コピペ 押し入れをじーっと見ていることが多くなった

2018 10 24  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:

                |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:...   | | |   | |:.
                |:|.:.:.:.:...      | | |   | |:.:..
                |:|:.:...         | | |   | |:.:.:....
                |:|..         | | |    ̄ ̄ ̄ ̄
                |:|_______,| | |
                |:|______ヽ| |
  ==============|:|ー‐――――┬ | |
 ※※※※※※◎ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|_______,| | |
 ※※※※※※※ |:|          \| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          \



                -―─―-     |::::.:.:.:.
          ,  ´           `ヽ |:::::.:.:.:.
         /                  |:::::::.:.:.:.
. 、___     /              `ヽ     .|::::::::.:.:.:.
  \`::.、  /    /            i_    .|::::::.:.:.:.
   \::ヽ.′  '    |   イ   | `ー- .|:::::.:.:.:.
    ,-ー‐|    |  | | .! .! |  | 斗─- .!:::::::.:.:.:.
.    l/:::Ⅵ    |  | |,.ト,斗.|  | ./ ,ィfチミ |::::::::.:.:.:.
..  /::/l |   从  | ,ィfチミ.N .|/ ´r:'::::::}.|:::::.:.:.:.
.   '´|l  l |   | \{´r:'::::::} ヽ|   之:ソ.|::::::.:.:.:.
.    |l  l |   |  lⅣ 之:ソ       ,,,  |:::::.:.:.:.
    从lリ.从  Ⅳ l|圦 ,,,    丶     ,|::::::::.:.:.:.
          \| ヾ{_ゝ、__.   -‐  /.|:::::::.:.:.:.
            | /´ `ーi`ヽ.`ヽー―r::'   .|:::::::::.:.:.:.
            | {     ヾi l  ハヽ     .|:::::::.:.:.:.
            | ハ      ∨ l! Ldrryrv!::::::::.:.:.:.
.         | ∧     V l!.ト、| |' | |||:::::::::.:.:.:.
            | ∧       V {lリ \ | |||::; -- 、:::.:.:.:...
            |.  ∧     .Vゝ   \!l|/ / ┴ 、.:.:.:..
┌──────────────────────────────┐
│私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。    .│
└──────────────────────────────┘

960 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:27:09 ID:PEQduHUQ

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    ヴィヴィオ、何見てるんだお?
      |.  u  (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


                          ヽ
                      ミ 、    }
                       ヾ!  /             __
           _        !i  /            / /
           ヽ   ̄∠二二 ヽ}}/ -- ― -- .、    / /
            \  、/´             \ / /
              `У               `i  ,V ム―-- _
            , イ´/ ./      i  ./   i -- 、|゙彡 {ー- ..` ''ー .、ヽ
           // /イ  ,  ィ'T| ̄i!  j .ハ  ハ! ミ ハ   ヽ    \\
         //  .厂| i  |  | ,ィ 二ミ /!/ィ二ミ、| .ミ  ` ̄ ´     }/
         ./ /  / ./| |  |   | i! J::::! レ  iJ;;;;! } }-、. |
       i/  ∠ __ノⅥ r 、 } !. 込ソ     込ソ ! ! ,} .i   たーくん!
             r 、. ヽi. ! ハ ' ' '  __ , ィ ' ' ' rノ  |
             { ヽ ! | {/ヽ..   V   ノ   .イ     !
               _ ヽ. ヾ!  ヽ ̄ミ≧= --- =イ /     ,
            乂  ̄   _ノ ヽ  // ニ二 〈〈`ヽ    !
            / `て_Y´   ノ i 〈〈       ヾヽ.',   i
              /    ヽ` ̄ ´ } ヾ!       ))i!.  ',
              /     乂__ィ彡´         __彡__{   \


                         ,――==―
               , -‐…‐-=-...ゝ/:./__´_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:__:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽヽ:.\
        //:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.l:.:|:.ヽヽヽヽ:.:ヽ\:.:.ヽ\ヽ
       i./:.:.:.:.:.l:.:|:.:||:./|:.ハ:.:i、i、i:.:i:.:l:.i:.:.i:.:.:.:i |:.i
       ||:.|:.:|:./圦斥=≦ .|≧云トl:.:|:.|:|:.:.|丶:| .|
       ヘ|:.|:.:|:.|/r爪:个  .´{:::。:メ,|/:.|:.:|:.:| .i:.:|
       ヽヽ:.ヽゝう:::::}    b_::7〃l/:./|:.:| |/    (たーくんって何?)
            小、ミゝ…´   `¨‐‐//;,l/|:.|/:|/
          |:.:ゝ.u     `  //:.|:.:.:|/::.|
          |:.:.|ヽ、  -‐‐  ,∠:.:.|:.:.::|:.:.:|
             |:.:|. |> 、 _ イ  |:.:|:.:.:.:.!:.:.|
          |:.|/|――, ― |、 |/:.:.:.:.:|:.:.:!
        ,、r´:|:::| ヘ  /><l l ヽ|`ヽ:.:.:|:.:.|
     ,、r::´::::::::::::::| ヘ、/ 只ヽ|  ヽ:::::::`ヽ:.!
  ,、r::´:::::::::::::::::::::::::::|  .ヘ /||ヽ |  ヽ:::::::::::::::::`ヽ
 |:::ヽ::::::::::::::::::::::::::r L__lヽ‐‐‐yヽ/ `ヽ、:::::::/|
┌──────────────────────────────────────────────┐
│旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。       ......│
│ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。   .│
└──────────────────────────────────────────────┘

961 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:27:29 ID:PEQduHUQ
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/    ねえ、なのはさん
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi     この前ヴィヴィオちゃんがね・・・
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、''  ァ イ
.       /.:::i `/⌒ヽ_〔_ ,ノ


          _
      ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
      , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
     /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
    l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
      /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l
      l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ レ ヽl ヽ / ト .|.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
      |:/!.:.:.: 从.:.{. ○   ○  'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |    えっ
       j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '  U. /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
         \:{ヽ|:小   r‐'⌒ヽ 彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           ` Ⅵ:| ヽ `ー  ,.イ! .:./...|.:l.:.:.:.:.:.:.:. |
           ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/  |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
          __ /--ォ-ャ-ヽ、__」_l.:.:.:.:.:.:l.:.|
          /;;;;;;.;;;/.|ヘ, ヘ:::::;ヘ,ノ.|ヽ;;;;;;;ヽ.:.:.:.:.:l.:.|
          /;ィ'´ ./ |   |:::|  .| ヽ ト;;ヽ.:.:.:l.:|
        .// .ヘ .ヽ |  |::::|  | /  /\ヘ:.:l.:|
      /   ,r' /  |  |::::::|  | ヽ ヾ   \|
┌───────────────────────┐
│ある日、姑が神妙な顔をしながら話しかけてきた。   .│
└───────────────────────┘

962 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:27:49 ID:PEQduHUQ

                |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:...   | | |   | |:.
                |:|.:.:.:.:...      | | |   | |:.:..
                |:|:.:...         | | |   | |:.:.:....
                |:|..         | | |    ̄ ̄ ̄ ̄
                |:|_______,| | |
                |:|______ヽ| |
  ==============|:|ー‐――――┬ | |
 ※※※※※※◎ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|_______,| | |
 ※※※※※※※ |:|          \| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          \


                    __                   ____
              /⌒\   ..-‐…‥― - 、     /::::::/
              〃ゝ:〉⌒ヾv´      ┐   \ /r:::/
           ,.=,≠       ,  /  / l |_,_,   V厶≦==ミ、
          ///  / /,  i / イ  / ィj |  `';彡ィハ:く.      iハ
            〈イ ′ / //   ,レ'⌒i l //  /⌒ヽ Y彡イ{::::\    } }
           {{ { 〃,イ {   ハiィf芯V/ /}/i笊ハヽ } ,/ノハミ::::{  //     そっかー
          \ レ/ /1 l  i{〈/{{::::}}ム'  {{::::::}} }〉レ'v川 ヾ} ,ム′     たーくんはずっとここにいるんだね
.              '1/ j/l ∧ |   V:ソ  ,  V:ソ  }}r: } ハ  /
             j′ { vハ\ァ   r―┐    {{ノ {   \       __
\                 Ⅵr彡、       /   /7〉 ヽ \__>ァ=ニ  ̄
.  `r‐「 ̄ ニ=ー- . ____,、._/ ハ 〉,≧ュ.. `¨  ィ≦ァ⌒i〉7¨ [レ丶/
   | }          `ヽ_∧_厂`{ }/ 「 `r'≧=≦√7 / /    ,
 ̄ 丁 {            、   \  \廴__//   /     /
    ̄`ヽ.         \  }  \__ VV __彡'     /       _ -‐ ´
       `ー- .. _     ヽ|   7厂「「 ̄} }        ,  ,. -‐¬「
             「i ¨7 ァ 、!   //  Ll   { {     //     l|
             川/ /  }   //       } }    /´      リ



         _____
      , ´:::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::u::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,::::::U:::::::::::ノ::::::ヽ、_::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ○) (○)イi   (誰もいないじゃない!)
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、''⊂つ イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ
┌────────────────────────────────────┐
│娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。                ......│
│初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、部屋を覗いてみると誰もいない。  ......│
│またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。                .│
└────────────────────────────────────┘

963 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:28:09 ID:PEQduHUQ

          ___
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
        レ'VllV ─   ─从:::イ \::::::::::::|   ヴィヴィオ、誰とお話してるの?
         ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
      /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_) u リl::i/⌒i |:::::::::|
      \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|
       /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
       `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|



                , -─- 、
           /      ` ‐-   .
           '                `ヽ    ..-――-.._
           /   ' ,' / /   `ヽ      . /:::::> ´ ̄
.           '  / / 斗‐‐ 、ィ   '` ー 、    ∨:/
            ,  ' '  ,イ心、! / ‐- 、 ' ,  {:::}ニニ、ヽ
.          l ' ' Ⅳ _ノハ } / ,ィfテx /   '∨\ ヽ \
.          |ハ l ∨ 乂ソ l/  _ノ:ハ 》/  ' ∨:::i   }ルリ   たーくんだよ
           Ⅵ∨ "" ,   乂::ソ ハヽ./   \|
             圦   、    ""〈(_ノ'   \  \      押入れから出られない子なんだって
              〈( \   ´    ,イ )〉-,、    \  \
.              )〉 _> -、 ´ //'/ 丶   丶   \
            /'.' ´\丶 _ ' /: : : : : :\ \     丶
              {::`ヽ ` ‐--‐ ´‐-、: : : : : : : /、  丶     \
             ∨: : ` 、,      \: : : : :' : :.\  `ー、     、
              \: : :,   :      \, -──-丶    \丶乂
               \:.     、       >-\  \' 、     , 从 ヽ
                     丶.     .:.       、}   ,  , ヽ、 /

964 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:28:30 ID:PEQduHUQ

          ___
           ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
     ;   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l  ガクブル・・・
        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::| ;
       ; レVllV ○   ○从:::イ \::::::::::::|   やる夫に押入れ調べてもらお!
   ガク・・・  ヽ从⊃、_,、_,, ⊂⊃::ノ   |:::::::::| {
          |::ヘ.u {_}  リ:l::i {  |:::::::::| ;
      ;     /⌒ゝ.. _ _ ...,.ィi/l:/ ;  |::::::::| ;
      ;    /  ./ ヽ只/∠ イ ヽ   |:::::::l
         |  l::| ヘ /|├: :j:::彡,|   |:::::::|


       -‐…‐-
     /.::::::::::::::::::::::::.\
   ;::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::.
   八::::-‐:::::::::::::‐-::::::八i
   {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
   l:(l:| (=)   (=)イ)::;    異議なし
   ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
.    ヽ::...、  -   .イ:ノ
    〔>≧= =≦<〕
     /.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /::{:::::::::::::::::::::::::::}::.
┌────────────────────────────────────────────────┐
│いよいよホラー的な何かを感じた私と姑は、旦那の帰りを待ち押し入れの中を隅々まで調べて貰うことにした。  ......│
└────────────────────────────────────────────────┘

965 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:28:54 ID:PEQduHUQ

  _            、__人__/
  _|  `` /        ̄`ヽ (__
       ̄   ._,rーく´\Yヽ  | (
          ,-く ヽ.\ ヽ. }' l /_<           ん、天井のここ、外れるみたいだお
    \_   { -! l _」_ノ‐´ /
.     _)  ヽ ゙ー'´    /     _
.      ̄\,  ゝ、   ノ  イ      _|
       }   ヽ    l         `` /
       /⌒   }    l          ̄





      _   ./ ̄ ̄ ̄\    /
    __ `ソ/ ノ   ヽ、_ \/ ̄/       わぷっ!
      \/゚ ( ○)}liil{(○) \/ rへ,ノ    何じゃこりゃー!
 __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_                __,n__00   __ 
      .:/从へ  |!!il|!|!l| /从rーヘ_                  └┐r┘  └‐┐ |   [][]「l 
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \                     <フLK゙>  ┌‐┘ |    くノ 
          .::┘   :│   ゚                                ̄ ̄ 
┌───────────────────────────────┐
│旦那が帰ってきて、押し入れを見てもらう。                    │
│一件何も無いのだが、天井を叩いてみると、バコッと天井が外れた。     │
└───────────────────────────────┘

966 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:29:24 ID:PEQduHUQ

       ヽ                                            ノ`...:.:::::ヽ
   :::     )                                           r' .:     `ヽ
    `:::::::::::: ノ                                           ).::.:.   .:.:.:::::::::)
       ヽ,                                         く.:.    .:.:.::::::  ⌒
        --、                ∩∩        ∩∩;; ;;ノ           ヽ  .:.:.:::::::.:. .:.:.::::::
          `ヽ、        ∩∩ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/          : ).:.:
.           :::   ヽ     ∩(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∩∩⌒;;⊃       _r'⌒    .:.:.:::::::::
..  ::     ...::::::::.... } ∩∩(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃ _r‐-、!  ....    .:.::::::::::...:.:
... ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::<(゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚- _ノ .:::.....  .:.:.:.:.   .:.:::::::.:.:
.:´    ` :::::::::::::::::::::: ヽ *)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃゙_,.-‐'.:.:.::::::::::::::..    ... ..:.:.:::::::.:.:.:   ドサッ!
        `;::::::::::::::::...........:`ヽ_.゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;゙_rヾ⌒Y´    .:.::::::::::::::...     :.:.::::::
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ::::..   __r'  .:.::.:.:.   .:.:.::::::....   .:. .:.:.:..... .:.:



           ___
            ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
         /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
         i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|   ━━┓┃┃
         レ'VllV ○   ○从:::イ \::::::::::::|      ┃   ━━━━━━━━
          ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|      ┃               ┃┃┃
       /゚ 。゚ 三≧  ゚'ゝ ≧:l::i/⌒i  |:::::::::|                          ┛
       -== 三      ≦。l/  /  |::::::::|
    .  。 -=≦       ,ァ-"ヘ、__∧  |:::::::l
  ゚ ・ ゚。  三<      、,Jト 〉{ヾ:::彡'  |:::::::|
       ≦ ッ     ッV´≧
      。 ゚ 。 ミ´ 、、 ハト・。゙i ゚。
┌─────────────────────────────────┐
│そこから大量の砂と埃が落ちてきたのと同時に、動物の骨が落ちてきた。  ......│
│もう阿鼻叫喚だったよ。一匹や二匹じゃないんだもの。                .│
│初めは猫かと思ったが、旦那が言うにはウサギではないかとのこと。       .│
└─────────────────────────────────┘

        _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
    ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}
    {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
    、:::::::::(l::|( =) (=)イi     中古の家なんて買うもんじゃないわね
     ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八    前の人が飼ってた動物かしら
     <>x:从、''  rァ イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ
      {:/i:| |\ i。|/| |\

967 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:29:49 ID:PEQduHUQ

                 / ̄ ̄\
               / ─  ─\
               |  (ー)(ー) |    ナムアミダブツ
 .             . |.  (__人__) .|
               |   ` ⌒´   }    小動物の霊は非常に弱々しく、
              _rl.ヽ`     ////   同じく弱い子供の魂と共鳴するんですよ
..              /\\    ////゙l゙l
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、
┌─────────────────────────────────────┐
│気持ちが悪いから、お祓いしてもらった。                             .│
│幽霊は全く信じていなかったが、この件のせいで幽霊を信じるようになってしまった。  .....│
└─────────────────────────────────────┘


             -― -
          /:::::::::::::::::::::::::\
         ∠ ―― -   :::::::..   __
      ィ::i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、 l /r―― =‐、
    /::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::' ̄ ̄ ̄`:..、
  . /l::::::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ `ヽ、:::ヽ
  /::l:::::::l::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::ヾ:::::l
 . {:::::l:::::::l::::\/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::lヽ::l
  l::::::ヘ:::::::\/::::::::::::::::::::::::::i::::::i::::l:::::l:::::::::::ヽ::::::::l::::::::l ヽl
  l::::::::::ヘ::::::/::::::/:::/::::/:::::::l::::l::l::::l:::::l:::l::l::::::l:::l::::::l::::::::l |
 . l::::::::::::ヘ::l:::::::l::::::l:::::l:::::::/:::://::/l:_/l_」_l、:::l:::l::::::l::::::::l
  ヽ::::::r‐‐|::::::l::::::l:::_」::-r‐:/7フ´「/ .l/ォミ:::l::::l::::::l:::::::l
  . ヽ::{  l:::::::l:::::l:´::l:::/∠ ニ=ミ  チ゚://::/ /:::::イ::::/
    ヽ\ ヽ:::::l::::::l::::<´,イ  ,リ   .ム//;イ:::/::::/.l:::/    これで収まってくれるといいんだけど・・・
     ヽ:>ーl\{ヽ{ヽ{  辷z/     l'//::/l:::/ l::/
     V  .l::::l` `            v':// l:/ l/
   . r,/   .l::::l            _ /l:::l:::l /'
   /〈 ヽ、  ヽ:ヾ 、       ´/::::::l:/:::::l
  ./  \ ヾヽ、ヽヘ/` ┬-....´:::::::::/'::::::::::l

968 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:30:14 ID:PEQduHUQ

───現在21歳になった娘が

                                      , -‐....-―――-..._
                     .  -‐ ¨¨ ‐-      / /::::::::::::::> ´ ̄
                 /  ̄ `´            `ヽ / /:::::::/  \
               /     , - 、         ∨:::/        ,
            /      /   ∟_ __       {:::::}        ,
             /   /  / '     }, -─-`ヾ    ∨::\        i
             ,   /  斗-,{、  , '       }    .i∨:::::\     |
           ,  '{i   |/∧  {         .彡    ' ∨::::∧    |
            i イ 从  l| ,ィfN i  x=≠ミ  彡   '   .|\:::::i   |   あの押入れの話?
            |/ |   |\{《 ヒリヾ{      〈('^ハ   '   |  \l   |
.             ! |ハ |  ハ 、      u .)〉ソ ./    .|      l |   あれ学校でお化けが流行ってて、みんなを驚かせたくて、
.                `Ⅳ 圦   ___      /' /     |      l |   わざとやってました。ごめんなさいw
                \{ム V  ノ    |/      |      l |
                    \   . イ  |、        |      l |
               f Y´in   `¨i ´   / ト、       .|    l   |
                 ,f´i ! .| |  ,r/  <   / `r、__ _ |    l   |
                  il | i .i i-‐' /<、    / /::::::::::::::::ヽ   l   |
                  || ' , ' {/´〉^}彡\/   /::::::::::::::::::::::::.   l   |
                  |}     ' /∧\/    ./\:::::::::::::::::::::}   l    |




                       /: : -‐ァ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ /: : : : : : \
                  // /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|く: : : : : : : : : : |
                      / /: :/: :/.: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : \: : .: .:.:| \: : : : : : : .:|
                     /: /.: : :/.: : : : :/: :/: :j: : : : : : : : : : : : :|: : : : .:|   \: : : : : .:|
   _                  /: /: : : :./: :/.: .: :| :/|.:./|: : |: : : : : : : : : .:|: : : : ∧    \ : : : |
  / ̄`ヽ、             {: /|: : : /|.: :|: : |: :|/__V:::|: : |: : l\: : .: .: .:|: : : /  \    \:.:.|
 {      \           V .|: : /._|.: :|: : |: :lrァ‐x::::\|\|_\: : : :|: : /     \    } |
.  \     \.             |.: :|´|: |: : |: :|弋タ`::::::::::ィァ‐ェ、.|: : /⌒l        |\. /: |   おk、少し頭冷やそうか
.    \.      \          /\|. |.: :|: : |: :|      弋ェタゝ|: /l. /      |: : ∨: :.|
.     \.     \      〈    \|\|: :|、   l.        レi :レ'ー-、____/ ̄`ヽ: : |
        \     }\___/ ̄`ヽ     .|.: | \   ‐-      .ィ´|.:|    }. }. |     \|
     / ̄\__ノ::.::.:\   \         レ'  .\__  -‐ ´/ |.:|     / / !       \
.     _/::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.::.\   \       }ヽ   |`ー┬r‐' /レ'  // |
   ./{::.::.::.::.::.::.〈:.::.::.::.::.::.::.::.::.::\   \     ./ 〉 〉  |`ー| |一'´/  く. く   |
  _j::.:\::.::./´ ̄\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|    |  }. / 〈 〈.   l.   | |  ./    > >  .|
 /::.|:.::/\{.    ヽ::.::.}─‐-、/j   |  / ./   \\  V´ ̄`V     //   .|
. { :.::∨   \     レ'    /::.|    l/ ̄{     \\ \  /   //    .|       _

969 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:30:44 ID:PEQduHUQ

            ___
             ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
       C   /::::::::::::::::::::::::::∧::::`:>/:::::::::::::::ヽ   ーっ
  c   C   /://::::::!::∧:::::廴)::::::{l{::::::::::::::::::l   -=ニつ
  c   C    i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ::::::::::::::::|
   c       レ'VllV ●   ●从:::イ \:::::::::::|      こっちは12年間押し入れが怖くてビクビクしてたのよー!
           ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
        /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_)  リ:l::i/⌒i |:::::::::|  ーっ
        \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/   / |::::::::|    __
         从 l||l/ ┬ヽ只/  |||l人. ∧ |:::::::l    `、_)
         ( ⌒ )ヽー┤|ヘ /|├:/ ( ⌒ )  |:::::::|

元ネタ
458: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)16:04:39 ID:WG8VexHjM
私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。
旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。

ある日、姑が「ねぇ、嫁ちゃん・・・」と神妙な顔をしながら話しかけてきた。
娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、
部屋を覗いてみると誰もいない。またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。

以後、私 姑 娘の会話。

私「娘ちゃん、誰と話してるの?」

娘「たーくん」

姑「たーくんはお友達なの?」

娘「出られない子なの」

私「出られない?」

娘「うん、出られない」

いよいよホラー的な何かを感じた私と姑は、旦那の帰りを待ち押し入れの中を隅々まで調べて貰うことにした。


459: 名無しさん@おーぷん 2014/06/30(月)16:05:20 ID:WG8VexHjM
旦那が帰ってきて、押し入れを見てもらう。一件何も無いのだが、天井を叩いてみると、バコッと天井が外れた。
そこから大量の砂と埃が落ちてきたのと同時に、動物の骨が落ちてきた。
もう阿鼻叫喚だったよ。一匹や二匹じゃないんだもの。
初めは猫かと思ったが、旦那が言うにはウサギではないかとのこと。

この家、中古だったんだよね。
前の住居者が飼ってた動物なのではと姑が言った。
気持ちが悪いから、お祓いしてもらった。
お祓いのおじさんは、「小動物の霊は非常に弱々しく、同じく弱い子供の魂と共鳴する」って言ってた。
幽霊は全く信じていなかったが、この件のせいで幽霊を信じるようになってしまった。

現在21歳の娘が、
「あ、あの押し入れの件?あれさ、学校でお化けが流行ってて、家族を驚かせたくてさぁ、
わざとやってましたごめんなさいw」とカミングアウトしてしてズッコケた。

こっちは12年間押し入れが怖くてビクビクしてたのに!

































             _...-――-...
           ̄ ̄` <::::::\
                    \::∧
                 /´`ヽ, -─‐- 、
                 _/   , '   /´   ヽ
                 //   ,      l lヽ  }   ごめん
               /:::::{    {    从リ从ノ
                |:::/.    丶   '´  /    ・・・本当に冗談だから
                |/   、    \ ̄ ̄ ̄} ___
      __            _, -\    \ -‐'/´  `ヽ
     Y´ ヽ,-‐─- ,-‐´ /  ./\    ` <_   o ゝ、
      !::::::::/:::::::::} /   {   {  ` <      >、 -‐ 〉
     `ー-{:::::{ ̄__ -‐ヽ  ヽ       ー┬<   \/
         ̄ ̄        `¨¨´}         {二ニ\   \

970 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:31:04 ID:PEQduHUQ

       _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
      ` ーー-ァ‐     `´  ヽ.u \
        / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
       / イ'/ レv/  v\i リ .l  |   それ・・・本当にわざとだったのかな
       | l !{ レ┼l‐l三 l┼|| |、| |   お姑さんが話し声に気がついて部屋覗いたんでしょ?
       \!ヽ| | ○三三○|.| |ノ.| |
           | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |   なのはを怖がらせまいとしている気がする
          | |/⌒l,、 __, イァ| | |
          |./  / ∧∧彡" | | |   骨出てきたのも事実なんでしょ、怖い
          ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |


                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l       ヴィヴィオの気遣い!?
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l       そういえば思い当たる節が・・・
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ      もう押し入れ行きたくなーい!
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |

 
-972 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:38:15 ID:WaXuTDkc

まさかの二弾落ちとか…こえええw


973 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:42:24 ID:WCvjoOis

穏当な線としては普通にイマジナリーフレンドだったんだけど、
骨が出てきた件で母親がえらい怖がってるので創作宣言した、というところでお願いします


974 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 14:43:25 ID:.I5wS5wg

本当に驚かせるために動物を用意してたとしたら……


976 普通の名無しさん 2014/07/01(火) 16:45:14 ID:L6GOdApM
こんな家もう住めんだろ・・・・

元スレ
やる夫でコピペ 171スレ目


9217 『コピペ 押し入れをじーっと見ていることが多くなった』の前後エントリー2018年10月24日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


65054 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 01:31Edit
確かに日本家屋の多くは押し入れから天井裏覗ける構造になってるけど、パコッと外れる家なんか見たことねーけどなぁ
65055 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 02:21Edit
強く叩いた(押した)ら天板がずれたか剥がれたんだろ?疑うほどの事でもないだろうに
嘘松認定の基準とか言う事の方が決めつけとかモノを知らなさすぎで読んでいて逆に困る
65057 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 04:07Edit
ウサギ一匹の骨なら、まだ前の家主がペットのなきがらを謎の理由でそこへ置いたとも
考えられるけど、何匹もならねえ・・・。
やばい儀式の生贄にしか思えないよなあ。
65058 名無しさん 2018年10月25日 04:32Edit
…適当な作り話も真面目に考察しようとするお前ら、嫌いじゃないぜ
65059 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 05:37Edit
パコッと外れるというか、乗っかっているだけの天板が端っこに一枚だけあったりするんだよ。
配線の取り回しやエロ本隠しの定番ってやつだよ
65060 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 05:53Edit
※65054はそんなに人様の家の押入れを見てきたのか
業者かおまわりさん案件ですか?
65061 名無しさん 2018年10月25日 06:08Edit
>旦那が言うにはウサギではないかとのこと
なぜ、一目で鑑別できたのか……(察し
65062 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 06:50Edit
なぜもなにもネコ科とげっ歯類じゃ歯が違うからなぁ
ネズミのデカいのとウサギで即判別したなら察するけど…
65063 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 07:11Edit
押入れの端は天板乗っているだけで、天井裏に上がれる構造が多いはずだぞ
じゃないと配線回しや、メンテナンスする際一々天井ぶち抜かないと行けなくなるから
65064 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 07:34Edit
イケニエの儀式の最中を大家に見られて、言い訳するコピペもあったな。
65065 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 07:43Edit
押入れの天井は普通に開く構造だと思ってたわ。
家では天井裏収納に使ってるし
65066 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 08:50Edit
俺の住んでた学生向けアパートの押入れの天井にはエロ本とビデオがあったな
本当だぞ
65067 2018年10月25日 09:33Edit
えー
昔の家は押入れの天井はずらせるようになってて、屋根裏を物置にできるのが常識だよ
ワイもおっさんになったもんだ
常識が爺のものになってしまった
65068 名前なんて無いだろ 2018年10月25日 11:52Edit
動物が幽霊になると霊感のある人間と会話ができるようになるというのは興味深いと思う
65072 名前なんて無いだろ 2018年10月26日 01:15Edit
たーくんと聞くといきなり突き落としてきやがったペンギンを思いだずわ。
玉子にもできねえし。
65144 名前なんて無いだろ 2018年10月31日 01:44Edit
ターくんて、脳みそに手足が生えてる彼のことだっけ?

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!