : :ハ;ゝ        良かったわけだ」
        _ ':ハ                ハ'-_-_、___
..     /   ``~;、、   - ‐-    ィ::::}-_-_ハ-_〕iト-_‐_-_-_、
    /         \      イ/::/l-_-_-_ヘ-_-_-_-_-_-_-,
   / \           ` ー┐´-::::::/', !-_-_-_-`、-_-_-_i-}_-_}
゙_-´/_\ \ ノー-----tイ;iー :}ー‐ ´  }!|-_-_-_-_-',-_-_-j-!_-_}
.゙-:/_-_-_\ \-_-_-_ハ Ⅴj / / :|    \!-_-_-_-_-:}!-_-:j!-!:-_}!
.゙:/_-_-_-_-_\ 〉-_-_-ヘ ( ((ノ  乂    ヽ_-_-_-_-_}!-_-j!-|_-_}i



                 _____
            ,. . : :´: : : : : : : : : `: : : .
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
          ': : _: : : : : :,: : : : : : : : 、: : : : : : : ヽ
         /: __「 |_: : : /: : : : : : : : : V: : : __「 ̄|__:、
         ': :[_ (_) _]: /: : : : ,|: : : : : : :V: :L__ () _」:\
       /: : : :廴_/: : ': 、:/ |: |: : : : ,: |ヽ,: : 廴_〉:、: : \
     /: : : : ,: :|: : : :|: , \_, |: |: : : /://} : |: : : |: \:、 ̄´
   <__ : : : : /:|: V: : :|/,ィ≠ミ}∧: :/}:ィ≠ミ、:∧: :∧: ー: :\
    //: ://:∧: :、: : イ_):::ハ   ∨  _)::ハ }' ,|: :ハ: 、-  __:、
  ---/:イ: :/:イ: :|: :∧: { Vzり       vzソ  l}:イ: |: ::.
        |: : :/| : |:イ: : \         '     {: : : |\}
        |: ://://|: : : :|、     ,.::v     人: : :|
        |:/ lイ:|:/: |: : : :|:>    ゝ '    イ: : |: : |     「言われてみればそーですかーって感じだけど
      '   /⌒`| : : : ∨{:/|>  r </⌒ V : : |        一人でやれって言われたら困るよ」
        {    | : : : : ∨乂二二_'ノ-く`} /: : : |
          乂r 从: 、: : :∨\- 、  r--}:/: イ: ,
           /   }:∧:\:} 、 ヽ   /' ̄ /:/∧
         { , --、}  \:}\ =-V:v/=- /'V / ∧
         | {(__) }    V |:|>=-=< |:| }    \



―――――――――――――――――――――――――――――――
  流通のない特別な道具を使うわけでもない。
  魔符の費用はさておき、やり方さえ知ってしまえば
  自分たちも真似ができることの組み合わせでしかない―――

  だが、そこに行き着くためにはどのような経験や閃きが必要なのか。
  そして、一人で実行するために必要な実力は。
――――――――――――――――――――――――――――――――

56 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:35:03 ID:IIC5YLY.
253.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  城に名を覚えられているほどの彼らには分かる。

  力とは単純な技能だけではない。
  それらを活かす知識と経験の下積み、
  冷静な判断力、広く、しかし穿つような観察力、
  そして知恵と発想による転換で効果は何倍にも膨れあがるものだと。
―――――――――――――――――――――――――――――――



.   /:::ー-/ ̄/:::::,'::::::::::/;イ:::::::::::::::l:::::i!::::::::::::゚。::::゚。  ゚。::::::::::゚。
   /:::::::::::/  /!::::,':::::::::/:/ {:::::::::::::::i:::::;}゚。:::::::::::i::::::::',  ',:::::::::::',
  ,'::::::::::::{_,':::i::::i:::::::://ー ト::::::::::/:::斗一:::::::::!:::::::}',   ,::::::::::::}
.  {:::::::::::::::::::∧l::::{:_:/:/ _ ー ゚。::::::/:::::/ 一 _\:}::::::::' ',ー'´::::::::::::i
.  i!:::::::::::::::::,' '!: ::::::::i一==- ̄ ̄´-==ー-l::::::::::i! i!:::::::::::::::::|
  i::::::::::::::::i!  ゚。::::i!::lヾ 泛:::リ     ヾ泛リノ !::::::::::   。:::::::::::::::i
  |::::::::::::::::l   ';:::l:::l   ´           `  i!:::::;イ   i:::::::::::::::l
  l|:::::::::::::::!    ;::{:::ト       `   u   /!::::' i!   i!:::::::::::::!
   !::::::::::::::l     !i!:l ヘ     ○      ' i!::!    l|::::::::::::i     「………敵に回したら駄目な人だわ」
   }::::::::::::::;   、 'i!  >ヽ、    _, イ   i!' ,     i!:::::::::::i!
   |::::::::::::`マー-` ¨ ´ i.iヽ_ヽ` - '´|ノ!/!` ¨ ´ー-一ア;;;:::::::::i!
   i!::::::::::,´ \_,       ,ゝ-一{¨}ー--、      _/゚。:::::::::::|
   i!:::::::::i >_´_, ,   /ヽ_ ' ´i¨!` ヽ_ノ、     \   i:::::::::::l



         __z≦:::::::::::::::::::::::::/ i:/.!:::::::/:|::/ |:i !:::::!::::::::!::::i::::::::!V:!v::::::
          >::::::::::::::}::::// / |::// |/ jハ::::|ヽ::::|ヽ:!ヽ:::| V!ヽ::::
            フ:::::::Nハ/   '  '        ヽ!  ヽ ヽ ヽ! `  V
          /:::::::::::!                        _,.ィニ
           7::::::{  -=ミx、                 ,イニニニ
           /ム::{ -=ニニ≧x、             ,.ィニニニ>'
           //ヽム -‐‐ァ<ニ≧x,、__   、 ,    ,.ィニニ>'"
           '(_,、ヽ':   /.:' ⌒`<ニニニニ} {r≦ニニ>'"   `
             {  ノvハ  zzzzzzzzzzz≧‐‐‐' ゝー≦zzzzzzzzzzzz
          八 く: : :} '  {  乂rタ  j: : :ノ______':,: :{  乂rタ
            ヽ V: `', -=≧s。___ ..s≦: /: : : : :!:\ ≧s。. __.s≦
              ヽヽ: ' -=ニ=  ̄ ̄      ̄ ̄ !::::::|    ̄ ̄` ミ
              `ー'-=ニ=             |::::::i
                八          ___,」:::::」
                /:..、        ` ー‐ '"´
           >r≦' / {ヽ\  ______         /       「………そういうトコってさ、
      > '"´  /  /! ,: : :ヽ:\´            ̄ ̄`'  /:/      気配じゃわっかんねぇんだよな」
  > ' ´         /: ! {: : :(: :ヽ:ヽ、 ----------  __ /,.ィ: : /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だから、たとえ人の何倍もの力をもち
  一撃で致命傷を受けそうな攻撃をしてくる巨人でも
  振り下ろしや薙ぎ払いなど、素直な攻撃しかできないならたいして怖くはないし、
  一撃は痛くなくとも、フェイントやだまし討ち、
  毒などの搦め手を使ってくる知恵あるものの方がよほど気をつかう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

57 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:36:00 ID:IIC5YLY.
254.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  士位、匠位の高みに上った者が口を揃えるのが
  一定のレベルに達してくると怖いのは単純な戦闘力や、
  戦技の威力だけではなくなる、と言うことだ。

  どれほど鋭い刃を手にしようとも、
  複数の魔法が付加された魔剣を握ろうとも、
  それらを振るう術を知らねば意味がない。

  手にした刃を幅広に活用できる観察力、発想力、判断力、反応速度などなど―――
  いわゆる戦闘考察力、戦闘応用力の重要性が高くなるのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                               /\____/ヽ一-ヽ、 __r‐- 、
                             /    _,ノ   ヽ、_\7    7 } : : : :\__
                                |::::::   (─),  、(─)|...` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                                |:::: U   ,,ノ(、_, )ヽ、,,..|‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶
                                |::::      `-=ニ=-'  |    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : ヽ
  (誰かに教わった、にしても―――)     \      `ニニ´  /.        __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : :}
                              \_   _ /---─一⌒V : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
                               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
                            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
                        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : ::.:.:.:.:.:.:.:_r'´
                   /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l゙f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. |  ダディさん。  >
                       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: :.゙乂_______ ノ
                  j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!



――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいは自分達同様に他者からやり方を学んだのかも知れないが、
  複数人で分担するのと独力でやるのには大きな違いがあるし、
  手順通りにいかなかった場合の代替やいざと言う時の退避についても
  用意があったと考えるべきだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――

58 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:37:01 ID:IIC5YLY.
255.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、怪物狩りを専門とする狩士―――特定の仕事を専門とする
  冒険者の一種だ―――とも匂いが違う。

  いったい何者なんですかね、と言う思考を遮られたダディは
  珍しく神妙な表情のシモンに視線を向けた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                 /\___/ヽ
               /  ''''''   '''''' \
            |:::::: (●),  、(●)|
            |::::    ,,ノ(、_, )ヽ、,,..|
            |::::    `-=ニ=-'  |    「なんでしょう?」
               \    `ニニ´  /
.        __ __ ,.〈\   _ /
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
.     { : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }



                                    /:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::>:
                                      /:::|:::::::::::::::::::::\´ ̄ ̄¨弋::::::::::::::::::::::>::
                                   {:::八::::弋:::::::::::::::ハ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
                                     V{:::::ヽハ rミ ̄ ̄`/´ ̄ `ヽ  ∨::::::::::::::::::::::::
                                     弋::代:::.| '.          '.  )イヽ:::::::::::::::
                                         `ヾハ| .|   |       }    |::::>'⌒
                                         | 0j    O    ノ    レ'./>
                   「………東の…英雄、.         ノ`¨  ,;,  ー─=ニ  〃  〈⌒ヽ
                  って聞いた事ある?.          弋 ,,,    ミ  ''′゙'      )__ノ__
                                         从       r─‐-  -一≦三三三ミ
                  あのヤガミを斃した人.      ト、  丶  r‐-、 ├气ミ三三三三三三ニニ
                  らしいんだけどさ」.         | ヽ   \`¨´   |     ̄ ̄  |三|
                                     |   `ー彡\   ',           j三j
                                      j        `¨¨¨´V       {三{
                                     {                V      l三ミ辷
                                    人              人     / `ヾミ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一年ほど前、大陸全土で広域手配された妖術師は
  半年ほど経って対応済みとなった。

  当時は、いったい誰がどうやってと討伐者を知りたがる声があがったものの、
  東部で斃されたとしか分からずじまいだったのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

59 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:38:04 ID:IIC5YLY.
256.



           /\___/ヽ
          / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │   「先日カリラに戻ってから何回か耳にしていますが、
        /‐:::  `-=ニ=- ' /       人物像ははっきりしませんね」
      _,,,l ;! |:::______/
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|



                                          /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
                                      /      ヽ、________.:.:.ハ
                                      /      ム {ヽ         `:.、:\
                                   |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:
                                   | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:
                                    'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:
                                         \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
                                       _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:
                                          く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:
                                       ヽ              ,  '  ̄ ̄
                  「あのさ。                {__           u /
                     向こうの宿屋でさ―――」       (`こ⌒)    /     /.:
                                       ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
                                    { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
                                      ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  一流集団のリーダーをしているだけあってダディもそうとうに頭が切れる。

  この流れでそんな話を持ち出したからには
  おそらくやらない夫君に関係がと推測してから尋ねると、
  少し言い悩んだ少年が口にしたのはやはり
  東の英雄と彼との類似点だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

     - - -- ── ────────────────── ── -- - -
          - - -- ── ──────────── ── -- - -
                  - - -- ─ ── ─ -- - -
                       - -  - - -

60 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:39:10 ID:IIC5YLY.
257.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  皮取りを終えたその日。
  二人はフェッターケアンで一泊することになった。

  まったく疲れていなかったし今日中にカリラに戻ることもできたが、
  河で洗ったとは言え血だ脂だ体液だで汚れており
  臭いで夜行性の怪物を引きつけてしまう懸念があったことと、
  死体を埋めたり詰め所における討伐依頼の処理手続きに時間がかかったせいである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ   「じゃあ俺は部屋に戻るよ。
           |        |     明日は六時朝食、七時に出発な」
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
       レ' V\. ',    、____,    / //    「うん、分かった」
           Vハ\                 ノ<__/7
          /  ヽ \         //V   / /
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /
           ヘ       |         |      / /
           \     ノ         |       / /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  風呂と食事のあと、やらない夫は勉強があるからと自室に引っ込んでしまったのだが、
  冒険者達の話が好きなシモンは一人酒場のカウンターに残って周囲に耳をそばだてた。

  最初は喧噪の方が上回ってよく聞き取れなかったのだが、
  普段はなかなか食べられない高級甘味を食べながら時間が過ぎるのを待つと。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

61 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:41:29 ID:IIC5YLY.
258.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  人が半分ほどはけたところで三組ほどの会話が聞き取れたのだが、
  三組ともが東の英雄なる青年のうわさ話をしていたのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ………で、その人の目印は青いマントにバンダナ、背中の両手剣らしい。  .|
乂________________________________ ノ
                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                      |  へー……                           |
                                      |  こっちに来て悪い連中を掃除してくれんかねぇ。   |
                                      乂______________________ ノ

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ―――しかも魔族合成された    |
|  高位邪竜も斃したって聞くぞ。   .|
乂_______________ ノ
                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                 |  なんですと!?                             |
                 |  妖術師はともかく、魔族合成の高位邪竜相手って   |
                 |  それ人間に成せるワザなのでありますか!?     .|
                 乂_______________________ ノ
                 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                 |  フリート騎士団じゃなくてその人が斃したって言うのなら、  |
                 |  聖技や豪技の使い手って事なのかしら………          |
                 乂_________________________ ノ



                                        │ /
       / /:::::/  `ー‐' /:::::::::::::::::::::l::::::トー―l‐'´::\ l|::::',     ′/
       ´ /:::::/ /`ー―‐':::/l::::::::::::::::::::∧:::|=、:::::::|:::::::::::::ヾ::::::',
        l:::::/ソ:::::::::::l::::::::/‐ヘ::ト、:::::::::::|´l::|  ヽ:::ト、:::::::::::/l:::::::',
        |:::::/:l:::::::::::l::::::/   l l \::::::l .∨  ヽl ',:::::::::l::l:::::::;ゝ
        |::::|:::l:::::::::∧::/     `ヽ  \| ,.. ,,‐―-、_',:::::/、ソ:::::|
  r-、    |:::/:∧::::::l、∨ ,,.-―-、     ´      ',/ヘ l::/ソ
 (ヽ .\   ∨',::::::\:l-、 /            ⊂⊃ l) l l,'
  \\ \    ',:::::/ /  l⊂⊃     ヽ    __    ol- ノl
   \/\ r‐ヘ lヽヽ l      。  ___/,_丿  ゚。,イ::/    「へへへ、帰りも走りだろうし
    |   ヽl  |レ´`ヽ_.、   o  --‐' ´   。     /::/`ヽ、_   このぐらいの贅沢はいいよな」
    l ハ  >、 ヽ  ヽ::ヽ            ./:/∨      ̄`ヽ
    r' `  ̄`ヽニノ、',   `レ、:>:.....       <l:ル'  /     /
   / ヽ、_  \\\ヽ   `'´`ヽ::l ` ‐ ´  ソ  /     /
   l    `ヽ、. \\\    /rl´        ヽr/     /ー-、_
   i' ´ ‐-、_ソ-/ \\\   l、l l         /l     / ̄ ̄`ヽ \
   ヽ _   ノ r'ー、.\\\ l_l l ` ヽ   -― / ノ  r‐'´       \ ヽ

62 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:42:14 ID:IIC5YLY.
259.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  東部の話だってのに、こっちでもちょくちょくカタリが出てるってさ。      .|
|  名前もはっきりしないし王都でも前金の持ち逃げがあったって話だよ。  .|
乂_______________________________ ノ
                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                     |  ポックンは護衛を依頼したら                     |
                     |  護衛対象ごと消えて脅迫状が届いたって聞いたでしゅ。...|
                     乂________________________ ノ




    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l∠-- 、、 ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヾ   l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l. {  0    l  l:/ ,-、 `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V !      /     /  ヾ. ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V       ―-- '       ,'0  l ,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```       !   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l            ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l        , -、      .ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./          ̄     /      (妖術師ヤガミや高位邪竜を斃した
. l/  l: : : :l        i          ,  '         東の英雄―――)
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  最近この近辺を騒がせている雷神エネルなど足下にも及ばない、
  大陸全土に悪意を振りまいた超越者を斃した青年がおり、
  目印は青いバンダナとマント、背中の両手剣という話で。

  その特徴は、一緒にフェッターケアンまできた青年と一致していて―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

63 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:42:59 ID:IIC5YLY.
260.
―――――――――――――――――――――
  しかし、英雄の称号の重みを知るからこそ
  シモンは単なる偶然と片付けた。
―――――――――――――――――――――



       / /:::::/  `ー‐' /:::::::::::::::::::::l::::::トー―l‐'´::\ l|::::',
       ´ /:::::/ /`ー―‐':::/l::::::::::::::::::::∧:::|=、:::::::|:::::::::::::ヾ::::::',
        l:::::/ソ:::::::::::l::::::::/‐ヘ::ト、:::::::::::|´l::|  ヽ:::ト、:::::::::::/l:::::::',
        |:::::/:l:::::::::::l::::::/   l l \::::::l .∨  ヽl ',:::::::::l::l:::::::;ゝ
        |::::|:::l:::::::::∧::/     `ヽ  \| ,.. ,,‐―-、_',:::::/、ソ:::::|
  r-、    |:::/:∧::::::l、∨ ,,.-―-、     ´      ',/ヘ l::/ソ
 (ヽ .\   ∨',::::::\:l-、 /            ⊂⊃ l) l l,'
  \\ \    ',:::::/ /  l⊂⊃     ヽ    __    ol- ノl
   \/\ r‐ヘ lヽヽ l      。  ___/,_丿  ゚。,イ::/
    |   ヽl  |レ´`ヽ_.、   o  --‐' ´   。     /::/`ヽ、_    「はは、まさかねぇ」
    l ハ  >、 ヽ  ヽ::ヽ            ./:/∨      ̄`ヽ
    r' `  ̄`ヽニノ、',   `レ、:>:.....       <l:ル'  /     /
   / ヽ、_  \\\ヽ   `'´`ヽ::l ` ‐ ´  ソ  /     /
   l    `ヽ、. \\\    /rl´        ヽr/     /ー-、_
   i' ´ ‐-、_ソ-/ \\\   l、l l         /l     / ̄ ̄`ヽ \
   ヽ _   ノ r'ー、.\\\ l_l l ` ヽ   -― / ノ  r‐'´       \ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  地元で一番名が知られているダディ達ですら二つ名がある程度なのだし、
  確証もなしにあなたは英雄ですかなんて聞いた日には
  笑い飛ばされるなら御の字で、
  泥酔や正気を疑われるか、神殿に行くことをお勧めされてもおかしくないから。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

                       - -  - - -
                  - - -- ─ ── ─ -- - -
          - - -- ── ──────────── ── -- - -
     - - -- ── ────────────────── ── -- - -

64 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:43:59 ID:IIC5YLY.
261.



                                    /:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::>:
                                /:::|:::::::::::::::::::::\´ ̄ ̄¨弋::::::::::::::::::::::>::
                                   {:::八::::弋:::::::::::::::ハ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
                                     V{:::::ヽハ rミ ̄ ̄`/´ ̄ `ヽ  ∨::::::::::::::::::::::::
                                     弋::代:::.| '.          '.  )イヽ:::::::::::::::
                                   `ヾハ| .|   |       }    |::::>'⌒
                                         | 0j    O    ノ    レ'./>
                                        ノ`¨  ,;,  ー─=ニ  〃  〈⌒ヽ
                                         弋 ,,,    ミ  ''′゙'      )__ノ__
                                         从       r─‐-  -一≦三三三ミ
                                     ト、  丶  r‐-、 ├气ミ三三三三三三ニニ
          「その人、青いマントとバンダナ、     | ヽ   \`¨´   |     ̄ ̄  |三|
              両手剣なんだってさ」            |   `ー彡\   ',           j三j
                                      j        `¨¨¨´V       {三{
                                     {                V      l三ミ辷
                                    人              人     / `ヾミ



           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/7/ノィ:::ィ::;:::::::::::::::::::::::::::::::::く_
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ _,、   ' j//!/!:::::::::::::::::::::::::ヽ
          7::::::::::::::::::::::::::::::::/j/ -=ニニ≧x、    ノハ!V:!::::::::::::::::ト:、
         ノ::::::::::::::::::::::::::::::/{    ̄ ~^'マニム  U     Vハ::::::::::::ハ
         j::::::::::/r⌒V::/|'  u   ,≫ =ミxニ',        jハ!::::::ハ`
         ノ::::::::/' (ハ V      f' ,.-,    }Vハ ! ノ  ,.--- _ }::::!`ヽ
         )::::::{ / ノ     ____ {.(タ   / ヾィノ/くr七斗-ミメヽ{
         ヽ:::ム ! )  -=ニ= ァ ≧s。,ノ  /  ア_´⌒V  /`
          ヾ::ム`ー    ̄   !      r‐‐ ,, (タ  ノ ,
            )::::7⌒!     :.、  .:  :i: : :. V:.、_/ ,
           }ハハ!  }      '      \‐‐ ァ  ̄ミ '
       _   --- ミム   r r‐―― ‐  、  ー'   ミ'
       (        \:.、   、      ヽ __, {   八
       )    -==--  ヾ:, --- `⌒ ー - 、 )ノ  ,イ    「おいおい。
       /斗r七 斗r七/       ` 、   7' ,. ィ"       そりゃあの人そっくりじゃないか」
     r  ̄     >'"           \ ,.ィ"
   ィ'"      /               ヾ、
 /       /                  V
./       /                    V

65 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:44:59 ID:IIC5YLY.
262.



.  /\___/ヽ
./  _ノ   '''''' \
|:::::: (一),  、(●)|
|::::    ,,ノ(、_, )ヽ、,,..|
|::::    `-,.<))/´二⊃
.\...  / /  '‐、ニ⊃    「その人の名については?」
... \  l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                     /   \ヽ. ____ ノ .:.:.:.ハ
                                       /      ヽ、________.:.:.ハ
                                       /      ム {ヽ         `:.、:\
                                    |      |弋ハ__\           :.:.:.:.:
                                    | /∨     | イvハ-x 丶         :.:.:.:.:
                                     'V ∨ ハハ│ヽ{  ヽ \ j    :.:.:.:.:
                                    \{ }ヽ ',0    ',  ヽ{ヽ ハ:.:./
                                        _lノ   ヽ     }    ∨ j/:.:.:
          「なんかカタリだらけで                  く .:.:.:.:.:.. ` ー―彡     .:.:.:.:.:
         はっきりしないみたいだよ。               ヽ              ,  '  ̄ ̄
         出回ってるの全部偽名なんじゃないかって。   {__           u /
                                       (`こ⌒)    /     /.:
         ダルモアやグレンフィディックなら.      ∧( ) ' ⌒ヽ ´  /     .:./.:.:.:.:
         もっと詳しい話が分かるかも」        { ( )  .:.:.:',  /       .:.:./:.:./:
                                       ヽ_____ .:.xー┴'ー‐     .:.:.イ,.:.'.:.:.:



―――――――――――――――――――――――――――――
  情報の流入口であるタオ砂漠に近い街ならもう少し詳しいかもと
  シモンは自分にできない調査を促すが、
―――――――――――――――――――――――――――――

66 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:46:00 ID:IIC5YLY.
263.
―――――――――――――――――――――――――――
  どこかに聞いたり調査依頼をするにも金が掛かるので、
  ヘスティアとネプテューヌは
  たんなる偶然だと片付けたがっているようだ。

  二人とも早いところ資金を貯め終えて
  冒険者を寿引退するという野望があるからかもしれない。
―――――――――――――――――――――――――――



:: ′:゙ ヘ│:::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::}:::::::::::::
/{:/   /:i::|::::::::::::::: /:::::::::::::::::: }:::::::::::::i
八\/:::::::|::|::::::::::::::/ }_ノ:::::::ゝ/1::::::::::::|
  ゙::::::::|:::::::L{::::::::::::/ L::::::::::::/ L:::::::: ノ
   ::.-|:::::::: |┯‐┯━    '┯‐┯=「: |
   {  ::::::::::{└宀       └宀 /::::|
    \_{::::::::ハ         -‐ァ)  {:::::|
      乂r:::::}       〈++{   ..::::::|     「はーーー?
      / \:!>- .. __ ヽ_} イ::::::::|      あんた英雄様の称号がどんなもんか知ってるの?
       |: : : : : |: : :>  〔`ー′j|::::::: |.      自称じゃ済まないのよ?
       |: : : : : |: :/、ヽ ヾ:、 j|:::: : |.      民衆や複数の国家が認めるだけの実績がないとプークスクスされるのよ?」
       |: : : : : |:/  ヽ }ノ).:) .j|::::::::|



          _,/ ̄ ̄` ̄\
          「l: : : : : : /\ 「 l\
        [ 0 ] ∠ム/ ー[ O ] >
        /l」l :!●  ● il 」: :\
       --イ.:l〈  ワ   /l: :l: :、「
        ∧ハ`ーゥ  t-!∧从ム   「ヘスティアの言うとおりダヨー。
           f^ 、-ィ ノー       だいたい、それほどの成功者が
           / ` 个ー1  \     なんでこっちにいるのヨー」
          ,/ー、(N )/ー、!==\

67 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:47:04 ID:IIC5YLY.
264.



                                 / : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ: ',
                                 /: : : : : :{: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : :'; : : :ハ:}
                                 ': : : : : : :V: : : : : : :ヽ: :ヽ: : :ヽ: : : : : : : i : : :} !!
                                  {: : : : : : :∧: : : : : : ヽ\:\:_:ヽ: : : : : :/: : : , i}
                                  { : : : : : l`ヽV: : :、: : :レイ:´_ヽ:ヽ、: : : /ヽ: :/ j
                                     V: : : : :V〒7z,ヽヽ\:.i イ//ハ〃/ : /  }:/
                                   Vヽ: :ヽ 二二ノ´⌒ゝ 二二 ノ l: '  〃
                                  ` ヽ: ゝ               !:レ〃
                                    Vハ    〈         ィ: : :〈
           「お前らはその顔やめろ。              Vハ     r―、     /j: : :ハ
          彼氏に捨てられても知らないからな」       V \   ̄       ハVハ
                                           V>― ´_.-‐:.:.}: : \
                                          /_ヽ:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:イ,': : : : :i`ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自身も結婚を約束した恋人がいる―――じつは護衛組で恋人がいないのは
  ダディだけだ―――ケイマは、変顔でだよねー、と頷き合う二人を窘めたが、
  ネプテューヌの言い分はもっともだと思っていた。

  過去の逸話を振り返っても、複数の国の後ろ盾を正しく得られるほどの傑物が―――
  つまり、政治利用のための引き留めや強制的な王侯との婚姻、いくつかの理由による引退などがなく、
  まだ自由に動き回れる者が、自らその実績を捨てて他の地域に行った例はほとんど無く、
  大陸内で三本の指に数えられる竜戦士シュウジの話ですら
  被害の中心や規模、後ろ盾という意味では大陸北部に限定されるのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
-73 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 20:52:12 ID:z9Z1JV9o
ヘスティアのAAひどいなwとおもったら
突っ込み入っててワロス

68 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:47:59 ID:IIC5YLY.
265.



      >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::/|ハハ:i、:i、::iV!:{:v::≧=-
      7::::::::::::::::::::::::::::::::i::/!/!ハ:ハ| ハ{   ' ` ` ` V:::く
      7::::::::::::::::::::::::::::/j'                Vト `
     ノ:::::::::::::::::::::::ハ!v         、   ,  ,ィニニ
      ィ::::::::::::::::::::!'  -=ニニ≧x、  ヽ 、 く,ィニア⌒''
      }:::::Y⌒V:::!   ニ斗‐‐‐=ニニニ7  /ア笊vV{        「それに高位邪竜を斃したって、
       }:::::/)_ム V!     ,ィア T7:}:}ヽ~´   i' {」:リ } !        装備はともかくそんな強いようには見えないぜ?
      ´i::{ /: :)`     ヾ ,__Vr'タノ  ,.--、 ー‐' '_ !       銀水蛇とはワケがちがうだろ」
       人 ヽ:く、   -=ニ=      i '"" V  ミ i
        ノ}ヽ ___  -=ニ=        _ ィ:::ァ
         ´iハ::::ム '"           ̄´    /
           ハ{ム、          , --ァ  /
            ,斗} s。       ' ´ ̄/ イ      ___  /
           , { :!     s。     ~´  /! Y_  ,.ィ≦ニニニ!  `/ ,
         , ィ7 V !     ≧s。 _ ィノ |ニくニニニニニ|  , /
 ------==≦ニ/  V__         /  |ニニ\ニニニニ!  '
ニニニニニニニ|    r‐r‐!       '  ̄!  {ニニニヽニニニニ| '   ,



       /   ,.'" -‐‐、        `丶、      `、
      ./  /./    ノ        .r''´ ̄ ヽヽ     .`、
       ./   //    ./         |     ヽ`、      `、
     /   /人___,..'´ _,..-―‐、   ヽ     .ヽヽ       `、
    ./ ,ィ |'    _,..''"      \   `、    `、`、     .l
    .|/ | . | ,r―'''´           .\   ヽ __ノ .`、   ..|
        | . |/    .∧          \____     |    |
        |  |     ./ .`、        .lヽ    `ヽ、  l   .|ヽ|
        |  |   ./‐‐-`、 、     /ヽ . | `、      .`、 |  ..|
        |/|   / r‐‐-.、ヽ|ヽ .   l ̄.ヽ| ̄ `、     r'´ヽ . |
         .|,イ /、 .|.lリ   ヽ  `、 .|.r‐‐-、   ヽl、  //{~)|.∧|
         .//|/ `.ヽ   | .   `、.|.|.lリ  ヽ    \/( .ノ//     「や、やっぱりそうだよね?
       //    l   ̄         ヽ    |     .//       はは、はははは………」
        |.|    ヽ    ,      ――'  ./ ̄ ./`ヽ
        |.`ヽ、    ヽ                 /./   /\ .\
       ヽ ヽヽ、   |>、 ―-、      /l/    |、 .\ .\
          .`、 .`、 `ヽ..| 、  ヽ __ ,   '´/     .| \  \ .\
         ヽ lヽ...ヽl ヽ  |     ./  ___.ノ   \  \ .\



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  世の中には小手先の技術や、ちょっとした戦闘応用力では絶対に覆せない
  圧倒的な力の差というものがあり、高位邪竜などはその範疇に含まれる。

  前提条件が違いすぎるというウシオに賛成だったシモンも
  常識的に考えればそうだよね、と自分を納得させて
  偶然の一致という結論でこの話は終わりになるも、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

69 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:49:07 ID:IIC5YLY.
266.
――――――――――――――――――――――――――――
  青年の装備や立ち振る舞い、依頼調整のときのやり取りと
  実力の不一致に感じていた違和感が明確になったダディは
  なじみの深い盗賊ギルドに情報収集を依頼する事にする。
――――――――――――――――――――――――――――



          /\____/ヽ
        /   _ノ´   ヽ、\
.        |::::: . (─),  、(●)|
.        |::::     ,,ノ(、_, )ヽ、,,..|
.        |:::::::   `-=ニ=-_   |    (………洗ってみますか)
        \     `ニニ_/__゙ヽ_
         \....    (〈_r- ヽ ヽ、  「話が落ち着いたようなので
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |.   ちょっと出かけてきます。
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ, すぐ戻ってきますので護衛をお願いします」
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|

70 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:50:15 ID:IIC5YLY.
267.
―――――――――――――――――――――――――――――
  ―――が。

  いくら金を積んだと言うのか、盗賊ギルドから身辺調査はおろか
  なにも情報提供できないと断られて立ち尽くす羽目になった。
―――――――――――――――――――――――――――――



          ,.-=三三三=- 、
         /||||||||||||||||||||||||ヽ
         |ミ 」」」」」」」」」」」彡i
            |= |       |_=|
          |_「゙ニ-_,. _-ニ"|_|
         ( !| ` ゚ ´ |` ゚ ´ !! )
          ヾ!ト  、_,.  イ!/     「ああダメダメ。
          ,|ll\ =- /!l|、      いくらダディさんでもその人の調査は受けられないし
           ,.イ | :`ー‐'´/ |ヾ.ト、    なにも話せないよ」
     _,. - '´ | | 弋     ノ l | `` - .,_
   /!     '个 、ヽZzzZ/ ,.个     ,ヘ
.  / !.   | ̄否 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄否 ̄l   i ヘ
  l   l   / |  ー- .., ___ ,. -‐  | ';   |   |
  !  }ノ/ |                | ヽ、〉   !
. |'; 〈ノ ,'    ______  ',   l    |
.  | ';  | / // _,.     .,_ \ ヘ.  ! // !



                                             /\___/ヽ
                                            / ,,,,,,,ノiヽ,,,,,,:::i|li:\
                                         |(○),   、(○)、 :|
                                           | ⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒ u.:::|
                                         |.u   (^・^>  。.:::::::|
                  「根回し済み………!?」      \ ゚  ⌒´ u .::::/
                                         ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、
                                         :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                             |  \/゙(__)\,|  i |
                                             >   ヽ. ハ  |   ||



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

71 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:51:05 ID:IIC5YLY.
268.
━━━━━━━━━━━…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
  シモンがダディ達に囲まれていたそのころ、
  やらない夫が持ち込んだ麻袋を開いた製革業者は
  まずその品質に驚き、次にたっぷりとついていた脂肪に目を見開いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



      ´  /           \
    / / /     :ヽ   .:|   ヽ
.   / / /      .:.∧    i
   ′ :        / ‘, !.:.       i
        |   /__ x≦i|.:.      |
   ‘,  .:. l   〈 x<i}刀|.:.      :
    ,  .:/ \  トヽ  ̄´ |.:.     .:
     〉′ ∧/\!      ! ,/      :.:     「これを見ればどれほどの大物だったのかが分かります。
     /.:   〈   ` '       |/il  / .:.∧{
.    //}  ':.:.   zzzzz彡' /} ∧|.:./.       周辺の主だったのでしょうな、
      ‘,∧f<\    .. ィ : :/'  }i/        見てくださいこの脂。
         /  `z≦    ____く.           なめすのには苦労しそうですが
         ̄}ィヘ/\√::iヽ{ニニ}           最高品質の革をお約束しますよ」
    __.. ___ ,ィニ}:::}   i::::::|ニニzニ\___
  イ:::::::f:ィニニ/\_ _} .ィニニニ/ニ/〉へ
::::::{::|::::::::l:::|ニニi:::::l   i::::::|ニニ/ニ/=/::::::::::
::::::{::{::::::::{::::ニニ::::::|  :::::::ニ/ニニニ7:::::::::::::



                  , - ' ´孑ヌ -` : 、
               /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
.             ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
.        _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
       Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
....   _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
...゙r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
.゙彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',
   , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,    「ほんと、ぶるんぶるんしてるわね」
.. /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
. /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
/ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
.. / ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
... ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
... / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
..../ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
゙/ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
  ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
....' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
゙′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
   |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



――――――――――――――――――――――
  乾いてもいない裏側を眺めた水銀燈は、
  つい美味しいのかしらなどと考えてしまったが。
――――――――――――――――――――――

72 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:51:59 ID:IIC5YLY.
269.



         , <: : : /: : : : : : : .   ヘ
          f : / : : /: : : : : :/ : : : .  ∧
          | / : : /: : : : : :/`ヽ、: : .   ',
          |: : : : i: : : : : : ′ , ヘ、: .   '    「古傷なんかが上半身に集中してますが
          |: : ヘ.:|: : ヽ: : :| ,イ--x∨:.  ∧   傷を避けても留め具やベルト用なら十分取れるでしょう。
          |: : iハ : : │: :|〃_迂)_人: .  ' }
         ', : |: :ヘ : : |ヘ :! ゛ー '"、}: i/  ′   明日には買いとりとなめしのお見積もりをご用意しますが
        ァ:ハ : |\:{: ヘ{    ヽ/ /   '    期待してくださっていいですよ」
        ノ∧:ヽ{   __, -r‐ァ=-ムイ   /
       {/ ヘ: :ヘ  ヽ}>'¨´   /j/j{   __.. -…¬¨>、
          {: : :\       / ≦.:./_....,イ¨  : : : : /´ : : ヽ
          ヽ{\イ`ヽ - ' ,ィー'/´: :/ ,/⌒} : /: : /⌒V
              {ヘkー'Y⌒}.:.:.:.:{:(ノ: :{: :{/⌒/: /: : /.:.:.:.::.:ヘ
           -― 、  ,} };i}  i.:.:.:.:{: : : :ノ: : ー' /: /.:.:.:.:.:.:.:.:}
       ___,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:/ }!  }.:.:.:.:`一'.:`ー―.:':¨¨´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j
    ,.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ 〃 ,/..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.::.:.:.:.:.:.ヽ、
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//' /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\



. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶、     「おい、卸価格もちったぁ
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/     `丶 、  勉強してくれよ?」
''         l/   i、   、______,、   ,'          \
                !ヽ、   、   ,      ,イ              \
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l                \
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l          , - ... _   \
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!       /    ¨ ‐ -

74 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:52:59 ID:IIC5YLY.
270.



: : : : : : : !         //          /: : : : :       _.',
: : : : : : :l:         / ,'              ,': : : : :    / ̄   ',
: : : : : : l: :      ' '           , : : :    /    ___',
: : : : : : !: :        !            !.: : :    /,,ニ_''¨ ̄ : : : : ,     !
: : : : : : !: : :      l        l  l: :    //: /llヽ       ハ    !
: : : : : : !: : :      !      /  !  l: :  ,//: : : ! !!ノ     / , !  .!
:l:./: : : : : : : :    l. l      i  /l  lヾー': : / .   `´   /. : : : ! !  l    .!
.l∧: : l: : : : : :   ! l      ,イ ./ヽ!. !: : : : :ヽ、ミ=_---―彡: : :_ , l l  l    ム
.l ヘ: l: : : : : : :   l    /  /:l l: : ヽ !: :   `丶、 二: :-‐ '' ニ....__ M .l   ,'
  ヘ:l: : : : : : : :   !.  ,'   /: :l .l:.  ト、!       `` : : :     ./:.:.!     ,l
   l: : : : : : : : : /!  ! ./ : : l/               _   /:.:.:.:!   / !
   l: :l: : : : : : : ;': :! /l /: :                  ,ィ l  ./:.:.:.:.:l   ∧l   「もちろん、鞍の分はお安くしましょう」
   l ∧ : : : : : ;':.:.:! /: l./:          ,         , ' / / /:.:.:.:.:.:.! ム .!
   l/ '; : : : : ;、:ヘl/ ヽ、       `  '    _,, - '/∨'  ,イ:.:.:.:.:.:.:.l /
      '; : : : :!l:.:.:.ヽ、 ヾ、iヽ.ー-- , 、--―ァヽ'' ¨./ヽ':/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.K
      '; : : :l !:.:.:.:.:.ヽ、 \::\/::::\/:::::::;` ':::,ヘ/  /:.:.:.:.:.:.、――-`



  /::/:/::::::::::::::|::::/::::::::::/  \ |::::::::::::/       \::::::::::|
/::/:/:::::::::::::::::!:/::::::::::/-==≡ミ!::::::::/}        _ヽ::::::|
 ̄/:/:::::::::::::::::::!:::::::::::/ 行示リ リ:::::/´ _i____   !:::、>::|
. /:/:::::/⌒Y:::/!::::::::/`¨` ̄´¨ |:::/ / r==、  \  |:::::::::リ
/:/:::::/(丶/∨ !:::::/        |/  !  !イ示\  } /:::::i::/
:/:::::/ /V^   |:::/          i    ヽリ  } //::::::::!:!
:::/|{{  \  |:/          '     ヽ ' /::::::::::|:|
´  |::>、\ }  '                    /::::::::::∧!
.   i/  ヽ_i|    r 二二二 丶         //}:::/i/
     {  、           \ヽ      イ/´¨
     |  \           i/   //     「チッ、しっかりしてやがるな」
     |    \            /-'

75 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:53:57 ID:IIC5YLY.
271.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  肩をすくめたカミナはバジリスクの皮を水漬け中の桶をちらりと見た後、
  やらない夫に向き直っていった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



        /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; ノ>ー--- 、__
       /;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;x─'''''´
     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ
    /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;∧;、;;_xv.;.;.;.;.;.;.;.|
.  /;;;;;;;;;彡´{ ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ ;;;;; ;;;;;;;;;;;;/     `}.;.;.;.;.;.|
 /ィ´     {./;;;;;;;;;;;;;;;;ィ;;;;;;;;;;;//;;;;ィ ;;;;;;;;;;/       }.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヤ´
         /;;;;;;;;;;;/l;;;;;;;;;;;/ /;/i ;;;;;;/        }.;.;.;.;.;<,,_
      /;;;;;;;/メ).j;;;;;;;/ `メ、  j ;;;/       ,ィ、  /;;;;;;jー--ー'´
.     /;;;/{. i マ. j;;;;/モ キf;;;;;シ、i ;;/   _,,/  ヘ /;;/
     /ィ´  {. ヽ ソj'  `ー゙゙゙゙' j;;/  r'´zオ;;ッ、  /)
         } `メi       ノ'    i  `¨ー ' /,'
         { / i  ,ィ.       |     j
         レ  .ヽ ヽ、` 、    ノ      j'
         {    '.  ` 、 ` 、     /
          ヽ    '.   、` ー 、`_フ /
             ヽ   '.   `゙゙   /     「あんたが狩士として
            i    ' ,       /          居着いてくれると助かるんだがなぁ、ハハハ」
            `i、   ` rー一'ヽ
             i ヽ、   |    ヽ、



                                              /  ̄ ̄\
                                           _ノ  ヽ、_   \
                                          (⌒)(⌒ )    |
                                          (__人___)     │
                       「すみません、                '、'ーー´   'J |
                          この後も護衛がありまして」...   |        |
                                               ヽ 、     イ
                                                 ィヽ-ー ≦ノ7
                                           _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
                                         /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
                                        丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                  / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
                                  /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
                                      / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

76 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:55:00 ID:IIC5YLY.
272.



. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !         「それかエネル団を蹴散らしてくれても
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ.           いいけどよ、ってのは冗談だが。
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶、
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/     `丶 、     明日、見積もりが出るんで
''         l/   i、   、______,、   ,'          \...  鞍の代金もそんときにな」
                !ヽ、   、   ,      ,イ              \
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l                \
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l          , - ... _   \
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!       /    ¨ ‐ -



             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
            /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
          || \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
        .| ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)
        . 〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ
          //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨    「ええ、分かったわ」
.       ∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /
      /:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈:
     ./::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ
      !:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ
      |:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\
      ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
    ...人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
      ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
               斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )



―――――――――――――――――――――――
  それで一通りの話を終えた彼らは作業場を出て、
  カミナは自分の工房に戻っていった。
―――――――――――――――――――――――

77 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:55:59 ID:IIC5YLY.
273.
――――――――――――――――――――――――――
  この後の予定は、とやらない夫が水銀燈を見るなり
  ずっと黙っていたクリムゾンがバンダナを引っ張ってくる。

  どうやらずっと我慢していたらしい。
――――――――――――――――――――――――――



                     ―
                  /      \  「さて、俺達は………」
                 /_____ノ::}
                 |:::::::::::::::::::::::::::::≦|
                {>-----≧´ィ句|       /ヘ:r=、:ヾ、
                ∧    ー ´  ¨ i        //rィソヾiュノハ    「ボク!
                く:::ハ       _冫_....  /r屯ゝ,!ヾ//∧    今度はボクの番!」
                   レ' ∧   `  ´  .|::: ̄〉} //ヾヘ!´=、}///∧
              -‐, ~//::>  _ イ:厂八 /イ=-ゝ!三}ソ/´ ヾゝ
           /  〈::::::∧∨      / //:::::/.   ^ ^ `ヾ=,
          /    ハ8{  \`ー― / , く:8::イ        ' ,
         く      Y   >v <     Y:{         〉
         く `ー 、  /              V\       八
        く__ `ー   ∨ ノイ            i!::::!> ― - イ:::::\
        /_/:::::::::∧く_メ≧           八:::\`ー --〈|:::::::::ハ
        /_/:::::::::/:::∧ー―< ̄>――  イ /〉::::::\___/::::::::::::::}
        {:::::::::::::::::::イ  ト、    Y       ノ _ノ::::::::::::::::::::::イ :::::::::::::::ノ

78 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:56:59 ID:IIC5YLY.
274.



         _ _―_‐
.        〈乞}〉:::::::::::::::::::::....、 \
.      /..::>‐  ̄ ̄ ̄ `丶::..\ \      「ふふふ、お待たせ。
.     /.::/           \::.ヽ  ヽ     可愛いの選んであげるわね」
     lイ            |  | lヽ::l_ l_
     || | l     | | l |  | | 〈匸[}匸)〉
     || | |、   \ | | |/斗┼ |  フイ|冂|        /三三
     || | | \  ヽ| イ  | ___ l | |レ八」| ___/三三三
     | l| l | \\ |  〃 ̄ || Τ l/..:::::::::::::.`Ⅵ三三
     |八 l へ ̄___         || |/..::::::::::::::::::::::: |三三
.     /\ ヽ〝 ̄.゙|v、.     ノ|/ .:::::::::::::::::::::::::::: |三三
.     ヽ_〉\ \...N>'ヽ、      /.::/.::::::::::::::::::l:::::::::|/ ̄
.      ∠二二、\. <个  'i!. /  /.:://..::::::::::::::j::::::::ノ
.   /...:::::::::::::..\-.....ヽr┬'..゙ヘノ ̄/..:::::::::::::::::/.:://
......./ .:::::::::::::::::::::::::..\゙,`゙'`i'r'、.... /..::::::::::::::::::::://..:/
.  | :::::::::::::::::::::::::::::::::: r、_ノ }:i::/...::::::::::::::::::::::/..:::::::l
.  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\/..:::::::::::::::::::::::/..::::::::::: |
.  | ::::::::::::::::::二>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::::::|
.  | :::::::::::::::::::::三三\:::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::ノ .::::::: |
... ヽ::::::::::::::::::::::/..:::::::>―‐┬‐<:::::::::::::/..:::::::::::::|
...  \:::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
...     ̄     `丶:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\



―――――――――――――――――――――――――――――――
  クリムゾンを抱き上げた水銀燈と
  いろいろ我慢させちゃったしな、と申し訳なく思っていたやらない夫が
  目的の店に行ってみると、
―――――――――――――――――――――――――――――――

79 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:57:59 ID:IIC5YLY.
275.
――――――――――――――――――――――――――――
  姉の帰宅について確認に来ていたというシモンと出くわした。
――――――――――――――――――――――――――――



                  , - ' ´孑ヌ -` : 、
               /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
.             ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
.        _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
       Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
....   _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
...゙r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
.゙彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',
   , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,    「あら、シモンじゃない」
.. /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
. /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
/ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
.. / ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
... ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
... / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
..../ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
゙/ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
  ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
....' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
゙′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
   |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l∠-- 、、 ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヾ   l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l. {  0    l  l:/ ,-、 `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V !      /     /  ヾ. ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V       ―-- '       ,'0  l ,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```       !   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l            ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l        , -、      .ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./          ̄     /    「あれ、姉ちゃんたちどうしたの?」
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /

80 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 20:59:09 ID:IIC5YLY.
276.



   {ilililililillilil/ノ /   /      ヽ \
   {Ⅶilililili/ノ  il   i    ヽ   ハ ',
   {Ⅶil≦イ  il  .il  ト、   i    V
 _,彡イ 水 ̄ミヾ=.il  .il  ハ   ヘ  i .il
イイ  //ハヽ  //   il  i ト   ハ  il il
ヾ .//  Ⅶ_/ il  .升 | リハ il リ イ 丿
. Y /    iliイ.  iト  ハト>K彡' }/ イ.//
 //    川  .il ヽK' / ィ= / i、 il
.//     ハi.l  人} ィ匕r:j    `ー,
Ⅵ     i i.l  .ハリ   ̄ ̄     /
illi}    il il  il il        _ _イ
ilil}    il Ⅵ/ ノ       - ' ノilリ    「ちょっとお買い物にね」
人     ヾ≧ '         / /
ilililゝ, - - 、 \\ r、___ /i./
ィ三三三三三ミ、ヽⅦミ=、_
三三三三三三三ミ、 \iミミ、



                                  /:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::>:
                                    /:::|:::::::::::::::::::::\´ ̄ ̄¨弋::::::::::::::::::::::>::
                                 {:::八::::弋:::::::::::::::ハ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
                                   V{:::::ヽハ rミ ̄ ̄`/´ ̄ `ヽ  ∨::::::::::::::::::::::::
                                   弋::代:::.| '.          '.  )イヽ:::::::::::::::
                                       `ヾハ| .|   |       }    |::::>'⌒
                                       | 0j    O    ノ    レ'./>
                                      ノ`¨  ,;,  ー─=ニ  〃  〈⌒ヽ
                                       弋 ,,,    ミ  ''′゙'      )__ノ__
           「オイラはアネキが外食なのか.            从       r─‐-  -一≦三三三ミ
         聞きに来てたんだよ。               ト、  丶  r‐-、 ├气ミ三三三三三三ニニ
                                   | ヽ   \`¨´   |     ̄ ̄  |三|
         アニキも晩飯要らないっていうし………..... |   `ー彡\   ',           j三j
         どうしよっかな」                     j        `¨¨¨´V       {三{
                                   {                V      l三ミ辷
                                  人              人     / `ヾミ



――――――――――――――――――――――――
  一人分だけ作るにしてもなぁ、と考え込む少年は
  三人暮らしである家の食事担当でもあるのだが、
  有名革工房の工房長である兄はもちろん、
  有名服飾工房で修行中の姉も帰ってくるのが遅く、
  最近の夕食はほとんど一人になっている。
――――――――――――――――――――――――

81 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:00:07 ID:IIC5YLY.
277.
――――――――――――――――――――――――
  なんとなく市場に行く気にもなれずに
  頭の後ろで手を組んで眺めていると、
  水銀燈は色とりどりのリボンを手にとっては
  やらない夫の使い魔だというトカゲの尻尾にあてて
  ああでもないこうでもないと選びあぐねているようだ。
――――――――――――――――――――――――



              , __-,=====〔{〈回ヘ
               /_f〆::::::::::::::::::::::弋之ソ::::\
              / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
           / {i7:::::/  i            \:::::ヽ
           ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::
           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
.          |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
.           |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
         |    | |   | tしソ  リ| /癶〈| |   ハ
          |   | | ヽ \ ̄       '(レリル | ,∧|
          |   || \ \      , ` /! |〃ハ_i
           |    l   |   ̄   __ _  /|/″
.        / 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく       「う~ん。
.     / /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\      この紅に合うとしたら灰とか緑………?」
.      | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \
.      | l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_
     j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉
     〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /
        ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
       | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈回}くl|  |〈 〈
       | i  \ヽ .::.::.::.::\:::|  |―-ゞーヘ/〉|  |ヽ:i ,



                                                 ノヘヘ、rヘヘ
                                                /i,ノi,/i,ノi,
                                              /i;//:ニ〉=;;
                                         人 ,,、/;;/,/:::ニ=;;〉
                                       ♪     / i´ ゙/^  /;;ニ=〉:ニ=
                                        \    i/ ..</\/::ニ=;;ニ=)
                                      入:::∠>:::;; ≪\フ;;ニ   i
                                      ノ::,,,,,__ノVi ト;;;フニ一    ノ
                                      V  ):::ノ从ノ        i
                                           iノノ

82 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:01:19 ID:IIC5YLY.
278.



             ___
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、
      / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!     「おそろいの青……黒も良いわねぇ。
    ./; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|.       なんだかメイメイにもつけてあげたくなっちゃったわ」
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋



                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′    「そう言えば、騎手団では任務ごとに
              _ノ   `、     7          小隊を組むと言っていたが、
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ          指物みたいな目印はないのか?」
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  騎馬と違って、同じ兵種が敵味方で入り乱れることは無さそうだが、というやらない夫に
  良いところに気がつくわね、と頷いた水銀燈は
  どぎつい桃色のふりふりリボンを棚に戻して言った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

83 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:02:04 ID:IIC5YLY.
279.



              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|                 「飛行部隊も、地上部隊も、
             !lヽ   <  j l |イ|,|               味方内の混乱防止のために
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |                鞍の後ろに小隊と番号を意味する
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、           長短二つの帯を結んでおくわ。
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶r       団長のウォードッグ隊みたいに半固定の隊だったり、
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、.       青竜なんて目立つ騎獣ならいいのだけど
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ...   毎回何人か入れかわる小隊もあるし、
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄     天馬騎手だけでも大勢いるしで識別が大変だから。
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |        長いのが赤と黒ならガルム隊、白と金ならガルーダ隊、
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |.       短いのが黒なら一番、白なら二番、赤なら三番みたいに」
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´



           / ̄ ̄\
         /   _,ノ `⌒
          |   .( ●)(●)
.           |    (___人__)
           |        ノ
            .|        |
            人、       |     「なるほど」
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ、
:::::::::::::::::...ヽ::::::、-─────- 、_,. --──ー、
::::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄/
::::::::::::::::::::::::://         / /      /
:::::::::::::::::_//__        ./ /      /l
:::::::::::::::{ _____  `ヽ     / /      /:::.l  



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ふむ、と頷いた彼はさっそく手帳を取り出して色と小隊名を書き留めており、
  あらゆる事を聞き流さずに書き留めておくその姿勢を
  半分感心、半分呆れで眺めた水銀燈は
  ふと思いついた事があって人差し指を立てる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

84 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:03:05 ID:IIC5YLY.
280.



             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
            /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
          || \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ      「じゃあ、ここで問題よ。
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)
.         〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ     目視での識別は帯を目印にするけれど、
          //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨..   そもそも空中でどうやって指揮系統を維持しつつ、
.       ∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /      連携を取り合うのでしょうか?」
      /:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈:
.     /::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ
      !:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ
      |:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\
      ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
...    人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
      ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
               斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |     「想像でしかないんだが………」
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大声で叫ぶとかじゃないからね、と質問者は笑っており、
  もしも自分がそういう部隊を指揮するとしたらどうするか、と考えた回答者は腕を組んだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

85 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:04:02 ID:IIC5YLY.
281.



                                「………まず前提として、飛行騎手は
                                    弓、および弓技を基本とした
                                    遠距離攻撃が主体なんじゃないだろうか?
            / ̄ ̄\
           /   _,.ノ  ヽ、_.             剣を含めた他の武器にも遠距離戦技はあるが消耗が大きいし、
           |    ( ●) (●)            消耗を抑えたら危険度が高まる近、中距離戦が中心になってしまう。
          |    (___人__)
              |     ` ⌒´ノ            飛べない地上の相手に接近戦を挑む意味は少ないし
           |        |             すべての騎獣がブレスや魔法を使えるわけでもないだろうしな。
               |、       |
             [::.ヽ、  __ ,_ ノ               だがそうすると、味方同士の距離は
     _, 、-一 :::"\ ::::::::::::::::7、___.           地上よりも離れていると考えざるを得ない」
   / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ__
  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::..\ __
.  i :::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::.. \_
  i ::::::::::::::::::: i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `::...、
  l ::::::::::::j:::::: i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/::/::::::::::::::::::::::.. `ヽ
  l ::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::: l
  l :::::/::::::::::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l>ーーー-、r-‐:'::::´::::::: l
  i :::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l      l´:/::::::::::::::: ノ
  V .:::::::::::::::: lヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l     ノ .:::::::::::::::::: /
  l ::::::::ー::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. 、   /..::::::::::::::::::: /

86 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:05:00 ID:IIC5YLY.
282.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ならば、単独から少数の行動以外、                    |
|  連携、周辺警戒、現場管制の部隊を置いた方がいい。          .|
|                                                |
|  地上からの攻撃が届かない高高度なら風の精霊力が強いから    .|
|  腕のいい精霊使いが居れば風の声でかなりの距離まで          .|
|  相互、複数会話が可能だ。                          .|
|                                             .|
|  視力拡大の魔符か魔法使いが一人、二人いれば            .|
|  周辺の警戒や各地の戦局を把握できるだろう。             |
乂_____________________________ ノ


≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐

、  t--ニニュ,,,_         ,,,,,___、                              __,,,.... --ー''''''' ̄´
.`''-、,`'-..〟  .`       `゙'''''`-二,゙¨゙゙゙''''''''    ▲        --‐=ニニニニ`-―‐;;ニニ`-! ̄ _,,,
    `゙''―-   ==ニニ¬'''''''゙゙゙゙´.           /\               ―=`-―¬'''''''"゙ ̄´    ''!冖'゙,゙
.- ..,,_、          ̄¬r--ー.            `| |´.              ::::::              _,,..ニ二
.    `゙゙'''''―- ....,,,_                      | . |  ウインド・ボイスで各小隊に指示・連携   
       ー=tニニ==‐--'         -=`-  |   |              ̄ ̄´   .''''''゙゙ ̄ ̄゛
―――――‐==ニニ二二ニ=-冖'      __|.    |__          ,,、    __r--―…
                              \.       /       ー¬''''゙゙゙ ̄´
 ●                             \.     /
             __,,.. .-‐ '''""`゙''ー-、,_....  \/                ○
         , -'""'''- .._           `''  ●
     _,..-'''"        ``丶、.___,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐- ...,,;;;;;;;;;,,,         ●
_,..-'''"                 ``丶、._            _,,..-‐''~""''' ‐- ...,,__
                         `゙''ー-、,_   _,,..-‐''            ~""''' ‐- ...,,__
                              ~""''' ‐- ...,,__

   ▲:空中管制部隊(指揮を兼務する事も想定)
   ○:指揮官小隊
   ●:その他小隊

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐



――――――――――――――――――――――――――――――
  フリートでの魔竜戦において、エルの風の声による連携が
  大いに有効だったことを覚えている彼は
  魔石の他に風の精霊石があれば安定するだろうな、と補足する。
――――――――――――――――――――――――――――――

87 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:06:00 ID:IIC5YLY.
283.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ただ、視力拡大を使っていると視野が狭くなって近場が目に入らなくなるし、     |
|  魔法の集中を保ちながら空中戦をこなせというのも厳しいから             |
|  飛ぶ怪物を相手にすることも考えて護衛をつけておくといいだろう。         |
乂__________________________________ ノ



┌─────────────┐
│  やらない夫が想定した  .....│
│  空中管制部隊         .│
└─────────────┘


      △:管制隊長(一騎)
      □:風の声による騎手間連携担当(作戦規模により一~二騎)
      ○:視野拡大による周辺警戒、戦局確認担当(作戦規模により二~四騎)
      ◆:護衛(一小隊)




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして、その推測はおおむね当たっていた。

  実際にグレイランド騎手団では二つの空中管制小隊―――飛行部隊と地上部隊にそれぞれ―――がおり、
  微妙に異なる部分はあるものの、彼の言うような編成、手段で運用されているのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

88 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:06:59 ID:IIC5YLY.
284.



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ     「………もしかして、知ってましたぁ?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;
 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;



                ,   ̄
            /       ヽ
.            |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)
              .|     (___人__)
            j         / ',      「いや、今までの経験や知識を踏まえた予想だよ。
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V    自分だったらどうするかって考えてみたんだ」
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  驚く水銀燈はその返事で絶句した。

  まるで、過去に部隊を率いた経験がある―――
  あるいは部隊を率いる立場であるのが当たり前のような思考は果たして、
  一騎手として体験したがっている冒険者が持ち得るものなのだろうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

89 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:08:02 ID:IIC5YLY.
285.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者の戦術と騎士や衛兵の戦術には大きな隔たりがあるが、
  騎手にはもっと大きな隔たりがあるはずなのに。

  それは職に就けば自動的に身につくものではない、
  それぞれにきちんと学ばねばならないし、運用にも資質や才能が問われる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



    //  /,      ,
.   //  //  // /,  ,
  //  //  // // /.:'
; //  //  // // // / ,
//  //  // // // / /'  /   ,
/;ト、:'/  // // // / /'  /   /  ,   ;
7/,/\;// // // / /'  /   /  //   川
/ン_厶ィ\;// , イ{ / /'  /   /  //  /// '
 「7::ヾ:、\/ |!ハ/'  /   /  //  / ' /  イ ,
  {う}::::\、\jl |{ /   /  //   /   /   /' /  .:
 ヽ弋こツ ゞv/\}f/,  .:′,〃  ,   /  /  /  '
   ` -  `Y{`ーク / ィ   //  /   '  /  ,′
          //ィ/ ハ/ィ/  /  /  /  /
               r-:zL」_厶イ彡 ィ   /
              ィチう≧ァx // ' /   /
                ‘代こツ /く 爪//   ,
        ` _」     `ー   ,ィ/彡    /
     `丶、             // イ  } //
、    `          イ / / | /   '
::\      ____ . . ´ハ{ 〃{  }/     |
≫x:ー:7_「 ̄} 川 爪{/ | l i l// ヾイ    |   (そういえば、東の英雄って………)
//フイ/ム、 j/ l !/ |i/  | l i l{   川     |
才///「`ヾ:{′| ′L__ ;/| l i l   | !{     '
//〈/:∧  }:} _」ァ7///7ァLi」_l_   |八    |
厶///小.///////////////ハ | ヾ;:.  |
マ「{マ「{マVヽ//////////////∧i   }}   |
 |:| |:|    {'///////////////\イ    |
 {:{ ヾ:,   }'/////////////////\   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  妖術師退治が中心だったものの、東の英雄のうわさ話には
  魔族合成された邪竜を斃しただとか、
  とある国の親衛騎士団長として内乱を収めたという話もあったはず。
―――――――――――――――――――――――――――――――

90 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:08:59 ID:IIC5YLY.
286.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  でもでも、いやいや、またまたご冗談を、と首を振っていると。

  念のため全部の色と名称を教えてくれ、と面倒な事を言われそうだったので
  疑念を頭から追い出し遮った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |
              |         |     「もし体験入団できたら俺達にも
           |        |      識別名が割り振られたりするんだろうか?
            ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/ L     念のため全部の色と―――」
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、              |  こらこら、待ちなさぁい?  |
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、             乂____________ ノ
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

91 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:10:12 ID:IIC5YLY.
287.



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳      「たとえ竜騎手でも
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、      まずは候補生に混じって座学からよ。
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ   そこでたっぷり教えてもらいなさいな」
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |



                                         / ̄ ̄ \
                                         _ノ  `⌒   \
                                         (●).(● )
                                        (__人___)    |
                                            , =二ニニヽ、   |
                  「水銀燈は違うのか?」       /  二 ヽ、V   ト、_____
                                          /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                                      /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                                     _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
                                       _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
                                      l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
                                      ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
                                      ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
                                 ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|

92 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:11:02 ID:IIC5YLY.
288.



                 -―-  _
              /r辷}厂:::::::::{弐込リ
             /rア.::::::::::芸云芸=ミx:::.ヽ_
            ' f7.::::_j厂       艾::::V{
              ′f7.::_j{., // /       ハ艾:ハ
          {{二}/_j{ / // /  ' /// /,  } iハ:}
            ;ffく{i{〉.:{:{芹ミメ、/ /// // /|| :}!
         /イハ{≫ iハ.r=ミ心/// /厶斗リ/ !介
.         / :{i{ハ从|{杙 {r::リ^  }イ云zx才 .从{
         /  :}i}  i:八乂 , , ,     弋fリイ /イ:i:}.   「私が特例の持ち込み試験中なの忘れたの?
.         / /      | :八    _ ′'' ' 彡イ{:リ |乂....  その辺りは全部終わってるのよ。
.      / / /  /, |{从\    `  イ ハi :i|{
     ー-=ミ`ヾメ.  从i:乂 }:≧=-<(/ /, /‐-ミ 八.    正規に入団しようと思ったら
   才 ̄. : : : : : :ハ __ハ 辷刈り.:::::jア.//.:.:.:.:.:.∨....   騎士団、神殿、学院、大学といった
  ≧=ー. : : : : : : : /.:.:.:.:ア/八{i{.:.:.:乂 /イ.:.:.:.:.:.:.. ∨    各機関から若手を集めた候補生からよ。
  7. : : : : : :-‐. : : }.:.:.:r弌x__  _ ̄乂{{/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:
  ⌒7. : :ィ : : :乂イ.:}:/i  fr爻ィ⌒} .く.:.:.:.:.:_彡.:.:.:.:}.   ただ、全員が騎手になれるわけじゃないし、
.   /才f. ; 彳( {.:.:.:/.:{    ⌒} , ノ }.:ー-.:.:.:.:.:._彡'.    見込みの有る人に空いた騎獣を割り当てるのだけど」
     }/  }//.:.:.:{:.:.乂  ____  .才゛.:.:.:.xf斗く  !
.        />'"´才ーァーf.:.:.:>‐-ミ.:_//{/{iメ ' i:|
.      /.:.{   {{_ .ノ_厂 {f   \-く:ハ八/ :从
       八:.∧   _jj {{ ⌒7八    、`Y7゙イ}i}./



                                            / ̄ ̄\ー-、 _r‐- 、
                                          __ノ ヽ、,_  \.   7;:::::::::\__
                                          (●)(● )    |  〃:::::::::::::::::::` ''‐-、_
                                          (__人___)    |‐≦イ::.::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
             「騎獣の空き待ちまであるのか。         |` ⌒´     |  └‐-、__::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           |        |       `ヽ.::::::::::::::::::::::::::}
              ………繁殖も簡単じゃないだろうし.      ヽ      .イ     __,. -<丶、.:::::::::::::::::/
              仕方ない、のか?」                  __「ヽー'ーー"/7一^V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r´
                                    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::::::::.、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                   /;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::./
                                  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::_r'´
                                  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::_、-'゙´
                                 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/
                                 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l′



――――――――――――――――――――――――――――――――
  交代要員の確保は重要だが
  順番待ちはつらいだろうなと言うやらない夫に
  本当に狭き門なんだから、と水銀燈は改めて入団の難しさを説いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

93 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:12:00 ID:IIC5YLY.
289.



             ___
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、
      / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l...   「割り当てられる順が
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !      候補生全体の成績順じゃないのもね。
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!..    前衛が不足したら前衛が補充されるし
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!..    司祭が不足したら司祭が補充されるし、
.    /; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!.    精霊使いが不足したら精霊使いが補充されるし。
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|.     かわいそうなのは管制候補の子よぉ。
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|.      副団長………団長の奥さんが飛行部隊の管制なんだけれど
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |      もし子供ができたら休まざるを得ないからって
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、     馬にも乗ったことがない子を
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋    大学から引っ張って来ちゃったらしいわ」



                                                 _______
                                            /    \,-、__
                                          /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                                          | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
      「なかなか順番が回ってこない候補生もいれば、        |  (___人___) 〉-‐‐´ l
     希望したわけじゃないのに                        |       u 〉--‐´ l
     現場に突っ込まれそうな候補生もいるってことか。.      |        iヽソ   l
                                          Λ      ∧`;"   '、
     その辺は強権発動なんだな」                   __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
                                   _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
                                 ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
                               / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



――――――――――――――――――――――――――
  そこで出会ったころの冷徹な表情を浮かべた水銀燈は、
  副団長の後任育成計画については、
  『そもそも女なんかを騎手にするからだ』って
  いろいろ凄かったんだからと低い声で言った。
――――――――――――――――――――――――――

94 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:12:59 ID:IIC5YLY.
290.



                  , - ' ´孑ヌ -` : 、
               /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
.             ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
.        _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
       Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
....   _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
...゙r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
.゙彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',    「結局、引っ張ってきたのも女の子だけどね」
   , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,
.. /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
. /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
/ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
.. / ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
... ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
... / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
..../ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
゙/ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
  ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
....' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
゙′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
   |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



                                           / ̄ ̄\
                                         __ノ ヽ、,_  \
                                         (●)(● )    |
                                         (__人___)    |
                                             |` ⌒´   u. |
                                          |        |
                     「えっ、そうなのか?」       ヽ      .イ
                                         __「ヽー'ーー"/7_
                                   _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
                                  /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
                                 丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                 i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
                                /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
                                l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |



――――――――――――――――――――――――――――――
  騎手団に女性がいる、といっても
  魔術師や管制など補助的な立場に女性が含まれるというだけで、
  実戦闘を行う前衛は男性ばかりなのが実情であるが。
――――――――――――――――――――――――――――――

95 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:14:00 ID:IIC5YLY.
291.
―――――――――――――――――――――――
  むふん、と大きな胸を張る水銀燈は
  私がその前例になってみせると力強く宣言する。

  もう二度と、目的を見誤ることはないとばかりに。
―――――――――――――――――――――――



              _ ... _
          -_,.ニ -――-   ::.::.::..\
        //          \:.::.::.:.ヽ
        //              ヽ::.::.::.::.l\
        /         ヽ   ヽ '.  ヘ::.::.::.::| ヽ
     /     |   |   |l  | |  ヽ::.::.:」__ ',         「努力や才能は性別や前例を超えて特例を作るのよ。
.    /    | i |  |l |  |,lイ丁 |    7::/::.::ヽ ,
     ' !    | | |'.  | ! |/| ,,ィ二寸  | |_」::.::.::.::|  、.      それに、部外の体験入団者を
   | l   | | | | ヽ | l |ヽ〃( 勺刈  | |_」::.::.::.::|  \.     任務に出すような真似はしないでしょ。
    | |   | l 仁≧\l l   >'´|,/| |_」::.::.::.::| 丶  \.  偵察一つとったって、何かあったらどうするの」
   | | l∥ | ト"(で)ヽ        ノ´/| |::.:l:.::.::.∧  \   \
     、l lハ |ヽ|ハ `'´'    ィ   //|  `ーァ‐く ヽ    \  \
      \  |∥ ヽ|∧   <__/    イ   厶…-、 \  、 \
         l |!  | ト .,      / /   /.:.::.::.::.::..\ \ \   \
           |!ヘ | |   i`   ー _>イ/   /.:.::.::.::.::.::.::.:..\ \ \
          ∧| |   l   ,.「:::Y{:::/   /|::.::.::.::.::.::.::.::.::.l::ヽ  \
           / 〉 |   l /´厶イ「V  /.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::..\l  ヽ
        / _厶ィ:|  ィ′   /   /.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:` ー- 、
        ' /.::.::.::.::jイ`~i⌒Y^7   /.::.::.|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
      / /.::.::.::/r~'⌒7⌒V   ;'::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::./::.:__::.::.::.::.::.ノ
     / イ::.::.::./.::.:|⌒Y^ー'⌒,|   i::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::./:/..::.::..ヽ::.:/



                                           ___
                                         /:::::::::::::::::ヽ         ____
                                       / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                                      / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                   i :::::::::::(●).(● )    |::::::::::::::::::γ::::::::::::::::::::: ノ
                                   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
                                   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                                   | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
                  「それもそうだな」.      | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/::::::::::::::::: /
                                      i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                                  r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r




―――――――――――――――――――――――――――――
  こういう場合、部外者が失敗などなにかしでかす可能性もだが、
  良いことをしてしまった時の体裁も問題なのである。
―――――――――――――――――――――――――――――

96 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:15:00 ID:IIC5YLY.
292.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  正規の騎手を差し置いて、体験入団者が活躍―――ましてや彼は竜騎手だ―――なんてしたら
  沽券にかかわるのは、他国所属の天馬騎手に野盗団のことを頼めない領主と同じなのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    >セ乞アト ニ _
.              /..::.:.ヾごソ.::.::.::.::.::.`:..、
.            / ^⌒^⌒^⌒⌒^丶、:::.::..\
          //    /          \::.::.:.ヽ
           / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
.          /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
        ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ    (竜騎手の体験入団、か。
.          |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l...   国民は正式加入を期待するでしょうし
.          | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、    上も簡単には離さないでしょうけれど………
.          |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
        |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |.    貴族の派閥闘争に巻き込まれる可能性も濃厚ね)
        レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
             |  ト  __      /|    |l      |     /
  、_  \__   |   | // )、_  <_j   リ\   | /厶イ{ノ廴__,,
.... _ーz三≧三≧|   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<三三三三三三ご_
  ご三三三三三|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\三三三三二ニ
_二三三三三三/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\三三三三≧===ァ
_=ニ二三三三/.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ三三三三{ ̄
   ̄え三三∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉三三三三二
....=彡ベ彡イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/三三三≧一
.        /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\ ̄`ヾミ⌒ヾー
       /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
          /  ∧ | | | /|\_/..::.::.::.:/l::.::.::〈〈__ノ八_〉〉 lヽ

97 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:15:59 ID:IIC5YLY.
293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ過去には、そのような事情を飛び越えてでも手を借りなければならない状況や
  自分の負担や被害を減らそうとする思惑、
  あるいは事後の体裁をとり繕うために
  英雄だの勇者だのに祭り上げられてしまった者の話も少なくない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ____
           /     \
          / \   / \
        /  ●)  (●)   \
      |      ´        |
      \    ⌒       /
     ./ー-.l`‐-‐< ̄の) \ __
     (  /⌒⌒ ̄ ̄r:| !ヘ  /  \
     ノ` /   ,.      |_ /   / \
    |//          | / \/  / \
   / (________;__/ \   /   /
  /   Y/   ゞヽ ,ノ ヘ|   /   \/
/    ,〈______;;λイ\   ,|  /  /\__/
   //∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐".| /  /  /
 //  └r,;;;イ'"">   〉;|/  /  /
ヽ´    _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};; \∠_/
,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___   ___);;;;
"""""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その背景には、称号を持つほどの者ならば
  あらゆる枠組みを飛び越えて人や国、平和のために尽くして当然という―――
  いわゆる、力には義務も伴うというやつだ―――期待があるのも理由の一つだろう。

  また逆に、才能あるものが自ら英雄であろう、勇者であろう、
  人々の期待に応えようとする意識に絡め取られやすいというのもあるに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

98 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:17:03 ID:IIC5YLY.
294.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言い換えれば、それらは一般を飛び越えて化け物じみた力に人々が安心したいがための心理であり、
  本人らにとっては恐怖、排斥されないための処世術でもある。

  そうやって祭り上げられたものの多くが
  早くに命を落としたり、使い潰されて消えていく中、
  ごくまれに大化けして後の世に名を残す者がいる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               /
                                             ∠.     /
                ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  、                 / /.    /
               /                 \              / /   /
           . ′                  \            / /   /,..<
             /                     ヽ         / /   ,...<::::::::::>
         /   ヽ、             ,∠_    '.        / / ,...<:::::::::::>´
         .′   , =-≧ミ、      ィ爪  ヽ   l   _  /`Lイ<:::::::::::> ´
           i   ({  弋り}     {弋り  ノ   | / ヽ'<//.::::::> ´
         '.    `ー ''´   、  `ー ''´   / ̄`ヽ  \7>´
         >、_          _       /   _  \  \  __
       /     `ー 、 '´  ___` -‐'7      '.  }   } ̄ゝ.__ `ヽ
      /          / ̄        /   ー-、   i /  /、r‐‐-ミ'.   V
        i                     __    |  V--‐'  {__    ',   j
        |                   ,ィ気;ミ;}   | ./ /,-‐ 、__ヽ  }-‐ '
      `、                ,ィ気:ミ/  /´   {. ゝ、  \`ー /
        i   >── 、         /-;ミ;/ー‐'´   / ', r‐=ミ、  `「´
        ',          `ー-‐‐,イ=、 /     ト、  {   `ヽ.  ∀T
        ヽ           {⌒', /      | \      `ー' |
         ',          `ー´        |   ヽ         /
          ヽ                      |     `  _ .ィ
           i                        |



―――――――――――――――――――――――――
  それこそが、フリートの冒険者養成学校校長の言う、
  人に選ばれて、人に磨かれた存在なのだろう。

  ―――閑話休題。
―――――――――――――――――――――――――

99 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:18:06 ID:IIC5YLY.
295.
――――――――――――――――――――――――――――――
  それからもう十分ほど、
  水銀燈は色とりどりのリボンを取り出しては
  紅の尻尾に当てたり結んだりしていたのだが、
  どうにも選びきれなくてクリムゾンの意見を聞いてみる事にした。
――――――――――――――――――――――――――――――



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ   「ねえクリムゾン。
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/     あなたはどれが良いと思う?」
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_


                    i!
                i''i
    ,            /:::i
    'i,              /':: i
    'i'i,         /'::  'i,
    }::ヽ、      〈〈 _,.、-‐ゝ
    ノ,.、-‐ヽ   |v、 ヽ 、,  {
     ヽ、 ハ!. N>'ヽ、}}::.\,i,.
       'i/ ヾ、<个  'i!||:::::..ノ  (あれがいい!)
.       ヽ、 ヾvヽr┬';/::/
         ``ヽ'i,`゙'`i'r'、/           r,
           `r、_ノ }:i::\        //
         {介> ri/.゙'功〉...、     //.
            i`ーπY,', `ー-‐‐'´/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  シモンには聞こえない囁きに、きょろ、きょろと紅玉のような視線が棚やテーブルの上をさまよった後、
  小さな爪が指し示したのはやらない夫のバンダナやマントと同じ、青色のリボンだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

100 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:18:59 ID:IIC5YLY.
296.



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
              / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
.              ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
                , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
.             //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
.            ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !
.. ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/
....   ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
..._-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
. -ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′    「おそろいが良いなんて可愛いわねぇ。
/´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ       じゃあこれにしましょ」
.   /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
..../´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
 ´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
.゙イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
.../   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、




        ヽ  丁    ̄ノ{_  ̄ミヾ   \                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
          ,ー---、、,,____. ´ ̄\ \..  〉、                     |  はい、でーきた♪  |
          {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ゙゙̄二ニ>-‐''"゙ヽ ̄iー-、               乂_________ ノ
           ヽ  __,,,-―''" ̄  /  _,'ニニ;}__」─-\
            'ヽ    ..:.:.:.:.:.:.:.:.<       / .\    ヽ
                 '''''''''----,,___.... `>-‐'''′     ̄ ̄`
              ヽ  }=彳^=イ==ヘ  / \
               }\ト、 }    .} _ }=´   /
               ヽ  〉⌒ー=彡 ̄=〈_ __/ \
                `イ  / /   〉==    __<
                  `イ_ノ   _j_,,ノ === ̄   \
                   } \==ク      __,,==ミ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いちおうクリムゾンも雄っぽいので、ちょうちょ結びではなく
  やらない夫のバンダナのように根本に巻き付けて結ぶ形にしてやると、
  首を巡らせて確認していた小竜は得意げに尻尾を立ててご満悦になっている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

101 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:19:59 ID:IIC5YLY.
297.



                    i!
                i''i
    ,            /:::i
    'i,              /':: i
    'i'i,         /'::  'i,
    }::ヽ、      〈〈 _,.、-‐ゝ  ♪
    ノ,.、-‐ヽ   |v、 ヽ 、,  { /
     ヽ、 ハ!. N>'ヽ、}}::.\,i,. ―♪
       'i/ ヾ、<个  'i!||:::::..ノ
.       ヽ、 ヾvヽr┬';/::/
         ``ヽ'i,`゙'`i'r'、/           r,
           `r、_ノ }:i::\        //
         {介> ri/.゙'功〉...〃      .//.
            i`ーπY,', |ー-‐‐'´/
              `ーi (_`-'、/   ,/
              /i.(   ̄ ̄
.               `^^´



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |    「良かったな。
              人、        |      振り回して破かないように気をつけろよ?」
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

102 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:21:03 ID:IIC5YLY.
298.



           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |   「ではこれをいただきます」
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|



.      /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:./Vヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:._.. - _
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.:ト'ーz_ヘ:.:.:.:.:.:.:.ハ-‐_''ニ¨- '' ¨、
.    /: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l:.:.:.:.:.:.:.:l    ';.:.:.:.:.:.:.:ハ¨: : : : : : : : :ヽ
__∠ -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/__!:.:.:.:.:.:.:.l    ';.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/__-';.:.:.:.:.:.:.:',._ -―-';.:.:.:.:.:.:.:.、- ‐`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  `ーァ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.ん::}`ヽ:.:.:.:.:lヾ、‐_ニ _ .i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   〈:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:〈::rィリ  \:.:l  ´トイ::} `!:.:.:,、:.:.:.:.:.:` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
     ';.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.ト、`"-     ヽ!  弋シ /:.:/、ヽ、___:.>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ';.:.:ハ:.:.:.:,, - ''7     l    `` 'イハ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ヽトl>´   ,'\     ′     ,'ノ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    ,, - ''¨   _...-,'  ̄ `ー---    /- ' ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    「毎度ありがとうございました」
  r ¨    ,, -''  ,'、         /     ヽ_ ... - ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |  ,, - ¨    i  `ヽ、    , イ__... - '' ¨  ┌────────┐
.  l''¨         !`ヽ、  ` ー ´ ,'       _.. - │ シモンの姉     │
  l           l::::::::::` ー-- ‐7:;-――‐ ''¨   │ ヨーコ       │
   ',        l:::::::::::::::::::::::::::::ll:l.          /└────────┘

103 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:22:16 ID:IIC5YLY.
299.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  途中から店番を変わっていたシモンの姉に料金を支払い、
  三人と一匹は夕暮れの街に出た。

  これからどうするか、と向かい合ったところで、
  ふと思いついたことがあった水銀燈がシモンを夕食に誘い、
  帰って一人飯かな、と考えていた少年は戸惑いながらもご一緒することに決める。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` 丶 イ.: j|  /{ ノ′  「さて、と。
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ      お腹すいちゃったから宿に戻りましょ。
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_     夕食、良かったらシモンも一緒にどう?
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´.     今日はお兄さんもお姉さんも遅いのでしょう?」
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァz く::.::..::..`ヽ、



                                   /:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::>:
                                     /:::|:::::::::::::::::::::\´ ̄ ̄¨弋::::::::::::::::::::::>::
                                  {:::八::::弋:::::::::::::::ハ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
                                    V{:::::ヽハ rミ ̄ ̄`/´ ̄ `ヽ  ∨::::::::::::::::::::::::
                                    弋::代:::.| '.          '.  )イヽ:::::::::::::::
                                        `ヾハ| .|   |       }    |::::>'⌒
                                        | 0j    O    ノ    レ'./>
                                       ノ`¨  ,;,  ー─=ニ  〃  〈⌒ヽ
                                        弋 ,,,    ミ  ''′゙'      )__ノ__
                                        从       r─‐-  -一≦三三三ミ
                  「えっ、いいのかい?」.      ト、  丶  r‐-、 ├气ミ三三三三三三ニニ
                                    | ヽ   \`¨´   |     ̄ ̄  |三|
                                    |   `ー彡\   ',           j三j
                                     j        `¨¨¨´V       {三{
                                    {                V      l三ミ辷
                                   人              人     / `ヾミ

104 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:23:13 ID:IIC5YLY.
300.



             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
            /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
          || \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
        .| ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)
        . 〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ
          //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨   「もちろんよぉ。
.       ∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /     皮取りの話も聞きたいしね。
      /:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈:
     ./::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ       あなたも構わないでしょう?」
      !:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ
      |:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\
      ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
    ...人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
      ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
               斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ    「ああ」
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  本人に聞いても簡単だったと言われるだけで
  細かいことを教えてくれないので、唯一の同行者に聞くことにしたのである。

  やらない夫もそれを分かってはいたが、隠すほどのことでもないと笑顔で頷いており、
  三人の予定がそれで決まった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

105 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:24:17 ID:IIC5YLY.
301.



                  , - ' ´孑ヌ -` : 、
               /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
.             ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
.        _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
       Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
....   _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
...゙r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
.゙彳   /   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',      .「あなたのおかげで材料は揃ったけれど、
   , '   ≠/ {  {',  ヽ     , 、   / { i:| |:|   ,.     できあがるまでは結構かかるわね。
.. /   /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
. /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',     メイメイとお喋りして
/ //  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',,   クリムゾンを撫で撫でするのは当たり前として、
.. / ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',   他になにして過ごそうかしらぁ?」
... ィ'  ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
... / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ  〈薔〉   }{ヘ! }
..../ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
゙/ / ,′ , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
  ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
....' | ' / / ノ/}/     ! j:ヽ      ヾ≠i∨',::i   |   }
゙′ .!/ i / r彳 //!    |//Y        r/ };i ',:ヾ:/!   .'
   |  j /    ヾ' !     | {_j          ヽ//  /



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ   「約二ヶ月、だそうだな」
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

 
-107 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 21:25:34 ID:JleTA09s
待ち時間に仕事に行くのも難しいし修行フェイズ?

106 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:24:59 ID:IIC5YLY.
302.



.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/.     「姉ちゃん達、良かったらオイラが
       レ' V\. ',    、____,    / //       カリラを案内しようか?
           Vハ\                 ノ<__/7      この辺は初めてなんだろ?」
          /  ヽ \         //V   / /
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /
           ヘ       |         |      / /
           \     ノ         |       / /



             ___
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、
      / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!
    ./; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!    「あら、良いの?」
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  今度は逆に、思わぬ申し出をされてにそうねぇ、と考え込んだ水銀燈は。

  バルベニーでの経験を思い出し、
  知らない土地の見聞を広めたり住民の話をきくことは
  きっと自分の身になるだろう、と誘いを受けることにした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

108 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:25:59 ID:IIC5YLY.
303.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、そう言いだしたシモンにも下心はあったのでおあいこの話である。

  水銀燈のように綺麗なお姉さんと仲良くするのは男として嬉しいことだし、
  やらない夫の話を聞くことはきっと冒険者を目指す自分にとって
  大切な経験になる、と直感していたからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
              / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
.              ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
                , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
.             //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
.            ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !
.. ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/
....   ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
..._-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
. -ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′    「良かったらお願いするわぁ」
/´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
.   /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
..../´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
 ´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
.゙イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
.../   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、



          ______   ヾz、
          ~""''' ‐- ..  `゙'''‐‐ `、    _
            ,..-'''"  ____ `''''''´.''"
          .,.'"   ,..<         >、  ̄`ヽ、
         ., '    /   )       .(   .` 、    `、
       ,'    /    ./  __    `、    `、    `、
        /   /     / ./  ` .、   `、    `、   l
      ./   /、__/  /      \  .` 、__.ノ`、  |
     /   /  ___./          ヽ 、      |  |
     |   .| , ´     /|        l .....|、 `ー-、  .|   |
     |   .ll   .,ィ ./ .| |、      lヽ .l_ヽ 、   ヽ .|   |
     |   .ll   / | ./.....| ./ ヽ     l'´.ヽ| .`、|`、  ヽ|   |
     |   .|l  ./ . |/  |/  .\  |       `、  |l   |
     |. ∧/∧../  ,r===z、  ヽ | ,r===z、 .〉、 |....ヽ|
     |/ .| l>|/ }            .ヽ|       .// ヽlヽ./
         l <ヽ.ヽ /////         ////// ' フノ//
        `ー、-、 .l        、          l-‐ノ、/
         /ヽ .`、   、_______,,,,,   ノ''´/、
        /  ヽ,、 .ヽ  `ー----------''´ ./ /l/ `、   「へへへ、任せときなって」
       く      ヽ、l ヽ、          イ、/   /
       .ヽ      ヽ___ノ ̄   ー'''´l__/   ./ ̄ ̄ヽ
      /´ ヽ     ヽ           ./  ../      ヽ
     ./ 、  `ヽ、   .ヽ ー― 、    .__,/ . /     l   ヽ
     /  .ヽ    ヽ   ヽ        ./ /

109 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:26:59 ID:IIC5YLY.
304.



    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l∠-- 、、 ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /     ヾ   l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l. {  0    l  l:/ ,-、 `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
.  l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V !      /     /  ヾ. ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V       ―-- '       ,'0  l ,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
. l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```       !   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l            ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l        , -、      .ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./          ̄     /    「兄ちゃんも一緒に来るよね?」
. l/  l: : : :l        i          ,  '
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



                                            / ̄ ̄\
                                          ⌒´ ヽ、,_  \
                                             (●)(●.)    |
                                          (_人___)    |
                                             '、       │
                                         }       { チリッ
                            「俺は―――」....   !、______ .ィ-ート、
                                             V/:::::::::::::::::ヽ
                                           {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                            /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                    「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                    } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                    i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                    { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                    \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                      \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



―――――――――――――――
  と口を開きかけた、その刹那。
―――――――――――――――

110 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:28:00 ID:IIC5YLY.
305.



                          / ̄ ̄ \
                    /       \
    \ \              |   \, ,/   |                 /   /
      \ \           |  (○) (○)  |                    /   /
       \ \            |   (__人__)   |     「!」       /   /       _,...-
                       |    `⌒´   |                       _,.. -
    -  _                  {        }    n
                    ヽ      ノ   l^l.| | /)         _, ,イ,イ  ____
    __              /⌒ ´     ` ⌒ヽ| U レ'//)       ,イ .| | レ'レ'  ̄ ̄
                    /                 ノ    /     / / | |.       ____
                     ヽ、 j         rニ     ノ       / /  .| |.... ̄ ̄ ̄ ̄
                     } l             !ヽ、_,__/       / /   | l....   ___
    __           /つゝ、!          }         /, '    |/
         ̄        {〈〈〈ゞヘ           l                     __
    ____      ` ̄´ ノ           〈.         ,イ,イ ,イ.              ̄ ̄ ̄
                    /     ,r、     \       レレ //
                   /     /  \     \.     /'
                 /     /     \     \
                  (    く´        \    ヘ                     \  \
                 \    \         ヽ    ヘ                   \  \
                   \    \         ヽ    ヘ
                   (´________ノ          ヽ    ヘ
                    ` ̄  ̄              ∨______`)
                                      ̄ ̄ ̄´

111 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:28:59 ID:IIC5YLY.
306.



                                         /
                                     //
                                  / /
                                   / /
               ,. - ァ<iiXK〉 、          / /
              / rハ/`∠}^'´ \           / /
                 /  _{i;;;;}∠} l  l \ヽ      / /
            / ,.イ!しi7 | ハ| l│N l l      / /
             / //l| l l N-ヽヽト l 从     / /
     _,. - '´/イ/ / ハl lヽl 弋ti`{ヽl         / /
     /  /-ニ彡 ' < lヽヽ  __ ,.ィ リ.       / /     「なに!?」
   /  /  /  ∠  V ><ヽヽ_,.イ  ヽ      / /
.  / /  //  /:::::::V_ V介,ハ l \  ヽ   .../ /
  //l/ /::::/l //:....  V }元vィrV N lヽ. \ / /
. 〃  V:::l::::::l ハl l:::::::: __Vi }大彡  リ!N   / / - , ァ┐     ,イ  ,イ  ,イ,イ
/l l ヽ/ l::|l:::l N/::::/:::::::::::\7心l′      ,//l/, ュィ7//.... __/.ム_/./  レ'レ'
 N ; l ;,,l:lヽ:l く- ':::::::::::::::::: __ l∠、  }.、 Kハ7//-<ノ/.     ヽ=, ,.--., .二7
         ミュ::::::: ,r'^i´::::::><ヽ Vkz/l イ/ ´ ̄ノ     /″ .//
                /::::::::ヽ'´-} 7´ 7ハl/<z┴ <           //
            /`ー-. riこ }-'┴i__フ 、ニ7`¨´i ̄.         /´   ,イ,イ ,イ
          /::::::::::::::i}、 〉ミ-{\{:: / /ニュ:::r'                 レレ //
          /::::::::::::::::::::lノ_人/-< 〉^ヽフ/´:::ム _                 /'
.        /::: ::::::::::::::::::::| 弋 〉く _ハ/- う::::/V /7- 、
      /:::::::::丶、:::::::::l,.イ/} Y L ィ^V:::::::/X  ̄ `Y  ̄ ヽ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ :::l_⊥/´ 丁 ヽ_`^´∠ \ ミ{-‐ ´ i}
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`¨´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ `丶、 二フ}__
     l;;;;;;;;;/´Y 〉、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ iヽ.



                ____ヾ-、
          ヾ、_, -‐:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ヾ
           \::::::::::::::::::::::::, ------::、::::::ヽ、
            , ィ::::::::::>'"¨7    i,   \:::::\
           /:::::::::::/  /::::,---、 ヽ,  ハ',:::::',
         //::::::::/ヽ--_'>'":::::::::::::::ヽ, `'ー-、.i::::::',
           /::::::::::´¨:::::::::::::y::::::::::::::::::/:::::>-、.i::::::::',
        ,.=':::::::::::::::::::::/::/Z::::::::::::://::::::::::::i:::::::::::::iヘ,
            i:://::::::::::::/ニ、|::::/〃 //',::::/i::::::::::::::i
          〃 i::::::::::::,' .i.  9ヾ   -t''9´i/ヽ:::::;;;::::::i
           ノ:::::::i.=ハ ヽ--- '    ヽ-- '_/ ア/ヾi,
           /:::::i:\__',     , 、   ', __>、__     「兄ちゃん!?」
            ̄7/',:::ヘヽ   , -- 、 ヽ    7: : 7
            , --ヘi---> .      .ノ   .-': : :-.、
          `' <,      ヘ>- イ_,/     ヘ: : :ヘ
             \     ::|   .|        ',: : :.',-'" ̄ ̄ 7___
               \  /-'y-'".i         ヘ: : :ヘ    _  ヘ
                -) /-、    ',         ヘ: : :ヘ /: : :ヽ、 .\



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  斜め後方を振り返ると同時に戦闘態勢に入った彼の視線を、
  思わず町中であるのに抜いてしまった水銀燈が追いかけるも、
  背の高い男性が目を丸くしているだけでとくに怪しい気配は感じられない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

112 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:29:59 ID:IIC5YLY.
307.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  通りがかった住民も何事だとやらない夫と向こうの男を見比べているが、
  一番戸惑っていたのは身体が勝手に動いた本人だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



              / ̄ ̄ \
              /       \
           |   \, ,/   |
          |  (●) (●)  |
            |   (__人__)   |    (―――今のはなんだった?
           |    `⌒´ u. |     殺気とは違う……違和感?)
           {        }    n
              ヽ      ノ   l^l.| | /)
          /⌒ ´     ` ⌒ヽ| U レ'//)
        /                 ノ    /
         ヽ、 j         rニ     ノ
         } l             !ヽ、_,__/
       /つゝ、!          }
      {〈〈〈ゞヘ           l
      ` ̄´ ノ           〈
        /     ,r、     \
       /     /  \     \
     /     /     \     \
      (    く´        \    ヘ
     \    \         ヽ    ヘ
       \    \         ヽ    ヘ
       (´________ノ          ヽ    ヘ
        ` ̄  ̄              ∨______`)
                          ̄ ̄ ̄´



――――――――――――――――――――――――――――――――
  普段肉体が感じるような、殺気や闘気を含んだ全般的な気配とは違う、
  どちらかと言えば直感や予感にちかい感覚。

  戦闘中に先の先をとるときに見切る未発の気の、
  さらに手前とでも言えば良いのかは分からないが、
  言葉にできないなにかを感じたような気がしたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――

113 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:31:00 ID:IIC5YLY.
308.
――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、驚いた様子の相手もそのまま向こうに行ってしまって
  挙動不審な彼らだけが残されたので、
  衛兵を呼ばれる前に構えをといて勘違いだったと謝った。
――――――――――――――――――――――――――――



                                                _______
                                           /    \,-、__
                                         /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                                         | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                                         |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                                            |       u 〉--‐´ l
                                          |        iヽソ   l
                「ごめん、気のせいだったみたいだ」...   Λ      ∧`;"   '、
                                        __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
                                  _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
                                ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
                              / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



          /.:.:.:.:::::::::::::::弋辷ソ::::.``ヽ
          ,.イ.:::::::, . "´   ̄ ̄  ̄``ヽ::.\
        //:.:::,r'´               `ヽ\
      ,. イハ:〈        ,       ',      ``\
     く ./l1 |::|:i   .i   l:.       l    .:.:.::::.:.ヽ
       V .:l1 |::|:|l:. .::|i .:.:l.::i     .:l   .::i.:::!:::| |:|
     /.  lレ'ノ.:|l.:. .:|| .:.:|:::|:.:.   .:.::!.:.:.:イ.:::!::::!:::l |:|
    ./.::!  !1  i |l.:.:.:::l:| .:.:l.::|::.:.:.  .:.::/.:.:/.:!.:::!.:::!:::l l::!
    /.:.:.:|  |::|  i ト、_.:_|:ト、.:ト、ト、::.:.:.::::/l::./_/:.:/:::/::/ リ
   ./ .:.:..:|  |::|  i | \仁lニ=心ハ.:.::/ィイ l/`/.::/.:/ ′
  /  .:.:.:|  |::|  i | 弋_辷'フ`   ';/ ィチ斗l/.::/イ
 ./  .:.:.:.::!  |_|  i |      ̄         ̄ !:/ .l
    .:.:.:.::!  |   l l            ,    ,:::|   i    「もう、おどかさないでちょうだい!
    .:.:.:.:.!  |   l |\      _ .._′  /.l::|   i.      びっくりして抜いちゃったじゃないの!
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::.:.ヽ、   ´    ..イ.::::l::|   |
   li.:.:.:.:.!  |   l l::::::厂  ̄|ー- <::::::l::::.:l::|   |     通報されたらあなたのせいよ!」
   li.:.:.:.:.!  |   l l::ノ.:.:::::::ノ.:Ⅹ:\|::::::l:::.:.l::|   |
  _ノ ̄l .:.:|   l l.::::::::/.::::::八:::::::|::::::!::::::!:|   |

115 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:31:59 ID:IIC5YLY.
309.



.          /: : : :/    ノ     ヽ    \: : : : ヽ
          /: : : :/    / ,-―‐-、 \   \: : : :',
       /: : : /(   / ,イ : : : : : : ヽ、`ヽ、_ハ: : : ::',
      /: : : :/ 二二_ィ´/: ;ィ : : : : : : /`ー┬---、ゝ: : :',
    ∠: : : :/レ: : : ::/ ̄l//: : /j::/ ̄ ̄|: : : : ::ヽ: : ::',
     /::/: :/: : : : :/ ,--- /::/  ,リ ,--- j∧: : : : :l: : : ',
     " |: : /: : : : :/ ,/   /イ     /    ヽ ',:: :: ::|: : トヽ
.       |: : l: :/ヽ| {   O j     l 0    } }: /ヽl: ::j ゛
        l: : l: l ´てl ヽ、__ノ      ヽ __ ノ ,!/く }:/
       |: ∧{ ヽ l        {        /ノ ノ/
       レ' V\. ',    、____,    / //     「まあまあ、姉ちゃん落ち着いて。
           Vハ\                 ノ<__/7
          /  ヽ \         //V   / /    実は男色で、兄ちゃんの尻に興奮したとか
            ヘ      V `iヽ、__  イヽ |     / /.     だったかもしれないだろ?」
           ヘ       |         |      / /
           \     ノ         |       / /



           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
       rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
    /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j
  . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |     「まったく。
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |      なにかちょっとした事があったのかもしれないけれど、
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |      そんなにぴりぴりしてるとお腹が痛くなっても知らないわよ?」
  ″{ { ,' // |l ヽ、   -      /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三



―――――――――――――――――――――――――――――――
  神経が細そうには見えないけれど、と口を尖らせた彼女が言うので
  苦笑したやらない夫はシモンの肩にぽん、と手を置いて言った。
―――――――――――――――――――――――――――――――

116 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:32:59 ID:IIC5YLY.
310.



                                                / ̄ ̄\
                                               /  __,ノ  ヽ、_
                                               |   (● ) (● )
                                              |    (___人__)i
                                            |        ノ
                     「俺は護衛だからな。           |        |
                         水銀燈が行くなら俺も行くよ」       人、       |
                                              _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
                                      _, 、 -― ''"...:::::::\ ::::::::::::::::::7、
                                     /.;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..-、_
                                    丿;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'ー、
                                    r ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: !
                                   / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:: |
                                  / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:: i
                                 / ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'''丿;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:: !



    /:.:.:.:.:/  /:.:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:./ /:.;ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ:.:.:、:\
    ':.:.:.:.:.:.:/ ./:.:.:.:.:.:.: /斗-≠=ム< !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  }:.:.ハ ` ヽ
   ':.:.:.:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |/     ` !:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.| .}:.:.:ハ
 /イ:.:.:.:.:../ /:.:.:.:.:.:.:.:.:./           l:.:.:./l∠. l:ハ/:.:.:.:.ハ
  i:.:.::.:.:.:.l ム:.:.:.:.:.:ハ:.:l   ___ ヽ   l:/   `、1:.ヽ:.:.:.:.:.:',
  .l:.:.:.:.:./r、 ヽ:.:.:/ V 彡三三三ミ        . ,':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.i
  l:.:.:.:.:ノ ,ヒ ヽ V                  ィ≡ョ、.,':.:.:,ヘ:i:.:ハ:.:.l
 .l:.:.:.:〈 ( `(      _   ```      i   ,',':.:.:/:.:.:l/ ヽ:|
 l∧:.:.:.ヽ、`ー  ,, - '' ¨: : |             〉` '.ハ:.∧:.:/
   ∨_:. -`ー '': : : : : : : : :l           ```! V |/
  , ィ´: : : : : :_.. -‐ ''' ¨ ̄l      「 ̄7     ノ
. f: : :_ ィ: : : :l         ./.      ー '′    /     「じゃあ、ご飯食べながら
. l/  l: : : :l        i          ,  '        明日の事を決めようよ」
 !    l: : : l         l    、...__..、-
 ゝ   ';.:.:.:',      l      /  `ー―――‐‐―ァ
ノ, --‐二:.:.:__ヽ     l       /           /



―――――――――――――――――――――――――――――――
  それで空気を入れ換えた三人がやった、と腕を振るシモンを先頭に
  宿屋に向かい始めるのとほぼ同時、
―――――――――――――――――――――――――――――――

117 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:34:02 ID:IIC5YLY.
311.
―――――――――――――――――――――――――
  一行から離れるように歩いていた、先ほどの男性が
  ぶるっと身体を震わせて立ち止まる。
―――――――――――――――――――――――――



                    l   \      ヽ、   /
          、   \\   | l、   ヽ   ヽ   \  |  }
      \     \\ 、\ゞ=-| い    }    \   |i  |  |
   \  \ \_ \`ー -ン   ゝ \ ヽ   |   ヽ `.  |i  乂ノ〉
     丶  \_\ ` ァ彡'′    \} } l、 } i| i  |  i 〃 __
    \   \   ,}_」│{ 〃       `  V j| | ノ  }i{ン'"⌒ヽ
 \  \ 、 ヽ/二Ⅵ } リ      …‐- 、    ″}|  // i|
、\\  いV′-气リリ/         、ー- \    弋i|// リ
 ‐-ミ `冖x,从 i 癶.|j{/       弋ト、   ヽ   .i|/. ィ′
\,_\\ヽル小 i弋{_j/     ト ィ   ヾツヽ_}い、   i| ノ
`ー=ミメ、刈、i:人  {     ∠///>、   `弋ー     .i|,厶=--
..   \ヽ》、i、i个ト       ∨ ̄           _, i|
.       》’i、i、i、i、|i            _        〈ッン’
    / 、i、i、i、i、|i            \         ‘《`
.  x<i、   、i、i、i i、>、             丶、__、⌒ rッi'′
k   \_   、i、i、i i、i、i、>、           \ゝご ノ
Vk   \ 、i、i   i、i、i、i、i、i、           \ )´/
. Vk    \   、i、i、i、i、i、i、i 、         /      「………まさか試すより先に気づかれるなんてね★」
  Vk      ` 、i、i、i、i、i、i、i、i、i、        /
.   Vk       `'<i、i、    x=‐-. _,,ノ
    Vk   \    \_i、 ∧
.     Vk     \     `'く/ハ
      \      \  \   ヽハ
              \  \   j}\



――――――――――――――――――――――――――――――――
  通りすがりの町で気になった青年と再会し、
  その腕を試そうとした矢先に反応されて心底驚いた。

  そして、飢餓状態のところへ
  豪勢な食事を差し出されたのも同然の出会いに全身が興奮したのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――

118 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:35:09 ID:IIC5YLY.
312.



                                     | | | | | ////////////
                                     || | | | /////////:::::::::::::::::://
                                    ヽヽ| | | ///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::://
                                     \ヽ|_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::
                                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::
                                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ___::,:::::::::::::::
                                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /;;;;;;;;;;;;;;;
                                        |:::::::::::  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                                        /::::::  /;;;;;;;'''   ,, ,,,;;;:::::::::::::
                                       /:::::  /;''"   ィ'/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::
                                       /;;;;;  /;'  //;;;;;;;;;;;;;    :::::::
                                      /;;;;;;  /; /ノ/;;;;;;;;;;;''"|
                                      \   (`/;;;;;;;;;;;'''  |
                                        ) ,,,  ;;;;;;;;''::::    |:|
                                       /:::::::::::::;;;;;'':::::::    |::ヽ
                                       /:::::::::::::::::::::::::::    |::::::`,
                                      /::::::::::::::::::::::::::     |:::::::::}
                                     /:::::::::::::::::: :::::     \:::ノ
                                  _ /:::::    :::: ::
                                i ' "
                                ヽ、    -‐─ヽ   ......    _,,、
                                   ` ヽ 、   ノ::::::::::::::::::::::/   \
                                      ):::: ::、:::::::::::::::::::/    _,/~
                                      /"    ,、__/ _, -‐'~
                                    く    /   / ~
               「運命を感じるなぁ。.        \___ /~         ..:::
                  実に楽しみだよ◆」             /        .::::::...::::::
                                        /       .::::::::::::::::
                                        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                          `ヽ:::::::::::::::::
                                            |:::: :::::
                                            |



―――――――――――――――――――――――――
  どんな味がするのかな、と腰を振った男は
  飢えた獣のように紫色の舌で唇をなめ回すと、
  邪魔が入らないところで思い切りやりたいね、と呟き
  闇に溶け込むように姿を消していく―――
―――――――――――――――――――――――――

 
-119 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 21:36:02 ID:U4Dv2egw
ホモってのもあながち間違ってない

120 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:36:03 ID:IIC5YLY.
313.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして、夕食の後のことである。

  良い時間になってしまったので、水銀燈を宿に残したやらない夫は
  恐縮するシモンを家まで送り届けたのだが、
  ジーハ亭に戻ってきたところでなにやら緊張した様子のダディに出迎えられた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



           /\___/ヽ
          / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
        /‐:::  `-=ニ=- ' /   「お帰りなさい。
      _,,,l ;! |:::______/       少々、お時間をいただいても?」
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|



                                              / ̄ ̄ \
                                           _,ノ ヽ、,__   \
                                           (●)(● )    |
                                             (_人___)    .|
                                              '、       │
                                           、      イ
                   「ちょうど良かった、             ゙、 ___,. イ i
                  実は俺からも話がありまして」        ,r... __>ーメ.┴ュ
                                       _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
                                        ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
                                    「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
                                      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
                                   / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                                      /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
                                  ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  ちょうど追加の依頼について話そうと考えていた彼も大丈夫ですと頷き、
  宿の主人に空いている一室を借りた二人は
  飲み物を挟んで数時間も話し合うことになる。
――――――――――――――――――――――――――――――――

121 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:36:59 ID:IIC5YLY.
314.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ほとんどダディが一方的に驚き、汗をかき、言葉を失うような時間であったが、
  未明になってやっと落としどころがつき、疲れ果てた彼は肩を落としながら厩舎へと戻っていった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            / ̄ ̄\
                                          ⌒´ ヽ、,_  \
                                             (●)(●.)    |
                                          (_人___)    |
                                             '、       │
                                               }       {
                                           !、______ .ィ-ート、
                                             V/:::::::::::::::::ヽ
                                                 {::::::::::::::::::::::::::::::.、
                                            /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,
                                    「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                    } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                                    i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
                                    { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: |
                                    \  ヽ {|V.::::::::::::::: \V:::::::::::::::::: |
                                      \  ノ|:.V.::::::::::::::::::::::〉.:::::::::::::::::|



    /\___/\
   / /u |l  ヽ ::: \
.   | (  )ill、(  )、ι|
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,U |
.   | il| ,;‐=‐ヽ   .:::::|
   \  `ニニ´  .::/
   /`ー‐--‐‐―´´\



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして翌朝。

  仮眠もできずにげっそりした顔で仲間を集めたダディは、
  私たちはとんでもない依頼を受けてしまったようです、とぽつりと呟いたのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━…

 
-122 ショボン玉 ◆Shobon64HI 2017/06/18(日) 21:39:43 ID:IIC5YLY.
本日の投下は以上になります
閲覧、合いの手誠にありがとうございました。


なお、すでに多くのかたがご存じですが
本日から小説家になろうのサイトのほうで、
この作品の原案を投稿し始めました
(原案 → スレ化 → スレ化したネタをもとに原案を再構成)

このようにいろいろやってみようかな、と気になるのも
長年お付き合いくださる読者の皆様の反応があってのことです

のんびりほそぼそですが、今後ともよろしくお願いします(´・ω・`)

【小説版:英雄は約束を守るようです】 
http://ncode.syosetu.com/n0588eb/
※感想、雑談については向こうのことは向こうで、こちらのことはこちらと棲み分けをお願いします


124 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 21:41:20 ID:xlQ1eEos
乙でした
変態のせいでダディのメンタルがごりごり削られた!?


128 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 21:45:24 ID:z9Z1JV9o
乙でした
だれかダディに胃薬を


129 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 21:46:50 ID:wcDJpqc2

団長がウォードッグ隊なら管制官はサンダーヘッドばりに厳しそうだな


131 名前なんて無いだろ 2017/06/18(日) 21:51:48 ID:1ct6LvYE
乙!
やらない夫も名無しも応援するお!


元スレ
やらない夫は約束を守るようです54

アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


8783 『やらない夫は約束を守るようです Episode IV.竜の力 第四章 英雄引力 その3』の前後エントリー2017年09月12日 00:56

纏め作品一覧やらない夫は約束を守るようですの目次


59451 名前なんて無いだろ 2017年09月26日 00:38Edit
まとめ乙

小説の方も懐かしい&新鮮な気持ちで読みました
59785 芸ニューの名無し 2017年10月21日 08:00Edit
完結後ならともかくこっち放置でなろうやられても…と応援できないねぇ

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!