コピペ 母親Aと母親Bが、1人の若くて美しい娘を連れ王の前にやって来た

2017 10 23  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

               ,...‐::´ ̄::`::::..、
              ,.:'::::,.、:::::::/´\:::::::\
             ゞ/  `Y ,  \::::::ハ
         ____/    トミ、/ハ   \:ノ
      /:::::::::::::::::::::::|    / u.  ∨   ヽ
       ∨::::::ヽ―‐/l.   /,/   ヽ_∨     |
.       ∨:::::::\´   /´       \   {
        ∨ ::::::::ハ  イ ィ=ミ、   ィ=ミ ト、  \
        ,ヽ::::::::::::\⊂⊃  、   ⊂⊃')   `ヽ、
.         /.  \:::::::::::`:ゝ、 { ̄ ̄} ,イ /        }  母親Aと母親Bが、1人の若くて美しい娘を連れ王の前にやって来た。
        ヽ、  ヽ::::::::::/ `!ヽ--'´ト、_ l        /
            \   ヽ/___,ト`ヽ- ` y゙ヽ、     ./
             )   ハ:::::::::: ィ_\   /,-、__\  /
      {ヽ、__/    ∨:::::::::ゝミxヽィツノ:::::::::::,'  乂_ノ!
       ゝ、_        |::::::::::::::/イニトヽ::::::::/  ヽ、‐‐'
.       /        |:::::::::::::ゝ./::::: ハ }::::::|     ハ


               __
             . : ´: : : i: : : `: : .
.         /: : : :. :.:.ノ: : : :\:.:.:..
        /: : : : :./:ヽ: : : : :.ヽ:.:.:.
          /: : :.:i/: :/ヽヽ: : : :ハ: :.:.
       /:.:. : :.:|:.:/-― \\:_:_}:. :.:.
.      /:.:. : :.i: l:.! -┬‐   ┬- |: :.!:!
...     /: /: : l: l:.! `¨¨´  `¨¨´{: /}:!
..  /: /: : : :/: :l:.:.           ノ/ 从    母親A「王様、聞いて下さい。この娘を私の息子と結婚させたいんです」
.  (: : (: : : :.:./: :/:.:.:l   -  - ..:.:{   ノ}
..  \: \:/:/: :.:.ノ` ーr‐<:!: : :ー‐' /
.     \: ヽ/ ̄ ̄\  ノ}  } ̄`ヽ: : /
.   /:_:_〉: :|      \  |  |     ∨
   ヽ: ∨:.:.:.| 、     \! ノ    ヽ


         . . -‐ : : : : : :=ミ
         /: : : : : : : : : :__「: : :\
      ,.: : : : : : : : : : : : : :、: : : : :ヽ
.      /.: : : :./: : : : !: : : : : :Yミ.: : : : :.
    ノイ: 〈∨: : : :.|:|i : |:i:|: :.| ミ: : : : :.
     |: :∧〉!| ! : |:|i : |从:.リ  ミ: : : :.i
     |:/: : !八トミ{八: | 斗   ミ.: : :.:|
     |:r‐:i:|f^示ミx ヾ ィ示ミx.i⌒Y:|
     |:{ (从 弋:ソ     弋:ソ  ,ソノi:|    母親B「違います!王様、この娘は私の息子と結婚するんです」
     |:!ゝ _             ,‐く: 从
.     从: : 人     , 、    イ: :i: }:.i \
    ノ jハ: i: :≧=r‐v‐y=≦: :j/}ハ{
      /  ?,.イ::人_ハ__人:::ハ /  )
       / ?::::ヽ i /::::::/  \
      <   /i:::::::::::Y::::丗ト、  /

735 普通の名無しさん 2011/09/11(日) 02:46:13 ID:hKQRW9Zs

   //   ,,--〃"```ヽ、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.\
⌒)   . /.:.:.:.:.:.:/イ/ ノ .l.:.:.:.:.:.ヽ       __
.(    /.:/.:/.:/" ヽ、\__ヽ.:.:.:.:.ヽ   ,〃"    ``ヽ、
.人__ ノ.:/.:/..:.:./  从 .`o  ヽ.:.:.:.:.Y / /   /ミミミ\.\
_,,〃".:/.:.:.:..:/     ̄  ヽ、ゝ-}.:リ // ./ /i /     ミヽ ヽ
.:.:.:.:.:イ.:.:.:.:.:.:.イ        入.`o /リ/ | / /// ノ    ミ|  ヽ     「あなた何よ!私の息子に決まってるでしょ!」
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ 〉   ----、   . ̄/.//  | /| /,〃 ̄__,,イ´l  ヾ⌒ ヽ
.:.:.:.:.:. イ_ ノ \   `丶ヽ  /.:/. |  .|ゝ-イ::::::::::ヽ`´.ノ      )ヘ   「あなたこそ何よ!!私の息子だって言ってるの!!」
.:.:r". ̄ヽ ヽ.   >、_   __./.:/  |ヘ ヘ,,<ィ´):::::::::::::::.    r '  ヘ
/    ヽ 丶  <,.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:.:..'|  リ  〉ゝ-〃:::::::::::     ノ    ヘ
     .ヽ ヽ / ./\.:.:.:.:.:.:.:.:.:人_)  ヽ l    /_フ   / |\|\|ヽゝ
      } }// . 〉.:.:.:.:.:.:.:.ハ-'   | .ゝ、____,, ..イァヽ_|
      | |/   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ノ ヘ ヘ  ハ  /`.r.<´ノ ヽ
      ┌^┐   〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)    ∨∨∨ /\|  ||   ヽ
      《ヾ'll    〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ         /  ヾ.∥┌┐ ヽ
       `´     |.:.:.:.:.:.:.:.:./ ヽ        〉   ヾ  ∨   ヽ
             |.:.:.:.:.:.:.:.(   .)       |           ヽ


           __ n_n __
     _, ― ´ ((=)) ` ― 、
    ∧┃┃┃|lニl|┃┃┃∧
   /━ハ┃ニ l、__,l ニ┃/━ハ           2人の言い争いは終わる気配もないので、王は言った。
   /━━/ ノ  \ \━━ハ
.  / ━━|  (●)(●) |.━━ハ          「ではこうしよう。私がこの娘を、斧で真っ二つに切ってしまおう。
 /━━━|  (__人__)  | ━━ハ
 l━━━ |   ` ⌒´  ノ.━━━!  rnm    そうして母親Aは上半分、母親Bは下半分を持ち帰り、
 |━━━ |         } ━━━| (   )
 ヽ━━━ヽ        } ━━/ /  /     それぞれ息子と結婚させればよい」
  \.━━ ヽ     ノ━━/  /  /
.    |━━ !l  !ニl  !l ━━| ̄∨  /
     !━━ !! lニl  !! ━━!     /   
    |━━ l ((ニ)) l ━━|

736 普通の名無しさん 2011/09/11(日) 02:46:29 ID:hKQRW9Zs

                 _,... -- ..._
              ,. '´': : : : : : : : `ヽ
            ///: : : : : : : : : : : : \
            / /  / 、: : : : : : : : : : : : : ヽ
              / /  / / \: : : : : : : : : : : : : ハ
          / / / 〃,.公、: : : : : : : : ヽ : : : : ∧
          ハ| | レ'/  ヽ\\ ヽ. : : i: : : :i: :∧ 
        彳ハ: :!: :レへ、 \\_><´ |: : : |: : : ヽ
        /:i: : : :V : :ドぇァミ=' `こ>セァ!: : : :|: : : |: :ハ
       / : |: : : : V: :|`=´   `ー=刋!: : : :|: : : | : : i
      i: : : |: : |: : : : :!             !: : : :!: : : !: : : !
       |: : :∧ : !: : : : ヽヽ._ _`..´_,. ィ' /: : :,.イ: : : !: : ∧    ヽ    それを聞いて母親Aは大喜び。
    _,. イ: : /: ヽ: ヽ: : : : ハ、` こ ´ /|:{: :/: |: : : i: :/: : \__ノ
   〃≦レ': : ,.小: : :、: : : i: | .>‐<,.≪!:V: : :ヽ: : ヽ{: : ヽ``ヽ      「さっすが王様!スパッと切っちゃってくださいね、スパッと」
( / >う: /: : }: : : : }: : :|: |≫=ラ≪八: :\_:ヽ: :_>ー:≫ヽ`
 `T´{し'/: : : ノ: :/ ノ: : / /V_/__/_/ 》へ: :/: :∠_<: : 〃: : : V
  >: /: : 丶`ー=ニ三彡'≫V__/_/_/ヽ≫/: : / ̄ヽ: メ、: ヽ: : :ヽ
 ,イ: : /:i: : :ハ〃`ー=夭 `≪≫V__/_/》'´ /: : /  /  V∧V: :|: :ハ: |
〃{: : {: :V/:ノ{しヘヽ   \`≪ヘ//_,.. イ 〃_  /    !しリ: : !/ } !
{  ヽ: ヽ/イ´  Y ≫    \\'/    `7/´V      V: : /`ー'乂_ノ
乂ノ 冫 /    Y´      ,`ヽ    〃  V     V {    ´
(__,.イ: :/      |      弋'ハ    {し'   i       vヘ  ,
 `ーイ/      |         |           |      〉 `´


                    _ _____
               . . : : : / `¨´ ̄ミ: .、
                /: :/:/: :/: / : : : : i: : :\
           / : /://: :/ : 'i: : :i|: : ii、 : : : ヽ
          , : : , ': : : :,〃 /: :/ l: : :i|: : |l: \: : : : .、
            / : :/: :/: :/ j / : /、_j:_;/リ: : リ?、: : : : :
        . : : /: ;1:_;厶イ : / \V /i : /   い: : : :
          /: : /: / i:/ __j|: /   _j厶j /`ヽ j: |: : : :
       /: /: : i 厶ぅ笊'|/ 〉  `ス}炊jメ、 }: | i: : :
     /イ: i: : ; i'≦三 ̄ {     ̄`辷うミ_ ]: |厶: :    しかし母親Bは、慈愛に満ちた涙を流して反対した。
       |: :l: //l  ̄               ̄ミ }//i |: :
       |:/|/ {亅                 ' '}//: :    「王様。無用な血は流すべきではありません。
        ″/:ハ|     ;==- 、     厶イ:/: :
        /: :/ ': :从    └… ‐- .)    /T:7:/: /:    そんなかわいそうな事をするなら、私はおとなしく引き下がります」
     /: :/:/: //: :\            /: :i/:/: /: :
      :/i/: // : : : :i:丶.         . イ/: : /:/: /: : :
      ´ /イ:/:/ i : : |:il: :i`ト      ノ'イ /:/: /i : : ;
         //:/ : i : : |:|l: :i;_}          |/:/: /: l : : i:
      /:'イ/i: :| : : |:|し 〈}       _ イ:'/\j_: : i: i
        ノ' |i|: ハ〉   `7犬¨  ̄ .ノ´  / ̄`弋|
         _」l/!;厶く   ,{( jく      //   .>-
        /   /   {\_/^ ?亢 \__/ /  /

737 普通の名無しさん 2011/09/11(日) 02:46:52 ID:hKQRW9Zs

          __ n_n __
     _, ―‐ ' ´ ((=))`ヽ
    ∧┃┃┃┃|lニl|┃∧
   /━ハ┃┃ニ l、__,l ニ/ハ
   /━━/  ノ   \━ハ
.  / ━━|   (●)(●)|.━ハ
 /━━━|   (__人__) | ━ハ      賢い王は、それぞれの言葉を聞いて静かに言い渡した。
 l━━━ |    ` ⌒´ ノ.━━!
 |━━━ |         } ━━|      「母親A。お前の勝ちだ。この娘を連れて行きなさい」
 ヽ━━━ヽ        } ━/
  \.━━ ヽ     ノ━/
.    |━━ !l   !ニl !l ━|
     !━━ !!  lニl !! ━!\
    |━━ l  ((ニ))l ━|ヽ、二⌒)


             ,,: :´: : : : : :`.: : . 、
.          ,,: : : : : : : : : : : : : : : :、:ヽ、
        ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : :.<: : ヘ
.       /: : : : : : : : :/: : : :i: : : :|: :Y:.: : : :.
        ,: : : :/: : /:.:/: : : :/|: : : :|: :.|?: :.:.i
      ,: 〈∨.: :/:.:/i_:_!: //|: ://|: i:| ミ.:.:.:|
       i: ∧〉:./i´:'{ |:/j// ,:.//‐j:/リ、 ミ: :.:|
       |/: :i: :.i:|y'"笊ミ、  / xzェュ、 i: : i:|
       /: :./!: 从゛ 弋:ソ      ら:リ j},'、: 从
.      /i: 八{ヘ{   `     ,  `¨ /j 八{    「王様?母親Aは娘を真っ二つに切ってしまえと言った方ですよ??」
   / !: : :.` ー.:.          ,'ノ: : i `
       |:!: : : :|: :rヘ    f⌒)    ′:.:.:i:|
.       从:,ハ{'´{  :.丶       イ_:i: ;ハ:从
    , ィ: :/: :.:.八  \ >‐< |{: :.:j/:ヽ
   /⌒ヾ:ヽ: ´: : :ヽ   /Toト、 八 /: : : :.\
  ,    ヾ:ヽ: : : : :` ´ | ! 7:/: : : : : : :/;ハ
.  ,      Y:.}: : : :.:ヾヽ | ! //: : : : j/:./:/ i


             __ n_n __
       _, ― ´ ((=)) ` ― 、
      ∧┃┃┃|lニl|┃┃┃∧
     /━ハ┃ニ l、__,l ニ┃/━ハ
     /━━/ ノ  \ \━━ハ
.    / ━━|  (●)(●) |.━━ハ
   /━━━|  (__人__)  | ━━ハ
   l━━━ |   ` ⌒´  ノ.━━━!      「だからこそ姑にふさわしい」
   |━━━ |         } ━━━|
   ヽ━━━ヽ        } ━━/
    \.━━ ヽ     ノ━━/
.      |━━ !l  !ニl  !l ━━|
       !━━ !! lニl  !! ━━!
      |━━ l ((ニ)) l ━━|

738 普通の名無しさん 2011/09/11(日) 02:47:15 ID:hKQRW9Zs
元ネタ

377 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2011/08/12(金) 12:05:51.76 ID:7RQ75aEb0
母親Aと母親Bが、1人の若くて美しい娘を連れ王の前にやって来た。
「王様、聞いて下さい。この娘を私の息子と結婚させたいんです」
「違います!王様、この娘は私の息子と結婚するんです」
「あなた何よ!私の息子に決まってるでしょ!」
「あなたこそ何よ!!私の息子だって言ってるの!!」
2人の言い争いは終わる気配もないので、王は言った。
「ではこうしよう。私がこの娘を、斧で真っ二つに切ってしまおう。

そうして母親Aは右半分、母親Bは左半分を持ち帰り、それぞれ息子と結婚させればよい」
それを聞いて母親Aは大喜び。
「さっすが王様!スパッと切っちゃってくださいね、スパッと」
しかし母親Bは、慈愛に満ちた涙を流して反対した。
「王様。無用な血は流すべきではありません。そんなかわいそうな事をするなら、私はおとなしく引き下がります」
賢い王は、それぞれの言葉を聞いて静かに言い渡した。

「母親A。お前の勝ちだ。この娘を連れて行きなさい」
「王様?母親Aは娘を真っ二つに切ってしまえと言った方ですよ??」

「だからこそ姑にふさわしい」


    ,、         / ̄ ̄\
  < ,>'\     /   _ノ  \
  /    〉  . |   ( ●)(●)
,,/    / \   |   .  (__人__)
 \   ,/ \ \ |      ` ⌒ノ      とはいえ一応切っておくべきだろ
\ \ /   \ \ヽ、     }
  \  |     \//, ヽ._  ノ      キャラ的に考えて・・・
   \〉       〈 ' / / 〉ヽ
            / \    /、 \
           /     `ー‐く \__ノ⌒',
        {      /   \/   ヽi
         ヽ_/      〈 / ,   〉
                     ヾ_/ /\
                       `‐ \ >
____
 二二,イ-- .... ____ __
――/_________(_l_ )
―‐/:::/          _,ィ=x、
―/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __{三≧ミx
-〈―――… '' " ¨  ̄       `
 ̄                            , -―- 、    z≦三三
                          / ,  ミ、ヽ  \/三三三三
                        / /  l \ ヽ  ヽ.三三三三
  ___          _       / /l   |   l l   ハ三三三三
≦三三三三≧.、      ((____ノ /     |   | |   |三三三三
三(:::::::::::::::::::::)三)  /´ ̄ヽ       /   |  |   | |   |ミ三三三
三三三三三彡'゙  (  ー 、 , ―   /   j     |      |
`¨¨¨¨¨  ̄´    、__`フ  (___     ノ      /       八_  ,
           ` ー―ュ_   ̄)  _ノ  / /         ̄ノ
                  (     , ―     ,ノ /     {   ーく
                ̄ ̄ (        ̄ ̄`ヽ      ̄ ̄) ) )
                     ̄ ̄ ̄ ヽ   j      / /

 
-739 普通の名無しさん 2011/09/11(日) 03:02:13 ID:fJFfIfhE
フレ/ンダwww

741 普通の名無しさん 2011/09/11(日) 06:54:58 ID:xqmZa27.
大岡越前的ないい話かと思ったら…
あと王様のAAになぜそれを選んだww

元スレ
やる夫でコピペ 89スレ目


8814 『コピペ 母親Aと母親Bが、1人の若くて美しい娘を連れ王の前にやって来た』の前後エントリー2017年10月23日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


59822 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 00:17Edit
おんりーさん スパッときってください!
59823 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 00:34Edit
……孫は要らないのか、他から調達する心算なのか。
59824 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 04:24Edit
それでフレンダが選ばれたわけか
3期も始まるしちょうどいいな
59825 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 04:34Edit
レールガンの方だと人気でたから
本編でフレ/ンダされてしまったのが残念や
59826 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 09:15Edit
どこにでもある話なのか知らんが、俺の知ってるやつだと

賢王と讃えられたどっかの国の王様の元に、一人の赤子と
これは自分が産んだ赤ちゃんだと主張する二人の母親がやってきた
んで同じ流れで兵士に剣で赤ちゃん二つに割ってそれぞれに与えろって言ったら
同じ流れで慈愛を持った母親の方に引き取らせた
ってヤツだったな
実在する王様が出て来る話だったような気がするんだが、そこまで思い出せない
59827 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 10:07Edit
大岡裁きですねぇ
知らない内にどこかで聞きかじって覚える謎の話
こういうのっていつの間に広まるんだろうな?マジで
59828 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 12:32Edit
さすが有名なフレ/ンダ
真っ二つ ネタといえばこれよ
59830 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 21:52Edit
なんでフレンダすぐ真っ二つになってしまうん?
59831 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 22:36Edit
もう三人で結婚しろ
59832 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 23:23Edit
王様「ではこうしよう。どちらも譲れないというならば、私の嫁にすればよい。」
娘「それだけはイヤ!」

みたいな話かと思った
59833 名前なんて無いだろ 2017年10月24日 23:26Edit
キャシャーンの犬ロボットに何の関係があるんだとおもったら
59840 名前なんて無いだろ 2017年10月25日 02:28Edit
※59826
旧約聖書のソロモン王だろJK(Jesus的に考えて)

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!