コピペ 丑の刻参りがあるという神社

2017 11 12  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

┌─────────┐
│ 知り合いの話。  ...│
└─────────┘

        ,--、
         i!!!! i
         |!!!!.|
         ト=={
{三ll三三ll三|!!!!!|三ll三三ll三}
          |!!!!!|
          |== |             丑の刻参りがあるという神社へ、友達三人で肝試しに行った。
       i!!!!!!!i
       |!!!|!!!|
         |= ll= |
         i!!!l l!!!|
        /ノバ、{
        //ノ ゞハ


    _________________
  /       ,,====='='=====、、    ___\
../         || / //    /||.  /    \\
/ ̄ ̄ ̄ヽ     ゛============'' / /^ヽ ̄ ̄ヽ \     山奥にあるその社の境内へ車を乗り入れたところ、
|      |             /  .|  |    |\.ヽ
|____|             |    |__|___| | |
_||_||__             \__||___||_/ |
___    ヽ_________/ ̄ヽ  ____ ヽ |
         |__   ____  |  |           |



              ___                         ___
 r‐―――、.       !、,.`ヽ、 ,、    r‐―――、.       !、,.`ヽ、 ,、
 ゙''''''''''''''i  |  l'''''''''''''i   .`'-' /. ゝ   ゙''''''''''''''i  |  l'''''''''''''i   .`'-' /. ゝ
 ______,| .|  "''''''''''′  _../ ,/      ______,| .|  "''''''''''′  _../ ,/  o o o
 |_________.!       l'"゛._../      |_________.!       l'"゛._../
              .゙'"゛                      .゙'"゛

                                       まるで釘を打っているかのような
        _
    _, -‐'´〈〈 ̄`ヽ、.            / ̄ ̄\           「コーン、コーン」という音が本当に聞こえてきた。
  ∠__     〉〉   \         /   ヽ_   \
 / .ヘt,'/ ̄ ̄ヾ/ ̄ヽ }       (●)(● )   |         ____
 レ'ハ/ミl         l-、!         (__人__)     |         /      \
    lミ! ノ     `ヽ lミ、.|       l` ⌒´    |      ./─    ─  \
    lミl ●    ● |^)!         {         |      / (●)  (●)   \
    `ヽ⊃ 、_,、_,⊂⊃i-'        {       /      |    (__人__)     |
     /⌒l,、 __, イ-、         ヽ     ノ      \    ` ⌒´     ,/
.    /i~i,,/_|三/ニ/i^iヽ.        /       ^ヽ       /             \
    | l l li i l l lェ=ュ}i l ,,|         |          |      |              |

120 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:02:52 ID:x09AnMCg

 ;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......
 ";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ノ::::.....::::....;;;;;;;;ji :.:.: .: . :. :. : .. : . :.
. .....:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::.... .:::;l :.:...:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 ;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;...::....::li :.:.....:::::::....:..::..:.:.:...:.:.:.: li;;;;;;::::;;;.,....;;;:::;;;.;:i:;;:;:::;
 y;wリ゙W゛jリwj从リj"W.......:::::::::......:::::::::..jl :::::::::::::::::::::( )::....::::::::::: li;;;;...;;;;::;;....;:::;;...ji::::;;:
 ::゙i........ト ;i:iii;:::;iii:i;::'':;iノ,.,;;;;;;;..:::::::::....;;k :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: Z;;;wWti ijk:;;;k;;;,,::;
 ::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:'':ii;;;.. | ヾ゙リw;y.ノ,w'ハ    :.:.:.:. :.:. :.:.:. :.: . :.. :.:.:. :.: :; ; | ll;;;;~::|::::::|lki;;;:|    恐る恐る音のする方を見てみると、
  :::::::::|;;;;..:;;;::゙ :: ::..゙|:::::: |. :;ii;::.|`:;,':,”'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;';;;,,,,,,__,,___,_::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;
  :: : : |. :;ii;:.゙゙,;ii;;ii::゙i:: :: :| ;::.゙゙,゙|'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;~゚''゚ ;~'',;;;;;;;;,,,__,,__,ヽ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:|    ぼんやりとした灯りが暗い林の中で揺れている。
     |.ii゙:;''゙;.;::;:.; (;|:::  |;::.゙゙,゙゙|:',;''゚ ;~,;;”:;,`:;,':;~゚''゚ ;~'',_,,_ヽ__,,_____ヽ,,__,,i;::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、::;i
     l゙゙゙゙, ; iii::゙,; ,゙| ::  〉;.::.;ii;..''  ~'',;''゚ ;~'',;'',;'; ,,,_/,,___,,____/_,,____,,_;ii'"゙:.:゙,:;、,"'.:.: .
   : .ノ;;゙゙゙:;i;;;i:;;;i:゙゙゙;;ヾ :;ノ;;゙゙゙:;i;;;v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;;,,,/_,,___,,_____/,___λ,__,__ノ'"゙:.:゙,:;、,"'.:.: ;i:
:  ; :.ヘ; ヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚ ;~,;;;;;;,___,,_____,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '  ;T:;:
   rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,___,,____/_,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '  ;T:;:
    ;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,____/_,,___,____/,,____;____/,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:



            / ̄ ̄\
          /   ─  \
          |   ( ●) ( ●)         ____
          |    (_人__)      /       \
          |       `⌒´ノ     /  ─     \
       _..  |           }     ' (●)        \   「どうする、近くに寄ってみるか?」
      ( |.   ヽ        }    (l、__)             |
   (二   ヽ─‐ヽ       ノ       ⌒´         /
     | ) ___       \    `l          \
       ̄     |       |  \     |               \


             _
         x<く: : : : >= 、
        /: : : :.:〉: : : : : : : : ハ
     _, イ: : : : : :〈: : : : : : : : : : |
    ヤ----: r ノ  ̄ ̄ `ヽ`ヽ: : :i 7
        ',i! ●    ●  ∨ハ/
         i :.:. (_,、_) :.:.  u ァイ   「止めとこうよ、これ洒落じゃ済まないよ!?」
        .八         , '}:.ノ
    r‐<// ≧ = ---=== ヒ/.ゞ
   とヽ彡<  r<7/// ><  
         と_ヾ_><

121 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:03:06 ID:x09AnMCg

              /l       .,イ
               //   ◎ /ム-―7
                / ニニフ  /∠ニ7/  ,イ ,イ
            //     /'-‐ '7/.  // //
            、二二フ    //   レ //
                    /'    /'
        _
    _, -‐'´〈〈 ̄`ヽ、  / ̄ ̄\
  ∠__     〉〉   ヽノ  ヽ、  \
 / .ヘt,'/ ̄ ̄ヾ/ ̄(○)(○ )   |  .___    そんな押し問答をしていると、「コーン」という音がピタリと止んだ。
 レ'ハ/ミl u      (__人__)  u  |/ー  ー .\
    lミ! ノ     `ヽ lヽ`⌒ ´   /(○ )) (○ ))\
    lミl ○    ○ |^{     /  (__人__))    \
    `ヽ⊃ 、_,、_,⊂⊃i-'ヽ     |     )r┬リ u. .  |
      ヽ、 ゝノ イ-、  ン   \   ` ⌒ ´     /
.    /i~i,,/_|三/ニ/i^iヽi´      ン          \
    | l l li i l l lェ=ュ}i l ,,|     /             \




|| ̄ iiiiiiii | ,';;;;^ゞ ゝ;;;,,,   ,、,,,,、     ,'r""ヽ,,  ノ;;",,、,,;;;、
||     ヾ;;;;; ヾヾ  ヾ,-,"""'''''ヾゝ,,,"ゝゞ::::;;;、";;;;;;ゝ ,,,;;;",;;)
||  (ヾ;;;;;;;;ヾヾヾ;;;;;;ヾ        ,、;;;;";;;;;;;',ll ,;;; ;;;;;ゝ ,,;;;;;ゝ
||  ヾ;;;;;,,,;;",,ヾ V   =≡=  iil|     |li|  |lli|   |lii|
 (=)   |il;| ノ;;i  /´ ̄ /l ̄ヽ__    ノiil ノlliヽ ,ノilllゝ
,,,、||,,,  "" (,,;;   |o ̄ ̄ol_r‐MPr‐、|   ―――""'''''"""       皆、慌てて車に乗り込むと、その場から逃げ出したのだという。
 ̄ ̄ ̄       ヽ_,==ヽ_ノ-'ヽ_ノ  -_ " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        人 、_,、人,,/             ̄―
     _i!,) ヽノ _/
    _)     ,/
     )   i!/    _\_     /   /
    /ヽ"  /        _\_  /|   /|  イ
      )i!/"           \    |     |

122 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:03:18 ID:x09AnMCg

               ///: : : : : :__/7 : : : : : : : : : : : 、
               /: ://ニ=-‐: : :// : : : : _/7: : : : : : `: .、
               /: : : : : : : : : : : :/厶=-‐: ://: : :____ : : : i
            ′: : : : : :/ : : : : : : : : : \ : : : : \   ヽ: :|
            j : : : : /: : : :/: :/: : : : : : :ヽ : : : : :ヽ  j: :|
            /: : :/:/: : : :/: :/: : : : : : : : : : : : : : : :} {: :|
              {: : :{/ : :'′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ′,∨:,
            ヽ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ | : : , : / 厶 }:ト、
           / : : : :/  : : : : : : : : : :/  | : /: / ,.イ^ {:ハ }
           / '⌒ア/ : : : : / : : : : ://   j /} / /ソ ノイ{,ノノ\
.        /    / : : : :∠/: : :-‐ァ:/7ニ=ミメ/ j/ {=彡'  }イ   ,
        .     / : : : イ{ /: : : :/ー=く::ソ ノ〃/   ∨ °゚ |     }
    __厶=-‐ /  : : :/ ∨: : /\ー-ニ二  /  '′ ヽ  |     ′
      ⌒>  : : : : :/-―-′ /  {⌒^ヽ__ ゚ ° !  __ /  ′   /    その数日後、彼は激しい痛みに襲われた。
     /: :/ : : : /-――-j: :/ >'"⌒)、_ \   J  }{_,, ∧  j/
    / : : / : //        | //⌒ヽ∠⌒ヽニ二コ i ∠{=' }′} /
  ´ ̄ ̄/:/ ,/-―……―{ /   /   `Y´ ̄ヽ |'^ir┴</ { /
       {/ /           /   /    /    /⌒ヽ--=イ  〈
       ∠ニ-―    ―- {  ノ   _/   /   i / /  { }
.      / _  -―-  ..,,_ `     { ,ノ   '′{   |  /   } 〈
     /イ{        }   \    ヽ\     `  \{   } }


                      ,-、
                    ,イ  Yヽ
              _ -一 { _ヽ __ヽ
    _, -‐-、__, -‐ フ      /ヘ ヽ \
  /       ̄ /     __   _\_ ヽ_
. / ,-‐ニ二ヽ /:~ヽ、-一  / 、ヽ |__) ン
/レ'´   \_/ l   丿二ニ/ 八 ヽ|/´ ヽ/
ヽ      l  人∠__ ̄ l  Lノ l  __ノ
       .ノイ´......:::  7=」  /゙´ |「 /
      /:::_f、‐-ニ` u  ;  ,ノ   ノ:l /
       く  l・) /'゙ 。  ;   V: /: l
      フ  y'´.. 。 u ;;   |::ヽ、l
      /゙'::.  ;;;;'    ;;   |::i  ゝ-‐   下腹部が猛烈に痛み、酷い血便が出て歩くことすらままならない。
    く _ -‐ '     u   ;.    l: l  | ヽ-
      `ゝニ三、 u u   ;   l: l  ゝ. l |
        `ヽ!::::i       //: /\ ヽl
         { ̄ ,  u   /: l /\  \
          〉'´     /: : : :} /\ \
         ヽ、   _∠-…一レ'ヽ. \ \
              ̄      (ヽ、, ゝ >ヽ
                 丿ヽゝ /| \
                 ///l7|ヽ ヽ
                l /l |ヽ| ヽ

123 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:03:29 ID:x09AnMCg

 〃==================ヾ
 ||~~~~~~~~~~~~~~~~~~~||
 || i li                           li ||
 || i li | !                       i li ||
 || i li | !                       i li ||
 || i li | ! li                     li i li ||   病院へ担ぎ込まれ診察を受けると、仰天するようなことを言われた。
 || i li | ! li                     li i li ||
 || i li | ! li i                 li i li ||
 || i li | ! li i | ii           i  | li i li ||
 || i li./ ̄]|i i | ii           i  | li i li ||
 || /[   ] ,,,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ,,\
 || {_________________________}
 ||~|| || ~~~~~~~~~~~~~~~~||       || ||
[]ニt...||=.||================[]ニ]       || ||
.    || ||                                || ||
.    || ~                                    ~ ||


  ,ィ'⌒','⌒'i'⌒';'⌒','⌒';'⌒','⌒','⌒ {   }
  l  ,r^、_ィ、_、_ィ、_,、_,、__ィ、__,、__,、_rゝ、  ゝ、
  (,  ''、r,'⌒'i'⌒';'⌒','⌒';'⌒','⌒','⌒k  r   }
  ゝ_   /  ,;  /  ,;  /  ,;   `ゝ、r   }
    `、_ィ、_、_ィ、_,、_,、__ィ、__,、__,、_,-、  l|r   }    「大腸の途中に何か細長い尖った物が入っている」と。
  ,ィ'⌒','⌒'i'⌒';'⌒','⌒';'⌒','⌒','⌒'   lr   }
 (   ,r^、_ィ、_、_ィ、_,、_,、__ィ、__,、__,、_ノJ'r   }
  ゝ、、_ィ、_、_ィ、_,、_,、__ィ、__,、__、_ィ、_、_ィ、_,、_,、__ィ
          (;;;     ,,,)
            ` 、   , '
              `l l'


        ,..:⌒ヽ                    /           |
      /::::::::::::}                   {_         ′
\     7:::::::::::::::::⌒\       ___          /::::::::` <     ./
  `r―‐{:::::::::::/::::::::::::::::\       .}{      /:::::::::::::::::::::ヽ   /
.   |    ー y:::::::::::::::::::::::::ヽ     | | .,....-一.::::::::::::::::::::::::::::::}__ イ
.   |      i:::::::::::::::::::::::::::::.     | /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::У   |
.   |  __|:::::::::::::::::::::::::::::::::|__.|/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/     .|
-―' ´     ヽ::::::::::r= 、:::::::::::j;;:;:;:;:/:::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::/ー――'―  すぐに手術を受けたのだが、
           V'⌒ヾ _}}::;;;:;:ヽ:;;:i::;;:/;::;:/;:;.:/:;:;:::::::::/    __
       ―=≦.ト=ヘ1く::;:;:;;:;j―;:|:;:;:{:;:;;{;:;:{;:;:;:;:∠>   , . ̄))
        .;:;'::‘:;\};::;:;{///ヽ:;:ヽ;:;:、;:;:;、:;/≧=≡三< 二
         ,;;';;';:;,,;・;';;';,;;';;'` </彡´;ー;ー,;;:;,,;・;';;';,;;  ヽ (_))
            ・;';;';;,;;';;';:;,,;・;';;';;:,,;;; :;:,,          ̄
               :;'::‘: :.,;:

124 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:03:41 ID:x09AnMCg

        ト、
          八 \                ,ィj
           \ \               /,ク'
           \ \_       /, /
            ノ_ ノ     /, /        取り出された物は、まだ真新しい釘だった。
          ト、.       r /, /
          | \.      \'イ           全部で三本出てきたという。
            \ \        ´
            \ ゝ/
             }/



              , =====r===------、
            /------{ /\ーr=ミヽ\
           /--------_〉─‐v} }二\\ヽ
           ,'--, -、__ノ / \fソ : :}:::{ \\} }
           {--{ ハ    { : : : :   \ } }ノjノ
           ハ ∧込    !  il  r.イ ノイ
         //V l{>|     i!/王{/
    , ---<´ l/ イ ∧ \     }li--/     「何処でこんな物を呑み込んだの?」と
   /|  |  |\\./  \_fヽ----、| /
.  {l |  |  | ∧/\ / {\`> }´       医者に問われたが、彼にそんな覚えはない。
   ト、jl   |  |__ _|l\ /  ∧__ \  !
   | l\   / / )-、_`> 、ト、__ノ|\
   | | |l>/ / / / ト、l |  }_|_|_/{l |ハ、
   | | |l l∧ { { / j } |  } | | ∧| ノ }



        ∠: :-:‐: /| : i ∨: : : : /: ./ ノ、ヽ: : :∧
     . .-:‐:´: : :// ':, :ヘ. |_:_: /: : :/  / .i  }:、 : : \
   /-─:─://|   /\:\_ ヽ::/ノ   {\ }  |: \ : : ヽ
       /:/:イl:l: l  /   __ト、ミ i/   ノ /   !\: ヽ : : \
.      /イ : l人: :! / /rヲ    :    r‐'  /ヽ: :\××ソ
     ´/: /: : l: :l:ヽ:〈  ヽ_ソ      :    iー ' \_:_\ X:Xノヽ    ただ、理由はないが
    / :/|: : :l/:l:/∧\. '       i    l::      ノノ: :l:ハ: :
.    {: /: l: l: |ヽ{ヽl \:_ミ=     :    i::   /|:iヽ: :l: : :i :    「……あの時の丑の刻参りの釘だ……」
     !:i: : |:/: ! ` j -- 、      :     /::  /ヽ:|:l: :i: :lヽ.:|\
.    l:l、: :lヘ:.l   /  -‐/ __         /:::/:\: : l:! : l: |::::i:!─}   と感じたのだという。
     !:!ヽ:l ヽl  ー─‐レ r==‐    _/∠ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::\
    ll  \        ヽ  /    /:::::::\  `ヽ      \::::::ヽ
                `¨!   /::::::::::/ \ ̄ \        ヽ:::::.
                    ヽ__/:::::::::::::/  / ヽ  丶、     \:
                  /:::::::::::::/  /    |     \

125 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:03:58 ID:x09AnMCg

     / ̄ ̄ ̄\
   /      _ノ ヽ
   |      ( ●) |      ____
   |   U   (__人).   /      \
   |         ⌒ノ.  /   ノ   \ \
   ヽ         }  /     (●)  (●)\
_   >        }   | u       (__人__)   |  話を聞いて見舞いに来た二人の友人も、青い顔をして同意したそうだ。
   ̄ ̄`    、__ノ   \       ` ⌒´  /
         ̄`'‐- 、   >     ー‐  <
                 ヽ /      / ̄彡ミヽ、
                  V    ヽ /  / ヽ  ヽ
                  ヽ     Y  /   |  |
          入     ヽ     ノ    ヽ ノ



              _  -─ - _
          , ィ¨ ===ァ      ミ   、
          /      /______ミ 、   、
                ̄ _   ̄/    ≪´ ヽ    __
       /      , - ´ ̄ _ 二三ニ==ミ ̄``   ヾ二=-‐ ¨ '' ‐
.      /     / _,, -≠ ´       ̄ ¬ケ     三=x __,,, -一
     ,    /   _,, =≠ニニ二二 ̄ ̄/≫¬  ̄ミ 、ー-` ̄,, __,
         /     _ t=ニ二三三二ニ{彡く⌒   、 ヽ、__ ー<´
     l.   '   , ィ¬´  _」´        ` 、::::: ヽ` 、  ヾ 、  \  ヽ__
    l    z ´  _,, ィ ´   }   ヽ       <:::::::: ヽ     \` 、_`ヽ ̄ ̄`
.     l   彡フ"ニ=一 ,ゝ  彡         丶::::::::ヽ\   .丶 \ヾ、
    从  ∠ _三 ニ-/.  _,.≠==ミ,,__  丶:::::;ィ、 `ミ 、  }_  ー- ,, __
     {爻ニフ./,'⌒ヾ、ミ'゙        _ =≠xヾ ̄´.. ム彡 ヽ }ヽ\_ヘ`マ_< ̄`
   i´XXxx、 . {λ -=         <´( ・ ) ,f 〉 。・ l≠   Y  .ヽ `^~ー、`ヾ
.    〉XXXxxヽヽ 、 (           `ー-‐'^  .’・.:::',:::
    {XXXXXXヘ ヽ__ :.       . ・ ゚ 。.     v
   〉XXXXXXx〉  :::ム         ‘ ・  ‘  _ノ
   ゝXXXXXXム   ::::ム            :::´_/   「あの類いって、人に見られたらいけないんだっけか?
    `¨ヽ¨¨¨´ `ー=≠ニ>- 、_    _,.ィーゥ'
.      _‘,`ヽ   、_ 二 =‐''´    `こ ´ノ     でも三人も居たっていうのに、何で俺だけ呪われたんだろうなぁ……」
.   /´  ‘, ` 、   `¨ '' -、 >、    :::::/
   / /  / ヽ  ゝ      ミ ヾ、`  - ´       ┌──────────────────┐
.  / /  /  丶  ` 、    ≧} }           │ 冴えない顔で彼はそうボヤいていた。 ......│
  `i  、       l`  、   r- 、 `ヽ'              └──────────────────┘
./    ヽ   l  l ` ミ   `¨ヽミ、
   /   `¨´__`¨_`ー -  L _ /
 /  , 、´  \     ` 、   〈

126 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:04:12 ID:x09AnMCg
元ネタ
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part69∧∧

『丑の刻参りがあるという神社』
154 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2013/05/21(火) 20:29:49.74 ID:DKYMwAuh0
知り合いの話。

丑の刻参りがあるという神社へ、友達三人で肝試しに行った。
山奥にあるその社の境内へ車を乗り入れたところ、
まるで釘を打っているかのような「コーン、コーン」という音が本当に聞こえてきた。
恐る恐る音のする方を見てみると、ぼんやりとした灯りが暗い林の中で揺れている。
「どうする、近くに寄ってみるか?」
「止めとこうよ、これ洒落じゃ済まないよ!?」
そんな押し問答をしていると、「コーン」という音がピタリと止んだ。
皆、慌てて車に乗り込むと、その場から逃げ出したのだという。

その数日後、彼は激しい痛みに襲われた。
下腹部が猛烈に痛み、酷い血便が出て歩くことすらままならない。
病院へ担ぎ込まれ診察を受けると、仰天するようなことを言われた。
「大腸の途中に何か細長い尖った物が入っている」と。
すぐに手術を受けたのだが、取り出された物は、まだ真新しい釘だった。
全部で三本出てきたという。
「何処でこんな物を呑み込んだの?」と医者に問われたが、彼にそんな覚えはない。
ただ、理由はないが「……あの時の丑の刻参りの釘だ……」と感じたのだという。
話を聞いて見舞いに来た二人の友人も、青い顔をして同意したそうだ。

「あの類いって、人に見られたらいけないんだっけか?
 でも三人も居たっていうのに、何で俺だけ呪われたんだろうなぁ……」
冴えない顔で彼はそうボヤいていた。

;;;;!i!|il|ll|;:;::;::::::;::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
;;:;ill|il|!l);:;::::::::::;::;::;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
:;:;!!iill|!li;::: カツーン::::;:::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,____,,,
;;:il|!llli: |::::::::::::::::::::::: ___  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;!!iill ..,!,,,   :::::: γ´   γ⌒ ミ
;:;li;; |´_`l_    (     (   ) ヽヾ
:;; ミ三,,;━┨ ∧__∧___ゝ__ ノ;;;;;;;;;;;;;;
;;:;:. / ;:;i~  (∀・ #)//::;:;;;;;;;;; カツーン ;;;;;;;
;;;! ,; /';」と二 ̄   ヽ);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;(il;:.  .:|......::::::::`>   _);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:;;;!!ilill|!l;|:::;:;:;:;;;;;(  ヽ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ソ;ハj|W;i;|;;;;;;;;;;;;;;;;`J;;;;;;;(_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;;从人w;,v ,, "゛""  "゛""

 
-127 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:10:32 ID:PzOSMxyE
乙・・・
丑の刻参りはたしか見られると、掛けてる側にいったはず・・・


128 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:15:19 ID:Uy9gGiLY
彼は友達3人とは別?
いやそれだと二人の友人が同意って部分と整合性合わなそうだし……




129 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 02:24:53 ID:Y7j.y.6g

顔見られたのがドッピオだけだったんじゃね?

別の同じような覗き見したコピペで、落とした靴だったかがめちゃくちゃに釘打たれてたのとかあったな


130 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 04:18:33 ID:A68rI1os

>>129
ヒント
やるやらになくて
ドッピオにあるものは?

たぶん現場にそれ落としてきちゃったから
呪いの媒体にされたんだろ


132 普通の名無しさん 2013/07/29(月) 06:58:40 ID:Xp81R3wc

丑の刻参りパネェ

元スレ
やる夫でコピペ 146スレ目


8840 『コピペ 丑の刻参りがあるという神社』の前後エントリー2017年11月12日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


60139 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 00:42Edit
ハゲは人形に入れる髪がないからね。
60141 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 00:57Edit
↑なので ケガない
60142 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 01:14Edit
お後がよろしいようで
60143 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 02:05Edit
小学校低学年の時に、友達の家で釘も何もないまっさらな藁人形を見た
というのを大学時代にネカフェでぬーべーを読み返した時に思い出して
ゾッとしたことがある。
60145 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 07:10Edit
ジャンプの丑の刻参りって大体呪詛返しされて術者が死んでるイメージ
60146 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 08:00Edit
髪の毛じゃなくて縮れた5cmくらいの毛を入れるとどうなるんだ?
60147 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 08:13Edit
やばい、全く分からん
60148 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 08:37Edit
※60146
股間が釘バットになる
60152 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 09:58Edit
なんでドッピオなのかと思ったらメタリカか
神の左手悪魔の右手思い出した
60153 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 10:55Edit
これって考察するような怖い話なのかしら
60154 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 14:25Edit
いたのは3人、釘は3本、数はあってる
そいつが呪いを引き寄せる体質だったのかもしれんし、無自覚に2人をかばったのかもしれん
60156 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 20:17Edit
呪う相手がドッピオだったてことじゃないの
60159 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 22:16Edit
こういう場合は、牛の刻参りしてるヤツをボコれば呪われないよ
60160 名前なんて無いだろ 2017年11月13日 22:47Edit
神主の仕事の一つに
丑の刻参りの静止と敷地内の樹木に対する器物破損の犯人確保がある

と、地元の東照宮の元神主が言っていた
なお、地元の東照宮は破産して取り壊しの危機に陥った珍しい神社です
60165 名前なんて無いだろ 2017年11月14日 00:43Edit
牛の子熊入り?
60168 名前なんて無いだろ 2017年11月14日 05:51Edit
※60160
その神社が祀っている存在としては呪うためでも来てくれる人の方が来ない人よりは良いから
来る人を拒むことした神主へ怒ったとかかな?
その神社の仕事って人間側の都合だろうし、そう言う怨念を受け入れる(留める?)神社とか有っても可笑しくないだろうしね。
60177 名前なんて無いだろ 2017年11月14日 20:08Edit
作り話の検証したって意味ないだろ
60179 名前なんて無いだろ 2017年11月14日 22:36Edit
※60160
廃絶された東照宮は600近くあるから珍しくもなんとも無いぞ
破産して取り壊しなんてよくある事
60189 名前なんて無いだろ 2017年11月15日 23:22Edit
はげだからけがないか・・・
オチとともに納得した

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!