コピペ 当時高校生だった同級生A君の話。

2018 03 10  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:





    / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  東日本大震災の時の話だから、もしトラウマがある人は酉をNGにしてくれ
   |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }  当時高校生だった同級生の話なんだが……
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ





.

78 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:42:59 ID:ZgTXRZr6



   ――地震直後にすぐ近所の公園に避難したやる夫だが、
        その公園には、そいつと同じアパートに最近引っ越してきた
                        ロシア人のお姉さんが一人居たそうだ――



                 .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ,    .. .:.:.:.: .: .... .:.:.:...... .... .. .:.:.:.:. .. ... ....:.:.:.: .: .... .:.:.:.. .. :... .. ..
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ . .:.:.:.... .:.:.:.....   .. .. :. .:.:.:.: ..  .:.:.:.:.:.:.:.... .. . . ..:.:.:..: .:.:.:... .
" ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ, . .. .... ..    ......:.:.:.:.:... .. .  .. ...:.:.:.:.:.... .. .. .... .:.:.:.:.:...... .. ... .
; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ   .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  ..
" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" .. .      ....  ...      . .  .       ..... .
ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "
゛ ヾ;i;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "
 ""|l!|| ll|ソ  ""
   l;l!ll |l|   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,   ,,,,,, ,    ,,,,,, ,   ,,,,,, ,    ,,,,,, ,
   |:l||l |l| ,,iiiii;;;::..゙ ,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙,,iiiii;;;::. ゙ ,,iiiii;;;::. ゙
   |;l!l| ||l iiiiii;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iii________ :::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::
   |ill|| lll⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒|≡≡≡≡≡≡≡|⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 二llil|l l!|二二二二二二二二二二.`┳━━━━━┳ 二二二二二二二二二二二二
 、.,.|::l|| !!|、.,.,            ,.、.,┴ ,.、.,.,,.、.,.  ┴.、.,.,
                                      .,.,,.、.,.,,.、
               .ィ/~~~' 、
             、_/ /  ̄`ヽ}
             ,》@ i(从_从))
              ||ヽ||' A`ノ| ||    .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.
              || 〈iミ''介ミi〉||
、.,.,,.,..,.,,.、.,.,,.       ≦ ノ,ノハヽ、≧                  .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.
             テ ` -tッァ-' テ

        .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、                          ,,.、.,.,,.、.


.

79 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:44:02 ID:ZgTXRZr6

――やる夫の姿をみるなり、お姉さんは駆け寄ってきて、涙ながらにロシア語で何かを訴えてきたが、
                    テンパったやる夫は「オーケー、オーケー」としか言えなかったそうだ――



       .     ,:rー⌒´   `¨ヽ
          /:」::::::_::::::::::::::::L
       __.__/:::}'' ´  , ,ハ ー- 、ノ
       :::liil::::///  //, ,|l ヽヽ
       :::liil:::! l ーナ/  i`ーlj ハ
       ャⅥ∨i⊃ ̄`  ―i  っ   Пожалуйста, изнасиловать
       キ.   L_  /`ヽ⊂! っ、
       :ヽ _,..ィ</   },.ィr「V レz_  меня в сарае
       :::::::::::∧  7ー ´-r':::i:\_ ≦
       :::::::::/:::レヘ薔/  |::::::ァ、:/
       ::::;イ::::::`¨´:::レ1ー' ̄´ ´
       :::::::::::::::::::::::イ´



.

80 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:44:51 ID:ZgTXRZr6



――その後漸く落ち着いたお姉さんに話を聞くが、とにかく不安がっていた――





                    __ ,r‐、/¨ヽ__
                   __i::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  _{::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ!
                  >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                 y "´ ̄`    ̄`ヾ/:::!
            .     /  / /i!    、  }::::ヽ
               //   / ,/! ,l!    ヽ }::::::ハ
               {{   { ー―´ ヾ、`ー- !l l::::::∧__/)
                ゝヽ | ___   __  l::::ム/:::::/   公園にだれもこないし、こんな地震ははじめてだし
                  ⊂⊃:::::   ::::::⊂⊃!:/`ヾ_∧     
            .      /\  {  ヽ    ィlト◯ム|  |    アパートは壊れてないか不安だし、どこにも電話が通じないし
             ○    ./ /__ゝ、!__i_./ | |   .|  |    
                 .〉 〉   {l薔l}  `ヽ 〉〉   ! ○    これからどうなるかわからないのだわ
                 ラ{  /ー〈    / ,ラ    |  |
                /:::ヽ二/:∧:ヾー '/〃::ヽ  |  |
                〉、:::::::::::/::::|::::`¨´:::::::,.イ:〉  !  !
            .    /:::::` ̄´:::::::` ̄ ̄ ̄´:::ヾ   |  |





.

81 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:45:19 ID:ZgTXRZr6




――そうこうしているうちに、アパートの面々や、近所の人たちもパラパラと集まり、
    そのうち自身もおさまった為、その場は特に何もなくお開きとなったんだけど――




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:_:::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..    ,'´r==ミ、::::::::::::::::::....        :::.:::.::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..  卯,iリノ)))〉ジャンクー::::::....           ::.
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. ::::::::::::/`-|l〉l.゚ ー゚ノlノ\:::::::::::::::::::::::....       
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. ::::::::レ´V|!/'i)卯iつVヽ!:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::''y /x lヽ    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : l†/しソ†|     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.              lノ   レ         : : : : : : : : : : : : :





.  ;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;; ;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;:::::::i________:::::::iiiii;;;;;:::::::iiiii;;;;;::
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y⌒Ylilil|三三三三三三三 | ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
二二二二二二二二二二二ニニ二二二二二ノ三三三三三三三ノ|二二二二二二
                          ||          ||
                     ┌──┐
                     i二ニニ二i
                      i´ノノノヽ)))          .,.,,.、.,.,,.、
    , -― 、           /\. Wリ゚ -゚ノリ/ヽ
    lノ`ヽ@l          | ● ⊂   ⊃ ● |
    '、ヮ゚ !)ツ頭ー       ヽ/@/   く \ /
    ミ'芥ioミ'             (ノ⌒ヽ),.、.,.,,.、.,.,,.
     ''titi''
、.,.,,.,..,.,,.、.,.,,.                            }><{ .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.
                                  ,イノハハ)、 うにゅ~
                   , ^@ ̄@^、         {ミヒl゚ヮ゚ノヲ
        .,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、    !iノ从ノ))))          .c'j夲iっ   ,,.、.,.,,.、.
                  ノ从∂ヮ゚从ホンダワラー     `tァtァ'
                  ( (とt,,,ξtつ)
                  ) )(,,ζ,,,,)( (
                 ( ( (  UU ) ) )


.

82 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:45:43 ID:ZgTXRZr6



――そいつの両親は仕事先に居て、夜まで帰ってこれなかったから、
      お姉さんをなだめつつ、アパートまで一緒に帰って別れたんだが
          あまりにも動転して見えたのと、余震が続いていた事を心配して
               サンドイッチや暖かいモノをおすそ分けして持って行ったら――



                                 . -─-
                              r―‐‐.( ( ⊆⊇ ) )‐―──────────、
                                 |    |` ─‐─ ' i      ,,,,,::;;'';;;;;;;;;;;:;;;;,,,,..    |
                                  |   |. -‐─-、 l   //          ヽ、  |
             , '"```.、        l    /     |-' ,':::,'  \ ヽ、ヽ、     ヽ, |
            ,r'´    ;;`、        |    / -─-、. | //    \ ヽ ヽ    ,〉 |
            ,:' ::    ::::l       ',  ( ( ⊆⊃ )))""ヽ----―――――---イ´ ,'
          ,-.{ ::    .::::::|‐-.、     ヽ 、 ` ──‐'                   ノ
         (  :, :: ,,.::;:;:;:;:;;''   )        `=============================='´
         ',`'ー`‐-======-‐' !            `' 'ー‐--------‐─' '´.
          ゝ、         /        ,、、 .,、、       . /  ̄ ̄ ̄ ̄\
            ` 、    _..-´_.((⌒),--、 ,.- 、/;:| レ;:| |    /  , 。ooo∞o。. \
     / ̄ ̄ ̄ ̄\` ̄ ̄´  , ' ((⌒)トi--イi--イ :// ;//    !\〃。o∞∞o8ヽ/ !
   /  ,,..--ー-..._, \     (_ ((⌒).`r-‐'.ト--';//::// .)    l  \,。o8o∞o/   !
  |\,〃'i;'"~ ゙;ミ;:..::ヽ/|     ヘ`ー-'`ヽト‐‐イl,-‐' ´`-‐'ソ    |   i ̄ ̄ ̄ l   |
  . l  \゙ゞ-ノノ彡:/  l      ヘ ::    ̄ ̄,,;;;;;;;;;;;;;,,:''      |   l     i   |
  .|    l ̄ ̄ ̄l   |       ヽ、_  ;;;;;;,;:;:;:;;::;:;:''       ヽ   l     l   /
   ヽ  .l     !   /         `i .,,;:;::;:;;;i'             \___i_______i___./
    ヽ二l________l二ノ              `ー--‐''             `ー--‐'´
      `‐-ニニ-‐'        r---r;===============================、---、      .、-───‐-.、
       ,。'"``:`ヽ      |  《   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;|  》  |    ,;'"´_,..、--─--、, `ヽ、
  ,. -‐''r''" ,:´゚   ゚,゙'ヽ'‐-、,   |   《  !;:;:;:;:;; ,-ー‐-、 : : !   !  .;.;.;;:;:;:;: |  》   | . i ,r''": ::::./二/!: :.::`丶、.i
 ( ,r'"    ;. "。 ; ゚:. ヽ、 ) |  《   l;;;;;;;;:: /  /  l : : :|   | ∧∧ ::;;;;|  》   |   .|゙ヽ..;;__|___」/_ ._,,,.-' |
  ',`''ー- ..,,______,,..-‐'".,' |  《  !;;;;;;;;;└ー′ _ノ ;;;;;;;  ノ (゚Д゚,,) ;;;;;!   》   |   !      ̄ ̄      .!
  ヽ、:::.:.:.:..:.:.:.:.:.:::.:.:.::..  /. |  《  ゙ー-------------------------'´   》  |   ゙'、            ,'
    \ ::::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.: /   |   t.================================''   |    ゝ、          ,. '゙
      \ :.:.:.:.:.:.:.:.:./     .`=i==================================i.=' ´       `‐t、_____;,イ
        `iー---i        ┌───────────────┐             `ー---‐'´
        `ー--‐''       |    お て も と             /三三l
                     └──────────────亠┘




.

83 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:47:16 ID:ZgTXRZr6



――それをが差し出した瞬間お姉さん号泣――、


 /: : : : : : : : : ;, ´                 〉: : : : __: : : : \;;;;\
 ゝ 、: : : : : : :, '    '      、      、(__/\: : `ー 、ヽ;;;;ヽ
  ) \: : : :, '     ;'         、     、    ̄ ̄)_: : : : : : i;;;;;i
 ノ: : : : : : /    /          ` 、    ',   厂: : : :  ̄ ー-|;;;;;|
 ヽ__,,,/    /   、      ;   ;     ,  (: : : : : : : : : : : :|;;;;;|
  ノ _ /       ,'  \     i   l      ,  \: : : : : : , ': : |;;;;;|
 ̄ ̄: : : ,     ,   ,     \  i |   |      i   ): : : : ./: /i;;;;;|
: : : : : : : i     ;   ;  .ヽ  \ l |   l    ;   l  ∠__/: : : / l;;;;;|
: : : : : : : l   ';  l   ';  、 ヽ、 \   !    ; l !   ; |: : : : :/ : l;;;;;|
: : : : : : : :'   丶 |\   、 ` 、メ、 \ノ   丶;_i_! ノ   |: : : /: : :|;;;;;|
: : : : : : : : '、   \ \ \イ\ ヽ  \  /  ノ/ ̄/ート/: : : :ノ;;ツ
: : : : : : : : : :\ ' , イ、ー\ \ ゝ ヽヾ_≧≠三壬幵心ッvi\,__r'ーゥ'、
> ; _: : : : : :/\\| ゝ,≠==ミヾ     ゞッヘ_厂 ̄ て_。 7/| /7k{lソ
    >/::://\|  V,ヘ厂 vメ          つ    ノ ' .|( ベ i,}ニ'  Вы читаете слишком много
.     /::::::/::/  .|  r ゝ  く_,,        と- _-_,) /|ハ_ヾ、ヾ
.     /::::::/:::l   |  l (⌒c二ソ         ̄    ,≦;/ ゞニ-
    /::::::/::::::|\_ノi.  ト、し'///        // l_,∠圭/ / ト、     эротической книги
  /::::::/ |::::::|   /   L>    `        ./圭圭圭/ /  i \
_/:::::::::/ i:::::::|.  /    |圭圭≧,、 ´ ̄`  /圭圭圭ミ/ /i  |       (買い物行くのも怖かったの、あなたみたいな人が居て
\::::::::/, i::::::::|. /  i ./圭圭圭圭≧ー- ,,/圭圭圭圭/ / .l   |/
   ̄´/ i;;::::::| / ,  ,'/圭圭圭ミ,'ィ´r,/フ゛ヽテ圭圭ミ/ /i  l |         本当に心強いのだわ)
    /   ; ̄7/, ' /、圭圭圭,,}/:l ゛l´{lソ}/}、 ハ圭ミ/ /ミ|  l ./
.  /   ;'  /' ./| ヽ圭圭圭゛l、 ヘ ゛i,}ニソ/}圭/ /圭ミ|  i'
  /   / / /,/ | /圭圭圭ミ\ヾ、ヾ二'_ノ/ミ/ /圭彡} |
/   /;´ // i.  | /圭圭圭圭圭;\三彡シ圭ミ{ (圭圭ノ /


――と言われたそうだ――


.

84 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:47:44 ID:ZgTXRZr6

              ., ──‐、
             /     \
             |     _ノ  ヽ
            |     ( ●) (●)
            |       (__人__) , -―ーっ
             |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄    その後の事は良く判らないが、そいつ曰く
            . ン         }  |. |
           /⌒        ノ  .|,  |
          /   ノ   _ィ ´ー‐ィ'  |
         ../   /    r_____ ノ
         /   /      |i








                     ―‐ 、
                   /    .:ヽ
                 /       .:.:.:.:,
                 |     .:.:.:.:.:.:.:}  あれが人生のピークだったお……
                 \  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
                 /  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                (_  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                | i !     .:.:.:.:.:.!
                (__ゝ ____,_ノ
                   :::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::::::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::
                        ::::::::::::::::::::::::::
                          :::::::::::::::::::::



          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \  ( ;;;;(
         |    ( ─)(─  ) ;;;;)
         |      (__人__) /;;/
      .   |        ノ l;;,´
         |     ∩ ノ)━・'      と言っていた……
        /    / _ノ´
       (.  \ / ./   │
        \  “ /___|  |
      .    \/ ___ /



.

85 ◆oppaiQ3pBc 2013/07/28(日) 16:49:09 ID:ZgTXRZr6



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|  個人的には、震災のさなか両親の一人とは連絡も取れず
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }  兄姉も遠くで一人暮らしで、明け方まで一人で部屋で待つ中
     /ヽ、_ノ    /
   __/  /    ノ__  家族の安否も不安だろうに、他人を気遣えたそいつはすごいと
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.  思うんだけどな。
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /




元ネタ
336 名前:1/2[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 21:10:35.90 ID:ilAm386Z [1/3]
東日本大震災の時の話なので、もしトラウマがある人は注意して下さい。
当時高校生だった同級生A君の話。
住まいは関東。地震発生時、午前中で学校が終わりだったので家にいた。

地震発生後、すぐに近くの公園に避難したA君。
その公園には、A君と同じアパートに最近引っ越してきたロシア人のお姉さん(以後Rさん)が一人いたそうだ。
A君の姿を見るなりRさんはA君に駆け寄り、涙目になりながらロシア語で何かを訴えてきたそうだ。
テンパったA君は「オーケー、オーケー…」としか言えなかったそう。
その後A君が落ち着いて話を聞くと、公園に誰も来ないから不安だった、こんな地震は初めて、アパートは壊れてない?
どこにも電話が通じない、これからどうなっちゃうの?と、とにかく不安がっていたそうだ。
A君がRさんの話を聞いているうちにアパートの人や近所の人たちもパラパラと集まり、
そのうち地震も収まったため、その場は特に何もなくお開きとなったらしい。

ここまでが直接A君から聞いた話。

337 名前:2/2[sage] 投稿日:2013/07/27(土) 21:14:45.39 ID:ilAm386Z [2/3]
ここからはA君の友人から聞いた話。
A君の両親は仕事先にいて夜まで帰ってこれなかったため、ここからはA君の単独行動。

その後A君はRさんをなだめ、アパートまで一緒に帰った。
Rさんがあまりにも気が動転しているのと余震が続いているのを気にしたA君は、
夕方、家にある食材で簡単なサンドイッチを作り、温かい飲み物(確かココア)を入れ、
ついでに緊急用の食べ物と水のおすそ分けをRさんに持って行ってあげたそうだ。
RさんはA君がサンドイッチを差し出した瞬間号泣、
買い物に行くのも怖くて困ってたの、あなたみたいな人がいて本当に心強いと言ったそうだ。

…その後のことは分かりませんが、友人によるとA君は「人生のピークだった」と言っていたらしいです。
同級生の武勇伝でした。

344 名前:336[sage] 投稿日:2013/07/28(日) 08:48:21.62 ID:lMfbZwXf [1/2]
>>341-342
A君の名誉のためにマジレスしますが、本当に伝聞の話ですw
書いてある以上のことはわかりません。
一つ書き忘れというか、武勇伝だと思った理由を少し補足すると、
震災時A君の両親のうち片方とは全く連絡がつかず、
連絡のついた方も帰れるのはいつになるか分からない状況で
兄か姉かも遠くで一人暮らしをしていたので、彼は両親が帰ってくるのを
夜中だか明け方だかまでずっと一人で待っていたそうです。
家族の安否がわからない状況でも他人を気遣えるのがすごいと、当時思ったのを覚えてます

 
-91 普通の名無しさん 2013/07/28(日) 17:11:55 ID:p3mN9YLk

お姉さんとのフラグが立ったりはしないんですかねぇ・・・

元スレ
やる夫でコピペ 146スレ目


8971 『コピペ 当時高校生だった同級生A君の話。』の前後エントリー2018年03月10日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


61717 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 05:23Edit
これは・・・間違いなくいい男(ウホッな意味じゃなく)
61718 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 06:56Edit
他の薔薇乙女は地震直後でも余裕ありそうなAAだな
61719 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 08:25Edit
フラグ立たなんだか……
まあ吊り橋効果を狙うには被害が甚大すぎて、
それどころじゃねえって感じだったんだろうな
61722 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 14:23Edit
本人は人生のピークだなんだと茶化しているけど
冷静に考えると確かに立派なことだな
61723 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 16:42Edit
まだ20代前半だしこれからいいことあるだろ
61724 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 17:31Edit
そうだな、お姉さんと再会してフラグが……という展開も
十分にあり得るぞ。待て、しかして希望せよ。
61725 名前なんて無いだろ 2018年03月11日 18:26Edit
まあ伝聞だしな。フラグが立ってるかどうかも本人の言がピーク云々だけでは判断つかん
なので前向きな妄想しとこうぜ
61734 名前なんて無いだろ 2018年03月12日 15:27Edit
真紅震災のさなか何言ってんだ(翻訳してみた)
61737 名前なんて無いだろ 2018年03月12日 22:17Edit
アナタって良い人ね!(純粋なる感謝)ポジで終了か・・・
61742 名前なんて無いだろ 2018年03月13日 04:05Edit
自分より激しくパニック(その他怒りや悲しみも)になってる人がいると逆に冷静になる、って奴だな

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!